Mikiko's Room

 ゴシック系長編レズビアン小説 「由美と美弥子」を連載しています(完全18禁なので、良い子のみんなは覗かないでね)。
 「由美と美弥子」には、ほとんど女性しか出てきませんが、登場する全ての女性が変態です。
 文章は「蒼古」を旨とし、納戸の奥から発掘されたエロ本に載ってた(挿絵:加藤かほる)、みたいな感じを目指しています。
 美しき変態たちの宴を、どうぞお楽しみください。
管理人:Mikiko
由美と美弥子 1157
コメント一覧へジャンプ    コメント投稿へジャンプ
「ほんとに知らないの」
「うかつな女ね。
 あなたは、名前も知らない女の前でヨガるわけ?
 とんでもない変態だわ。
 そうそう。
 変態はもう一人いたんだった」

 あけみ先生は、バイブを置き去りにしたまま起ちあがった。

「あぁ。
 動かして。
 これ、動かして」
「はしたない女ね。
 おあずけよ」

 投げつけるように言い捨て、あけみ先生は理事長に背を向けた。
 向かった先は、川上先生だった。

「さっきから、バカに静かね。
 どういうつもり?」

 あけみ先生は、川上先生の顔を覗きこんだ。
 川上先生は、眉根に皺を寄せ、顔を歪めた。

「ははぁ。
 理事長のヤラシイ顔見てて、気分出しちゃったのね。
 あなたも弄ってほしいの?」

 川上先生は、目を伏せたまま顔を横振った。

「ウソおっしゃい。
 こーんなに乳首、起ててるくせに。
 美里、こっち来てごらん。
 ほら見て、この乳首。
 起ってるわよね?」

 川上先生の平常時の乳首なんて、もちろん見たことないから……。
 今の乳首が、普段と違ってるかどうかはわからない。
 でも、これが通常の状態だったら、ブラに擦れたりして大変なんじゃないか……。
 そう思わせるほど、乳首は突き出て見えた。

「恥ずかしくありません?
 生徒の前で、乳首なんか起てて。
 それでも教育者なの?」
「た、起ててません」
「まーだ、そんなこと言うのかしら。
 とんでもない嘘つき女だわ。
 こんなになってるくせに。
 弄ってほしいんでしょ?」

 川上先生は、連獅子のように髪を打ち振った。

「ちょっとだけ触ってあげる」
由美と美弥子 1156目次由美と美弥子 1158





コメント一覧
コメント投稿へジャンプ    ページトップへ

    • ––––––
      1. Mikiko
    • 2013/01/26 07:31
    • み「つまり、太平洋側では、『海=地の果て』だったわけ。
       その点、日本海は、よその国までも繋がる交通路だった」
      http://blog-imgs-47.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/20130123093525a88.jpg
      み「古代出雲を始め……。
       日本海側が、まさに“表日本”として栄えてたんだよ」
      http://blog-imgs-47.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/20130123093524700.jpg
      ↑古代出雲大社の想像図
      律「へー」
      食「あの。
       話題が、あまりにも遼遠になってますけど。
       そろそろ、『余部鉄橋』、進めていいですか?」
      http://blog-imgs-47.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/20130123094318f68.jpg
      ↑古代出雲大社に似てませんか?
      み「おぅ、そうじゃった。
       進めたまえ。
       そもそも、いつごろ出来た橋なんだ?」
      食「1912年、明治45年ですね」
      み「てことは、ほぼ100年?」
      食「運用期間、98年でした」
      み「惜しい。
       もう2年、待てなかったものかね?」
      食「98年間も保ったこと自体、奇跡に近いんじゃないですか。
       日本海が真ん前にあるんですよ」
      http://blog-imgs-47.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/20130123093525af8.jpg
      食「冬場、鉄橋には、容赦なく潮風が吹き付けます」
      http://blog-imgs-47.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/20130123093523463.jpg

