Mikiko's Room

 ゴシック系長編レズビアン小説 「由美と美弥子」を連載しています(完全18禁なので、良い子のみんなは覗かないでね)。
 「由美と美弥子」には、ほとんど女性しか出てきませんが、登場する全ての女性が変態です。
 文章は「蒼古」を旨とし、納戸の奥から発掘されたエロ本に載ってた(挿絵:加藤かほる)、みたいな感じを目指しています。
 美しき変態たちの宴を、どうぞお楽しみください。
管理人:Mikiko
由美と美弥子 0979
コメント一覧へジャンプ    コメント投稿へジャンプ
「で……。
 その体位で男がやるべき行為は……。
 決して、ピストンじゃない。
 圧迫さ。
 自らの恥骨に体重をかけ……。
 女性の陰核を圧迫するんだ。
 これだけで、十分な快感を女性に与えられる。
 余裕があったら、円運動を加えてもいいね。
 恥骨を支点に、優しく捏ね回すんだ。
 これだけでイッちまう女性も、少なくないはずさ。
 女性を彼岸に渡してやったら……。
 あとはもう、思う存分ピストンして、自分もイけばいいんだ。

 圧迫により得られる快感については……。
 女性も、自ら行うオナニーで体感しているはずさ。
 おまえの陰核は、かなり特殊だから、あれだけどね。
 普通の女性が、陰核オナニーをする場合……。
 どうやると思う?
 陰核を、パンパンと叩く女がいると思うかい?
 もし、ピストンが気持ちいいんなら……。
 それに擬した動作になるはずさ。
 しかし、実際はそうじゃない。
 指を密着させたまま、円を描くように捏ねるんだよ。
 人に教わらなくても……。
 ほとんどの子が、その所作に落ち着くはず。
 それが、一番気持ちいい方法だからね。

 あれは決して、陰核亀頭への直接刺激じゃないんだ。
 実際、亀頭を剥かずに、皮の上からやってる子が多いと思うよ。
 さっき言ったとおり……。
 あれは、陰核脚で得られる快感なのさ。
 揃えた指の腹で、陰核脚の埋もれるあたりを圧したり……。
 揉むように動かしたりしているはず。
 男で云えば、陰茎を刺激するオナニーだね。

 そうそう。
 陰核脚で思い出した。
 ずいぶんと話が脱線してたね。
 もともとは、この陰核脚に刺激を与える方法を講義してたんだ。

 話を戻すよ。
 陰核脚に刺激を与える、もう一つの方法。
 それは……。
 陰核亀頭を引くことにより、陰核脚を伸縮させること。
 しかし、この方法は、ほとんど知られていないと云っていいだろうね。
 おまえみたいな陰核を持っていれば別だけど。

 もちろん、男女が性交した状態では、陰核脚を伸縮させることは不可能だし……。
 女性自ら行うオナニーでも、実現は困難だろうね。
 陰核亀頭を摘んで引き上げる……。
 そんなオナニーを実践している女性は、ほとんどいないと思うよ。
 陰核亀頭を指で引っ張ったりしたら……。
 亀頭部への刺激が強すぎて、快感よりも先に疼痛を覚えてしまうはずだからね。
 SMプレイとしてなら、あり得るだろうけど」
由美と美弥子 978目次由美と美弥子 980





コメント一覧
コメント投稿へジャンプ    ページトップへ

    • ––––––
      1. Mikiko
    • 2012/05/21 06:20
    • 律「そうなの?」
      み「そうなんです。
       で、潜りこむ太平洋プレートに引きずられて……。
       北米プレートには、歪みが溜まるわけ」
      http://blog-imgs-53.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/20120513195709f0b.jpg
      み「弓を引くようにたわんでいくわけよ。
       そして限界に達すると……。
       この弓が放たれる。
       すなわち!
       引きずりこまれてた北米プレートが、跳ねあがる」
      http://blog-imgs-53.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/20120513195812ecd.jpg
      み「これが、プレート境界型地震ね。
       プレートが跳ねあがるとき、海水が持ちあげられるでしょ」
      http://blog-imgs-53.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/201205131957059fa.jpg
      み「それで、大津波が起きるわけよ」
      http://blog-imgs-53.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/20120513195748f90.jpg

