Mikiko's Room

 ゴシック系長編レズビアン小説 「由美と美弥子」を連載しています(完全18禁なので、良い子のみんなは覗かないでね)。
 「由美と美弥子」には、ほとんど女性しか出てきませんが、登場する全ての女性が変態です。
 文章は「蒼古」を旨とし、納戸の奥から発掘されたエロ本に載ってた(挿絵:加藤かほる)、みたいな感じを目指しています。
 美しき変態たちの宴を、どうぞお楽しみください。
管理人:Mikiko
由美と美弥子 0969
コメント一覧へジャンプ    コメント投稿へジャンプ
「ストップ」

 女教授は、股間を覆っていた手を、美弥子を制止する手の平に変えた。
 指先が、濡れて光っていた。

「それ以上、近づかないで。
 力ずくなんてのは、ごめんですからね。
 かないっこないもの。
 ほんと、外人並みの体型よね。
 そんな大女にねじ伏せられるのも……。
 それはそれで乙だろうけど。
 今は、やめときましょう。
 大事なお宝を取られたら、元も子もないものね。
 そこに立ってちょうだい」

 女教授は、美弥子を制止した手の平を、指し示す指先に変えた。
 人差し指の先は、反対側の窓枠の下を指していた。
 2人が、窓を挟んで立つかたちになる位置だった。
 美弥子は、指先に引かれるように、立ち位置を移した。

「そう、そこよ。
 窓の下が見えるでしょ?」

 観音開きの窓は、美弥子の側だけ閉まっている。
 金属の桟で区画されたガラスの向こうに、キャンパスの広場が見えた。
 授業時間中のため、行き交う人通りは少なかった。

「観客が少なくて残念だわ。
 そうね。
 ほんとに劇場よね。
 窓枠から覗く劇場。
 でも……。
 ほんとの舞台は、観客からは見えないところにある。
 そう。
 窓枠の下。

 そう言えば、『スカートの下の劇場』って本があったわよね。
 その伝でいけば、ここはさながら、『窓枠の下の劇場』ってとこかしら。
 見えない窓枠の下で、下半身が剥き出されてるなんて……。
 観客は、想像だにしないでしょうね。
 ほら、何してるの。
 あなたも脱ぐのよ。
 ほほ。
 そう言っても、ぜーんぶ脱いじゃ駄目よぉ。
 あのトイレみたいにさ。

 ここで脱ぐのは、下だけ。
 窓枠の向こうに、下半身を曝した女が2人。
 興奮するわぁ。
 そうそう。
 あなた、女じゃないかも知れないのよね。
 その股間、しっかり確認させてもらいますからね。
 セックスチェックは、女子大教師の職務ですから」
由美と美弥子 968目次由美と美弥子 970





コメント一覧
コメント投稿へジャンプ    ページトップへ

    • ––––––
      1. Mikiko
    • 2012/05/07 06:22
    •  叔父が、タライの中を覗き込みながら、わたしを再度手招きする。
       さっきまで、雷魚の泳いでたタライ。
      http://blog-imgs-53.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/201204292021165f6.jpg
       雷魚料理も断ってることだし、あんまり断ってばかりじゃ悪いなって思った。
       で、何の気なしにタライを覗いたわけ。
       すると……。
       ぎゃぁぁぁぁぁぁぁ」
      http://blog-imgs-53.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/20120430195652205.jpg
      律「ちょっと、何よ!
       急に大声出して。
       驚くじゃないの」
      み「そう。
       タライを覗きこんで、わたしもびっくり仰天よ。
       マジで飛び退った」
      http://blog-imgs-53.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/201204301957319fc.jpg
      律「何が入ってたのよ?」
      み「だから、雷魚よ」
      http://blog-imgs-53.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/20120430195726df5.jpg
      律「だって、料理されちゃったんでしょ?」
      http://blog-imgs-53.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/201204301956552e9.jpg
      ↑タイ料理(魚の“鯛”ではなく、国の“タイ”)

