Mikiko's Room

 ゴシック系長編レズビアン小説 「由美と美弥子」を連載しています(完全18禁なので、良い子のみんなは覗かないでね)。
 「由美と美弥子」には、ほとんど女性しか出てきませんが、登場する全ての女性が変態です。
 文章は「蒼古」を旨とし、納戸の奥から発掘されたエロ本に載ってた(挿絵:加藤かほる)、みたいな感じを目指しています。
 美しき変態たちの宴を、どうぞお楽しみください。
管理人:Mikiko
由美と美弥子 0024
コメント一覧へジャンプ    コメント投稿へジャンプ


 自らの尿で、ショーツを濡らしてしまった。
 思いもかけなかった失態に、美弥子は動転していた。

 更に追い打ちをかけるように、そのショーツでトイレを溢れさせてしまった。
 何も出来ず、壁際に立ち竦むだけだった。
 その時突然、扉が叩かれたのだ。

 そう言えばこの個室に入るとき、他の扉はすべて閉まっていた。
 隣の個室にも、誰か居たのだ。
 若い声なので、同じ学生だろう。
 失態を、その人に知られてしまった。
 しかも、扉を開けて中に入れろと言う。
 美弥子の額に冷や汗が浮いた。
 このまま立ち去って欲しいと願った。
 しかし、扉は再び叩かれた。

「このままだと、トイレが水浸しになっちゃいますよ!
 開けてくれないなら、人を呼んできます」

 こんな状況の中で、扉の外に人が集まって来る……。
 考えただけで恐ろしい事態だった。
 溢れた水は、ヒールの踵を洗っている。
 もはや、この人の助けを借りるほかは無いのだ。

「待って」

 美弥子は、観念して扉の鍵を外した。
 扉が細く開くと同時に、人が滑り込んできた。

 その人は言葉もなく、美弥子の顔を見ることもなかった。
 俯いたまま扉の鍵を後ろ手に閉めると、直ぐさま四つん這いになった。
 何の躊躇いもなく、溢れる便器に腕を突っ込む。

 美弥子はその背中を見下ろしながら、ただ立ち竦んでいた。
 言葉を発することが出来なかった。
 その人は、全裸だったのだ。

 少女のような幼い体形をしていた。
 白い肌に、背骨が浮いて見えた。
 美弥子は呆然としながら、その背骨の列を数えていた。

 短い格闘の末、その人の手によりショーツが奪還された。
 水が、音を立てて引いてゆく。
 助かった……。

 その人はゆっくりと立ち上がった。
 そして真っ直ぐに美弥子を見た。
 その瞬間、美弥子は更に大きく目を見開いた。
 知っている顔だった。
 知っているどころか、同じクラスの学生だ。
 一度も口を利いたことは無いが……。
 確か、藤村由美と言ったはずだ。
 可愛らしい顔をした、物静かな少女だった。

 本来なら、助けてもらったお礼を言うべきなのだろう。
 しかし、判らなかった。
 なぜこの少女は、全裸でいるのか。
 しかもなぜ、こんなにも真っ直ぐに、自分の目を見ていられるのか。
 服を着ている自分の方がおかしいのではないか、一瞬そんなことを思わせるほど無垢な視線だった。

 美弥子は、耐えきれずに視線を外した。
 流れる視角の隅に、少女の下腹部がよぎった。
 違和感を感じ、もう一度視線がそこに戻る。
 少女の下腹部には、あるべき物が無かった。

 性毛が無いのだ。
 上から見下ろしているので、性器はほとんど見えない。
 恥丘がぷっくりと膨らんだ、幼女のような下腹部だった。
 目を逸らさなければと思ったのだが、美弥子の視線は、強い磁力に引きつけられたように、そこから離れなかった。

 記憶の底で、泥が噴き上がっていた。
 そこから何かが浮かび上がってくる。
 深い湖の底を離れた廃船が、ゆっくりと浮揚してくる。
 湖面に黒い影が揺らめいた。
 そして突然、廃船は湖上に姿を現した。
 押し殺していた記憶が、一瞬にして蘇った。
 美弥子は後ずさった。

