Mikiko's Room

 ゴシック系長編レズビアン小説 「由美と美弥子」を連載しています(完全18禁なので、良い子のみんなは覗かないでね)。
 「由美と美弥子」には、ほとんど女性しか出てきませんが、登場する全ての女性が変態です。
 文章は「蒼古」を旨とし、納戸の奥から発掘されたエロ本に載ってた(挿絵:加藤かほる)、みたいな感じを目指しています。
 美しき変態たちの宴を、どうぞお楽しみください。
管理人:Mikiko
由美と美弥子 0865
コメント一覧へジャンプ    コメント投稿へジャンプ
「で、愁の抵抗が弱ったすきに、わたしともう一人の子で、ジーンズ脱がせたわけ。
 ブリーフがテント張ってた。
 このバカ、あんな目に遭いながら、おっ起ててたのよ。
 ブリーフも引き下ろすと、ちんぽが跳ね上がった。
 脱がした子は、もう大喜びでね。
 『すごーい、硬くなってるぅ』って。
 ちんぽ見られて、愁も観念したのね。
 全身から力が抜けるのがわかった。
 馬乗りの子が降りても、もう身動きしなかった。

『うちの黒ラブのよりか、小さいかも?
 でも、綺麗なピンク色。
 うちの犬のは、真っ赤なんだよ』
『おまえー。
 犬とヤッてるんじゃないのか?』
『ヤるかい!
 でも、わたしにじゃれつくとき、必ずちんちん起ててる』
『変態犬。
 飼い主に盛ってるんだよ』
『でも、この子だって、ちゃーんと起ててるじゃん。
 犬がヘンなんじゃなくて……。
 わたしの魅力よ』

 愁に馬乗りになってた子は、自慢の胸を持ち上げた。

『チチお化けが。
 見せてやったら?』
『ふふ。
 見せたら、セーシ出しちゃうかな?』

 お酒の勢いって怖いね。
 そこまでやる子だとは思わなかったけど……。
 なんのためらいもなく、Tシャツを抜き上げた。
 スカートのウェストに、お腹の肉が乗り上げてたけど……。
 ただ太ってるだけじゃなくて、出るべきとこは見事に発達してたね。
 学校でも、男子の目線が、その子の胸元に行くのがわかるし。
 『チチお化け』ってのは、男子が密かに奉ってるアダ名だったのよ。

『それじゃ……。
 特別公開といきましょうか』

 その子は、仰向けの愁を見下ろしながら、背中のホックに両手を回した。
 愁はもう、恥ずかしげも無く見上げてたね。
 その子の胸元を。
 ちんぽまで持ち上がって……。
 一つ目小僧が、一緒になって同んなじ方見てるんだから……。
 呆れたヤツ」
由美と美弥子 864目次由美と美弥子 866





コメント一覧
コメント投稿へジャンプ    ページトップへ

    • ––––––
      1. Mikiko
    • 2011/12/14 07:28
    • み「高3の夏休み……。
       東京の予備校に、夏期講習に行ったんだけどさ」
      http://blog-imgs-35.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/201112102011068f5.gif
      み「父親が県職員の子は、その王子会館に泊まれるんだよ」
      律「王子にあったの?」
      http://blog-imgs-35.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/20111210201106852.jpg
      み「そう。
       あ、施設の名前、言ってなかったっけ?
       王子の駅から、ほんの徒歩数分。
       子供のころの記憶でも、駅からすぐだったもの。
       途中、橋があってね。
       後から調べたら、音無橋って名前だった」
      http://blog-imgs-35.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/20111210201106160.jpg
      み「今は、橋の下が公園になってるみたい。
       この橋を渡って坂道を上ると……」
      http://blog-imgs-35.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/20111210201324e40.jpg
      み「王子会館」
      http://blog-imgs-35.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/201112102011067fb.jpg

