Mikiko's Room

 ゴシック系長編レズビアン小説 「由美と美弥子」を連載しています(完全18禁なので、良い子のみんなは覗かないでね)。
 「由美と美弥子」には、ほとんど女性しか出てきませんが、登場する全ての女性が変態です。
 文章は「蒼古」を旨とし、納戸の奥から発掘されたエロ本に載ってた(挿絵:加藤かほる)、みたいな感じを目指しています。
 美しき変態たちの宴を、どうぞお楽しみください。
管理人:Mikiko
由美と美弥子 1060
コメント一覧へジャンプ    コメント投稿へジャンプ
「湯気の立つ柱に囲まれた理事長は、ゆっくりと両脚を持ち上げる。
 膝裏を掬い取り、長い両脚を自らの上に畳みこむ。
 もちろん、股間は剥き出し。
 股間どころじゃない。
 綺麗に剃りあげた肛門まで、湯気の中に晒してる。
 突然、檻が崩れた。
 股間の延長線上にいた男性客が、理事長にのしかかるように腰を落とした。
 理事長の真上から、しゃがみこむ。
 片手で自らの陰茎を掴み、切っ先を押し下げる。
 その延長線上に開くのは……。
 もちろん、理事長のおまんこ。
 そう。
 泥を噴き出す温泉のように、無数の泡が生まれてる。
 男性は一気に尻を落とし、陰茎を突き刺す。

『わひぃ』

 理事長の口から、はしたない嬌声が噴きあがる。
 男性は、激しく尻を振り立て始める。
 陰毛に覆われた男性の恥骨が、理事長の陰核を容赦なく叩く。

『はひ。
 はひぃっ』

 理事長は顔を持ちあげ、居並ぶ男性を見回しながら、歓びの声を振り撒く。
 湯気が、薄桃色に染まる。
 男性の作る檻が、一気に崩れた。
 理事長にのしかかり腰を使う男性の後ろに、もうひとりが重なる。
 その男性の陰茎は、目印のように赤く縁取られた肛門に突き立った。
 ズブズブと埋もれていく。
 渾身の嬌声を噴き上げようとしたけど……。
 出来なかった。
 すでに、声の出口を塞がれてたから。
 そう。
 もう、ほかの男性の陰茎が、口に突っこまれてたの。

『ふが。
 ふががががが』

 太い陰茎が、口中を犯す。
 男性の陰毛が、鼻に入るほど突きこまれる。

『げふ』

 吐き出せない。
 一気に涙が滲み、視界が霞む。
 男性は、容赦なく挿出を進める。

『ぶふ』

 噴き出た鼻汁が……。
 上下する陰茎に、カエルの卵みたいに貼り付く」
由美と美弥子 1059目次由美と美弥子 1061





コメント一覧
コメント投稿へジャンプ    ページトップへ

    • ––––––
      1. Mikiko
    • 2012/09/12 07:22
    • み「とにかく、刑事は必ず、そう聞くの。
       シナリオ上、聞いてもらわなきゃ困るんだから」
      http://blog-imgs-53.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/20120909094708279.jpg
      食「はぁ」
      み「聞いてみたまえ」
      食「は?」
      み「何ごとも練習じゃ。
       千里の道も一歩から。
       はい、スタート」
      http://blog-imgs-53.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/20120909094709bc8.jpg
      食「はぁ。
       『それを証明してくれる人はいますか?』」
      http://blog-imgs-53.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/20120909094758ad4.jpg
      み「そこから始めてどうする!
       まずは、アリバイを聞くところからでしょ」
      http://blog-imgs-53.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/201209090947570e1.jpg
      食「じゃ、『アリバイはありますか?』」
      http://blog-imgs-53.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/2012090909470775e.jpg

    • ––––––
      2. Mikiko
    • 2012/09/12 07:23
    • み「パカもーん。
       刑事が、“アリバイ”なんて用語を使うわけあるかい」
      http://blog-imgs-53.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/2012090909470726f.jpg
      食「じゃ、何て聞けばいいんですか?」
      み「世話のかかるヤツじゃ。
       じゃ、わたしの言うとおりしゃべれよ。
       『これは……。
       関係する方、すべてにお聞きしていることなんですが……。
       午前1時ころ、あなた、どこにおらましたか?』」
      http://blog-imgs-53.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/20120909094757900.jpg
      食「フェリーの中です」
      http://blog-imgs-53.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/20120903074026b7d.jpg
      み「チミが答えてどうする!
       役が違ってるじゃないか。
       チミは、刑事役なの」
      http://blog-imgs-53.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/20120909094758bf5.jpg
      み「はい、聞いて」
      食「忘れちゃいましたよ」
      み「アホかね、チミは」
      http://blog-imgs-53.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/201209090947095ac.jpg

