Mikiko's Room

 ゴシック系長編レズビアン小説 「由美と美弥子」を連載しています(完全18禁なので、良い子のみんなは覗かないでね)。
 「由美と美弥子」には、ほとんど女性しか出てきませんが、登場する全ての女性が変態です。
 文章は「蒼古」を旨とし、納戸の奥から発掘されたエロ本に載ってた(挿絵:加藤かほる)、みたいな感じを目指しています。
 美しき変態たちの宴を、どうぞお楽しみください。
管理人:Mikiko
由美と美弥子 0758
コメント一覧へジャンプ    コメント投稿へジャンプ
 止める間もなく美里の指が伸び、陰核を弾いた。

「あひぃ」

 尻が跳ねあがった。
 同時に、美弥子はバランスを崩した。
 長時間しゃがみ込んでいたせいで、下腿は痺れていた。
 踏ん張りきれず、美弥子の上体が後ろに傾いた。
 尻が、地面に落ちようとする。
 便の上に座るのだけは避けようと、懸命に脚を突っ張った。
 尻が着地した。
 辛うじて、便を潰すことだけは避けられたが……。
 身を投げ出したせいで、美弥子は背中から転がった。
 後頭部まで地面に着いた。

 陽光に暖められた土が、思いがけず心地よかった。
 背中の汗が、甘露のように土を湿らせているだろう。
 頸の力を抜き、頭を地面に委ねた。

 美弥子は仰向いたまま、天を見あげた。
 空が青かった。
 白い雲が流れていた。
 真っ赤なパンプスが、雲をよぎっていた。
 後ろに転がった勢いで、両脚が高々と上がっていたのだ。
 この体勢を崩したくなかった。
 自分は、道の真ん中に全裸で仰のき、両脚を高々と掲げているのだ。
 酔いにも似た心地よさが、全身を浸していた。
 この姿勢こそが、自分の故郷なのだ……。
 尻を吹く風が優しかった。

 青空に揚がる凧のようなパンプスのあわいに、黒い影が覗いた。
 美里だった。
 美里が黒い影となって、真上から見下ろしていた。
 美弥子は、両脚を下ろそうとはしなかった。
 さらに両脚を開き、美里の視線を股間に迎えた。

「スゴい格好ですね~。
 肛門まで天に向けて。
 あ。
 美弥子さん……。
 お尻の穴に、うんち着いてる」
「ふぅぅん」
由美と美弥子 757目次由美と美弥子 759





コメント一覧
コメント投稿へジャンプ    ページトップへ

    • ––––––
      1. Mikiko
    • 2011/07/17 07:34
    • 律「いいことばかりじゃないって、どんなこと?」
      み「たとえば、今の出張の話で云うと……。
       そもそも、出張自体が激減したと思う」
      律「どうして?」
      み「新潟支社を廃止した会社がたくさんあるからだよ」
      律「なんでよ?」
      み「東京から2時間で行ける場所に、支社なんて置く必要がないでしょ。
       関東エリアに組みこめちゃう」
      律「なるほど」
      み「だから、新潟のオフィス街は……。
       新幹線が通ってから、廃れたんだって」
      http://blog-imgs-34.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/20110715201620ab5.jpg
      律「便利になるってことは、いいことばかりじゃないのね」
      み「昔はね、新潟支社は、転勤先として人気があったそうだよ」
      律「どうして?」
      み「新鮮な魚、おいしいお米に、おいしいお酒。
       それになんといっても、花街ね」
      http://blog-imgs-34.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/20110715201621908.jpg
      ↑大正初期の新潟古町芸妓
      律「有名だったの?」
      み「はいな。
       ゆうべ飲んだ『越乃寒梅 Manjia』から、遠くないとこに……」
      http://blog-imgs-46.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/20101022204045238.jpg
      み「花街があるんだけどさ。
       昔は、芸者さんが400人くらいいたみたい」
      律「それって、多いのよね?」
      み「東京の新橋、京都の祇園、それに新潟の古町。
       これが、日本三大芸妓の街だったそうです(http://www.dip.co.jp/ryuto/geigitowa/)」
      律「そりゃスゴいわ」

    • ––––––
      2. Mikiko
    • 2011/07/17 07:35
    • み「だから、新潟転勤になった人には……。
       大祝賀会が催されたくらいなんだってさ」
      律「へー。
       今でも、その花街ってあるの?」
      み「あることはあるけどね。
       芸者さんもいるよ。
       でも、今の芸者さんは、株式会社の社員だね」
      律「へ?」
      み「『柳都振興株式会社(http://www.ryuto-shinko.co.jp/)』っていう、芸者さんを養成して派遣する会社があるんだよ」
      http://blog-imgs-34.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/201107152016194d0.jpg
      律「それは初耳だわ」
      み「昔ながらの置屋制度では……。
       芸者さんの文化を維持していけなくなったんだね。
       この会社が出来たのは、1987年なんだけど……。
       その当時、一番若い芸者さんが、30代後半だったんだって。
       芸者さんになるのは、10代だから……。
       芸者の成り手が、20年くらいいなかったってことよ」
      律「絶滅寸前ってこと?」
      み「そうそう。
       レッドデータブック級だね」
      http://blog-imgs-33.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/20110429082620470.jpg
      律「いったい誰が、そんな会社おこしたのよ?」
      み「地元の財界人たち。
       商工会議所とか……。
       ホテルや銀行なんかの地元企業。
       資本金の7,000万円は、すぐに集まったって」
      http://blog-imgs-34.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/20110716103253174.jpg
      ↑第1期生
      律「スゴいじゃない」
      み「今なら無理なんじゃないかな。
       1987年ってのは……。
       バブルに向かって、日本経済がウナギ登りの時代だっただからね」
      http://blog-imgs-34.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/20110626070049865.jpg
      律「なるほどー。
       でもその会社、今でも続いてるんでしょ?」
      み「うん。
       順調みたい」
       続きは、次回。

