Mikiko's Room

 ゴシック系長編レズビアン小説 「由美と美弥子」を連載しています(完全18禁なので、良い子のみんなは覗かないでね)。
 「由美と美弥子」には、ほとんど女性しか出てきませんが、登場する全ての女性が変態です。
 文章は「蒼古」を旨とし、納戸の奥から発掘されたエロ本に載ってた(挿絵:加藤かほる)、みたいな感じを目指しています。
 美しき変態たちの宴を、どうぞお楽しみください。
管理人:Mikiko
由美と美弥子 0572
コメント一覧へジャンプ    コメント投稿へジャンプ
 カーテンの引かれてない窓には、由美の姿が映っていた。
 由美は、ベッドサイドを離れ、窓の真向かいに立った。
 正面には……。
 ブラウスだけを纏い、裸の下半身から巨大な陰茎を突き上げた女がいた。
 握り締めた陰茎の先が、窓を指していた。
 黒々と穿たれた射出口が、夜を見ていた。

 由美は、男根を手放した。
 陰茎は、音を立てて腹部に貼りついた。

 古代の太鼓は、鳴り止まなかった。
 腰が動き続けた。
 由美の両手が、舞踏のように弧を描きながら上がった。
 両手は、胸前で出会った。
 指先が、ボタンを外していく。

 由美は、ブラウスの前を大きく開いた。
 両膝を割り、腰を沈めた。
 ガラス窓には……。
 紛う事なき変質者が映っていた。
 胸前を広げ、下半身を剥き出した女。
 外股に開いた両脚。
 そして、その下腹部からは……。
 赤黒い陰茎が起ちあがっていた。

「変態……。
 わたしは、変態……」

 胎内を、喜悦が貫いた。

 由美は、ブラウスを脱ぎ捨てた。
 それは、白い焔のように燃え落ちた。
 最後に残ったブラを外し、放り投げる。
 布地は、巣立ちをする雛鳥のように、視界から消えた。

 ガラス窓に映る女は、全裸だった。
 陰茎を起ち上げた、全裸の女。
 由美は、視線を下に落とした。
 自分の身体を舐めるように見回す。
 ガラスに映る変態女は、間違いなく自分なのだ。
 便が漏れそうなほどの興奮が、全身を駆け抜けた。
 懸命に肛門を絞り上げ、脱糞を耐えた。
 情動を鎮めようと、全身を撫で回す。
 手の平が、屹立した乳首を転がす。

