Mikiko's Room

 ゴシック系長編レズビアン小説 「由美と美弥子」を連載しています(完全18禁なので、良い子のみんなは覗かないでね)。
 「由美と美弥子」には、ほとんど女性しか出てきませんが、登場する全ての女性が変態です。
 文章は「蒼古」を旨とし、納戸の奥から発掘されたエロ本に載ってた(挿絵:加藤かほる)、みたいな感じを目指しています。
 美しき変態たちの宴を、どうぞお楽しみください。
管理人:Mikiko
由美と美弥子 0807
コメント一覧へジャンプ    コメント投稿へジャンプ


 叔母の律子から、その怖ろしい計画を聞かされたのは、長い梅雨もようやく明けたころだった。
 垂れこめていた雲の重しが取れ、空は果てしもなく高かった。
 降りそそぐ夏の光が、サイダーのように路面を跳ねていた。

 そんなある日……。
 相談ごとがあるからマンションに来てほしい、というメールが来たのだ。
 週末、由美は叔母の部屋を訪ねた。

 リビングに入るなり、雰囲気ががらりと変わっていることに気がついた。
 殺風景だった部屋のそこここに、細やかな気配りが感じられた。
 誰かの手が入っていることは、明らかだった。

「やっぱりわかる?」
「ぜんぜん違うもの。
 誰?」
「決まってるじゃない」

 聞くまでも無いことだった。

「一緒に暮らしてるの?」
「まだ、完全にってわけじゃないけどね。
 向こうの部屋も、引き払ってないから」
「ここから通勤するには、うちのマンションはちょっと遠いよね」
「香純ね……。
 あの不動産管理会社、辞めることになる」
「え、なんで?
 そう言えば最近、見ないな」
「もう、有休消化に入ってるんだよ。
 彼女ね、うちの病院に復帰することになったの」
「そうか。
 看護師に戻るんだ」
「うん。
 やっぱり、ドノヴァンのアイスクリームは美味しいね」

 叔母は、由美の手土産のアイスクリームを、黙々と食べ始めた。

「話って、なに?」

 叔母は、空になったカップをテーブルに置いた。
 そして、ティッシュで唇を拭うと、その怖ろしい話を始めたのだった。

「わたしと香純、結婚することにしたの。
 もちろん、今の日本の法律では、できないんだけどね。
 でも、単に一緒に住んでるってだけじゃ、イヤなんだ。
 結婚してる証がほしい。
 つまり、家庭を作りたいの」

