Mikiko's Room

 ゴシック系長編レズビアン小説 「由美と美弥子」を連載しています(完全18禁なので、良い子のみんなは覗かないでね)。
 「由美と美弥子」には、ほとんど女性しか出てきませんが、登場する全ての女性が変態です。
 文章は「蒼古」を旨とし、納戸の奥から発掘されたエロ本に載ってた(挿絵:加藤かほる)、みたいな感じを目指しています。
 美しき変態たちの宴を、どうぞお楽しみください。
管理人:Mikiko
単独旅行記Ⅳ(114)
コメント一覧へジャンプ    コメント投稿へジャンプ
 ドジョウが水面に出て空気を吸うのは、呼吸のためではないそうです。
おっさん顔です
↑おっさん顔です。いわゆる、どじょうヒゲ。

 空気を吸って、お尻から泡を出し、腸を掃除してるのだとか。
 空気呼吸は必要ないので、冬期は泥の中で冬眠できます。
あわれ……
↑あわれ……。

 手前の瓶のようなものでは、ハゼを採ったようです。
 『セルビン』と書いてあるみたいです。
 説明書きは写ってましたが、残念ながら読めませんでした。
 要は、中にエサを入れておき……。
 入れるけど出れない仕組みを作れば良いようです。
入れるけど出れない仕組み

 「セル」は、セルロイドの略でしょうか?
 現在は、ペットボトルを使えば、子供でも作れます。
ペットボトルを使えば、子供でも作れます
↑簡単に出られそうですが、透明だとわからないんですかね?

植栽スペース
↑「み」

 休憩用(?)のソファー越しに、植栽スペースが見えます。
 ↓『ヘデラ・カナリエンシス』というウコギ科の蔓植物。
ヘデラ・カナリエンシス
↑「み」

 これ、うちの庭の裏手にもはびこってます。
 まったく陽の当たらないところに、ポット苗を1株だけ植えたんです。
 それが、あっという間に広がり、大群落を成してしまいました。
 繁殖力には、猛烈なものがあります。
 蔓を伸ばして這い回り、地面に接した蔓から根を出して定着します。
 ただ、登坂力は大したことありません。
 ここでも、数カ所からは立ちあがってますけどね。
 これがナツヅタ(ブドウ科)だったら大変です。
ナツヅタ(ブドウ科)
↑名前のとおり、落葉性です。真っ赤な紅葉が美しいです(童謡『まっかな秋』)。

 あっという間に、タイル壁など見えなくなってしまいます。
 登坂力は強烈。
 ガラス面も登ります。
 別荘地などで、これを外壁に這わせてると……。
 留守の間に、窓を覆われてしまうことさえあります。

ロッカーもあり、使わせてもらいました
↑「み」

 ロッカーもあり、使わせてもらいました。
 100円玉を入れて施錠しますが、解錠すれば戻ってきます。
単独旅行記Ⅳ(113)目次単独旅行記Ⅳ(115)


コメント一覧
コメント投稿へジャンプ    ページトップへ

    • ––––––
      1. ハーレクイン
    • 2017/12/18 16:48
    • >手前の瓶のようなもの……
       なんじゃらほい、で前回を見直しました。
       はあ、これね。
      >「セル」、はセルロイド
       わたしらにとってはcell細胞ですね。発見者はロバート・フック。
       『ザ・セル』は、インナートリップものの幻想ホラー映画。ノベライズもあります。
      ペットボトル製のセル
       なるほど、よく考えました。
       で「簡単に出られそう」。
       当人?にとってはそうでもないんですね。
       この“返し”というやつ、なかなか厄介なようです。
       これを見て思い出すのが、小松左京『蟻の園』。一種の多次元ものですかね。
      童謡『まっかな秋』
       知りません。
       『ちいさな秋』なら知ってます(知らん人っておるのか?)。
       念のため、で検索掛けましたら、知ってました『まっかな秋』。
        〔♪まっかだな まっかだな つたの葉っぱがまっかだなHQ〕

