Mikiko's Room

 ゴシック系長編レズビアン小説 「由美と美弥子」を連載しています(完全18禁なので、良い子のみんなは覗かないでね)。
 「由美と美弥子」には、ほとんど女性しか出てきませんが、登場する全ての女性が変態です。
 文章は「蒼古」を旨とし、納戸の奥から発掘されたエロ本に載ってた(挿絵:加藤かほる)、みたいな感じを目指しています。
 美しき変態たちの宴を、どうぞお楽しみください。
管理人:Mikiko
由美と美弥子 0829
コメント一覧へジャンプ    コメント投稿へジャンプ
 思えば、可哀想な体質だ。
 興奮を隠すことが出来ないのだから。
 いくら表情を繕ったとしても……。
 陰核がこれほど勃起していたら、お笑い草でしかない。
 最近、2人の役割がひとつに収斂されつつあることを、由美は感じていた。
 由美が責める側、美弥子がその責めを受ける側だ。
 特に、肌を合わせるまでの言葉責めが長くなっていた。
 わかり安すすぎる、この陰核のせいに違いなかった。
 言葉で嬲らずにはおれないのだ。

 しかし、改めて見ると、凄い恰好だった。
 股を開げた女が、スカートを腰骨まで捲り上げ、股間を露出しているのだ。
 しかも、列車の中で。
 美弥子の陰核が、小刻みに振れていた。
 列車の震動が、陰核をタクトのように揺らしていた。
 身を捩られるような興奮に、由美の股間も熱を発した。

 由美は、束ねた指先を上下させる仕草を見せた。
 陰核を擦ることを、美弥子に促すためだった。
 本当は由美が擦ってやりたかったが、さすがに車中ではできかねる。

 美弥子の指先が、股間に下りていく。
 指先が、陰核の脇を擦り抜けた。
 長い指先に、膣液を絡めているのだろう。
 列車の走行音にかき消されて聞こえないが……。
 美弥子の陰裂からは、密かな水音が立っているに違いない。

 再び浮かび上がった指先には、夏の光が映っていた。
 爪まで濡らしているのだ。

 指先が、陰核に絡んだ。
 美弥子の腰がうねる。
 スカートのウェストの下では、ふいごのように腹部が起伏していた。

 美弥子のもう一方の手が、腰の脇のポーチを探っていた。
 震える指先が摘み出したのは、ハンカチだった。
 美弥子は畳んだままのハンカチを、口元にあてた。
 声が漏れそうなのだろう。
 押しつけるようにあてていた。
 乗客の目が気になったが……。
 乗り物酔いと思ってくれることを祈った。
由美と美弥子 828目次由美と美弥子 830





コメント一覧
コメント投稿へジャンプ    ページトップへ

    • ––––––
      1. Mikiko
    • 2011/10/24 06:17
    • 律「はぁ。
       そこまで意地汚いと、逆に感心するわね。
       じゃ、もう1本、どぶろく頼めば?
       もちろん、自腹よ」
      http://blog-imgs-34.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/201110221043078b2.jpg
      ↑有名な最中のようです
      み「くっそー」
      老「おまえさんは、ちょっとピッチが早過ぎるようじゃ。
       お酒でなく、食べ物の冷たいものを頼めば良いのではないか」
      み「なるほど。
       さすが、年の功」
      http://blog-imgs-34.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/20111022104223eb8.jpg
      ↑亀仙人のそっくりさんが、タミルにいた!
      み「どんなのがあるの?」
      老「蕎麦なんかどうじゃ?」
      み「お蕎麦か」
      http://blog-imgs-34.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/20111022104223661.jpg
      み「なんか、もう仕上げみたいじゃない」
      老「いやいや。
       蕎麦を肴に飲むってのも、粋なもんじゃぞ」
      http://blog-imgs-34.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/20111022104222fad.jpg