    • ––––––
      2. Mikiko
    • 2012/05/07 06:23
    • み「肉はね。
       でも、頭と骨は残ってた」
      律「捌いた残骸ってこと?」
      http://blog-imgs-53.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/201204301956505ba.jpg
      み「違うのよ。
       泳いでたの。
       悠々と。
       頭と骨だけの雷魚が」
      http://blog-imgs-53.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/20120430195654f9b.jpg
      律「ウソおっしゃい」
      み「ホントだってば。
       絶対アイツは……。
       頭と骨だけにされたことに気づいてなかった」
      http://blog-imgs-53.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/20120430195727b55.jpg
      食「確かに、雷魚の生命力はスゴいみたいですけど……」
      http://blog-imgs-53.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/201204301957298d5.jpg
      ↑それを食う人間は、もっとスゴい(雷魚の塩焼き・再びタイです)

    • ––––––
      3. Mikiko
    • 2012/05/07 06:24
    • 食「にわかには信じがたい話ですね」
      http://blog-imgs-53.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/201204301957302a2.jpg
      み「何でよ」
      食「だって、骨だけで泳げるわけ無いじゃないですか。
       骨は、筋肉が動かしてるんだから」
      http://blog-imgs-53.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/201204301956518af.jpg
      ↑肝心要の“キン”肉が付いてないぞ。
      み「わたしに、雷魚の事情はわからないわよ」
      http://blog-imgs-53.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/20120430195728d2f.jpg
      ↑雷魚の蒸し焼き(当然のごとく……、タイです)
      み「でも、この目に焼き付いてるんだもの。
       真っ黒なでっかい頭と……。
       そこに繋がる白い骨。
       骨が、ゆらゆらと左右に揺らいでた」
      http://blog-imgs-53.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/20120430195653263.jpg
      律「もう。
       気味悪い話、止めてくれない」
      食「『白神鶏わっぱ』、吐きそうになりました」
      み「吐くなよ!」
       続きは、次回。

    • ––––––
      4. ハーレクイン
    • 2012/05/07 09:11
    • >女教授「大事なお宝を取られたら、元も子もない……」
      あれ、ということはコピー取ってないのか。
      それなら話は簡単だ。
      美弥ちゃん。由美ちゃんに連絡連絡。
      >反対側の窓枠の下
      ちょっとわかりにくいぞ、と。
      一つの窓を挟んで両者が対峙する、ということか。
       (そう書いてあるぞ。>2人が、窓を挟んで立つかたち)
      上野千鶴子『スカートの下の劇場』河出書房新社(1992)。
      著者は東京大学名誉教授。社会学者! おー、女教授!
      著書のサブタイトルは「ひとはどうしてパンティにこだわるのか」。
      >女教授「セックスチェックは、女子大教師の職務
      そうかなあ。
      誑かされるでないぞ、美弥ちゃん。

    • ––––––
      5. ハーレクイン
    • 2012/05/07 09:48
    • >み「ぎゃぁぁぁぁぁぁぁ」
      おー、やったあ、大当たり!
       (だから、フライングだって)
      今回のネタばらしは確信犯です。すまぬ。
      着ぐるみの女の子。
      サンショウウオかあ。
      雷魚のカラ揚げ。
      鯛料理に非ず、タイ料理。
      骨だけの魚が泳ぐ。
      凄腕の板前に三枚に下ろされた魚は、痛みを感じず、下ろされたことにも気づかず、水槽内を悠然と泳ぐ……てな話があるなあ。
      参考文献。
      ヴィクトリア・ブレイスウェイト『魚は痛みを感じるか?』
      雷魚の塩焼き。
      タイ料理。
      “キン”にはそもそも肉はないぞ。
      ん? 玉袋を持ち上げる筋肉というのはあったな。なんてったっけ。
      雷魚の蒸し焼き。
      タイ料理。

