Mikiko's Room

 ゴシック系長編レズビアン小説 「由美と美弥子」を連載しています(完全18禁なので、良い子のみんなは覗かないでね)。
 「由美と美弥子」には、ほとんど女性しか出てきませんが、登場する全ての女性が変態です。
 文章は「蒼古」を旨とし、納戸の奥から発掘されたエロ本に載ってた(挿絵:加藤かほる)、みたいな感じを目指しています。
 美しき変態たちの宴を、どうぞお楽しみください。
管理人:Mikiko
由美と美弥子 2622
コメント一覧へジャンプ    コメント投稿へジャンプ
 この地で暮らした高校時代までは……。
 自分の両親が性行為をしているなどということは、考えたくもないことだった。
 しかし、自分が生まれたということは、すなわちそういうことなのだ。
 東京に出て美弥子と出会い、さまざまな体験をした。
 誰もが性欲を持ち、そして夫婦は性行為を行い、子をもうける。
 いつしかその現実は、自然と受け入れられるようになっていた。
 当然、由美の両親もまた、そうした夫婦なのだろう。
 いや。
 おそらく、世間一般の夫婦より、性欲は強いはずだ。
 なぜなら……。
 自分の親だからだ。
 そして母は、あの律子叔母さんの姉でもあるのだ。
 この身には、淫乱な血が流れている。
 その血は、両親から受け継いだものに間違いない。

 そうか。
 わたしが実家に帰って長居をしているので……。
 両親は、あのマンションで大っぴらに交わることが出来ないでいるのだ。
 隣の居宅とは、コンクリート壁で区画されているが……。
 ひとつの居宅内の間仕切りは、薄っぺらな建具だけだ。
 別室からの物音は、けっこう良く聞こえた。
 両親の寝室で甲高い嬌声があがれば、おそらく由美の部屋でも聞こえるだろう。
 もちろん、そんな声は、いままで一度も耳にしたことがない。
 由美が一緒に暮らしていたころは、声を殺して交わっていたに違いない。

 しかし、由美が東京に出た今は、どうだろう。
 気兼ねするものが、何も無くなったのだ。
 ひょっとしたら、性交時に嬌声をあげる習慣が出来てしまったかも知れない。
 いや。
 それどころではない。
 もう、この居宅内では、誰の目も気にすることはないのだ。
 ひょっとしたら、全裸で暮らしているかも知れないではないか。
 この暑さだ。
 今の季節、裸が一番暮らしやすいはずだ。
 そして……。
 至る所で、2人は交わっているのだ。
 玄関。
 キッチン。
 リビング。
 トイレ。
 玄関の鍵さえ閉めてしまえば、誰に見咎められる心配もない。
 由美の脳裏に、様々な場所で交わる両親の映像が、フラッシュバックのように閃いた。
由美と美弥子 2621目次由美と美弥子 2623


コメント一覧
コメント投稿へジャンプ    ページトップへ

    • ––––––
      1. Mikiko
    • 2018/10/05 07:18
    • 今日は何の日
       10月5日は、『時刻表記念日』。
       1894(明治27)年10月5日(今から124年前)……。
       『庚寅新誌社』から、日本初の本格的な時刻表『汽車汽船旅行案内』が出版されました。
       福沢諭吉の勧めにより、手塚猛昌(てづかたけまさ)が発行したものだそうです。
       イギリスの時刻表を参考に、発車時刻や運賃のほか、紀行文等も掲載されてたとのこと。
       『庚寅新誌社』。
       もちろん、聞いたことありませんでした。
       そもそも、読み方がわからない。
       調べたら、“こういんしんししゃ”でした。
       創設が、明治23(1890)年で、その年が「庚寅(かのえとら)」の年だったためだとか。
       「寅」って、音では“いん"と読むんですね。
       初めて知りました。
       『庚寅新誌社』を創った手塚猛昌は、1853(嘉永6)年の生まれ。
       慶應義塾に進み、福沢諭吉の教えを受けたそうです。
       しかし、時刻表。
       今も、発売日には書店の店頭に積まれてます。
       そんなに売れるものなんでしょうか?
       わたしも、1年に1度買うんですよ。
       小さいのじゃありません。
       大判のやつです。
       小さい時刻表に載ってる情報なら、ネットでわかりますから。
       続きは次のコメントで。

