Mikiko's Room

 ゴシック系長編レズビアン小説 「由美と美弥子」を連載しています(完全18禁なので、良い子のみんなは覗かないでね)。
 「由美と美弥子」には、ほとんど女性しか出てきませんが、登場する全ての女性が変態です。
 文章は「蒼古」を旨とし、納戸の奥から発掘されたエロ本に載ってた(挿絵:加藤かほる)、みたいな感じを目指しています。
 美しき変態たちの宴を、どうぞお楽しみください。
管理人:Mikiko
由美と美弥子 1819
コメント一覧へジャンプ    コメント投稿へジャンプ
 美弥子は、女性の両脇を掬い持っていた。
 重さはさほどでは無いようだが、濡れた裸の肌は持ちにくそうだった。
 由美は、両脚を束ね持っているだけなので、一番楽だろう。

「それじゃ、縁を越えるわよ。
 ゆっくりね。
 ぜったい落っことさないように」
「はい」

 千穂と由美は、縁とは反対側から女性を抱えていた。
 縁を最初に越えるのは、美弥子になる。
 美弥子は、足裏を持ちあげるタイミングを図っているようだ。
 由美には、慎重を期す美弥子の挙動が判っていたが……。
 千穂には、美弥子が手こずっているように見えたらしい。
 少しでも美弥子の負担を減らそうとしたのだろう……。
 女性を抱える位置を、さらに美弥子側に移そうとした。
 そのときだった。

「あっ」

 悲鳴とともに、千穂の身体が沈んだ。
 踏ん張った足裏が滑ったのだろう。
 女性の体側から剥がれ落ちた千穂は、お湯の中に横倒しになっていた。

「あ」

 千穂の支えが無くなった女性の腰が落ち、由美の両腕から、抱えた脚がすっぽ抜けた。
 慌てて拾い直そうと、湯の中に沈んだ脚を迎えに行く。
 掴んだ脚を、持ちあげようとしたときだった。

「あぁ」

 美弥子の悲鳴と共に、女性の身体が、頭の方に引っ張られた。
 大きな水音が立った。
 美弥子が、女性を抱えたまま、真後ろに尻もちをついたのだ。
 脚を抱えていた由美は、女性に引きずられるまま、上体から湯の中にダイブした。

 再び湯船に戻ってしまった女性だが、まだ意識は戻らないようだ。
 仰向けのまま、浮いていた。
 千穂が水を掻いて女性の元に戻り、身体を支えた。

「2人とも、大丈夫?」

 頷きながら、由美と美弥子も、元の持ち位置に戻った。
 身体的には、まったく大丈夫なのだが……。
 着ている服は、完全にびしょ濡れである。
 湯を潜った髪も、ずっしりとお湯を吸い、頬に貼りついていた。
由美と美弥子 1818目次由美と美弥子 1820





コメント一覧
コメント投稿へジャンプ    ページトップへ

    • ––––––
      1. Mikiko
    • 2015/08/10 07:23
    • 律「でも、何よ?」
      み「下痢の人は辛かったろうね」
      http://blog-imgs-66.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/20141013185620eee.jpg
      み「川まで懸命に急いだ。
       走ると漏れそうだから、小刻みな早足よ」
      http://blog-imgs-79.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/20150808100034800.jpg
      律「何でそんなことがわかるの?」
      み「わたしゃ経験者ですからな」
      律「あ、それ聞いたことある」
      み「大学生のときよ。
       新潟から東京に帰って、アパートのドアを前にして……」
      http://blog-imgs-79.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/2015080810003058f.jpg
      ↑こんな綺麗なアパートじゃありませんでした。
      律「間に合わなかったわけね」
      み「はいな。
       あの瞬間、もうわたしは子供じゃないと思った」
      律「何でよ?」
      み「酒による下痢便の威力を知ったからじゃ」
      http://blog-imgs-37.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/20120310200833f5e.jpg
      律「あー、やだやだ。
       ボク、もう帰りましょ」
      小「そろそろ、時間ですね」
      み「ミュージアムに寄れるか?」
      http://blog-imgs-79.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/20150724062335727.jpg
      小「短時間しかムリですよ」