    • ––––––
      2. Mikiko
    • 2011/12/14 07:29
    • み「隣に、レンガ造りの建物があってね……。
       それが、以前コメントで話題になった大蔵省醸造試験場だった。
      http://blog-imgs-35.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/20111210201121a92.jpg
      み「そこに行ったころは、ぜんぜん気づかなかったけどね」
      律「Mikiちゃんは、お父さんに連れられて行ったのよね?
       でも、夏期講習の子って、ひとりで泊まるんでしょ?」
      み「そりゃそうだよ。
       受験ならわかるけど……。
       夏期講習にまで付きそう親はいないでしょ」
      律「親が県職員ってだけで……。
       子供でも泊まれるの?」
      み「大丈夫みたいよ。
       もちろん、職員の出張じゃないんだから……。
       ちゃんと宿泊費は取られたみたいだけど」
      律「そりゃ、当たり前だわ」
      み「受験の時なんか、受験生で一杯だって」
      http://blog-imgs-35.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/20111210201105d17.jpg
      律「ま、受験はいいとしても……。
       高校生が、そんな施設から予備校通いなんて、贅沢じゃない」
      み「といっても、ホテルみたいな施設じゃないんだよ。
       個室だけど……。
       部屋には、トイレもお風呂も無いんだもの。
       無くなっちゃったのは、案外このせいかも」
      律「なんだ、そうなの。
       でも、ちゃんと勉強しなきゃ……。
       親御さんが泣くわよね」
      み「その子はちゃんとしてたみたい」
      律「Mikiちゃんは、してたの?」
      み「してませんでしたねー」
      律「どこに泊まってたの?」
      み「小金井に、ばあちゃんの妹がいてね。
       そこから通ってた」
      http://blog-imgs-35.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/201112102011217a9.jpg
      律「そんなら、サボれないじゃない」
      み「ま、いちおうは“行ってきまーす”って出かけるんだけど……。
       予備校には行かなかった」
      律「どこで遊んでたのよ?」
      み「別に遊んでなんかないよ。
       1人で電車乗って……。
       ヘンなとこばっかり行ってた」
      律「どんなとこ?」
      み「多摩ニュータウンとか」
      http://blog-imgs-35.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/20111210201121571.jpg
      律「何しに?」
       続きは、次回。

    • ––––––
      3. ハーレクイン
    • 2011/12/14 09:04
    • 犬のちんちんって、勃ってるとこは見たことないんだけど、ほんとに真っ赤なのかあ。
      交尾してるとこは見たことあるんだけどね。交尾中はちんちん見えんわなあ。
      「チチお化け」ちゃんって妄想の産物?。なんか実際にいたような感じだぞ。