    • ––––––
      3. ハーレクイン
    • 2011/07/17 08:11
    • 土の上に寝転がるのは気持ちよかろ。
      都会に住んでると、そういう機会が少ないもんなあ。
      美弥子、今日の名言。
      >>この姿勢こそが、自分の故郷なのだ……。
         尻を吹く風が優しかった。

    • ––––––
      4. ハーレクイン
    • 2011/07/17 08:26
    • 新潟に花街があるのか。
      それが、オフィス街と共に、衰退の一途にあると……。
      田中角栄もそこまでは考えてなかったんだろうな。
      大正の古町芸妓。ええのう。
      それにしても、Manjiaで飲んだのが昨夜とは……。

    • ––––––
      5. Mikiko
    • 2011/07/17 13:05
    •  便利になって良いことばかりだと、誰もが思ってたろうね。
       近づきすぎたら……。
       東京の引力に、街のエキスを吸い上げられてしまうなんて……。
       誰ひとり考えつかなかったことでしょう。

    • ––––––
      6. ハーレクイン
    • 2011/07/17 22:33
    • 今日も何とか終わった。
      明日1日でとりあえず、しばらく休みになる。
      頑張れHQ!(だあれも励ましてくれんからのう)。

    • ––––––
      7. Mikiko
    • 2011/07/17 22:40
    •  もう休みなの?
       秋まで続くのかと思ってた。
       ま、来週は台風が来そうだから、家にいれて良かったね。
    コメントする   【由美と美弥子 0758】
コメント一覧へジャンプ    ページトップへ


Comment:本文 絵文字  ※入力できるのは、全角で800字までです。

↓お帰りのさいには↓
愛のワンクリ お願いします
新しいウィンドウは開きません

相互リンクサイトのみなさま(Ⅰ)
新・SM小説書庫2 未知の星 電脳女学園 赤星直也のエロ小説
恥ずかしがりたがり。 ちょっとHな小説 愛と官能の美学 只野課長の調教日記
人妻の浮気話 艶みるく [官能小説] 熟女の園 人に言えない秘密の性愛話 官能的なエロ小説
西園寺京太郎のSM官能小説 女性のための官能小説 ぺたの横書き 被虐願望

相互リンクサイトのみなさま(Ⅱ)
濠門長恭の過激SM小説 淫芯 変態小説 お姫様倶楽部.com
被支配中毒 むね☆きゅんファンサイト 性小説 潤文学ブログ 出羽健書蔵庫
女の陰影 官能文書わーるど かめべや 女性のH体験告白集
あおいつぼみ 葵蕾 HAKASEの第二読み物ブログ 黒い教室 女教師と遊ぼう
魔法の鍵 平成な美少女ライトノベル 羞恥の風 最低のオリ
官能の本棚 禁断の体験 エッチな告白集 おとなの淫文ファイル エッチのあとさき Playing Archives

相互リンクサイトのみなさま(Ⅲ)
恥と屈辱の交差点 潤文学 ましゅまろくらぶ 空想地帯
Mikiko's Roomの仮設テント 恍惚團 ~ドライ・オーガズムの深淵~ Angel Pussy 週刊創作官能小説 ろま中男3
渡硝子の性感快楽駆け込み寺 漂浪の果てに 週刊リビドー アダルト検索一発サーチ
快感小説 SM・お仕置き小説ブログ 官能秘宝園 制服美少女快楽地獄
秘密のエッチ体験談まとめ 18's Summer 淫鬼の棲む地下室 被虐のハイパーヒロインズ

ひめ魅、ゴコロ。 おしっこ我慢NAVI 妄想ココット ライトHノベルの部屋
レズ画像・きれいな画像倉庫 riccia 調教倶楽部 ちょっとHなおとなのための…
緊縛新聞 Japanese-wifeblog Eros'Entertainment オシッコオモラシオムツシーン収集所
性転換・TS・女体化劇場 エピソードセックス マルガリテの部屋 アダルト官能小説快楽機姦研究所
渋谷子宮 RE:BIRTH 羞恥集 黒塚工房 プライド
女性作家専門官能小説 官能小説 レイプ嗜好 人妻!人妻!人妻! wombatの官能小説
黒イ都 羊頭狗肉 ひよこの家 美里のオナニー日記
エロショッカー軍団 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます!
★相互リンク募集中!(メールしてね)★

ランキング/画像・動画(1~10)
人気ブログランキング 官能小説アンテナ
にほんブログ村 ライブドアブログ
アダルトブログランキング オンライン小説検索・R小説の栞
エログちゃんねる シンプルアダルト動画サーチ


ランキング/画像・動画(11~30)
おたりんく 正しいH小説の勧め クリエイターコレクションR18 Adult Novels Search
Girls Love Search GL Search GAY ART NAVIGATION Cyber あまてらす
ネット小説ランキング 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます!






<ランキング/画像・動画(31~50)ここまで-->
△Top