Mikiko's Room

 ゴシック系長編レズビアン小説 「由美と美弥子」を連載しています(完全18禁なので、良い子のみんなは覗かないでね)。
 「由美と美弥子」には、ほとんど女性しか出てきませんが、登場する全ての女性が変態です。
 文章は「蒼古」を旨とし、納戸の奥から発掘されたエロ本に載ってた(挿絵:加藤かほる)、みたいな感じを目指しています。
 美しき変態たちの宴を、どうぞお楽しみください。
管理人:Mikiko
由美と美弥子 1252
コメント一覧へジャンプ    コメント投稿へジャンプ
「わたしも脱ぐわ。
 それなら恥ずかしくないでしょ?
 こんな妊婦さんが、裸を晒すんだからさ。
 あなたの身体って、バービー人形みたいじゃない。
 誰に見せたって、恥ずかしくないわよ」

 夫人は、由美に視線を絡めたまま、両腕を後ろに回した。
 両肘がパンタグラフのように張り出すと、カップが浮いた。
 ストラップが、交互に肩を滑り……。
 カップが、手前に開く。
 真っ白な双丘が現れた。
 由美の視線は、丘の中心部に縫い付けられた。
 妊婦らしく色素が沈着した乳輪は、ミルクに浮くチョコレートのようだった。

「こんなに色が変わるなんて、ちょっとショック。
 赤ちゃんが吸い付くとき、目印になるように色が濃くなるんだって。
 でも、ここまで変わらなくてもいいでしょうにね。
 妊娠前は色素が薄くて、自分でも綺麗だと思ってたのよ。
 主人だって、褒めちぎりながら毎日吸ってくれてた。
 だけど最近は、触ってもくれない。
 あー、そんなこと思い出すだけで、気が鬱々しちゃう。
 どんどん、内向きになって。
 ダメよね、これじゃ。
 気鬱は、発散しなくちゃ。
 自分を開放する。
 よし」

 夫人は、ブラをデッキに投げると、由美に正対した。
 気をつけの姿勢を取っていた。
 指先が体側に沿って伸びている。
 閉じた両脚は、ぴったりとくっつき、綺麗な立ち姿だった。
 バレエでも習っていたのかも知れない。

「倉沢美帆。
 青空……。
 じゃないわね。
 曇り空の下、自らを開放します。
 見届けてください。
 えーっと……。
 あらやだ。
 まだ、お名前聞いてなかったわね。
 教えてくださる?」
「藤村です。
 藤村由美」
「じゃ、藤村由美さん。
 見届けてください」
由美と美弥子 1251目次由美と美弥子 1253





コメント一覧
コメント投稿へジャンプ    ページトップへ

    • ––––––
      1. Mikiko
    • 2013/06/08 07:26
    • 由「課長だぁ」
      http://blog-imgs-48.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/20130519191829448.jpg
      み「同じギャグをすな!」
      由「こないだ、叔母さんに教わったんです」
      み「教わるほどのネタか。
       あんたたちも飲んでるわけ?」
      由「飲んでませんよ。
       ここで飲むんだから」
      み「ご祝儀、持ってきた?」
      http://blog-imgs-48.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/201306041955075fb.jpg
      ↑大相撲の懸賞金です。1枚1枚開けるの、楽しいだろうなぁ。
      由「え?
       何ですか?、それ」
      み「お祝いごとに呼ばれたら、持ってくるでしょ、フツー」
      由「そうなんですか?
       美弥ちゃん、持ってきた?」
      弥「来てない」
      由「だよね」
      み「ふんとにもう!
       親の顔が見たいわい」
      由「その代わり、花輪は注文しました」
      http://blog-imgs-48.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/2013060419550614a.jpg
      ↑お呼びでない。
      み「何でそんなの注文するのよ。
       お酒の方がよっぽどいいわい。
       ていうか、まさか、花輪担いで来たわけじゃないでしょうね?」
      由「届いてませんか?」
      み「ないわい」
      由「途中で気づいて頼んだから……。
       まだ着かないのかな?」
      花「ちわー。
       花輪屋です」
      http://blog-imgs-48.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/20130604195504414.jpg
      ↑誰でしょう?

