Mikiko's Room

 ゴシック系長編レズビアン小説 「由美と美弥子」を連載しています(完全18禁なので、良い子のみんなは覗かないでね)。
 「由美と美弥子」には、ほとんど女性しか出てきませんが、登場する全ての女性が変態です。
 文章は「蒼古」を旨とし、納戸の奥から発掘されたエロ本に載ってた(挿絵:加藤かほる)、みたいな感じを目指しています。
 美しき変態たちの宴を、どうぞお楽しみください。
管理人:Mikiko
単独旅行記Ⅲ(158)
コメント一覧へジャンプ    コメント投稿へジャンプ
 ハチの剥製が造られたのは、『国立科学博物館』の前身『東京科学博物館』です。
 ハチの遺体は、実際にはそうとう汚れ、臭気も酷かったそうです。
 毛の洗浄、折れた耳の修復などを行い、元気なころのハチを再現しました。
 制作者のひとり、本田晋は……。
 ハチの胴体に、「いつ死に、いつ作られ、誰が作ったのか」を記載した封筒をこっそり収めたと、後年述懐しています。
 何万点も剥製を作った人ですが、そんなことをしたのはハチだけだったとか。

 さて、もう一度、ハチの剥製を見てみましょう。
ハチの顔つき

 顔つきが、今の秋田犬とは違うような気がします。
 今の秋田犬は、もっと潰れた顔をしてますよね。
 プーチン犬とか。
プーチンの犬

 極端なのは、わさおです。
極端なのは、わさおです

 ハチが生まれたのは、秋田県大館市で、両親とも名前の付いた犬ですから、おそらく純血種でしょう。
 東大教授のもとに送られたわけですからね。
 わたしは、ハチの顔の方が好きです。
 今の秋田犬は、なんであんなブサい顔になっちゃったんですかね。

 さて、キリがないので、次の犬に移ります。
 上段の右側にいるのは、カラフト犬です。
上段の右側にいるのは、カラフト犬です

 熊みたいですね。
 これも、たいへん有名な犬の剥製です。
 名前は、ジロ。
 そう、南極観測隊と共に南極に渡り……。
 そのまま南極に置き去りにされたにもかかわらず、1年後に生きて発見された犬です。
 生き残ったのは、15頭のうち、タロとジロの兄弟犬2頭のみ。
タロとジロ
↑置き去りにした隊員を恨むこともなく、尻尾を振ってじゃれついてきたそうです。

 犬を置き去りにしたことにより、観測隊は激しい非難を浴びました。
 氷に閉じ込められた南極観測船『宗谷』を救出したのは、アメリカ海軍の砕氷艦『バートン・アイランド号』。
南極観測船『宗谷』

 犬を置き去りにすることは、この艦長の命令だったのです。

 この話を続けようとしたら、まったく筆が進まなくなってしまいました。
 なので、カラフト犬の話をします。
 名前のとおり、樺太や千島列島で作り出された犬種です。
 アイヌなどの北方民族が、犬ゾリや猟犬として使ってました。
アイヌなどの北方民族が、犬ゾリや猟犬として使ってました

 熊のような外見からもわかりますが、寒冷地に適した長毛が特徴です。
 氷点下40度にも耐えるそうです。
 反面、暑さにはからきし弱く、気温が10度を超えると消耗してしまうとか。
単独旅行記Ⅲ(157)目次単独旅行記Ⅲ(159)


コメント一覧
コメント投稿へジャンプ    ページトップへ

    • ––––––
      1. 犬料理人ハーレクイン
    • 2017/02/11 10:39
    • わさお
       わお、懐かしい。
       まだ生きてるのかなあ、と思ったら元気なようです
       HPまであるんだなあ、生意気な。
       しかしこやつ、秋田犬だったのか。相当混血が進んでるということだな。結構なことです。
      タロジロ置き去り
       艦長の判断は当然です。非難する方がどうかしている。あんたらは食わんのか、犬鍋。
       牛や豚は食ってもいいけど、犬置き去りはあかん。わたしには理解できない理屈です。
       で、当時↓こんな歌できました。
      ♪よかったよかった生きていた
       南極基地のカラフト犬
       吹雪と嵐の毎日を
       生き抜いてきたんだタロージロー
      ♪不思議だまるで神業だ
       ニュースを聞いて僕たちは
       てんでに小躍りしたという
       でんでに泣けてきたという
       まだ覚えてたよ。

