Mikiko's Room

 ゴシック系長編レズビアン小説 「由美と美弥子」を連載しています(完全18禁なので、良い子のみんなは覗かないでね)。
 「由美と美弥子」には、ほとんど女性しか出てきませんが、登場する全ての女性が変態です。
 文章は「蒼古」を旨とし、納戸の奥から発掘されたエロ本に載ってた(挿絵:加藤かほる)、みたいな感じを目指しています。
 美しき変態たちの宴を、どうぞお楽しみください。
管理人:Mikiko
由美と美弥子 0567
コメント一覧へジャンプ    コメント投稿へジャンプ
「あぁぁ」

 急激な昂まりを覚えた。
 下腹部が細かく震えだした。
 それを感じたらしいミサの挿出が、さらに勢いを増した。
 一気に追いこむつもりらしかった。

 ミサは、後ろに尻を突き出すようにして起っていた。
 由美は、ミサの背中を見下ろしていた。
 背中を覆うTシャツは汗を吸い、肌に貼りついていた。
 ブラのベルトが、生々しく透けて見えた。
 背中越しには、白い尻が見えていた。
 白い小さな尻が、上体の振れに合わせ、小刻みに収縮している。

 もう、絶頂が近かった。
 ガラス台に載った尻が、ひとりでにうねり出す。
 由美の動きで、ミサはストロークを乱されたようだ。
 上体がぶれた。
 コピー機に突いていた片手が、別の位置に動いた。
 刹那、由美の下半身が、緑色に発光した。

 いや、発光したのは、ガラス台だ。
 ミサの片手が、スタートボタンに触れたらしい。
 ミサも一瞬驚いたようだったが、続いて、顕かな意志を持ってボタンが押された。
 コピー機の唸りと共に、緑色の光が噴きあがる。

 排紙トレイはガラス台の下にあるらしく、コピーされた用紙は目にすることが出来なかった。
 そこにはいったい、何が写っているのだろうか。
 おそらく、排紙された紙は真っ黒で、何も写ってはいないのだろう。
 しかし由美の脳裏には、はっきりと印刷された紙が見えていた。
 その紙には、由美の尻と、男根を咥えこんだ無毛の性器が、くっきりと写っていた。

 排紙トレイから飛び出した紙が、鳥のように羽ばたきながら、大空高く舞い上がった。
 由美の陰部を写した紙は、溢れる群衆の頭上に降りそそぐ。
 その紙を手にした人々は、男も女も、老いも若きも、その場で下半身を剥き出し……。
 オナニーを始めるのだ。
由美と美弥子 566目次由美と美弥子 568





コメント一覧
コメント投稿へジャンプ    ページトップへ

    • ––––––
      1. Mikiko
    • 2010/10/23 07:50
    • バリ、バリバリバリ。
      律「ちょっとMikiちゃん、何その音?」
      み「軟骨かじってる音に決まってるでしょ」
      律「骨まで食べるの?」
      み「骨じゃなくて、軟骨。
       コラーゲンのカタマリ。
       医者でしょ?」
      律「鳥の医者じゃないもん」
      み「律子先生は、止めといた方がいいよ」
      律「何でよ?」
      み「お年のせいで、歯が弱ってらっしゃるから」
      律「バカにすな!
       いくつも違わないでしょ!」
      ボリ、ボリボリボリ。
      み「ははは。
       わかったわかった。
       まだまだ若いよ」
       大きな音を立てながら軟骨をかじり始めた2人を……。
       常連風のおじさんが、目をまん丸にして見てました。
      み「ふ~。
       食った」
      律「あんなに大きかったのに、ぺろりと食べちゃったね」
      http://blog-imgs-46.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/201010171952363b1.jpg
      み「久々に、充足感のある食事であった。
       やっぱ、獲物の形した肉を平らげるのって……。
       食いながら、気分が高ぶる」
      律「ヘンな方向に高ぶらないでよね」
      み「それは先生でしょ」
      律「でも、さすがに満腹した。
       もう食べられません。
       ビールも入らない。
       発車時間は、まだいいの?」
      み「まだまだ、たーっぷりある」
      律「えー。
       それまで、どうすんのよ」
      み「次の店、行こう」
      律「出発前から、ハシゴ?」
      み「どうせここは、9時半で終わりなんだ」
      律「9時半!
       何でよ?」
      み「もともと、総菜屋だからね」
      律「そういえば、さっきから……。
       持ち帰りのお客さんが、ひっきりなしだね」
      み「みんな、晩のオカズに買って帰るわけ」
      律「創業当時からの役割は……。
       テレビに取り上げられるようになっても変わらないってわけね」
      み「そゆこと。
       身を持って体験してると思うけど……。
       『カラ揚げ』ひとつ食べれば、お腹いっぱい。
       あのボリュームなんだから。
       だから、9時半閉店で正解」
      律「なるほど。
       たしかに、もうビールも入らないよ。
       カンペキに妊婦腹。
       ほら見て」
      http://blog-imgs-46.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/20101017195235ef0.jpg
      み「出すな!」
       次に予定してるお店は、腹ごなしに歩いても行ける距離ですけど……。
       やっぱり、妊婦腹に旅行バッグじゃ辛いです
       携帯でタクシーを呼びましょう。
       タクシーを待つ間に、お勘定。
       時価の『カラ揚げ』と『ムシ焼き』。
       この日は共に、750円。
       2本で、1,500円。
       『焼き鳥』が4本で、520円。
       頼んだ食べ物はこれだけ。
       ほかに、お通しのお新香と、お皿に付いた生キャベツがありますけど……。
       もちろん、タダです。
       食べ物の合計が、2,020円。
       次に、飲み物。
       ビールのジョッキは680円。
       ひとり2杯ずつで、4杯。
       計、2,720円。
       飲み代の方がかかっちゃったな。
       合計、4,740円。
       ひとり頭、2,370円です。
       ま、宴会の1次会としては、安くあがったんじゃないの?
       続きは、次回。