    • ––––––
      2. Mikiko
    • 2011/10/24 06:17
    • み「なるほど。
       ちょっと、小説家っぽいかも。
       着流しで、ひょいと蕎麦屋の暖簾をくぐるわけか」
      http://blog-imgs-34.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/20111022104221a9a.jpg
      み「で、お銚子と蕎麦を頼むんだね」
      律「いつの時代の小説家よ」
      み「小説家っていうより……。
       文士って感じかな」
      http://blog-imgs-34.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/201110221043063ed.jpg
      み「うん、気に入った。
       お蕎麦は何が似合うかな?
       そうだな……。
       鴨南蛮とか?」
      http://blog-imgs-34.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/2011102210422424f.jpg
      律「熱いお蕎麦頼んでどうすんのよ。
       舌を冷やすんでしょ」
      み「あ、そうか。
       冷たい蕎麦って、何だろ?」
      律「ざる蕎麦とか?」
      http://blog-imgs-34.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/20111022104224c8e.jpg

    • ––––––
      3. Mikiko
    • 2011/10/24 06:18
    • み「そうか。
       天ざるだ」
      http://blog-imgs-34.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/201110221043069fe.jpg
      ↑埼玉県久喜市「奥会津」の『海老・穴子 天ざる蕎麦(大盛り)』1,470円
      み「天ぷらをツマミに飲めばいいんだ。
       よし、天ざる一丁!」
      老「そんなものは、置いとらんわ。
       わしがすすめるのは、『ひやがけ』と云ってな……。
       冷たい汁を掛けた蕎麦があるんじゃよ」
      み「ふーん。
       ここらの名物?」
      老「西馬音内(にしもない)に、『弥助蕎麦屋』という店がある」
      http://blog-imgs-34.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/20111022104305d2f.jpg
      老「創業は、文政元年(1818年)。
       秋田出身の漫画家、矢口高雄氏の漫画にも出てくる名店じゃ」
      み「矢口高雄って、『釣り吉三平』の?」
      http://blog-imgs-34.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/20111022104307ce2.jpg
      老「左様じゃ」
       続きは、次回。

    • ––––––
      4. ハーレクイン
    • 2011/10/24 08:58
    • 美弥ちゃんは「可哀想な体質」か。
      “羨ましい”体質、と思っておったが。
      ありゃ、由美S美弥Mに収斂か。
      確かに由美ちゃんの嗜虐性は最近顕著だもんなあ。
      嬲り方も堂に入ってるし。
      一度ミサちゃんと勝負させてみたい気も……。
      しかし、それはそれでちと残念な気も……。
      美弥ちゃんに責められる由美ちゃん、という図も捨てがたいと思うが。
      それにしても、いくらトランクで隠していても、
      通路を通る人には見えると思うが、美弥ちゃん“オープンショウ”。
      いやもう“オナニーショウ”に突入か。
      どこへ行く、由美美弥。
      次回を待て!

