Mikiko's Room

 ゴシック系長編レズビアン小説 「由美と美弥子」を連載しています(完全18禁なので、良い子のみんなは覗かないでね)。
 「由美と美弥子」には、ほとんど女性しか出てきませんが、登場する全ての女性が変態です。
 文章は「蒼古」を旨とし、納戸の奥から発掘されたエロ本に載ってた(挿絵:加藤かほる)、みたいな感じを目指しています。
 美しき変態たちの宴を、どうぞお楽しみください。
管理人:Mikiko
由美と美弥子 1013
コメント一覧へジャンプ    コメント投稿へジャンプ
「で、ウィンチの話よね。
 あれは……。
 この部屋を残して、工事がほぼ完了するころのことだった。
 工事中も理事長は、たびたびヨーロッパに遊びに行ってたんだけど……。
 工事の終わる間際になって、とんでもないお土産を持ち帰ったのよ。
 と言っても、手で持って来たわけじゃないけどね。
 持てるものじゃ無いから。

 なんだと思う?
 ピアノよ。
 アンティークピアノ。
 それを、船便じゃなくて、航空便で送ったのね。
 どうしても、理事長室に入れたいからって。
 竣工間際の現場に、ピアノが届いた。

 で……。
 例によって、理事長と現場監督で、すったもんだよ。
 もっと早くだったら、問題なかったの。
 ほら、さっきホールから登って来た階段があったでしょ。
 あれは、最後に取り付けられたのよ。
 その前までは、あのバルコニーのあった場所に、資材搬入用のリフトが付いてた。
 あれだったら、アップライトピアノのひとつくらい、運び上げられたと思う。
 でも、あの華奢な階段じゃ、とうてい無理よ。
 ちょっとバランス崩しただけで、手すりが外れて転落だもの。

 もちろん現場監督は、搬入出来ませんってはっきり断った。
 だけど、理事長も譲らない。
 このピアノが入らなければ、この建物は完成しないって。
 “画竜点睛を欠く”なんて、古風な言い回しまで使ってた。
 聞いてて吹き出しそうになったわ。
 こんなロココ調の建物に、“画竜点睛”も無いものよね。
 って、腹で笑ってたら、なんと、お鉢がこっちに回ってきた。
 わたしが、現場監督との交渉係に命じられちゃったのよ。

『あなたの任務は、このピアノを理事長室に運び入れること。
 方法は、問いません。
 でも、出来ませんでしたって言葉は、絶対に使わないでちょうだい』

 言外に、『出来なきゃクビよ』って威圧が感じられたわ。
 『辞めてやるわよ!』って言えれば、どんなに気持ちよかったかしら。
 でも、出来なかった。
 だって、この学園は……。
 ともみさんと繋がれる、唯一の場所だったから。
 ひょっとしたら、ともみさんが訪ねて来るかもしれない。
 その場に、わたしがいないわけにいかないじゃない?
 というわけで、交渉係の任を、ありがたく拝命したってわけ」
由美と美弥子 1012目次由美と美弥子 1014





