Mikiko's Room

 ゴシック系長編レズビアン小説 「由美と美弥子」を連載しています(完全18禁なので、良い子のみんなは覗かないでね)。
 「由美と美弥子」には、ほとんど女性しか出てきませんが、登場する全ての女性が変態です。
 文章は「蒼古」を旨とし、納戸の奥から発掘されたエロ本に載ってた(挿絵:加藤かほる)、みたいな感じを目指しています。
 美しき変態たちの宴を、どうぞお楽しみください。
管理人:Mikiko
由美と美弥子 2155
コメント一覧へジャンプ    コメント投稿へジャンプ
 どうやら、この部屋で写された写真らしい。
 椅子に座る女性。
 傍らに立つ男性。
 その男性は、貸金業というイメージからは程遠い雰囲気の人だった。
 十分、俳優としてやっていけそうなほどの美形だ。
 薫の父親なんだから、当然だろうが。
 女性は、さっき会った薫の母に違いないのだが……。
 雰囲気が、まったく違った。
 このころはまだ、尋常な精神が宿っていたようだ。
 その女性は、赤ん坊を抱いている。
 男性の前には、幼児が立っていた。
 この幼児が姉で、女性に抱かれているのが薫だろう。
 幼児は、水兵服のようなスタイルだった。
 下はズボンだ。
 父親がヨットを所有していたからだろうか。
 姉の子供のころは、思いがけず活発な少女だったのかも知れない。

「昔話は、またおいおいにしてあげる。
 そのうち、思い出すかも知れないしね」

 姉はわたしからフォトフレームを取り上げると、元の位置に戻した。

「自分の部屋、わかる?」

 わたしは首を振るしかなかった。

「けっこう重症ね。
 家に帰っても、何も思い出さない?」

 思い出すもなにも、初めて入った家なのだ。
 困った顔をするほかなかった。
 そんなわたしを見て、姉は、にっこりと笑った。

「嘘ついてるようには見えないわね。
 もっとも、記憶がないふりをする理由もないし。
 でも、ほんと楽しい。
 これから、ひとつひとつ教えてあげるね」

 姉は、わたしの顔を覗きこむと、コケティッシュに笑った。

「こっちよ。
 2階」

 姉が歩みだした先には、階段があった。
 大理石の壁面に沿いながら上がっていく階段だ。
 銀色の柵のような手すりが付いている。
 まさか、純銀製ではあるまいが。

 わたしを先導しながら、階段を上っていた姉が、急に振り向いた。
 わたしは、ドギマギして目を伏せた。
 ずっと、姉の尻を見ながら上っていたから。
 小さな、締まった尻だった。
 あの病室で、この尻に顔を埋めたのだ。
 しかし、ストッキング越しだった。
 生の尻が見たいと、心から思った。
 やはり、心も男になりつつあるのだろう。
 股間に違和感を感じた。
 ペニスが形を変えながら膨れていくのが、はっきりとわかった。
由美と美弥子 2154目次由美と美弥子 2156


コメント一覧
コメント投稿へジャンプ    ページトップへ

    • ––––––
      1. Mikiko
    • 2016/12/19 07:55
    • 今朝のニュースで……
       オランダの地盤沈下の様子が報じられてました。
       文字どおり、地面が沈んでいるんです。
       「世界は神が造った、しかし、オランダはオランダ人が造った」という言葉があるように……。
       もともと、海を干拓して造られた国なので、地盤が軟弱なんだそうです。
       日本みたいに山のある国は、山を崩して海を埋め立てればいいですが……。
       オランダには、山がありません。
       どうするかと云うと……。
       少ない土を使い、堤防を作って、海を囲いこむんです。
       で、中の海水を抜く。
       これで、陸地を作ります。
       新しい陸地は、当然、海面より低くなります。
       雨水などは、強制的に排水しなければなりません。
       オランダ名物と云えば風車ですが……。
       あれはすべて、排水機なのです。
       小学校の道徳だったかで習った逸話ですが……。
       オランダの少年が、堤防から水が漏れてるのを見つけました。
       破堤したら、街が海に飲みこまれていまいます。
       人に知らせに行く時間が無いと判断した少年は、堤防の破れ目に腕を突っこみます。
       冬でした。
       翌朝、凍死した少年が発見されます。
       腕は、堤防に突っこんだままでした。
       少年は、命と引き換えに、街を守ったのです。