    • ––––––
      6. Mikiko
    • 2012/05/07 20:28
    •  これは、確かに解りづらかったかも。
       窓枠ってのは、縦の枠だけじゃなくて……。
       横の枠もあるんだもんね。
       『スカートの下の劇場』。
       名前は知ってましたが、読んでませんでした。
       そうか。
       社会学者が書いてたのか。
       雷魚の悲鳴。
       悦に入ってるところ、申し訳ありませんが……。
       これは、サービスです。
       昨日のコメントを読んで、今回の悲鳴を書き変えたんです。
       元々は、「うわっ」でした。
       でも、ま、「ぎゃぁぁぁぁぁぁぁ」の方が、良かったかな。
       しかし……。
       三枚に下ろされた魚は、どうやって骨を動かすんだ?
       キン肉の件。
       去年だったか、一昨年だったか……。
       『人体の不思議展』というのが、新潟に回って来ました。
       で、見に行ったわけです。
       キモいこと、この上なかったんですけど……。
       最も印象に残ってるのが、男性の股間ね。
       なんちゅーか……。
       『いなかっぺ大将』の大粒涙と、そっくりでした。
      http://blog-imgs-53.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/20120507202645da1.jpg

    • ––––––
      7. ハーレクイン
    • 2012/05/07 21:47
    • お情け大当たりかあ。でも発想は合ってたんだからいいよね。
       (だからフライングだって)
      玉袋を持ち上げる筋肉は「挙睾筋(きょこうきん)」でした。
      「睾」はもちろん「睾丸」ですね。
      >三枚に下ろされた魚は、どうやって骨を動かす
      いわゆる「幻肢」と同様に考えればいいのでは。
      魚は、もはや我が身体に一片の筋肉もない、ということが分からないんですね。
      Wikiによりますと「幻肢をもつ患者はしばしばそれを意図的に動かすことができる」とか。
      『人体の不思議展』。
      大阪には三度ほど来ました。会場はなんと我が実家のすぐそば。あんな気色悪いもの、なんでわざわざ金払ってまで見に行く。
      もちろんわたしは近寄りもしませんでした。

    • ––––––
      8. Mikiko
    • 2012/05/08 07:34
    •  ぜんぜんちゃうやろ。
       幻肢は、感覚だけが残ってる現象でないの。
       『人体の不思議展』。
       なるほど。
       怖がりやったね。
       本日、22時55分~23時25分。
       NHKで、「タイムスクープハンター/熱狂!初ガツオ争奪戦」が放送されます。
       番組内容は……。
      『シーズン4の第6回。時空ジャーナリストの沢嶋雄一(要潤)は食文化が花開いた江戸時代にタイムワープをした。今回の取材対象は江戸っ子の初物ブーム。「誰よりも先に食べたい」と大金を投じての争奪戦が繰り広げられた。特に人気だったのが魚のカツオである。「初ガツオを食べれば750日は長生きする」と言われたくらいだ。カツオをめぐり、平吉はライバルである亥三郎と壮絶な獲得合戦を展開する。果たして勝負の行方は?』
       さっそく、録画予約しました。
       PCのファンが異様に唸るようになり、動作も遅くなってきました。
       で、何年ぶりかで……。
       掃除機の先っちょを突っこんで、空気の吸い込み口を掃除しました。
       そしたら……。
       ウソのように、ファンの音がしなくなりました。
       PCの動作速度も、明らかに上がった。
       うーむ。
       もっと早くやればよかった。

    • ––––––
      9. ハーレクイン
    • 2012/05/08 10:43
    • >幻肢は、感覚だけが残ってる現象
      そうでもないみたいですよ。
      例によってWikiですが、
      …………………………………………………………………………
      幻肢は、事故や病気が原因で手や足を失ったり、生まれながらにして持たない患者が、存在しない手足が依然そこに存在するかのように感じること。
      幻肢をもつ患者はしばしばそれを[斜体]意図的に動かすことができる[/斜体]。
      逆にそれが動かせない場合、その幻の部位に非常に強い痛みを感じることがあり、それを 幻肢痛という。
      …………………………………………………………………………
                         斜線部:引用者
      もちろん、無いものが動くわけないですから、動くのはあくまで患者の感覚内において、なんでしょうがね。
      三枚魚の場合、骨はあるわけですから、実際に動くわけだよ、明智君。
      『人体の不思議展』。
      怖がりではない、“気色悪がり”なのだ。
      「タイムスクープハンター」ねえ。
      あまり見たことないが、最後に見た話は……うーん、ほとんど記憶にないなあ。
      確か「嫁取り」の話だったような。