コメント一覧
コメント投稿へジャンプ    ページトップへ

    • ––––––
      1. Mikiko
    • 2012/07/08 07:42
    • み「まだ考えてない」
      律「頭、来た。
       妊娠に備えて、好きなお酒も控えてるのに」
      み「健康にいいじゃない」
      律「夜が手持ち無沙汰でしょうがないの」
      み「お茶飲んでれば?」
      律「口寂しいから、いろんなもの飲んでるけど……。
       おトイレが近くなって、不便なのよ」
      み「それは、おかしいじゃない。
       だって、お酒の方が利尿作用があるから、トイレは近くなるはずでしょ」
      http://blog-imgs-37.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/20120310200833f5e.jpg
      律「お酒なら……。
       朝まで意識不明だから、トイレに起きることも無いの」
      み「呆れた。
       そのうち、おねしょするぞ」
      http://blog-imgs-53.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/20120706195120199.jpg
      律「するか!
       ちょっと。
       足元に置いてある瓶、何よ?
       お酒じゃないの?」
      み「それは、ダメ!」
      律「やっぱりお酒だ。
       なに、貴醸酒って?」
      里「あ、グラス、ありますよ」
      み「出すな!」
      律「大丈夫。
       このまま飲むから」
      み「ラッパ飲み、すなー!」
      律「うそ!
       飲みやすい。
       イケてるわ」
      み「こっち、よこせ」
      由「叔母ちゃん、今どき言わないよ」
      律「何が?」
      由「イケてる」
      律「そうなの?
       じゃ、何て言うのよ」
      み「よこせっての」
      由「知らない」
      律「なーんだ。
       じゃ、いいんじゃないのよ。
       イケてるでも。
       ほら、Mikikoさ~ん、ここまで飛びあがって」
      み「くっそー」
      里「Mikikoさん、ほらこれに乗ったら?」
      み「バスケットボールになんか乗れるか!」
      http://blog-imgs-53.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/2012070619521578c.jpg
      律「ほら、スキあり~」
      み「飲むなー!」
      由「叔母ちゃん……。
       性格悪くなったんじゃない?」
      律「そうかしら」
      み「Mikikoさん、涙目だよ」
      律「もう。
       お酒一杯くらいで泣かないでよ」
      み「は、半分も減ってる」
      http://blog-imgs-53.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/20120630102023f34.jpg
      律「わたしひとりで飲んだんじゃないわよー、だ」
      里「Mikikoさん、もう、パーっと空けちゃえば?」
      み「人の酒だと思って!
       こんな高い酒自腹で飲んだの、生まれて初めてなんだぞ」
      律「いちいち、いじましいわね」
      フ「あのー」
      律「どうしたの?」
      フ「フロントに、お届け物が来てるんですけど」
      み「何?
       あ、わかった!
       お酒だ。
       誰なの?
       わたしを驚かそうって……。
       みんなでお金出し合って買ってくれたのね……。
       う、うれしい」
      由「わたし乗ってないけど。
       美弥ちゃん知ってる?」
      弥「いいえ」
      由「叔母ちゃんは?」
      律「禁酒中の身で、人にお酒贈るほど人間が出来てないわ」
      み「それは今日、つくづくわかった」
       続きは、次回。

    • ––––––
      2. Mikiko
    • 2012/07/08 08:06
    •  携帯から、スマホに乗り換えようかと思ってます。
       最近では、高校生でも、電車の中でスマホいじってて……。
       携帯出してると、恥ずかしくなるくらい。
       で、iPhoneとAndroidでは、どっちが便利なのかなと思い……。
       真ん中のサイドバー(スマホの方は、下のほう)に、投票コーナーを作ってみました。
       投票すると、コメントも入れられるようになってます。
       みなさんのご意見、ぜひ聞かせてくださいね。

    • ––––––
      3. ハーレクイン
    • 2012/07/08 11:59
    • 理事長、ヨーロッパ土産にアンティークピアノねえ。
      しかも航空便!
      金もないのによう。
      しかし逆にいうと、ピアノも持ち上げられないような階段など、危ないと思うが。
      で、手動ウィンチか。
      いやいや、まだわからんぞ、と。
      それにしても、クレーン車を使えば簡単なのでは。
      引っ越し業者はよく使ってるぞ。

    • ––––––
      4. ハーレクイン
    • 2012/07/08 12:20
    • >律「お酒なら……。
       朝まで意識不明だから、トイレに起きることも無いの」
      おー律子叔母さん、私とおんなじことやってはりますなあ。
      朝、ぱんぱんでっしゃろ、ぼうこう。
      そのうち必ず洩らしまっせ。
      >足元に置いてある瓶、何よ?
      思わず、溲瓶(しびん)かと思ってしまった。
      「み」さんをいたぶる「律」さん。
      ほんとに、性格悪くなったのか、なにか恨みでもあるのか。
      東北旅行は大丈夫かあ。
      フロントに謎のお届け物。
      わたしも贈った覚えないなあ。

    • ––––––
      5. Mikiko
    • 2012/07/08 13:20
    •  荷重は大丈夫でも、手すりが華奢で危ないの。
       そういう設定なんです!
       夕べは、2回もトイレに起きた。
       湿気のせいかな。
       夜中に尿意を覚えたときって……。
       すっきりして寝直した方がいいか……、朝まで我慢すべきか……。
       迷いますよね。