    • ––––––
      2. Mikiko
    • 2015/08/10 07:23
    • み「しかしこの遺跡見学、やっぱし真夏や真冬は厳しいのぅ」
      小「仕方ありません。
       娯楽施設じゃないんですから」
      律「そうよ。
       タダなんだから、文句なんて言えないわ」
      http://blog-imgs-79.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/201508081000330fb.jpg
      小「こっちです」
      み「おー、人形がいた。
       大好物じゃ」
      http://blog-imgs-79.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/20150808100031137.jpg
      小「食べられませんよ」
      み「わかっとるわい。
       こいつら、喋らんのか?」
      小「何語をしゃべるんですか?」
      み「日本人なんだから、日本語じゃろ。
       早くシャバに出て、馴染みの女に会いてーなー、とか」
      律「それは佐渡金山でしょ」
      http://www.youtube.com/watch?v=TJ5Ds5QFbWU
      み「残念ながら、今年(2015年)も、世界遺産への推薦は叶わんかった」
      律「あの半分に割れた山なんて、スゴいわよね」
      http://blog-imgs-79.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/20150808100035612.jpg
      み「人の欲望の象徴だよな」
      律「どうして、推薦されないの?」
      み「やっぱ、馴染みの女にがマズいんじゃないの?」
      http://blog-imgs-79.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/201508081000501ad.jpg
      ↑なんと、土産物のTシャツとして売ってました。世界遺産を目指すには、マズくね?
       続きは、次回。

    • ––––––
      3. ハーレクイン
    • 2015/08/10 11:11
    •  四人といいますと、とりあえず麻雀ですが、これは三人でも五人でもできます。
       『四人組』は文化大革命。名前は……まあよかろう。
       『四人囃子』は日本のロックバンド。サプライズ・ジョイントライブ・シリーズ(ようわからん)「色彩探索」で知られる(知らん)。
       『四人の公王』はRPG「ダークソウル」のゲームキャラ(全く知らん)。
       『四人将棋』は二組の将棋の駒を用いて四人で行うゲーム。通常の将棋盤を用いる(面白そうだよ)。
       で『四人女』は千穂民宿浴室内で展開する変態エロゲーム。ルールと展開は、待て、次回。
       あ、涼太もいるなあ。

    • ––––––
      4. ハーレクイン
    • 2015/08/10 11:13
    •  競歩。
       しかしあれって、やってて面白いのかね。ストレスが溜まる一方だと思うが。
      >律「そうよ。
      >タダなんだから、文句なんて言えないわ」
       「タダほど高いものはない」とも云いますな、センセ。
       ♪佐渡へ~佐渡へ~とお草木も……
       『道遊の割戸』
       ひょっとして『戸割の遊道』?
       どっちだろう。
       これ、金を掘ったので割れたのケ?
       What time is it now. 正しい発音は「掘った芋弄るな」。

    • ––––––
      5. きりしま
    • 2015/08/10 12:10
    • みきこさんもこういう状態になっちゃったんですね。
      http://www.p-slum.com/products/detail.php?product_id=9417

    • ––––––
      6. Mikiko
    • 2015/08/10 19:40
    • > ハーレクインさん
       “どうゆうのわれと”と読むようです。
       道遊が、地名なのか人名なのか、どこにも書かれてません。
       こんな説明も無いんじゃ、世界遺産なんて無理な話です。
       もちろん、金を掘ったから割れたのです。
       しかも、手掘りですよ。
       英語の発音。
       Water(ウォーター:水)は、“わら”と発音しないと通じません。
       Not at all(ノットアットオール:どういたしまして)は、“奈良郎(ならろう)”です。
      > きりしまさん
       JKでは、ありませんでしたがね。
       しかし……。
       漏らすのに、どうしてパンツも脱ぐんでしょう。
       それは……。
       “や・ら・せ”だからです!

    • ––––––
      7. ハーレクイン
    • 2015/08/10 20:48
    •  そうか、割戸は「われめ」「われくち」「裂け目」ということですか。
       ということは、問題はやはり道遊だよね。なんか、僧侶の名前のような……道鏡とか。
       それにしても、手掘りで山を割る。人の欲望は凄いものですが、よく考えたら掘った人の手には入らないんだよね、金。こっそり一欠け(ひとかけ;これでいいのか?)くすねたりしたらやはり、打ち首獄門?
       Water!(わら!)ときますとヘレン・ケラー、奇跡の人だよね。いや、やはりサリバン先生の方かなあ、奇跡の人。