    • ––––––
      2. 浅き夢みしHQ
    • 2016/12/19 08:40
    • >これから、ひとつひとつ教えてあげる
       何を教えてくれるというのでしょうか、姉さん。
       まあ、あれしかないか。
      オランダの干拓地
       確か、『ポルダー』と云ったかな。
       身を挺して堤防を守った少年の話はあまりに有名ですが、嘘っぱちや、という声もあるようです。が、まあ、自らが作った土地への、オランダ人の思いというのを、考えさせられる話ではあります。
       白土三平『カムイ伝』に、この話のパクリエピソードがあります。
      今朝のニュースと云いますか……
       昨夜、FIFAクラブワールドカップ決勝戦、鹿島アントラーズvs.レアルマドリードの試合がありました。わたし、ずっと見てましたが、結果は鹿島2-4レアルで、鹿島は残念ながら準優勝でした。
       惜しかったと言えば惜しかったんだけどね。前・後半終えて2-2の同点。延長後半にロナウドが立て続けに2ゴール。これまでは本気やなかったんかい、と言いたくなるような圧倒的な攻撃でした。
       まだまだ世界は遠いか、と感じちゃうほどの実力の差、かもしれませんが、いやいや、強いのはロナウドだけやんけ、とも言えなくも……。
       鹿島の2点はいずれも芝崎。これも見事でした。こぼれ球を押し込んだ、なんてものではなかったです。ただまあ、レアルDFのプレスもも一つでしたか。 

    • ––––––
      3. Mikiko
    • 2016/12/19 19:53
    • ハンス少年の逸話
       アメリカの小説の中のエピソードのようです。
       しかし、その逸話が独り歩きします。
       感激したアメリカ人がオランダに大挙して押し寄せ……。
       ハンス少年が救った、ハーレム市の堤防を訪ね歩くこととなりました。
       最初は根気強く応対してたハーレム市民も、やがて面倒くさくなり……。
       テキトーな堤防の近くに、ハンス少年の銅像を建てたそうです。
       サッカー。
       善戦も惨敗も、負けは負けです。
       善戦を讃えているうちは、進歩は無いと思います。

    • ––––––
      4. 誰か讃えて;アホHQ
    • 2016/12/19 20:52
    • ハンス
       って云うんですか。
       アメリカの小説って何なんだろうね。で、その小説の舞台がオランダはハーレム市の堤防、というわけ?
      鹿島アントラーズ
       マスコミは、善戦を讃えまくっているようです。

    • ––––––
      5. Mikiko
    • 2016/12/20 07:24
    • その帽子、ドイツんだ
       メアリー・メイプス・ドッジの『銀のスケート - ハンス・ブリンカーの物語』という小説だそうです。
       ↓岩波少年文庫で出てますが……。
      https://www.amazon.co.jp/%E9%8A%80%E3%81%AE%E3%82%B9%E3%82%B1%E3%83%BC%E3%83%88%E2%80%95%E3%83%8F%E3%83%B3%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%83%96%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%81%AE%E7%89%A9%E8%AA%9E-%E5%B2%A9%E6%B3%A2%E5%B0%91%E5%B9%B4%E6%96%87%E5%BA%AB-%E3%83%A1%E3%82%A2%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%83%A1%E3%82%A4%E3%83%97%E3%82%B9-%E3%83%89%E3%83%83%E3%82%B8/dp/4001120054
       残念ながら、絶版のようです。
       堤防の話は、この小説の中のエピソードだとか。

