Mikiko's Room

 ゴシック系長編レズビアン小説 「由美と美弥子」を連載しています(完全18禁なので、良い子のみんなは覗かないでね)。
 「由美と美弥子」には、ほとんど女性しか出てきませんが、登場する全ての女性が変態です。
 文章は「蒼古」を旨とし、納戸の奥から発掘されたエロ本に載ってた(挿絵:加藤かほる)、みたいな感じを目指しています。
 美しき変態たちの宴を、どうぞお楽しみください。
管理人:Mikiko
由美と美弥子 0962
コメント一覧へジャンプ    コメント投稿へジャンプ
 女教授は、真横を向いたままの講義を終えると、改めて美弥子に正対した。
 正面から見ても、両腿の張りは圧巻だった。
 周長は、由美のウェストほどもあるのではないだろうか。

「さてと。
 本題に戻りましょうか。
 こんな格好になってまで、お願いしてるのよ。
 あなたも見せてちょうだい。
 股間の秘密を。
 どうしたの?
 まだ、ご不満?
 ふふ。
 確かにそうよね。
 あなたに、股間を剥き出すように命じといて……。
 わたしは、パンティ穿いてるんだものね。
 確かに、不公平だわ。
 じゃ……。
 わたしが先に脱いでお見せしましょうか。
 教師がまず、お手本を示さないとね」

 女教授は、両サイドのストリングに両手を滑りこませた。
 外を向いた手の甲に、ストリングが渡っている。
 口角を上げた表情のまま、女教授の上体が前に倒れた。
 両手は脚に沿ってスライドし、膝まで下りている。
 両膝を、小さな三角形の布地が、吊橋のように繋いでいた。

 女教授は、その姿勢を保ったまま、片脚を上げた。
 柔らかい輪を抜くように、布地をパンプスに潜らせる。
 同様に、もう一方の輪も外す。
 上体を深く折ったまま、女教授は顔だけ上げた。
 口角は上がったままだったが、額には皺が寄っていた。
 奇妙な姿勢と相まって、人外の生き物に見えた。

「どうぞご覧下さい」

 口元だけで呟くと、女教授は上体を起ちあげた。
 さっきまで股間を覆っていたラベンダー色が、漆黒に置き換わっていた。
 無論、陰毛だ。
由美と美弥子 961目次由美と美弥子 963





コメント一覧
コメント投稿へジャンプ    ページトップへ

    • ––––––
      1. Mikiko
    • 2012/04/28 07:24
    • み「そりゃ怖いわ。
       昔、クルマで走ってて、怖い目にあったことあるもの」
      食「どこでですか?」
      み「新潟。
       田んぼの中の一本道でさ。
       横殴りの地吹雪に遭ったんだよ」
      http://blog-imgs-49.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/201204221959043d9.jpg
      み「窓の外は、白一色。
       前後左右、上も下も真っ白になる」
      http://blog-imgs-49.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/201204221959059bb.jpg
      食「ホワイトアウトってやつですね」
      http://blog-imgs-49.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/201204221958338a9.jpg
      み「まさに、白い闇だね。
       ライト点けたって見えないんだから……」
      http://blog-imgs-49.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/201204221959022fe.jpg
      み「夜の闇より、よっぽど怖い。
       路肩まで雪の山だから……。
       脇にクルマを寄せて退避するわけにもいかない。
       かといって、道の真ん中で止めたら、もっと怖いからね」
      律「どうして?」
      み「追突されかねないもの。
       ほとんど視界が効かないんだからさ。
       大型トラックでも突っこんできたら……」
      http://blog-imgs-49.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/2012042219583506b.jpg

    • ––––––
      2. Mikiko
    • 2012/04/28 07:25
    • み「間違いなく、お陀仏よ」
      http://blog-imgs-49.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/20120422195831c17.jpg
      律「それは怖いわ。
       でも、助かったわけよね?
       ここにいるんだから」
      み「なんとかね。
       前の車のテールランプが、かすかに見えたの」
      http://blog-imgs-49.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/20120422200508a65.jpg
      み「必死にそれに着いていった。
       前に誰か走ってなかったら、ほんとどうなってたかわからない。
       真っ直ぐの道じゃないからさ」
      http://blog-imgs-49.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/20120422195906694.jpg
      律「道を外れちゃう?」
      み「そう。
       あの道で、ときどき見てたんだよ。
       田んぼに突っこんでるクルマ」
      http://blog-imgs-49.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/201204221959156b5.jpg

