Mikiko's Room

 ゴシック系長編レズビアン小説 「由美と美弥子」を連載しています(完全18禁なので、良い子のみんなは覗かないでね)。
 「由美と美弥子」には、ほとんど女性しか出てきませんが、登場する全ての女性が変態です。
 文章は「蒼古」を旨とし、納戸の奥から発掘されたエロ本に載ってた(挿絵:加藤かほる)、みたいな感じを目指しています。
 美しき変態たちの宴を、どうぞお楽しみください。
管理人:Mikiko
由美と美弥子 2181
コメント一覧へジャンプ    コメント投稿へジャンプ
「かかか」

 姉の口から、ギヤが空回りするような音が聞こえた。
 上体が前後にブレる。
 倒れる、と思った瞬間、わたしの傍らから、薫の母が一瞬で身を移した。
 薫の母は、余裕で姉を抱きとめた。
 華奢な姉の身体は、母の身にも重みを感じないようにさえ見えた。
 姉は、完全に白目を剥いていた。
 そのまま、椅子に座らせるのだろうと思った。
 しかし、違った。
 姉の両眼に、天から落ちるごとくに黒目が戻った。
 歯を剥き出している。
 何をされたかは、母の姿勢から、容易に想像できた。
 姉の肛門に、指を挿しこんだのだ。

「お、お母さま。
 いかがでした、今日の放精は?」
「上出来よ。
 これまでで、3本の指に入るわ。
 ほら、白いクロスにまで精液が伸びている。
 水沢、味見して」
「はい」

 水沢が、わたしの後ろから外れ、テーブル前に立った。
 姉の精液は、シーザーサラダの盆を越え、こちら側のクロスにまで届いていた。
 水沢は、クロスに染みこみ始めた精液を、指でこそげ取った。
 指の背に載せたそれを、自らの鼻下に運ぶ。

「素晴らしい香りです。
 まるで、初夏の栗林の中にいるよう」
「どんな光景?」
「縄文時代の栗の林です。
 栗の花が一斉に咲いて、芳香が満ちています。
 噴きあげた花粉が、林が霞むほど立ちこめて……。
 その下では、豊作を願う祭りが行われてます。
 部落の全員が、全裸で集い……。
 そして、交合しています。
 栗の香りは、地からも噴きあげています」
「そう。
 それは素晴らしい光景ね。
 われらが神に愛された人々の宴だわ。
 そして、わたしたちは、間違いなくその子孫なの。
 古代からの恵みを、味わってご覧なさい」
「はい」
由美と美弥子 2180目次由美と美弥子 2182


コメント一覧
コメント投稿へジャンプ    ページトップへ

    • ––––––
      1. Mikiko
    • 2017/01/25 07:38
    • 井川慶
       今朝のNHKニュースで、久しぶりに見ました。
       まだ現役だったんですね。
       と云っても、オリックスをクビになり、今シーズンからは独立リーグだそうです。
       肩の故障に苦しんで来たそうです。
       37歳。
       このまま辞めたら、潰しが効きませんからね。
       なんとか、もうひと花咲かせたいところでしょう。
       難しいでしょうが、頑張って欲しいものです。
       サウスポーですから、コントロールさえ確かなら、道はあるはず。

    • ––––––
      2. 手羽崎 鶏造
    • 2017/01/25 10:33
    • スポーツネタといえば、ぶり返すようですが大相撲・稀勢の里関のこと。
      格闘家としての弱点はお有りかもしれませんが、休場の少ない力士だそうで、「無事これ名馬なり」があてはまるかもしれません。
      解説者もよくおっしゃっていますが、サポーターだらけで土俵に上がる力士の姿というのはあまり美しいとは思えません。
      ついでに申すと、永六輔さんも昔ラジオか何かで申して
      ましたが、取り組み前に汗を拭くのはタオル(今治タオル
      という日本製ブランドもありますが)でなく、日本手拭いに
      したらもっと粋なのにという発想には同感です。日本人新横綱にはやって欲しいですね。

