Mikiko's Room

 ゴシック系長編レズビアン小説 「由美と美弥子」を連載しています(完全18禁なので、良い子のみんなは覗かないでね)。
 「由美と美弥子」には、ほとんど女性しか出てきませんが、登場する全ての女性が変態です。
 文章は「蒼古」を旨とし、納戸の奥から発掘されたエロ本に載ってた(挿絵:加藤かほる)、みたいな感じを目指しています。
 美しき変態たちの宴を、どうぞお楽しみください。
管理人:Mikiko
由美と美弥子 2637
コメント一覧へジャンプ    コメント投稿へジャンプ
 わたしは志津子の尻から片手を外すと……。
 腿をなぞりながら、前に回しました。
 パンティを更に押し下げます。
 そして指を、股間に滑りこませました。

「う」

 志津子がうめきました。
 うめいた理由は、指先の感触ではっきりとわかりました。
 すでにドロドロだったんです。
 小便を漏らしたかのようでした。
 還暦に近いであろう女がこれほど濡らすということに、感慨のようなものを感じました。
 陰唇の襞が、指先に絡みついてきます。
 滑った指が、硬いしこりを捉えました。
 陰核です。
 大ぶりでした。
 男で云えば巨根の部類でしょう。
 皮を脱ぎ落とし、起ちあがってます。
 こんな陰核を持ちながら、よく独り身でいられたなと思いました。
 あとで白状しましたが、五十を越えてからも、オナニーしない日はなかったそうです。

「ひぃ」

 志津子の口が、わたしの口から外れました。
 もう、ディープキスには集中できないようでした。
 陰茎を掴む手も止まっていました。
 快感の波に浚われてしまったのでしょう。
 わたしは指先を陰核に押しつけ、恥丘に揉みこみました。

「いぃっ。
 いぃっ」

 志津子の身体が、腕の中で魚のように跳ねます。
 愛しかったです。
 このまま、イカせてやろうと思いました。
 しかし志津子は、思いもしない言葉を吐き出したんです。

「で、出ちゃう。
 出ちゃう!
 おしっこ出ちゃう!」

 志津子は、わたしの腕を振りほどくと、両手でワンピースの裾を持ちあげました。
 そのまましゃがもうとしたのでしょうが……。
 間に合いませんでした。
由美と美弥子 2636目次由美と美弥子 2638


コメント一覧
コメント投稿へジャンプ    ページトップへ

    • ––––––
      1. Mikiko
    • 2018/10/26 07:13
    • 今日は何の日
       10月26日は、『柿の日』。
       『全国果樹研究連合会』が、2005(平成17)年に制定。
       1895(明治28)年10月26日(今から123年前)……。
       俳人・正岡子規が、「柿食へば鐘が鳴るなり法隆寺」の句を詠んだことに因むそうです。
       しかし、何で詠んだ日までわかるのかと不思議に思いました。
       どうも、この日が特定されてるわけじゃないようです。
       『全国果樹研究連合会』が、てきとーに決めたっぽいですね。
       この句には、「法隆寺の茶店に憩ひて」と前書きがありますが……。
       子規は、実際には法隆寺に行っていないという説まであるとか。
       ま、法隆寺の外からでも、鐘の音を聞くことは可能ですよね。
       しかしながら、柿を食べてるときに法隆寺の鐘が聞こえてきたというのは……。
       どうやら、創作のようです。
       もちろん、文学はそれでいいのです。
       この句は、発表当時はまったく評判にならなかったそうです。
       この句が有名になったのは、どうやら「法隆寺」が入ってたからみたいですね。
       法隆寺のキャッチコピーとして広まったという説もあるそうです。
       もちろん、法隆寺側が広めたわけではなく……。
       法隆寺の話題が出るとき、この句がセットで紹介されることが多かったからでしょう。
       もし句の寺が、さほど有名でないお寺だったら……。
       この句が広まることもなかったんじゃないでしょうか。
       「柿食へば鐘が鳴るなり成願寺」。
       ダメでしょうな。
       なお、正岡子規は、大の柿好きだったそうです。
       学生時代には、酒樽に詰めて渋抜きした柿を、一度に7,8個食べたそうです。
       わたしも果物の中では、梨と並んで柿が一番好きです。
       しかし……。
       いくら好きだと云っても、7,8個はあり得ませんよね。
       続きは次のコメントで。

