Mikiko's Room

 ゴシック系長編レズビアン小説 「由美と美弥子」を連載しています(完全18禁なので、良い子のみんなは覗かないでね)。
 「由美と美弥子」には、ほとんど女性しか出てきませんが、登場する全ての女性が変態です。
 文章は「蒼古」を旨とし、納戸の奥から発掘されたエロ本に載ってた(挿絵:加藤かほる)、みたいな感じを目指しています。
 美しき変態たちの宴を、どうぞお楽しみください。
管理人:Mikiko
由美と美弥子 1228
コメント一覧へジャンプ    コメント投稿へジャンプ
 美里は、ディルドゥをテーブルに横たえた。
 白いテーブルに載せられた赤黒いディルドゥは、今にも首をもたげそうに見えた。
 美里は、後ろに引いた椅子を持ちあげると、離れた場所に置き直した。
 美弥子の前から障害物が消え、鏡までの視界が開けた。

「それでは……」

 美里は、再びディルドゥを取りあげた。

「あんまり焦らして、薬の効き目が切れたら大変。
 動けないうちに、仕上げなくちゃ」

 美里は、ディルドゥを抱えたまま、口角を上げた。
 そして……。
 消えた。
 目の前から。
 いや、身を屈めたのだ。
 くぐもった笑い声が、テーブル下から聞こえてきた。

「あの写真に、わたしは写ってなかった。
 離れて見てたのかなとも思ったけど……。
 違うわ。
 あの写真のわたしは、テーブルの下にいたのよ。
 そう。
 美弥子さんに、このディルドゥを装着させるために」

 カンカンカン。

 バネ音が響いた。

「ほら、もっと股を広げて。
 腰を前に。
 引っ張るわよ。
 よいしょ。
 ふふ。
 相変わらず、大きいクリ。
 ちょっと……。
 起ってるわよ。
 行く気満々じゃないの。
 あ、薬が切れかけてるのかな?
 それじゃ、急がなきゃ」

 ここで声が途切れ、間があった。

「ふぅ。
 太っとい。
 わたしのフェラで濡らしてあげたからね。
 痛くないわよ。
 それじゃ……」
「あぅぅ」

 陰唇に、巨大な異物を感じた。
 肉襞を左右に掻き分けながら、異物がめりこんで来る。

「あぐぐ」
「それじゃ……。
 いってらっしゃい。
 美弥子さん。
 あの、放課後の……。
 むこうがわへ」
「がっ」

 巨大な肉棒が、胎内に貫入した。
 テーブルの向こうで、鏡面が揺れていた。
 揺らめく鏡の面に……。
 黄色い明かりの灯る室内が、ゆっくりと浮かびあがって来た。

(『放課後のむこうがわⅡ』終了です)
由美と美弥子 1227目次由美と美弥子 1229





コメント一覧
コメント投稿へジャンプ    ページトップへ

    • ––––––
      1. Mikiko
    • 2013/05/05 07:33
    •  長い長い旅でした。
       初回となった985回の投稿は、昨年の5月30日。
       ほぼ1年前になります。
       ここまで長引くとは、まさに想定外でした。
       いつしかわたしの魂も、あの理事会室に閉じ込められていたのかも知れません。
       でも、5周年の前には絶対決着を付けねばならないという思いは強く……。
       最後は、力づくで終わらせた感じです。
       尻切れトンボみたいになりましたが、やむを得ません。
       美弥子が理事会室に現れてからの物語は……。
       おそらく、書くことがないような気がしています。
       さてさて!
       明日からは、ようやく『由美美弥』本編に戻ります。
       まずは、長らくご無沙汰していました、由美の物語から。
       どうぞお楽しみに!

