Mikiko's Room

 ゴシック系長編レズビアン小説 「由美と美弥子」を連載しています(完全18禁なので、良い子のみんなは覗かないでね)。
 「由美と美弥子」には、ほとんど女性しか出てきませんが、登場する全ての女性が変態です。
 文章は「蒼古」を旨とし、納戸の奥から発掘されたエロ本に載ってた(挿絵:加藤かほる)、みたいな感じを目指しています。
 美しき変態たちの宴を、どうぞお楽しみください。
管理人:Mikiko
由美と美弥子 0022
コメント一覧へジャンプ    コメント投稿へジャンプ
 由美は跳ね起きた。
 そのまま個室を飛び出す。
 美弥子の個室からは、扉の下を抜けて水が溢れ出ていた。
 美弥子の扉を叩く。

「水が溢れてますよ!
 何か詰まってるんじゃないですか?」

 応えはなかった。
 おそらく、壁際に立ち竦んだままなのだろう。

「開けてください!
 あたしが何とかしますから!」

 まだ応えはない。
 由美の裸足の足を、水が浸し始めた。
 由美は更に扉を叩いた。

「このままだと、トイレが水浸しになっちゃいますよ!
 開けてくれないなら、人を呼んできます」
「……待って」

 そう応えながらも、しばらくの間があった。
 まだ迷っているのだろうか。
 由美が再び扉を叩こうとしたとき、ようやくラッチの外れる音がした。
 扉が細く開いた。
 由美は、そこから身を滑り込ませた。

 目を伏せたまま後ろ手に鍵を掛けると、そのまま四つん這いになる。
 便器からは、泉のように水が湧き出していた。
 由美の脳裏に一瞬、幼い頃お伽噺で読んだ、『溢れる井戸』の一場面が浮かんだ。
 美弥子とは、まだ目を合わせていない。
 由美の目の端に、立ち竦む美弥子の両脚だけが見えた。
 そしてその脚の前に這い蹲る姿こそは、由美にとって精一杯の謝罪の気持ちでもあったのだ。

 由美は、躊躇いなく水溜まりに腕を差し入れた。
 水底に沈むショーツに指が掛かる。
 排水穴に呑み込まれようとしていた小さな布地を指先に絡め、ゆっくりと引き上げる。
 まるで、魔界に引き込まれそうになった魂を、この世に引き戻そうとするかのように。
 やがて由美の指が、水面に浮上した。
 白いショーツは、しっかりとその指に絡んでいる。
 由美は、もう一方の手を添えてその布地を掴むと、一気に引っぱった。
 魔界は抵抗を見せ、両者の間でショーツが引き伸ばされた。
 空間が歪んだように見えた。
 しかし次の瞬間、呆気なく勝負はついた。
 由美の手に、布地が残っていた。

 魔界はゴボゴボと呪いの言葉を吐きながら、向こうの世界に戻って行った。
 見る見る水が引いてゆく。
 それを見届けた由美は、ショーツを掴んだままゆっくりと起ち上がった。
 大切な宝を奪い返してきた、ナイトのように。
 女王様の前に。
由美と美弥子 021目次由美と美弥子 023





コメント一覧
コメント投稿へジャンプ    ページトップへ

    • ––––––
      1. Mikiko
    • 2008/07/09 07:22
    •  文中にある『溢れる井戸』について。
       「お伽噺で読んだ」と書きましたが、そういうお伽噺は存在しません(たぶん)。
       わたしが知っているのは、『溢れる井戸』の「実話」です。
       わたしの住んでいる新潟市の中心部に、「異人池」と呼ばれる池がありました。
       この池はなんと、井戸が溢れて出来た池だったです。
       そんなに昔の話じゃありません。
       明治になってからのことです。
       その場所は、今でこそ市の中心部になっていますが、当時は町外れの砂丘のふもとでした。
       そこにカトリックの教会が建ちました。
       敷地内に、洗濯のための井戸が掘られました。
       その井戸が溢れたのです。
       砂丘に滲みた雨水が、井戸から湧き出したのです。
       あっという間に、大きな池が出来ました。
       いつしか、教会の尖塔を映すその池は、「異人池」と呼ばれるようになりました。
       この話をわたしは、三芳悌吉という人が描いた「ある池のものがたり」という絵本で知りました。
       古書店で絵に引かれて買ったのですが、井戸が溢れて出来た池という「ものがたり」も十分魅力的でした。
       今、「異人池」はありません。
       自然に枯れて、干上がってしまったそうです。
       最近、異人池のあった辺りに、『溢れる井戸』のモニュメントが出来ました。
       枡形の井戸から、ちゃんと水が溢れています(勢いの無い噴水みたいですが)。
       池も無くなり、地名としても残っていないのですが、高級住宅街になったこの辺りのマンションには、やたら「異人池」の名前が付いています。
       やっぱり「異人池」という語には、エキゾチックな響きがあるからなのでしょうね。
    コメントする   【由美と美弥子 0022】
コメント一覧へジャンプ    ページトップへ