 意味を計りかねた。
 気持ちの持ちようのことを、言っているのだろうか?
由美と美弥子 806目次由美と美弥子 808





コメント一覧
コメント投稿へジャンプ    ページトップへ

    • ––––––
      1. Mikiko
    • 2011/09/24 07:38
    • 『(文化元年)八月五日(秋田を)出立仕り候。出羽鶴ヶ岡へ参り候ところ、道中にて六合(本荘市)より(酒田街道を)本庄塩越通り致し候ところ、まず六合より壁こわれ、家つぶれ、石の地蔵こわれ、石塔たおれ、塩越(秋田県由利郡象潟町)へ参り候ところ、家皆ひじゃけ、寺杉木地下へ入りこみ、[下線]喜サ形(象潟)と申す所、前度は塩なき時(干潮時)にても足のひざのあたりまで水あり、塩参り節(満潮時)はくびまでもこれあり候。その形九十九島あると申す事に御座候。大じしんより、下よりあがりおか(陸地)となり申し候。その地に少しの舟入り申し候みなと(港)もあり、これもおか(陸地)となり申し候。[/下線]
      (聞き書きとして)「六月四日、夜四つ(午後十時)の事に御座候。地われ(割れ)て水わき出ず事甚だしきなり。年寄、子供甚だなんじゅう(難渋)の儀に候。馬牛死す事多し。酒田まで浜通り残りなしいたみ多し。酒田にて蔵三千の余いたみ申し候と申す事に候。酒田町中われ、北がわ三尺ばかり高くなり申し候とのことに候。長鳥山(鳥海山)その夜、峰焼け出し、岩くづれ下ること甚だしきなり。(八月)七日に鶴ヶ岡へ着き仕り候。』
      【『諸国相撲控帳』(通称「雷電日記」)より/下線はMikiko】
      http://blog-imgs-34.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/20110922194319bac.jpg
      み「そんなでっかい力士でも、よほどびっくりしたんだね」
      老「この地震で、鳥海山の西麓が、最大2メートル隆起した」
      http://blog-imgs-34.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/20110922194434072.jpg
      老「仁賀保町金浦付近では、海が最大300メートルも後退したらしい」
      http://blog-imgs-34.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/201109221943215e5.jpg
      み「で、松島と並ぶ景勝地だった象潟は……。
       一気に陸地となった」
      http://blog-imgs-34.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/201109221943223a6.jpg
      老「そういうことじゃ」
      み「でも、その仁賀保町ってのは、今の“にかほ市”なんでしょ?」
      老「左様じゃ」
      み「すぐ近くで、そんな大地殻変動があったくらいなんだから……。
       新潟地震より、ずっと被害が大きかったんじゃないの?」
      老「おそらくな」
      み「今の建物って、いつごろ建てられたもの?」
      老「明治の初めらしいの。
       1870年ころじゃな」
      み「地震が1804年だから……。
       地震後に再建したとしたら……。
       建て替えまで、66年。
       昔のお屋敷としては、間隔が短いね。
       やっぱり、1804年の地震では、倒れなかったのかな?」
      律「だって、今の建物が140年経ってるってことは……。
       新潟地震でも無事だったってことでしょ」
      み「そういうことだね」
      律「建物は大丈夫でも、瓶やなんかはみんな割れちゃったんじゃないの?」
      み「だろうね。
       あ、ひょっとしたら……。
       建物も、当座の急ごしらえで建てたのかも知れないよ。
       だから、60年ちょっとで建て直された」
      律「なるほど。
       それもありかもね」

    • ––––––
      2. Mikiko
    • 2011/09/24 07:41
    • み「じゃ、先に進みましょう。
       何の話だっけ?」
      律「飛良泉の読み方じゃない?」
      み「そうそう。
       マスミンが、雷電為衛門まで持ち出すから、わかんなくなっちゃった」
      老「人のせいにするでない」
      み「そもそも、秋田でなぜ“ひらいずみ”なのよ?
       岩手の平泉と、何か関係があるの?」
      http://blog-imgs-34.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/20110922194320541.jpg
      ↑中尊寺金色堂
      老「もし、関係があるとしたら……。
       ちょっとやそっとのことじゃ、語り終えられんぞ」
      み「手短に!」
      老「では、その飛良泉の語源じゃが……。
       ここは、もともとは廻船問屋が本業で、酒造りは副業だったんじゃ。
       氏は齋藤じゃが……。
       屋号は、『和泉屋』と云った。
       この名からもわかるように……。
       この一族の出身地は、泉州なんじゃ。
       今でも、大阪の泉佐野市に、齋藤の総本家が残っておる」
      http://blog-imgs-34.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/201109221952478c3.jpg
      老「仁賀保に移ってきた、初代・市兵衛は、この齋藤家の分家なんじゃよ」
      律「なんで、秋田に来たんですか?」
      老「北を目指していたのは確からしいが……。
       秋田に降り立ったのは、偶然のようじゃの」
      み「どういうこと?」
      老「難破した」
      律「不謹慎な。
       秋田美人にちょっかい出しに寄ったわけね」
      http://blog-imgs-34.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/20110922194322a16.jpg
       続きは、次回。

    • ––––––
      3. ハーレクイン
    • 2011/09/24 08:57
    • 章が変わっちゃったなあ。
      由美ちゃんと律子おばさん登場は嬉しいが、美弥ちゃんは夢の中に置き去りかあ。
      それとも、覚醒したか。
      しかし……。
      章題「背徳のプラン」
      「怖ろしい」計画。
      なんかすごいことになりそうな
      季節はもう夏か。
      あれから何日かたったんだろうな。
      夏実ちゃんはどうした?

