Mikiko's Room

 ゴシック系長編レズビアン小説 「由美と美弥子」を連載しています(完全18禁なので、良い子のみんなは覗かないでね)。
 「由美と美弥子」には、ほとんど女性しか出てきませんが、登場する全ての女性が変態です。
 文章は「蒼古」を旨とし、納戸の奥から発掘されたエロ本に載ってた(挿絵:加藤かほる)、みたいな感じを目指しています。
 美しき変態たちの宴を、どうぞお楽しみください。
管理人:Mikiko
由美と美弥子 1003
コメント一覧へジャンプ    コメント投稿へジャンプ
「彼氏は、してくれるんでしょ?」
「毎日は会えないもの」
「じゃ……。
 自分でしてるのね?」
「してます」
「毎日?」
「朝晩!
 今朝もして来ました。
 さっきの休み時間もしました」
「あらまあ。
 どこで?」
「もちろん、トイレです」
「裸になったの?」
「いいえ。
 スラックスだけ下ろして」
「それはいけないわね。
 下だけは、素っ裸にならないと。
 今みたいにね。
 うれしいんでしょ?
 見られて」
「見て……。
 もっと見て」

 先生はわたしに正対すると、腰を前後に振り始めた。
 股間から跳ねた雫が、膝まづくわたしの太腿を濡らす。

「ほら。
 国語の先生にも見てもらいましょう」

 理科の先生の手を引いて、机に突っ伏す国語の先生の傍らに起たせる。
 国語の先生は、メガネを鼻の頭まで落として喘いでる。
 開いた唇から零れた涎が、赤ペンの入った答案を汚してる。

「先生。
 見てやって下さい。
 理科の先生のおまんこ。
 いやらしいでしょ?
 朝晩、ご自分でなさってるんですって」

 理科の先生は、両脚をパンタグラフのように開き、股間を突きつけた。
 国語の先生の目が、泳ぎながらも股間で焦点を結ぶ。

「おっきぃ……。
 おまんこ」
「あぁ。
 それ、言わないでぇ。
 コンプレックスなんですぅ。
 彼のじゃ物足りなくて……。
 国際結婚にしようかしらって。
 見て……。
 おっきぃおまんこ、もっと見てぇ」
由美と美弥子 1002目次由美と美弥子 1004