    • ––––––
      2. Mikiko
    • 2013/05/05 07:33
    • み「すぐ近くに、遊郭があったわけ。
       昭和30年台まで、赤線地帯だった」
       現在も旅館として営業してる建物もあります。
      http://blog-imgs-48.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/201305012008080d6.jpg
      ↑建物の中は、明治期からの遊郭時代のまま。
      み「で、その高麗犬だけど……。
       顔の輪郭も曖昧になるほど、表面が摩滅してるの」
       現在、外に出てる高麗犬は、1995年に作られたもの。
      http://blog-imgs-48.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/2013050120074938d.jpg
       それ以前の高麗犬は、拝殿の格子の中です。
      http://blog-imgs-48.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/20130501200749a7a.jpg
       1854年(嘉永7年)の銘が入ってるそうです。
      http://blog-imgs-48.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/201305012007492e4.jpg
      ↑ちょっとだけ覗けます。
      み「昔の遊女が、願掛けに回したからなわけ。
       さて、ここで問題です」
      老「なんじゃ!
       問題返しか」
      み「遊女は、高麗犬にどういう願を掛けたのでしょうか?」
      http://blog-imgs-48.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/20130501200748bbf.jpg
      老「当然、船乗りが絡んでおるわけじゃな」
      み「はい、時間切れです」
      老「早すぎじゃ」

    • ––––––
      3. Mikiko
    • 2013/05/05 07:34
    • み「江戸時代と違って、今は、生き馬の目を抜く時代なんです。
       それでは、答えを言います」
      老「まだ考え中じゃ」
      http://blog-imgs-48.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/20130501200749f53.jpg
      み「ヘタな考え……」
      老「なんじゃと!」
      み「遊女は、海が荒れるよう、願を掛けたんです」
      老「今、そう言おうと思っておった」
      み「ウソこけ!
       大人げないヤツ。
       よいかね。
       海が荒れれば、船が出せないでしょ」
      http://www.youtube.com/watch?v=3AAXxCmLtLk
      ↑大荒れの新潟海岸
      み「すなわち!
       馴染みの船乗りが、明日も来てくれますようにと、願を掛けたわけ」
      老「なるほど。
       切ないのぅ。
       では、正解ということで」
      み「答えてないだろ!」
      老「いつからクイズ大会になったんじゃ。
       とにかく、わしの話を先に聞きなさい」
      み「ま、多めに見てやろう。
       でもこれで、さっきの請求はチャラね」
      老「悪どいオナゴじゃ。
       まぁ、いい。
       タダで語ってやるわい。
       これも、船乗りと遊女の話じゃ」
      http://blog-imgs-48.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/20130501200808640.jpg
      ↑どんな遊女だ。左上の黄色い文字は、「あなたの精子は狙われている!」
      老「上方から荷を運んできた船乗りに……。
       遊女が、寝物語に恨み事を言った」
      http://blog-imgs-48.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/201305012007485b7.jpg
      老「都の女は、髪に椿油を塗るから、ことのほか髪が美しいと聞く」
      http://blog-imgs-48.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/20130501200808308.jpg
      老「そんな馴染みの女が、都におるのであろう、と」
       続きは、次回。

    • ––––––
      4. ハーレクイン
    • 2013/05/05 08:28
    • あーあぁ。
      終わっちゃったよ、放課後。
      そうか、美弥ちゃんは睡眠薬の影響で抵抗できなかったのか。それで、やすやすとディルドゥを突っこまれてしまった、と。
      ふむ。
      それにしても、ともみさんはどうなったんだよ。はなっから出す気はなかったのか。
      あけみセンセや、川上せんせや、理事長はどうなったんだよう。
      放課後Ⅲは……あるのかなあ。
      そうだ、『放課後のこちらがわ』ってのはどうだ。全ての謎をこれで明かす、という。ともみさんももちろん登場する、という『こちらがわ』。
      美弥ちゃん、美里はもちろん、由美ちゃんも律子叔母さんも香純も、オールスター総登場。もちろん女教師もな。
      (それじゃまるっきり『由美美弥』だよ)