    • ––––––
      2. Mikiko
    • 2017/12/18 19:51
    • セルビン
       要は、魚を獲る罠です。
       獣用の罠も、さまざまありますよね。
       縄文時代は、狩猟生活と云われてますが……。
       いろんな罠をたくさん設置すれば、効率よく獲物が得られたんじゃないですかね。
       獣と格闘したり、北朝鮮みたいに荒海に漕ぎ出したりしなくても……。
       仕掛けた罠を一回りすれば、その日の仕事は終わりじゃなかったんですか?
       毎日、酒盛りですよ。

    • ––––––
      3. ハーレクイン
    • 2017/12/18 22:49
    • >仕掛けた罠を一回り
      >その日の仕事は終わり
       そんなにお気楽だったかなあ、と思いますが……。
       何の悩みも無いお気楽生活は、人間の向上心を失わせますから、今も縄文が続いてたりして。

       まあ、どちらにしても縄文の経験はありません。
          〔向上心全く無しHQ〕

    • ––––––
      4. Mikiko
    • 2017/12/19 07:27
    • 縄文時代の……
       ポリオの女性の骨が出土してます。
       脚の骨の太さから見て、立てなかったであろうとのこと。
       骨は、20歳くらいのものだそうです。
       立てなかった子供が、介護を受けながら成人してたわけです。
       間引きが行われてた江戸時代と、いったいどちらが豊かだったんでしょうか。
       実際、出土した骨を比べると……。
       縄文人は、江戸人より体格が良いそうです。

    • ––––––
      5. ハーレクイン
    • 2017/12/19 09:47
    • >どちらが豊か
       縄文vs.江戸
       獲物は、野山に海に溢れ返っていたでしょう縄文。
       加えて人口は、圧倒的に少なかっただろう縄文。
       ということで、国民?一人当たりのGDPは、圧倒的に縄文の勝ち、江戸の負け、じゃないですかね。
                   〔生産していないHQ〕

    • ––––––
      6. Mikiko
    • 2017/12/19 19:44
    • 江戸人の身長は……
       日本の歴史上、どの時代よりも低かったそうです。
       肉食がタブー視されたり、粗食が良しとされたこともあるでしょうね。

    • ––––––
      7. ハーレクイン
    • 2017/12/19 21:08
    • 小さい江戸人
       ♪タンパク質が足りないよ~(なんだっけ、これ)ということですか。
       それでも、けっこう体力のいることやってたと思いますが。
       チャンバラとか、駕籠舁きとか、飛脚とか……ナニとか。
                              〔コロポックルHQ〕

    • ––––––
      8. Mikiko
    • 2017/12/20 07:32
    • 江戸人
       とにかく、歩きましたからね。
       基礎体力が出来てるんでしょう。
       学生時代、東京で漱石の『三四郎』を読んで……。
       一番驚いたのが、主人公の歩く距離でした。
       知ってる地名が出て来ますから、どれほどの距離かわかるんです。

    • ––––––
      9. ハーレクイン
    • 2017/12/20 10:19
    • >知ってる地名が出て来ます……
       そこなんだよなあ。
       わたしらにはあまりピンと来ません、江戸・東京の地名。
       東京人を羨ましいなあ、と思うのはこういう時です。
       例えば、♪お江戸日本橋~、だって実際に見たことないもんなあ。
       かといって、いちいち地名を調べながら小説を読むのもねえ。
       ああ、羨ましい。
          〔♪汽笛一声新橋を~も見たことないHQ〕

    • ––––––
      10. Mikiko
    • 2017/12/20 19:50
    • 車中読書
       スマホで読む青空文庫の半七捕物帳に嵌まってます。
       東京(江戸)の地名、たくさん出てきますね。
       半七の縄張りは、神田三河町。
       現在の千代田区内神田1丁目、神田司町2丁目付近、神田美土代町の一部だそうです。
       ま、神田の辺りということでしょう。
       しかし、岡本綺堂の文章が古びないことには、感心します。
       20歳年下の芥川龍之介の文章は、すでにところどころ古びてしまってます。

