Mikiko's Room

 ゴシック系長編レズビアン小説 「由美と美弥子」を連載しています(完全18禁なので、良い子のみんなは覗かないでね)。
 「由美と美弥子」には、ほとんど女性しか出てきませんが、登場する全ての女性が変態です。
 文章は「蒼古」を旨とし、納戸の奥から発掘されたエロ本に載ってた(挿絵:加藤かほる)、みたいな感じを目指しています。
 美しき変態たちの宴を、どうぞお楽しみください。
管理人:Mikiko
由美と美弥子 0972
コメント一覧へジャンプ    コメント投稿へジャンプ
「あっ」

 尿臭が香った。

「ちょっと!」

 バランスを崩した女教授は、片脚を大きく踏み出した。
 股間が割れた。
 陰毛を剃りあげた大陰唇が覗いた。
 肉厚な大陰唇に挟まれ、小陰唇の襞は閉じていた。
 さきほど見せられた巨大な陰核は、包皮を目深に被っていた。
 しかし、艶やかな海綿体が、微かに覗いている。
 美弥子の顔が、掬いあげるように動いた。

「ひ」

 唇が、陰核包皮を含んでいた。
 肉厚の唇を、陰核の周囲に密着させる。
 女子高時代、女教師に教えこまれた習わしだった。
 唇を密着させるのは、空気が漏れ入らないようにするためだ。
 むろん目的は、陰核の吸引だった。
 女教授は、次の行為を予感したのか……。
 美弥子の肩を突く力が緩んだ。
 刹那、美弥子の肺が、空気を孕んで膨らんだ。

「あひっ」

 女教授が、両脚を突っ張った。
 抱えた両腿に、筋肉のうねりが走った。
 大粒の真珠を、舌先に感じた。
 たった一度の吸引で、女教授の陰核は胞衣を脱ぎ落としていた。
 人の顔が映るほどに、表皮は張り詰めているに違いない。
 頭を撫でるように陰核を舐めた美弥子の舌は……。
 たちまち、鋭いノミに形を変えた。
 柔らかい真珠に振りおろす。

「わひぃ」

 女教授の悲鳴が裏返った。
 抱えた手の平の中で、尻たぶが窪んだ。
 突き崩した陰核を、間髪入れず吸いあげる。
 陰核脚が、烏賊のように引き伸ばされたはずだ。

 美弥子の脳裏には、女子高時代の女教師の言葉が蘇っていた。
 そう。
 まさしくあれは、一対一で行われた“講義”だった。
 講義する側とされる側、共に全裸という特別授業だ。
由美と美弥子 971目次由美と美弥子 973





コメント一覧
コメント投稿へジャンプ    ページトップへ

    • ––––––
      1. Mikiko
    • 2012/05/12 07:42
    • 食「『ポルダー潟の湯』っていう日帰りの入浴施設もあって……」
      http://blog-imgs-53.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/20120505092939aa7.jpg
      食「手軽に楽しめます」
      み「おー、日帰り温泉。
       由布院でも行ったな」
      http://blog-imgs-46.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/20100620202507b78.jpg
      み「ここのも町営?」
      食「村営です。
       大潟村ですから」
      http://blog-imgs-53.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/20120505093023337.jpg
      み「ポルダーって、どういう意味よ?
       ポルダーガイストのポルダー?」
      http://blog-imgs-53.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/20120505092940a4d.jpg
      食「違います。
       オランダの干拓地を、そう云うらしいです」
      http://blog-imgs-53.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/20120505092943392.jpg

    • ––––––
      2. Mikiko
    • 2012/05/12 07:42
    • み「あぁ。
       大潟村も干拓地だからね」
      http://blog-imgs-53.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/20120505093024987.jpg
      食「そうです。
       実際、八郎潟の干拓が計画されたときには……」
      http://blog-imgs-53.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/20120505093025ac2.jpg
      食「干拓先進国オランダから、大学教授や技師を招いて提言を受けてるそうです」
      http://blog-imgs-53.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/201205050929420b8.jpg
      ↑デルフト工業大学教授・ピーター・フィリップス・ヤンセン
      み「というわけで、ポルダーガイスト」
      http://blog-imgs-53.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/20120505092941c41.jpg

