Mikiko's Room

 ゴシック系長編レズビアン小説 「由美と美弥子」を連載しています(完全18禁なので、良い子のみんなは覗かないでね)。
 「由美と美弥子」には、ほとんど女性しか出てきませんが、登場する全ての女性が変態です。
 文章は「蒼古」を旨とし、納戸の奥から発掘されたエロ本に載ってた(挿絵:加藤かほる)、みたいな感じを目指しています。
 美しき変態たちの宴を、どうぞお楽しみください。
管理人:Mikiko
単独旅行記Ⅳ(118)
コメント一覧へジャンプ    コメント投稿へジャンプ
 ワインそのもののアルコール度数は、10度くらいですので……。
 この方式だと、7度くらいになってるはず。
 以前は、赤葡萄ジュースで割ったりもしてみたのですが……。
赤葡萄ジュースで割ったりもしてみた
↑まさしくこれです。

 ワインの味が変わってしまい、イマイチでした。
 水なら、薄まるだけで味は変わりません。
 これで飲み続けると、ほろ酔い加減が持続して、いい具合です。
 翌朝にも、ほぼ残りません。
 7:00に朝食を食べますが、ご飯を2膳いただけます。
ご飯を2膳いただけます

 めでたしめでたし。

 また、いらんことを書いてしまいました。
 休日の夕食が、17:30分と早いことについてでした。
 もうひとつの理由は、相撲にあります。
 この時間から食べ始めれば、三役あたりから結びの一番まで、ゆったりと鑑賞できるのです。
三役あたりから結びの一番まで、ゆったりと鑑賞
↑ぬいぐるみがテレビに背を向けてて妙ですが、撮影者は相撲を見てるわけです。

 相撲のない時期は、民放のニュースを見ます。
 NHKは、この時間、ニュースをやってないので。

 で!
 夕食が早いので、お昼を摂ると、お腹が空かない状態で夕食に向かうことになります。
 これは正直、楽しくないです。
 空腹は最高の調味料という言葉もあります。
空腹は最高の調味料

 みなさんも、1度、お昼を抜いて、夕食を食べてみてください。
 美味しくてたまげますよ。

 さて。
 脱線、終わり。
 『葛飾区郷土と天文の博物館』を出たのが、12:10分ころ。
 お昼どきですが、わたしはお昼を食べないというご説明が、少々長くなってしまったわけです。

曳舟川親水公園
↑「み」。左から右に歩いてます(たぶん)。

 来た道を戻ります。
 どうやら、雨は上がったようです。

曳舟川親水公園看板
↑「み」

 道路の中央部分が緑地帯になってます。
 それが、『曳舟川親水公園』なのでしょう。
 やけに真っ直ぐな道だと思ってましたが、昔は川だったようです。
単独旅行記Ⅳ(117)目次単独旅行記Ⅳ(119)


コメント一覧
コメント投稿へジャンプ    ページトップへ

    • ––––––
      1. ハーレクイン
    • 2017/12/25 16:36
    • アルコール度数10度
       ですか、ワイン。
       酒(日本酒)より低いんだ。
       ははあ、それでがぶ飲みしてアル中に……。
       「み」さんのことではなく、欧州の酒飲み連中です。
      >休日の夕食が、17:30分と早いことについてでした
       あ、そうなん。
       誰も覚えていないと思われます。
      >空腹は最高の調味料
       まあねえ、聞いたことあります。
       ちょっと、調理した方に失礼な気も……。
      >わたしはお昼を食べないというご説明
       はいはい、言われてみれば、です。
       ま、どーでもよろしいが。
      で、「左から右に歩いてます画像
       画面中央奥。
       看板らしきものがありますが、読み取れません。
       どーでもいいんだけどね。
       あ、なんだ、拡大画像があるじゃねえか。
       えーと『曳舟川親水公園』。
       で、なんじゃいな、は次回、かな。
                 〔♪あ~ああ~川の流れのよーに~HQ〕

