Mikiko's Room

 ゴシック系長編レズビアン小説 「由美と美弥子」を連載しています(完全18禁なので、良い子のみんなは覗かないでね)。
 「由美と美弥子」には、ほとんど女性しか出てきませんが、登場する全ての女性が変態です。
 文章は「蒼古」を旨とし、納戸の奥から発掘されたエロ本に載ってた(挿絵:加藤かほる)、みたいな感じを目指しています。
 美しき変態たちの宴を、どうぞお楽しみください。
管理人:Mikiko
由美と美弥子 1570
コメント一覧へジャンプ    コメント投稿へジャンプ
 パン!

 女店員の尻が鳴る。
 万里亜の腸骨が打ちつけられたのだ。
 拍車が入ったかのように、女店員が尻振りを早めた。
 万里亜の首筋に、汗が流れ始めた。
 鎖骨に踊る銀のネックレスが、汗を弾いて煌めいていた。

「さ、大室さん。
 見せてちょうだい。
 あなたの裸。
 あなたも、饗宴に参加するのよ。
 この宴の正装は、全裸。
 人本来の姿になるの」

 万里亜の手が伸べられ、美弥子の腕を掴んだ。

「あ」

 万里亜が姿勢を前に傾けたため、女店員の身体も送られた。
 女店員の頭が、美弥子の股間まで届いていた。
 頭頂部が、怒張し切った陰核を圧した。
 腰を引こうと思ったが、尻がタンクに遮られ、叶わなかった。
 腰の部分で、自然と身体が2つに折れた。
 そのまま万里亜に腕を引かれる。
 美弥子の上体は、女店員の背中の傘となった。
 身動きが取れない。

「ふふ。
 ほら」

 万里亜は、美弥子の窮状を見透かしているのだろう。
 腰を煽った。
 女店員の頭が、陰核を潰した。

「ひ」

 美弥子は、たまらず上体を伏せた。
 女店員の背中に被さる形となった。
 若い身体の発する熱が、乳房まで伝わった。
 万里亜の手が、美弥子の腕を離れた。
 しかしすでに、自ら態勢を立て直すことは出来なかった。

「はい。
 脱ぎ脱ぎしましょうね」

 背中で、擦過音が立った。
 万里亜の手により、背中のファスナーが下ろされたのだ。
 美弥子の背は、羽化するセミのように割れているはずだ。
 そう。
 自分は今、羽化しようとしているのかも知れない。
 まさにそれは、“変態”に違いない。
由美と美弥子 1569目次由美と美弥子 1571





コメント一覧
コメント投稿へジャンプ    ページトップへ

    • ––––––
      1. Mikiko
    • 2014/08/27 07:22
    • み「お茶のペットボトルくらいかな。
       ま、キーボードとマウスはしょうがないしね」
      爺「文机に載ってるのが、自筆原稿ですね」
      http://blog-imgs-69.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/201408231038353fa.jpg
      ↑『走ラヌ名馬(http://www.aozora.gr.jp/cards/000035/files/1059_34631.html)』。
      み「ふーん。
       太宰って、口述筆記だったんじゃないの?」
      爺「実際、残されてる自筆原稿は、ほとんど無いようです」
      み「あの原稿の脇にある鉢みたいなのは?」
      http://blog-imgs-69.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/20140823093037405.jpg
      爺「太宰が夜店で買って愛用したという、鋳物の灰皿です」
      http://blog-imgs-69.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/20140823103850230.jpg
      み「む。
       書店の法則が働いてきた」
      律「何よ、それ?」
      み「書棚とかを見てると、トイレに行きたくなる現象」
      http://blog-imgs-69.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/201408231038389dd.jpg