    • ––––––
      2. Mikiko
    • 2018/10/05 07:18
    • 今日は何の日(つづき)
       ちょっとここで、時刻表の発行部数を調べてみて驚きました。
       『JTB時刻表』は、1980年代には、200万部売れてたそうです。
       年間じゃありませんよ。
       毎月です。
       1年で、2,400万部。
       たまげる数字です。
       それが今は、毎月10万部を超える程度のようです。
       20分の1ですよね。
       1部千円として、毎月1億円です。
       出版社ではなく、ほかに本業がある会社だから続けていられるのでしょう。
       でも、今後は更にじり貧でしょうね。
       まず、今の若い人は、時刻表の読み方もわからないそうですから。
       巻頭に地図の目次があることさえ知らない。
       だから当然、乗りたい路線を探すことが出来ないわけです。
       だけど、そういう人はスマホで十分なので、時刻表が読めない不便さは感じないでしょう。
       わたしも、紙の時刻表を調べるときは……。
       列車番号や発着番線を知りたいときだけですから。
       でも、時刻表を開いてるときって……。
       妙にわくわくしませんか?
       これは、ネットの検索サイトでは、絶対に感じないことです。
       やっぱり、わら半紙みたいな紙の手触り、インクの匂い、細かい数字の羅列……。
       これらが相まって、旅情をかき立てるのかも知れません。

    • ––––––
      3. 手羽崎 鶏造
    • 2018/10/06 04:45
    • 両親の性交。
      由美さんの母上の御歳なら、
      まだまだヤリたい「盛り」だと思います。
      まして夫の魅力は薄まってきているでしょうし、
      飽きも来ている筈。子育ての「手間」は卒業して
      いるし。誘惑すれば付け入る隙はあります。
      娘が居れば、ちょうど性体験に目覚める頃。
      ご自分も回春してしまわれることもあると思います。
      この国の住宅事情ですと、寝室と子ども部屋の
      区切りも薄いでしょうし、猿轡でもさせないと嬌声は
      漏れるでしょうね。

    • ––––––
      4. Mikiko
    • 2018/10/06 07:37
    • 昔は……
       どうやってたんでしょうね?
       子供はもちろんですが、舅夫婦もいたはずです。
       昔の日本家屋は、今よりもっと音が聞こえたでしょう。
       ひょっとしたら、女性は声を出さなかったのかも知れませんね。
       嬌声をあげるようになったのは、AVの影響かも。
       しかし、わからんのは、セックスレスの夫婦。
       ご主人は、溜まらないものなんすかね?

    • ––––––
      5. 手羽崎 鶏造
    • 2018/10/06 08:55
    • セックスレスの夫婦。
      色々な事情がお有りだと思います。
      管理人さまご指摘の、女性への性欲もお有りで、
      勃起・精造も正常な夫の場合、その妻には
      レスであって、他の女性には欲情というケースも
      あるでしょうし。
      オスの本性として、どう射精しているのがその男性にとって、一番の快感なのか?のような気もしますね。

    • ––––––
      6. Mikiko
    • 2018/10/06 12:40
    • 「精造」という用語は……
       初めて知りました。
       「酒造」に通じるものを感じました。
       奥さんがいるのに、自家発電なさってるご主人もいるということでしょうか。
       なんか……。
       奥さんとやってると、いろいろと自尊心が傷つく事柄があるような感じがしますね。

    • ––––––
      7. 手羽崎 鶏造
    • 2018/10/07 00:11
    • 奥さんが居るのに「自家発電」?
      それはありますよ。
      ワタシだって、時々あります。
      結婚してパートナー居るから
      「オナニーしなくなった」?
      根絶しないと思います。
      そこに男女間や夫婦の微妙なアヤが
      あるように思います。

