Mikiko's Room

 ゴシック系長編レズビアン小説 「由美と美弥子」を連載しています(完全18禁なので、良い子のみんなは覗かないでね)。
 「由美と美弥子」には、ほとんど女性しか出てきませんが、登場する全ての女性が変態です。
 文章は「蒼古」を旨とし、納戸の奥から発掘されたエロ本に載ってた(挿絵:加藤かほる)、みたいな感じを目指しています。
 美しき変態たちの宴を、どうぞお楽しみください。
管理人:Mikiko
由美と美弥子 2653
コメント一覧へジャンプ    コメント投稿へジャンプ
「大丈夫だよ。
 花柄だけど、色は落ち着いてるから」

 花柄と云っても……。
 白地に青と紫の押し花を重ねて貼り付けたデザインで、花の輪郭は滲んだみたいになってました。

「着てみて」

 志津子は、わたしからワンピースを受け取ると……。
 しぶしぶという仕草をしながらも、どこか嬉しそうに着てくれました。
 背中に周り、ファスナーを上げてやります。
 クローゼットの開いた扉の裏が、鏡になってました。
 その前に志津子を立たせます。

「ほら、ぜんぜんわからない」
「当たり前よ。
 わかったら困るわ。
 ノースリーブだし、カーディガン羽織ってもいいかな?」
「だーめ。
 ぴったりしてるから、脇乳なんて見えないって。
 見えた方が面白いんだけど」
「嫌ね」
「よし、行こう」
「ちょっと。
 その格好で行くつもり?
 まだ素っ裸じゃないの」
「しかも、勃ててる」
「ほんとに呆れるわ。
 あなたもノーパンでズボン穿きなさい」

 言われるとおり、素肌にカッターシャツとスラックスを着けます。
 革靴なんで靴下も履きました。

「つまんないわ。
 普通の格好になっちゃって
「仕方ないだろ。
 着たきり雀なんだから」

 アパートの外階段を下りるとき、志津子はわたしに前を歩かせました。
 誰かが、階段を上って来るのを恐れたのでしょう。
 でも、ほんとに上ってきたんです。
 階段は、建物の側面に沿って付いていて、その角の向こうから頭が現れ、のぼり始めました。
 片手にレジ袋を提げ、もう一方の手で手摺りを掴みながら、下を向いてました。
 わたしたちには、最初、気づかなかったようです。
 ようやく気配を感じたのか、顔を上げました。
 歳は若いですが、お世辞にも美人とは言えない地味な女性でした。
由美と美弥子 2652目次由美と美弥子 2654


コメント一覧
コメント投稿へジャンプ    ページトップへ

    • ––––––
      1. Mikiko
    • 2018/11/17 08:03
    • 着たきり雀
       本編にこの言い回しが出て来ます。
       今の若い人は、あまり使わないですかね。
       衣装持ちでしょうし。
       わたしは小学校のころ、チェックのコーデュロイのズボンがお気に入りでした。
       当時は、コール天と言ってた気がしますが。
       で、膝の部分なんか、毳がすり切れて白くなってました。
       決して、家は貧乏ではなかったんですよ。
       でも、そのすり切れたズボンが好きで、毎日穿いてましたね。
       コーデュロイはすり切れやすいので……。
       その場合、肘や膝には、パッチをあてるものでした。
       でも、母親の世代でそのスタイルは……。
       「継ぎあて」という、貧乏ファッションを連想させたのかも知れません。
       わたしのズボンに、膝当てがされることはなく……。
       わたしに断り無く、捨てられてしまいました(怒)。
       さて。
       何気なく使った「着たきり雀」ですが……。
       改めて考えて、これは何のことだろうと不思議に思いました。
       雀が「着たきり」なのは当たり前ですが、それはカラスだって鳩だって一緒です。
       犬や猫は、飼い主が妙なのを着せたりしますが。
       調べてみたら、あっさり解決。
       ポカーンとするような由来でした。
       すなわち、『舌切り雀』をもじっただけなんです。
       ほぼ、オヤジギャグレベルですね。
       続きは次のコメントで。