    • ––––––
      2. Mikiko
    • 2014/08/27 07:22
    • 律「さっさと行って来なさい」
      み「またスピードスケートで行くか」
      http://www.youtube.com/watch?v=GSYiqeWORiM
      ↑何度見ても面白い、フィギュアスケートペアのパイルドライバー。
      律「歩いて行きなさい」
      http://blog-imgs-69.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/20140823103831e7a.jpg
      ↑Googleのストリートビューに写りこんだ、2本足で歩く猫。
       さてさて、トイレは観覧者用に改築されており……。
       ちゃんと、男女別でありますので、ご安心くださいね(残念ながら、トイレの画像はありませんでした。こういう、人が撮らないような所を撮ってこそ、価値があるのですぞ)。
      み「Mikiko四等兵、ただいま帰還つかまつりました!
       なんだ、まだ見てたの?」
      律「いろいろご説明いただいてたのよ。
       太宰のものだけでなく、大地主だった津島家の資料もあるから」
      み「ふーん。
       見るところは、これでひととおり?」
      爺「奥に米蔵があります」
      み「なるほど。
       見ましょう」
      律「スゴいわね」
      http://blog-imgs-69.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/201408231038336f0.jpg
      ↑残念ながら、ここも撮影禁止です。
      爺「小作米をここに収めたわけです」
      み「ふーむ。
       なぜか、『ずいずいずっころばし』の歌を思い出してしまった」
      http://www.youtube.com/watch?v=dHFh3LPvK48
      み「やっぱり、ネズミよけに猫を飼ってたんだろうか?」
      http://blog-imgs-69.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/20140823103832f9a.jpg
      ↑『トムとジェリー』。大好きなアニメでした。
      爺「かも知れませんね」
      み「さて、これですべてかな。
       あれ?
       この家って、お風呂が無いの?
       まさか、銭湯じゃないでしょ?」
       続きは、次回。

    • ––––––
      3. ハーレクイン
    • 2014/08/27 09:08
    • ですか。
      万里亜さま。
      >万里亜は、美弥子の窮状を見透かしているのだろう
      ふうむ。
      ということは、万里亜さまは、美弥ちゃんが喜んでいるわけではないことを承知していると、こういうことですな。
      >「変態」に違いない
      ま、確かにそうですが、羽化しようとしている美弥ちゃんの変態はMetamorphosis。幼虫や蛹が成虫になること。
      変態性欲(へんたいせいよく)は、Sexual Perversionですね。
      それにしても美弥ちゃん。
      逃げ出す気は全く無さそうだなあ。

    • ––––––
      4. ハーレクイン
    • 2014/08/27 09:12
    • そんなのあるのか。
      欄外に「カタカナ ママ」ってあるよな。
      こだわりがあったんだろうか、太宰。
      で、自筆原稿はほとんど無し、と。
      ま、このあたりにこだわる作家はあまりいないんじゃないかね、知らんけど。特に今どきはネット社会だからなあ、原稿もへったくれもないよな。
      太宰愛用の鋳物の灰皿ねえ。
      そういえば、わたしの父もずっとどでかい灰皿を使い続けていたなあ。
      あの灰皿、どこに行ったんだろう。
      2本足で歩く猫。
      なんか、気色悪いよね。
      四等兵。
      そんな階級はないが……♪新兵さんは可哀想だね~ 寝てまた泣くのかよ~
      何で蔵が撮影禁止なんだろう。
      納得いく説明をしてくれるか、津島さん。
      ま、そら、うちらのかってやろ~ と言われればそれまでなのだが。
      ♪ずいずいずっころばしごまみそずい
       ちゃつぼにおわれてとっぴんしゃん
       ぬけたーらどんどこしょ
      まったく意味の分からんところが楽しいですな。
      えらく狂暴そうなトムですな。

