Mikiko's Room

 ゴシック系長編レズビアン小説 「由美と美弥子」を連載しています(完全18禁なので、良い子のみんなは覗かないでね)。
 「由美と美弥子」には、ほとんど女性しか出てきませんが、登場する全ての女性が変態です。
 文章は「蒼古」を旨とし、納戸の奥から発掘されたエロ本に載ってた(挿絵:加藤かほる)、みたいな感じを目指しています。
 美しき変態たちの宴を、どうぞお楽しみください。
管理人:Mikiko
由美と美弥子 2174
コメント一覧へジャンプ    コメント投稿へジャンプ
 薫の母は、脱いだサンダルを、祭壇の真下に、踵を壁に付けて置いた。
 姉がそれに続き、サンダルを並べる。
 姉の視線で、わたしもそれに習うしかなかった。
 食堂の床は大理石風の石張りだったが、おそらく床暖房が入っているのだろう。
 冷たさは感じなかった。

 母は口角をあげたまま、両腕を前で交差させた。
 交差した両手が、ローブの布を握った。
 そして両腕は、一瞬で上に持ちあがった。
 布と一緒に。
 母は、瞬時に羽化する蝶のように、白いローブを脱ぎ去ったのだ。
 そして……。
 その下には、何も着てはいなかった。
 さっきのビデオで見たとおりの裸が、そこにあった。
 一糸もまとわぬどころか、一毛さえも無い。
 股間部は、綺麗に剃毛されている。
 そのため、直立していても、股間下に覗く陰唇まで確認できた。

 呆然と立ち尽くすわたしの隣で、風が起きた。
 姉が、母の動作に従ったのだ。
 すなわち、ローブを頭上に抜きあげた。

 わたしは、驚愕の表情を繕うことが出来なかった。
 姉も、ローブの下には何も着てはいなかった。
 しかし、わたしが驚いたのは、そのことではなかった。
 全裸の姉の股間部からは、陰茎が屹立していたのだから。
 姉の股間にも、陰毛は無かった。
 そして、ペニバンなら当然あるはずのハーネスが、どこにも見えなかった。
 陰茎から下腹部まで、何の継ぎ目もなく、シームレスにつながっている。
 本物としか思えない。
 ということは、姉ではなく、兄だったということか?

「薫、どうしたの?
 早く、支度なさい」

 姉は、陰茎を振り立てながら、わたしの方を向いた。
 姉が兄であるという証拠が、もう一つあった。
 乳房が無いのだ。
 胸には、乳房も筋肉もなく、まっ平らだった。
由美と美弥子 2173目次由美と美弥子 2175


コメント一覧
コメント投稿へジャンプ    ページトップへ

    • ––––––
      1. Mikiko
    • 2017/01/15 07:54
    • 『沈黙 ーサイレンスー』
       マーティン・スコセッシ監督の映画です。
       原作はもちろん、遠藤周作。
       ゆうべ、録画してあったNHKの紹介ドキュメンを見ました。
       映画の日本公開は、2017年1月21日。
       それに先立って、アメリカでは、2016年12月23日から公開されてます。
       概ね好評のようです。
       イッセー尾形が、キリシタン弾圧側の井上筑後守を演じてます。
       狡猾な悪役は、この人にうってつけでしょう。
       さっそくLA映画批評家協会賞で、助演男優賞の次点になったとか。
       その演技には、スコセッシ監督も賞賛を惜しまなかったそうです。
       さて、わたしは見るかと云うと……。
       さすがに二の足を踏んでしまいます。
       信仰というものが、わたしの中で大きなウェイトを占めてないからでしょう。
       ↓映画の公式サイトです。
      http://chinmoku.jp/

    • ––––––
      2. 三毛くらいはあるHQ
    • 2017/01/15 11:02
    •  ↑三毛猫という意味ではない
      >一毛さえもない
       一毛打尽というやつですか(それは一網)
      遠藤周作
       映画化は全く知りませんでした。
       原作が有名だと、映画はたいがい駄作なんだよね。
       まあこの寒さの中、映画館まで出かける気は皿皿ありません。
       いずれテレビで放映される……かな。
       で、周作センセ。近々『アイリス』にご登場いただく予定なんですが、残念ながら本編ではなくコメになります。

    • ––––––
      3. Mikiko
    • 2017/01/15 12:45
    • 恥ずかしながら……
       遠藤周作のシリアス系は、まったく読んでません。
       狐狸庵系は、かなり読みました。
       学んだことは、「同じネタを、繰り返し使ってもいい」ということです。
       キリスト教信者。
       生まれたときからキリスト教の家庭に育ったのならわかりますが……。
       まったく無縁の家庭で育って、大人になってからキリスト教信者になるという人の心理が、さっぱりわかりません。
       聖書を読んで、内容を信じられるもんなんですかね?

