Mikiko's Room

 ゴシック系長編レズビアン小説 「由美と美弥子」を連載しています(完全18禁なので、良い子のみんなは覗かないでね)。
 「由美と美弥子」には、ほとんど女性しか出てきませんが、登場する全ての女性が変態です。
 文章は「蒼古」を旨とし、納戸の奥から発掘されたエロ本に載ってた(挿絵:加藤かほる)、みたいな感じを目指しています。
 美しき変態たちの宴を、どうぞお楽しみください。
管理人:Mikiko
由美と美弥子 1756
コメント一覧へジャンプ    コメント投稿へジャンプ
「でも、小さく尖ったお尻は、すぐに見えなくなった。
 女の子が、上体を起こしたから。
 だけど、その代わり……。
 女の子の剥き出しの下半身が目の当たりになった。
 ミニスカートでも隠れてた、神秘な部分が白昼のもと。
 健康的な両脚の付け根には、まだ毛も生えて無い。
 でも、剃毛したみたいにツルツルじゃないわ。
 産毛が濃くなった感じで、肌の表面がけぶってる。
 黒い陰毛が生える寸前の肌ね。

 どう?
 想像できる?
 あら、首振っちゃった。
 でも、仕方ないわよね。
 キミ、お姉さんや妹は?
 いないの?
 一人っ子。
 それじゃ、無理もないか。
 お母さんとは、もうお風呂に入ってない?
 まぁ、幼稚園のころから無いの。
 一人っ子持ちにしては……。
 案外、しっかりしたお母さんね。
 男の子の一人っ子のお母さんって、中には子供べったりになっちゃう人もいるのよ。
 傍で見てても、危ない感じがするほど。
 ここでも一組あったわ。
 キミと同じく、脚を骨折して入院した男の子だった。

 お母さんが、つきっきりでね。
 もう、明らかに異常なのよ。
 看護師に触らせようとしないの。
 我が子を。
 汚らわしいって目で見て。
 親子以上の関係だって、ひと目でわかったわ。

 案の定……。
 ある夜、巡回のとき、見ちゃったの。
 その子のベッドだけ、中に灯りが点いててね。
 ベッドを囲んだカーテンが、ぼーっと明るくなってた。
 中の人物が、影絵になってカーテンに浮きあがってる。
 その子のお母さんよ。
 なんと、お母さんの頭は、我が子の股間にあった。
 そして……。
 上下してたの。
 間違いなかった。
 フェラチオしてたのよ」
由美と美弥子 1755目次由美と美弥子 1757





コメント一覧
コメント投稿へジャンプ    ページトップへ

    • ––––––
      1. Mikiko
    • 2015/05/15 07:22
    • み「でも、縄文時代は、暖かかったんだよね?」
      http://blog-imgs-74.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/20150508074927f9f.jpg
      小「よくご存知ですね」
      み「大人を、ほめるな!
       しかし、その余裕こいた応対からして……。
       チミは、ここ、初めてじゃないな?」
      小「5回目くらいです」
      み「何でそんなに来るわけ?」
      小「青森に来たときは、必ず寄ります」
      み「『津軽鉄道サポーターズクラブ』だっけ?」
      http://blog-imgs-74.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/20150508074925ab2.jpg
      ↑会員証もあるようです。
      小「はい。
       毎年、来てます」
      み「鉄道のほかに、縄文も趣味なわけ?」
      小「最初は、津軽鉄道に乗りたくて、お父さんに連れてきてもらったんです。
       その時、『三内丸山遺跡』にも連れてってもらいました」
      http://blog-imgs-74.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/20150508074922ea0.jpg
      ↑体験学習も出来ます。これは、火起こしでしょうか。
      み「それで、ハマったわけ」
      小「どストライクでしたね」
      み「チミ、友達、少ないだろ?」
      http://blog-imgs-74.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/20150508074921fbb.jpg
      小「え?
       そうでも無いですよ」
      み「チミと話が合う小学生がいるとは思えん」

