Mikiko's Room

 ゴシック系長編レズビアン小説 「由美と美弥子」を連載しています(完全18禁なので、良い子のみんなは覗かないでね)。
 「由美と美弥子」には、ほとんど女性しか出てきませんが、登場する全ての女性が変態です。
 文章は「蒼古」を旨とし、納戸の奥から発掘されたエロ本に載ってた(挿絵:加藤かほる)、みたいな感じを目指しています。
 美しき変態たちの宴を、どうぞお楽しみください。
管理人:Mikiko
由美と美弥子 1410
コメント一覧へジャンプ    コメント投稿へジャンプ
 由美の頬に、微かな赤みが差した。
 あの個室での出来事が、脳裏に蘇っているのだろう。

「すごく……。
 勉強になりました。
 面白かったです」
「そう。
 それは頼もしいわね。
 あの手の店は、手を変え品を変え、太古から脈々と存続し……。
 そして未来も、それこそ人類が滅亡するその日まで存在し続けるわ。
 社会学を専攻する者として、目を逸らしてはならない対象よ」
「わかります」
「でも、フィールドワークの仕上げは、まだ終わってないの。
 あれを見ただけじゃ、ただの社会見学でしかないものね。
 じゃ、試験も終わったことだし……。
 ちょっと、時間あるかな?」
「……はい。
 美弥ちゃん、いいよね?」

 落とすしかなかった単位を拾わせてもらった由美にとって、女教授は恩人だ。
 その請いを断ることなど出来ないのだろう。

「仕上げったって、大したことじゃないのよ。
 2人に、正直な感想を聞きたいだけ。
 大室さんも、時間、大丈夫?」

 縋りつく由美の瞳を見れば、うなずかないわけにはいかない。

「良かった。
 でも、どうしようかな。
 今ね、教授室にワックス掛けの業者が入ってるのよ。
 なんで夏休みにしないのかしらね。
 だけど……。
 喫茶店じゃ、ちょっとね。
 あの日の話は、しづらいわよね」
「そうですね」

 女教授は、探るような視線を由美に投げた。

「と言って、わたしの自宅は遠すぎるし。
 八王子なのよ。
 ね。
 2人のうち、どちらかのお宅にお邪魔できないかしら?
 あなたたち、自宅通学?」
「いえ。
 2人とも、東京じゃありませんから」
「そうだったの。
 とてもそうは見えないわ。
 洗練されてるし。
 東京の水に、すっかり馴染んでる」
由美と美弥子 1409目次由美と美弥子 1411





