Mikiko's Room

 ゴシック系長編レズビアン小説 「由美と美弥子」を連載しています(完全18禁なので、良い子のみんなは覗かないでね)。
 「由美と美弥子」には、ほとんど女性しか出てきませんが、登場する全ての女性が変態です。
 文章は「蒼古」を旨とし、納戸の奥から発掘されたエロ本に載ってた(挿絵:加藤かほる)、みたいな感じを目指しています。
 美しき変態たちの宴を、どうぞお楽しみください。
管理人:Mikiko
由美と美弥子 0034
コメント一覧へジャンプ    コメント投稿へジャンプ
 母が絶叫し、父が咆哮した。

 母の上体は父の上で真っ直ぐに起ち上がり、びくびくと痙攣した。
 やがてその裸身が蝋燭の焔のように静まり、ゆっくりと父の上に崩れていった。

 崩れながら、母の頚はがっくりと手前に折れていた。
 ベッドに額が落ちたとき、頚が横に倒れ、母の目は自らの斜め後ろを見た。
 ドアからは、廊下のフットライトが漏れていたはずだ。

 母の目は大きく見開かれた。
 ドアから覗く美弥子と目が合ったのだ。
 美弥子はとっさにノブから手を離し、駆け出していた。

 後ろで扉の閉まる音がした。
 見てはいけない母を見てしまった。
 しかも、それを母に知られてしまった。
 トイレに行くのも忘れ、美弥子は自分の部屋に駆け戻った。

 ベッドに入り目を瞑っても、今見た光景が脳裏から離れなかった。
 股間が熱くなっていた。
 トイレに行き忘れたことにようやく気が付いたが、再び両親の寝室前を通る勇気は起きなかった。
 股間がむずむずする。
 美弥子は今までに無い感覚を訝り、下穿きの中に手を入れた。

 そこはヌルヌルと湿っていた。
 てっきりおしっこを漏らしたのだと思い、パジャマごと下穿きを下ろした。
 下穿きには僅かに染みが見られたが、失禁にしては量が少ない。
 どうやらおしっこを漏らしたのでは無いらしいと安心したが、股間のむずむずは収まらなかった。
 濡れた下穿きを履きなおす気にもなれず、美弥子はそのまま仰向けになった。

 目を閉じてみても、とても眠れそうになかった。
 母の赤く捲れ上がった性器が、瞼の裏にまざまざと焼き付いていた。
 そっと自分の性器に触れてみる。
 びくんと肩が跳ねた。
 異様な感覚だった。

 美弥子は、頚を持ち上げて性器を覗きこんだ。
 そこは、昨日までの「おしっこをするだけの穴」ではなくなっていた。

 陰唇がぱっくりと口を開け、熱を持って疼いていた。
 父の陰茎は、やはり母のここに入っていたのだと悟った。
 指がひとりでに動き、陰唇をなぞった。
 背筋を、悪寒にも似た戦慄が駆けあがる。

 どうして自分の性器はこんなにも熱く、そして濡れているのだろう。
 性器を探る指が、陰唇上で襞が合わさるところに触れたとき、美弥子の背中が跳ね上がった。
 頚が仰け反る。
 そこを押さえた指が、ひとりでに動き出した。
 生まれて初めての快感が、美弥子を襲った。
 頚が左右に振れる。

 このまま続けたら、おかしくなってしまいそうな予感がした。
 しかし、指の動きはもう止められなかった。
 あっという間に、美弥子は初めての絶頂に達していた。
 頚が枕から持ち上がった。
 全身がびくびくと痙攣した。
 両目はかっと見開かれ、開いた口からは涎が頬を伝った。
 最後の痙攣の後、全身が硬直し、そして弛緩した。
 頚が枕に落ちた。

 全身の力が抜けた美弥子の尿道から、こらえていた尿が漏れ出した。
 もう止めようがなかった。
 たちまち黄色い奔流となった尿は、美弥子の太腿も、脱ぎ下ろした下穿きもパジャマも漬し、シーツに染みていった。
由美と美弥子 033目次由美と美弥子 035