    • ––––––
      3. Mikiko
    • 2012/05/12 07:43
    • 食「ただのポルダーです。
       さすが村営施設、安いですよ」
      http://blog-imgs-53.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/20120505093026d5f.jpg
      食「300円」
      み「ウソ!
       東京の銭湯って、もっと高いんじゃなかった?」
      食「今、450円くらいじゃないですか?」
      http://blog-imgs-53.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/20120505093045817.jpg
      み「東京の銭湯、2回分の料金で……。
       温泉施設に3回入れるってことか。
       だいたい、450円ってのは高すぎだよ」
      http://blog-imgs-53.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/20120505093023ec2.jpg
      み「30日でいくらになるの?
       電卓電卓」
      http://blog-imgs-49.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/201204081026140ba.jpg

    • ––––––
      4. Mikiko
    • 2012/05/12 07:43
    • 食「13,500円ですね」
      み「それだけ出すんなら……。
       風呂付きの部屋を借りられるよね」
      http://blog-imgs-53.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/2012050509304319a.jpg
      食「東京では……。
       もう、銭湯という業態は、存続できないのかも知れませんね」
      http://blog-imgs-53.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/20120505093044c06.jpg
      み「でも、300円って施設も、怪しいもんだぜ。
       ちゃんとした施設なんだろうな」
      http://blog-imgs-53.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/20120505092943c91.jpg
      み「自分で沸かして入るとかじゃないの?
       火吹き竹吹いて」
      http://blog-imgs-53.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/20120505093027c7e.jpg
       続きは、次回。

    • ––––––
      5. ハーレクイン
    • 2012/05/12 09:56
    • 女教師の教えは脈々と美弥ちゃんの体内に。
      教師の教えというのはありがたいなあ。
      たとえ、それがどんな講義内容だったとしても。
      さあ、女教師直伝のクンニテク。
      これは女教授、たまったものではあるまい。

    • ––––––
      6. ハーレクイン
    • 2012/05/12 10:37
    • 大潟村立「大形モール温泉『ポルダー潟の湯』」。
      おー。オランダのポルダー、懐かしいなあ。
      習ったよ、社会の時間に。
      「まことに世界は神がつくり給うたが、オランダだけはオランダ人がつくった」
      あるイギリス人歴史家の言葉らしいですが、司馬遼太郎も著作中に引用しています。
      自分の体で堤防の穴に栓をし、堤防の決壊を身をもって救ったオランダ人少年の話も有名です。
      ま、これはフィクションらしいですが。
      八郎潟干拓のアドバイザー、ピーター、フィリップス・ヤンセン教授。
      何と、あのデルフトの大学ではないか!
      長崎・出島を持ち出すまでもなく、オランダと日本って、ほんとに縁が深いんだなあ。
      本当に、銭湯という商売はもう未来がないんだろうなあ。
      安くすれば経営が成り立たない。高くすれば客が減る。悪循環だよなあ。
      こういうのをデフレスパイラルというのか。
       (ぜんぜん違うぞ)
      例の、伏見へ一緒に遊びに行ったわたしの義兄は、銭湯大好き人間で、自宅に風呂があるのに、何日かに一度は銭湯へ行きます。
      わたしはめんどくさがりなので、銭湯にはもう何十年も行っていません。
      銭湯の思い出は結構あるんだけどね。
      ドラム缶風呂に火吹き竹か。
      火吹き竹なんて、若い人は知らんよなあ。
      毎夏遊びに行った、近江の母親の実家。
      ここの風呂が五右衛門風呂でね。
      あ、五右衛門風呂ってのは、焚口の釜の天井が鉄板で、そのすぐ上が浴槽。板子1枚下は地獄、ならぬ“鉄板1枚下は焦熱地獄”ってやつだ。
      もちろんそのまま浴槽に浸かったら、足の裏が大やけどだから、そう、煮物料理などに使う「落としぶた」、これと同じ発想で、浴槽より少し小さいサイズの大きな木の板を踏んで沈めながら、浴槽につかるわけ。慣れないとちょっと怖い。
      で、この五右衛門風呂の焚口にしゃがみ込み、実家の叔母ちゃんが火吹き竹を吹いていたものだ。なつかしいなあ。
      五右衛門風呂の名称ははもちろん、大泥棒「石川五右衛門」にちなんでいるわけですね。
      ●石川や浜の真砂は尽きるとも世に盗人の種は尽きまじ