コメント一覧
コメント投稿へジャンプ    ページトップへ

    • ––––––
      1. Mikiko
    • 2014/01/15 07:24
    • み「金沢で食べたろ!」
      食「あれは、ラーメンです。
       それに、3時間も鈍行に揺られてたら、お腹空きますって」
      み「胸焼けする」
      食「この後、しばらく食べれませんよ」
      み「まだ乗るの~」
      食「当たり前でしょ。
       四国まで行くんですから。
       食べますね?」
      み「帰りたい。
       フェリーに乗る」
      食「間に合いませんって。
       『敦賀』着が、9:53ですよ。
       フェリーは、10:00出港でしょ」
      み「くそ。
       丸1日待たなきゃならんのか」
      食「1日じゃありませんよ。
       『敦賀』発の『新潟』行きは、週1便しかありません。
       1週間、待ちますか?
       『敦賀』までの乗り越し料金も払わなきゃなりませんよ」
      み「……。
       このまま汽車に乗る」
      http://blog-imgs-62.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/20140111190135e6e.jpg
      ↑『孤独』ポール・デルヴォー。わたしの好きな画家のひとり。
      食「よろしい。
       それじゃ、進めますよ」
      み「何で、そんなに生き生きしてるのじゃ?」
      食「だって、こんなにずーっと鉄道に乗ってられるんですよ。
       楽しくないわけないです」
      み「すでに苦行じゃ」
      http://blog-imgs-62.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/2014011119013729b.jpg
      ↑子供にとっては苦行だと思います(『鳥海山国際禅堂』/秋田県由利本荘市)。
      食「行きますよ。
       『敦賀』からは、新快速になります。
       『敦賀』、10:23発。
       北陸本線は、琵琶湖の東側を回って、『米原』まで行きますが……」
      「『米原』なら、さっき行ったではないか」
      「あれは、『敦賀』発10:00のフェリーに乗るって検索だったでしょ」
      「あ、そうか。
       ごっちゃになってた」
      「この新快速は、『米原』に向かわず……。
       『近江塩津』から、琵琶湖の西側を回る湖西線に入ります。
      http://blog-imgs-62.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/201401181030524d8.jpg
      ↑湖西線。『近江塩津駅(滋賀県長浜市)』~『山科駅(京都府京都市山科区)』まで。74.1km。駅数、21。
      「10:39ころですね」
      http://blog-imgs-62.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/20140111190136ffd.jpg
      ↑『近江塩津駅』。不思議な駅です。駅舎の上に線路が通ってるのでしょうか?
      み「『近江塩津』って、滋賀県?」
      食「そうです。
       『近江塩津』を10:40に発車し……。
       湖西線の終点『山科』、11:53着」
      http://blog-imgs-62.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/20140111190140604.jpg
      ↑『山科駅』。突然、都会になりました。
      「京都府に入りましたよ」
      「お昼どきだけど、まだ腹は空かんな」
       続きは、次回。

    • ––––––
      2. ハーレクイン
    • 2014/01/15 11:55
    • 『由美美弥』の舞台。
      はっきり東京と書いたのは初めてだよね。
      どのあたりなんだろね。
      由美ちゃんは私鉄沿線。これは間違いないと思うんだが。
      しかし、したたかだよなあ女教授。
      あっさり由美ちゃんを取り込んで、どっちかの自宅に押しかけようというわけだ。
      ふうむ。
      「大室さん」って誰かと思っちまった。
      もちろん、美弥ちゃんの苗字だよね。
      由美ちゃんは「藤村」。
      で、女教授曰く、
      >あの手の店は、手を変え品を変え、太古から脈々と存続し……。
       そして未来も、それこそ人類が滅亡するその日まで存在し続けるわ。
      ま、その通りでしょうな。
      「太古」や「人類滅亡」、は少々大仰だが。
      こういう言い回しで学生を誑かすんだろうなあ、女教授。
      娼婦は、世界最古の職業だそうです。