コメント一覧
コメント投稿へジャンプ    ページトップへ

    • ––––––
      1. Mikiko
    • 2008/08/06 07:35
    •  おととい、会社に置いてある自転車に乗ってて、ものの見事にコケました。
       会社近くに階段があって、段の真ん中が自転車を引く狭いスロープになってます。
       普段は階段前で降りて自転車を引いて下るのに、その日に限って乗ったままスロープを下ろうとしたのです。
       あと数段というところで、タイヤがスロープを外れました。
       階段でタイヤが弾み、足を着く間もなく下まで転落です。
       たぶん、カエルみたいにお腹から着地したと思います。
       痛いよりも、恥ずかしくて……。
       電撃に打たれた人のように立ち上がると、何事もなかったふりで自転車を漕ぎました。
       幸い、人の目は無かったみたいなのですが……。
       漕ぎながら、こんなエロ小説を書いている女が自転車でコケたかと思うと、何だか悲しくなりました。
       会社に帰ってロッカーで確認してみたところ、肘から手首にかけて数カ所青タンになっているほかは、擦り傷もありませんでした。
       よほど上手くコケたんだなと、我ながら感心してたところ……。
       昨日になって、左手親指の付け根がズキズキ痛み始めました。
       どうやら、とっさに手をついてたらしいのです。
       というわけで、こうしてキーボードを打つのにも難渋する始末です。
       痛みをこらえながらエロ小説を打つ女、やっぱり悲しい……。
       気を取り直していきましょう。
       次回から、美弥子の母に視点が移ります。
       彼女により、美弥子の混血の謎が語られることになります。
       なお、十歳の美弥子ちゃんのエッチな体験には、まだ続きがあります。

    • ––––––
      2. 堕天使ニーチェ
    • 2008/08/08 13:15
    • それは災難でしたね・・・(汗
      私も、テストで悪い点数を取ったときなど
      「エロ小説読みの女がこんなに悪い点数を取るなんてシャレにならない状況だ・・・」とか思いますもんw
       逆に、音楽の時間などは
      「エロ小説読みの女がこんなに楽器をうまく演奏でき、歌も上手く歌えるのはどうも奇妙な状況だ・・・」となりますねw
      よくありますよね。自分がエロリストだと自覚する瞬間って。
      なんでもない言葉から変な妄想が始まったりしますしw

    • ––––––
      3. Mikiko
    • 2008/08/09 07:50
    •  痛みは大分楽になりました。
       コケたときは、てっきり天罰かと思いました。
       でも、わたしの腕が無事だったってことは、このまま書いててもいいってことだよねと勝手に解釈し、今日も元気に「エロリスト」しています。

    • ––––––
      4. K子
    • 2012/06/21 10:26
    • 私も美弥子と同じく10歳のときに両親の営み現場目撃しました!
      その頃は6畳間に父・私・母と3人が川の字で寝ていました。
      夜中、聞いたことのない甘く高い声の人がいる!と気づき
      これはきっと見知らぬ人が入ってきてるのだと焦り、
      右隣りで寝てるはずの母に助け求めようとそっと手を伸ばしてみたところ
      いるはずの母がいない!
      衝撃でした。
      …ということはこの異様な声の主は母なのではないかと
      真っ暗な中、目をこらして
      声のする方(父の布団の方)を薄目でじっくり見ました。
      すると!やはり母の姿が!!
      そして父の姿も!
      まだ性にも目覚めてなかった私ですが冷静に考えました。
      あぁ、これはsexなのだと。
      両親は夫婦なのだからそりゃsexするわな..と納得しました。
      それから、何週間か後にも
      いつもは寝るときは蛍光灯は消して豆球だけはつけていたのに
      完全に全て消す日がありました。
      よく思い出してみると
      先日sex現場に遭遇したときも豆球まで消されていたと。
      そっか、今晩も営みはるのだと..
      またあの声が聞こえてきたら目を覚まそうと心に誓い
      眠りにつきました。
      もう真夜中もいいところだろうという頃に高くて甘い声!
      そっと薄目開けこっそりじっくり見てみました。
      前回とは違い、
      仰向けになった父の上に母が乗り
      奇声発しながら母が腰を振っていました。
      そんな用語知らないはずの私でしたが、
      あぁ、今日は騎乗位なのだと気づいたのです(笑)
      あれは謎でした。
      何故に騎乗位などと言う言葉を知っていたのだろうかと。
      それからです。
      誰もいないときクッションにまたがって腰を振り
      クリトリスをこすりつけ気持ち良くなり始めたのは。
      そして、パンツが濡れることも知りました!
      私もたいがいです。