    • ––––––
      2. Mikiko
    • 2018/10/26 07:14
    • 今日は何の日(つづき)
       柿で思い出しました。
       石田三成です。
       「関ヶ原の合戦」で敗れ、処刑される直前のこと。
       水を所望した三成に対し、警護の兵は……。
       「水は無いが柿がある」と応じます。
       これに対し、三成は……。
       「柿は痰の毒であるから要らない」と応えたそうです。
       兵は「首を刎ねられる者が、毒断ちして何になる」と笑いましたが、三成は……。
       「大志を持つ者は、最期の時まで命を惜しむものだ」と応えたそうです。
       痰の毒というのは、喉に悪いということですかね?
       確かに、ちょっと「イガッ」とするところはありますが。
       わたしは今年の4月末に、庭に柿の苗木を植えました。
       わが家の庭に柿を迎えたのは初めてです。
       隣の家には、昔、立派な柿の木がありました。
       2階の窓からよく見えて、春の若葉、秋の実りが実に綺麗でした。
       でも、突然、伐られてしまったんです。
       病害虫の防除が面倒になったんですかね。
       渋柿らしく、実が収穫されることもありませんでしたから。
       わたしが庭に植えたのは、『富有柿』と云う甘柿です。
       今も元気で、青々と葉を茂らせてます。
       でも、陽当たりが悪いんですよね。
       背丈はまだ、わたしの胸くらいです。
       2倍くらいの高さになれば、陽があたると思うのですが……。
       そこまでになるのに、時間がかかりそうです。
       でも柿は、1本だけだと実が成らないこともあるようです。
       受粉樹が必要だとのこと。
       近くの畑に柿の木はありますが、50メートルくらい離れてます。
       蜂なら、十分に回れる距離だと思うのですが。
       ま、「桃栗三年柿八年」ですから、まだまだ先の話です。

    • ––––––
      3. 手羽崎 鶏造。
    • 2018/10/27 00:01
    • 本編に関連して。
      エッチの行為と便意は関係が
      深いと思っています。
      私は、奥さんをラブホへの誘いに成功したら、
      極力、トイレは使わせないでエッチに
      入るようにしています。
      その方がご婦人は感じ方が敏感なように
      思うのです。
      排泄をどのタイミング、どんなシチュエーション
      で、許すのかも、駆け引きであって、
      結果、より恥じらいを感じながら、お互いが
      昂まっていければいいかなと考えています。

    • ––––––
      4. Mikiko
    • 2018/10/27 06:55
    • トイレ我慢
       それはもちろん、小の方ですよね。
       性行為と気分的に繋がるのは……。
       女性は漏れやすいので、無意識に締めるからでしょうか?
       しかし、初めてのエッチの場面で……。
       トイレのタイミングで駆け引きするとは強者ですな。

    • ––––––
      5. 手羽崎 鶏造
    • 2018/10/27 09:29
    • あくまでも経験論なので、根拠は無いのですが、
      トイレの近いご婦人って、スケベな方が多い
      ように感じます。
      エッチな話をしていると「近く」なってしまう
      とお聞きしたことがあります。
      いえ、「小」だけだなく「大」も関係があるように
      思います。それはまた、いずれ。

    • ––––––
      6. Mikiko
    • 2018/10/27 12:46
    • 頻尿
       女性には、膀胱炎が多いです。
       膀胱炎になると、トイレが近くなります。
       直った後も、予防のため水分を多く摂りますから……。
       トイレが近いのがクセになります。
       膀胱炎になる原因のひとつに、性行為があります。
       なので、性行為の機会の多い女性は、膀胱炎に罹りやすく……。
       従って、トイレが近い傾向があるのでは?