    • ––––––
      3. ハーレクイン
    • 2014/01/15 12:18
    • 月と、貨物列車が印象的ですねえ。
        (『月と六ペンス』はモーム)
      ベルギーにもあるんや、貨物列車(そらあるわな)。
      それにしても、日本の国鉄沿線の風景とそっくりですねえ。
      ブロンドと赤いワンピが浮きまくってますねえ。それが狙いなんでしょうかね。
      ポール・デルヴォー。1994年にお亡くなりです。
      ほう。
      鳥海山国際禅堂とな。
      懐かしいなあ、鳥海山。
      鳥海山頂に夕刻立てば、山の影が日本海に落ちるのが見えるんだよ。
      美しいよ。
      麓から見上げても絶景だね、鳥海山。
      その秀麗な山容から、別名「出羽富士、秋田富士」。
      標高は、2,236mです。
      うわあ、滋賀だよ。琵琶湖だよ。
      まさか『東北』で、近江の路線図が見られるとは……。
      近江塩津、余呉、木の本……長浜、田村、坂田、米原、彦根……河瀬、稲枝、能登川(のとがわ)、安土、近江八幡、篠原、野洲(やす)、守山……草津……膳所(ぜぜ)、大津……坂本、雄琴……近江舞子……近江高島、安曇川(あどがわ)……近江今津……で、マキノ(珍しかろ、カタカナの駅名)。
      飛ばしたとこ、ごめん。
      うわあ、泣けてきたよ。
      ♪松は緑に砂白き
       雄松(おまつ)が里の乙女子は
       赤い椿の森蔭に
       儚い恋に泣くとかや
      ご存知、琵琶湖周航の歌。これ、二番です。三番は……、
      ♪波のまにまに 漂えば
       赤い泊火(とまりび)懐かしみ
       行方定めぬ 波枕
       今日は今津か 長浜か
      ええいいっちゃえ、四番。
      ♪瑠璃(るり)の花園 珊瑚(さんご)の宮
       古い伝えの 竹生島(ちくぶしま)
       仏の御手(みて)に 抱かれて
       眠れ乙女子 やすらけく
      JR湖西線は1974年開業。
      江若(こうじゃく)鉄道という私鉄があってね。かなりすったもんだあったようです。
      結局、国鉄がそっくり買い上げる、という形で決着したようです。いくら払ったんだろうね。
      江若鉄道。
      軌間、1,067mm(JR在来線と同じ)。
      最大勾配、10‰。
      最小半径、201.17m
      路線延長、51.0km
      滋賀県の県都、大津市と、同じく滋賀県の今津町(現在の高島市)を結び、琵琶湖西岸を走っていました。廃線跡が今も残っています。
      ♪矢の根は深く 埋(うず)もれて
       夏草しげき 堀のあと
       古城にひとり 佇(たたず)めば
       比良(ひら)も伊吹(いぶき)も 夢のごと
      比良は比良山、標高1,174m。琵琶湖西岸に聳えます。
      伊吹は伊吹山、標高1.377m。琵琶湖東岸に立つ秀峰です。
      近江塩津駅。
      駅舎の上に線路が通ってるというよりも、高架線路の下に駅舎を作ったんだろ。
      あ、同じことか。
      >み「『近江塩津』って、滋賀県?」
      「み」さん「み」さん。
      近江(おうみ)っちゅうのは滋賀県の古名でっせ。
      近江の国。
      静岡県は遠江(とおとうみ)の国。遠州、森の石松の出身地ですね。
      あ、近江の国は「ごうしゅう」といいます。
      滋賀県土着の踊りが「江州音頭」。
      近江人で踊れない人はいません(ほんまかいな)。
      ♪志賀の都よいざさらば
      山科駅。
      山科は「やましな」です(わかっとるわい、それくらい)
      JRと、京阪と、京都市営地下鉄の三つの駅があります。
      しかし、山科駅って、こんな景観だったっけ。長いこと行っていないからなあ。

    • ––––––
      4. Mikiko
    • 2014/01/15 20:08
    •  最初から東京と書いておりますぞ。
       初出は、第4回です。
       湖西線。
       わたしがこの線名を知ったのは、眉村卓の短編だったと思います。
       『湖西線の女』だと思ってたんですが、同名の小説は無いようです。
       代わりに、『風花の湖西線』という短編があったので、たぶんこれなんでしょうね。
       筋は、まったく覚えてません。
       近江という地名で、真っ先に頭に浮かぶのは……。
       ↓芭蕉の句です。
      ●行く春を近江の人と惜しみけり
       すごい句だと思います。

    • ––––––
      5. ハーレクイン
    • 2014/01/15 21:11
    • あれ、そうだっけ。
      眉村卓の『風花の湖西線』。
      知らんなあ。
      ま、眉村氏には似つかわしいタイトルだと思います。
      読んでみたいなあ。
      小松左京も書いていそうだなあ。
      ●行く春を……
      母親の実家の伯母や従兄弟たちに聞いても、誰も知らなかったよ。

    • ––––––
      6. ハーレクイン
    • 2014/01/15 22:10
    • 県立の女子高に通っていた由美が、東京の私立女子大を受験したいと言い出したとき、両親はまず反対した。
       由美はひとりっ子なので、両親と由美とのたった三人の家族だった。
       そのうちの一人が遠くへ行ってしまうことに、両親も戸惑ったのだろう。
       しかし、理数系に弱い由美が、地元の国立大学に入れそうもないことは、両親も察していたらしい。
      なら、私立女子大でよかったのでは。
      でもそうしてたら、美弥ちゃんと会えなかったろうしなあ。
      ふむ。
      由美ちゃん、理数系に弱かったんや。
      一言相談してくれればなあ。
      理数系の受験の話なら、まかしとくんなはれ。
      なんぼでも相談にのったのに(ん? 日本語、変?)。