    • ––––––
      3. Mikiko
    • 2012/09/12 07:23
    • み「何でこんな短いセリフが覚えられないんじゃ。
       蜷川に怒られるぞ」
      http://blog-imgs-34.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/20110624200920f3f.jpg
      食「俳優じゃありませんもん」
      み「そんなことは、顔を見ればわかっとる。
       若いうちは、何ごとも体験してみる。
       万里の道も一歩から」
      食「千里じゃないんですか?」
      http://blog-imgs-53.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/20120909094756691.jpg
      み「そういうことを覚えてて、どうしてセリフが覚えられないんだ?
       はい、スタート」
      http://blog-imgs-53.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/20120909094709bc8.jpg
      食「ズバリお聞きします」
      http://blog-imgs-53.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/20120909094759f36.jpg
      食「午前1時ころ、どこにおらましたか?」
      http://blog-imgs-53.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/20120909094708757.jpg
      み「端折りおったな」
       続きは、次回。

    • ––––––
      4. ハーレクイン
    • 2012/09/12 08:42
    • 保健所の憂慮する所行に及ぶ理事長。
      困ったもんだ。
      ま、相手があってできる事だから、一人理事長の責任でもあるまいが。はじめに挑発したのは明らかに理事長だからなあ。その罪は重い。
      賤しくも教育界に身を置くものとして、この所行は許されることではない。
      しかし、この理事長には何を言っても無駄であろうがの。
      『由美美弥』今日の名シーン。
      >陰毛に覆われた男性の恥骨が、理事長の陰核を容赦なく叩く
      気持ちいいだろうなあ。

    • ––––––
      5. ハーレクイン
    • 2012/09/12 08:47
    • 女性の持ってる、「映画撮影のスタート合図用具」。
      カチンコって言ったっけ。
      調べてみたら、英語ではclapperboardというらしいです。日本語の方がより直截的ですね。。
      カチンコを、カットの終わりに入れる場合「ケツカッチン、ケツカチ、あとカチ」などと称するらしいです。
      おおー。
      これも懐かしの刑事もの『刑事コロンボ』。
      以前はよく再放映やったけど、最近見ないなあ。
      “うちのカミサン”は、結局出たことないんだよね。
      アガサ・クリスティ―原作『ホロー荘の殺人』。
      映画タイトルの「華麗なるアリバイ」は不細工だよね。
      ジーパン刑事はもちろん、松田優作。
      「なんじゃこりゃー」
      そういえば、警察手帳って、昔はもっと手帳っぽかったよね。顔写真とか、金色のエンブレムとか付いてなかったような気がするし。
      いつからあんな風になったんだろ。
      ま、じっくり手に取ったことないから、はっきりしないけどね。
      アホとくればこの人。
      坂田利夫。
      実際には秀才らしい。
      「あ~りが~とさ~ん」
      「あんたバカね、おほほ―」
      世界のニナガワ。
      怒られてんのは誰や!
      『大阪ラプソディー』
      作詞:山上路夫
      作曲:猪俣公章
      歌唱:海原千里・万里
      ♪あの人もこの人も そぞろ歩く宵の街
       どこへ行く二人づれ 御堂筋は恋の道
       映画を見ましょか それともこのまま
       道頓堀まで 歩きましょうか
       七色のネオンさえ 甘い夢を唄ってる
       宵闇の大阪は 二人づれ恋の街

    • ––––––
      6. Mikiko
    • 2012/09/12 19:39
    •  現在の身分証のスタイルに変わったのは……。
       2002年10月1日だそうです。
       今の“警察手帳”には、メモ帳は入ってませんから……。
       “手帳”という名称は妙なんですけどね。
       なお、身分証は、階級が変わらない限り更新されないそうです。
       つまり、長いこと昇進してない人は……。
       若い顔写真のままということです。
       身分証を提示されることがあったら、写真をじっくり見てみましょう。
       坂田利夫。
       私立此花商業高等学校(現・此花学院高等学校)出身。
       鶴田浩二も、ここの出身だとか。