    • ––––––
      6. ネーデルラントHQ
    • 2016/12/20 12:55
    • この帽子、オランダ
      メアリー・メイプス・ドッジ『銀のスケート - ハンス・ブリンカーの物語』
       うっとこの図書館にあるようです。
       正月用に借りてみるかな。
    コメントする   【由美と美弥子 2155】
コメント一覧へジャンプ    ページトップへ


Comment:本文 絵文字  ※入力できるのは、全角で800字までです。

↓お帰りのさいには↓
愛のワンクリ お願いします
新しいウィンドウは開きません

相互リンクサイトのみなさま(Ⅰ)
未知の星 禁断の体験 エッチな告白集 ましゅまろくらぶ 官能文書わーるど
電脳女学園 赤星直也のエロ小説 官能の本棚 変態小説
ちょっとHな小説 羞恥の風 新・SM小説書庫2 おとなの淫文ファイル エッチのあとさき
愛と官能の美学 Angel Pussy 週刊創作官能小説 人妻の浮気話 艶みるく Playing Archives
恍惚團 ~ドライ・オーガズムの深淵~ 恥と屈辱の交差点 [官能小説] 熟女の園 官能的なエロ小説

相互リンクサイトのみなさま(Ⅱ)
SM・お仕置き小説ブログ 性小説 潤文学ブログ ぺたの横書き 恥ずかしがりたがり。
空想地帯 週刊リビドー 潤文学 女の陰影
魔法の鍵 アダルト検索一発サーチ 快感小説 黒い教室
濠門長恭の過激SM小説 HAKASEの第二読み物ブログ 女性のための官能小説 ろま中男3
渡硝子の性感快楽駆け込み寺 女性のH体験告白集 お姫様倶楽部.com 被虐願望
漂浪の果てに 官能秘宝園 出羽健書蔵庫 平成な美少女ライトノベル

相互リンクサイトのみなさま(Ⅲ)
制服美少女快楽地獄 むね☆きゅんファンサイト Mikiko's Roomの仮設テント 秘密のエッチ体験談まとめ
かめべや 最低のオリ 18's Summer 淫鬼の棲む地下室
西園寺京太郎のSM官能小説 被虐のハイパーヒロインズ ひめ魅、ゴコロ。 おしっこ我慢NAVI
妄想ココット ライトHノベルの部屋 被支配中毒 レズ画像・きれいな画像倉庫
riccia 調教倶楽部 ちょっとHなおとなのための… 緊縛新聞

Japanese-wifeblog Eros'Entertainment オシッコオモラシオムツシーン収集所 性転換・TS・女体化劇場
エピソードセックス マルガリテの部屋 アダルト官能小説快楽機姦研究所 渋谷子宮 RE:BIRTH
羞恥集 黒塚工房 あおいつぼみ 葵蕾 プライド
女性作家専門官能小説 官能小説 レイプ嗜好 人妻!人妻!人妻! wombatの官能小説
黒イ都 羊頭狗肉 ひよこの家 美里のオナニー日記
エロショッカー軍団 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます!
★相互リンク募集中!(メールしてね)★

ランキング/画像・動画(1~10)
エログちゃんねる 人気ブログランキング
にほんブログ村 官能小説アンテナ
オンライン小説検索・R小説の栞 アダルトブログランキング
ライブドアブログ GL Search
おたりんく Girls Love Search

ランキング/画像・動画(11~30)
成人向けランキング Adult Novels Search 正しいH小説の勧め ネット小説ランキング
ヌケルアダルト作品 Cyber あまてらす セックス・ノベル・ネット アダルト動画まとめ
GAY ART NAVIGATION 十八禁恋愛私花集 ぱっくりんく 相互リンク、募集してます!






<ランキング/画像・動画(31~50)ここまで-->
△Top