    • ––––––
      4. ハーレクイン
    • 2011/12/14 12:10
    • そうか、新潟の受験生は東京まで夏期講習を受けに行くのか。大変だのう。ちょっと前に「代ゼミ」が新潟駅前にあると聞いたが、Mikiko受験当時はなかったのか。
      JR王子駅、なつかしいのう。
      といっても、受験や仕事でいったわけではない。
      目的は二つ。
      一つは醸造試験場を見る事。
      醸造試験場は今は広島県東広島市に移転してしまった。跡地は公園になり、一部の建物が保存されているが、私が見に行った頃は、ででん、という感じで赤レンガ造りの重厚な建物が建っていた。
      でMikikoさん仰せによると、新潟県の宿泊施設「王子会館」が隣にあったということだが、私にとって当時は新潟県は全くの他国。気付かなんだ。
      「音無橋」、うーむ、記憶にない。
      もう一つの目的は東京に残された唯一の路面電車「都電荒川線」に乗ること。
      都電荒川線。
      新宿区の「早稲田停留所」から、北区の「王子駅前停留所」を経由して、荒川区の「三ノ輪橋停留所」までをつなぐ全長12.2km、全線複線・全線電化、停留所数30の路面電車である。
      ただし、大阪の阪堺電車とは異なり、一般道路を自動車に交じって走行する区間はJR王子駅前の数百mのみ。それ以外は全て専用の軌道を走っている。
      運賃は、どこまで乗っても160円、子供は80円(安っ!)。
      で、私が乗ったのは早稲田停留所から。
      地下鉄東西線の「早稲田駅」から歩いて「早稲田停留所」へ。
      途中の「王子駅前停留所」で降りて、醸造試験場へ。
      取って返して再び王子駅前から乗車、「三ノ輪橋停留所」まで乗り、全線制覇。
      地下鉄日比谷線の「三ノ輪駅」から、上野経由で東京駅に戻る、というルートだった。
      都電荒川線を“東京に残された唯一の路面電車”と書いてしまったが、調べたところもう一つ、世田谷区内のみを走る「東急世田谷線」もあった。すまぬ。東急。
      東急世田谷線。
      「三軒茶屋駅」と「下高井戸駅」をつなぐ総延長わずか5.0km、全線複線・全線電化、駅数10の路面電車。
      荒川線と同じく路線の大部分が専用軌道で、自動車との混走はない。ただし、環七通りを突っ切る「若林踏切」では、自動車優先で電車の方が待たされるらしい。これは“踏切”とは言えんわなあ。阪堺電車には踏み切りが多数あり、すべて電車優先だ。
      運賃はどこまで乗っても(わずか5kmだが)140円、子供70円(無茶安っ)。
      で、話は「受験」だ。
      夏場&受験シーズンは、受験生が占拠してたのか、新潟県・王子会館。ふむ、こういう施設がこういう使われ方をするとは、ちょっと想像つかぬな。
      で、なんだよ。
      「み」さんは王子ではなく、小金井の「婆ちゃんの妹」宅に寄宿。婆ちゃんの妹って、どういう関係になるんだ。
      小金井ねえ。全く知らぬ。
      予備校サボって多摩ニュータウン?
      そういうのを「遊んでた」というのではないか?
      受験生諸君、繰り返す、風邪ひくなよ。
      大丈夫、気が張ってればウィルスも寄って来ん。
      (精神論はやめろ)
      あー、うん、ま頑張れ!

    • ––––––
      5. Mikiko
    • 2011/12/14 19:55
    •  中学時代の実話です。
       もちろん、わたしに付けられたものではありません。
       親は、東京の予備校の雰囲気に触れれば……。
       のん気なわたしも目が覚めて、イヤでも勉強すると思ったんでしょうね。
       まさか……。
       多摩ニュータウンなんか見に行ってるとは、思いもしなかったでしょう。
       都電には、1度も乗ったことがない。
       バスは、用もないのに、よく乗ったんですけどね。
       やっぱ電車は、窓に背を向けたシートってのが、つまらんよね。
       まさか、荒川線では……。
       靴を脱いで、窓を向いて座ったんじゃあるまいな?

    • ––––––
      6. ハーレクイン
    • 2011/12/15 00:15
    • 「チチお化け」
      珍しく、予想的中!
      都電荒川線。
      ええ思い出や。
      >靴を脱いで、窓を向いて座ったんじゃあるまいな
      ガキやあるまいし、今更そんなみっともない真似がでけるかい。
      したいけど。
      今後もし、東京に行く機会があれば、東急世田谷線に乗るぞ。

    • ––––––
      7. Mikiko
    • 2011/12/15 07:46
    •  バスが面白いぞ。
       始発から終点まで乗るんです。
       「青梅→柳沢」間は、東京で一番長い路線。
       2時間くらいかかります。
       東京郊外の風景が、スゴく面白かった。
       木々が枝を落としてるこの時期は、風景が見通せて特におすすめ。
       たいがい晴れるから、お天気の心配も無いし……。
       東京散歩は、冬が楽しいですよ。

