Mikiko's Room

 ゴシック系長編レズビアン小説 「由美と美弥子」を連載しています(完全18禁なので、良い子のみんなは覗かないでね)。
 「由美と美弥子」には、ほとんど女性しか出てきませんが、登場する全ての女性が変態です。
 文章は「蒼古」を旨とし、納戸の奥から発掘されたエロ本に載ってた(挿絵:加藤かほる)、みたいな感じを目指しています。
 美しき変態たちの宴を、どうぞお楽しみください。
管理人:Mikiko
由美と美弥子 1465
コメント一覧へジャンプ    コメント投稿へジャンプ
 わたしは急に怖くなった。
 マツを見かけるときはいつも、数人の友達と一緒だった。
 マツと一対一で対峙したことなど、一度もなかったのだ。
 マツの身長は、おそらく160センチくらいだったと思うけど……。
 子供から見れば、立派な大人の体格だ。
 太ってて横幅もあるから、余計にそう見えた。

 マツの顔が近づいて来る。
 マツは、しゃぶってた飴を、胸ポケットに突っこんだ。
 ようやくわたしの金縛りが解けた。
 それまでわたしは、仰向けで大股を開いたままだったのだ。
 でも、下ろそうとした脚は、空中で止まった。
 マツの両手に、足首を掴まれてた。
 昆虫を捕まえるときと同じ、俊敏な動きだった。

「うひひひひひ。
 もっと見せてくれよぉ。
 おめえのそこ。
 ひひひ。
 毛がねえ」

 マツは、わたしの片脚を、脇の下に抱えこんだ。
 分厚い肉に挟まれた脚は、懸命に蹴っても、動かせなかった。
 もう一方の脚は、足首を掴まれたままだ。
 マツは、脇の下に抱えた方の手で、胸ポケットにから、飴を取り出した。

「ひぃっ」

 あろうことかその飴は、わたしの股間に押しつけられたのだ。

「旨めぞー」

 マツは、わたしの股間から引き上げた飴を、笑いながら咥えた。
 わたしはもう、泣き叫びたかったけど……。
 自分の姿を思うと、人を呼ぶわけにもいかなかった。
 マツは、ひとしきり味わった飴を、再びポケットに挿した。

「おいのちんちん、デカくなった」

 ポケットを離れた手が、自らの股間に下りた。
 上着は、襟から裾までボタンが留められてたけど、丈が短いので、ズボンの股間は丸見えだった。
 明らかにそこは、膨れてた。
 マツの太い指が、チャックにかかる。
 指が下りるにつれ、張り詰めた布地が左右に割れていく。
 覗いた白いパンツは、薩摩芋を包んでるみたいに膨れてた。
 表面に黄色い染みがあった。
由美と美弥子 1464目次由美と美弥子 1466





コメント一覧
コメント投稿へジャンプ    ページトップへ

    • ––––––
      1. Mikiko
    • 2014/04/02 07:23
    • み「その後、線路が伸ばされなかったということは……。
       思惑が外れたってことだな。
       開業は、いつごろ?」
      小「昭和5年です」
      み「昭和5年ころって、何かあったっけ?」
      http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=YgZSCRkKH5k
      ↑昭和5年ころの日本(スライド)。
      律「日本史の女王なんじゃなかったの?」
      み「近代は苦手だったの」
      小「金融恐慌というのがあったそうです」
      http://blog-imgs-69.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/2014032707482414f.jpg
      小「どういうのか、よくわかりませんけど……。
       たぶん、景気が悪くなったんだと思います」
      み「ま、そんなもんでしょうね。
       その後、戦争に突入するわけだから……。
       中途半端な盲腸線なんて、国鉄が買ってくれるはずないわな。
       で、現在に至るという次第ね。
       利用客の推移はどうなの?」
      小「今は、年間30万人くらいだそうです」
      み「多いのか少ないのかわからん」
      小「最盛期は、265万人だったそうです」
      み「げ。
       9分の1かよ。
       苦しいどこしの話じゃないだろ」
      小「それに昔は、貨車もスゴかったそうです」
      み「何を運ぶわけ?」