コメント一覧
コメント投稿へジャンプ    ページトップへ

    • ––––––
      1. Mikiko
    • 2012/06/24 07:30
    • 「こないだ、“Cool Japan”見てたら、少女漫画家の自宅訪問レポートがあったんです」
      http://blog-imgs-34.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/20110813201248021.jpg
      「渋い番組見てるわね。
       漫画家がテーマだったの?」
      「テーマは、『漫画』です。
       その中で、漫画家訪問のレポートがあったんです。
       そしたら、その漫画家の女性、1日15時間描いてるって言ってました。
       ちょっと!
       聞いてます?
       急に携帯いじったりしないでください」
      「その人、専業漫画家でしょ?」
      「当たり前じゃないですか。
       15時間のほかに働けるわけないでしょ」
      「わたしも、専業作家だったら……」
      「できます?」
      「ま、ちょっと15時間は難しいかも知れないけど……」
      「じゃ、どのくらいですか」
      「2時間くらいなら……」
      「呆れた。
       専業なんですよ。
       1日、2時間しか働かないってことじゃないですか」
      「もちろん、『東北に行こう!』の執筆は、この時間のほかにするよ」
      「当たり前でしょ」
      「だいたいね。
       1日15時間ってのは、異常よ。
       そんな生活、長続きするわけないって。
       女工哀史じゃないんだから。
       朝8時から始めたとして、ぶっ続けでも夜の11時だよ。
       途中、2時間くらいは休憩取るだろうから……。
       実質、終わるのは、夜中の1時ってことでしょ。
       翌朝の執筆開始まで、7時間しかないじゃない。
       おちおち、酒も飲めない」
      「そのくらい、やれません?」
      「やれまへん」
      「躊躇なく言わないでください」
      「そんな生活してたら、遠からず腰を痛めるか、脱腸になるわ」
      「なんで、脱腸なんです?」
      「15時間も座ってれば、お腹にガスが溜まるわよ。
       オナラしようとしても、座ってるから素直に出ない。
       出場所を間違って、脱腸になるわけ」
      「呆れた」
      「ま、漫画家ってのは、人気商売だからね。
       たぶん、死ぬほど忙しい人と、まったくヒマな人と、両極端なんじゃない?
       1日7~8時間描いて、楽しい人生送ってる人なんていないのよ」
      「で、つまり、『放課後のむこうがわⅡ』が書き下ろしに出来なかった理由は……」
      「忙しくて」
      「違うでしょ。
       1日、1時間しか書かないからでしょ」
      「あなたね、そう責め立てますけど……。
       フルタイムで働いてる人が、1時間捻出するってのは、タイヘンなのよ」
      「何時間寝てるんです?」
      「7時間くらい」
      「寝過ぎ」
      「何で!
       これでも、昔は8時間だったのを縮めたのよ」
      「Mikikoさんの歳なら、5時間くらいで大丈夫なんじゃないですか」
      「わたしの歳って、何だよ。
       いくつになっても、寝たいものは寝たいの。
       睡眠不足だと、気力が無くなるんだよ。
       テンション下がりまくりの、モチベーションゼロ状態」
      「何か、端で聞いてるだけで、ナマケモノが伝染しそうだわ」
      「とにかく、2本同時に書くのはムリだからって……。
       『緊縛新聞』さんには、同時掲載の条件を飲んでもらったわけ」
      「交渉したんですか?」
      「やみげんさんがね。
       わたしは、やみげんさんに、こっちの条件を伝えただけ」
      「呆れた。
       断られたらどうするつもりだったんです?」
      「『緊縛新聞』さんの掲載を諦めるだけよ」
      「意地ってものが無いんですか?」
      「だって、出来ないも~ん」
       続きは、次回。

    • ––––––
      2. ハーレクイン
    • 2012/06/24 08:41
    • 理科の先生。
      結婚どころか、まだ同棲もしとらんのか。
      で、毎日まんこが夜泣きする、と。
      オナニーは朝昼晩か。
      朝晩はええとして、昼は当然ガッコ内。
      トイレかあ、ま順当だな。
      どんなまんこや、でかまんこ。
      国際結婚って、ひょっとして太平洋まんこかあ。
      えーと「太平洋にゴボウ」だったっけ。

    • ––––––
      3. ハーレクイン
    • 2012/06/24 08:49
    • 売れっ子漫画家でも、連日15時間ということはないやろ。締め切り前だけの話やないのか。
      あ、そうでもないか。連載何本も抱えとったらわからんなあ。
      うーむ。
      連日15時間描いて豪邸建てても、早死にしたら「なーんのこっちゃ」だわなあ。
      『女工哀史』ねえ。
      『あゝ野麦峠』はどや!
      渋いとこで『蟹工船』てのもあるぞ。
      さあ、今明かされる『放課後Ⅱ』執筆秘話!
      同時掲載を持ちかけたのはこっちから。
      しかも、めんどい交渉は、やみげんさんにおんぶに抱っこ。
      で、『緊聞』さんの掲載が伸びて、こっちだけ見切り発車と。
      「1日1時間以上は書けまへーん」。
      うーむ。
      らしいといえばらしいが、いつにもましてお気楽な所行。
      大丈夫か『放課後Ⅱ』。

    • ––––––
      4. Mikiko
    • 2012/06/24 12:49
    •  『放課後Ⅱ』は、『緊縛新聞』さんの読者のことも考慮して書いてます。
       で、今回は、女性同士以外のシーンも入れてみました。
       もちろん、妄想の中だけですけど。
       でも、純正ビアンを求めて来てくださってたお客さんを、裏切ってる気がして……。
       少なからぬジレンマを感じてるのも事実です。
       かと言って、小手先の修正はムリなので……。
       このまま走るしかありません。
       どうか、みなさん。
       見捨てないでね。