    • ––––––
      7. ハーレクイン
    • 2012/09/12 23:36
    • 2002年10月1日に仕様変更か。
      だったら、それ以前に放映された刑事ものなら、古い手帳を使ているのでは、と思って調べてみました。
      例によって『相棒』。
      といっても、条件に該当するのは2000年6月3日~2001年11月30日にかけて計3話放映された、Pre Seasonのみ。
      その後順次放映されていくSeason1~Season10は、Season1第1話が2002年10月9日放映ですから、タッチの差で手帳の仕様変更後、ということになります。
      でPre Seasonですが、手帳を見せるシーンが一か所だけありまして、これが見事に古いタイプ、いわゆる“手帳型”でした。ただし飛ばし見ですから、もっとあるのかもしれません。
      もちろん、Season1に入ってもしばらくは“手帳型”が使われていた可能性はありますが、さすがにそれ以上確認する気力はありませんでした。
      ヒマやのう。
      此花学院高等学校が、なんで此花(このはな)区やのうて、生野(いくの)区にあるんやろ。
      と思もたら、来年度から「大阪偕星学園高等学校」と校名が変わるらしい。

    • ––––––
      8. Mikiko
    • 2012/09/13 07:39
    •  ヒマですのぅ。
       小説……、書けよ。
       此花区。
       区名の由来は、↓の古歌だそうです。
      ●難波津に 咲くやこの花 冬ごもり 今ははるべと 咲くやこの花
       この歌、百人一首には入ってませんが……。
       競技かるたでは、「序歌(試合に先立って詠まれる歌)」に定められてるそうです。
      http://www5f.biglobe.ne.jp/~st_octopus/carta/02.htm

    • ––––––
      9. ハーレクイン
    • 2012/09/13 09:51
    • 『古事記』、『日本書紀』に登場する絶世の美女神「木花咲耶姫(コノハナノサクヤビメ)。
      絶世の醜女神にして姉の「磐長姫(イワナガヒメ)」と共に、日向の国に降臨した天孫ニニギに嫁ぐ。
      ところがニニギは、咲耶姫だけ受け取り、姉の磐長姫の方は「こんなブス、いらんわ」と実家に送り返してしまう。
      これを聞いた姉妹の父、オオヤマツミは、次のようにニニギを諭す。
      「そらまたなんちゅうことをなさる。
      磐長姫を妻にすれば、天孫ニニギ(つまりは天皇)の寿命はあたかも岩のように永遠のものとなる。
      咲耶姫を妻にすれば、ニニギの御世はあたかも木の花が咲き誇るように繁栄する。
      ところがニニギよ。あんたは磐長姫の方だけ返してこられた。これでは、あんたの寿命はたいしたものではなくなりますぞ」
      ということで天皇、ひいては人の寿命は限られたものとなったのである、という、世界各地によくあるお話。
      ところでようわからんのは、日向の国でニニギと結婚した木花咲耶姫が、なんで難波の歌に歌われてるのか、ということなんですけどね。
      ずいぶん以前にお話した、私の小学校の校歌。当時の校長が気合を入れて作詞した、♪茅渟の浦曲に明けそめし……ですが、これは二番。
      一番の出だしは、♪この花薫る難波津に……です。
      校長の朝礼での歌詞解説。「この花」についても滔々と語ってはりました。

    • ––––––
      10. Mikiko
    • 2012/09/13 19:52
    •  これ、ほんとに木花咲耶姫の歌なんですか?
       歌の作者は、王仁(わに)という人だそうです。
       応神天皇の時代に、百済(現・韓国)から来朝した帰化人学者です。
      http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%8E%8B%E4%BB%81
       今気づいたけど……。
       王仁(わに)って、“おうじん”とも読めますよね。
       怪しいのぅ。
       実在の人物なんだろうか?
       いずれにしても……。
       「この花……」の歌を木花咲耶姫と結びつけた解釈は、一般的でないんじゃないの?
      http://www.asahi-net.or.jp/~sg2h-ymst/yamatouta/sennin/wani.html
       なお、此花区には……。
       その名も「大阪市立咲くやこの花中学校・高等学校」という中高一貫校があるようです。
      http://www.ocec.ne.jp/hs/sakuyakonohana-hs/

    • ––––––
      11. ハーレクイン
    • 2012/09/13 23:10
    • >「この花……」の歌を木花咲耶姫と結びつけた解釈は、一般的でない
      ふむ。なるほど。
      となると、「この花」は単にthis flowerか。
      特に限定的に樹木の花、さらに梅の花、または桜の花とする解釈もあるようですね。
      ということは、難波の歌でもなんらおかしくないわけだ。
      校長先生(お名前がわかりました、月岡先生です)、勘違いしてはった、ということか。
      此花区の「大阪市立咲くやこの花中学校・高等学校」、平成20年4月開校か。あるんや、公立の中高一貫校。
      しかし、市にしては粋な校名をつけたもんやなあ。