    • ––––––
      5. ハーレクイン
    • 2013/05/05 08:32
    • かつての遊郭が旅館として営業、か。
      割烹料亭として営業、なら「川太郎(がたろ)」さんなんだが。
       (あくどい番宣はよせ!)
      高麗犬の顔が摩耗って、やはり散々回されたからかね。
      これあ、納得だな。あの回され方ではなあ、たまったものではあるまい。
      考え中の、えーと、牛だよなあ。
      どこだあ、なんか銀座のようにも見えるのだが、こんなものがあると聞いたことないし。やはり欧州かなあ。
      ずばり、ベルギーはブリュッセル! どや。
       (小便小僧やないんやから)
      やはり素直に、パリ!
      いや、パリって雰囲気やないな。
      ちょいと捻って、ベルリン! ワルシャワ! ヘルシンキ!
       (なんで東へ行くんだよう)
      ええい、いっそペテルブルク! モスクワ!!
      >遊女は、海が荒れるよう、願を掛けた
      ふむ。
      わからいでもないが、「早く年季が明けますよう」が素直な願掛けではないかのう。
      >み「ま、多めに見てやろう
      ここは「大目」だと思うが、ま、「おおめ」に見てやろう。
      『2069惑星遊女』
      一体どんな話だ。
      カバー上部には「SEX ODYSSEY」とあるな。
      あんたはホメロスか!

    • ––––––
      6. Mikiko
    • 2013/05/05 12:59
    •  この結末を決めたのは、そうとう前のことでした。
       たぶん、連載が始まって間もないころだと思います。
       書き始めてたのは、もっと前ですからね。
       結末に至るまでが、あまりにも長引いてしまったということです。
       写真の中に、日付を特定できるものが写りこんでるという設定にしたかったのですが……。
       何にするか、悩みました。
       最初は、カレンダー付きの電波時計なども考えたのですが……。
       味気ないですし、大きさ的にも無理がありそうです。
       ようやく、新聞の号外なら活字も大きいし、日付も特定できると気づきました。
       フィクションですから、号外記事も作ればいいだけなのですが……。
       荒唐無稽なお話に少しでもリアリティを持たせたく、ディティールは現実のものを使いたいと思いました。
       号外など、滅多に出るものじゃないんですが……。
       ロンドンオリンピックが間近に迫ってました。
       で、開催期間中に、1回くらいは号外が出るだろうと思ったんですね。
       ですが、いざ始まってみると……。
       サプライズ的な活躍をする日本選手は、なかなか現れません。
       ようやく最後に、『なでしこ 銀』で出てくれました。
       実はわたし、この号外を、実際に新潟駅で手にしてます。
       わたしがもらったのは、新潟日報の号外ですが……。
       ま、首都圏でも、同じような見出しだったと思います。
       わたしの中のロンドン・オリンピックは、ようやく今日、終わったって感じです。
       考える牛。
       すべてハズレです。
       ↓正解は、スペインのバルセロナ。
      http://ameblo.jp/nihonjinyome-barcelona/entry-11461627485.html

    • ––––––
      7. ハーレクイン
    • 2013/05/05 15:01
    • >結末を決めたのは、そうとう前……連載が始まって間もないころ
      へえー。
      もっと適当に、出たとこ勝負で話が進んできた、と思っていました。
      それは失礼しました。
      で「デカい活字」を求めて号外かあ。これはなでしこに感謝、だな。「今日、終わったロンドン」かあ。なかなかドラマチックですな。
      いまさら余計なことを言うようですが、スポーツ新聞。あれの、特に一面の活字はアホほど大きいですぜ、毎日毎日。ま、誰にでも日付のわかる記事、は少ないでしょうが。
      >考える牛……は、スペインのバルセロナ。
      なるほど、スペイン。それで牛かあ。じゃあ、考え込むのもわかる。
      やはり、東へ向かったのは失敗だったなあ。