    • ––––––
      2. Mikiko
    • 2012/05/21 06:20
    • 律「日本海側では、それが起きないの?」
      み「日本海では、北米プレートとユーラシアプレートが接してるけど……。
       これらは、両方とも大陸プレートだからね」
      http://blog-imgs-53.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/20120513195748e37.jpg
      み「フォッサマグナって、聞いたことあるでしょ?」
      http://blog-imgs-53.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/20120513195709382.jpg
      食「糸魚川静岡構造線ですね」
      み「そう。
       正確には、糸魚川静岡構造線と柏崎千葉構造線の間の帯状の地域」
      http://blog-imgs-53.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/20120513195749fd5.gif
      み「あれは、日本海から続く、北米プレートとユーラシアプレートの境界なのよ」
      http://blog-imgs-53.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/20120513195811603.jpg

    • ––––––
      3. Mikiko
    • 2012/05/21 06:22
    • み「地球観測衛星からも、日本列島を横切る窪みが、はっきりと見えるんだ」
      http://blog-imgs-53.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/20120513195706512.jpg
      み「地学的に云えば……。
       東日本と西日本は、この境界で分けられるってこと」
      http://blog-imgs-53.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/201205131957505c8.jpg
      律「何で、大陸プレート同士だと、片方が潜りこまないの?」
      み「密度が同じから。
       海洋プレートは、大陸プレートより、密度が大きい。
       つまり重いわけ。
       だから、潜りこみが起きる」
      http://blog-imgs-53.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/20120513195707975.jpg
      律「大陸プレート同士では、それが無い?」
      み「ぶつかり合って、押し合ってるだけ」
      http://blog-imgs-53.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/201205131958136a5.jpg

    • ––––––
      4. Mikiko
    • 2012/05/21 06:22
    • み「実際、日本列島は、年に1センチずつ東西に縮んでるんだって」
      http://blog-imgs-53.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/2012051319575110e.jpg
      律「それはそれで、怖そうだけどね」
      み「ま、上下にズレるよりはマシよ」
      http://blog-imgs-53.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/20120513195814ba6.jpg
      食「弓は引き絞られてないってことですね」
      み「左様左様」
      律「どうして、海洋プレートと大陸プレートでは、密度が違うの?
       そもそも、海洋プレートと大陸プレートの違いって何よ?」
      http://blog-imgs-53.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/20120513195708124.jpg
      み「その質問は、禁ずる」
      http://blog-imgs-53.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/20120513195752de0.jpg
      律「何でよ!」
       続きは、次回。

    • ––––––
      5. ハーレクイン
    • 2012/05/21 07:43
    • 見たよー。

    • ––––––
      6. Mikiko
    • 2012/05/21 07:53
    •  甥の子供には、ピンホールカードなんて教えといて……。
       自分は、メガネ持ってたってこと?

    • ––––––
      7. ハーレクイン
    • 2012/05/21 08:28
    • はいはい、せんせー。
      「陰核亀頭を引く」方法。ボク、知ってまーす。
       (由美美弥の読者なら、誰でも知っとるわ)

    • ––––––
      8. ハーレクイン
    • 2012/05/21 08:32
    • フォッサマグナ!
      糸魚川静岡構造線!
      いやあ、懐かしいなあ。
      Mikiさんも以前書いてはったと思うけど、わたしも「糸魚川(いといがわ)」って、これで覚えたんだよ。
      この糸魚川静岡構造線に沿って走るのが、新潟県の糸魚川駅と長野県の松本駅を結ぶ、旧国鉄の「大糸(おおいと)線」。
      高1のとき、この車窓から見た北アルプスの景観は鮮烈な印象でした。例の『青い山脈』そのものでしたね。
      大阪の高校生が何で大糸線などに乗ったのかといいますと、もちろん北アルプス登山のためです。
      しかし想い出の大糸線。
      これも、北陸新幹線の開業後の、明日は知れぬ身である。
      なんでこんなところにNESCAFEが、と考え込んでしまったぜ。
      「“違いがわかる”男のゴールドブレンド」
      これだな!
      由美美弥ご愛読関係者各位
      ご質問は、知ってることのみに限らせていただきます。
      わたしの知らない事柄へのご質問は、ご遠慮願います。
                              Mikiko