Comment:本文 絵文字  ※入力できるのは、全角で800字までです。

↓お帰りのさいには↓
愛のワンクリ お願いします
新しいウィンドウは開きません

相互リンクサイトのみなさま(Ⅰ)
ましゅまろくらぶ 禁断の体験 エッチな告白集 未知の星 新・SM小説書庫2
官能文書わーるど 官能の本棚 潤文学 羞恥の風
赤星直也のエロ小説 変態小説 性小説 潤文学ブログ ちょっとHな小説
電脳女学園 愛と官能の美学 [官能小説] 熟女の園 官能的なエロ小説
人妻の浮気話 艶みるく 恍惚團 ~ドライ・オーガズムの深淵~ 恥と屈辱の交差点 空想地帯

相互リンクサイトのみなさま(Ⅱ)
おとなの淫文ファイル エッチのあとさき HAKASEの第二読み物ブログ Angel Pussy 週刊創作官能小説 ぺたの横書き
お姫様倶楽部.com 黒い教室 アダルト検索一発サーチ 濠門長恭の過激SM小説
被虐願望 女性のH体験告白集 女性のための官能小説 Playing Archives
魔法の鍵 女の陰影 漂浪の果てに 官能秘宝園
恥ずかしがりたがり。 出羽健書蔵庫 平成な美少女ライトノベル 快感小説
制服美少女快楽地獄 むね☆きゅんファンサイト Mikiko's Roomの仮設テント ろま中男3

相互リンクサイトのみなさま(Ⅲ)
秘密のエッチ体験談まとめ かめべや 渡硝子の性感快楽駆け込み寺 SM・お仕置き小説ブログ
最低のオリ 18's Summer 淫鬼の棲む地下室 西園寺京太郎のSM官能小説
被虐のハイパーヒロインズ ひめ魅、ゴコロ。 おしっこ我慢NAVI 妄想ココット
ライトHノベルの部屋 被支配中毒 レズ画像・きれいな画像倉庫 riccia
調教倶楽部 ちょっとHなおとなのための… 緊縛新聞 Japanese-wifeblog

Eros'Entertainment オシッコオモラシオムツシーン収集所 性転換・TS・女体化劇場 エピソードセックス
マルガリテの部屋 アダルト官能小説快楽機姦研究所 渋谷子宮 RE:BIRTH 羞恥集
黒塚工房 あおいつぼみ 葵蕾 プライド 女性作家専門官能小説
官能小説 レイプ嗜好 人妻!人妻!人妻! wombatの官能小説 黒イ都
羊頭狗肉 ひよこの家 美里のオナニー日記 エロショッカー軍団

★相互リンク募集中!(メールしてね)★

ランキング/画像・動画(1~10)
エログちゃんねる 人気ブログランキング
官能小説アンテナ にほんブログ村
アダルトブログランキング ライブドアブログ
Girls Love Search GL Search
成人向けランキング Adult Novels Search

ランキング/画像・動画(11~30)
ネット小説ランキング アダルト動画まとめ 正しいH小説の勧め セックス・ノベル・ネット
ぱっくりんく ヌケルアダルト作品 GAY ART NAVIGATION クリエイターコレクションR18
少女禁忌区域 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます!






<ランキング/画像・動画(31~50)ここまで-->
△Top