    • ––––––
      3. Mikiko
    • 2012/04/28 07:26
    • み「あれは間違いなく……。
       道がカーブしてることに気づかないで、真っ直ぐ行っちゃったんだね」
      http://blog-imgs-49.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/20120422195907fff.jpg
      律「怖わ」
      み「ほんとに雪は怖いよ。
       橋の上でもエラい目にあったな」
      律「まだあるの?」
      み「急いでる時でさ……。
       家を出る時、屋根の雪を落とさないまま走ったんだ」
      http://blog-imgs-49.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/20120422195832b73.jpg
      ↑さすがに、ここまでではありませんでしたが
      み「しばらくは、何ごとも無かったんだけど……。
       そのうち、暖房が効いてくるわけよ」
      http://blog-imgs-49.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/2012042219582997c.jpg
      み「で、屋根と接してる部分の雪が解けるでしょ」
      律「それが、橋の上でどうなったの?」
      み「ちょっとブレーキ踏んだ途端……。
       屋根の雪が、雪崩を打ってフロントガラスに落ちて来た」
      http://blog-imgs-49.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/201204221958348fa.gif
       続きは、次回。

    • ––––––
      4. ハーレクイン
    • 2012/04/28 09:10
    • うーむ。
      いまだよくわからぬ女教授の体型。
      要するに「太腿が太い」のか。
      太いから太腿なのだが、異様に太い、ということか。
      それにしても、
      >周長は、由美のウェストほどもある
      って、ほんまかいな。
      お相撲さんの太腿はそれくらいある、とは聞くが。
      パンティを脱ぐ女教授。
      えらい詳細な描写だな。
      >人外の生き物
      って、とうとう化け物扱いか、女教授。
      ま、「邪眼」の持ち主だからなあ。そう言われてもしょうがないか。ね、女教授さん。
      あ、そういえばこの人、名前は……もらえないだろうなあ。

    • ––––––
      5. ハーレクイン
    • 2012/04/28 09:35
    • 吹雪もねえ。
      あったかい部屋の中で一杯飲みながら、窓外を吹きすぎる雪を眺めるのは、結構いいもんだが。
      戸外ではなあ。怖いよなあ。
      『北の国から』で、純くんと叔母さん(名前なんてったかなあ、キャストは竹下景子)が車で吹雪の中を走行中、吹き溜まりに閉じ込められて……というエピソードがあったなあ。
      雪じゃないんだけど。
      一度、単独行で雪渓を登っているとき、ガスに巻かれて視界がきかなくなり、登山道と異なる谷筋に迷い込んだことがある。
      傾斜が恐ろしく急になってきて、これは何ぼなんでもおかしいと気づき、いったん下り始めた。この時は恐ろしかったなあ。
      靴に*アイゼンは付けていない、ピッケルも無し。
      ちょっとでも足を滑らせたら滑落、止まるすべはない。谷底の岩に激突して一巻の終わりだった。
      今思い出してもぞっとするよ。
        *靴底につける、滑り止めの鉄製の爪。
      後ろから3枚目の画像。
      悪いが思わず笑ってしまった。

    • ––––––
      6. Mikiko
    • 2012/04/28 13:10
    •  半日働いてきたぞー。
       これであとは、暦どおりに休める。
       月末月初の休みは、後が辛いんだけどね。
       スピードスケートの岡崎朋美選手の太腿は……。
       58.5センチだとか。
       由美のウェストは、これより細いと思うよ。
       ちなみに、お相撲さんの太ももは……。
       80センチくらいあるそうです。
       一般男性のウェストくらいですね。
       山で迷ったら……。
       沢に降りずに、尾根に登れと云いますよね。
       登山道は、尾根伝いに付いてるからだそうです。
       しかし……。
       山に登らなければ、迷うこともないわけだ。
       山登りする人の気が知れんのぅ。

    • ––––––
      7. ハーレクイン
    • 2012/04/28 18:01
    • あれ、Mikikoさん、今日も仕事ですか。
      ひょっとして、土曜日が休みでなくなったとか。
      ご苦労様です。
      岡崎朋美さんは1971年9月生まれの40歳。
      もう、引退されたと思ってましたがとんでもない。
      未だバリバリの現役で、2014年の冬季五輪、ソチオリンピック代表を目指しているそうです。
       ソチってどこや、で調べたら、
       黒海沿岸のロシアのリゾート都市でした。
      実現すれば自身6度目(これがすごい!ひょっとして世界記録?)のオリンピック。
      すごいねえ。
      そうか、お相撲さんの太腿は、女性ではなく男性のウェストか。ま、確かにあの太さはねえ。
      確かに「尾根に登れ」はセオリーですが、あの時は登ること自体が不可能だったのですよ。
      ほんとに今思い返してみれば、あそこで人生が終わっていた可能性は大きかったなあ。ま、結婚する前のことでしたけどね。
      Mikiko談「山に登らなければ、迷うこともない」
      その代り、人生に迷ったりして。