    • ––––––
      8. Mikiko
    • 2013/05/05 19:17
    •  出たとこ勝負はマズかろうと、プロットっぽいものまで作りました。
       途中で破綻したら、ご迷惑をかけることになりますから。
       もっとも、ほんの覚え書き程度で、「練る」という作業まではしませんでしたけど。
       ↓が最後の場面のメモ。
      --------------------------------------------------------------
      美弥子、2005年の学園にテレポート(夢の中、魂だけ?)。
      そこで写真を撮られる(ポラロイド?)
      日付を特定できるものが、写真に写りこんでいる
      ロンドンオリンピックの新聞(ロンドンオリンピック開幕)
      「お帰り」
      「美弥子さんが、どこに行ってたか、わかるよ」
      美里がポラロイド写真を見せる。
       そこには、5人の女が写っていた。
       もしくは、現場の鏡に
      理事長、川上。
      あけみ、美里。
      Dを装着した美弥子
      カレンダー入り電波時計が写っている
      今日の日時
      --------------------------------------------------------------
       少し違ってますけどね。
       号外が出なかったら、開会式の新聞にするつもりだったようです。

    • ––––––
      9. ハーレクイン
    • 2013/05/06 00:14
    • 気合入ってたんだなあ。
      途中のお話のメモも拝見したいものだ。
      理事長、川上せんせ、あけみセンセの登場は予定通りとして、特に妄想部分が予定ではどうなっていたのか。
      現場監督、日本史や国語、理科の先生は予定通りなのか。
      しつこいようだが、ともみさんを出す気は全くなかったのか。
      女王さまはほんとに美弥ちゃんなのか。
      気になるところであります。
      >ひとさまのサイトに連載するということで……
      >出たとこ勝負はマズかろう……
      うーむ。
      これはわたしも心せんといかんなあ。
      「出たとこ勝負」と云えばまさにそうだもんなあ、『リュック』。最終回は少し書いてあるけど、到底1回分には足らんし、途中の話はどこへ行くかわからんし。今の緊縛話だって、一体いつけりがつくことやら……。
      いずれにしても、少なくとも、2,3回分のストックは書いとかんとなあ。いつまた何がおこるかわからんのやし。
      最終回だけでも先に書きあげとくかなあ。
      今覗いたら、ブロランの順位が10位でした。ベストテン復帰。おめでとうございます。
      朝にはどうなってるでしょう。

    • ––––––
      10. Mikiko
    • 2013/05/06 08:08
    •  最初の設定部分だけ。
       理事会室の工事が中断され、手動ウィンチと滑車が取り付けられた経緯についてです。
       「途中のお話」にメモがなかったから、あれだけ長引いてしまったのではございませんか。
       あけみ先生の妄想部分は、何ひとつメモにありません。
       メモに残る現場監督も、何の変哲もない、タダの現場監督でした。
       最初と最後だけ決めとけば、何とでもなると思ってたんですが……。
       甘かったですね。
       なお、女王さまは美弥子ではありません。
       ともみです。
       ブロラン、おかげさまで、ほぼ定位置まで戻れました。
       ベストテンから落ちたら、アクセス数がぜんぜん違いました。

    • ––––––
      11. ハーレクイン
    • 2013/05/06 09:19
    • 最も印象に残っているのは、後ろ手に縛られたままの理事長が「ちくしょう!」とかなんとかわめきながらあけみセンセに体当たりをかまそうとした場面。
      ま、企て自体は残念ながら未遂に終わるわけですが、理事長というお人の本質が垣間見えて、印象的な場面でした。
      >女王さまは美弥子ではありません。
      >ともみです
      ふむ。
      そうなると、いずれ『放課後Ⅲ』の連載がある、ということかな。
      ブロラン、ベストテンから落ちたら、アクセス数が違った、というのはもちろん少なくなった、ということだよね。
      やっぱり、ずっと下の方まで見る人は少ない、ということなのかなあ。

    • ––––––
      12. Mikiko
    • 2013/05/06 12:44
    •  理事長の活躍場面がほとんど無かったこと。
       最初から縛られてましたからね。
       一度縄抜けさせて、形勢逆転場面を作れば良かったかな?