    • ––––––
      2. Mikiko
    • 2017/12/25 18:28
    • ワイン
       ヨーロッパでは、ランチタイムに水代わりに飲まれると聞きます。
       羨ましい気もしますが……。
       1,2杯で止められるという方が、驚きです。
       わたしなら、そのまま早退ですね。
       コメントは、読みながらではなく……。
       読み終えてから、書きましょう。

    • ––––––
      3. ハーレクイン
    • 2017/12/25 20:29
    • 水代わり
       アル中一直線ですね。まあ、わたしが口を出すことでもありません。
      >読み終えてから……
       ↓こんなの、思い出しました。
       「ほっちっちー、かもてなやー、お前の子じゃなし孫じゃなし」
       とりあえず直訳しますと……、
       「放って置いてくれ、構ってくれるな、(わたしは)お前の子でもなければ孫でもない(だから、関係なかろう)」
       わたしらが子供のころの決まりゼリフで、ようするに「放っておいてくれ」「無関係のものが余計な差し出口をするな」という……。
       実際には、特有の抑揚をつけて発言します。
              〔『柔道一直線』;梶原一騎原作のスポコン漫画〕

    • ––––––
      4. Mikiko
    • 2017/12/26 07:28
    • アメリカ映画
       オフィスの書棚からウィスキーを取り出し……。
       契約がまとまったお客と乾杯したりしてますよね。
       外国人は、お酒に強いということもあるでしょうが……。
       酔っ払う前に切り上げるというたしなみがあるように思えます。
       ま、酔っ払いに対して厳しい目があるということもあるでしょうが。
       対して日本では、だらだらといつまでも飲んで……。
       ぐでんぐでんになってしまう人が少なくないです。
       『柔道一直線』が何の関係があるのか、さっぱりわからん。

    • ––––––
      5. ハーレクイン
    • 2017/12/26 11:04
    • アメリカ映画で……
       「だらだら、ぐでんぐでん」で思い出すのは……。
       デンゼル・ワシントン主演『フライト FLIGHT』2012米
      ですね。
       凄腕の旅客機パイロットが、危機一髪の事故を見事に回避するところから、話は始まります。
       ところがこのパイロット、酒も凄腕。一杯機嫌で操縦、なんてしょっちゅうです。
       はっきり言ってアル中、バレればもちろんパイロットはクビ。
       そこで、あの手この手で胡麻化しに掛かるわけですが、とうとうバレてクビ。どころか操縦免許取り消しの上、アル中治療の断酒病院に収監されちゃいます。
       物語のラスト、収監仲間(アル中仲間)に主人公が、これまでの人生を述懐、語り掛ける独白シーンがなんと3分12秒も続きます(わざわざ測ったんだよ)。
       その最後のセリフが↓これ。
       「俺は人生で初めて……自由になった」
      柔道一直線
       前コメ、冒頭に「アル中一直線」と書きました。
       これを受けたんですね、柔道。
                   〔♪柔の道に命を掛けた~〕

    • ––––––
      6. Mikiko
    • 2017/12/26 19:45
    • そんな映画まで見てたら……
       そりゃ、見切れませんわな。
       仕事のストレスでアル中になったのなら……。
       辞めれば治るんでないの?

    • ––––––
      7. ハーレクイン
    • 2017/12/26 21:49
    • よくは覚えてませんが……
       仕事のせいでアル中になったのではなく、元々酒好きだったと思います。
       で、飛行機自体も大好きなんですね。
       つまりこの男、好きなものを共に失った、と。
       で、前コメに書きましたように、代わりに「自由」を得たということです。ただの思い込み、とも言えますが。
                    〔『素晴らしきヒコーキ野郎』HQ〕
                         ↑1965年の英映画