    • ––––––
      3. 九里四里美味いHQ
    • 2017/01/25 12:53
    • >初夏の栗林
       香川に『栗林(りつりん)公園』てのがありまして、日本庭園がウリだそうです。わたし、行ったことあるはずなんですが、なんせ子供のころ。全く記憶にありません。まして香りなどとてもとても……。
      井川慶
       これは懐かしい。
       もう37歳ですか。
       阪神にいたころは、一応エースでしたが、あまり安定感は無かったですね。球速は……それはありました。わたしは打席で見たわけじゃない(♪あたりまえ~)ので、しかと(確と;こう書くそうです)はわかりませんが。
       まだ、もじゃもじゃ頭なんですかね。心機一転、思い切ってスキンヘッドはどうでしょう。似合わんかな。
      今朝のニュース
       手羽崎鶏造さんも書いておられますが、稀勢の里の横綱推挙伝達式がありました。
       稀勢の里、正式に第72代横綱に就任?です。ご本人の口上は「謹んでお受けいたします。横綱の名に恥じぬよう精進いたします」という簡潔なもの。まあ、ようわからん四文字熟語を入れるよりいいよね。
       会場は部屋ではなく都内のホテル。これはもちろんマスコミ対策でしょう。
       部屋の女将さん、美人でした。お相撲さんの奥さんって、どうして美人が多いんだろうね。

    • ––––––
      4. Mikiko
    • 2017/01/25 19:50
    • 手羽崎鶏造さん&ハーレクインさん
      > 手羽崎鶏造さん
       怪我がないというのは、「体」の力量は抜群ということでしょう。
       この人の場合、問題は「心」です。
       日本手拭、案外、汗を吸うようです。
       洗ってもすぐ乾くし嵩張らないので、旅慣れた人は旅行に持って行くとか。
      > ハーレクインさん
       四文字熟語、止めましたか。
       それは、いい判断です。
       あれは、おかしな方向に行ってるなと思ってました。
       田子ノ浦親方は、元・隆の鶴でした。
       この人は覚えてます。
       もみあげもじゃもじゃで、闘牙と瓜二つ。
       2人の対戦は、話題を呼んでました。

    • ––––––
      5. 謹んで……HQ
    • 2017/01/25 21:11
    •  ↑お受けいたします
      美人女将ハーレクイン
      隆の鶴vs.闘牙
       知らんなあ。
       闘牙、の名には何となく覚えが……。
       その程度です
      ハッキヨイ!

    • ––––––
      6. 手羽先 鶏造
    • 2017/01/25 21:52
    • 取り組み前というか、試合前のタオルと
      いうとアントニオ猪木ですかね。赤い
      タオルを首に巻いてリングにお出ましでした。
      「タオルを投げる」はボクシング(用語)。
      国技・相撲ぐらい、カラータオルでなくとも
      いいように思いました。しこ名が鮮やかな毛筆で
      書かれた日本手拭い。汗拭いたら、手を挙げて欲しがるファンには投げればいいし。
      (欲しがるファンが居ない場合、それはまた悲惨でしょうけどね)

    • ––––––
      7. Mikiko
    • 2017/01/26 07:21
    • ハーレクインさん&手羽先鶏造さん
      > ハーレクインさん
       隆の鶴、闘牙、ともに引退は2006年5月。
       最後まで縁がありました。
       さほど、昔のことではありませんぞ。
       闘牙は、小結まで上がってます。
       隆の鶴は、前頭まででしたが。
      > 手羽先鶏造さん
       『赤いきつね』を食べながら入場、というのはどうでしょう?
       わたしは、『緑のたぬき』が好きですが。
       汗を拭いた手ぬぐいは、遠慮したいです。
       新品をいただきたい。

    • ––––––
      8. 永遠に不滅ですHQ
    • 2017/01/26 08:31
    • Mikikoさん&手羽“先”鶏造さん
      >Mikikoさん
      だから
       闘牙は知ってるって。
       小太りで、もみあげが長かったのでは。
       隆の鶴は、どこぞの酒の銘柄のような……。
      >手羽先 鶏造さん
       ハンネ、変更されたんですかあ。
       「手羽崎」で単語登録したのになあ(鷽、じゃなく嘘です)。