「ふぅぅぅ」

 もう、我慢が出来なかった。
 由美は、腹部に貼りついた男根を引き剥がした。

 カンカンカンカン。

 切迫したバネ音と共に、射出口が窓を向いた。
由美と美弥子 571目次由美と美弥子 573





コメント一覧
コメント投稿へジャンプ    ページトップへ

    • ––––––
      1. Mikiko
    • 2010/10/30 08:15
    • 律「で、石本酒造は……。
       料亭なんかに納めるお酒じゃなくて……。
       近隣のお百姓さんたちが飲むお酒を造ってたってわけね。
       そんなんで、やっていけんの?」
      み「やっていけたから、今あるわけですよ」
      律「不思議だなー。
       お百姓さんがちびちび飲むだけで、蔵元が持つもんかね?」
      み「ここから先は、わたしの想像だから……。
       話半分に聞いてちょうだい。
       石本酒造の近くに、父の実家があるんだ。
       古くからの農家でね。
       その家では、代々、越乃寒梅を飲んできたわけ」
      律「おぉ、豪勢じゃない」
      み「だから……。
       昔は、無名の地酒だったわけ」
      律「あ、そうか」
      み「で、父とか、父の兄なんかの飲みっぷりを見ると……。
       “ちびちび飲む”なんてもんじゃないのよ。
       もう、都会の人がビール飲むくらいのペースで、日本酒を飲む」
      律「すご」
      み「2人とも、酒が元で死んじゃったけどね。
       ま、あの調子で、365日晩酌するんだからさ。
       つまり、こーゆー飲み方をする客が、たくさん付いてれば……。
       十分、個人客相手でやっていけたんじゃないかな?
       料亭みたいな大量納入先が無くても」
      律「なるほど」
      み「で、お百姓さんたちが……。
       越乃寒梅を愛飲した理由も推測できるんだ」
      律「美味しいからじゃないの?」
      み「昔の、いわゆる美味しいお酒ってのは、濃厚甘口だったと思う」
      律「じゃ何で、お百姓さんたちは、越乃寒梅を飲んだわけ?」
      み「さっき言ったとおり……。
       大量に飲むからだよ」
      律「は?」
      み「つまりだね。
       濃厚甘口のお酒なんて……。
       とても大量には飲めないでしょ。
       口が飽きてしまうからね。
       その点、越乃寒梅は……。
       さらさらと水のように飲めるわけ。
       つまり、大量飲酒に向いてるんだよ」
      律「へー。
       これって、Mikiちゃんが考えたの?」
      み「うんにゃ。
       実は……。
       叔父さんの私見」
      律「お父さんのお兄さんって人?」
      み「違う。
       母方の叔父。
       母の弟。
       父の実家に、法事なんかで呼ばれてるうち……。
       あのあたりの農家の人たちの飲みっぷりを見て、思いついたらしい。
       こんな説唱えてる人は、ほかにいないだろうから……。
       あんまり喧伝しないでよね」
      律「話のタネには面白いな」
      み「でも、この石本酒造も偉かったんだよ。
       太平洋戦争後は……。
       外地米の輸入が途絶えた上に、引揚者や復員兵によって人口が増加して、米不足が深刻になったんだって。
       で、『三倍醸造』というのが認められた」
      律「何、それ?」
      み「Wikipediaから、プリントして持ってきた」
      律「何でそんなの持ってるわけ?」
      み「深く追求しない!」
      『米と米麹で作ったもろみに清酒と同濃度に水で希釈した醸造アルコールを入れ、これに糖類(ぶどう糖・水あめ)、酸味料(乳酸・こはく酸など)、グルタミン酸ソーダなどを添加して味を調える。こうしてできた増醸酒は約3倍に増量されているため、三倍増醸酒・三倍増醸清酒などと呼ばれる』(Wikipedia)
      律「う……。
       二日酔いがキビシそうだな」
      み「でも、石本酒造は……。
       その流れに乗らず……。
       昔からの作り方を変えなかったそう」
      律「それが……。
       雑誌に取り上げられて、突然ブレークしたわけね」
      み「そう。
       でも、作り方を変えてないから……。
       大量生産が利かない」
      律「それで、プレミアが付いたりするんだね」
      み「バブルのころには……。
       札束を送り付けてくる会社もあったそうだよ。
       もちろん、そのまま送り返したそうだけど」
      律「下品な会社。
       今ごろ、潰れてるだろうね」
      み「かもね」
       続きは、次回。

    • ––––––
      2. ハーレクイン
    • 2010/10/30 10:46
    • >由美と美弥子
      由美ちゃん。
      アマテラスを引き摺り出すのに一役かった、アメノウズメを思い出すぞ。
      Primitive由美。
      天の岩戸をこじ開けよ!!
      >東北に行こう!
      そうか……。
      石本酒造は三増酒を造らなかったのか。
      三倍増醸酒!!!
      こいつや! 
      普通酒や本醸造酒を上回る、いや下回る、究極の悪酒(日本の恥)、諸悪の根源(消費者を舐めとるのか)、地獄の飲物(閻魔も怒るわ)。
      おい! 三増メーカー!!
      「醸」と言う漢字の読み方と意味を、お前らは知っとるのか。
      「じょう」くらいはお前らのボケ頭でも読めるだろうが、訓読では「かもす」と読むのだ。
      この言葉に込めた、心ある蔵元や優れた杜氏の思いを、少しでも考えたことがあるのか!!
      米を感謝して削り、麹や酵母を心から慈しみ、昼も夜もなく発酵過程を見守り……。
      大変な思いをして醸し出されるのが吟醸酒だ。
      お前らの糞酒など、足元どころか、3里向こうの風下にも寄れんわ。同じ「醸」や「酒」と言う言葉すら使うな、と言いたい
      何ぼでも言うぞ。
      文句あるならかかって来い! 糞酒メーカー!!
      戦中・戦後はいざ知らず。
      この時代になって、いまだに三増酒を造る神経は全く理解できんわ。
      三増酒のひどさはこれ以上書きたくもありませんが……。
      添加物の一つ、グルタミン酸ソーダって、味の素の成分ですぜ。お客さん。
      実は、あまりにも有名になってしまったので、「越の寒梅」には、故もなくあまりいい印象を持っていなかったのだよ。
      三増酒を造らなかった、というだけで尊敬します。
      まことに失礼しました。石本酒造様。
      今後「寒梅」は、しっかり飲まさせていただきます(少しまけて)。
      しかし、あの時代に三増を造らず、よく潰れなかったですよね。
      越後人が如何に呑み助か、の証明だな
      にいがた酒の陣
      ほんまに行きたくなってきた。
      大吟、吟醸の大海に、どっぷり漬かる二日間。
      全身、奈良漬になるやろな。
      いや、それより、生きて帰れないかも……。
      先日、甥の息子(どういう関係や)の小学校の地図帳をたまたま見ていましたら、大河津分水路の名称が載っていました。
      おおお~、こんなに有名なんや! 
      付近には、燕、三条、寺泊、弥彦、そして長岡、などなどの懐かしい(新潟に行ったこともないのに)地名が……
      ということで、
      その後、甥一家に、新潟の治水工事の歴史を得々と語ったところ、大顰蹙を食らいました。
      あ~、五月蠅いなもう、おっちゃん、てなもんですわ。
      わはは。