    • ––––––
      8. Mikiko
    • 2012/04/28 20:28
    •  もともと、年に9日くらい出勤日がある。
       今日は、休みの土曜だったけど。
       出勤土曜は、女性社員のほとんどが有休を取ってます。
       人生には、迷い続けて来ましたが……。
       『Mikiko's Room』を始めてからは、迷いが消えました。
       どこに行くのかは、相変わらずわからないけど……。
       道に迷ってる不安は感じなくなりましたね。

    • ––––––
      9. ハーレクイン
    • 2012/04/28 21:03
    • 迷いは消えましたか。
      Mikiko’s Roomは永遠に続けてくださいね。少なくともわたしの息のある間は。
      ブロラン順位。
      しばらく8位でずっと安定してましたが、昨日から7位と8位を行ったり来たり。頑張ってほしいものです。
      1~3位は“高値安定”ですが、4~6位は毎日のように入れ替わって変動が激しくなってます。動乱期なのかなあ。
      あおいさんとこ、大丈夫でしょうか。

    • ––––––
      10. ハーレクイン
    • 2012/04/28 22:17
    • 長期連載超人気紙上旅行記「東北に行こう!」。
      本日2012年4月28日、紙上では2010年10月10日(日)。
      連載400回達成、誠におめでとう御座います。
      って、なんちゅうタイミングの悪さや。
      明日だとばかり思い込んでいたのだよ、400回。
      で、この2,3日、毎朝確認していたのだがなあ。肝心要の400回の日を見過ごすとは。
      無念じゃ。
      ま、私の失態はともかく、「由美美弥」1000回記念を前にして、その前祝いの「東北」400回達成。
      Mikiko’s Roomのコメの実に4割以上を「東北」が占めることになりました。もはや誰も破ることなどありえない超絶記録です。
      現在、「み」「律」コンビは「食」くんをお供に五能線の旅を楽しんでおります。
      「リゾートしらかみ『くまげら』」号が終着駅に着くとき、「東北」は500回をクリアしているのではないでしょうか。
      楽しみだなあ。

    • ––––––
      11. Mikiko
    • 2012/04/28 22:34
    •  タイヘンそうですね。
       仕事が忙しくなって、小説が書けなくなったとか。
       人ごとではありません。
       わたしがもし、そういう状況になったら……。
       どうしたらいいんでしょう。
       転職なんて、簡単に出来る時代じゃないし。
       なにしろ、ソロバン3級と、普通免許しか無いんですから。
       そんなオンナを雇ってくれる会社……。
       そうそうありませんよ。
       法律で、残業禁止にすればいいんだよな。
       みんなで仕事を分かち合うんです。
       そうすれば、失業保険の給付も減るし……。
       生活保護を受ける人も、年金を払えない人も減るし……。
       国も助かるんじゃないかね。
       『東北に行こう!』、いつの間にか400回ですね。
       『由美美弥』400回のときは……。
       そこまで書き続けられたことに、自分でも驚いたものですが……。
       まさか、コメントまで400回になるとはね。
       “継続する”ということには、恐ろしいパワーが秘められてるんだなって……。
       改めて感じずにはおれません。

    • ––––––
      12. ハーレクイン
    • 2012/04/29 01:11
    • そうですか、仕事ですか。
      無念でしょうね。
      この辺がアマチュアの悲しさですねえ。
      いくら書いたって原稿料が入ってくるわけではない。
      仕事で稼いで何ぼ。稼いでこそ小説も書ける。
      それにしても、全く書けないほどお忙しいとは。
      お体だけは大事にしていただきたいものです。
      Mikikoさんは大丈夫。
      どんな状況になったって書き続けるお方です。
      頑張れMikiko! 君にはたくさんの愛読者がついている。

    • ––––––
      13. Mikiko
    • 2012/04/29 07:49
    •  食べていけんのは、わたしとて同じ。
       今の時代……。
       仕事の無い人と、仕事の有り過ぎる人とに、二極化してる気がしますよね。
       日本は、江戸時代に戻るべきなんじゃないかねぇ。
       江戸時代の職人なんか、仕事は昼過ぎまでだったそうですね。
       決められた休日も結構あって、その他にも……。
       暑いと言っては休み、寒いと言っては休み、だったようです。