    • ––––––
      5. Mikiko
    • 2014/08/27 19:53
    •  東京工業大学新聞部の桜岡孝治という学生が……。
       大学新聞に掲載する原稿として依頼したものだそうです。
       ↓読みにくいので、ひらがなに直してみたら、けっこう面白い文章でした。
      +++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
       何を書こうという、あて無くして、いわばお稲荷さんの境内にぽかんと立っていて、面白くもない絵馬眺めながら、どうしようかなあ、と心定まらず、定まらぬままに、ふらふら歩き出して、腐りかけたる杉の大木、根株にまつわり、へばりついている枯れた蔦一すじを、ステッキでパリパリ剥ぎとり、べつだん深き意味なく、つぎには、えいっと大声、狐の石像に打ってかかって、これまた、べつだん高い思念の故でない。ゆらい芸術とは、こんなものさ、譬噺(たとえばなし)でもなし、修養の糧でもなし、きざな、めめしい、売名の徒の仕事にちがいないのだ、と言われて、かえす言葉なし、素直に首肯、そっと爪さき立ち、夕焼の雲を見つめる。
       あなたの小説、友人より雑誌借りて読みましたが、あれは、つまり、一言もって覆えば、どんなことになるか、と詰問されること再三、そのたびごとに悲しく、一言で言えることなら、一言で言います、あれはあれだけのもので、ほかに言い様ございませぬ、以後、ぼくの文章読まないで下さい。
       千代紙貼りまぜ、きれいな小箱、これ、何するの? なんにもしない、これだけのもの、きれいでしょ?
       花火一ぱつ、千円以上、わざわざ川で打ちあげて何するの?
       着物、はだかを包めば、それでいい、柄も、布地も、色合いも、みんな意味ない、二十五歳の男児、一夜、真紅の花模様、しかもちりめんの袷(あわせ)着て、すべて着物にかわりなし、何がおかしい。
       あわれ美事! と屋根やぶれるほどの大喝采、それも一瞬のちには跡なく消える喝采、それが、ほしくて、ほしくて、一万円、二万円、もっとたくさん投資した。昔、昔、ギリシャ詩人たち、それから、ボオドレエル、ヴェルレエヌ、あの狡い爺さんゲエテ閣下も、ああ、忘れるものか芥川龍之介先生は、いのち迄。
       けれども、所詮、有閑の文字、無用の長物たること保証する、飽食暖衣のあげくの果に咲いた花、この花びらは煮ても食えない、飛ばない飛行機、走らぬ名馬、毛並みつやつや、丸々ふとり、いつも狸寝、傍には一冊の参考書もなければ、辞書のかげさえないようだ、これが御自慢、ペン一本だけ、それから特製華麗の原稿用紙、そろそろ、お約束の三枚、三枚、なんの意味もない、ずいぶんすぐれた文章なのに、わからぬ奴には、死ぬまでわからぬ。しかたのないこと。
      +++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
       2本足の猫。
       Photoshopで加工したイタズラだったようです。
       ↓こちらは、おもろい二足歩行。
      http://www.youtube.com/watch?v=lswTIOnqLfU
       撮影禁止の貼り紙。
       津島さんが所有してたころから貼ってあったわけなかろ。
       現在の所有者は、五所川原市です。

    • ––––––
      6. ハーレクイン
    • 2014/08/27 21:02
    • ボオドレエル、ヴェルレエヌ、狡い爺さんゲエテ閣下、芥川龍之介先生も……所詮、有閑の文字、だそうです。
      太宰らしいなあ。

    • ––––––
      7. Mikiko
    • 2014/08/28 07:24
    •  よろしいんじゃないでしょうか。
       文学がみんな『蟹工船』みたいになったら、楽しくないよね。

    • ––––––
      8. ハーレクイン
    • 2014/08/28 08:40
    • わはははは、確かにそうだ。
      面白い、座布団1枚、いや2枚。
      「おい地獄さ行(え)ぐんだで!」

    • ––––––
      9. Mikiko
    • 2014/08/28 19:52
    •  いつだったろうと調べてみたら、2008年でした。
       この1年だけで、文庫・漫画の合計ですが、80万部売れたそうです。
       その年は、共産党への入党者も急増したとか。
       でも今は、なーんも言われなくなりましたね。
       ↓居酒屋の店名としては残ってますが。
      http://kanihan.com/index.php?id=8

    • ––––––
      10. ハーレクイン
    • 2014/08/28 20:25
    • そんなのあったのか。
      2008年ねえ。
      蟹喰い処「蟹工船」さん。
      ブームが去っちゃうと普通は厳しいけど、ま、札幌で蟹だからなあ。何もせんでも客は来るだろ。知らんけど。