    • ––––––
      2. Mikiko
    • 2013/06/08 07:27
    • 由「あ、来た来た。
       ちょうど良かった」
      み「花輪屋なんて、あるの?」
      http://blog-imgs-48.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/2013060419550646d.jpg
      ↑タイの花輪屋。
      由「あるんでしょ。
       来たんだから」
      花「どこに飾りましょう?
       玄関脇でいいすか?」
      http://blog-imgs-48.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/201306041955056e9.jpg
      由「うーん。
       そんなとこに置いても、こっちから見えないよね。
       中に入れてください」
      花「へ?
       花輪を、家の中にですか?」
      由「入りませんか?」
      花「いや、入らないことは無いと思いますが……。
       中に飾る人は、おられませんよ」
      由「いいじゃないの。
       それじゃ、入れてください。
       わたしがドア、押えてますから」
      花「あ、すんません。
       それじゃ、失礼します。
       いいお宅ですね」
      由「借り物です」
      http://blog-imgs-48.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/20130604195505e4e.jpg
      ↑借り物競争のお題だそうです。
      み「いらんこと、言わいでいい。
       あ、靴脱いでちょうだいね」
      花「へいへい」
      み「そこらにブツケないようにしてちょうだい。
       借り物なんだから」
      由「自分で言ってるじゃない」
       というわけで……。
       続きは、次回。

    • ––––––
      3. ハーレクイン
    • 2013/06/08 09:07
    • 全く知らぬ。
      で、ネットで画像を見てみました。
      顔つきはどう見ても欧米系、と思ったらやはりアメリカ製だった。
      ま、顏はともかく、倉沢夫人曰く、
      >あなたの体って、バービー人形みたい
      そうかなあ。
      美弥ちゃんならともかく、由美ちゃんは貧乳だろ(ゴメン、由美ちゃん)。バービーはどっちかというと、ぼかん、どかん、ぼえーんのモンローを髣髴とさせるがのう。
      リカちゃん人形の方がまだしっくりくるんじゃないか(こっちもよくは知らぬが)。
      あ、ここでフルネームを名乗るのか、倉沢夫人。
      やはり真珠湾クラスのフライングだったか。
      ごめんごめん。
      でも、作者自らバラしてるようなもんだろ。
      >藤村です。藤村由美
      おいおい由美ちゃん。
      こういう怪しげなお方には、本名は明かさないほうがいいんじゃないか。

    • ––––––
      4. ハーレクイン
    • 2013/06/08 09:09
    • そんなに有名なCMなのか。一度も見たことないんですけど。
      大相撲の懸賞金。
      開けるのは、付き人の若い衆がやるらしいぞ。関取が自ら開けてたらみっともないだろ。
      そういえば、玉ノ井部屋の磯東くん(話題、古いぞ。誰も覚えとらんって)。先場所は序二段西九枚目で二勝五敗でした。先々場所は全敗だったし、もう限界かな。いやいや、頑張ってほしいものです。
      それに対し、アラブ圏初の大相撲挑戦者、エジプト出身の大砂嵐くんは、幕下東七枚目で七戦全勝。見事来場所の十両確定です。おめでとう。
      よっ、お関取っ。
      >ちわー。花輪屋です
      うーむ。
      ひょっとして、塙保己一かあ。
      開店5周年は、大阪のカフェラウンジ「太陽deSUN」。サン・デ・サンと読むらしい。場所は大阪市北区天神橋西町。
      和定食がウリらしい。
      しかし、花輪を送った「園長」さんって、何者なんだろうね。