    • ––––––
      2. Mikiko
    • 2014/04/02 07:23
    • 小「リンゴです。
       『津軽中里』を発車した列車が、駅ごとに、リンゴを満載した貨車を増結していくので……。
       『津軽五所川原』では、客車の後ろに、貨車がズラーっと繋がってたそうです」
      http://blog-imgs-69.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/201403270748230d0.jpg
      ↑『貨物鉄道博物館(三重県いなべ市)』での、りんご箱の積みこみ実演。。鉄道省職員立会のもと、日通の職員が積み込みを行うという設定だそうです(詳しくはこちら→http://rail.hobidas.com/blog/natori09/archives/2008/11/5490-1.html)。
      み「ほー。
       それは、見ものだったろうな」
      小「ほんと、写真に撮りたかったです」
      み「今でも、貨車はあるの?」
      小「あるようですけど……。
       五能線の貨車輸送が廃止されてますから、津軽鉄道内での輸送だけですね」
      http://blog-imgs-69.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/201403270748274f7.jpg
      ↑貨車も短いですねー。信越本線にはまだ、踏切がなかなか上がらないほど長い貨車が通ります。
      み「たった、20キロ内の?」
      小「そうです」
      み「うーむ。
       鉄道部門、そうとう苦しそうだのぅ。
       鉄道以外の部門で、赤字を埋めてるんだろうな」
      小「津軽鉄道は、ほかの事業をやってません。
       鉄道専業です」
      http://blog-imgs-69.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/201403270748286b9.jpg
      ↑駅舎前で、矢印の出ていた建物が本社のようです。
      み「あちゃー。
       そうなの?
       ものすごく、ヤバくない?」
      律「だから、サポートするんじゃないの?」
      み「なるほど。
       確かにサポート、いりそうだな。
       しかし……。
       チミがわざわざ東京から乗りに来ても、そのほとんどの乗車料金は、途中のJRに落ちて……。
       津軽鉄道に入るのは、五所川原から終点までの往復料金、千数百円だけか」
      http://blog-imgs-69.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/2014032707482551b.jpg
      ↑『津軽五所川原駅』の料金表。終点の『津軽中里駅』までは、20.7㎞。時間にして、41分。840円は、やっぱり高い。JRの倍はしますね。

    • ––––––
      3. ハーレクイン
    • 2014/04/02 11:33
    • やられてしまうのか。
      それにしてもマっちゃん。
      160センチとは小男だなあ。で、太っている。
      こういう男は力持ちが多いんだよね。
      ま、小学生vs.大の大人。
      抵抗しようが無いなあ、典ちゃん。
      助けを呼んだ方がいいぞ。
      で、「裸なのはマツに脱がされた」と言い訳すればいいよ。
      マっちゃんには可哀想だが。

    • ––––––
      4. ハーレクイン
    • 2014/04/02 11:35
    • 開業は昭和5年。
      2・26事件(昭和11年)、5・15事件(昭和7年)よりまだ前だな。
      ま、不景気な時代だったようです。
      日本史の女王も近代は苦手か。
      ま、授業ではあまりやらないでしょうからな、しょうがないか。
      リンゴ列車。
      さすが津軽。
      三重の「貨物鉄道博物館」って、屋外なのかね。
      でもHPを見ると屋内施設もありました。
      館内にはNゲージ、HOゲージのレイアウト(ジオラマ)も。
      三重の三岐鉄道の運営だそうです。
      >五能線の貨車輸送が廃止
      あっちゃー、それではどうしようもないなあ、リンゴ列車。
      ♪わたしは真っ赤なりんごです
       お国は寒い北の国
       りんご畑の晴れた日に
       箱に詰められ汽車ぽっぽ
       町の市場へ着きました
       りんご りんご りんご
       りんご可愛いひとりごと
      お、牽引車にタンク車に、無蓋車が、えーと2両かな。
      牽引車は、ふむ、DFと見たがどうだろう。
      津軽鉄道本社ビル。
      やはり1階はラーメン屋さんのようですね。
      津軽鉄道。
      津軽五所川原-津軽中里、20.7kmで840円。
      阪急だと、270円というところです。
      ほんとに大変だなあ。
      お、「続きは、次回」が抜けておるな。

    • ––––––
      5. Mikiko
    • 2014/04/02 19:40
    •  1階は以前、タクシーの発着所だったそうです。
       現在は、『あづまり場所「サン・じゃらっと」』という施設になってます。
       運営してるのは、『津軽鉄道サポーターズクラブ』で……。
       1階部分を、津軽鉄道から借り受けてるそうです。
       その中に、『コミュニティカフェ「でる・そーれ」』というお店が入ってるようです(ラーメン屋ではありません)。
       ↓当初、食べ物は、『津鉄汁』と『津軽ぼんじゅそば』だけだったようですが……。
      http://blogs.yahoo.co.jp/talisker25y/39961721.html
       ↓その後、中華そばなどもメニューに加わったみたいです。
      http://blogs.yahoo.co.jp/talisker25y/47283162.html?from=relatedCat
       信越本線だと……。
       『新潟-矢代田』間が、21.5㎞。
       料金は、410円でした。

    • ––––––
      6. ハーレクイン
    • 2014/04/02 21:34
    • 「集り場所」なんでしょうね、「サン・じゃらっと」
      じゃらっとって、なんじゃらっと。
      サポーターズクラブ運営。お、ちゃんと実体のあるクラブなのか。
      カフェ「でる・そーれ」
      カタカナが好きだね、津軽人。デル・ソーレって、「太陽」だったかなあ。
      でる・そーれさんの主なメニュー。
      「津鉄汁」青森地鶏シャモロックのスープに、特産長芋のすいとんを浮かべる。300円。
      「津鉄汁セット」津鉄汁+おにぎり2つorいなり寿司2つor各1つ。500円。
      「津軽ぼんじゅそば」400円。
      「ブレンドコーヒー」300円。
      「赤~いりんごジュース」300円。
      安っめぐみ。
      ぼんじゅそばの画像はありませんでした。
      ♪昨日は梵珠嶺(ぼんじゅね)、今日また阿闍羅(あじゃら)……
      その後のでる・そーれさん。
      ぼんじゅそばの画像がありましたが、450円に値上げされてました。
      「青森シャモロックトマトシチューセット」パンorライス付。840円。
      「中華そば」煮干しだしと青森シャモロック鶏がらのダブルスープ。550円。
      「ごぼう麺なべ焼きうどん」つがる市車力特産のゴボウを練りこんだ麺。680円。
      しかし、ご自慢なんだねえ、青森シャモロック。
      箸袋には「はしいれメロス」とのデザインが……。