『帰ってきた……。
 あの人が帰って来た……』

 背中を壁に預け、美弥子は喘いだ。
 息が苦しい。

「美弥子、さん……?」

 少女が一歩踏み出す。

「ひっ」

 美弥子の理性が吹き飛んだ。

「ごめんなさい!
 ごめんなさい、先生。
 許して……。
 美弥子を許して」

 美弥子は、蘇った記憶の中に、一瞬にして引きずり込まれていった。


★作者注)次回の25回から173回までは、美弥子の回想シーンとなります。今回の続きは、174回です。★
由美と美弥子 023目次由美と美弥子 025





コメント一覧
コメント投稿へジャンプ    ページトップへ

    • ––––––
      1. Mikiko
    • 2008/07/13 08:20
    •  てなわけで、次回からは、美弥子の「蘇った記憶」の中に入っていきます。
       前回ようやく出会った由美と美弥子ですが、このシーンの続きはもうしばらく先になりそうです。
    コメントする   【由美と美弥子 0024】
コメント一覧へジャンプ    ページトップへ


Comment:本文 絵文字  ※入力できるのは、全角で800字までです。

↓お帰りのさいには↓
愛のワンクリ お願いします
新しいウィンドウは開きません

相互リンクサイトのみなさま(Ⅰ)
新・SM小説書庫2 未知の星 電脳女学園 赤星直也のエロ小説
恥ずかしがりたがり。 ちょっとHな小説 愛と官能の美学 只野課長の調教日記
人妻の浮気話 艶みるく [官能小説] 熟女の園 人に言えない秘密の性愛話 官能的なエロ小説
西園寺京太郎のSM官能小説 女性のための官能小説 ぺたの横書き 被虐願望

相互リンクサイトのみなさま(Ⅱ)
濠門長恭の過激SM小説 淫芯 変態小説 お姫様倶楽部.com
被支配中毒 むね☆きゅんファンサイト 性小説 潤文学ブログ 出羽健書蔵庫
女の陰影 官能文書わーるど かめべや 女性のH体験告白集
あおいつぼみ 葵蕾 HAKASEの第二読み物ブログ 黒い教室 女教師と遊ぼう
魔法の鍵 平成な美少女ライトノベル 羞恥の風 最低のオリ
官能の本棚 禁断の体験 エッチな告白集 おとなの淫文ファイル エッチのあとさき Playing Archives

相互リンクサイトのみなさま(Ⅲ)
恥と屈辱の交差点 潤文学 ましゅまろくらぶ 空想地帯
Mikiko's Roomの仮設テント 恍惚團 ~ドライ・オーガズムの深淵~ Angel Pussy 週刊創作官能小説 ろま中男3
渡硝子の性感快楽駆け込み寺 漂浪の果てに 週刊リビドー アダルト検索一発サーチ
快感小説 SM・お仕置き小説ブログ 官能秘宝園 制服美少女快楽地獄
秘密のエッチ体験談まとめ 18's Summer 淫鬼の棲む地下室 被虐のハイパーヒロインズ

ひめ魅、ゴコロ。 おしっこ我慢NAVI 妄想ココット ライトHノベルの部屋
レズ画像・きれいな画像倉庫 riccia 調教倶楽部 ちょっとHなおとなのための…
緊縛新聞 Japanese-wifeblog Eros'Entertainment オシッコオモラシオムツシーン収集所
性転換・TS・女体化劇場 エピソードセックス マルガリテの部屋 アダルト官能小説快楽機姦研究所
渋谷子宮 RE:BIRTH 羞恥集 黒塚工房 プライド
女性作家専門官能小説 官能小説 レイプ嗜好 人妻!人妻!人妻! wombatの官能小説
黒イ都 羊頭狗肉 ひよこの家 美里のオナニー日記
エロショッカー軍団 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます!
★相互リンク募集中!(メールしてね)★

ランキング/画像・動画(1~10)
人気ブログランキング 官能小説アンテナ
にほんブログ村 ライブドアブログ
アダルトブログランキング オンライン小説検索・R小説の栞
エログちゃんねる シンプルアダルト動画サーチ


ランキング/画像・動画(11~30)
おたりんく 正しいH小説の勧め クリエイターコレクションR18 Adult Novels Search
Girls Love Search GL Search GAY ART NAVIGATION Cyber あまてらす
ネット小説ランキング 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます!






<ランキング/画像・動画(31~50)ここまで-->
△Top