    • ––––––
      5. Mikiko
    • 2013/06/08 13:00
    •  印象的でしたね。
       やっぱ、大地康雄のキャラでしょうか。
       火曜サスペンス劇場『刑事鬼貫八郎』でも、いい味出してました。
       ↓ソルマックのCM、もう一度見てみましょう。
      http://www.youtube.com/watch?v=EkyFjrIoyNw
       懸賞金を、弟子に開けさせたら……。
       ちょろまかされるんじゃないか?
       あれだけ厚けりゃ、2,3枚抜いてもわからんぞ。
       塙保己一。
       正解です。
       江戸時代の、盲目の国学者。
       夜の講義中に行灯の油が切れ、弟子たちが右往左往する様子に……。
       「目明きとは、不便なものじゃのぅ」と言った逸話は有名。
       でも、江戸時代って、点字とかあったんでしょうか?

    • ––––––
      6. ハーレクイン
    • 2013/06/08 17:47
    • 天下のお関取はけち臭いこと言わん。
      「これで美味いものでも食ってこい」と、懸賞金は若い衆に小遣いとして渡しちゃうんだよ。
      よっ、太っ腹。
      やったあ、大当たり、塙保己一。
      ま、「はなわ」とくれば「ほきいち」だよね。
      日本での点字は1890年(明治22年)、東京盲唖学校で採用されたのが始まりらしいですから、江戸時代には点字はなかったですね。
      保己一は、耳で聞いた事柄を全て暗記する、という方法で学問を修めたらしいよ。すごいね。
      あのヘレン・ケラーは幼少時、塙保己一を手本に勉強しろ、と親に言われたらしい。
      以下↓は1937年、ヘレンの初来日時、東京渋谷区の公益社団法人温故学会、塙保己一資料館を訪れた際の挨拶の一部です。
      「私が子どもの頃、母が語ってくれました。塙先生は私がお手本とすべき人物だ、と。
      この地を訪問し、先生の像に触れる事が出来たのは、今回の日本訪問における最も有意義な出来事です。この使い古した机と俯き加減なお姿の像を触っていると、心から先生への尊敬の念を覚えます。
      先生の名前は必ずや、流れる水の様に、世代から世代へと永遠に受け継がれ、伝わる事でしょう。」
      がしかし、今の若い人のうち、何人が塙保己一の名を知ってるでしょうね。

    • ––––––
      7. Mikiko
    • 2013/06/08 20:01
    •  土俵の周りを回る懸賞幕1本に付き、6万円だそうです。
       しかし、その内5千円は協会の事務費として引かれます。
       さらに、2万5千円が預り金として差っ引かれます。
       ただし、この2万5千円は、引退したときに渡されます。
       力士ってのは、現役寿命が短いですからね。
       親方になれるごく少数の力士を除けば……。
       辞めたら、ただのデブです。
       いきなり路頭に迷わないよう、こういう仕組みを作ってるわけです。
       こうでもしなきゃ、みんな使っちゃいますからね。
       というわけで、力士の懐に入るのは、半額の3万円ということです。
       なお、今までに付いた懸賞金の最高額は……。
       平成18年秋場所千秋楽の『朝青龍 VS 白鵬』戦で、51本。
       額面、306万円。
       手取りでも、153万円です。
       若い衆は……。
       自分の取組以上に、力が入るでしょうね。

    • ––––––
      8. ハーレクイン
    • 2013/06/08 20:51
    • 全ての取り組みに懸賞金が付くわけではないですからね、やはり、強い力士のいる部屋というのは、こういうところでも内証が楽なんですね。
      それにしても朝青龍-白鵬戦。一発勝負で手取り153万円か。何ぼ太っ腹でも、これを全部若い衆に振る舞ったということは……ないかな。
      わたしが子供の頃、大相撲はいわゆる「柏鵬時代」。柏戸、大鵬の両横綱が熱戦を展開しましたが、懸賞金も多かった。土俵を何回りもする懸賞幕の本数を数えたものです。人の金を数えてもしょうがないのにね。