    • ––––––
      7. 手羽崎 鶏造
    • 2018/10/28 05:15
    • なるほど、性行為の頻繁さと頻尿は
      関係が有るということですね。
      (学説的にも正しいそうです)
      ワタシは、ホテルまでの関係に「到達」出来た、
      奥さんには、恥ずかしい放尿姿を晒(さら)す
      ようにさせてきました。
      これは精神的に堕としていくうえで、効果があります。
      不思議なもので、「ゼッタイ、やだ」という奥さんは居なかった。
      心の片隅に潜在的に有るものなのでしょうかね。

    • ––––––
      8. Mikiko
    • 2018/10/28 07:27
    • 学説!
       そんな学説があるんですか。
       放尿姿を晒す時点で、完全に墜ちてると思うのですが……。
       まだ過程ということですか。
    コメントする   【由美と美弥子 2637】
コメント一覧へジャンプ    ページトップへ


Comment:本文 絵文字  ※入力できるのは、全角で800字までです。

↓お帰りのさいには↓
愛のワンクリ お願いします
新しいウィンドウは開きません

相互リンクサイトのみなさま(Ⅰ)
禁断の体験 エッチな告白集 未知の星 新・SM小説書庫2 ましゅまろくらぶ
電脳女学園 赤星直也のエロ小説 官能文書わーるど 羞恥の風
官能の本棚 ちょっとHな小説 おとなの淫文ファイル エッチのあとさき Playing Archives
変態小説 [官能小説] 熟女の園 西園寺京太郎のSM官能小説 潤文学
人妻の浮気話 艶みるく 淫芯 Angel Pussy 週刊創作官能小説 官能的なエロ小説

相互リンクサイトのみなさま(Ⅱ)
恥と屈辱の交差点 人に言えない秘密の性愛話 女性のための官能小説 濠門長恭の過激SM小説
恥ずかしがりたがり。 ぺたの横書き 魔法の鍵 出羽健書蔵庫
空想地帯 あおいつぼみ 葵蕾 女性のH体験告白集 HAKASEの第二読み物ブログ
恍惚團 ~ドライ・オーガズムの深淵~ 黒い教室 被支配中毒 性小説 潤文学ブログ
ろま中男3 お姫様倶楽部.com 女の陰影 渡硝子の性感快楽駆け込み寺
被虐願望 愛と官能の美学 平成な美少女ライトノベル むね☆きゅんファンサイト

相互リンクサイトのみなさま(Ⅲ)
最低のオリ Mikiko's Roomの仮設テント 漂浪の果てに 週刊リビドー
女教師と遊ぼう アダルト検索一発サーチ 快感小説 かめべや
SM・お仕置き小説ブログ 官能秘宝園 制服美少女快楽地獄 秘密のエッチ体験談まとめ
18's Summer 淫鬼の棲む地下室 被虐のハイパーヒロインズ ひめ魅、ゴコロ。
おしっこ我慢NAVI 妄想ココット ライトHノベルの部屋 レズ画像・きれいな画像倉庫

riccia 調教倶楽部 ちょっとHなおとなのための… 緊縛新聞
Japanese-wifeblog Eros'Entertainment オシッコオモラシオムツシーン収集所 性転換・TS・女体化劇場
エピソードセックス マルガリテの部屋 アダルト官能小説快楽機姦研究所 渋谷子宮 RE:BIRTH
羞恥集 黒塚工房 プライド 女性作家専門官能小説
官能小説 レイプ嗜好 人妻!人妻!人妻! wombatの官能小説 黒イ都
羊頭狗肉 ひよこの家 美里のオナニー日記 エロショッカー軍団
★相互リンク募集中!(メールしてね)★

ランキング/画像・動画(1~10)
エログちゃんねる シンプルアダルト動画サーチ
人気ブログランキング にほんブログ村
官能小説アンテナ アダルトブログランキング
ライブドアブログ オンライン小説検索・R小説の栞


ランキング/画像・動画(11~30)
Adult Novels Search GL Search おたりんく 正しいH小説の勧め
成人向けランキング ヌケルアダルト作品 ネット小説ランキング Girls Love Search
アダルトなび2 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます!






<ランキング/画像・動画(31~50)ここまで-->
△Top