    • ––––––
      5. ハーレクイン
    • 2012/06/24 13:30
    • 本来、『緊聞』さんへの「寄稿」としてスタートしたんだから、ある程度『由美美弥』のコンセプトと異なる部分があるのはしょうがないよ。
      『放課後Ⅰ』にも変態男が登場したしね。
      もちろん、『由美美弥』の本来の読者に言わせれば「そんなんうちらに関係ない」「ビアン読ませんかい」となるかもしれんがね。
      でも、色々チャレンジし、経験を積むことが、MikikoさんのモチベーションをさらにUPさせるかもしれんし、また、そうなってほしいと思います。
      ここまでの長期連載になった『由美美弥』に、新鮮な風を送り込むことにもなってほしいものです。
      大丈夫だいじょうぶ。
      『由美美弥』の読者さんは、もちろんわたしを含め、そのあたりわかってくれるって。
      天井の管理人挨拶にも「“ほとんど”女性しか出てきません」と断ってあるしね。

    • ––––––
      6. ハーレクイン
    • 2012/06/24 17:17
    • 『由美美弥』1,000回騒ぎ! で、どっか飛んでしもてたなあ。掲示板レポート。
      きゅう太郎、機嫌ようやっとるみたいです。
      悪い病気(シモがらみではない)にもまけず、順調にツルを伸ばし(伸ばす方向は飼い主の意向無視)、とげとげハナキリンちゃんに抱きつき、飼い主に緊縛され……。
      自由奔放、波乱万丈の人生を送っております。
      で6月24日、つまり今朝のことですなあ。
      ついに第一号の収穫が!
      いやあ、ひとごとながら、感慨深いものがありますなあ。
      さあ、第二号は無事に実るか。
      待て、次回!

    • ––––––
      7. Mikiko
    • 2012/06/24 20:11
    •  しとらんわい。
       長さも太さも、まだわたしの小指ほど。
       HQさんの持ち物とは同じくらいかも知れんが……。
       収穫にはまだまだじゃ。

    • ––––––
      8. ハーレクイン
    • 2012/06/24 20:31
    • まだポークビッツか、きゅう太郎。
      わたしのサイズを何故知っておるのだ。
      そーいえば。
      『放課後Ⅱ』で理科の女先生が食べとった、カップスパゲティ。
      そんなんあるんかい、と書いてMikikoはんに思いっきり馬鹿にされたカップスパゲティ。
      今日、近所のスーパーに行ったんで探しましたよ、カップめんコーナー。
      ラーメンと焼きそばは売るほどあるが(売っとるんや!!)……スパゲティ、無いぞそんなもん、と思ったら思いっきりスミッコにありました。
      世間に遠慮するように、身を潜めて、ひっそりと。
      おーこれか、あるんや。で記念に一つ買うてきました。
      家人が胡散臭そうに、
      「えらい珍しもん買うんやな」
      「ま、たまにはな」
      日清食品の「Spa王」。味付けはナポリタン。作り方は「熱湯1分」。
      あったのはこれと、同じ日清「Spa王」シリーズのカルボナーラ味。
      どうも、大阪ではあんまり人気ないんやないかなあ、カップスパゲティ。
      味はどうか、食べて見んとわからんけど、ま、いずれそのうちにの。

    • ––––––
      9. Mikiko
    • 2012/06/24 22:01
    •  そりゃええ。
       4分とかのラーメンだと……。
       お湯を入れたの忘れて別のこと始めて、ヒドいことになってたりするからな。
       1分なら、カップの前で待ってればいいんだ。
       スパゲティで好きなのは……。
       なんといっても、タラコですね。
       あれを発明した人には、表彰状をやりたいくらいです。

    • ––––––
      10. ハーレクイン
    • 2012/06/24 22:24
    • 麺を「よくほぐしながら」1分待て、とあります。
      待ち時間も退屈せんで済みますな。
      要するに、温めるだけ、ということか。
      おそらく、生麺を真空パックしてあるんだろうね。

    • ––––––
      11. Mikiko
    • 2012/06/25 07:26
    •  フタはしないのか。
       そう言えば、パスタを鍋で茹でるときもそうだよね。
       今度の土曜、買ってみよう。
       食べたことはあるはずなんだけど……。
       ぜんぜん覚えとらん。
       小説に書いたからには、試してみんと。