    • ––––––
      7. 淡雪
    • 2012/05/12 11:40
    • 高校からの友人といっしょに、東北旅行を楽しんできました。
      紙上旅行のどこかに立ち寄ろうと思って、探しまわりましたが、どこに記事があるのか、見つけられませんでした。
      残念。
      弘前城で満開の桜を満喫してきましたよ。
      私のさったあと、嵐がきたらしく、岩手在住の友人が「晴れ女おそるべし」と申しておりました。

    • ––––––
      8. ハーレクイン
    • 2012/05/12 12:03
    • 紙上旅行倶楽部・お金がなくても旅に出よう!「東北に行こう!(41)」が、Mikiko’s RoomサイドバーにUPされました。
      例によってしゃしゃり出るHQ。
      ご紹介しましょう。
      野球ネタは続く。
      ●何と今回のトップ記事は、読売ジャイアンツの球団歌「闘魂こめて」。気勢がそがれるなあ。
      ●「六甲おろし」と「闘魂こめて」をフルコーラスで高らかに歌い上げる「食」くん。気持ちよさそうだなあ。
      ●暴走特急「食」くん、じゃなくて「シベリアン・エクスプレス」。
      ●史上最強の外国人選手R・バスはバスに非ずバース。なんでや!?
      ●♪バース、かっ飛ばせ、バース、ライトにレフトにホームラン。
      ●すかさず入る「み」さんのツッコミ「センターが無いではないか」。
      ●「阪神バス故障」。冤罪じゃ。
      ●お忘れなく。今我々は「リゾートしらかみ『くまげら』」の車内におります。列車は進行中。
      ●次の停車駅は「八郎潟」。懐かしいぞ、寒風山の遠望。
      ●八郎潟干拓地の地吹雪。遭難してもおかしくないぞ。
      ●実際に遭難しかけた「み」さん。ん? 祭壇の写真はどっかで見たような……。
      ●人の道!に外れる雪国の車。
      ●車の屋根に積もった雪。必ず落としてから走りましょう。
      ●車の中で薪ストーブを焚くおっさん。いったいどこの国や!
      ●大河、阿賀野川・泰平橋を、前が見えないまま走る「み」さんの車。危ないなあ。はた迷惑、という声も。
      ●同じく、阿賀野川をJR白新線で渡る「食」くん。「ものスゴい大河ですよね」
      ●泰平橋歩いて渡れば15分。駅から15分のマンションは売れ行き悪し。
      ●泰平橋チャリで渡れば大航海。
      ●阿賀野川には分水路無し。怒涛の水量、海と変わらぬ。
      ●渡りはじめたら渡りきるしかない。綱渡り芸人も真っ青の泰平橋。
      ●み「戻らなきゃ、おうちに帰れない」♪あーああーあ夜になっても帰れない。
      ●車の窓から変な顔。「み」さんに非ず、犬!
      ●「バカな女と笑っておくれ。気がつけばいばらの道」
      ●純米普通酒「死神」。普通の味ではない。
      ●車の運転「ここはどこ、私は誰!?」
      ●地図が読めない女にはナビも無意味。
      ●ナビにない幻の橋。ナビが現実か、現実が幻か。これは、いわゆる一つの哲学の命題ですなあ。
      ●「このはし渡るべからず」はもちろん一休さん。
      ●窒息も辞さぬ息止め勝負! いったい何の大会なんだあ。
      ●八郎潟はバス釣りのメッカ。釣った魚は食べましょう。バスも結構美味いよ。
      ●可愛いぞ。若かりし頃の「み」さん!?
      ●越後の豪農、「み」さん父の実家。
      ●夏のような日差しが、ギラギラ射してた。不条理やのう。
      ●♪有楽町で逢いましょう。裏口から入る飲み屋「玉菊」さん。
      ●ものすげー広い越後の農家。敷地内に列車が走っている(大ウソ)。軽トラが走っている(ホント)。
      ●タライの中の不気味な生き物。ご存じ、雷魚。魚雷ではない。
      ●越後の豪農、「み」さん父の実家。ひたすら広い庭。土蔵。タブの巨木。
      ●意外と美味そう、雷魚のお肉。
      ●叔父「みきこ。面白いものを見せてやる。こっち来てごらん」
      悪魔の誘いにタライを覗けば「ぎゃぁぁぁぁぁぁぁ」。
      ●雷魚の塩焼き。雷魚の蒸し焼き。雷魚の唐揚げ。すべてタイ料理です。
      ●悠然と泳ぐ骨だけの雷魚。みきこ叔父の練達の包丁さばきのなせるわざか、はたまた雷魚の底知れぬ生命力の具現か。う、気色わるう。
      はい、ということで今回も話題満載。大盛り特盛てんこ盛り。生姜ものっけて280えん。
      お買得の大盤振る舞いで読者諸兄姉のご機嫌伺い。おもろおまっせ!!。