    • ––––––
      2. ハーレクイン
    • 2010/10/23 08:55
    • >由美と美弥子
      >>由美の脳裏には……由美の尻と、男根を咥えこんだ無毛の性器が、くっきりと写っていた。
      >>由美の陰部を写した紙は、溢れる群衆の頭上に降りそそぐ。
      またまた昔の話ですが、宣伝用のチラシをセスナから地上に撒く、という手法がよく使われました。そのチラシに混じって、小さなパラシュートにつけたキャラメルなんかも撒かれました。
      夢中になって拾いまわったなぁ。
      キャラメルよりもパラシュートが欲しかったのだよ。
      なんかその光景が思い出された。
      というと、進駐軍の兵士が撒くチョコレートに群がる戦災孤児のようだな。
      そういや、2・26のときもセスナから撒きよったな。
      下士官兵に告グ
      一、今カラデモ遅クナイカラ原隊ヘ帰レ
      二、抵抗スル者ハ全部逆賊デアルカラ射殺スル
      三、オ前達ノ父母兄弟ハ国賊トナルノデ皆泣イテオルゾ
      宮部みゆき氏の「蒲生邸事件」は、2・26をベースにしたタイムトラベル物の佳作。
      面白いよ。
      2・26は、私が生まれるわずか13年前の出来事なんだ。
      「激動の昭和」とはよう言うた。
      >東北へ行こう!
      Mikikoさん!
      鳥の骨格標本の画像、出すかぁ。
      ったく。何処から探してくるんや。んなもん。
      哺乳類の首の骨の個数は、種に関わらず全て13個、と言うのは有名な話ですよね。
      キリンもネズミも、ウマもネコも、首の長さに関わらず皆13個。
      私は子供の頃これを勘違いして「首には縦に長く骨が通っており、その本数が13本」と思ってました。だから、キリンもネズミも首の骨は13、と言われても、それがどないしたん、と別に驚きもしませんでした。う、恥ず。
      妊婦腹の画像はMikikoさんのじゃないですよね。

    • ––––––
      3. 淡雪
    • 2010/10/23 09:16
    • どこから持ってきたんじゃ?
      つやつやのきれいなおなかじゃないの。
      秋晴れね。
      いい一日になりますように。

    • ––––––
      4. 海苔ピー
    • 2010/10/23 09:19
    • 『排紙トレイから飛び出した紙が、鳥のように羽ばたきながら、大空高く舞い上がった。
       由美の陰部を写した紙は、溢れる群衆の頭上に降りそそぐ。
       その紙を手にした人々は、男も女も、老いも若きも、その場で下半身を剥き出し……。オナニーを始めるのだ。』
      海苔ピーはオナニーしないよ!
      ニタニタしながらホクホクと保存しとくね!
      久しぶりにMikikoワールドだったな!
      ついにコピー機が作動した。
      う~ん!いいね!いいね!
      作動したから逝っちゃうのかな?
      もう、久しぶりに海苔ピー・・・妄想モード・・・暴走中だ!
      ケンタは美味しく頂きました。
      久に食べたから、たまらんかった~!
      これで「鳥さん食べたいよ!」から開放されるのね!
      今週の晩御飯は紙上旅行倶楽部に振り回されたな~!
      結局、鳥料理を4日も食べました。
      月曜はから揚げ・火曜は手羽先の照り焼き・水曜は軟骨のから揚げ・金曜はケンタでした!
      どうだ!アホみたいに鳥・とりをメインにした食事でした。