    • ––––––
      2. Mikiko
    • 2015/05/15 07:23
    • 小「大丈夫です。
       彼らとは、ちゃんと話を合わせますから」
      http://blog-imgs-74.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/20150508074924825.gif
      み「ほんまにいけすかんガキじゃ」
      律「でも、ちょうど良かったじゃない。
       ここ、スゴく広いんでしょ?
       そんなとこ、あんたに付いて歩いてたら、遭難しかねないわ」
      http://blog-imgs-79.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/201502180815300ea.jpg
      み「失敬な」
      律「今日は、お姉さんたちを案内してくださる?」
      小「いいですよ」
      律「じゃ、ボクの分のチケットも、お姉さんが買ってあげる。
       入館チケットってどこで売ってるの?」
      小「ここは、入場無料です」
      み「にゃにー。
       これだけの施設が、タダ?」
      http://blog-imgs-53.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/201210302004335a7.jpg
      ↑これは、ダダ(このギャグ、前にやったな)。
      小「そうです。
       だから、ボクでも、毎回来れるんですよ」
      み「それは大したもんじゃ。
       侮れんわい、青森県」
      http://blog-imgs-47.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/20131013095016e66.jpg
      ↑これは、青森犬。
      律「今まで、侮ってたわけ?」
      み「少々」
       続きは、次回。

    • ––––––
      3. ハーレクイン
    • 2015/05/15 11:57
    •  独白は続きます。
      > 産毛が濃くなった感じで、肌の表面がけぶってる
       うーむ。
       このあたりは、想像の埒外といいますか……見たことないもんなあ。
       いわゆる「パイパン」とはまた違うんだろうね。
       息を潜める蕗の薹を覆い隠す残雪、なんてのはどうだろう。
       「萌え出づる春になり」かかってるんだろうね。
       しかし、我が子をフェラチオする母親ねえ。
       単純に、亭主のちんちんを思って……じゃあないんだろうね。

    • ––––––
      4. ハーレクイン
    • 2015/05/15 11:59
    •  なんか、インディアンのティピー、モンゴル遊牧民のゲル、エスキモーのイグルーって感じだよね。誰が作っても同じような構造になるんだろうなあ。
       『津軽鉄道サポーターズクラブ』。
       懐かしいなあ。
       物語内では、つい昨日の事なんだけどね。
       火起こし。
       小学生のころ、自宅の庭で挑戦したことがあります。錐みたいにとんがった棒を板の上に立てて、ただ錐みたいに揉むだけだったんで、火が点くわけなかったんだけど……挑戦することに意義があるのだ。
       友達の少ない子。
       やめてくれよ、せつない画像はよ。
      >小「大丈夫です。彼らとは、ちゃんと話を合わせますから」
       三内丸山通いと云い、ほんっとに小憎らしいガキだな。
       長生きできんぞ。
       遭難とくれば八甲田山。
       4回目くらいじゃないか、『死の彷徨』画像。
       ダダ画像も……4回目くらいじゃないか。
       それにしても、三内丸山が「ただ」って知らなかったのか「み」さん。儂でも知っとったぞ(大ウソ)。

    • ––––––
      5. Mikiko
    • 2015/05/15 20:38
    •  防虫できるなら、住んでみたい気もしますけどね。
       当時、虫には、そうとう悩まされたでしょうね。
       杉っ葉でも燃やしてたのかな?
       火起こし。
       摩擦させるところに、着火のための藁などが必要なんじゃないすか?
       遺跡。
       なんで、タダなのかね?
       ここに人を呼ぶことによる波及効果を見込んでるってことかな。
       そうか。
       もともと野球場の用地だったんだから、取得費もいらなかったんだ。

    • ––––––
      6. ハーレクイン
    • 2015/05/15 21:49
    •  小説や映像なんかでもね、悩まされる表現ってあまりないから、ついつい忘れがちなんですがね。昔は凄かったんじゃないですかね。
       あ、江戸ものでは結構ありますか、「おい、もっと蚊やりを焚け」とか。そういえば、日向子姐さんの『百日紅』の中であったか、もうもうと蚊やりを焚くシーン。
       それから、小松のおっちゃん『果てしなき流れの果てに』で、過去に迷い込んだタイムトラベラーが、猛烈なやぶ蚊とダニに悩まされるシーンがありました。読んでいてムズムズしましたね。
       蚊遣り火といったそうで、蓬の葉、榧の木、杉・松の葉などを燻したそうです。
      ●蚊やりして皆おぢ甥の在所哉(一茶)
       着火用の藁。
       ですよね。当時は考えもしませんでした。カッコだけ真似れば火がつく、と思ってたんでしょうね。
       なんでダダ、じゃなくてタダなのか。
       ぜひ調べて下さい。
       まあ、費用が掛かっていないのなら、「学術・教育目的」ということなんですかね。
       そういえば、星野之宣の『宗像教授伝奇考』に出てきます、三内丸山。