    • ––––––
      9. ハーレクイン
    • 2012/05/12 12:16
    • あ・わ・ゆ・き・さまっ。
      一体、何日ぶりですねん。まったくもう。
      あんまりご無沙汰やと、知らん間に葬式出されまっせ。
      東北旅行ですか。
      まだ少し寒いんやないですか。
      それにしても弘前は今が桜の満開かあ。
      桜前線北上中ですねえ。
      またお早いうちにどうぞお越し。「晴れ女」淡雪さま。

    • ––––––
      10. Mikiko
    • 2012/05/12 13:32
    • > ハーレクインさん
       さっそく、突っこみネタのご提供、ありがとうございます。
       「大形」にあらず。
       「大潟」ですぞ。
       ちなみに、新潟駅を出た白新線が、阿賀野川を渡る手前の駅が……。
       「大形」です。
       銭湯。
       燃料費も上がってるだろうし……。
       タイヘンだよね。
       老朽化しても、改修なんて出来ないだろうし……。
       ボイラーが壊れたら閉店、ってことになるのかな。
       個人経営は、難しいでしょうけど……。
       スーパー銭湯は、それなりに流行ってるみたいですから……。
       そっちに集約されていくのかも。
       『紙上旅行倶楽部』。
       恒例の大盛り番宣、ありがとうございます。
       相変わらず、思いつくまま書き散らしてますね。
      > 淡雪さん
       お久しぶりです。
       ほんとに行ってしまえるところが、淡雪さんの強みですよね。
       携帯からだと、『紙上旅行倶楽部』は、表示されないかも。
       スマフォなら、見れるのかな?
       弘前へ向かう『リゾートしらかみ』ですが……。
       いつになったらたどり着けるのでしょう。
       掲示板も開店しましたので、ぜひお立ち寄りください。
       今年は、“きゅうり”に挑戦です。

    • ––––––
      11. ハーレクイン
    • 2012/05/12 16:40
    • と続けて入力すると、「大潟→大潟」とは出ないんだよなあ。大潟→大型とか、大潟→大形とか、同音異義語が出る。
      というのが言い訳です。
      「大潟村立『大[色:FF0000]形[/色]モール温泉』ではなく、正しくは「大潟村立『大[色:FF0000]潟[/色]モール温泉』です。
      こんだけ書いてると目が回ってくるなあ。
      ふむ。銭湯。
      「スーパー」とか「リゾート」とか、何らかの付加価値をつけないと生き残れないのかも。
      すこし前に、職場に銭湯のような大きな風呂の設備のある方に聞いた話。
      勤務明けに職員が汗を流してから帰宅するための設備なのですが、若い人は利用しないでそそくさと帰宅するとか。
      「なんでなんだろうね」とその人と二人で考えてみたのですが、「若い人は人と一緒に入浴するのを嫌がるのでは」ということになりました。
      要するに、人前で裸になるのが恥ずかしい、ということなのでは。なんせ、水着を着用して温泉に入る、という時代ですからねえ。
      となると、銭湯の未来は全くない、ということに。
      うーむ。

    • ––––––
      12. Mikiko
    • 2012/05/12 20:18
    •  どういう職業だ?
       清掃会社とか?
       国鉄の保線要員は、仕事が終わると、かならずお風呂に入ったと聞きます。
       昔の列車のトイレは、垂れ流しだったんですね。
       列車の通過待ちで退避してると、しぶきがかかったとか。
       海外の温泉施設では……。
       水着着用が当り前のようです。
       男女の別はありませんから。
       昨今の修学旅行も、ホテル泊まりになって……。
       大浴場は体験しないみたいですね。
       お風呂文化も、外国並みになって来たということでしょうか。

    • ––––––
      13. ハーレクイン
    • 2012/05/12 21:38
    • お、近い。
      阪急電車の保線要員の方です。
      昔の列車のトイレのしぶき。
      浴びたことはありませんが、浴びせたことは何度もあります。
      しかし、しぶきならまだしも、固形物だとたまらんよな。
      これも、古きよき時代というのでしょうか。
      お風呂文化。
      確かに、江戸期の公衆浴場は立派な文化だったなあ。
      男女入れ込みだったこともあるし。