    • ––––––
      5. ハーレクイン
    • 2011/10/24 10:08
    • どういうネーミングだ「切腹最中」。
      口が開いてると言いたいのか、中のあんこが多いと言いたいのか。
      「亀仙人のそっくりさん」ねえ。
      タミルってどこや、で調べたら、インド南部のタミル・ナードゥ州&スリランカに主に居住し、タミール語を母語とする人々、ということらしい。
      しかし、“そっくり”かねえ。
      ま、グラサンをかけてるとこが“決まり”かな。
      「かめはめ波」を見せてくれい、と言いたくなるな。
      亀仙人。
      正式には武天老師(むてんろうし)。
      かつては世界最強と称えられた武道家だが、今はただのスケベじじいである。
      >老(亀仙人に非ず。桑田、でなくて菅江真澄翁、通称マスミン)「蕎麦を肴に飲むってのも、粋なもんじゃぞ」
      仰せのとおり。
      “蕎麦屋で一杯”は捨てがたい味がある。
      まわりではあまり飲んでおらん、というのがまたいい。
      『蕎麦屋で憩う』は杉浦日向子。
      おー。
      芥川龍之介。
      いつも思うんやけどこの人。
      (“この人”は失礼やぞ)
      あー、その、写真がカメラ目線というか、正面切ってるというか……。
      ま、凛々しいともいえるのだがな。
      (何を言いたいんや!)
      いやまあ、一目でわかる、ということだな。
      安吾は「文士」、これで決まりだが、
      龍之介は何やろ、「文筆家」?
      うーん、ちょっと弱いな。
      やっぱり「文士」か。
      埼玉「奥会津」さんの天ざる。
      てんこ盛りの蕎麦の山の中身はどうなんだ。はりぼてではなかろうな。
      1,470円は結構な値じゃのう。
      へー、矢口高雄氏が秋田とは知らなんだ。
      ページをのぞいてみたら、映画『砂の器』の大ファンらしい。100回以上見られたとか。
      加藤剛主演版かなあ。
      だとしたら趣味が合うのだが……。
      釣りキチ三平が釣った魚で覚えているのは、
      有明海干潟のムツゴロウ。
      北海道のイトウ。
      西馬音内、弥助蕎麦屋さんの「ひやがけ」とは……。
      次回を待て。
      念の為、西馬音内(にしもない)は秋田県内の地名じゃ。

    • ––––––
      6. Mikiko
    • 2011/10/24 19:43
    •  あの蕎麦は、どうやって自立させてるんでしょうね。
       お蕎麦だけじゃ、あんな形に出来ないよね。
       何かの芯があるんではなかろうか。
       1,470円は、確かに高い。
       大盛りなのはお蕎麦だけで……。
       天ぷらは並盛りだもんね。
       と、ここまで書いて、サイトを探してみたら……。
       どうやら、あの蕎麦、ちゃんと自立してるようです(http://awaremi-tai.com/bibou/bibou015.htm)。
       すなわち、かなりの固茹でみたいです。
       天ぷらは並と書きましたが……。
       かき揚げは強烈ですね。
      http://blog-imgs-34.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/20111024170537301.jpg
       なお、食べきれなくても大丈夫。
       ちゃーんと、お持ち帰り袋が用意されてます。
      http://blog-imgs-34.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/20111024170916ac2.jpg
       しかし、旅行者は……。
       お持ち帰りもツラいよなぁ。

    • ––––––
      7. ハーレクイン
    • 2011/10/24 21:13
    • 埼玉「奥会津」さん。
      “なんで埼玉で会津やねん”という突っ込みはともかく、あの超大盛りそばが張りぼてにあらず、芯まで蕎麦とは!
      この超大盛りそばと、どでかかき揚げ。
      紹介サイトさん見ましたよ。
      この「奥会津」さん。どうも確固たる信念のもとにこの“超大盛り・どでか”にこだわっておられるようです。
      なんか、新潟「せきとり」さんの、「鶏真っ向唐竹割りカラ揚・ムシ焼」を思い出してしまったぞ。
      いやあ埼玉の「奥会津」さん。
      御立派、お見事!。
      しかし……“蕎麦屋で憩う”とは、ほど遠い店だのう。

    • ––––––
      8. Mikiko
    • 2011/10/25 07:44
    •  天ぷらの大盛りを探してみました。
       こちらは、東京国立にある「深川つり舟」さんの天丼(http://gazoo.com/G-Blog/VAIO/342424/Article.aspx)。
      http://blog-imgs-34.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/201110250623335b3.jpg
       1,000円です。
       こちらは、東京西新宿の「福助」さんの天丼(重?)大盛り(http://blog.27-style.net/?eid=826386)。
      http://blog-imgs-34.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/201110250629156f2.jpg
       こちらも、1,000円です。
       最後に、東京葛飾にある「伊勢芳」さんの天丼。
      http://blog-imgs-34.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/20111025073757ef5.jpg
       こちらも、1,000円のようです(シジミ汁付き)。
       どいつもこいつも……。
       呆れますね。
       食べた後は、半日胸焼けで苦しむんじゃないか?