    • ––––––
      2. Mikiko
    • 2018/11/17 08:04
    • 着たきり雀(つづき)
       さてさて。
       これではネタが短すぎるので……。
       『舌切り雀』を考察してみます。
       たしか、ご飯粒で作った糊を嘗めた雀が、おばあさんに舌をちょん切られる話だったような……。
       ということで、またしても調べてみました。
       読み返すと、すぐに話を思い出しました。
       大きなつづらと小さなつづらのお話でした。
       ざっと読んだだけですが、要約します。
       おとぎ話にお決まりの、おじいさんとおばあさんが出て来ます。
       でも、2人の性格は、かなり違います。
       おじいさんは優しい。
       おばあさんは邪悪。
       ある日、おじいさんは、怪我をした雀を拾って帰ります。
       手当てしてもらった雀はおじいさんに懐き、山に帰ろうとしません。
       おばあさんは、それを面白く思ってませんでした。
       再び、ある日。
       おばあさんは、障子の張り替えをしてました。
       で、ご飯粒で糊を作ったのですが、雀はそれを食べてしまったのです。
       おばあさんは激怒し、雀の舌をハサミで切り、山に捨ててしまいます。
       それを聞いたおじいさんは、山に雀を探しに行きました。
       雀は、糊を食べたことを詫び、探しに来てくれたおじいさんに感謝をしました。
       そして、仲間と一緒に、おじいさんをご馳走し歓待しました。
       さらにお土産に、2つのつづらを持たせました。
       大きなつづらと小さなつづらです。
       おじいさんは、大きなつづらは重そうなので……。
       小さなつづらだけもらい、背負って帰りました。
       家に帰って開けてみると……。
       中には、金銀パール、プレゼント。
       おばあさんは、再び激怒します。
       何で、大きなつづらを持ってこなかったのかと。
       続きはさらに次のコメントで。

    • ––––––
      3. Mikiko
    • 2018/11/17 08:08
    • 着たきり雀(つづきのつづき)
       で、単身雀の宿に乗りこみ、大きなつづらを強奪して帰ります。
       が、帰る途中で、中を見たくてしょうがなくなり、開けてしまいます。
       中からは、魑魅魍魎があふれ出て……。
       おばあさんは、食い殺されてしまいました。
       以上がだいたいのあらすじです。
       最後の「食い殺されてしまいました」というのが、物語の原型だと思います。
       でも後に、甘っちょろく改変されたバージョンが多々出来たようで……。
       「気絶してしまいました」とか「強欲を悔い、改心しました」などもあるとか。
       こういう改変をしたら、教訓としての意味合いが無くなってしまうじゃないですかね。
       さて。
       この物語で、わたしが気になるのは……。
       なんで、優しいおじいさんと邪悪なおばあさんが夫婦になったのか。
       ていうか、わたしはおばあさんも、昔は普通の優しい女性だったと思うのです。
       おばあさんが邪悪になったのは、おじいさんのせいではないか。
       このおじいさん、特に女性に優しかったのでは?
       で、雀というのは、若い娘のことですよ。
       おじいさんが優しくし、おばあさんが邪険にする。
       あ、たいへんなアナロジーを発見しました。
       糊というのは……。
       おじいさんの精液のことではないでしょうか?
       雀(若い娘)は、おじいさんと関係を持ったのです。
       おばあさんが激怒し、おじいさんのを舐めた舌をちょん切ったのは……。
       むしろ、同情できる話です。
       でも、おばあさんが追い出した娘を、おじいさんは追っていってしまう。
       しかも、そこで歓待を受けるわけです。
       しかも、複数プレイです。
       輪をかけて激怒したおばあさんが乗りこみますが……。
       返り討ちにあってしまうというわけです。
       どこか、謡曲『鉄輪』を連想させる話でもあります。

    • ––––––
      4. yumi
    • 2018/11/17 15:07
    • ほぼ毎週土曜日には買い出しにいきます。・・休日の良いお天気は嬉しいです。
      おとぎ話の筋書きは、改めて勉強になりますが、・・・
      魑魅魍魎、・・または、オバケ・・・文学部と保育園の差
      、、感心しますね。
      mikikoさんが気になって、ご自分なりに飛躍した解釈は、・・行き過ぎ・です。
      このブログの趣旨に沿っては、どうしても、そちらにいってしまいますね。
      最近賑わしてくださるおじ様もニヤリとして、
      いるのでは・・??。
      ・・以前から思っているのですが、、此のサイトは、どうして惹きつけられるのでしょうネ。