    • ––––––
      6. ハーレクイン
    • 2012/07/08 14:27
    • 手摺が華奢、は「設定」とな。
      夜中に何度も起きては安眠できぬであろうに。
      されど、尿意を我慢して眠るのもこれまた……。
      やはり、就寝前は何も飲まぬが肝要であろう。

    • ––––––
      7. Mikiko
    • 2012/07/08 20:25
    •  起きてて、何の意味があるんだ?
       設定というのは……。
       単に、階段でピアノが運び上げられない、という設定です。

    • ––––––
      8. ハーレクイン
    • 2012/07/08 21:33
    • もちろん、わたしは飲みます。

    • ––––––
      9. Mikiko
    • 2012/07/08 21:58
    •  着けてるんじゃないの?

    • ––––––
      10. ハーレクイン
    • 2012/07/09 00:07
    • その手があるか。
    コメントする   【由美と美弥子 1013】
コメント一覧へジャンプ    ページトップへ


Comment:本文 絵文字  ※入力できるのは、全角で800字までです。

↓お帰りのさいには↓
愛のワンクリ お願いします
新しいウィンドウは開きません

相互リンクサイトのみなさま(Ⅰ)
新・SM小説書庫2 未知の星 電脳女学園 赤星直也のエロ小説
恥ずかしがりたがり。 ちょっとHな小説 愛と官能の美学 只野課長の調教日記
人妻の浮気話 艶みるく [官能小説] 熟女の園 人に言えない秘密の性愛話 官能的なエロ小説
西園寺京太郎のSM官能小説 女性のための官能小説 ぺたの横書き 被虐願望

相互リンクサイトのみなさま(Ⅱ)
濠門長恭の過激SM小説 淫芯 変態小説 お姫様倶楽部.com
被支配中毒 むね☆きゅんファンサイト 性小説 潤文学ブログ 出羽健書蔵庫
女の陰影 官能文書わーるど かめべや 女性のH体験告白集
あおいつぼみ 葵蕾 HAKASEの第二読み物ブログ 黒い教室 女教師と遊ぼう
魔法の鍵 平成な美少女ライトノベル 羞恥の風 最低のオリ
官能の本棚 禁断の体験 エッチな告白集 おとなの淫文ファイル エッチのあとさき Playing Archives

相互リンクサイトのみなさま(Ⅲ)
恥と屈辱の交差点 潤文学 ましゅまろくらぶ 空想地帯
Mikiko's Roomの仮設テント 恍惚團 ~ドライ・オーガズムの深淵~ Angel Pussy 週刊創作官能小説 ろま中男3
渡硝子の性感快楽駆け込み寺 漂浪の果てに 週刊リビドー アダルト検索一発サーチ
快感小説 SM・お仕置き小説ブログ 官能秘宝園 制服美少女快楽地獄
秘密のエッチ体験談まとめ 18's Summer 淫鬼の棲む地下室 被虐のハイパーヒロインズ

ひめ魅、ゴコロ。 おしっこ我慢NAVI 妄想ココット ライトHノベルの部屋
レズ画像・きれいな画像倉庫 riccia 調教倶楽部 ちょっとHなおとなのための…
緊縛新聞 Japanese-wifeblog Eros'Entertainment オシッコオモラシオムツシーン収集所
性転換・TS・女体化劇場 エピソードセックス マルガリテの部屋 アダルト官能小説快楽機姦研究所
渋谷子宮 RE:BIRTH 羞恥集 黒塚工房 プライド
女性作家専門官能小説 官能小説 レイプ嗜好 人妻!人妻!人妻! wombatの官能小説
黒イ都 羊頭狗肉 ひよこの家 美里のオナニー日記
エロショッカー軍団 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます!
★相互リンク募集中!(メールしてね)★

ランキング/画像・動画(1~10)
人気ブログランキング 官能小説アンテナ
にほんブログ村 ライブドアブログ
アダルトブログランキング オンライン小説検索・R小説の栞
エログちゃんねる シンプルアダルト動画サーチ


ランキング/画像・動画(11~30)
おたりんく 正しいH小説の勧め クリエイターコレクションR18 Adult Novels Search
Girls Love Search GL Search GAY ART NAVIGATION Cyber あまてらす
ネット小説ランキング 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます!






<ランキング/画像・動画(31~50)ここまで-->
△Top