Mikiko's Room

 ゴシック系長編レズビアン小説 「由美と美弥子」を連載しています(完全18禁なので、良い子のみんなは覗かないでね)。
 「由美と美弥子」には、ほとんど女性しか出てきませんが、登場する全ての女性が変態です。
 文章は「蒼古」を旨とし、納戸の奥から発掘されたエロ本に載ってた(挿絵:加藤かほる)、みたいな感じを目指しています。
 美しき変態たちの宴を、どうぞお楽しみください。
管理人:Mikiko
由美と美弥子 0852
コメント一覧へジャンプ    コメント投稿へジャンプ
 デッキに突いている美弥子の腕が震えだした。
 頭上から、熱い雨だれが滴ってきた。
 見あげると、美弥子の尖った顎に、汗の雫が集まっていた。
 細長い鼻孔が、瀕死の動物のように伸縮している。
 どうやら、もう猶予は無さそうだ。

「美弥ちゃん。
 パンパンして」

 由美は、美弥子の乳房を下から鷲掴んだ。
 美弥子の身体を支えるためだった。
 美弥子は、それに応えるように体重を預け、代わりに腰を浮かせた。
 宙を煽った腰は、鞭が戻るように振り下ろされた。

 パン!

 2人の肉が、音高く鳴り響いた。

「ひ」

 間髪を入れず、美弥子の尻が振り上がる。

 パン!

「わひぃ」

 嗜みをかなぐり捨てた嬌声が、林に木霊する。
 呼応するように、美弥子の体幹がスロットルを開いた。

 パンパンパンパンパンパンパンパンパン!

「あがががががががががががががががががが」

 股間の衝撃に連動し、頭が止めどなく動いた。
 視界が、ストップモーションを撒き散らしたように乱れた。
 空からは、熱い雨が降り注いでいた。
 雨は塩辛かった。
 美弥子の降らす汗だった。

 由美は、懸命に美弥子を見あげた。
 絶頂を迎えることを、訴えるためだった。
 しかし美弥子は、由美を見下ろしてはくれなかった。
 美弥子の瞳は、すでに迫りあがりつつあったのだ。
 半分喪神しつつも、尻を振り続けている……。
 真後ろから見ても、肛門を見定めることも出来ないだろう。
 由美のために、必死で尻を振り立てながら……。
 自分が先に追い詰められている。
 そんな美弥子が愛しかった。
 美弥子を先に、彼岸へ渡してやろうと思った。

 由美の指が乳房をまさぐり、親指と人差し指が乳首を捉えた。
 乳首の根元、乳輪との境目を指先に挟む。

「美弥ちゃん、イッてぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇ」

 指先に力を籠め、乳首を捻じくり回す。
由美と美弥子 851目次由美と美弥子 853





コメント一覧
コメント投稿へジャンプ    ページトップへ

    • ––––––
      1. Mikiko
    • 2011/11/26 07:40
    • 老「ま、江戸の町には……。
       蕎麦屋が異常に多かったというのも確かじゃがな」
      http://blog-imgs-47.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/20111123195438382.gif
      ↑急ぎの客は、框に腰掛けたまま食べたようです(左の2人)。座敷に上がっても、座卓のようなものはありません(右のおっさん)。料理はお盆に載せられ、そのまま畳に置かれてます。
      み「どのくらいあったの?」
      老「幕末ころでは、一町に一軒あった」
      み「一町って、どのくらいの距離よ?」
      老「109.09メートルじゃな」
      み「約100メートルに一軒ってこと?
       時速5キロで歩くとしたら……。
       1時間歩く間に、蕎麦屋が50軒あることになるじゃん。
       いくらなんでも、多すぎだろ」
      老「『桜田門外の変』が起きた万延元年(1860年)には……」
      http://blog-imgs-47.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/20111123195437984.jpg
      老「江戸府内で、3,763軒の蕎麦屋があったという記録もある」
      み「江戸府内って、どういう定義?」
      老「江戸の境界・範囲については、幕閣の間でも統一見解はなかったんじゃ。
       なにしろ江戸時代は、町民・武士・僧侶によって、支配する機関がそれぞれ違ったからの。
       今日で云う行政区画の概念がなかった。
       それでも、文政元年(1818年)には、一応の統一見解を示しておる」
       ↓これが、そのとき作成された『江戸朱引図』です。
      http://blog-imgs-47.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/20111126074335c8c.jpg