    • ––––––
      14. ハーレクイン
    • 2012/04/29 11:48
    • 江戸時代の庶民の生活費って、ほとんど食費だろ。あと家賃と。
      電気代、不要。水道代、不要。ガス代、不要。電話代、もちろん不要。
      公共料金がらみでいるのは、煮炊き暖房用の薪炭。それと行燈の油代くらいだろ。夜に出歩かなきゃ、提灯用の高価なローソクもいらんし。
      エアコン、無し。扇風機、無し。ほかほかカーペット、無し。冷蔵庫、無し。洗濯機、無し。電話、無し。携帯、無し。パソコン、もちろん無し
      これで十分豊かに生活してたんだよね。

    • ––––––
      15. Mikiko
    • 2012/04/29 13:13
    •  湯銭くらいでしょうか。
       と言っても、大人六文、子供四文程度だったようです。
       屋台の蕎麦が十六文ですから、安いですよね。
       現在の東京の入浴料、450円ってのは、べらぼーだよな。
       行灯の油。
       菜種油は高価だったので……。
       一般庶民は、イワシやニシンの魚油を使ってたそうです。
       でも、臭くてたまらなかったとか。
       なので、日が暮れると寝てしまう家が多かったようです。
       したがって……。
       貧乏人の子沢山、という結果になるわけですね。
    コメントする   【由美と美弥子 0962】
コメント一覧へジャンプ    ページトップへ


Comment:本文 絵文字  ※入力できるのは、全角で800字までです。

↓お帰りのさいには↓
愛のワンクリ お願いします
新しいウィンドウは開きません

相互リンクサイトのみなさま(Ⅰ)
禁断の体験 エッチな告白集 未知の星 新・SM小説書庫2 電脳女学園
赤星直也のエロ小説 官能文書わーるど 官能の本棚 羞恥の風
淫芯 人に言えない秘密の性愛話 [官能小説] 熟女の園 ちょっとHな小説
官能的なエロ小説 人妻の浮気話 艶みるく 変態小説 おとなの淫文ファイル エッチのあとさき
女性のH体験告白集 性小説 潤文学ブログ Playing Archives 被支配中毒

相互リンクサイトのみなさま(Ⅱ)
恥ずかしがりたがり。 濠門長恭の過激SM小説 お姫様倶楽部.com 恥と屈辱の交差点
あおいつぼみ 葵蕾 女性のための官能小説 潤文学 女の陰影
魔法の鍵 ぺたの横書き 西園寺京太郎のSM官能小説 ましゅまろくらぶ
空想地帯 Mikiko's Roomの仮設テント かめべや 恍惚團 ~ドライ・オーガズムの深淵~
Angel Pussy 週刊創作官能小説 出羽健書蔵庫 HAKASEの第二読み物ブログ むね☆きゅんファンサイト
黒い教室 ろま中男3 渡硝子の性感快楽駆け込み寺 被虐願望

相互リンクサイトのみなさま(Ⅲ)
愛と官能の美学 平成な美少女ライトノベル 最低のオリ 漂浪の果てに
週刊リビドー 女教師と遊ぼう アダルト検索一発サーチ 快感小説
SM・お仕置き小説ブログ 官能秘宝園 制服美少女快楽地獄 秘密のエッチ体験談まとめ
18's Summer 淫鬼の棲む地下室 被虐のハイパーヒロインズ ひめ魅、ゴコロ。
おしっこ我慢NAVI 妄想ココット ライトHノベルの部屋 レズ画像・きれいな画像倉庫

riccia 調教倶楽部 ちょっとHなおとなのための… 緊縛新聞
Japanese-wifeblog Eros'Entertainment オシッコオモラシオムツシーン収集所 性転換・TS・女体化劇場
エピソードセックス マルガリテの部屋 アダルト官能小説快楽機姦研究所 渋谷子宮 RE:BIRTH
羞恥集 黒塚工房 プライド 女性作家専門官能小説
官能小説 レイプ嗜好 人妻!人妻!人妻! wombatの官能小説 黒イ都
羊頭狗肉 ひよこの家 美里のオナニー日記 エロショッカー軍団
★相互リンク募集中!(メールしてね)★

ランキング/画像・動画(1~10)
エログちゃんねる 人気ブログランキング
にほんブログ村 シンプルアダルト動画サーチ
官能小説アンテナ ライブドアブログ
アダルトブログランキング オンライン小説検索・R小説の栞


ランキング/画像・動画(11~30)
Adult Novels Search GL Search 正しいH小説の勧め 成人向けランキング
Girls Love Search おたりんく クリエイターコレクションR18 ネット小説ランキング
GAY ART NAVIGATION 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます!






<ランキング/画像・動画(31~50)ここまで-->
△Top