    • ––––––
      9. ハーレクイン
    • 2012/05/21 08:36
    • 持ってねえよ。
      もったいない、1,500円も。
      わたしもピンホールで見たのじゃ。

    • ––––––
      10. Mikiko
    • 2012/05/21 19:49
    •  フォッサマグナと糸魚川商工(甲子園3回出場)。
       糸魚川商工(現・糸魚川白嶺)の甲子園は、すっかりご無沙汰ですが……。
       地学方面は、世界ジオパーク認定で一挙にビッグネームとなりました。
       フォッサマグナミュージアム、行ってみたいですね。
       でも、同じ県とは云え……。
       糸魚川は、すごく遠いんです。
       車だと、高速を使っても2時間かかるし(高速料金=4,050円)……。
       JRでも、『特急北越』で2時間(乗車券+特急券=5,040円)。
       時間さえあれば……。
       調べて知ったかぶりが出来るのだが……。
       調べてる時間がないのだよ。
       昼休み、歯医者だし。

    • ––––––
      11. ハーレクイン
    • 2012/05/21 22:31
    • いといがわはあまりに遠し……
      フォッサマグナ。
      名称は数十年前から知っているのに、言葉の意味を調べたのは今回が初めて。
      Wikiによりますと……、
      「語源はラテン語のFossa Magnaで「大きな窪み」を意味する」
      「日本の主要な地溝帯の一つで、中央地溝帯とも呼ばれる」
      さらに
      「地溝(地溝帯)とは、[斜体]ほぼ平行に位置する二つの断層[/斜体]によって区切られ、[太字]峡谷の形状を成している地形[/太字]のことである」
      この二つの断層の一つがフォッサマグナ西端の「糸魚川静岡構造線。もう一つが同じく東端の「柏崎千葉構造線」ですね。
      ただし東端のラインはいくつかの説があり、まだ確定していないそうです。
      フォッサマグナミュージアム。
      1994年4月開館。
      入館料は大人500円、小学生~高校生350円。
      展示内容は、
      ●フォッサマグナに関するもの、および糸魚川周辺地域に産するヒスイをはじめとする鉱物・岩石・化石など。
      ●フォッサマグナの発見者、ドイツのナウマン博士ゆかりの品。
      ●糸魚川ジオパークの案内。
      などです。
      「フォッサマグナシアター」、越の国の「奴奈川(ぬながわ)姫シアター」の映像展示もあります。
      中庭には、斑糲(はんれい)岩でできた水琴窟があります。水琴窟はブラタモリでも出てきましたね。
      ショップには、恐竜の模型、地学関係の書物、地質調査用のハンマー(これも懐かしいなあ)、ルーペなどの商品があるそうです。
      面白そうだなあ、フォッサマグナミュージアム。

    • ––––––
      12. Mikiko
    • 2012/05/22 07:45
    •  安い。
       日帰り温泉並みですね。
       でも、往復1万円だからな。
       そう言えば、温泉は出ないのかね?
       もしあれば、絶対に名称は「フォッサマグナ温泉」だね。
       掘ったら出そうだよな。
       当たれば、大インパクトだと思うけど。
       実は数年前、糸魚川にはクルマで行ってるんです。
       糸魚川には、すごいツツジの庭があるんです。
       わざわざ、それを見に行ったわけですね。
      http://blog-imgs-53.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/2012052207302460c.jpg
       ↑は、そのときわたしが撮った写真。
       これ、個人のお庭なんですよ。
       ツツジの時期だけ、一般開放されてます。