    • ––––––
      8. Mikiko
    • 2017/12/27 07:27
    • 好きなものを失って……
       なんで、自由が得れるんじゃ?
       ヒマは出来るかも知れませんが……。
       それを自由とは云わないでしょう。

    • ––––––
      9. ハーレクイン
    • 2017/12/27 11:19
    • 自由
       それまでは「酒に縛られていた」ということでしょうか。
          〔1931仏映画『自由を我等に』HQ〕
            ↑チャップリン『モダンタイムス』がこれをパクった、とも
    コメントする   【単独旅行記Ⅳ(118)】
コメント一覧へジャンプ    ページトップへ


Comment:本文 絵文字  ※入力できるのは、全角で800字までです。

↓お帰りのさいには↓
愛のワンクリ お願いします
新しいウィンドウは開きません

相互リンクサイトのみなさま(Ⅰ)
禁断の体験 エッチな告白集 ましゅまろくらぶ 新・SM小説書庫2 未知の星
赤星直也のエロ小説 電脳女学園 官能文書わーるど 官能の本棚
ちょっとHな小説 淫芯 人妻の浮気話 艶みるく [官能小説] 熟女の園
Playing Archives おとなの淫文ファイル エッチのあとさき 羞恥の風 人に言えない秘密の性愛話
性小説 潤文学ブログ 変態小説 西園寺京太郎のSM官能小説 潤文学

相互リンクサイトのみなさま(Ⅱ)
恥ずかしがりたがり。 恍惚團 ~ドライ・オーガズムの深淵~ Angel Pussy 週刊創作官能小説 官能的なエロ小説
女性のための官能小説 恥と屈辱の交差点 ぺたの横書き 出羽健書蔵庫
魔法の鍵 HAKASEの第二読み物ブログ むね☆きゅんファンサイト 空想地帯
黒い教室 濠門長恭の過激SM小説 お姫様倶楽部.com 女性のH体験告白集
かめべや 女の陰影 あおいつぼみ 葵蕾 被支配中毒
ろま中男3 渡硝子の性感快楽駆け込み寺 被虐願望 愛と官能の美学

相互リンクサイトのみなさま(Ⅲ)
平成な美少女ライトノベル 最低のオリ Mikiko's Roomの仮設テント 漂浪の果てに
週刊リビドー 女教師と遊ぼう アダルト検索一発サーチ 快感小説
SM・お仕置き小説ブログ 官能秘宝園 制服美少女快楽地獄 秘密のエッチ体験談まとめ
18's Summer 淫鬼の棲む地下室 被虐のハイパーヒロインズ ひめ魅、ゴコロ。
おしっこ我慢NAVI 妄想ココット ライトHノベルの部屋 レズ画像・きれいな画像倉庫

riccia 調教倶楽部 ちょっとHなおとなのための… 緊縛新聞
Japanese-wifeblog Eros'Entertainment オシッコオモラシオムツシーン収集所 性転換・TS・女体化劇場
エピソードセックス マルガリテの部屋 アダルト官能小説快楽機姦研究所 渋谷子宮 RE:BIRTH
羞恥集 黒塚工房 プライド 女性作家専門官能小説
官能小説 レイプ嗜好 人妻!人妻!人妻! wombatの官能小説 黒イ都
羊頭狗肉 ひよこの家 美里のオナニー日記 エロショッカー軍団
★相互リンク募集中!(メールしてね)★

ランキング/画像・動画(1~10)
エログちゃんねる 人気ブログランキング
シンプルアダルト動画サーチ にほんブログ村
官能小説アンテナ ライブドアブログ
オンライン小説検索・R小説の栞 アダルトブログランキング


ランキング/画像・動画(11~30)
Adult Novels Search 正しいH小説の勧め ネット小説ランキング GL Search
Girls Love Search おたりんく 成人向けランキング クリエイターコレクションR18
ヌケルアダルト作品 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます!






<ランキング/画像・動画(31~50)ここまで-->
△Top