    • ––––––
      2. Mikiko
    • 2013/01/26 07:33
    • み「そうか。
       鉄は錆びるんだよね」
      http://blog-imgs-47.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/2013012309360093d.jpg
      ↑余部鉄橋の橋梁です。
      食「何か秘密があるの?」
      み「秘密なんかありません。
       保守、保守、また保守です。
       人間が手をかけ続けて、そこまで保たせたんです。
       保守を怠ってたら、いったい何年保ったか。
       なにしろ、完成からたった3年で、塗装を直さなきゃならなかったくらいなんですよ。
       5年目からは、腐食した部品の交換が始まりました」
      http://blog-imgs-47.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/2013012309360039f.jpg
      食「その5年目からは、橋守(はしもり)が置かれたんです」
      み「橋守って……。
       また、古典的な呼び名だね。
       『余部鉄橋』専属なわけ?」
      食「そうです。
       橋の下の作業小屋に詰めて、保守作業にあたったんです」
      み「そういう人たちのお陰で……。
       海っぱたの鉄橋が、98年も保ったわけか。
       それだけ、大事な橋だったんだね」
      食「この『余部鉄橋』が出来るまでは……。
       舞鶴から境までは、鉄道連絡船が繋いでたんです」
      http://blog-imgs-47.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/201301230935247f7.jpg
      【阪鶴丸】舞鶴・夕方4時発 → 境・午前8時着
      【第二阪鶴丸】境・昼2時半発 → 舞鶴・午前8時着
      ↑上りと下りで、1時間半も違います。対馬海流を考えれば、もっと違うってことじゃないのか? なぜじゃ?
      食「京都を出て、出雲に着くまで、24時間19分もかかってました。
       それが、『余部鉄橋』のおかげで、12時間49分に短縮されたんです」
      http://blog-imgs-47.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/201301230935599e9.jpg
      み「丸一昼夜が、半日になったってわけか」
      食「そうです」
      み「でも、いくら保守をしても……。
       100年の記念日を迎えさせられないほど……。
       老朽化が進んだってこと?」
      http://blog-imgs-47.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/20130123093559600.jpg
       続きは、次回。
      P.S.本日は、終日出勤となります。『マッチロック・ショー』の投稿、およびコメレスは、夜にさせていただきます。

    • ––––––
      3. ハーレクイン
    • 2013/01/26 12:11
    • >川上先生は……顔を横振った
      >川上先生は……髪を打ち振った
      おーや、川上先生の首は相変わらず横にしか振れないのか。じゃ、お仕置きだなあ。
      と思ったら、
      >ちょっとだけ触ってあげる
      おーや。
      優しいなあ、あけみセンセ。
      そんなわけ、ないか。
      それにしても「連獅子」。
      これを最初にやったのは誰だったかなあ。さすがに忘れてしまった。
      由美ちゃん、美弥ちゃん、女教師、ミサちゃん。
      このあたりの誰かだと思うんだけど……。
      さらにそれにしても、勃起した乳首。
      ブラに擦れるのか。
      ふむ。

    • ––––––
      4. ハーレクイン
    • 2013/01/26 12:15
    • 古代出雲大社
      これ、高いんだよなあ。
      いや、高価、ということではなくてね(金で買えるかい!)高さだよ高さ。
      100メートル?
      いや、何ぼなんでもそないに高こうはない。50メートル位だったかなあ。それにしてもすごい高さだよ。
      で、その高さに至る階段。これだよ。これ、見た目もすごいけど、実際に登るのがどれほど大変だったか。
      登ること自体、一つの儀式だったりして。
      余部鉄橋∽古代出雲大社
      うーん、どうかな。
      出雲大社の特徴は、ちょい前↑に書いたけど、階段だと思うけどね。
      余部鉄橋(正式名称は余部橋梁)の高さは41.5メートル。確かに高さではいい勝負なんだけどね。
      >食「冬場、鉄橋には、容赦なく潮風が吹き付けます」
      夏場にも吹き付けると思うぞ、「食」くん。
      鉄は錆びる。
      うかつにも、考えてなかった。確かにその通りだ。
      >保守、保守、また保守です。
       人間が手をかけ続けて、そこまで保たせたんです
      血を吐くような国鉄マンの叫びだなあ(しかしこれ、「食」くんのセリフだと思うが)。
      橋守!!!
      はあー、すげえ。
      江戸期の大きな橋の袂には「橋番」がいたらしいが、緊張感が違うかなあ。
      >食「この『余部鉄橋』が出来るまでは……。
       舞鶴から境までは、鉄道連絡船が繋いでたんです」
      えええええー。
      これもぜんぜん知らなんだ。
      「阪鶴丸」かあ。はんかくまる、でいいのかね。
      下り?16時間、上り17時間と30分。確かに1時間半の差だが、こんなもんじゃないの?
      それにしても、同じ新聞に載ってる「関釜連絡船」が、時代を思わせるよね。

    • ––––––
      5. Mikiko
    • 2013/01/26 19:57
    •  カップが合ってないんでしょうね。
       古代出雲大社。
       32丈あったそうです。
       96メートルになりますね。
       ほんまかいな。
      > 夏場にも吹き付けると思うぞ、「食」くん。
       わかっとらんのぅ。
       夏場は、南風です。
       日本海側の夏は……。
       風は、山から海に向かって吹くのです。
       この風が、日本海側にフェーン現象を起こすんですね。
      > 血を吐くような国鉄マンの叫びだなあ(しかしこれ、「食」くんのセリフだと思うが)。
       またセリフ間違いでした。
       『紙上旅行倶楽部』では直させていただきます。
       「阪鶴丸」の謎。
       何が「こんなもん」なんだ?
       対馬海流に逆らう下りの方が、1時間半も早く着くんですよ。
       しかも、遅い方の上りに使われるのが、「第二阪鶴丸」。
       当然、下りの「阪鶴丸」より、後に造られたはず。
       後からの方が、性能はいいでしょうに。
       大いなる謎ではないか。