    • ––––––
      2. Mikiko
    • 2011/11/26 07:41
    •  『ビバ! 江戸(http://www.viva-edo.com/)』というサイトさんに、この朱引き線を現代地図に起こした図が載ってました(http://www.viva-edo.com/edo_hanni.html)。
      http://blog-imgs-47.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/20111123195437b5c.gif
       これを見ると……。
       西の境界線上にあるのは、東武東上線の上板橋、西武池袋線の江古田、西武新宿線の中井、中央線の東中野、小田急線の代々木上原、東急東横線の中目黒、京浜東北線の大井町。
       北は、十条、王子あたり。
       東は、ほぼ荒川ですね。
      老「ま、山手線よりは、一回り大きいエリアじゃな」
      み「人口はどのくらいいたの?」
      老「100万人以上いた」
      http://blog-imgs-47.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/20111123195438283.jpg
      律「けっこういたのね」
      み「だよね」
      老「当時、世界一の大都市だったようじゃな」
      み「それでも……。
       3,763軒ってのは、多いよね。
       電卓、電卓」
      http://blog-imgs-33.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/20110423203935117.jpg
      律「出た、デコ電」

    • ––––––
      3. Mikiko
    • 2011/11/26 07:41
    • み「100万割る、3,763は……。
       266人。
       266人に一軒か。
       多いの?」
      律「わかんない」
      老「この数字は、屋台を含んでおらんからの」
      み「え?
       じゃ、この数字のほかに……。
       あの『時そば』みたいな屋台があったってわけ?」
      http://blog-imgs-47.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/20111123195436264.jpg
      老「左様じゃ」
      み「そりゃ、多いわ」
      律「さっきも言ったけど……。
       このお蕎麦、虎ノ門で食べたお蕎麦と似てるわよ」
      み「似てるって、虎ノ門も“冷がけ”?」
      律「ううん。
       わたしが食べたのは、盛り蕎麦だったけど……。
       鴨南蛮を注文した先生のは、普通に湯気が立ってたわ」
      http://blog-imgs-47.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/201111232001500ee.jpg
      み「じゃ、何が似てるのよ?」
      律「色よ。
       ほら、このお蕎麦、白いでしょ」
      http://blog-imgs-47.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/201111231954460ee.jpg
       続きは、次回。

    • ––––––
      4. ハーレクイン
    • 2011/11/26 09:45
    • 美弥ちゃん、汗みずくの大熱演。
      入魂の「パンパン」。
      犯される由美ちゃん、もういきそう。
      犯す美弥ちゃんは……先にいきそう。
      由美ちゃん、とどめの乳首捻り。
      さあ、先に行くのは、どっち。

    • ––––––
      5. ハーレクイン
    • 2011/11/26 10:19
    • 江戸の蕎麦屋の店内って、上り座敷になってるのか。
      よく時代劇である、卓に椅子ではないのか。
      「朱引」が江戸府内。
      マスミン仰せのとおり、「山手線が、肩肘張って胸張って、腹ふくらました」って感じのエリアですな。
      しかし、東は本所・深川までだと思ってた。
      「墨引」は、町奉行所支配の範囲内。
      よっ、遠山の金さん、は南町奉行。
      「この桜吹雪が目にへえらぬかあ」
      しかし、朱引の内で墨引の外って、誰の管轄だったんだろう。
      「お代官様」かなあ。
      まさか無法地帯ということもあるまいが。
      白い蕎麦ねえ……。
      次回を待て!