    • ––––––
      8. ハーレクイン
    • 2011/12/15 11:51
    • 青梅は知ってるが柳沢って……。
      西武新宿線の柳沢駅のことかな。全然知らんが。
      しかし、長距離の路線バスなら、乗れば乗るほど料金が上がるのでは。それとも「1日乗り放題キップ」みたいなのがあるのかなあ。
      大阪の路面電車で最長、というと、大阪市福島区の野田駅と、神戸市中央区の東神戸駅を結んでいた、阪神電車の「国道線」が最長かな。総延長26.0km。もう廃止されちゃいましたが。
      例の現役路線、阪堺電車は総延長18.7km。
      なぜ国道線というかというと、全線が「国道2号線」にレールを敷いて走っていたから。つまり都電荒川線や東急世田谷線とは逆に、ほぼ全線で自動車との混走だった。基本は“電車優先”だから、自動車の側からすると“じゃまやなこいつ”てところ。だから廃止されたんでしょうけど。
      沿線の風景は……殺風景そのものでした。

    • ––––––
      9. 海苔ピー
    • 2011/12/15 14:17
    • コメントは書かないが・・・
      最低でも一日一回は来てますよ!
      連載がある日無い日を関係なく、なるべく朝と夜の2回は来るようにしてます。
      最近は携帯での訪問が多いのでコメントは書かない事が多いけどね!
      コメントがないと寂しいだろうなと思うんですよ!
      HQさんが書いてるから思わず良いかなて思ってパスさせて頂いてます。
      来ていて思うんですよ!
      毎日コメント書けるHQさんは凄いて感心するよ!
      そらぁ~!たまに呆れるようなコメントもあるけどね!
      スランプは良いことだと思うよ!
      作品の次なる進化の第一歩だと考えて見てはどうかな?
      今の書き方に飽きたのかもしれないよ!
      何か違う書き方や書きたい物のが見つけたけど「由美と美弥子」に囚われ過ぎたり執着し過ぎてるのかもしれないよ!
      死ぬまで書く=「由美と美弥子」
      ではなく
      死ぬまで書く=「由美と美弥子」以外でも
      で、考えても良い時期に来ているのかもしれないよ!
      自転車操業になっても良いような考えで焦らず、のんびり考えようよ!
      性格的に無理とは言わずに、のんびりすれば良いと思うよ!
      思い悩み書くのなら書くのをやめて、本を読んだり他の事に時間を使う方が無駄にならないと思うよ!
      話の切っ掛けやヒントが思い浮かんだりするかもよ!
      終焉を迎えたからといって、その作品を書いては駄目てことも無いんだしね!
      番外編や記念作品とかで書いたり、時期をあけて「続編」て形で書いても良いしね!
      「由美と美弥子」のファンには申し訳ないが・・・
      Mikikoさんのファンなら何を書いても、問題ないはずだよ!
      どこまでも付いて行くはずだから心配しないで良いよ!

    • ––––––
      10. ハーレクイン
    • 2011/12/15 17:12
    • >スランプは良いことだ……作品の次なる進化の第一歩
      >今の書き方に飽きたのかもしれない
      >思い悩み書くのなら書くのをやめて、本を読んだり他の事に時間を使う
      >番外編や記念作品とかで書いたり、時期をあけて「続編」て形で書いても良いしね
      いやあ、いちいちごもっとも。参考になるなあ。
      Mikikoさんはいい読者を持った、とつくづく思う。
      >HQさんは凄い……そらぁ~!たまに呆れるようなコメントもあるけどね
      持ち上げて置いて落とすこのテク。これが大阪名物“海苔突っ込み”。ん、ちょっとちゃうか。
       (全然違うぞ)
      「たまに呆れるようなコメ」って、どんなんかなあ。ボク、身に覚えないや。
      >コメントがないと寂しいだろうなと思うんですよ
      そう思うんならコメしてあげて。私ひとりじゃ身が持たんぞ。
      ついでに『風楡の季節』にも頼むぜ。もう次回で半分過ぎるぞ。
       (だから、番宣はよせって)