    • ––––––
      6. ハーレクイン
    • 2013/01/26 20:26
    • >擦れるとしたらカップが合ってない。
      ブラはきちんと採寸してもらって購入しましょう。
      古代出雲大社。
      高さ32丈、96メートル。
      ありゃ、100メートルの方が正解か。
      もはや「雲の上」だな。高天原に届いてたりして。
      て言うか、そういう思いで造ったのかなあ。
      なんか、バビロンの塔みたいにも思える。
      すごい迫力だったろうね。こんなの見せられたら、神に逆らおうなんて気は到底起きなかったろうね。
      >日本海側の夏は……。
       風は、山から海に向かって吹く
      いや、それにしたって、たまには吹くだろ、北風。
      しかも、あんだけ海に近いんだから、波しぶきがかかったりとかさあ。
      >対馬海流に「逆らう」下りの方が、1時間半も早く着く
      あ、しもた。
      これは全くのうっかりミス。言い訳は致しません。
    コメントする   【由美と美弥子 1157】
コメント一覧へジャンプ    ページトップへ


Comment:本文 絵文字  ※入力できるのは、全角で800字までです。

↓お帰りのさいには↓
愛のワンクリ お願いします
新しいウィンドウは開きません

相互リンクサイトのみなさま(Ⅰ)
新・SM小説書庫2 未知の星 電脳女学園 赤星直也のエロ小説
恥ずかしがりたがり。 ちょっとHな小説 愛と官能の美学 只野課長の調教日記
人妻の浮気話 艶みるく [官能小説] 熟女の園 人に言えない秘密の性愛話 官能的なエロ小説
西園寺京太郎のSM官能小説 女性のための官能小説 ぺたの横書き 被虐願望

相互リンクサイトのみなさま(Ⅱ)
濠門長恭の過激SM小説 淫芯 変態小説 お姫様倶楽部.com
被支配中毒 むね☆きゅんファンサイト 性小説 潤文学ブログ 出羽健書蔵庫
女の陰影 官能文書わーるど かめべや 女性のH体験告白集
あおいつぼみ 葵蕾 HAKASEの第二読み物ブログ 黒い教室 女教師と遊ぼう
魔法の鍵 平成な美少女ライトノベル 羞恥の風 最低のオリ
官能の本棚 禁断の体験 エッチな告白集 おとなの淫文ファイル エッチのあとさき Playing Archives

相互リンクサイトのみなさま(Ⅲ)
恥と屈辱の交差点 潤文学 ましゅまろくらぶ 空想地帯
Mikiko's Roomの仮設テント 恍惚團 ~ドライ・オーガズムの深淵~ Angel Pussy 週刊創作官能小説 ろま中男3
渡硝子の性感快楽駆け込み寺 漂浪の果てに 週刊リビドー アダルト検索一発サーチ
快感小説 SM・お仕置き小説ブログ 官能秘宝園 制服美少女快楽地獄
秘密のエッチ体験談まとめ 18's Summer 淫鬼の棲む地下室 被虐のハイパーヒロインズ

ひめ魅、ゴコロ。 おしっこ我慢NAVI 妄想ココット ライトHノベルの部屋
レズ画像・きれいな画像倉庫 riccia 調教倶楽部 ちょっとHなおとなのための…
緊縛新聞 Japanese-wifeblog Eros'Entertainment オシッコオモラシオムツシーン収集所
性転換・TS・女体化劇場 エピソードセックス マルガリテの部屋 アダルト官能小説快楽機姦研究所
渋谷子宮 RE:BIRTH 羞恥集 黒塚工房 プライド
女性作家専門官能小説 官能小説 レイプ嗜好 人妻!人妻!人妻! wombatの官能小説
黒イ都 羊頭狗肉 ひよこの家 美里のオナニー日記
エロショッカー軍団 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます!
★相互リンク募集中!(メールしてね)★

ランキング/画像・動画(1~10)
人気ブログランキング 官能小説アンテナ
にほんブログ村 ライブドアブログ
アダルトブログランキング オンライン小説検索・R小説の栞
エログちゃんねる シンプルアダルト動画サーチ


ランキング/画像・動画(11~30)
おたりんく 正しいH小説の勧め クリエイターコレクションR18 Adult Novels Search
Girls Love Search GL Search GAY ART NAVIGATION Cyber あまてらす
ネット小説ランキング 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます!






<ランキング/画像・動画(31~50)ここまで-->
△Top