    • ––––––
      10. ハーレクイン
    • 2012/05/08 16:12
    • 「日本幻想文学集成32室生犀星『蜜のあはれ』」。
      短編集といいますか、『蜜のあはれ』のみ中編、他は詩、および短編が13編。
      まだ読んでいませんが、作品タイトルを見ると、『蜜』を含め、すべて魚をモチーフにした作品のようです。
      犀星って、魚に思い入れがあるんですかね。
      わたしの持っている、新潮文庫の短編集『幼年時代・あにいもうと』(昭和三十年版)にも、『魚と公園』という作品が入っています。
      惜しむらくは次の一点。
      凡例に、「『常用漢字表』に掲げられている漢字は原則として新字体とする」とあります。
      おしいなあ。かな遣いは旧だのになあ。
      わたしは別に、漢字もかなもすべて旧で書け、と言ってるわけではありません。第一、そんな面倒いことでけるかい、ですわね。
      そうじゃなくて、「作品は、作者の書いたままの形で読むべきだし、読みたい」と言いたいだけなのですよ。
      そんなに無理な望みかなあ。

    • ––––––
      11. ハーレクイン
    • 2012/05/08 16:24
    • 掲示板を覗くのをついつい忘れるので、自戒を込めて、テキトーにレポートしましょう。
       (掲示板の方にレポートしろよ)
      いやあ、そうなんですがね。どうも、未だに掲示板への書き込みがよく理解できぬのだよ。
       (一度やってみりゃわかるんじゃないの)
      いやあ、まあ、そうなんですがね。ま、それはいずれそのうち。
      「春の自転車散歩」に続く掲示板企画は……。「みきこのベランダ栽培」。
      昨年の「ほろにがくん」に続く第2弾。今年は「きゅう太郎くん」に挑戦。もちろん、きゅうりのQちゃんです。
      お手軽栽培キット「キュウリだ!きゅうり」。
      水やりのみで栽培可、という優れもの。てきとー人間には最適の“おまかせ培養土”を用いて、きゅう太郎くん栽培に挑戦!
      さあ、その成果は。
      きゅうりって、どのくらいで実るんだあ。

    • ––––––
      12. Mikiko
    • 2012/05/08 19:44
    •  それは、どうやって動いてるんだ?
       骨は、筋肉が無くても自力で動けるってこと?
       なんか、オカルトチックな感じがするなぁ。
       「タイムスクープハンター」は、一度も見てない。
       ブラタモリも終わっちゃったことだし……。
       面白ければ、毎週見ることにしよう。
       大阪の図書館も、月曜が休みみたいですね。
       日本中、そうなのかね?
       しかし……。
       ほとんどの公共施設が月曜に休みってのは、なんとかならんもんでしょうか。
       図書館が休みのときは、歴史博物館に行きたいのに……。
       そっちも休みなんだから、腹が立つ。
       旧字を使わないのは……。
       活字を作るのがタイヘンだからじゃないの?
       あ、今は、活字を使った印刷じゃないのか?
       でも、コンピューター化されてるとしたって、入力がタイヘンでしょうね。
       今年の「きゅう太郎くんレポート」は、ひとり言モードみたいです。
       夏には……。
       自家製“もろきゅう”で一杯、といきたいものですが。