    • ––––––
      6. Mikiko
    • 2011/11/26 12:54
    •  確かに、土間にテーブルが並び、酒樽みたいなのに腰掛けてますよね。
       でもああいう飲み屋は、実際には存在しなかったようです。
       土間には、縁台のような腰掛けが並び……。
       お酒や料理は、縁台に直接置かれたようです。
       今でも、お団子屋の店先などでは、この形式が残ってますね。
      http://blog-imgs-47.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/20111126125230bf6.gif
       墨引きと朱引きの間は……。
       おっしゃるとおり、代官の管轄地だったようです。
       東横線の代官山は、まさに墨引きと朱引きの間にありますね。

    • ––––––
      7. ハーレクイン
    • 2011/11/26 13:57
    • >でもああいう飲み屋は、実際には存在しなかった
      ふうううう~ん。
      知らなかった。
      時代劇では、木の卓に酒樽の椅子ってのが定番だよなあ。
      んで奥の厨から“お光っちゃん”が盆に載せたお銚子を捧げて出てくる。
      人の犇めき合う卓の間をすり抜けて、
      「お待ちどうさま!」
      「おう、お光っちゃん。相変わらず綺麗だねぇ」
      「やあだ金さん。お上手ばっかり。何も出ないわよ」
      「お光っちゃんの出すものなら舌でもいいや」
      するってえとなにかい。
      ああいう設定は嘘八百かい。
      ま、たしかに。
      イスとテーブルなんて、庶民の間では一般的でなかったか。
      縁台で、だんごとお茶。
      こちらはちゃんとあったか。
      ま、屋外で立ち食いでなければ、床几・縁台だよなあ。
      あれは椅子兼テーブルということだな。
      赤と黒の間はお代官様の管轄。
      へええ~。
      適当なことを言ったら当たっちゃったよ。
      入試でも、どうしてもわからんかったら、何でもいいから適当なことを書く。
      ひょっとしたら当たり、かもしれん。
      何も書かんかったら確実に点にならんからのう。
      それはともかく、東横線の「代官山」って、渋谷の次だよなあ。
      代官山の「代官」って、お代官様の代官だったのか!
      まさか、悪代官ではなかろうな。
      うーむ。
      知らなかった。
      勉強になるなあ、「東北に行こう!」。
      悪代官「渋谷屋、おぬしも悪じゃのう」
      渋谷屋「お代官様にはかないません」
      代・渋「ぐふ、ぐふ、ぐぅふふふふふぁふぁふぁぁ」
      桃太郎「許さん!」
      代「何奴じゃ!」
      桃「桃から生まれた桃太郎!
        おぬしらの悪行、断じて許し難し。
        桃太郎、天に代わって鬼退治いたす!
        ひとぉつ、人の世の生き血を啜り!……」

    • ––––––
      8. Mikiko
    • 2011/11/26 20:20
    •  江戸時代のいつを舞台にした時代劇でも……。
       燗徳利を運ぶシーンが出てくるようです。
       でも、燗徳利が一般的になったのは、江戸時代もだいぶ後になってからのこと。
       それまでは、鉄製の銚子や……。
      http://blog-imgs-47.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/201111262018243ec.jpg
       今でもたまに見かけますが……。
       “ちろり”が使われてたようです。
      http://blog-imgs-47.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/20111126201824abb.jpg

    • ––––––
      9. ハーレクイン
    • 2011/11/26 20:49
    • 銚子かあ。
      これも時代劇ではよく見ますよね。
      今では、三三九度くらいにしか使われないのでは。
      ちろり。
      これは今も使う。うちにもあります。
      普通一合用ですが、二合やそれ以上の大きなものもあります。
      一杯飲み屋や屋台では、ちろりで温めた酒を一気にコップに注いでしまうのが普通ですね。
      燗徳利みたいな使い方をする酒器は、世界でも珍しいのではないでしょうか。

    • ––––––
      10. Mikiko
    • 2011/11/27 06:55
    •  こちらも、時代劇によく登場しますね。
      http://blog-imgs-47.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/20111127064745c0a.jpg
       これは、俗に言う「貧乏徳利」。
       傘張り浪人なんかの長屋シーンに出てきます。
       これ、酒屋の貸徳利だったそうです。
       空になると、酒屋に行ってお酒を詰めてもらうわけです。
       表に書いてある文字は、酒銘や酒屋の名前で……。
       ぶら下げて歩いてくれれば、お店の宣伝にもなったわけです。
       大正期まで使われてたようです。