    • ––––––
      11. Mikiko
    • 2011/12/15 20:01
    • > ハーレクインさん
       ネットで探したら……。
       都営バスの『梅70 柳沢駅-青梅車庫』という路線みたいですね。
       停留所の表がありました。
      http://www.kotsu.metro.tokyo.jp/bus/keitou/ume_70.html
       運賃表はこちら。
      http://www.kotsu.metro.tokyo.jp/bus/fare/ume70.html
       始発から終点まで乗っても、560円。
       安い!
       これで、2時間近く景色が楽しめるんですからね。
       動画もありました。
      http://www.youtube.com/watch?v=RMmG7gxBJZY
       ぜんぜん記憶に無い。
       わたしは、青梅発で乗ったので……。
       景色が逆向きだからかな?
       毎日のコメント、心から感謝しております!
      > 海苔ピーさん
       ハーレクイン氏のコメント量は、確かにスゴいが……。
       週の半分以上休みなんだから、海苔ピーとは違いますよ。
       今回のスランプを、自分なりに分析してみると……。
       描写が煮詰まったせいみたいですね。
       『放課後のむこうがわ』では、写真を見ながらの細密描写がもっぱらでした。
       その調子のまま、『由美美弥』に戻ったからじゃないかな。
       『放課後……』では、描写対象となる写真があったのに……。
       『由美美弥』では無くなった。
       で、自分の頭の中の映像が、写真ほどはっきりした焦点を結ばないのに……。
       それを描写しようとして、書き悩んでしまったのかも知れません。
       エロ場面で煮詰まったので……。
       そこに至るまでのアプローチ描写で、少しリハビリしようと思ってます。
       いろいろ心配していただき、サンキューでした。

    • ––––––
      12. ハーレクイン
    • 2011/12/15 23:00
    • 停留所数、実に93!
      凄いな、運転手さん体もつのか、大変だなあ。
      動画見ましたよ。1時間20分34秒。
      到底すべて見れるものではありません。
      しかしどうやって撮影したのかなあ、どう見ても固定カメラ。都の許可は得たのかなあ。
      電車ではよく見る動画だが、バスにもあるとは知らなんだ。

    • ––––––
      13. Mikiko
    • 2011/12/16 07:16
    •  泉麻人の『大東京バス案内』(講談社文庫)。
      http://blog-imgs-35.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/201112160714262f3.jpg
       ですが……。
       残念ながら、品切れのようです。

    • ––––––
      14. ハーレクイン
    • 2011/12/16 11:14
    • 今の世の中、ほんとに何でもあるんだな。
      とーてー、把握しきれるものではない。
       (あたりまえっ!)
      わたしはやはり、電車だな。
      JRには「大都市近郊区間」制度というのがあります。
      めんどいので説明は省きますが、初乗り運賃のみで、合法的に、かなりの長距離を乗り放題、ほとんど1日中乗っていられる、という制度です。
      もちろん、いくつかの条件が付きます。ある意味、その条件を満たしつつ、どのようなルートで乗車するかという、ゲームのような要素もあるのだよ。鉄ちゃんの間では有名です。
      仕事が暇な季節(いっつもやないか)、たまにやります。
      ♪さあ でかけよう ひときれのパン つまみ お酒 かばんにつめこんで……電車は回る 君を乗せて……
      大都市近郊区間制度、新潟にもあります。

    • ––––––
      15. Mikiko
    • 2011/12/16 20:06
    •  電車本も読んでます。
       宮崎俊三さんのシリーズ(新潮文庫)。
       残念ながら、亡くなられてしまいましたが。
       最初に読んだ「最長片道切符の旅」は、ほんとに楽しかった。
      http://blog-imgs-35.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/20111216200550b37.jpg
       あの恐るべき“片道切符”を見た駅員の反応に、わくわくしたものです。
       あれは一種、黄門さまの印籠ですよね。
       宮崎さんのご本は……。
       『紙上旅行倶楽部』の原点と言っていいかも知れません。

    • ––––––
      16. ハーレクイン
    • 2011/12/16 20:52
    • 『片道切符』は読みました。
      『鉄道廃線跡を歩く』シリーズも。
      でもやはり、鉄ちゃんの見果てぬ夢としては、全線制覇でしょうね。
      わたしは、関西の私鉄大手5社のうち、近鉄を除く阪神、阪急、京阪、南海は全線制覇しました。
      JR全線制覇は……もう、無理かな。
      『紙上旅行倶楽部』に夢を託すか。