    • ––––––
      12. ハーレクイン
    • 2012/06/25 10:58
    • 湯切り口はあるようやから、半分くらい中蓋が被ってるんやろね。
      なんじゃい!
      カップパスタ評論家みたいな口ききおったくせに、「食べたこと“は”ある」ぅ? 「全然覚えとらん」んん?
      ま、このくらいはったりかまさんと、小説など書けんのやろけど。

    • ––––––
      13. Mikiko
    • 2012/06/25 19:59
    •  殺人を犯すことなく、小説を書くのといっしょです。
    コメントする   【由美と美弥子 1003】
コメント一覧へジャンプ    ページトップへ


Comment:本文 絵文字  ※入力できるのは、全角で800字までです。

↓お帰りのさいには↓
愛のワンクリ お願いします
新しいウィンドウは開きません

相互リンクサイトのみなさま(Ⅰ)
禁断の体験 エッチな告白集 未知の星 新・SM小説書庫2 電脳女学園
赤星直也のエロ小説 官能文書わーるど 官能の本棚 羞恥の風
淫芯 人に言えない秘密の性愛話 [官能小説] 熟女の園 ちょっとHな小説
官能的なエロ小説 人妻の浮気話 艶みるく 変態小説 おとなの淫文ファイル エッチのあとさき
女性のH体験告白集 性小説 潤文学ブログ Playing Archives 被支配中毒

相互リンクサイトのみなさま(Ⅱ)
恥ずかしがりたがり。 濠門長恭の過激SM小説 お姫様倶楽部.com 恥と屈辱の交差点
あおいつぼみ 葵蕾 女性のための官能小説 潤文学 女の陰影
魔法の鍵 ぺたの横書き 西園寺京太郎のSM官能小説 ましゅまろくらぶ
空想地帯 Mikiko's Roomの仮設テント かめべや 恍惚團 ~ドライ・オーガズムの深淵~
Angel Pussy 週刊創作官能小説 出羽健書蔵庫 HAKASEの第二読み物ブログ むね☆きゅんファンサイト
黒い教室 ろま中男3 渡硝子の性感快楽駆け込み寺 被虐願望

相互リンクサイトのみなさま(Ⅲ)
愛と官能の美学 平成な美少女ライトノベル 最低のオリ 漂浪の果てに
週刊リビドー 女教師と遊ぼう アダルト検索一発サーチ 快感小説
SM・お仕置き小説ブログ 官能秘宝園 制服美少女快楽地獄 秘密のエッチ体験談まとめ
18's Summer 淫鬼の棲む地下室 被虐のハイパーヒロインズ ひめ魅、ゴコロ。
おしっこ我慢NAVI 妄想ココット ライトHノベルの部屋 レズ画像・きれいな画像倉庫

riccia 調教倶楽部 ちょっとHなおとなのための… 緊縛新聞
Japanese-wifeblog Eros'Entertainment オシッコオモラシオムツシーン収集所 性転換・TS・女体化劇場
エピソードセックス マルガリテの部屋 アダルト官能小説快楽機姦研究所 渋谷子宮 RE:BIRTH
羞恥集 黒塚工房 プライド 女性作家専門官能小説
官能小説 レイプ嗜好 人妻!人妻!人妻! wombatの官能小説 黒イ都
羊頭狗肉 ひよこの家 美里のオナニー日記 エロショッカー軍団
★相互リンク募集中!(メールしてね)★

ランキング/画像・動画(1~10)
エログちゃんねる 人気ブログランキング
にほんブログ村 シンプルアダルト動画サーチ
官能小説アンテナ ライブドアブログ
アダルトブログランキング オンライン小説検索・R小説の栞


ランキング/画像・動画(11~30)
Adult Novels Search GL Search 正しいH小説の勧め 成人向けランキング
Girls Love Search おたりんく クリエイターコレクションR18 ネット小説ランキング
GAY ART NAVIGATION 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます!






<ランキング/画像・動画(31~50)ここまで-->
△Top