    • ––––––
      13. ハーレクイン
    • 2012/05/22 11:41
    • フォッサマグナ温泉。
      出てもよさそうだけどね。
      糸魚川で駄目なら、長野のどこかでいけそうな……。
      うーむ、糸魚川のツツジ屋敷か。
      ナデシコ屋敷に続く謎のお屋敷。
      そういえば「ナデシコ屋敷の『謎』」、がどうも頭の中では「ナデシコ屋敷の『怪』」となってしまうのだよ。
      ミステリーだなあ。

    • ––––––
      14. Mikiko
    • 2012/05/22 19:46
    •  満開の時期は、例年、5月の終わりころだったと思います。
       今年は、開花が遅れるかも知れませんね。
       叔父に、メールで問い合わせてみます。
    コメントする   【由美と美弥子 0979】
コメント一覧へジャンプ    ページトップへ


Comment:本文 絵文字  ※入力できるのは、全角で800字までです。

↓お帰りのさいには↓
愛のワンクリ お願いします
新しいウィンドウは開きません

相互リンクサイトのみなさま(Ⅰ)
禁断の体験 エッチな告白集 未知の星 新・SM小説書庫2 電脳女学園
赤星直也のエロ小説 官能文書わーるど 官能の本棚 羞恥の風
淫芯 人に言えない秘密の性愛話 [官能小説] 熟女の園 ちょっとHな小説
官能的なエロ小説 人妻の浮気話 艶みるく 変態小説 おとなの淫文ファイル エッチのあとさき
女性のH体験告白集 性小説 潤文学ブログ Playing Archives 被支配中毒

相互リンクサイトのみなさま(Ⅱ)
恥ずかしがりたがり。 濠門長恭の過激SM小説 お姫様倶楽部.com 恥と屈辱の交差点
あおいつぼみ 葵蕾 女性のための官能小説 潤文学 女の陰影
魔法の鍵 ぺたの横書き 西園寺京太郎のSM官能小説 ましゅまろくらぶ
空想地帯 Mikiko's Roomの仮設テント かめべや 恍惚團 ~ドライ・オーガズムの深淵~
Angel Pussy 週刊創作官能小説 出羽健書蔵庫 HAKASEの第二読み物ブログ むね☆きゅんファンサイト
黒い教室 ろま中男3 渡硝子の性感快楽駆け込み寺 被虐願望

相互リンクサイトのみなさま(Ⅲ)
愛と官能の美学 平成な美少女ライトノベル 最低のオリ 漂浪の果てに
週刊リビドー 女教師と遊ぼう アダルト検索一発サーチ 快感小説
SM・お仕置き小説ブログ 官能秘宝園 制服美少女快楽地獄 秘密のエッチ体験談まとめ
18's Summer 淫鬼の棲む地下室 被虐のハイパーヒロインズ ひめ魅、ゴコロ。
おしっこ我慢NAVI 妄想ココット ライトHノベルの部屋 レズ画像・きれいな画像倉庫

riccia 調教倶楽部 ちょっとHなおとなのための… 緊縛新聞
Japanese-wifeblog Eros'Entertainment オシッコオモラシオムツシーン収集所 性転換・TS・女体化劇場
エピソードセックス マルガリテの部屋 アダルト官能小説快楽機姦研究所 渋谷子宮 RE:BIRTH
羞恥集 黒塚工房 プライド 女性作家専門官能小説
官能小説 レイプ嗜好 人妻!人妻!人妻! wombatの官能小説 黒イ都
羊頭狗肉 ひよこの家 美里のオナニー日記 エロショッカー軍団
★相互リンク募集中!(メールしてね)★

ランキング/画像・動画(1~10)
エログちゃんねる 人気ブログランキング
にほんブログ村 シンプルアダルト動画サーチ
官能小説アンテナ ライブドアブログ
アダルトブログランキング オンライン小説検索・R小説の栞


ランキング/画像・動画(11~30)
Adult Novels Search GL Search 正しいH小説の勧め 成人向けランキング
Girls Love Search おたりんく クリエイターコレクションR18 ネット小説ランキング
GAY ART NAVIGATION 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます!






<ランキング/画像・動画(31~50)ここまで-->
△Top