    • ––––––
      9. 海苔ピー
    • 2011/10/25 08:36
    • こんな画像を見てるだけでも胸焼けしそう!
      胸焼けで思い出した。
      ここ何十年、朝からカレーは胸焼けしますので食べれません。
      朝からカレーが食べられるMikikoさんて凄いよね!

    • ––––––
      10. ハーレクイン
    • 2011/10/25 09:10
    • 若いころなら大喜びで、玉砕覚悟でアタックしたろうな。
      いまは……そもそも「油もの」自体ほとんど食べない。
      海苔さんやないけど、朝からこんな画像……。
      さわやかな「休日(今日は休みだ♪)」の朝が胸やけの朝になってしもうた。
      しかし冷静に評価すれば、これで1,000円はお買い得かな。
      問題はネタの新鮮さと味だが。
      ま、若いもんは“味より量”だからな。
      ふむ。東京国立「深川つり舟」さんの天丼に一票!
      あれ?
      国立でなんで「深川」なんだ?

    • ––––––
      11. ハーレクイン
    • 2011/10/25 12:50
    • 投稿はされているようですが、アクセスできません。
      誰のせいでしょう……か。

    • ––––––
      12. 海苔P
    • 2011/10/25 16:15
    • 緊縛さんにはメールでエラー報告済みです。
      サーバーの問題だと思います。
      某アダルトサイトでもよくなる現象なので問題ないと思います。
      この場合は再度、読み取り更新する解除される傾向があるのですが今回は駄目ですね!
      放課後だけがエラーを起こしてますね!

    • ––––––
      13. ハーレクイン
    • 2011/10/25 16:57
    • ご苦労様です。
      『放課後……』6。
      早く読みたいですね。

    • ––––––
      14. Mikiko
    • 2011/10/25 19:49
    •  やみげんさまから、緊縛新聞さんに問い合わせていただきました。
       担当者さんが、2日ほどお休みを取っておられ……。
       ほかにわかる方が、いらっしゃらないとか。
       掲載は、木曜日以降ということになりますね。
       お楽しみが先に伸びたと云うことで……。
       どうかお許し下さい。

    • ––––––
      15. Mikiko
    • 2011/10/25 19:50
    • > 海苔ピーさん
       わたしが買ってるレトルトカレーは、これです。
      http://blog-imgs-34.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/20111025145507777.jpg
       250gの大盛りで、スーパーでは98円。
       ほとんどルーだけで、固形物には滅多にあたりません。
       お肉は、サイコロくらいなのが、1個だけ。
       必ず1個だけ入ってるんです。
       2個あったことはないし、1個も無かったこともない。
       これには感心させられます。
       ルーだけのカレーなので、胸焼けすることはないですね。
      > ハーレクインさん
       大盛り天丼。
       2人で行って、1つだけ取ればいいんだよな。
       で、お銚子も誂える。
       天ぷらを肴に、十分飲めるよね。
       胸焼けするでしょうけど。
       奥さんといかがですか?
       「深川つり舟」。
       本業は、お寿司屋さんのようです。
       なぜ“深川”なのかは、解明できませんでした。
       深川の釣り宿だったんでしょうかね?
       何で国立に行ったんだろ?
       お店は、一橋大生でいっぱいだそうです。
       大学生が、昼飯に1,000円も使うのか!