    • ––––––
      11. Mikiko
    • 2014/08/29 07:31
    •  味は嫌いじゃないんですが……。
       剥くのが面倒くさいです。
       と言って、ほぐしてある身を食べても、さほど美味しく感じない。
       やっぱり、ほじくりながら食べるという工程が、味に何かを加えるんでしょうか。
       狩猟生活時代の名残かも知れませんね。
       昔、作家の対談を、カニ料理店でやったら……。
       まったく会話が弾まず失敗したというのは、有名な話です。

    • ––––––
      12. ハーレクイン
    • 2014/08/29 14:25
    • さほど好みではありません、カニ。
      ご馳走してやる、ということならほいほい行きますが、自分で金を出してまで食べる気にはなれません。
      失敗の巻、カニ料理対談。
      SFの連中じゃなかったかな、違うか。
    コメントする   【由美と美弥子 1570】
コメント一覧へジャンプ    ページトップへ


Comment:本文 絵文字  ※入力できるのは、全角で800字までです。

↓お帰りのさいには↓
愛のワンクリ お願いします
新しいウィンドウは開きません

相互リンクサイトのみなさま(Ⅰ)
熟女・おばさんの性体験談 新・SM小説書庫2 問答無用の吸血鬼R18 知佳の美貌録
熟女と人妻エロンガ 官能文書わーるど 未知の星 Japanese-wifeblog
赤星直也のエロ小説 愛と官能の美学 [官能小説] 熟女の園 只野課長の調教日記
電脳女学園 西園寺京太郎のSM官能小説 都会の鳥 変態小説

相互リンクサイトのみなさま(Ⅱ)
人妻の浮気話 艶みるく 人に言えない秘密の性愛話 ちょっとHな小説 Playing Archives
Mikiko's Roomの仮設テント 女性のための官能小説 性小説 潤文学ブログ 官能の本棚
HAKASEの第二読み物ブログ ぺたの横書き かおるの体験・妄想 黒い教室
被虐願望 性転換・TS・女体化劇場 羞恥の風 女の陰影
女性のH体験告白集 むね☆きゅんファンサイト 週刊リビドー あおいつぼみ 葵蕾
最低のオリ 魔法の鍵 恥ずかしがりたがり。 官能的なエロ小説

相互リンクサイトのみなさま(Ⅲ)
SMX工房 淫芯 お姫様倶楽部.com 被支配中毒
出羽健書蔵庫 かめべや 女教師と遊ぼう 平成な美少女ライトノベル
禁断の体験 エッチな告白集 おとなの淫文ファイル エッチのあとさき 恥と屈辱の交差点 潤文学
ましゅまろくらぶ 空想地帯 恍惚團 ~ドライ・オーガズムの深淵~ Angel Pussy 週刊創作官能小説
ろま中男3 渡硝子の性感快楽駆け込み寺 漂浪の果てに アダルト検索一発サーチ

快感小説 SM・お仕置き小説ブログ 官能秘宝園 制服美少女快楽地獄
秘密のエッチ体験談まとめ 18's Summer 淫鬼の棲む地下室 被虐のハイパーヒロインズ
ひめ魅、ゴコロ。 おしっこ我慢NAVI 妄想ココット ライトHノベルの部屋
レズ画像・きれいな画像倉庫 riccia 調教倶楽部 ちょっとHなおとなのための…
緊縛新聞 Eros'Entertainment オシッコオモラシオムツシーン収集所 エピソードセックス
マルガリテの部屋 アダルト官能小説快楽機姦研究所 渋谷子宮 RE:BIRTH 羞恥集
黒塚工房 プライド 女性作家専門官能小説 官能小説 レイプ嗜好
人妻!人妻!人妻! wombatの官能小説 黒イ都 羊頭狗肉
ひよこの家 美里のオナニー日記 エロショッカー軍団 相互リンク、募集してます!
★相互リンク募集中!(メールしてね)★

ランキング/画像・動画(1~10)
シンプルアダルト動画サーチ 人気ブログランキング
にほんブログ村 ライブドアブログ
官能小説アンテナ エログちゃんねる
官能文章アンテナ アダルトブログランキング


ランキング/画像・動画(11~30)
GL Search Adult Novels Search オンライン小説検索・R小説の栞 おたりんく
△Top