    • ––––––
      7. Mikiko
    • 2015/05/16 07:47
    •  夏場の大相撲の巡業での話を聞いたことがあります。
       下っ端の力士は、お寺のお堂などに泊まるそうです。
       で、お寺に入ったらまずやるのが、蚊の退治。
       お堂を締めきり、蚊取り線香を大量に焚くそうです。
       線香が燃え尽きた後、床を掃くわけですが……。
       蚊の亡き骸が、小山のようになったとか。
       三内丸山遺跡。
       ↓有料化の模索もあるようですが、反対も根強いみたいです。
      http://www.toonippo.co.jp/rensai/ren2004/sanmaru-zehi/0317.html

    • ––––––
      8. ハーレクイン
    • 2015/05/16 12:14
    •  まあ、見物する側、特に県外の者にしてみれば無料に越したことはないのですが、維持費などもかかるでしょうしね。
       難しいところのようです。
       大阪だと間違いなく有料ですね。そもそも、三内丸山が無料だなんて、考えもしてなかったよ。

    • ––––––
      9. Mikiko
    • 2015/05/16 13:09
    •  三セク丸山遺跡に改名するというのは如何?
       有料化すると、ツアーコースから外される怖れがあるとか。
       それにしても、あれだけの箱物を作って、タダってのはねー。
       学生までは無料にして、それ以上からは取ってもいいんでないの。

    • ––––––
      10. ハーレクイン
    • 2015/05/16 15:06
    •  おもろい。
       椅子用の小座布団一枚。
      >あれだけの箱物
       どれだけの物か知らんけどそうだよね。
       土地代以外にどれだけ金がかかってるか。
       繰り返すけど、大阪じゃタダなんて考えられません。
       でもどうなん。
       有料にしたとしても、そんなに金が入って来るかね。
       入場者数ってどれくらいなんだろう。
       言っちゃなんだが(地の果て)青森だよ。そんなに入場者数は見込めまい。そりゃあ県外からも人は来るだろうけど、二度三度と行く人はそうおらんだろ。
       そう考えると、例えば吉野ヶ里なんて有利だよね。
       アクセスはいいし、九州人は物見高いだろうし。
       で、有料です。大人420円。

    • ––––––
      11. Mikiko
    • 2015/05/16 18:19
    •  アクセス的には、悪くないです。
       青森駅からは、バスで25分。
       東北新幹線の新青森駅からは、シャトルバスで15分です(200円)。
       入館者数は、年間30万人くらいのようです。
       420円取ったとして、年1億2千6百万円の収入になります。
       人件費くらい、出るんでないの?
       1人360万円として、35人雇えます。

    • ––––––
      12. ハーレクイン
    • 2015/05/16 20:48
    •  あ、そうか。
       所在地は青森市内でしたね。
       まあ、市といっても青森だからなあ、とんでもない山の中なんて場所もあるんだろうけど、遺跡は海沿いでしたね。
       年間30万人ということは、月にならすと2万5千人。
       一日平均800人ちょっと、ですか。
       これを多いとみるか、少ないと考えるか。
       そこらのテーマパークなんかだともちろん大赤字ですが、さて……。
       展示物が「遺跡」ですからねえ、こんなものかという気もしますが、でも広いからなあ。それこそ鳥になって空から見下ろしたら、ガラガラでしょうね。
       まあ、儲けようという施設じゃなし、何とか維持さえできればいいんじゃないの。そういう意味では、保存主体の県(だよね)の負担を少し軽減できる程度の入場料を取るのは、かえって遺跡のためになると思います。