    • ––––––
      3. 海苔ピー
    • 2010/10/30 11:57
    • 『「変態……。わたしは、変態……」』
      由美ちゃん・・・
      ミサちゃん呼んであげなよ!
      せめて、相手してあげないと襲われるぞ!
      香純さんがいたから鍵はかかってるか~!
      鍵が開いてたら面白いのにな~!
      あぁ~!ミサちゃん可愛そうに今回も・・・
      お・わ・ず・け・・・なのね!
      『便が漏れそうなほどの興奮が、全身を駆け抜けた。
       懸命に肛門を絞り上げ、脱糞を耐えた。』
      由美ちゃん
      我慢よ!狭いお部屋の中よ!匂いがこもるよ!
      『脱糞を耐えた』
      こんな場面では普通は「便意を耐えた」が多いと思うのよ!
      でも、Mikikoさんは「脱糞」なんだな~!
      海苔ピーは読んでて思うんだな~!
      この場面なら普通はこう書くのにな~!
      その方が単純で判りやすい表現なにな~!
      て、思うのでも、それと同時に凄く考えさせられるんだ!
      日本語の言葉の豊かさをね!
      それとMikikoさん感性て凄いて・・
      言葉の豊かさて・・・
      「NO!」一つにしても
      日本語では
      「ダメ」「いや」「無理」「えぇ」「出来ない」・・・
      態度と発声した言葉の響きで幾らでも「NO!」て
      言葉を生み出せる日本語て凄いよね!
      でも、その中の一部しか使っていないて勿体ことしてるよね!
      その点、Mikikoさんは使いこなそうと紛争して
      自分の物にしてるて事が凄いて感じるんだ!
      Mikikoさんが海苔ピーの中にある固定観念を吹っ飛ばす様な表現が続くと海苔ピーの脳が妄想へと走り出すんだ!

    • ––––––
      4. Mikiko
    • 2010/10/30 13:31
    •  買い物がすっかり長引いてしまった。
       道路が異様に混んでました。
       イオンのあたりなんか、クルマの列。
       冬籠もりの準備だろうか?
       わたしも、手袋を買って来ました。
      > ハーレクインさん
       うーむ。
       これだけの量と質を書けるなら……。
       十分、人気ブログが作れると思うぞ。
       今まで、日本酒はほとんど飲まなかったので……。
       知識は、ほとんど皆無でした。
       この度、新潟の食と酒をご紹介するにあたり……。
       家の近所にある、全国的に有名な石本酒造を取り上げることにしたわけです。
       日本酒というお酒が、これほどややこしいものであること、初めて知りました。
       戦後の、とにかく安く早く酔いたいという時代には……。
       三増酒にも、それなりの役割があったんでしょうね。
       でもそれが、現代でも作られ続けてるのは、ちと問題だよね。
       初めて飲んだ日本酒が、三増酒だった人は……。
       「日本酒はダメ」って、刷りこまれちゃうだろうね。
       そう言えば……。
       味の素が水虫に効くって件、試してみました?
       靴下履く前に、ぱらぱらっと振ってみたらどうかな。
      > 海苔ピーさん
       「脱糞」の使い方で、これほど褒められるとは思わなんだ。
       ありがとうございます。
       おおせのとおり、言葉には、結構こだわりを持ってます。
       短詩系文学をやってたせいでしょうかね。
       ひとつの対象を描写するにも、日本語には、さまざまな表現があります。
       表現のバリエーションを増やすには……。
       類語辞典がとても役に立ちます。
       今は、ネットでも引けるから便利だよね。
      →http://thesaurus.weblio.jp/
       書籍の辞典では、角川の類語新辞典がお勧め。
       これからも、海苔ピーの妄想を加速する表現を求めて……。
       言葉の樹海に分け入って行きたいと思います。