    • ––––––
      5. 海苔ピー
    • 2010/10/23 10:08
    • また、やっちゃった!
      最近・・・
      題名のないコメントを・・・
      書いてるな~!
      気持ちが・・・コメント内容に・・・走ってる・・・
      鳥の標本は意外性はなかった。
      けど、ついに妊婦腹が出~た!とは、思ったよ!
      ホントはもう ちょっと出てないのがMikikoさんの好みだろうと思いながら見てた。
      妊婦腹は育児系のブログ・サイトに画像があるよ!
      こんなに色気のある綺麗なのは少ないね!
      構図のバランスも綺麗だよね!
      お父さんが興奮し過ぎて、ボケたりお腹のドアップだたりするからね!
      鳥の骨格標本の画像は簡単に検索で引っかかるよ!
      そこから好みの画像を探すのが大変なんだ!
      検索に引っかかり過ぎて選ぶのに苦労したんだろうな!
      海苔ピーも資料の参考に検索するから判るけど、ヒットした中から選び出すのが悩みの種だよね!
      画像はあるけどイメージした物がない事なんて、良くある事で妥協できる物を探すのが大変なんだ!
      自分の好みなら、これかなて思ってても意外な物が良いと言われてショックな時もある。
      意外な物とはこんな面白い画像もあるよと遊び半分で選らんだ画像ね!
      そんな画像が選ばれると思わないから画像も何も資料を残してなくて焦る時があります。
      そうなると記憶だけが頼りに際検索の嵐だ!
      こんなドジを踏みながら日々 精進しております。

    • ––––––
      6. Mikiko
    • 2010/10/23 13:37
    • > ハーレクインさん
       「蒲生邸事件」は、読んだような気がするんだが……。
       中身は覚えてない。
       そう言えば昔……。
       NHKラジオの「夏休み子ども科学電話相談」で……。
       ジャイアント馬場さんは、ほかの人より骨がたくさんあるんですか?
       という質問があった。
       運転しながら聞いてたんだけど……。
       笑っちまったね。
       先生も、笑いながら答えてた。
       あと……。
       鳩は、足を互い違いに出しながら歩くけど……。
       雀は、両脚でぴょんぴょん跳ぶのはなぜか?
       という質問もあった。
       答えは、両方とも忘れてしまった。
      > 淡雪さん
       あの腹は、33週目だそうです(http://www.hiromuku.com/blog/2010/05/25/3491)。
       妊娠線も無く、綺麗なお腹だよね。
       こちらも、いい天気。
       畳に敷く“イ草”の上敷きを買って来ました。
       問題は、どうやって家具を動かすかだ……。
      > 海苔ピーさん
       スゴい量のコメント、ありがとう!
       とても同じ分量のコメレスは返せない。
       許せ。
       幻想シーンは、「ティータイム幻想」以来だね。
       よくもまぁ、鳥料理を1週間も続けられるものだ。
       感心を通り越して、呆れてしまった。
       「題名のないコメント」ってのは、良い題名だよ。
       わたしは、脂肪が載ってる腹が好きなのだ。
       あんな、針で突いたら破けそうな腹は、怖くて触れない。
       妊婦腹の写真って、やっぱりオトーチャンが撮ってるのか?
       興奮するんでしょうか?
       撮った後、ヤルのか?
       あの鳥の骨格は、ちゃんとニワトリのものを探したんだよ(http://www5f.biglobe.ne.jp/~takaki1/Museum/resutoran/index.htm)。
       頭の中のイメージと、ぴったり合った画像にたどり着くのは……。
       ほんまにタイヘンです。
       たった1枚の画像を、30分くらい探し回ることもある。
       いちいち使用許可なんて取ってられないから……。
       ぜんぶ無断借用です。
       でも、まだ1度も文句言われたことは無い。

    • ––––––
      7. 海苔ピー
    • 2010/10/23 19:34
    • 例え本人がこれを読んでいれば苦情を言う事はないでしょう。
      また、友達が読んでいても本人には言えないと思うよ!
      官能小説でありながらコメントは結構、真面目な話だったりする訳ですから、その時に使用してるので文句も言いにくのではないかな?
      本編とコメントの印象が、こんなに掛け離れているサイトも珍しいのではないかな?
      エロがあるのにエロが少な過ぎるコメント欄
      海苔ピーにとっては遊ぶのには楽しすぎて止める事は出来ないな・・・

    • ––––––
      8. ハーレクイン
    • 2010/10/23 20:12
    • う~~ん
      鳩と雀の歩き方の違いの訳ねぇ。
      考えたこともなかったな。
      理科では、こういうことに気付く観察力と「何でやろ」とこだわる姿勢。
      これが大事なんですね。
      この子も今頃は立派な鳥類学者に……。
      どうかな(笑)。
      ちなみに、絶滅危惧種のアホウドリは、体重が重すぎて、その場から飛び立つことができません。
      下り坂を駆け下りて助走し、その勢いで揚力を得て飛び立ちます。
      だから、人や肉食獣に襲われても、とっさに飛んで逃げることができないんですね。
      絶滅寸前まで個体数が減少した原因の一つがこれ。
      繁殖期以外は陸上に近寄らず、ずっと海上で生活します。