    • ––––––
      11. ハーレクイン
    • 2011/11/27 10:56
    • こいつをみると、平手造酒(ひらてみき)を思い出すんだよ。
      剣の腕はたつのに、困ったことに酒癖悪し。いや、ほとんど酒乱。
      やくざ同士の出入り、大利根河原の決闘で憤死。
      ご存じ! 大利根月夜♪
      歌うは田端義夫。
      「オーッス」
      待ってました、バタやん!
    コメントする   【由美と美弥子 0852】
コメント一覧へジャンプ    ページトップへ


Comment:本文 絵文字  ※入力できるのは、全角で800字までです。

↓お帰りのさいには↓
愛のワンクリ お願いします
新しいウィンドウは開きません

相互リンクサイトのみなさま(Ⅰ)
ましゅまろくらぶ 禁断の体験 エッチな告白集 未知の星 新・SM小説書庫2
官能文書わーるど 官能の本棚 潤文学 羞恥の風
赤星直也のエロ小説 変態小説 性小説 潤文学ブログ ちょっとHな小説
電脳女学園 愛と官能の美学 [官能小説] 熟女の園 官能的なエロ小説
人妻の浮気話 艶みるく 恍惚團 ~ドライ・オーガズムの深淵~ 恥と屈辱の交差点 空想地帯

相互リンクサイトのみなさま(Ⅱ)
おとなの淫文ファイル エッチのあとさき HAKASEの第二読み物ブログ Angel Pussy 週刊創作官能小説 ぺたの横書き
お姫様倶楽部.com 黒い教室 アダルト検索一発サーチ 濠門長恭の過激SM小説
被虐願望 女性のH体験告白集 女性のための官能小説 Playing Archives
魔法の鍵 女の陰影 漂浪の果てに 官能秘宝園
恥ずかしがりたがり。 出羽健書蔵庫 平成な美少女ライトノベル 快感小説
制服美少女快楽地獄 むね☆きゅんファンサイト Mikiko's Roomの仮設テント ろま中男3

相互リンクサイトのみなさま(Ⅲ)
秘密のエッチ体験談まとめ かめべや 渡硝子の性感快楽駆け込み寺 SM・お仕置き小説ブログ
最低のオリ 18's Summer 淫鬼の棲む地下室 西園寺京太郎のSM官能小説
被虐のハイパーヒロインズ ひめ魅、ゴコロ。 おしっこ我慢NAVI 妄想ココット
ライトHノベルの部屋 被支配中毒 レズ画像・きれいな画像倉庫 riccia
調教倶楽部 ちょっとHなおとなのための… 緊縛新聞 Japanese-wifeblog

Eros'Entertainment オシッコオモラシオムツシーン収集所 性転換・TS・女体化劇場 エピソードセックス
マルガリテの部屋 アダルト官能小説快楽機姦研究所 渋谷子宮 RE:BIRTH 羞恥集
黒塚工房 あおいつぼみ 葵蕾 プライド 女性作家専門官能小説
官能小説 レイプ嗜好 人妻!人妻!人妻! wombatの官能小説 黒イ都
羊頭狗肉 ひよこの家 美里のオナニー日記 エロショッカー軍団

★相互リンク募集中!(メールしてね)★

ランキング/画像・動画(1~10)
エログちゃんねる 人気ブログランキング
官能小説アンテナ にほんブログ村
アダルトブログランキング ライブドアブログ
Girls Love Search GL Search
成人向けランキング Adult Novels Search

ランキング/画像・動画(11~30)
ネット小説ランキング アダルト動画まとめ 正しいH小説の勧め セックス・ノベル・ネット
ぱっくりんく ヌケルアダルト作品 GAY ART NAVIGATION クリエイターコレクションR18
少女禁忌区域 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます!






<ランキング/画像・動画(31~50)ここまで-->
△Top