    • ––––––
      5. ハーレクイン
    • 2010/10/30 14:12
    • >Mikikoさん
      >>十分、人気ブログが作れると思うぞ
      以前にもこのようにおっしゃっていただきましたが……。
      私にはブログを立ち上げる、などという能力はありません。
      しかも、私が書いているのは全てどなたかの受け売り、創作能力は貧弱なものです。
      ただ、書く事は好きですので、ご迷惑でしょうがMikiko’s Roomの末席を汚させて下さい。
      他のサイトさんに書くつもりもありません。
      何故この部屋にこれほど魅かれるのか……。感性が合う、としか言いようがありませんね。
      味の素は。
      昔の人は、漬物などに、鬼のように味の素を振り掛けました。それこそ、てんこ盛りの山盛りに。
      私の母親も例外ではありませんでした。
      私はそれを食べて、胸が悪くなるようになりました。
      で、現在我が家には味の素の類は置いていません。
      水虫には試してみたいんですがね。わざわざそのために買うのもあほらしいし……。
      どこかに落ちていないかな。

    • ––––––
      6. 爽子
    • 2010/10/30 20:05
    • 最近ムスコが買って来たので驚きました。
      料理に入れるそうです。

    • ––––––
      7. Mikiko
    • 2010/10/30 20:38
    • > ハーレクインさん
       それでは……。
       「Mikiko's Room」の専属ライターとして、契約させていただきましょう。
       条件は、ほかに書かないこと。
       報酬は、タダです。
       これでもいい?
       たしかに……。
       死んだ祖母ちゃんは……。
       漬け物に、大量の味の素を振りかけてた気がする。
       なんで昔の人は、あんなに味の素を偏愛したんだろうね?
       水虫、試してないのか……。
       わたしが水虫だったら、ぜったいに試してる。
       味の素一瓶で、ネタがひとつ拾えるんだからね。
      > 爽子さん
       このハンドルは、わざとだよね。
       どういう気まぐれだ?
       ムスコは、自分で料理するわけ?
       それとも……。
       爽子さんの作った料理に、味の素振るのか?
       味付けが気にくわないっていうアピールじゃないの?

    • ––––––
      8. ハーレクイン
    • 2010/10/30 21:12
    • お久しぶりです。
      淡姫七変化、第二幕の幕開きですか。
      ひょっとして鬼雪も復活?

    • ––––––
      9. ハーレクイン
    • 2010/10/30 21:33
    • >Mikikoさん
      >>Mikiko's Roomの専属ライターとして、契約させていただきましょう
      あ、あ、有難う御座いますうぅっ。
      中天高く舞い上がり、火星・木星の彼方まで。ジュピター!!
      「御前を離れず、詔命に背かず、忠誠を誓うと誓約申し上げます(小野不由美氏のパクリです)」

    • ––––––
      10. Mikiko
    • 2010/10/30 22:44
    •  久しぶりに、燗酒を飲んでみました。
       「吉乃川」の純米酒。
       長岡のお酒です。
       純米酒の燗酒を飲んだのは、たぶん、これが初めてなんじゃないかな。
       ほんとに、お米の味がするんですね。
       全身が醸されているような、不思議な酔い心地です。
       でも、「吉乃川」は、ちょっと甘口かな。
       最後は、焼酎のポッカレモン割りを飲んでしまいました。
       もう少し、修行が必要のようです。

    • ––––––
      11. 海苔ピー
    • 2010/10/30 22:56
    • 新人さんかと思ってウキウキしたのに~!
      あかん完璧に風邪を引いたは~
      油断すると鼻水が落下すると言うより
      鼻水が皮膚を伝い流れて口の中に進入してきます。
      昨日の回の
      『「汝が身は如何にか成れる」とのりたまへば、こたへたまはく、「吾が身は、成り成りて成り合はざる処一処在り」とこたへたまひき。ここに伊邪那岐命詔りたまはく、「我が身は、成り成りて成り余れる処一処在り。故、此の吾が身の成り余れる処を以ちて、汝が身の成り合はざる処に刺し塞ぎて、国土を生み成さむとおもふ』
      検索したら下のPHを発見して朝まで読んでたのが原因かも・・・
      [色:00FF00]http://blog.hix05.com/blog/2006/11/post-41.html[/色]
      [色:00FF00]http://bbs.jinruisi.net/blog/2009/05/000606.html[/色]
      言っときますがエロサイトじゃないよ!