    • ––––––
      9. Mikiko
    • 2010/10/23 20:51
    • > 海苔ピーさん
       写真は、撮影者の意図に反した使い方は、(あんまり)してないしね。
       逆に、文句言ってきたら、大した度胸だよな。
       でも、『紙上旅行倶楽部』を出版できないことだけは間違いない。
       まさしく、ここだけでしか読めない世界。
       コメントだけ読みに来る人も、いるだろうね。
       ま、オマケを目的にお菓子を買うこともあるんだし……。
       それも、いいかな。
      > ハーレクインさん
       鳩の脚の方が、機能的に発達しているとかいう答えだったかな?
       逃げられない哀れな鳥を、人間は「アホウ」鳥と呼んで……。
       次々にぶち殺したわけだよね。
       先日NHKで、生物資源から作られる新薬の特集をしてました。
       資源の産出国と薬の開発国で、利益配分を巡って対立が深まってるとか。
       なんか、地球の未来に希望が持てない時代になっちゃったね。
    コメントする   【由美と美弥子 0567】
コメント一覧へジャンプ    ページトップへ


Comment:本文 絵文字  ※入力できるのは、全角で800字までです。

↓お帰りのさいには↓
愛のワンクリ お願いします
新しいウィンドウは開きません

相互リンクサイトのみなさま(Ⅰ)
未知の星 新・SM小説書庫2 電脳女学園 赤星直也のエロ小説
愛と官能の美学 官能的なエロ小説 [官能小説] 熟女の園 羞恥の風
人に言えない秘密の性愛話 ちょっとHな小説 変態小説 淫芯
人妻の浮気話 艶みるく 女性のための官能小説 官能文書わーるど 西園寺京太郎のSM官能小説
恥ずかしがりたがり。 性小説 潤文学ブログ 最低のオリ 濠門長恭の過激SM小説

相互リンクサイトのみなさま(Ⅱ)
被支配中毒 黒い教室 女の陰影 HAKASEの第二読み物ブログ
女性のH体験告白集 あおいつぼみ 葵蕾 被虐願望 お姫様倶楽部.com
魔法の鍵 官能の本棚 禁断の体験 エッチな告白集 おとなの淫文ファイル エッチのあとさき
Playing Archives 恥と屈辱の交差点 潤文学 ぺたの横書き
ましゅまろくらぶ 空想地帯 Mikiko's Roomの仮設テント かめべや
恍惚團 ~ドライ・オーガズムの深淵~ Angel Pussy 週刊創作官能小説 出羽健書蔵庫 むね☆きゅんファンサイト

相互リンクサイトのみなさま(Ⅲ)
ろま中男3 渡硝子の性感快楽駆け込み寺 平成な美少女ライトノベル 漂浪の果てに
週刊リビドー 女教師と遊ぼう アダルト検索一発サーチ 快感小説
SM・お仕置き小説ブログ 官能秘宝園 制服美少女快楽地獄 秘密のエッチ体験談まとめ
18's Summer 淫鬼の棲む地下室 被虐のハイパーヒロインズ ひめ魅、ゴコロ。
おしっこ我慢NAVI 妄想ココット ライトHノベルの部屋 レズ画像・きれいな画像倉庫

riccia 調教倶楽部 ちょっとHなおとなのための… 緊縛新聞
Japanese-wifeblog Eros'Entertainment オシッコオモラシオムツシーン収集所 性転換・TS・女体化劇場
エピソードセックス マルガリテの部屋 アダルト官能小説快楽機姦研究所 渋谷子宮 RE:BIRTH
羞恥集 黒塚工房 プライド 女性作家専門官能小説
官能小説 レイプ嗜好 人妻!人妻!人妻! wombatの官能小説 黒イ都
羊頭狗肉 ひよこの家 美里のオナニー日記 エロショッカー軍団
★相互リンク募集中!(メールしてね)★

ランキング/画像・動画(1~10)
エログちゃんねる 人気ブログランキング
にほんブログ村 官能小説アンテナ
ライブドアブログ シンプルアダルト動画サーチ
オンライン小説検索・R小説の栞 アダルトブログランキング


ランキング/画像・動画(11~30)
Adult Novels Search 正しいH小説の勧め Girls Love Search GL Search
クリエイターコレクションR18 おたりんく GAY ART NAVIGATION 十八禁恋愛私花集







<ランキング/画像・動画(31~50)ここまで-->
△Top