    • ––––––
      5. ハーレクイン
    • 2012/06/21 14:53
    • これはたまらぬ。
      K子はん。
      レス死体、あ、いや、レスしたい。
      したいが、わたしが先にするわけにはいかぬ。
      生殺しとはこういうことなのだなあ。
      た、助けてくれ。

    • ––––––
      6. Mikiko
    • 2012/06/21 19:44
    •  強烈なコメが入りました。
       今、第1回からコメを読みあがってる方に補足しますが……。
       K子さんのコメが入ったのは、本編1000回の翌日です。
       1000回が招き寄せたんでしょうか?
       なんかやっぱり、関西文化を感じさせるエピソードですね。
       ほかの地方の子供では……。
       「両親は夫婦なのだからそりゃsexするわな」とは、納得できんでしょう。
       実は、わたしにも、似た体験があるんです。
       と言っても、両親ではありません。
       わたしは、祖父母と寝てましたから。
       わたしが寝ぼけ眼で見たのは……。
       祖母が腹痛で苦しんでいて、その祖母のお腹を祖父がさすってる、という光景。
       わたしは、K子さんとは違い、祖父母が何をなさってるのか解りませんでした。
       あれはペッチングだったんだなぁと理解できたのは、成人になってからです。
       K子さん、あなた文章書けますね。
       実にいい味出てます。

    • ––––––
      7. ハーレクイン
    • 2012/06/21 21:33
    • 何を隠そう。
      わたしも両親のまぐわい、ミトノマグハヒ、目撃しております。
      さあ、あれは、幾つのころでしたでしょうか。小学生であったのは間違いない。
      姉弟妹三人は三畳の間。両親は隣の六畳に寝とりました。
      夜中、隣室の異様な声に目ざめ、即「あ、やっとるな」と気づいたのは私のみ。姉と妹は大きな寝息を立てて寝ておる。
      その寝息に乗じ、そそっと境の襖を開けましたが、隣室は真っ暗。なんにもわかりません。
      そのうち母親が起き上がり、トイレに行き……「何や、もう終わりか」でこっちも眠りに就きました。さしたる感慨もなく……。
      しかしK子さん。
      「またあの声が聞こえてきたら目を覚まそうと心に誓い」、
      「ああ、今日は騎乗位なのだ」、
      は凄いですねえ。
      「今晩も営みはる」
      「私もたいがいです」
      大阪のお方やと思いますがどないですやろ。
      K子はん。
      Mikiはんも言うてはりますが、是非書いとくんなはれ。
      火曜日の投稿枠、いつでも明け渡しまっせ。

    • ––––––
      8. K子
    • 2012/06/22 11:10
    • K子のつたない文章に反響あり驚いております!
      本当にありがとうございました。
      ハーレクイン様…
      レス、どうぞくださいませ!
      エロネタは大学(アホアホ芸大)でエロと笑いに人生かけた男どもにすっかり慣らされておりますのでご心配なくどギツいのをお寄せください!
      大好物ですwww
      Mikiko様…
      1000回記念の翌日でしたか!
      それはなんだかすっごい偶然♪
      ネットエロ小説オタクのK子ですが、
      初めて足を踏み入れたMikiko's room、
      すっかりはまってしまっております!
      K子にエロ小説書けとおっしゃいますか?
      ..はぁ、、書けるものなら書きたいのは山山ですが…
      如何せん、自己体験かヤリマン友からのまた聞きからしかエロネタよう書かんのですよねぇ↓↓
      自己体験はほんのささいなものしかなくネタ切れ必至。
      ヤリマン友から仕入れた話はかなりどギツく作り話もいくつかあったのかもしれません。
      それに、残念ながら私に文章力は皆無なのです(涙)
      読書は幼い頃から20歳までは大好きで
      20歳で病気により目の血管詰まって視力失い大好きやった本からは離れざるを得なくなりました×
      しかし、現代では音声ソフトという素晴らしいソフトが開発され
      ネット小説は読めるようになってます!
      だから、R18系の恋愛小説やエロ小説読み漁ってますwww
      したいお話はまだまだあるのですが、
      全てこのレスに書いてもいいんですかねぇ?
      個人的にメールできるのであれば
      興味持ってくださる方にだけお話したいです!
      それと、わかっちゃうもんなんですねw
      そうです。私、K子は大阪出身大阪在住の浪速の浜っ子です!
      これからは大阪弁ばりばり使っていこうと思いますwww