    • ––––––
      5. Mikiko
    • 2018/11/17 18:29
    • こちらの今日は……
       まだ雨模様でした。
       冬囲いをしようかと思ってたのですが、断念。
       ま、来週の3連休で、1日くらいは晴れてくれるでしょう。
       糊のアナロジーは……。
       当たりだと思っております。
       それ以外、考えられませんって。
       最近、「今日は何の日」が少なくなりました。
       あれ、調べなければならないので、けっこう時間がかかるのです。
       で、このごろは、調べなくても書ける近況報告ものが増えてます。
       ネタに窮すると、どうしてもセキララになっていきます。
       そういうところが、面白く思っていただけてるのかも知れません。
    コメントする   【由美と美弥子 2653】
コメント一覧へジャンプ    ページトップへ


Comment:本文 絵文字  ※入力できるのは、全角で800字までです。

↓お帰りのさいには↓
愛のワンクリ お願いします
新しいウィンドウは開きません

相互リンクサイトのみなさま(Ⅰ)
禁断の体験 エッチな告白集 未知の星 新・SM小説書庫2 ましゅまろくらぶ
電脳女学園 赤星直也のエロ小説 官能文書わーるど 羞恥の風
官能の本棚 ちょっとHな小説 おとなの淫文ファイル エッチのあとさき Playing Archives
変態小説 [官能小説] 熟女の園 西園寺京太郎のSM官能小説 潤文学
人妻の浮気話 艶みるく 淫芯 Angel Pussy 週刊創作官能小説 官能的なエロ小説

相互リンクサイトのみなさま(Ⅱ)
恥と屈辱の交差点 人に言えない秘密の性愛話 女性のための官能小説 濠門長恭の過激SM小説
恥ずかしがりたがり。 ぺたの横書き 魔法の鍵 出羽健書蔵庫
空想地帯 あおいつぼみ 葵蕾 女性のH体験告白集 HAKASEの第二読み物ブログ
恍惚團 ~ドライ・オーガズムの深淵~ 黒い教室 被支配中毒 性小説 潤文学ブログ
ろま中男3 お姫様倶楽部.com 女の陰影 渡硝子の性感快楽駆け込み寺
被虐願望 愛と官能の美学 平成な美少女ライトノベル むね☆きゅんファンサイト

相互リンクサイトのみなさま(Ⅲ)
最低のオリ Mikiko's Roomの仮設テント 漂浪の果てに 週刊リビドー
女教師と遊ぼう アダルト検索一発サーチ 快感小説 かめべや
SM・お仕置き小説ブログ 官能秘宝園 制服美少女快楽地獄 秘密のエッチ体験談まとめ
18's Summer 淫鬼の棲む地下室 被虐のハイパーヒロインズ ひめ魅、ゴコロ。
おしっこ我慢NAVI 妄想ココット ライトHノベルの部屋 レズ画像・きれいな画像倉庫

riccia 調教倶楽部 ちょっとHなおとなのための… 緊縛新聞
Japanese-wifeblog Eros'Entertainment オシッコオモラシオムツシーン収集所 性転換・TS・女体化劇場
エピソードセックス マルガリテの部屋 アダルト官能小説快楽機姦研究所 渋谷子宮 RE:BIRTH
羞恥集 黒塚工房 プライド 女性作家専門官能小説
官能小説 レイプ嗜好 人妻!人妻!人妻! wombatの官能小説 黒イ都
羊頭狗肉 ひよこの家 美里のオナニー日記 エロショッカー軍団
★相互リンク募集中!(メールしてね)★

ランキング/画像・動画(1~10)
エログちゃんねる シンプルアダルト動画サーチ
人気ブログランキング にほんブログ村
官能小説アンテナ アダルトブログランキング
ライブドアブログ オンライン小説検索・R小説の栞


ランキング/画像・動画(11~30)
Adult Novels Search GL Search おたりんく 正しいH小説の勧め
成人向けランキング ヌケルアダルト作品 ネット小説ランキング Girls Love Search
アダルトなび2 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます!






<ランキング/画像・動画(31~50)ここまで-->
△Top