    • ––––––
      13. Mikiko
    • 2015/05/17 08:18
    •  懸念されてるのは、有料にした場合、30万人の入場者が、どれだけ減るかです。
       『三内丸山遺跡』に行った客が、ほかの場所で落としてたお金も減るわけです。
       下手すりゃ、県だけ潤って、民間は大打撃ということになりかねない。
       それなら、入場料収入を民間の復興策に当てろということになれば……。
       このままタダにしておいた方が、県としても楽なわけでしょう。

    • ––––––
      14. ハーレクイン
    • 2015/05/17 11:04
    •  民間のことまでには思い至らなかったなあ。
       これは一本取られました。
       さすがプロの経理、ということでしょうか。
    コメントする   【由美と美弥子 1756】
コメント一覧へジャンプ    ページトップへ


Comment:本文 絵文字  ※入力できるのは、全角で800字までです。

↓お帰りのさいには↓
愛のワンクリ お願いします
新しいウィンドウは開きません

相互リンクサイトのみなさま(Ⅰ)
新・SM小説書庫2 未知の星 電脳女学園 赤星直也のエロ小説
恥ずかしがりたがり。 ちょっとHな小説 愛と官能の美学 只野課長の調教日記
人妻の浮気話 艶みるく [官能小説] 熟女の園 人に言えない秘密の性愛話 官能的なエロ小説
西園寺京太郎のSM官能小説 女性のための官能小説 ぺたの横書き 被虐願望

相互リンクサイトのみなさま(Ⅱ)
濠門長恭の過激SM小説 淫芯 変態小説 お姫様倶楽部.com
被支配中毒 むね☆きゅんファンサイト 性小説 潤文学ブログ 出羽健書蔵庫
女の陰影 官能文書わーるど かめべや 女性のH体験告白集
あおいつぼみ 葵蕾 HAKASEの第二読み物ブログ 黒い教室 女教師と遊ぼう
魔法の鍵 平成な美少女ライトノベル 羞恥の風 最低のオリ
官能の本棚 禁断の体験 エッチな告白集 おとなの淫文ファイル エッチのあとさき Playing Archives

相互リンクサイトのみなさま(Ⅲ)
恥と屈辱の交差点 潤文学 ましゅまろくらぶ 空想地帯
Mikiko's Roomの仮設テント 恍惚團 ~ドライ・オーガズムの深淵~ Angel Pussy 週刊創作官能小説 ろま中男3
渡硝子の性感快楽駆け込み寺 漂浪の果てに 週刊リビドー アダルト検索一発サーチ
快感小説 SM・お仕置き小説ブログ 官能秘宝園 制服美少女快楽地獄
秘密のエッチ体験談まとめ 18's Summer 淫鬼の棲む地下室 被虐のハイパーヒロインズ

ひめ魅、ゴコロ。 おしっこ我慢NAVI 妄想ココット ライトHノベルの部屋
レズ画像・きれいな画像倉庫 riccia 調教倶楽部 ちょっとHなおとなのための…
緊縛新聞 Japanese-wifeblog Eros'Entertainment オシッコオモラシオムツシーン収集所
性転換・TS・女体化劇場 エピソードセックス マルガリテの部屋 アダルト官能小説快楽機姦研究所
渋谷子宮 RE:BIRTH 羞恥集 黒塚工房 プライド
女性作家専門官能小説 官能小説 レイプ嗜好 人妻!人妻!人妻! wombatの官能小説
黒イ都 羊頭狗肉 ひよこの家 美里のオナニー日記
エロショッカー軍団 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます!
★相互リンク募集中!(メールしてね)★

ランキング/画像・動画(1~10)
人気ブログランキング 官能小説アンテナ
にほんブログ村 ライブドアブログ
アダルトブログランキング オンライン小説検索・R小説の栞
エログちゃんねる シンプルアダルト動画サーチ


ランキング/画像・動画(11~30)
おたりんく 正しいH小説の勧め クリエイターコレクションR18 Adult Novels Search
Girls Love Search GL Search GAY ART NAVIGATION Cyber あまてらす
ネット小説ランキング 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます!






<ランキング/画像・動画(31~50)ここまで-->
△Top