    • ––––––
      4. キリシタン周作HQ
    • 2017/01/15 14:21
    • シリアス狐狸庵
       『海と毒薬』あたりはどうでしょう。
      『余は如何にして基督信徒となりし乎』
       ↑内村鑑三の名著ですが、もちろんわたしは読んでません。
    コメントする   【由美と美弥子 2174】
コメント一覧へジャンプ    ページトップへ


Comment:本文 絵文字  ※入力できるのは、全角で800字までです。

↓お帰りのさいには↓
愛のワンクリ お願いします
新しいウィンドウは開きません

相互リンクサイトのみなさま(Ⅰ)
問答無用の吸血鬼R18 新・SM小説書庫2 Japanese-wifeblog 愛と官能の美学
知佳の美貌録 未知の星 熟女と人妻エロンガ 赤星直也のエロ小説
[官能小説] 熟女の園 電脳女学園 官能文書わーるど 只野課長の調教日記
ちょっとHな小説 都会の鳥 人妻の浮気話 艶みるく 西園寺京太郎のSM官能小説

相互リンクサイトのみなさま(Ⅱ)
熟女・おばさんの性体験談 黒い教室 人に言えない秘密の性愛話 Playing Archives
被虐願望 女性のための官能小説 性転換・TS・女体化劇場 性小説 潤文学ブログ
羞恥の風 女の陰影 女性のH体験告白集 変態小説
むね☆きゅんファンサイト 週刊リビドー かおるの体験・妄想 ぺたの横書き
あおいつぼみ 葵蕾 最低のオリ 魔法の鍵 Mikiko's Roomの仮設テント
恥ずかしがりたがり。 官能的なエロ小説 濠門長恭の過激SM小説 淫芯

相互リンクサイトのみなさま(Ⅲ)
お姫様倶楽部.com 被支配中毒 出羽健書蔵庫 かめべや
HAKASEの第二読み物ブログ 女教師と遊ぼう 平成な美少女ライトノベル 官能の本棚
禁断の体験 エッチな告白集 おとなの淫文ファイル エッチのあとさき 恥と屈辱の交差点 潤文学
ましゅまろくらぶ 空想地帯 恍惚團 ~ドライ・オーガズムの深淵~ Angel Pussy 週刊創作官能小説
ろま中男3 渡硝子の性感快楽駆け込み寺 漂浪の果てに アダルト検索一発サーチ

快感小説 SM・お仕置き小説ブログ 官能秘宝園 制服美少女快楽地獄
秘密のエッチ体験談まとめ 18's Summer 淫鬼の棲む地下室 被虐のハイパーヒロインズ
ひめ魅、ゴコロ。 おしっこ我慢NAVI 妄想ココット ライトHノベルの部屋
レズ画像・きれいな画像倉庫 riccia 調教倶楽部 ちょっとHなおとなのための…
緊縛新聞 Eros'Entertainment オシッコオモラシオムツシーン収集所 エピソードセックス
マルガリテの部屋 アダルト官能小説快楽機姦研究所 渋谷子宮 RE:BIRTH 羞恥集
黒塚工房 プライド 女性作家専門官能小説 官能小説 レイプ嗜好
人妻!人妻!人妻! wombatの官能小説 黒イ都 羊頭狗肉
ひよこの家 美里のオナニー日記 エロショッカー軍団 相互リンク、募集してます!
★相互リンク募集中!(メールしてね)★

ランキング/画像・動画(1~10)
シンプルアダルト動画サーチ 人気ブログランキング
にほんブログ村 ライブドアブログ
官能小説アンテナ エログちゃんねる
官能文章アンテナ アダルトブログランキング


ランキング/画像・動画(11~30)
GL Search Adult Novels Search オンライン小説検索・R小説の栞 おたりんく








<ランキング/画像・動画(31~50)ここまで-->
△Top