    • ––––––
      2. Mikiko
    • 2017/02/11 12:37
    • そもそも……
       何しに南極なんか行くんですかね?
       領土に出来るわけじゃないんでしょ。
       わけがわかりません。
       1年間も生きていられたということは……。
       南極は、砂漠よりも遥かに豊かだということでしょう。
       しかし、犬にそうとうな悪感情をお持ちですね。
       犬のいる家の前を通ると、必ず吠えられるんじゃないですか。
       しかし最近、ほんとに犬小屋を見なくなりました。

    • ––––––
      3. 犬あっち行けHQ
    • 2017/02/11 14:38
    •  ↑あー、しつこい
      >何しに南極
       反射的に、テレビ東京系『Youは何しに日本へ?』と思ってしまった(見たことないけど)。
       まあ、資源開発、なんてきな臭い目的もあるでしょうが、やはり最大の原動力は『知的好奇心』。これに尽きるのでは。
       小松のおっちゃん『復活の日』は、新型ウィルスで人類が絶滅。かろうじて南極観測隊だけが生き残った。そして……という話です。こういうことがありうるから、保険として南極へ、ともいえます(ホンマかーい)。
       あ、件のウィルスは低温に弱いんですね。
       『復活の日』は、あの、草刈正雄主演で映画化されました。1980年公開の映画ですから、若かったですねえ草刈正雄。今では務まらんでしょう、越冬隊。
       ヒロイン、というか色添え役は『ロミオとジュリエット』(1968年公開)のオリヴィア・ハッセー。このジュリエットをやった時、オリヴィアは17歳でした。若い、と云いますか可憐と云いますか……。
       そのオリヴィアも60歳を越えました。感慨深いものがあります(それほどでも)。
       タロとジロは、ペンギンやアザラシなどを捕らえて食べていたそうです。
       犬に悪感情は持っておりません。敬して遠ざく、でしょうか(それは嫌〔きろ〕てる、ゆうことやで)。

    • ––––––
      4. Mikiko
    • 2017/02/11 18:26
    • ホッキョクグマは……
       南極には、いないんですかね?
       ということは、南極には、大型の肉食獣はいないってこと?
       それなら案外、食べ放題状態だったのかも?
       いずれにしろ、寒いところにわざわざ行く人の気が知れません。
       鳥取、大雪ですね。
       積雪、90㎝だとか。
       下手すりゃ、家が潰れますよ。
       新潟市は現在、積雪ゼロです。
       寒いですが。

    • ––––––
      5. また降ったよ雪HQ
    • 2017/02/11 21:10
    • 北極にいるから……
       ホッキョクグマ、ですね。
       寡聞にして“ナンキョクグマ”というのは聞いたことありません。
       ということは、南極生態系の頂点に立ったのがタロとジロの樺太犬コンビ、ということになります。
       かなり生態系を乱したのでは、と思いますがまあ、到底食べきれないほどいますわな、ペンギン。
       ペンギンと云いますと、ゴルゴに『皇帝と共に北へ向かう』てのがあります。皇帝は『皇帝ペンギン』です。マッドサイエンティストもの、でしょうか。
      >寒いところにわざわざ行く……
       雪国人ならではの慨嘆ですね。
       え、積雪ゼロ?
       送稿しました、ご確認ください。
       と言うとかんとなあ。先週のことがあるし。

    • ––––––
      6. Mikiko
    • 2017/02/12 08:10
    • 南極の肉食獣
       陸上にはいないみたいですね。
       アザラシやペンギンも肉食ですが、捕食は海で行います。
       海の捕食者では、シャチが最強でしょう。
       それにしても、植物を摂取しなくても、大丈夫なもんですかね?
       あ、食物連鎖の下位の方に、海藻を食べる魚介がいるのかな?
       雪は、除雪して積み上げたところには残ってます。
       でも、自然に積もったところでは無くなってますね。
       これは、田んぼを見るとわかります。
       今朝も、粉砂糖を撒いたくらいしか降ってませんでした。
       屋根瓦の凹んだ部分が白くなった程度です。