    • ––––––
      13. ハーレクイン
    • 2012/05/08 20:07
    • 動かんって。
      動くわけなかろ。よくあるギャグギャグ。
      タイムスクープハンター。
      あまり面白くないと思うぞ。
      SF仕立て・ドラマ仕立てにしようとして失敗したかな。
      月曜休みは、床屋もそうだな。
      以前、知り合いの床屋に聞いたら、月曜が休みとは限らない、とのこと。
      公共施設も月曜休みとは限らんのでは。
      うちの市の図書館は5か所あって、休みの曜日がそれぞれ違います。便利でっせ。
      「活字を作る」ってのは懐かしい表現だなあ。
      江戸期は「版木を彫る」のが主流でしたが、江戸期初期、ないしそれ以前には活字を作ってたらしいです。ただし木製ですから、長持ちはしなかったとか。

    • ––––––
      14. Mikiko
    • 2012/05/08 20:33
    •  動かんのか。
       骨の中に腱があって……。
       それが動かしてるのかと思った。
       床屋は、どうでもよろし。
       新潟市の図書館は、ほとんどが月曜休み。
       こういうことをするから……。
       公務員が批判されるんだよ。
       ちっとは考えないと……。
       自分のクビを締めることになると思うけど。
       小学生のころ……。
       消しゴムで活字を作ったことを思い出しました。
       旧字体を作るのは……。
       困難だったろうな。

    • ––––––
      15. ハーレクイン
    • 2012/05/08 20:54
    • 腱があったとしても、脳以外の神経系がないんだから動かすのは無理。
      もし動いたらオカルトだな。
      月曜休みというのは、やはり日・月の連休にしたいという企みなんだろうね。
      なんだかなあ。
      消しゴムで“活字”ねえ。
      「イモ版」は、やったな。

    • ––––––
      16. Mikiko
    • 2012/05/09 07:39
    •  通ってるんじゃないの?
       脊髄は、神経の束なんだから。
       月曜休むと、何で連休になるんだ?
       日曜は、図書館やってるぞ。

    • ––––––
      17. ハーレクイン
    • 2012/05/09 12:08
    • 中枢神経(脳&脊髄)と末梢神経に大別されます。
      中枢神経がコントロールセンター、末梢神経がメッセンジャーです。
      中枢神経がいくら力みかえっても、末梢神経がなければ筋肉に「動け!」という命令は伝わりません。
      三枚魚には中枢神経はありますが、末梢神経はありません。だから動けないはずなんですが……。
      >日曜は、図書館やってる
      わはは。市役所と勘違いしたよ。
      そらそうだ。図書館が日曜休んでどうする。
      あれ? それなら同じ理屈で市役所も日曜働けよ。「公僕」って言葉、知っとるケ。

    • ––––––
      18. Mikiko
    • 2012/05/09 19:50
    •  窓口業務だけは、土日もやるべきだよね。
       橋下市長は、これについて何にも言ってないのかな?

    • ––––––
      19. ハーレクイン
    • 2012/05/09 20:16
    • 市役所の業務についてはどうなんでしょうね。
      今、市長がしゃかりきになってるのは、市バスへの助成金カット問題のようです。特に高齢者無料制度を廃止しようとしておられるようです。

    • ––––––
      20. Mikiko
    • 2012/05/09 20:23
    •  市バスってのは、市営のバスなんじゃないの?
       なんで助成金が付くんだ?
       無料ってのは、ちょっとやりすぎだよ。
       応分の負担は求めるべき。

    • ––––––
      21. ハーレクイン
    • 2012/05/09 21:02
    • 助成金はおかしいな。何て言うんだ、こういうの。
      応分の負担って、ビンボ人にはたまらんぞ。

    • ––––––
      22. Mikiko
    • 2012/05/10 20:09
    •  単に、予算ってことじゃないの?
       応分の負担と云っても……
       運営費用に見合った負担、という意味ではありません。
       そんなことしたら、タクシー並みの料金になっちゃうんじゃないか?
       1日乗り放題100円、くらいでいいと思う。
       タダと大して変わらんじゃないか、という人もいるでしょうが……。
       タダは良くないと思う。
       サービスを受けるときには対価を支払う、というシステムを崩したら……。
       社会が崩壊していくんじゃないかな。