    • ––––––
      13. ハーレクイン
    • 2013/05/06 15:20
    • ぜひもう一度、どこかでお会いしたいものです。
    コメントする   【由美と美弥子 1228】
コメント一覧へジャンプ    ページトップへ


Comment:本文 絵文字  ※入力できるのは、全角で800字までです。

↓お帰りのさいには↓
愛のワンクリ お願いします
新しいウィンドウは開きません

相互リンクサイトのみなさま(Ⅰ)
新・SM小説書庫2 未知の星 電脳女学園 赤星直也のエロ小説
恥ずかしがりたがり。 ちょっとHな小説 愛と官能の美学 只野課長の調教日記
人妻の浮気話 艶みるく [官能小説] 熟女の園 人に言えない秘密の性愛話 官能的なエロ小説
西園寺京太郎のSM官能小説 女性のための官能小説 ぺたの横書き 被虐願望

相互リンクサイトのみなさま(Ⅱ)
濠門長恭の過激SM小説 淫芯 変態小説 お姫様倶楽部.com
被支配中毒 むね☆きゅんファンサイト 性小説 潤文学ブログ 出羽健書蔵庫
女の陰影 官能文書わーるど かめべや 女性のH体験告白集
あおいつぼみ 葵蕾 HAKASEの第二読み物ブログ 黒い教室 女教師と遊ぼう
魔法の鍵 平成な美少女ライトノベル 羞恥の風 最低のオリ
官能の本棚 禁断の体験 エッチな告白集 おとなの淫文ファイル エッチのあとさき Playing Archives

相互リンクサイトのみなさま(Ⅲ)
恥と屈辱の交差点 潤文学 ましゅまろくらぶ 空想地帯
Mikiko's Roomの仮設テント 恍惚團 ~ドライ・オーガズムの深淵~ Angel Pussy 週刊創作官能小説 ろま中男3
渡硝子の性感快楽駆け込み寺 漂浪の果てに 週刊リビドー アダルト検索一発サーチ
快感小説 SM・お仕置き小説ブログ 官能秘宝園 制服美少女快楽地獄
秘密のエッチ体験談まとめ 18's Summer 淫鬼の棲む地下室 被虐のハイパーヒロインズ

ひめ魅、ゴコロ。 おしっこ我慢NAVI 妄想ココット ライトHノベルの部屋
レズ画像・きれいな画像倉庫 riccia 調教倶楽部 ちょっとHなおとなのための…
緊縛新聞 Japanese-wifeblog Eros'Entertainment オシッコオモラシオムツシーン収集所
性転換・TS・女体化劇場 エピソードセックス マルガリテの部屋 アダルト官能小説快楽機姦研究所
渋谷子宮 RE:BIRTH 羞恥集 黒塚工房 プライド
女性作家専門官能小説 官能小説 レイプ嗜好 人妻!人妻!人妻! wombatの官能小説
黒イ都 羊頭狗肉 ひよこの家 美里のオナニー日記
エロショッカー軍団 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます!
★相互リンク募集中!(メールしてね)★

ランキング/画像・動画(1~10)
人気ブログランキング 官能小説アンテナ
にほんブログ村 ライブドアブログ
アダルトブログランキング オンライン小説検索・R小説の栞
エログちゃんねる シンプルアダルト動画サーチ


ランキング/画像・動画(11~30)
おたりんく 正しいH小説の勧め クリエイターコレクションR18 Adult Novels Search
Girls Love Search GL Search GAY ART NAVIGATION Cyber あまてらす
ネット小説ランキング 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます!






<ランキング/画像・動画(31~50)ここまで-->
△Top