    • ––––––
      12. Mikiko
    • 2012/09/14 07:53
    •  ある種、思いこみですからね。
       一般的解釈よりも……。
       思い入れのある個人的解釈の方が、その人にとっては大事なもの。
       解釈の分かれる歌も、あります。
       ↓百人一首に出てくる、持統天皇の歌。
      ●春すぎて夏来にけらし白妙の衣ほすてふ天のかぐ山
       初夏の歌という説のほかに……。
       早春の歌という説があります。
       わたしは、後者に組みしますね。

    • ––––––
      13. ハーレクイン
    • 2012/09/14 11:01
    • この人も古代の王女の一人ですねえ。
      問題の歌は万葉集に収録、原文は万葉仮名です
      ●春過而 夏來良之 白妙能 衣乾有 天之香來山
      読み下しは色々あるようでして、例えば、
      ●春過ぎて夏来るらし白妙の衣干したり天香具山
      ●春過ぎて夏ぞ來ぬらし白妙の衣かはかすあまのかぐ山
      そして百人一首の、
      ●春すぎて夏来にけらし白妙の衣ほすてふ天のかぐ山
      「春」という言葉にはそれこそいろいろありますからねえ。旧暦では一月は「春」でしたし、「新春」なんて言葉もありますしね。
      夏は、夏至を夏の中央とする3か月とすると、5月20日頃~7月20日頃、となり、夏の始まりはいわゆる「初夏」よりも半月ほど早くなります。
      「暦の上では夏」なんて言葉もありますしね。
      季節の定義は、本当に複雑です。
      さあ、「夏来にけらし……」の夏は、持統天皇の夏は一体いつだったのでしょう。

    • ––––––
      14. Mikiko
    • 2012/09/14 20:24
    •  あの歌は、早春の雪景色を歌った歌だということです。

    • ––––––
      15. ハーレクイン
    • 2012/09/14 22:58
    • んじゃ、雪を「白妙の衣」に見立てたってことですか?
      ふむ。
      面白い。
      あ、で百人一首では「ほすてふ」なのか。
      しかしそうすると、「早春」を「夏」と詠んだ、ということになりますが……。
      いいのかなあ。

    • ––––––
      16. Mikiko
    • 2012/09/15 08:56
    •  雪を衣に見立てたわけです。
       『早春賦』という唱歌がありますよね。
       歌の心は、だいたいあんな感じです。
       すなわち、長い冬が終わり……。
       ようやく春めいて来たかと思ったら……。
       また寒が戻って、香具山に雪が積もったんです。
       そのお天気に、皮肉を言った歌なんですよ。
      「あらあら。
       ようやく春めいてきたと思ったら……。
       もう春は通り越して、夏が来てしまったのかしら?
       だって、ほら。
       あの天の香具山には……。
       真っ白な衣が干してあるじゃありませんか」
      ●春過ぎて夏来にけらし白妙の衣ほすてふ天の香具山
       『早春賦』の直截的な嘆きに比べて……。
       古代の歌の、なんとおおらかで優雅なことでしょう。
       これを、夏の歌と解釈されてると知ったら……。
       持統天皇は、からからとお笑いになると思います。

    • ––––––
      17. ハーレクイン
    • 2012/09/15 09:48
    • ♪氷解け去り葦は角ぐむ
       さては時ぞと思うあやにく
       今日もきのうも雪の空
       今日もきのうも雪の空
      夏来にけ「らし」だからいいのか。
      実際に夏になった訳じゃないんだ。
      なるほどねえ。
      夏の歌、と解釈して、「おう、そうかい。それがどないしてん」という感想でした、この歌。今までは。
      いやあ、まいりました、持統天皇はん。
      どうぞ、笑てやって下さい。
      ま、このお方、只者やなかったもんなあ。

    • ––––––
      18. Mikiko
    • 2012/09/15 13:27
    •  あれを夏の歌と解釈する方が妙ですよ。
       山の上に衣を干すなんてこと、普通、しますか?
       例えに決まってます。