    • ––––––
      23. ハーレクイン
    • 2012/05/10 21:43
    • >サービスを受けるときには対価を支払う
      言いたいことはわかるが、大阪人にはこういう理屈は通用せんと思うぞ。
      なんせ「出さいでええもんなら舌も出さん、屁もこかん」という土地柄だからなあ。

    • ––––––
      24. Mikiko
    • 2012/05/11 07:45
    •  淡々と実施すればよろし。
       どうしても払いたくない人は、乗らなきゃいいだけですから。
       どーも近ごろの行政は、住民の顔色を気にしすぎじゃないか?
       住民の意向ってのは、早い話がエゴです。
       そんなものをいちいち聞いてたら、筋の通った統治など出来んぞ。
    コメントする   【由美と美弥子 0969】
コメント一覧へジャンプ    ページトップへ


Comment:本文 絵文字  ※入力できるのは、全角で800字までです。

↓お帰りのさいには↓
愛のワンクリ お願いします
新しいウィンドウは開きません

相互リンクサイトのみなさま(Ⅰ)
禁断の体験 エッチな告白集 未知の星 新・SM小説書庫2 電脳女学園
赤星直也のエロ小説 官能文書わーるど 官能の本棚 羞恥の風
淫芯 人に言えない秘密の性愛話 [官能小説] 熟女の園 ちょっとHな小説
官能的なエロ小説 人妻の浮気話 艶みるく 変態小説 おとなの淫文ファイル エッチのあとさき
女性のH体験告白集 性小説 潤文学ブログ Playing Archives 被支配中毒

相互リンクサイトのみなさま(Ⅱ)
恥ずかしがりたがり。 濠門長恭の過激SM小説 お姫様倶楽部.com 恥と屈辱の交差点
あおいつぼみ 葵蕾 女性のための官能小説 潤文学 女の陰影
魔法の鍵 ぺたの横書き 西園寺京太郎のSM官能小説 ましゅまろくらぶ
空想地帯 Mikiko's Roomの仮設テント かめべや 恍惚團 ~ドライ・オーガズムの深淵~
Angel Pussy 週刊創作官能小説 出羽健書蔵庫 HAKASEの第二読み物ブログ むね☆きゅんファンサイト
黒い教室 ろま中男3 渡硝子の性感快楽駆け込み寺 被虐願望

相互リンクサイトのみなさま(Ⅲ)
愛と官能の美学 平成な美少女ライトノベル 最低のオリ 漂浪の果てに
週刊リビドー 女教師と遊ぼう アダルト検索一発サーチ 快感小説
SM・お仕置き小説ブログ 官能秘宝園 制服美少女快楽地獄 秘密のエッチ体験談まとめ
18's Summer 淫鬼の棲む地下室 被虐のハイパーヒロインズ ひめ魅、ゴコロ。
おしっこ我慢NAVI 妄想ココット ライトHノベルの部屋 レズ画像・きれいな画像倉庫

riccia 調教倶楽部 ちょっとHなおとなのための… 緊縛新聞
Japanese-wifeblog Eros'Entertainment オシッコオモラシオムツシーン収集所 性転換・TS・女体化劇場
エピソードセックス マルガリテの部屋 アダルト官能小説快楽機姦研究所 渋谷子宮 RE:BIRTH
羞恥集 黒塚工房 プライド 女性作家専門官能小説
官能小説 レイプ嗜好 人妻!人妻!人妻! wombatの官能小説 黒イ都
羊頭狗肉 ひよこの家 美里のオナニー日記 エロショッカー軍団
★相互リンク募集中!(メールしてね)★

ランキング/画像・動画(1~10)
エログちゃんねる 人気ブログランキング
にほんブログ村 シンプルアダルト動画サーチ
官能小説アンテナ ライブドアブログ
アダルトブログランキング オンライン小説検索・R小説の栞


ランキング/画像・動画(11~30)
Adult Novels Search GL Search 正しいH小説の勧め 成人向けランキング
Girls Love Search おたりんく クリエイターコレクションR18 ネット小説ランキング
GAY ART NAVIGATION 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます!






<ランキング/画像・動画(31~50)ここまで-->
△Top