    • ––––––
      8. Mikiko
    • 2015/08/11 07:33
    •  道遊脈という鉱脈が地表に出た部分を、鏨(たがね)で掘り割ったものだそうです。
       幅は、30メートル。
       深さはなんと、74メートルだとか。
       人力ですよ。
       道遊脈の名前の由来は、相変わらず不明です。
       どういうこと?
       ヘレン・ケラーの逸話は知りませんでした。
       飛行機で、外人スッチーに、水を所望するときは……。
       “藁”と言わなければなりません。

    • ––––––
      9. ハーレクイン
    • 2015/08/11 14:28
    •  へえ、鉱脈の名前ですか。ということは、これを発見した人物の名前、というのが最もありそうですが、さて。
       どういうこと?って……醤油こと!
       で、全然関係ないんだけど「割戸」という言葉がずっと引っかかっててね。なんやろ、でやっと思い当りました。
       寒戸や! 「寒戸の婆」や!
       ヘレン・ケラーの逸話、知りまへんか。
       「ヘレンとアン・サリバン」もののクライマックスは、必ずこのエピソードで締め括られると言っていいくらい有名です。
       手に、井戸水を掛けられたヘレンが、初めて「藁!」と叫ぶわけですね。で、「世の中の全ての物には名前がある」ということを始めて認識するわけです。これをきっかけにして、徐々にヘレンは「獣」から「人間」に変わっていくことになります。その傍らには、常にサリバン先生が……。
       その後の二人を描いた『奇跡の翌日』という映画があります。

    • ––––––
      10. Mikiko
    • 2015/08/11 19:54
    •  “道遊こと”の洒落のつもりでした。
       “どうゆうこと”にすべきでしたね。
       ヘレン・ケラー。
       辛い話は苦手なので、読んだことありません。
       “「世の中の全ての物には名前がある」ということを始めて認識する”エピソードが、どうしてクライマックスなんですか?
       ここから始まりでないの?

    • ––––––
      11. ハーレクイン
    • 2015/08/12 03:46
    •  醤油うこと!(ごめん、ショージ師匠)。
       しかし油断のならん……(ボーッと読んでおってはいかんぞ)。
       終わりは始まり、始まりは終わり。
       一つのクライマックスでそこまでの話の流れは完結した。そこから先の話は「続編」ということでしょう。で、「続々編」「続々々編」「第4」「第5」……としつこく続くわけです。
       そうすると『アイリス』は『続・リュック』ということになります。完結後は『続々・リュック』ですね。
       例の、捨てられた古いSFマガジンで読んだ短編SFをご紹介しましょう。
       話の冒頭に登場するのは、無事に結婚式を終えた花嫁と花婿。で、作者の野郎「ここで物語は終わるわけだがどうだろう。常識に反して、ここから物語を始めるというのは」。こう書いたうえで物語を始めます。
       内容を一言でいうと(とても言えませんが)“離婚騒動”です。
       で、めでたく騒動が収まり、二人は改めて新生活をスタートさせます。ここで作者の野郎「ここから物語は始まるわけだがどうだろう。常識に反して、ここで物語を終わるというのは」。で、チャンチャン(手打ち)、です。
       内容はコメディではなく、ちょっとシリアスなSF短編です。テーマは「クローン人間は人間と同格か」というもの。ただし時代が時代ですから“クローン人間”ではなく、たしか「アンドロイド」という語が使われていたような……。
       タイトルもうろ覚えですが“メイド・イン・USA”だったと思います。同名の古い映画がありますが、これは無関係。
       作者名も記憶にありません。もう一度読んでみたいんですがね。

    • ––––––
      12. Mikiko
    • 2015/08/12 07:50
    •  SF創生期のころの話。
       若手SF作家数人(創生期ですから、若手しかいません)による、対談が企画されました。
       今の対談はどうかわかりませんが、当時は速記者を呼んだそうです。
       対談の話題はもちろん、SFの専門分野です。
       しかしながら、速記者は、SF専門とはいきません。
       話題が、サイボーグ論に移ったとき……。
       速記者の隣に座ってた作家が、速記者が微妙に困った顔をしてるのに気づきました。
       で、速記者のノートを覗きこんだところ……。
       そこには、“細胞具”という文字が綴られてたそうです。