    • ––––––
      8. Mikiko
    • 2018/10/07 07:37
    • 子育ての終わった夫婦なら……
       それでもいいかと思います。
       でも、まだ子供のいない夫婦で、そういうことが行われてるとしたら……。
       由々しき問題です。
       少子化がますます加速してしまいます。
       子供のいない夫婦においては……。
       法律でオナニーを禁止すべきです。
       『手淫防止法』。
    コメントする   【由美と美弥子 2622】
コメント一覧へジャンプ    ページトップへ


Comment:本文 絵文字  ※入力できるのは、全角で800字までです。

↓お帰りのさいには↓
愛のワンクリ お願いします
新しいウィンドウは開きません

相互リンクサイトのみなさま(Ⅰ)
新・SM小説書庫2 未知の星 [官能小説] 熟女の園 愛と官能の美学
赤星直也のエロ小説 只野課長の調教日記 都会の鳥 電脳女学園
ちょっとHな小説 かおるの体験・妄想 Playing Archives 人妻の浮気話 艶みるく
変態小説 人に言えない秘密の性愛話 女性のための官能小説 黒い教室

相互リンクサイトのみなさま(Ⅱ)
ぺたの横書き 西園寺京太郎のSM官能小説 あおいつぼみ 葵蕾 女性のH体験告白集
熟女と人妻エロンガ 女の陰影 最低のオリ 性転換・TS・女体化劇場
魔法の鍵 知佳の美貌録 性小説 潤文学ブログ Mikiko's Roomの仮設テント
むね☆きゅんファンサイト 恥ずかしがりたがり。 官能的なエロ小説 被虐願望
濠門長恭の過激SM小説 淫芯 お姫様倶楽部.com 被支配中毒
出羽健書蔵庫 官能文書わーるど かめべや HAKASEの第二読み物ブログ

相互リンクサイトのみなさま(Ⅲ)
女教師と遊ぼう 平成な美少女ライトノベル 羞恥の風 官能の本棚
禁断の体験 エッチな告白集 おとなの淫文ファイル エッチのあとさき 恥と屈辱の交差点 潤文学
ましゅまろくらぶ 空想地帯 恍惚團 ~ドライ・オーガズムの深淵~ Angel Pussy 週刊創作官能小説
ろま中男3 渡硝子の性感快楽駆け込み寺 漂浪の果てに 週刊リビドー
アダルト検索一発サーチ 快感小説 SM・お仕置き小説ブログ 官能秘宝園

制服美少女快楽地獄 秘密のエッチ体験談まとめ 18's Summer 淫鬼の棲む地下室
被虐のハイパーヒロインズ ひめ魅、ゴコロ。 おしっこ我慢NAVI 妄想ココット
ライトHノベルの部屋 レズ画像・きれいな画像倉庫 riccia 調教倶楽部
ちょっとHなおとなのための… 緊縛新聞 Japanese-wifeblog Eros'Entertainment
オシッコオモラシオムツシーン収集所 エピソードセックス マルガリテの部屋 アダルト官能小説快楽機姦研究所
渋谷子宮 RE:BIRTH 羞恥集 黒塚工房 プライド
女性作家専門官能小説 官能小説 レイプ嗜好 人妻!人妻!人妻! wombatの官能小説
黒イ都 羊頭狗肉 ひよこの家 美里のオナニー日記
エロショッカー軍団 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます!
★相互リンク募集中!(メールしてね)★

ランキング/画像・動画(1~10)
シンプルアダルト動画サーチ 人気ブログランキング
にほんブログ村 エログちゃんねる
ライブドアブログ 官能小説アンテナ
アダルトブログランキング オンライン小説検索・R小説の栞


ランキング/画像・動画(11~30)
官能文章アンテナ Adult Novels Search Girls Love Search おたりんく
クリエイターコレクションR18 アダルト動画推奨 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます!







<ランキング/画像・動画(31~50)ここまで-->
△Top