    • ––––––
      7. Mikiko
    • 2014/01/16 07:56
    •  3箇所にあるようです。
       大津市馬場町の義仲寺。
       甲賀郡甲南町杉谷の息障寺。
       東浅井郡虎姫町酢の公民館。
       芭蕉が惜しんだ風景は、どのあたりだったんでしょうね。
       「行く春を……」の句は、教科書に載ってたと思いますけどね。
       地方の場合、国立大学がひとつあって……。
       そのほかに、私立大学がいくつかあるというパターンが多いと思います。
       でも、地元国立大と私立大の学力差は、かなり大きいというのが実情でしょう。
       したがって、地元の国立大と私立大を併願する受験生は、少ないんじゃないでしょうか。
       国立大を受ける人が併願するのは、首都圏の私立大になると思います。
       由美みたいに、国立大を受けるには理数系がどうも、という受験生は……。
       首都圏私立大の専願になるんじゃないでしょうか。
       わたしも、これでしたね。

    • ––––––
      8. ハーレクイン
    • 2014/01/16 10:08
    • 大津と甲賀はわかりますがのう
      虎姫町“酢”ってなあどこでんねん。
      >国立大が一つあって、私立大が幾つか……
      ま、それは確かにそうですが、学力差はどうでしょねえ。国立大でも勉強せんやつは多いですからなあ(誰のことでしょう)。
      で、なに?
      地元の国立大と、首都圏の私大を併願?
      ふうむ。金のある家の子の発想だのう。
      わたしは私大などはなっから念頭に無かった。
      受かったって払えんもんね、入学金。
      で、国立一本。
      どないしても受からなあかんから、京大、阪大はパス。
      もちろん東大もパス。
      地方の国立。これ一本で、結局金沢だよ。
      金がないのは、首が無いのと同じ。

    • ––––––
      9. Mikiko
    • 2014/01/16 19:43
    •  現在は、市町村合併により、長浜市に編入されてました。
       虎姫町の起源は……。
       明治22年、10ケ村が合併して出来た虎姫村。
       このときの10ケ村のひとつが、酢村です。
       大学。
       新潟県の場合、4年生の県立大学があるので、少し選択が広がります。
       ↓国公立大と私立大の偏差値を比べると、ぜんぜん違うことがわかります。
      http://daigakujyuken.boy.jp/indexniigatakenn.html
       ひとりの受験生が、県内の国公立大と私立大を併願することは……。
       今は、まず無いんじゃないかな。
       昔は、地元大学しか行かせないという親もいたでしょうけど。
       大阪なら……。
       大阪市立大や大阪府立大にすれば、下宿代も浮いたでしょうに。

    • ––––––
      10. ハーレクイン
    • 2014/01/16 21:10
    • ご存知でしたか、大阪府立大学&大阪市立大学。
      それぞれ「ふだい」「いちだい」と称します。
      わたしの同期の野郎が府大、女の子が市大に進学しました。
      野郎の成績はわたしのちょい下、女の子の成績はわたしのはるか上でした。
      どうしてるのかなあ、二人。
      わたしはどうしても国立に行きたかったんでね。
      わざわざ一浪してまで金沢ですわ。
      東浅井郡虎姫町酢の公民館。
      ははあ、酢村ってのがあったのか。
      それは失礼しました。

    • ––––––
      11. Mikiko
    • 2014/01/17 07:26
    •  大阪市立大学の方が、難易度が上ということですか。
       わたしが、もし行くとしたら……。
       琉球大学かな。
       暖かいし……。
       木村政昭教授もいるから。

    • ––––––
      12. ハーレクイン
    • 2014/01/17 12:09
    • 全国の国・公立大の中で、最も偏差値が低い大学です。
      木村正昭教授って何者、と思ったら地震学者。なるほど。
      今は名誉教授だそうです。