    • ––––––
      13. ハーレクイン
    • 2015/08/12 12:47
    •  おおっ、一発で変換出来たよ「さいぼうぐ」。
       有名な単語なのか、それとも……一番出やすい語というと「さいぼう」はやはり『細胞』でしょう(ひいき目じゃん)。「ぐ」は、うーん、『具』かねえ。何度やっても『具』だなあ。まあ他には『愚』『菫ア』『虞』くらいしかないけど……。
       しかし、この話おかしいんじゃないですかね。速記は、あのミミズがのたくったような記号で記録して、あとで普通の文字に書き換えると思うけどなあ。記録の現場では“漢字変換”なんてしているヒマはないと思いますが。
       それとも……若手のSF作家って、皆無口なのか。その頃だと、星新一とか、筒井とか、小松のおっちゃんあたりだろ、参加メンバー。“しゃべり(大阪語;よくしゃべる人、ex.明石家さんま)”ばっかりじゃん。“間が空いてヒマなので漢字変換していた”ということはないと思いますが。
       今は録音して、あとでテープ起こし、じゃないですかね。あ、国会では速記か。速記の需要はまだまだあるようです(早稲田速記講師HQ)。

    • ––––––
      14. Mikiko
    • 2015/08/12 19:46
    •  聞いた話や。

    • ––––––
      15. ハーレクイン
    • 2015/08/12 20:55
    •  なにわのおばちゃんに、座布団一枚。
    コメントする   【由美と美弥子 1819】
コメント一覧へジャンプ    ページトップへ


Comment:本文 絵文字  ※入力できるのは、全角で800字までです。

↓お帰りのさいには↓
愛のワンクリ お願いします
新しいウィンドウは開きません

相互リンクサイトのみなさま(Ⅰ)
禁断の体験 エッチな告白集 未知の星 新・SM小説書庫2 電脳女学園
赤星直也のエロ小説 官能文書わーるど 官能の本棚 羞恥の風
淫芯 人に言えない秘密の性愛話 [官能小説] 熟女の園 ちょっとHな小説
官能的なエロ小説 人妻の浮気話 艶みるく 変態小説 おとなの淫文ファイル エッチのあとさき
女性のH体験告白集 性小説 潤文学ブログ Playing Archives 被支配中毒

相互リンクサイトのみなさま(Ⅱ)
恥ずかしがりたがり。 濠門長恭の過激SM小説 お姫様倶楽部.com 恥と屈辱の交差点
あおいつぼみ 葵蕾 女性のための官能小説 潤文学 女の陰影
魔法の鍵 ぺたの横書き 西園寺京太郎のSM官能小説 ましゅまろくらぶ
空想地帯 Mikiko's Roomの仮設テント かめべや 恍惚團 ~ドライ・オーガズムの深淵~
Angel Pussy 週刊創作官能小説 出羽健書蔵庫 HAKASEの第二読み物ブログ むね☆きゅんファンサイト
黒い教室 ろま中男3 渡硝子の性感快楽駆け込み寺 被虐願望

相互リンクサイトのみなさま(Ⅲ)
愛と官能の美学 平成な美少女ライトノベル 最低のオリ 漂浪の果てに
週刊リビドー 女教師と遊ぼう アダルト検索一発サーチ 快感小説
SM・お仕置き小説ブログ 官能秘宝園 制服美少女快楽地獄 秘密のエッチ体験談まとめ
18's Summer 淫鬼の棲む地下室 被虐のハイパーヒロインズ ひめ魅、ゴコロ。
おしっこ我慢NAVI 妄想ココット ライトHノベルの部屋 レズ画像・きれいな画像倉庫

riccia 調教倶楽部 ちょっとHなおとなのための… 緊縛新聞
Japanese-wifeblog Eros'Entertainment オシッコオモラシオムツシーン収集所 性転換・TS・女体化劇場
エピソードセックス マルガリテの部屋 アダルト官能小説快楽機姦研究所 渋谷子宮 RE:BIRTH
羞恥集 黒塚工房 プライド 女性作家専門官能小説
官能小説 レイプ嗜好 人妻!人妻!人妻! wombatの官能小説 黒イ都
羊頭狗肉 ひよこの家 美里のオナニー日記 エロショッカー軍団
★相互リンク募集中!(メールしてね)★

ランキング/画像・動画(1~10)
エログちゃんねる 人気ブログランキング
にほんブログ村 シンプルアダルト動画サーチ
官能小説アンテナ ライブドアブログ
アダルトブログランキング オンライン小説検索・R小説の栞


ランキング/画像・動画(11~30)
Adult Novels Search GL Search 正しいH小説の勧め 成人向けランキング
Girls Love Search おたりんく クリエイターコレクションR18 ネット小説ランキング
GAY ART NAVIGATION 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます!






<ランキング/画像・動画(31~50)ここまで-->
△Top