    • ––––––
      7. 生産者ハーレクイン
    • 2017/02/12 11:31
    •  ↑植物のことです
      食物連鎖
       植物→草食(植食)動物→肉食動物、が基本ですから、底辺はまあ南極だと海藻類、それと植物プランクトンでしょうか。陸上に植物は……無理でしょう。
       いや、コケや地衣類なら何とかなるかな。でも、生態系を支えるほどには無理でしょう。
       で、これを“しょくぶつれんさ”と言うのはやめてほしいなあ。間違いとは言い切れないようですが。
    コメントする   【単独旅行記Ⅲ(158)】
コメント一覧へジャンプ    ページトップへ


Comment:本文 絵文字  ※入力できるのは、全角で800字までです。

↓お帰りのさいには↓
愛のワンクリ お願いします
新しいウィンドウは開きません

相互リンクサイトのみなさま(Ⅰ)
新・SM小説書庫2 未知の星 [官能小説] 熟女の園 愛と官能の美学
赤星直也のエロ小説 只野課長の調教日記 都会の鳥 電脳女学園
ちょっとHな小説 かおるの体験・妄想 Playing Archives 人妻の浮気話 艶みるく
変態小説 人に言えない秘密の性愛話 女性のための官能小説 黒い教室

相互リンクサイトのみなさま(Ⅱ)
ぺたの横書き 西園寺京太郎のSM官能小説 あおいつぼみ 葵蕾 女性のH体験告白集
熟女と人妻エロンガ 女の陰影 最低のオリ 性転換・TS・女体化劇場
魔法の鍵 知佳の美貌録 性小説 潤文学ブログ Mikiko's Roomの仮設テント
むね☆きゅんファンサイト 恥ずかしがりたがり。 官能的なエロ小説 被虐願望
濠門長恭の過激SM小説 淫芯 お姫様倶楽部.com 被支配中毒
出羽健書蔵庫 官能文書わーるど かめべや HAKASEの第二読み物ブログ

相互リンクサイトのみなさま(Ⅲ)
女教師と遊ぼう 平成な美少女ライトノベル 羞恥の風 官能の本棚
禁断の体験 エッチな告白集 おとなの淫文ファイル エッチのあとさき 恥と屈辱の交差点 潤文学
ましゅまろくらぶ 空想地帯 恍惚團 ~ドライ・オーガズムの深淵~ Angel Pussy 週刊創作官能小説
ろま中男3 渡硝子の性感快楽駆け込み寺 漂浪の果てに 週刊リビドー
アダルト検索一発サーチ 快感小説 SM・お仕置き小説ブログ 官能秘宝園

制服美少女快楽地獄 秘密のエッチ体験談まとめ 18's Summer 淫鬼の棲む地下室
被虐のハイパーヒロインズ ひめ魅、ゴコロ。 おしっこ我慢NAVI 妄想ココット
ライトHノベルの部屋 レズ画像・きれいな画像倉庫 riccia 調教倶楽部
ちょっとHなおとなのための… 緊縛新聞 Japanese-wifeblog Eros'Entertainment
オシッコオモラシオムツシーン収集所 エピソードセックス マルガリテの部屋 アダルト官能小説快楽機姦研究所
渋谷子宮 RE:BIRTH 羞恥集 黒塚工房 プライド
女性作家専門官能小説 官能小説 レイプ嗜好 人妻!人妻!人妻! wombatの官能小説
黒イ都 羊頭狗肉 ひよこの家 美里のオナニー日記
エロショッカー軍団 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます!
★相互リンク募集中!(メールしてね)★

ランキング/画像・動画(1~10)
シンプルアダルト動画サーチ 人気ブログランキング
にほんブログ村 エログちゃんねる
ライブドアブログ 官能小説アンテナ
アダルトブログランキング オンライン小説検索・R小説の栞


ランキング/画像・動画(11~30)
官能文章アンテナ Adult Novels Search Girls Love Search おたりんく
クリエイターコレクションR18 アダルト動画推奨 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます!







<ランキング/画像・動画(31~50)ここまで-->
△Top