    • ––––––
      11. ハーレクイン
    • 2017/12/20 21:09
    • あまり関係ないんですが
       先日読んだ時代ものの中の描写に……
       
       暮れて五つ。空を見上げると中天に“下弦”の月が掛かっていた(正確にこの通りの文ではありません)。
       どう考えても「上弦」の月だと思いますがいかが、作者さん。
                     〔♪久しぶりだね~月見るなんて~HQ〕
                           ↑吉田拓郎『旅の宿』
    コメントする   【単独旅行記Ⅳ(114)】
コメント一覧へジャンプ    ページトップへ


Comment:本文 絵文字  ※入力できるのは、全角で800字までです。

↓お帰りのさいには↓
愛のワンクリ お願いします
新しいウィンドウは開きません

相互リンクサイトのみなさま(Ⅰ)
禁断の体験 エッチな告白集 ましゅまろくらぶ 新・SM小説書庫2 未知の星
赤星直也のエロ小説 電脳女学園 官能文書わーるど 官能の本棚
ちょっとHな小説 淫芯 人妻の浮気話 艶みるく [官能小説] 熟女の園
Playing Archives おとなの淫文ファイル エッチのあとさき 羞恥の風 人に言えない秘密の性愛話
性小説 潤文学ブログ 変態小説 西園寺京太郎のSM官能小説 潤文学

相互リンクサイトのみなさま(Ⅱ)
恥ずかしがりたがり。 恍惚團 ~ドライ・オーガズムの深淵~ Angel Pussy 週刊創作官能小説 官能的なエロ小説
女性のための官能小説 恥と屈辱の交差点 ぺたの横書き 出羽健書蔵庫
魔法の鍵 HAKASEの第二読み物ブログ むね☆きゅんファンサイト 空想地帯
黒い教室 濠門長恭の過激SM小説 お姫様倶楽部.com 女性のH体験告白集
かめべや 女の陰影 あおいつぼみ 葵蕾 被支配中毒
ろま中男3 渡硝子の性感快楽駆け込み寺 被虐願望 愛と官能の美学

相互リンクサイトのみなさま(Ⅲ)
平成な美少女ライトノベル 最低のオリ Mikiko's Roomの仮設テント 漂浪の果てに
週刊リビドー 女教師と遊ぼう アダルト検索一発サーチ 快感小説
SM・お仕置き小説ブログ 官能秘宝園 制服美少女快楽地獄 秘密のエッチ体験談まとめ
18's Summer 淫鬼の棲む地下室 被虐のハイパーヒロインズ ひめ魅、ゴコロ。
おしっこ我慢NAVI 妄想ココット ライトHノベルの部屋 レズ画像・きれいな画像倉庫

riccia 調教倶楽部 ちょっとHなおとなのための… 緊縛新聞
Japanese-wifeblog Eros'Entertainment オシッコオモラシオムツシーン収集所 性転換・TS・女体化劇場
エピソードセックス マルガリテの部屋 アダルト官能小説快楽機姦研究所 渋谷子宮 RE:BIRTH
羞恥集 黒塚工房 プライド 女性作家専門官能小説
官能小説 レイプ嗜好 人妻!人妻!人妻! wombatの官能小説 黒イ都
羊頭狗肉 ひよこの家 美里のオナニー日記 エロショッカー軍団
★相互リンク募集中!(メールしてね)★

ランキング/画像・動画(1~10)
エログちゃんねる 人気ブログランキング
シンプルアダルト動画サーチ にほんブログ村
官能小説アンテナ ライブドアブログ
オンライン小説検索・R小説の栞 アダルトブログランキング


ランキング/画像・動画(11~30)
Adult Novels Search 正しいH小説の勧め ネット小説ランキング GL Search
Girls Love Search おたりんく 成人向けランキング クリエイターコレクションR18
ヌケルアダルト作品 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます!






<ランキング/画像・動画(31~50)ここまで-->
△Top