    • ––––––
      9. Mikiko
    • 2013/06/08 22:19
    •  印象に残ってるのは、やっぱり永谷園ですね。
       お茶漬けのパッケージそっくりなやつ。
       縦横の比率が似てるんでしょうね。
       お茶漬け海苔。
       たまに食べたくなります。

    • ––––––
      10. ハーレクイン
    • 2013/06/08 22:51
    • 一つの企業が複数本数の懸賞金を出す場合、懸賞幕もその数だけ回ります。デザインは同じなんですけどね。で、場内アナウンスもその本数だけ社名を読み上げるわけですが、キャッチコピーをそれぞれ変えるんですね。
      たとえば永谷園の場合、「味ひとすじお茶づけ海苔の永谷園、鮭茶づけの永谷園、梅干し茶づけの永谷園、たらこ茶づけの永谷園……」てな具合です。
      もちろんテレビでは、NHKですから社名の放映はご法度。画面はカメラを引いて対戦する力士のテロップなどを被せ、場内音声は音量を絞った上でアナウンサーが喋りまくり、なるべく聞こえないようにします。何もそこまでせんでも、と思うくらいですね。
      相撲協会のHPがネット配信する番組ではカメラを引いたりしませんし、場内音声もそのまま流します。そもそもアナウンサーや親方解説などもない無愛想な映像ですからね、この懸賞金紹介の場内音声もそのまま流れます。
      大相撲、来場所は名古屋場所。7月7日初日、7月21日千秋楽です。是非、永谷園の懸賞幕を鑑賞しましょー。

    • ––––––
      11. Mikiko
    • 2013/06/09 07:41
    •  まだ出してたのか。
       わたしは、永谷園の「松茸の味お吸い物」が大好きです。
       ぜひ、このキャッチコピーも放送してほしいものです。
       「松茸の“味”」というところがキモですね。
       なにしろ、原材料に松茸は入ってませんから。
       できれば、懸賞幕にもしてほしいです。

    • ––––––
      12. ハーレクイン
    • 2013/06/09 10:48
    • んじゃ、あの味・香りはどうやって出してるんだろう。
      本物から抽出したエキスかなんかかなあ。それにしたってあんなに安くできるかなあ。

    • ––––––
      13. Mikiko
    • 2013/06/09 12:31
    •  ↓マツタケエッセンスは、市販されてます。
      http://item.rakuten.co.jp/kenkocom/e186850h/
       松茸から抽出されたものではなく……。
       化学的に合成された香りだそうです。

    • ––––––
      14. ハーレクイン
    • 2013/06/09 15:10
    • 買っちゃったよ、「松茸の味お吸い物」。さっき行った近所のスーパーで。
      マツタケエッセンスは化学合成。
      そらそうだよね。安いもん、永谷園「松茸の味お吸い物」。

    • ––––––
      15. Mikiko
    • 2013/06/09 19:46
    •  わたしも今度、買ってこよう。
       母が嫌いなので、家には常備されてないのだ。

    • ––––––
      16. ハーレクイン
    • 2013/06/10 00:41
    • ものでもないと思うが。
      わたしも、買ったけどすぐ飽きてしまうと思う。で、家人は言うわけだよ。
      「またそんなもん買うて。最後まで食べや」
      んでもよく考えたら、別に悪くなるもんでもないから、置いときゃええんだよね。で、思い出したころにまた食べる(はおかしいか。飲む、かなあ)と。
      それにしてもお母さん、松茸苦手なんですか?