    • ––––––
      14. Mikiko
    • 2012/05/12 22:46
    •  仕事後に一風呂浴びて帰る風習は、まだ残ってたんですね。
       昔なら、お風呂に入らなきゃ、人前には出れなかったでしょうが……。
       今は、そんなこともないということか。
       昔からの習慣で入ってる人が退職したら……。
       お風呂は、廃止されちゃうかも知れませんね。
       江戸の文化を引き継いでるのは、むしろスーパー銭湯の方かも。
       江戸の風呂屋は、娯楽施設の意味合いもありましたからね。
       風呂屋の二階で将棋を指したり、よもやま話に花を咲かせたり。
       いっそ、混浴に戻したらどうだ?
       男しか来なくなっちゃうか。
    コメントする   【由美と美弥子 0972】
コメント一覧へジャンプ    ページトップへ


Comment:本文 絵文字  ※入力できるのは、全角で800字までです。

↓お帰りのさいには↓
愛のワンクリ お願いします
新しいウィンドウは開きません

相互リンクサイトのみなさま(Ⅰ)
禁断の体験 エッチな告白集 未知の星 新・SM小説書庫2 ましゅまろくらぶ
電脳女学園 赤星直也のエロ小説 官能文書わーるど 羞恥の風
官能の本棚 ちょっとHな小説 おとなの淫文ファイル エッチのあとさき Playing Archives
変態小説 [官能小説] 熟女の園 西園寺京太郎のSM官能小説 潤文学
人妻の浮気話 艶みるく 淫芯 Angel Pussy 週刊創作官能小説 官能的なエロ小説

相互リンクサイトのみなさま(Ⅱ)
恥と屈辱の交差点 人に言えない秘密の性愛話 女性のための官能小説 濠門長恭の過激SM小説
恥ずかしがりたがり。 ぺたの横書き 魔法の鍵 出羽健書蔵庫
空想地帯 あおいつぼみ 葵蕾 女性のH体験告白集 HAKASEの第二読み物ブログ
恍惚團 ~ドライ・オーガズムの深淵~ 黒い教室 被支配中毒 性小説 潤文学ブログ
ろま中男3 お姫様倶楽部.com 女の陰影 渡硝子の性感快楽駆け込み寺
被虐願望 愛と官能の美学 平成な美少女ライトノベル むね☆きゅんファンサイト

相互リンクサイトのみなさま(Ⅲ)
最低のオリ Mikiko's Roomの仮設テント 漂浪の果てに 週刊リビドー
女教師と遊ぼう アダルト検索一発サーチ 快感小説 かめべや
SM・お仕置き小説ブログ 官能秘宝園 制服美少女快楽地獄 秘密のエッチ体験談まとめ
18's Summer 淫鬼の棲む地下室 被虐のハイパーヒロインズ ひめ魅、ゴコロ。
おしっこ我慢NAVI 妄想ココット ライトHノベルの部屋 レズ画像・きれいな画像倉庫

riccia 調教倶楽部 ちょっとHなおとなのための… 緊縛新聞
Japanese-wifeblog Eros'Entertainment オシッコオモラシオムツシーン収集所 性転換・TS・女体化劇場
エピソードセックス マルガリテの部屋 アダルト官能小説快楽機姦研究所 渋谷子宮 RE:BIRTH
羞恥集 黒塚工房 プライド 女性作家専門官能小説
官能小説 レイプ嗜好 人妻!人妻!人妻! wombatの官能小説 黒イ都
羊頭狗肉 ひよこの家 美里のオナニー日記 エロショッカー軍団
★相互リンク募集中!(メールしてね)★

ランキング/画像・動画(1~10)
エログちゃんねる シンプルアダルト動画サーチ
人気ブログランキング にほんブログ村
官能小説アンテナ アダルトブログランキング
ライブドアブログ オンライン小説検索・R小説の栞


ランキング/画像・動画(11~30)
Adult Novels Search GL Search おたりんく 正しいH小説の勧め
成人向けランキング ヌケルアダルト作品 ネット小説ランキング Girls Love Search
アダルトなび2 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます!






<ランキング/画像・動画(31~50)ここまで-->
△Top