    • ––––––
      16. やみげん
    • 2011/10/25 19:55
    • ハーレクイン様
      海苔P様
      お世話になります。黒い教室やみげんです。
      楽しみにしていただいております、「放課後のむこうがわ 6」ですが、どうもURL指定を間違ったのではないかと、思われます。
      杉浦事務所に問い合わせましたところ、間の悪いことに、WEB担当者が2日ほど不在だそうでして、修正はその方が戻ってからということになるそうです。
      他に分かる人がいないらしく、私も管理権限が無いので、現状を動かせません。しばしお待ちくださいませ。
      この度は、掲載遅れまして申し訳ございませんでした。紹介者としてお詫び申し上げます。

    • ––––––
      17. やみげん
    • 2011/10/25 19:58
    • Mikiko様
      おっと、ニアミスでしたね。
      この度はお忙しい中、ご連絡いただきまして申し訳ございませんでした。
      メールにてご連絡しておりますが、掲載、しばしお待ちくださいませ。
      どうぞよろしくお願いいたします。

    • ––––––
      18. Mikiko
    • 2011/10/25 20:07
    •  お手間をおかけしました。
       迅速なご対応、ありがとうございました。

    • ––––––
      19. ハーレクイン
    • 2011/10/25 20:28
    • 『放課後』6。
      御丁寧な御あいさつ、痛み入ります。
      状況、了解いたしました。
      「待てば海路の日和あり」
      ん、ちょっとちゃうなあ。
      「残り物には福がある」
      ますます違うぞ。
      めでたく、読める時を楽しみに待ちたいと思います。
      有難うございました。

    • ––––––
      20. ハーレクイン
    • 2011/10/25 20:40
    • だ・か・ら、私どもは油ものはパスなのですよ。
      まだ、天丼より親子丼の方が……。
      しかし二人で入って、親子一つに銚子1本というのもなんか怪しい。
      なら親子は相方に任せ、私は銚子、利根川、犬吠埼……。
       (何を言っておるのだ?)
      これも顰蹙買うやろなあ。
      「深川つり舟」さん、一橋大生で一杯。
      そら、一橋やったら金もっとるやろ。
      せやけど、あの天丼毎日食べとったら、アホになると思うぞ。

    • ––––––
      21. 海苔ピー
    • 2011/10/25 21:24
    • 海苔ピーは食べれません。
      セロリが入ってるので駄目です。
      セロリは全く胃と匂いが受け付けないので無理ですね!
      友達の子が野菜ジュースに入ってるのを飲んだ後の息でも吐き気を催します。

    • ––––––
      22. Mikiko
    • 2011/10/26 07:47
    • > ハーレクインさん
       油物がまったくダメというのも、つまらんもんだのー。
       わたしも、天丼はイマイチですが……。
       カツ丼は大好きです。
       ただ、お店でカツ丼を注文するのは、ちょっと憚られます。
       親子丼は、女性が注文してもおかしくないんだけどね。
       なぜだろー。
       確かに、あんな天丼を毎日食ってたらバカになるわな。
       血が胃袋に集中して、午後からの授業なんか頭に入らんだろ。
      > 海苔ピーさん
       セロリなんか入ってたのか。
       ぜんぜん気づかなかった。
       わたしも、生セロリをバリバリ食うのは、あまり得意でないが……。
       隠れて入ってる分には、ぜんぜん気になりません。
       毎朝、セロリ入りの野菜ジュースも飲んでます。
      > みなさん
       今夜10時のNHK「歴史秘話ヒストリア」は、『卑弥呼』がテーマです。
       一緒に見ましょー(わたしは録画だけど)。

    • ––––––
      23. ハーレクイン
    • 2011/10/26 09:57
    • 油もの。
      全くダメというわけでもありません。
      たまには食します。
      付き合いとかで……。
      そういえばカツ丼は、油ものという感はあまりありませんねえ。
      煮込んであるからでしょうね。
      カツ丼。
      女性が注文を憚られるというのは、そのボリューム感にあるのでは。
      “質より量”という若いもん向けの丼ではないでしょうか。
      カツ丼。
      日本料理の一つの頂点という感もありますなあ。
      セロリ(御免、海苔ピーさん。脇レスじゃ)。
      ちょっと前に、近所のおばさんに、お手製の「セロリの漬物」をごちそうになったことがあります。
      美味しかった。
      あの、ほろ苦さがたまらんかった。
      若いもん(含、海苔ピー)には、あの味は理解できんだろうなあ。
      あれに合う飲み物は、もちろん熱燗しかない。
      この場合、安酒も可。
    コメントする   【由美と美弥子 0829】
コメント一覧へジャンプ    ページトップへ