    • ––––––
      7. Mikiko
    • 2014/04/03 07:25
    •  ↓美味しそうです。
      http://blog-imgs-69.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/201404030629429bf.jpg
       丼の柄もいいですね。
       細麺もわたしの好みです。
       男性には、量が少ない気もしますが。
       津軽鉄道のサービス。
       ↓無料レンタサイクルがありました。
      http://tsutetsu.com/service/rennta.html
       お天気が良ければ……。
       『津軽中里駅』から十三湖まで、サイクリングという手もあるんじゃないかな。
       10㎞くらいでしょうから、1時間かかりませんよ。

    • ––––––
      8. ハーレクイン
    • 2014/04/03 09:22
    • 津軽五所川原駅 6台
      金木駅 6台
      芦野公園喫茶店「駅舎」(芦野公園駅内の店だと思われます)2台
      津軽中里駅 6台
      無料というのが、かえって気が引けますね。
    コメントする   【由美と美弥子 1465】
コメント一覧へジャンプ    ページトップへ


Comment:本文 絵文字  ※入力できるのは、全角で800字までです。

↓お帰りのさいには↓
愛のワンクリ お願いします
新しいウィンドウは開きません

相互リンクサイトのみなさま(Ⅰ)
禁断の体験 エッチな告白集 未知の星 新・SM小説書庫2 電脳女学園
赤星直也のエロ小説 官能文書わーるど 官能の本棚 羞恥の風
淫芯 人に言えない秘密の性愛話 [官能小説] 熟女の園 ちょっとHな小説
官能的なエロ小説 人妻の浮気話 艶みるく 変態小説 おとなの淫文ファイル エッチのあとさき
女性のH体験告白集 性小説 潤文学ブログ Playing Archives 被支配中毒

相互リンクサイトのみなさま(Ⅱ)
恥ずかしがりたがり。 濠門長恭の過激SM小説 お姫様倶楽部.com 恥と屈辱の交差点
あおいつぼみ 葵蕾 女性のための官能小説 潤文学 女の陰影
魔法の鍵 ぺたの横書き 西園寺京太郎のSM官能小説 ましゅまろくらぶ
空想地帯 Mikiko's Roomの仮設テント かめべや 恍惚團 ~ドライ・オーガズムの深淵~
Angel Pussy 週刊創作官能小説 出羽健書蔵庫 HAKASEの第二読み物ブログ むね☆きゅんファンサイト
黒い教室 ろま中男3 渡硝子の性感快楽駆け込み寺 被虐願望

相互リンクサイトのみなさま(Ⅲ)
愛と官能の美学 平成な美少女ライトノベル 最低のオリ 漂浪の果てに
週刊リビドー 女教師と遊ぼう アダルト検索一発サーチ 快感小説
SM・お仕置き小説ブログ 官能秘宝園 制服美少女快楽地獄 秘密のエッチ体験談まとめ
18's Summer 淫鬼の棲む地下室 被虐のハイパーヒロインズ ひめ魅、ゴコロ。
おしっこ我慢NAVI 妄想ココット ライトHノベルの部屋 レズ画像・きれいな画像倉庫

riccia 調教倶楽部 ちょっとHなおとなのための… 緊縛新聞
Japanese-wifeblog Eros'Entertainment オシッコオモラシオムツシーン収集所 性転換・TS・女体化劇場
エピソードセックス マルガリテの部屋 アダルト官能小説快楽機姦研究所 渋谷子宮 RE:BIRTH
羞恥集 黒塚工房 プライド 女性作家専門官能小説
官能小説 レイプ嗜好 人妻!人妻!人妻! wombatの官能小説 黒イ都
羊頭狗肉 ひよこの家 美里のオナニー日記 エロショッカー軍団
★相互リンク募集中!(メールしてね)★

ランキング/画像・動画(1~10)
エログちゃんねる 人気ブログランキング
にほんブログ村 シンプルアダルト動画サーチ
官能小説アンテナ ライブドアブログ
アダルトブログランキング オンライン小説検索・R小説の栞


ランキング/画像・動画(11~30)
Adult Novels Search GL Search 正しいH小説の勧め 成人向けランキング
Girls Love Search おたりんく クリエイターコレクションR18 ネット小説ランキング
GAY ART NAVIGATION 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます!






<ランキング/画像・動画(31~50)ここまで-->
△Top