    • ––––––
      12. ハーレクイン
    • 2010/10/31 04:46
    • >MikiKoさん
      >>ほんとに、お米の味がするんですね
      でしょ。
      酒の原材料は、米に他ならないことがよくわかりますよね。
      最高に繊細で洗練された飲み物。
      純米吟醸酒を飲もう。

    • ––––––
      13. Mikiko
    • 2010/10/31 07:59
    • > 海苔ピーさん
       日本神話の世界って、ほんと性的におおらかだよね。
       性的なタブーが増えたのは、近代に入ってからでしょ。
       近世までは、混浴だし、女性のトップレスも普通だった。
       昔は、露出に性的喜びを感じる人なんて、いなかったんじゃないの?
       心労は、免疫力を著しく低下させるそうです。
       風邪引きの原因は、携帯なくした影響かもよ。
      > ハーレクインさん
       夕べは美味しかったけど……。
       ものの見事に、二日酔い。
       2合半くらいしか飲んでないのにね。
       やっぱり、日本酒飲むときは、チェイサー(「和らぎ水」と呼ぶようです)が必要ですね。
       特に、甘口のお酒を飲むときには……。
       口甘さを流すためにも、ぜったいあった方がいい。
      →http://www.japansake.or.jp/sake/yawaragi/
    コメントする   【由美と美弥子 0572】
コメント一覧へジャンプ    ページトップへ


Comment:本文 絵文字  ※入力できるのは、全角で800字までです。

↓お帰りのさいには↓
愛のワンクリ お願いします
新しいウィンドウは開きません

相互リンクサイトのみなさま(Ⅰ)
新・SM小説書庫2 未知の星 電脳女学園 赤星直也のエロ小説
恥ずかしがりたがり。 ちょっとHな小説 愛と官能の美学 只野課長の調教日記
人妻の浮気話 艶みるく [官能小説] 熟女の園 人に言えない秘密の性愛話 官能的なエロ小説
西園寺京太郎のSM官能小説 女性のための官能小説 ぺたの横書き 被虐願望

相互リンクサイトのみなさま(Ⅱ)
濠門長恭の過激SM小説 淫芯 変態小説 お姫様倶楽部.com
被支配中毒 むね☆きゅんファンサイト 性小説 潤文学ブログ 出羽健書蔵庫
女の陰影 官能文書わーるど かめべや 女性のH体験告白集
あおいつぼみ 葵蕾 HAKASEの第二読み物ブログ 黒い教室 女教師と遊ぼう
魔法の鍵 平成な美少女ライトノベル 羞恥の風 最低のオリ
官能の本棚 禁断の体験 エッチな告白集 おとなの淫文ファイル エッチのあとさき Playing Archives

相互リンクサイトのみなさま(Ⅲ)
恥と屈辱の交差点 潤文学 ましゅまろくらぶ 空想地帯
Mikiko's Roomの仮設テント 恍惚團 ~ドライ・オーガズムの深淵~ Angel Pussy 週刊創作官能小説 ろま中男3
渡硝子の性感快楽駆け込み寺 漂浪の果てに 週刊リビドー アダルト検索一発サーチ
快感小説 SM・お仕置き小説ブログ 官能秘宝園 制服美少女快楽地獄
秘密のエッチ体験談まとめ 18's Summer 淫鬼の棲む地下室 被虐のハイパーヒロインズ

ひめ魅、ゴコロ。 おしっこ我慢NAVI 妄想ココット ライトHノベルの部屋
レズ画像・きれいな画像倉庫 riccia 調教倶楽部 ちょっとHなおとなのための…
緊縛新聞 Japanese-wifeblog Eros'Entertainment オシッコオモラシオムツシーン収集所
性転換・TS・女体化劇場 エピソードセックス マルガリテの部屋 アダルト官能小説快楽機姦研究所
渋谷子宮 RE:BIRTH 羞恥集 黒塚工房 プライド
女性作家専門官能小説 官能小説 レイプ嗜好 人妻!人妻!人妻! wombatの官能小説
黒イ都 羊頭狗肉 ひよこの家 美里のオナニー日記
エロショッカー軍団 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます!
★相互リンク募集中!(メールしてね)★

ランキング/画像・動画(1~10)
人気ブログランキング 官能小説アンテナ
にほんブログ村 ライブドアブログ
アダルトブログランキング オンライン小説検索・R小説の栞
エログちゃんねる シンプルアダルト動画サーチ


ランキング/画像・動画(11~30)
おたりんく 正しいH小説の勧め クリエイターコレクションR18 Adult Novels Search
Girls Love Search GL Search GAY ART NAVIGATION Cyber あまてらす
ネット小説ランキング 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます!






<ランキング/画像・動画(31~50)ここまで-->
△Top