    • ––––––
      9. Mikiko
    • 2017/01/26 19:50
    • 相撲取りで……
       小太りってのは、どういう体型を云うんですか?
       全員、大太りじゃないですか。
       闘牙は、174㎏ありました。

    • ––––––
      10. 牙無しハーレクイン
    • 2017/01/26 21:25
    • 闘牙
       まあ、他の力士に比べれば「小」太りということです。
       なんて言ってますが、もみあげ以外はあまり知らないんだよね、闘牙。
       しかし、よく考えたらすごい四股名だね、闘う牙。
       どことなく名前負け、のような(すまぬ、闘牙関)。

    • ––––––
      11. Mikiko
    • 2017/01/27 07:34
    • 174㎏が……
       小太りですかね。
       闘牙関は現在、錦戸(元・水戸泉)部屋付きの年寄・千田川として若手を育成しているそうです。
       錦戸部屋は、高砂部屋から分家独立したそうです。
       水戸泉、闘牙は、高砂部屋の力士でした。
       錦戸部屋からは、まだ関取は出ていません。
       ↓ていうか、所属力士自体、3人しかいませんね。
      http://www.sumo.or.jp/ResultRikishiDataSumoBeya/detail?id=10002
       相撲協会からは、力士数に応じて支給金が下されます。
       3人じゃ、黒字運営は無理でしょう。

    • ––––––
      12. のこったのこったHQ
    • 2017/01/27 11:47
    • 支給金
       幕下以下、つまりお関取じゃない、いわゆる力士養成員の場合、一人当たり月額70,000円だそうです。錦戸部屋の3人は全員幕下以下ですから、210,000円。これだけでは到底部屋は維持できないでしょう。
       横綱だと年額276万円、月当たり23万円。ということは力士養成員のほぼ3人分。意外と少ないね。
       部屋にはこの他に「部屋維持費」が場所ごとに115,000円、「稽古場維持費」が所属力士1人あたり、場所ごとに45,000円が協会から支給されるそうです。
       相撲部屋で儲けるには、やはり弟子を多く持つことのようです。横綱を抱えるのはまあ無理でしょうから。 

    • ––––––
      13. Mikiko
    • 2017/01/27 19:41
    • 力士養成費が出るのは……
       幕下以下まで。
       十両以上(関取)では、養成奨励金になります。
       関取は、協会から本人に給料が出ます。
       そこからいくらか部屋に入れるそうですし、身の回りの掛かりは自腹になるでしょうから……。
       部屋の負担は少なくなるでしょう。

    • ––––––
      14. ごっつぁんですHQ
    • 2017/01/27 20:24
    • 養成奨励金
       そんなのあるんですか、知らなかった。
       で、お関取は給料取り。
       地力で稼いで一人前、と考えれば、幕下以下は半人前なんですねえ。
       今日は、稀勢の里の奉納土俵入りでした。会場は明治神宮。
       午後のテレビはこれ一色(それほどでも)。雲竜型でしたがしかし、不知火型ってなぜ人気ないんでしょうか。

    • ––––––
      15. Mikiko
    • 2017/01/28 07:45
    • 不知火型
       稀勢の里の師匠、隆の里は不知火型でした。
       不知火型の横綱は短命というジンクスがあるようです。
       玉の海が、現役中に亡くなった(在位10場所)ことが大きいようですね。
       その後の不知火型の横綱……。
       琴桜(在位8場所)、隆の里(在位15場所)、双羽黒(在位8場所)、旭富士(在位9場所)、若乃花(在位11場所)。
       すべて短命でした。
       しかし、これを見事に覆したのが白鵬(現在、在位57場所)です。
       不知火型の不吉感は、払拭されたでしょう。