    • ––––––
      17. Mikiko
    • 2011/12/16 22:45
    •  『時刻表2万キロ』。
      http://blog-imgs-35.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/2011121622403612e.jpg
       どの著作か忘れましたが……。
       網棚に愛用のカメラを忘れたエピソードが心に残ってます。

    • ––––––
      18. ハーレクイン
    • 2011/12/17 00:43
    • 何の意味もないといえば、何の意味もないんだけどね。
      やはり“男のロマン”?
      女性から見れば“何をアホなことを”でしょうねえ。
    コメントする   【由美と美弥子 0865】
コメント一覧へジャンプ    ページトップへ


Comment:本文 絵文字  ※入力できるのは、全角で800字までです。

↓お帰りのさいには↓
愛のワンクリ お願いします
新しいウィンドウは開きません

相互リンクサイトのみなさま(Ⅰ)
ましゅまろくらぶ 禁断の体験 エッチな告白集 未知の星 新・SM小説書庫2
官能文書わーるど 官能の本棚 潤文学 羞恥の風
赤星直也のエロ小説 変態小説 性小説 潤文学ブログ ちょっとHな小説
電脳女学園 愛と官能の美学 [官能小説] 熟女の園 官能的なエロ小説
人妻の浮気話 艶みるく 恍惚團 ~ドライ・オーガズムの深淵~ 恥と屈辱の交差点 空想地帯

相互リンクサイトのみなさま(Ⅱ)
おとなの淫文ファイル エッチのあとさき HAKASEの第二読み物ブログ Angel Pussy 週刊創作官能小説 ぺたの横書き
お姫様倶楽部.com 黒い教室 アダルト検索一発サーチ 濠門長恭の過激SM小説
被虐願望 女性のH体験告白集 女性のための官能小説 Playing Archives
魔法の鍵 女の陰影 漂浪の果てに 官能秘宝園
恥ずかしがりたがり。 出羽健書蔵庫 平成な美少女ライトノベル 快感小説
制服美少女快楽地獄 むね☆きゅんファンサイト Mikiko's Roomの仮設テント ろま中男3

相互リンクサイトのみなさま(Ⅲ)
秘密のエッチ体験談まとめ かめべや 渡硝子の性感快楽駆け込み寺 SM・お仕置き小説ブログ
最低のオリ 18's Summer 淫鬼の棲む地下室 西園寺京太郎のSM官能小説
被虐のハイパーヒロインズ ひめ魅、ゴコロ。 おしっこ我慢NAVI 妄想ココット
ライトHノベルの部屋 被支配中毒 レズ画像・きれいな画像倉庫 riccia
調教倶楽部 ちょっとHなおとなのための… 緊縛新聞 Japanese-wifeblog

Eros'Entertainment オシッコオモラシオムツシーン収集所 性転換・TS・女体化劇場 エピソードセックス
マルガリテの部屋 アダルト官能小説快楽機姦研究所 渋谷子宮 RE:BIRTH 羞恥集
黒塚工房 あおいつぼみ 葵蕾 プライド 女性作家専門官能小説
官能小説 レイプ嗜好 人妻!人妻!人妻! wombatの官能小説 黒イ都
羊頭狗肉 ひよこの家 美里のオナニー日記 エロショッカー軍団

★相互リンク募集中!(メールしてね)★

ランキング/画像・動画(1~10)
エログちゃんねる 人気ブログランキング
官能小説アンテナ にほんブログ村
アダルトブログランキング ライブドアブログ
Girls Love Search GL Search
成人向けランキング Adult Novels Search

ランキング/画像・動画(11~30)
ネット小説ランキング アダルト動画まとめ 正しいH小説の勧め セックス・ノベル・ネット
ぱっくりんく ヌケルアダルト作品 GAY ART NAVIGATION クリエイターコレクションR18
少女禁忌区域 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます!






<ランキング/画像・動画(31~50)ここまで-->
△Top