    • ––––––
      4. ハーレクイン
    • 2011/09/24 09:05
    • うーむ
      飛良泉はやはり奥州平泉と関係あるのか。
      ま、隣の県だしなあ。
      で、出自が泉州泉佐野!
      本業は廻船問屋!
      へええ~。
      それはそれは。なんとなんと。
      う~む。
      軟派かあ。

    • ––––––
      5. Mikiko
    • 2011/09/24 12:36
    •  前回で終了ね。
       なんと、女王様は登場せず、という大どんでん返しとなりました。
       最初はもちろん、お茶会まで行く予定でした。
       でも、センチコガネが出てきたたあたりから……。
       このまま書き進めたら、ぜったい終わらなくなるよなって予感がしてきました。
       というわけで、夢オチで誤魔化して、退却の仕儀と相成った次第。
       女王様の設定には腹案があっただけに、残念です。
       ひょっとしたら、いつか続きを書くかも知れないので……。
       女王様の正体は、明かさずにおきます。

    • ––––––
      6. ハーレクイン
    • 2011/09/24 15:38
    • そおか。
      女子高同様、「終わらなくなる予感」か。
      女教師の時みたいに、里ちゃんを殺すわけにもいかんしなあ。
      >>女王様は登場せず、という大どんでん返し
      だあかあらあ、伏線を張らないどんでん返しはやめてくれって、前にも言ったろ。
      相手は高橋克彦氏だったが……。
      Miki「おい!『竜の柩』はどおしたのだ」
      HQ「あ、いやその、今は『裏夏実』最優先ということでご勘弁を」
      やっと、夏実と由美が巡り合ったぞ。あとは一気呵成にクライマックスじゃ!
      と言いたいところだが、その前にもう一つ山があるがの。
      どうぞ、これ以上新しい人物が出てきませんように……。
      現在、新人は募集しておりません。

    • ––––––
      7. 海苔ピー
    • 2011/09/24 18:58
    • 先程、長文のコメ書いてたら
      どうも、先に何かを感じたMikikoさんの手先の式神より
      またもPCを落とされました。
      めちゃくちゃ良い感じで書いてたのに
      ハァ…
      再起不能です。
      折角、女王様は誰か?
      を、海苔ピーなりに推理したのに…

    • ––––––
      8. Mikiko
    • 2011/09/24 20:09
    • > ハーレクインさん
       登場しないということに、どうやって伏線を張ればいいんだ?
      > 海苔ピーさん
       式神は、回収済みです。
       わたしのせいでは、ありませーん。
       そんなPCを使いながら、こまめに保存しない方が悪い。
       大丈夫。
       その推理は、ハズレです。

    • ––––––
      9. 海苔ピー
    • 2011/09/24 21:13
    • そなんだ!
      ハズレか!
      海苔ピーが考えたのは生徒会長のマリアじゃないよ!
      一応、言っときます。

    • ––––––
      10. ハーレクイン
    • 2011/09/24 22:27
    • >>登場しないということに、どうやって伏線を張ればいいんだ?
      あ、そおか。そらそうだよな、って
      簡単に言いくるめられてしまうのが私の悪い癖。
      ふむ、例えばウサギが途中でメールを確認しておった、または、テレパシーの回線が女王様との間でつながっていることを美弥里に教える。
      これで、女王様からウサギにお茶会中止の連絡が、実は入っていた、ということで伏線になるやないか。
      どや!