Comment:本文 絵文字  ※入力できるのは、全角で800字までです。

↓お帰りのさいには↓
愛のワンクリ お願いします
新しいウィンドウは開きません

相互リンクサイトのみなさま(Ⅰ)
未知の星 禁断の体験 エッチな告白集 ましゅまろくらぶ 官能文書わーるど
電脳女学園 赤星直也のエロ小説 官能の本棚 変態小説
ちょっとHな小説 羞恥の風 新・SM小説書庫2 おとなの淫文ファイル エッチのあとさき
愛と官能の美学 Angel Pussy 週刊創作官能小説 人妻の浮気話 艶みるく Playing Archives
恍惚團 ~ドライ・オーガズムの深淵~ 恥と屈辱の交差点 [官能小説] 熟女の園 官能的なエロ小説

相互リンクサイトのみなさま(Ⅱ)
SM・お仕置き小説ブログ 性小説 潤文学ブログ ぺたの横書き 恥ずかしがりたがり。
空想地帯 週刊リビドー 潤文学 女の陰影
魔法の鍵 アダルト検索一発サーチ 快感小説 黒い教室
濠門長恭の過激SM小説 HAKASEの第二読み物ブログ 女性のための官能小説 ろま中男3
渡硝子の性感快楽駆け込み寺 女性のH体験告白集 お姫様倶楽部.com 被虐願望
漂浪の果てに 官能秘宝園 出羽健書蔵庫 平成な美少女ライトノベル

相互リンクサイトのみなさま(Ⅲ)
制服美少女快楽地獄 むね☆きゅんファンサイト Mikiko's Roomの仮設テント 秘密のエッチ体験談まとめ
かめべや 最低のオリ 18's Summer 淫鬼の棲む地下室
西園寺京太郎のSM官能小説 被虐のハイパーヒロインズ ひめ魅、ゴコロ。 おしっこ我慢NAVI
妄想ココット ライトHノベルの部屋 被支配中毒 レズ画像・きれいな画像倉庫
riccia 調教倶楽部 ちょっとHなおとなのための… 緊縛新聞

Japanese-wifeblog Eros'Entertainment オシッコオモラシオムツシーン収集所 性転換・TS・女体化劇場
エピソードセックス マルガリテの部屋 アダルト官能小説快楽機姦研究所 渋谷子宮 RE:BIRTH
羞恥集 黒塚工房 あおいつぼみ 葵蕾 プライド
女性作家専門官能小説 官能小説 レイプ嗜好 人妻!人妻!人妻! wombatの官能小説
黒イ都 羊頭狗肉 ひよこの家 美里のオナニー日記
エロショッカー軍団 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます!
★相互リンク募集中!(メールしてね)★

ランキング/画像・動画(1~10)
エログちゃんねる 人気ブログランキング
にほんブログ村 官能小説アンテナ
オンライン小説検索・R小説の栞 アダルトブログランキング
ライブドアブログ GL Search
おたりんく Girls Love Search

ランキング/画像・動画(11~30)
成人向けランキング Adult Novels Search 正しいH小説の勧め ネット小説ランキング
ヌケルアダルト作品 Cyber あまてらす セックス・ノベル・ネット アダルト動画まとめ
GAY ART NAVIGATION 十八禁恋愛私花集 ぱっくりんく 相互リンク、募集してます!






<ランキング/画像・動画(31~50)ここまで-->
△Top