    • ––––––
      17. Mikiko
    • 2013/06/10 07:15
    •  部屋で、酔い覚めのとき飲んだりも出来ると思うぞ。
       賞味期限には、要ちうい。
       そう言えば……。
       本物の松茸も、食卓に出たことないな。

    • ––––––
      18. ハーレクイン
    • 2013/06/10 10:26
    • あんなものに賞味期限があるのか、で確認したらちゃんとありました。2014年11月8日。
      “あんなもの”は、永谷園さんに失礼だな。ま、ちゃんとお金出して買ったんだから許してもらおう。
      松茸が食卓に出ないのは、好き嫌いの問題ではないと思うが。

    • ––––––
      19. Mikiko
    • 2013/06/10 20:35
    •  買って食べるものではありませんね。
       縁があれば……。
       いつの日か、食卓に舞いこんでくれるでしょう。

    • ––––––
      20. ハーレクイン
    • 2013/06/10 22:13
    • 君にあえると
      きっときっと信じてた……
    コメントする   【由美と美弥子 1252】
コメント一覧へジャンプ    ページトップへ


Comment:本文 絵文字  ※入力できるのは、全角で800字までです。

↓お帰りのさいには↓
愛のワンクリ お願いします
新しいウィンドウは開きません

相互リンクサイトのみなさま(Ⅰ)
新・SM小説書庫2 未知の星 電脳女学園 赤星直也のエロ小説
恥ずかしがりたがり。 ちょっとHな小説 愛と官能の美学 只野課長の調教日記
人妻の浮気話 艶みるく [官能小説] 熟女の園 人に言えない秘密の性愛話 官能的なエロ小説
西園寺京太郎のSM官能小説 女性のための官能小説 ぺたの横書き 被虐願望

相互リンクサイトのみなさま(Ⅱ)
濠門長恭の過激SM小説 淫芯 変態小説 お姫様倶楽部.com
被支配中毒 むね☆きゅんファンサイト 性小説 潤文学ブログ 出羽健書蔵庫
女の陰影 官能文書わーるど かめべや 女性のH体験告白集
あおいつぼみ 葵蕾 HAKASEの第二読み物ブログ 黒い教室 女教師と遊ぼう
魔法の鍵 平成な美少女ライトノベル 羞恥の風 最低のオリ
官能の本棚 禁断の体験 エッチな告白集 おとなの淫文ファイル エッチのあとさき Playing Archives

相互リンクサイトのみなさま(Ⅲ)
恥と屈辱の交差点 潤文学 ましゅまろくらぶ 空想地帯
Mikiko's Roomの仮設テント 恍惚團 ~ドライ・オーガズムの深淵~ Angel Pussy 週刊創作官能小説 ろま中男3
渡硝子の性感快楽駆け込み寺 漂浪の果てに 週刊リビドー アダルト検索一発サーチ
快感小説 SM・お仕置き小説ブログ 官能秘宝園 制服美少女快楽地獄
秘密のエッチ体験談まとめ 18's Summer 淫鬼の棲む地下室 被虐のハイパーヒロインズ

ひめ魅、ゴコロ。 おしっこ我慢NAVI 妄想ココット ライトHノベルの部屋
レズ画像・きれいな画像倉庫 riccia 調教倶楽部 ちょっとHなおとなのための…
緊縛新聞 Japanese-wifeblog Eros'Entertainment オシッコオモラシオムツシーン収集所
性転換・TS・女体化劇場 エピソードセックス マルガリテの部屋 アダルト官能小説快楽機姦研究所
渋谷子宮 RE:BIRTH 羞恥集 黒塚工房 プライド
女性作家専門官能小説 官能小説 レイプ嗜好 人妻!人妻!人妻! wombatの官能小説
黒イ都 羊頭狗肉 ひよこの家 美里のオナニー日記
エロショッカー軍団 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます!
★相互リンク募集中!(メールしてね)★

ランキング/画像・動画(1~10)
人気ブログランキング 官能小説アンテナ
にほんブログ村 ライブドアブログ
アダルトブログランキング オンライン小説検索・R小説の栞
エログちゃんねる シンプルアダルト動画サーチ


ランキング/画像・動画(11~30)
おたりんく 正しいH小説の勧め クリエイターコレクションR18 Adult Novels Search
Girls Love Search GL Search GAY ART NAVIGATION Cyber あまてらす
ネット小説ランキング 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます!






<ランキング/画像・動画(31~50)ここまで-->
△Top