    • ––––––
      11. Mikiko
    • 2011/09/24 22:51
    • > 海苔ピーさん
       たしかにマリアさまは、最初に考えた候補です。
       でも、はまりすぎだからね。
       てことで、別の人物を設定。
       もちろん、初登場キャラなんて反則はしません。
       ま、これ以上書くと、ポロッと吐いちゃいそうなので……。
       このへんで。
      > ハーレクインさん
       なるほどねー。
       それでウサギは、悠々と道草食ってたわけか。
       しかしながら……。
       わたしの書き方で伏線を張るのは、はなはだ困難。
       成り行きで書いてるからね。
       いつかほんものの、大どんでん返しを書いてみたいものです。

    • ––––––
      12. ももも
    • 2011/09/25 02:58
    • 律子さんと香純さんの話好きです。
      詳しく書いてほしいです。

    • ––––––
      13. Mikiko
    • 2011/09/25 07:26
    •  香純は、行動が犯罪スレスレ(超えてる?)まで行く人なので……。
       読者には嫌われてるかなと心配してました。
       でも、芯は純情一本の子なんだよね。
       また、感想書いてください。
       励みになります。
    コメントする   【由美と美弥子 0807】
コメント一覧へジャンプ    ページトップへ


Comment:本文 絵文字  ※入力できるのは、全角で800字までです。

↓お帰りのさいには↓
愛のワンクリ お願いします
新しいウィンドウは開きません

相互リンクサイトのみなさま(Ⅰ)
ましゅまろくらぶ 禁断の体験 エッチな告白集 未知の星 新・SM小説書庫2
官能文書わーるど 官能の本棚 潤文学 羞恥の風
赤星直也のエロ小説 変態小説 性小説 潤文学ブログ ちょっとHな小説
電脳女学園 愛と官能の美学 [官能小説] 熟女の園 官能的なエロ小説
人妻の浮気話 艶みるく 恍惚團 ~ドライ・オーガズムの深淵~ 恥と屈辱の交差点 空想地帯

相互リンクサイトのみなさま(Ⅱ)
おとなの淫文ファイル エッチのあとさき HAKASEの第二読み物ブログ Angel Pussy 週刊創作官能小説 ぺたの横書き
お姫様倶楽部.com 黒い教室 アダルト検索一発サーチ 濠門長恭の過激SM小説
被虐願望 女性のH体験告白集 女性のための官能小説 Playing Archives
魔法の鍵 女の陰影 漂浪の果てに 官能秘宝園
恥ずかしがりたがり。 出羽健書蔵庫 平成な美少女ライトノベル 快感小説
制服美少女快楽地獄 むね☆きゅんファンサイト Mikiko's Roomの仮設テント ろま中男3

相互リンクサイトのみなさま(Ⅲ)
秘密のエッチ体験談まとめ かめべや 渡硝子の性感快楽駆け込み寺 SM・お仕置き小説ブログ
最低のオリ 18's Summer 淫鬼の棲む地下室 西園寺京太郎のSM官能小説
被虐のハイパーヒロインズ ひめ魅、ゴコロ。 おしっこ我慢NAVI 妄想ココット
ライトHノベルの部屋 被支配中毒 レズ画像・きれいな画像倉庫 riccia
調教倶楽部 ちょっとHなおとなのための… 緊縛新聞 Japanese-wifeblog

Eros'Entertainment オシッコオモラシオムツシーン収集所 性転換・TS・女体化劇場 エピソードセックス
マルガリテの部屋 アダルト官能小説快楽機姦研究所 渋谷子宮 RE:BIRTH 羞恥集
黒塚工房 あおいつぼみ 葵蕾 プライド 女性作家専門官能小説
官能小説 レイプ嗜好 人妻!人妻!人妻! wombatの官能小説 黒イ都
羊頭狗肉 ひよこの家 美里のオナニー日記 エロショッカー軍団

★相互リンク募集中!(メールしてね)★

ランキング/画像・動画(1~10)
エログちゃんねる 人気ブログランキング
官能小説アンテナ にほんブログ村
アダルトブログランキング ライブドアブログ
Girls Love Search GL Search
成人向けランキング Adult Novels Search

ランキング/画像・動画(11~30)
ネット小説ランキング アダルト動画まとめ 正しいH小説の勧め セックス・ノベル・ネット
ぱっくりんく ヌケルアダルト作品 GAY ART NAVIGATION クリエイターコレクションR18
少女禁忌区域 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます!






<ランキング/画像・動画(31~50)ここまで-->
△Top