    • ––––––
      13. Mikiko
    • 2014/01/17 19:15
    •  『ムー大陸は琉球にあった』など、何冊か読みました。
       懐かしいのぅ。

    • ––––––
      14. ハーレクイン
    • 2014/01/17 20:43
    • なんか、タイトルだけ見ると“際物”のように思えるなあ。
      確かに、ムーは太平洋にあった、というのが定説らしいですが。
      アチランティスに比べると、ムーは話題に上ることが少ないよね。
    コメントする   【由美と美弥子 1410】
コメント一覧へジャンプ    ページトップへ


Comment:本文 絵文字  ※入力できるのは、全角で800字までです。

↓お帰りのさいには↓
愛のワンクリ お願いします
新しいウィンドウは開きません

相互リンクサイトのみなさま(Ⅰ)
禁断の体験 エッチな告白集 未知の星 新・SM小説書庫2 電脳女学園
赤星直也のエロ小説 官能文書わーるど 官能の本棚 羞恥の風
淫芯 人に言えない秘密の性愛話 [官能小説] 熟女の園 ちょっとHな小説
官能的なエロ小説 人妻の浮気話 艶みるく 変態小説 おとなの淫文ファイル エッチのあとさき
女性のH体験告白集 性小説 潤文学ブログ Playing Archives 被支配中毒

相互リンクサイトのみなさま(Ⅱ)
恥ずかしがりたがり。 濠門長恭の過激SM小説 お姫様倶楽部.com 恥と屈辱の交差点
あおいつぼみ 葵蕾 女性のための官能小説 潤文学 女の陰影
魔法の鍵 ぺたの横書き 西園寺京太郎のSM官能小説 ましゅまろくらぶ
空想地帯 Mikiko's Roomの仮設テント かめべや 恍惚團 ~ドライ・オーガズムの深淵~
Angel Pussy 週刊創作官能小説 出羽健書蔵庫 HAKASEの第二読み物ブログ むね☆きゅんファンサイト
黒い教室 ろま中男3 渡硝子の性感快楽駆け込み寺 被虐願望

相互リンクサイトのみなさま(Ⅲ)
愛と官能の美学 平成な美少女ライトノベル 最低のオリ 漂浪の果てに
週刊リビドー 女教師と遊ぼう アダルト検索一発サーチ 快感小説
SM・お仕置き小説ブログ 官能秘宝園 制服美少女快楽地獄 秘密のエッチ体験談まとめ
18's Summer 淫鬼の棲む地下室 被虐のハイパーヒロインズ ひめ魅、ゴコロ。
おしっこ我慢NAVI 妄想ココット ライトHノベルの部屋 レズ画像・きれいな画像倉庫

riccia 調教倶楽部 ちょっとHなおとなのための… 緊縛新聞
Japanese-wifeblog Eros'Entertainment オシッコオモラシオムツシーン収集所 性転換・TS・女体化劇場
エピソードセックス マルガリテの部屋 アダルト官能小説快楽機姦研究所 渋谷子宮 RE:BIRTH
羞恥集 黒塚工房 プライド 女性作家専門官能小説
官能小説 レイプ嗜好 人妻!人妻!人妻! wombatの官能小説 黒イ都
羊頭狗肉 ひよこの家 美里のオナニー日記 エロショッカー軍団
★相互リンク募集中!(メールしてね)★

ランキング/画像・動画(1~10)
エログちゃんねる 人気ブログランキング
にほんブログ村 シンプルアダルト動画サーチ
官能小説アンテナ ライブドアブログ
アダルトブログランキング オンライン小説検索・R小説の栞


ランキング/画像・動画(11~30)
Adult Novels Search GL Search 正しいH小説の勧め 成人向けランキング
Girls Love Search おたりんく クリエイターコレクションR18 ネット小説ランキング
GAY ART NAVIGATION 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます!






<ランキング/画像・動画(31~50)ここまで-->
△Top