    • ––––––
      19. ハーレクイン
    • 2012/09/15 14:16
    • 適当なサイトさん、二三か所見たけど、
      みんな夏の歌の扱いしてますねえ。
      高校の古文の時間で習ったときも、
      「ああ、夏が来た、天の香久山に夏の衣が干してあるよ」てな、“素直”で“そのまんま”の解釈でしたねえ。
      面白いですねえ。

    • ––––––
      20. Mikiko
    • 2012/09/15 20:25
    •  神格化された山なので、人が住むことなんかできなかったはず。
       ましてや、地上から見えるように衣を干すなんてあり得ません。
       持統天皇の歌は、羽衣伝説を踏まえてるみたいです。
       ちなみに、かぐや姫は香具山が語源だとか。

    • ––––––
      21. ハーレクイン
    • 2012/09/15 21:51
    • ふむ。
      大和三山は全て神だそうですね。
      ま、そんなことを言えば、日本の多くの山は神だけどね。
      だから、昔は登ることすら許されなかった。
      剱岳の話を忘れてたなあ。
      羽衣伝説!
      かぐや姫!
      やまとはくにのまほろば……。
    コメントする   【由美と美弥子 1060】
コメント一覧へジャンプ    ページトップへ


Comment:本文 絵文字  ※入力できるのは、全角で800字までです。

↓お帰りのさいには↓
愛のワンクリ お願いします
新しいウィンドウは開きません

相互リンクサイトのみなさま(Ⅰ)
新・SM小説書庫2 未知の星 電脳女学園 赤星直也のエロ小説
恥ずかしがりたがり。 ちょっとHな小説 愛と官能の美学 只野課長の調教日記
人妻の浮気話 艶みるく [官能小説] 熟女の園 人に言えない秘密の性愛話 官能的なエロ小説
西園寺京太郎のSM官能小説 女性のための官能小説 ぺたの横書き 被虐願望

相互リンクサイトのみなさま(Ⅱ)
濠門長恭の過激SM小説 淫芯 変態小説 お姫様倶楽部.com
被支配中毒 むね☆きゅんファンサイト 性小説 潤文学ブログ 出羽健書蔵庫
女の陰影 官能文書わーるど かめべや 女性のH体験告白集
あおいつぼみ 葵蕾 HAKASEの第二読み物ブログ 黒い教室 女教師と遊ぼう
魔法の鍵 平成な美少女ライトノベル 羞恥の風 最低のオリ
官能の本棚 禁断の体験 エッチな告白集 おとなの淫文ファイル エッチのあとさき Playing Archives

相互リンクサイトのみなさま(Ⅲ)
恥と屈辱の交差点 潤文学 ましゅまろくらぶ 空想地帯
Mikiko's Roomの仮設テント 恍惚團 ~ドライ・オーガズムの深淵~ Angel Pussy 週刊創作官能小説 ろま中男3
渡硝子の性感快楽駆け込み寺 漂浪の果てに 週刊リビドー アダルト検索一発サーチ
快感小説 SM・お仕置き小説ブログ 官能秘宝園 制服美少女快楽地獄
秘密のエッチ体験談まとめ 18's Summer 淫鬼の棲む地下室 被虐のハイパーヒロインズ

ひめ魅、ゴコロ。 おしっこ我慢NAVI 妄想ココット ライトHノベルの部屋
レズ画像・きれいな画像倉庫 riccia 調教倶楽部 ちょっとHなおとなのための…
緊縛新聞 Japanese-wifeblog Eros'Entertainment オシッコオモラシオムツシーン収集所
性転換・TS・女体化劇場 エピソードセックス マルガリテの部屋 アダルト官能小説快楽機姦研究所
渋谷子宮 RE:BIRTH 羞恥集 黒塚工房 プライド
女性作家専門官能小説 官能小説 レイプ嗜好 人妻!人妻!人妻! wombatの官能小説
黒イ都 羊頭狗肉 ひよこの家 美里のオナニー日記
エロショッカー軍団 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます!
★相互リンク募集中!(メールしてね)★

ランキング/画像・動画(1~10)
人気ブログランキング 官能小説アンテナ
にほんブログ村 ライブドアブログ
アダルトブログランキング オンライン小説検索・R小説の栞
エログちゃんねる シンプルアダルト動画サーチ


ランキング/画像・動画(11~30)
おたりんく 正しいH小説の勧め クリエイターコレクションR18 Adult Novels Search
Girls Love Search GL Search GAY ART NAVIGATION Cyber あまてらす
ネット小説ランキング 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます!






<ランキング/画像・動画(31~50)ここまで-->
△Top