    • ––––––
      16. あ~あ どすこいHQ
    • 2017/01/28 09:56
    • 雲竜&不知火
       どちらも、かつての横綱の四股名だそうです。
       これは知りませんでした。
       なんとなく、綱の「結び方」を表す言葉だと思ってました。
       土俵入りの方はどう違うんですかね。
       蹲踞した時の両腕の構え方が違うだけかなあ。
       不知火は、両腕とも左右に広げる「攻め」の型。
       雲竜は、右腕だけを伸ばし、左腕は胸前の「攻防一体」。
       と思っていたんですが、Wikiによりますと、実はこの呼称は逆だとか。わたしには判断付きません。
    コメントする   【由美と美弥子 2181】
コメント一覧へジャンプ    ページトップへ


Comment:本文 絵文字  ※入力できるのは、全角で800字までです。

↓お帰りのさいには↓
愛のワンクリ お願いします
新しいウィンドウは開きません

相互リンクサイトのみなさま(Ⅰ)
問答無用の吸血鬼R18 新・SM小説書庫2 Japanese-wifeblog 愛と官能の美学
知佳の美貌録 未知の星 熟女と人妻エロンガ 赤星直也のエロ小説
[官能小説] 熟女の園 電脳女学園 官能文書わーるど 只野課長の調教日記
ちょっとHな小説 都会の鳥 人妻の浮気話 艶みるく 西園寺京太郎のSM官能小説

相互リンクサイトのみなさま(Ⅱ)
熟女・おばさんの性体験談 黒い教室 人に言えない秘密の性愛話 Playing Archives
被虐願望 女性のための官能小説 性転換・TS・女体化劇場 性小説 潤文学ブログ
羞恥の風 女の陰影 女性のH体験告白集 変態小説
むね☆きゅんファンサイト 週刊リビドー かおるの体験・妄想 ぺたの横書き
あおいつぼみ 葵蕾 最低のオリ 魔法の鍵 Mikiko's Roomの仮設テント
恥ずかしがりたがり。 官能的なエロ小説 SMX工房 淫芯

相互リンクサイトのみなさま(Ⅲ)
お姫様倶楽部.com 被支配中毒 出羽健書蔵庫 かめべや
HAKASEの第二読み物ブログ 女教師と遊ぼう 平成な美少女ライトノベル 官能の本棚
禁断の体験 エッチな告白集 おとなの淫文ファイル エッチのあとさき 恥と屈辱の交差点 潤文学
ましゅまろくらぶ 空想地帯 恍惚團 ~ドライ・オーガズムの深淵~ Angel Pussy 週刊創作官能小説
ろま中男3 渡硝子の性感快楽駆け込み寺 漂浪の果てに アダルト検索一発サーチ

快感小説 SM・お仕置き小説ブログ 官能秘宝園 制服美少女快楽地獄
秘密のエッチ体験談まとめ 18's Summer 淫鬼の棲む地下室 被虐のハイパーヒロインズ
ひめ魅、ゴコロ。 おしっこ我慢NAVI 妄想ココット ライトHノベルの部屋
レズ画像・きれいな画像倉庫 riccia 調教倶楽部 ちょっとHなおとなのための…
緊縛新聞 Eros'Entertainment オシッコオモラシオムツシーン収集所 エピソードセックス
マルガリテの部屋 アダルト官能小説快楽機姦研究所 渋谷子宮 RE:BIRTH 羞恥集
黒塚工房 プライド 女性作家専門官能小説 官能小説 レイプ嗜好
人妻!人妻!人妻! wombatの官能小説 黒イ都 羊頭狗肉
ひよこの家 美里のオナニー日記 エロショッカー軍団 相互リンク、募集してます!
★相互リンク募集中!(メールしてね)★

ランキング/画像・動画(1~10)
シンプルアダルト動画サーチ 人気ブログランキング
にほんブログ村 ライブドアブログ
官能小説アンテナ エログちゃんねる
官能文章アンテナ アダルトブログランキング


ランキング/画像・動画(11~30)
GL Search Adult Novels Search オンライン小説検索・R小説の栞 おたりんく








<ランキング/画像・動画(31~50)ここまで-->
△Top