    • ––––––
      9. Mikiko
    • 2012/06/22 19:55
    •  1000回記念のお祝いでコメしてくれたのかと思ってました。
       スゴい偶然ですね。
       以前にも、音声ソフトで読んでくださってる方からメールをいただいたことがあります。
       わたしの文章は、音声化してもけっこう楽しめるようですね。
       現代詩なんかを書いてた恩恵かも知れません。
       K子さん
       あなた、ぜったい書けますって。
       体験などなくても、妄想すればいいんです。
       妄想の世界なら、ネタは無限ですよ。

    • ––––––
      10. K子
    • 2012/06/22 21:18
    • エロ小説書きになれ!と旦那氏にも勧められたことはありますが(おい!)
      妄想力がそんなに強くないので体験に毛を生やしたぐらいにしかできません×
      そして、旦那氏に知られたら困る内容が主になっちゃいますしねwww

    • ––––––
      11. Mikiko
    • 2012/06/22 22:45
    •  自分の妄想だと開き直ればいいんです。
       実際、書いてると、妄想が入り込んで来ると思うし。
    コメントする   【由美と美弥子 0034】
コメント一覧へジャンプ    ページトップへ


Comment:本文 絵文字  ※入力できるのは、全角で800字までです。

↓お帰りのさいには↓
愛のワンクリ お願いします
新しいウィンドウは開きません

相互リンクサイトのみなさま(Ⅰ)
ましゅまろくらぶ 禁断の体験 エッチな告白集 未知の星 新・SM小説書庫2
官能文書わーるど 官能の本棚 潤文学 羞恥の風
赤星直也のエロ小説 変態小説 性小説 潤文学ブログ ちょっとHな小説
電脳女学園 愛と官能の美学 [官能小説] 熟女の園 官能的なエロ小説
人妻の浮気話 艶みるく 恍惚團 ~ドライ・オーガズムの深淵~ 恥と屈辱の交差点 空想地帯

相互リンクサイトのみなさま(Ⅱ)
おとなの淫文ファイル エッチのあとさき HAKASEの第二読み物ブログ Angel Pussy 週刊創作官能小説 ぺたの横書き
お姫様倶楽部.com 黒い教室 アダルト検索一発サーチ 濠門長恭の過激SM小説
被虐願望 女性のH体験告白集 女性のための官能小説 Playing Archives
魔法の鍵 女の陰影 漂浪の果てに 官能秘宝園
恥ずかしがりたがり。 出羽健書蔵庫 平成な美少女ライトノベル 快感小説
制服美少女快楽地獄 むね☆きゅんファンサイト Mikiko's Roomの仮設テント ろま中男3

相互リンクサイトのみなさま(Ⅲ)
秘密のエッチ体験談まとめ かめべや 渡硝子の性感快楽駆け込み寺 SM・お仕置き小説ブログ
最低のオリ 18's Summer 淫鬼の棲む地下室 西園寺京太郎のSM官能小説
被虐のハイパーヒロインズ ひめ魅、ゴコロ。 おしっこ我慢NAVI 妄想ココット
ライトHノベルの部屋 被支配中毒 レズ画像・きれいな画像倉庫 riccia
調教倶楽部 ちょっとHなおとなのための… 緊縛新聞 Japanese-wifeblog

Eros'Entertainment オシッコオモラシオムツシーン収集所 性転換・TS・女体化劇場 エピソードセックス
マルガリテの部屋 アダルト官能小説快楽機姦研究所 渋谷子宮 RE:BIRTH 羞恥集
黒塚工房 あおいつぼみ 葵蕾 プライド 女性作家専門官能小説
官能小説 レイプ嗜好 人妻!人妻!人妻! wombatの官能小説 黒イ都
羊頭狗肉 ひよこの家 美里のオナニー日記 エロショッカー軍団

★相互リンク募集中!(メールしてね)★

ランキング/画像・動画(1~10)
エログちゃんねる 人気ブログランキング
官能小説アンテナ にほんブログ村
アダルトブログランキング ライブドアブログ
Girls Love Search GL Search
成人向けランキング Adult Novels Search

ランキング/画像・動画(11~30)
ネット小説ランキング アダルト動画まとめ 正しいH小説の勧め セックス・ノベル・ネット
ぱっくりんく ヌケルアダルト作品 GAY ART NAVIGATION クリエイターコレクションR18
少女禁忌区域 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます!






<ランキング/画像・動画(31~50)ここまで-->
△Top