Mikiko's Room

 ゴシック系長編レズビアン小説 「由美と美弥子」を連載しています(完全18禁なので、良い子のみんなは覗かないでね)。
 「由美と美弥子」には、ほとんど女性しか出てきませんが、登場する全ての女性が変態です。
 文章は「蒼古」を旨とし、納戸の奥から発掘されたエロ本に載ってた(挿絵:加藤かほる)、みたいな感じを目指しています。
 美しき変態たちの宴を、どうぞお楽しみください。
管理人:Mikiko
カテゴリ:単独旅行記 > Ⅵ・総集編
 さて、こんなところに立ち止まっていては、いっこうに話が進みません。
 ↓といいつつ、足はまた在来線の改札口に戻ってます。
また在来線の改札口
↑「み」

 さっきまで、人がひっきりなしに行き交い……。
 シャッターチャンスが無かったんです。
 で、食堂のウィンドウなどを写してたわけ。
 ようやく、通行人のいない瞬間を捉えられました。
 このときの時間は、8:35分。
 発車まで、29分あります。
 わたしの乗る新幹線は、まだ入線もしてません。

 ↓新幹線の改札口です。
新幹線の改札口
↑「み」

 ここは、人が途切れる瞬間がまったくありませんでした。
 とにかく、駅員さんや左側にいるお姉さんに何か聞いてる人が必ずいるんです。
 たいがい、おばさんですが。

 ↓新幹線改札を通り、振り返って撮影。
新幹線改札を通り
↑「み」

 人がいないと思うなかれ。
 いない瞬間を待って撮ったんです。
 前の写真から、4分経ってます。

 ↓この像については、昨年の『単独旅行記Ⅴ』で説明したので省略。
雪椿の乙女
↑「み」

 興味のある方は、『単独旅行記Ⅴ・総集編(2)』をご覧下さい。

 ↓ホームに上がりました。
ホームに上がりました
↑「み」

 わたしの乗る『とき312号』です。
 撮影時刻は、8:46分。

 時刻表での入線時刻は、8:49分でした。
 3分以上早く入線してたわけです。
 こういうこと、ありのわけ?
 おかげで入線の瞬間を見逃してしまいました。
 不覚!

 ↓こちらは、向かい側の12番線ホーム。
向かい側の12番線ホーム
↑「み」

 9:23分発の『とき314号』です。
 ずいぶんと入線が早いんですね。

 ↓並んでるところを撮影。
並んでる
↑「み」。右だけ目が光ってます。先発だからでしょうか。

 どちらも「E2系」なので、相似形です。

 ↓電光掲示板です。
電光掲示板
↑「み」。↑クリックすると、大きい画像が見られます。

 時刻は、8:49分。
 発車まで、15分あります。
 扉はまだ開きません。

 ↓ようやく乗りこみました!
乗りこみました!
↑「み」

 時刻は、8:52分。
 発車の12分前です。
 かなり早く乗れましたね。
 隣に誰か座らないうちに、旅の相棒「ハーさん」を記念撮影しました。

 窓の向こう、ホームドアを隔てて見えるのが……。
 ↓8:49分着の『いなほ4号』です(『酒田』6:45分発)。
8:49分着の『いなほ4号』
↑「み」

 新幹線ホームと向き合ったホームに着き……。
 直接乗り換えが出来るわけです。
 今年は、その様子を見るために……。
 わざわざ右側の座席を取りました。
 左の3列席の窓際を取れば……。
左の3列席

 運がいいと、真ん中の席が空いたまま、東京まで行けます。
 昨年は、実際にそうでした。

 でも右だと、まず通路側も埋まります。
 デブが座ったら窮屈です。
デブが座ったら窮屈
↑わたしがこんなに細いわけではありません。

 しかし今年は、そのリスクをあえて冒し……。
 『いなほ』との乗り換え状況を確認することにしたのです。

 ↓ホームドアが開いてます。
ホームドアが開いてます
↑「み」

 撮影時刻は、8:52分。
 発車の12分前です。
 ホームドアの開いた部分の手前で、こちらの新幹線の右扉が開いてるわけです。
 当然、反対側である新幹線ホーム側も開いてます。
 すなわち、このときの新幹線は……。
 両側の扉が開いてることになります。
両側の扉が開いてる
↑素晴らしい画像がありました!

 残念ながら、その状態を見には行けませんでした。
 すぐに、通路側に人が座ってしまいましたので。
 もちろん、断れば立てますが……。
 さすがに、そこまでする気にはなれませんでした。
 でも、今、思いついたんですが……。
 携帯に着信したふりをすれば良かったですね。
 デッキで通話するため、席を立つわけです。
 おかしくないでしょう。

 なお、↑の写真では、乗り換えの乗客が写ってません。
 これは、人が写ってしまうと、掲載時に加工するのが面倒だからです。
 写真を撮ったことを咎められる恐れもあります。
写真を撮ったことを咎められる

 なので、誰もいないときに撮りました。
 実際には、そこそこ乗り換えの乗客がいらっしゃいました。

 ↓ホームドアが閉まりました。
ホームドアが閉まりました
↑「み」

 新幹線の右扉は、発車2分前の9:02分に閉まるとの放送がありました。
 駆けこみで乗車する人は、『いなほ』側の在来5番線ではなく……。
 新幹線ホームの11番線からにしましょう。
 左扉はもちろん、発車直前の9:04分に閉まります。

 ↓定刻に発車しました。
定刻に発車しました
↑「み」

 ↓お天気は、今のところ保ってます。
お天気は、今のところ保ってます
↑「み」

 ↓さらば新潟、しばしの別れ。
さらば新潟
↑「み」

 ↓新潟市の中心街は、新潟駅周辺ではありません。
新潟駅近辺
↑「み」

 ↓遠くに見える高層ビルのあたりです。
遠くに見えた高層ビルのあたり
↑「み」

 ↓前の座席です。
前の座席
↑「み」

 心なしかレトロ調ですね。
 「E2系」ですから、かなり古いです。

 ↓不動産広告。
不動産広告
↑「み」。「喜び、連なる」で「喜連川(きつれがわ)」。やや安易なコピーではありますが、覚えやすさはあります。

 いちおう、移住候補地の参考として撮影。

 ↓発車5分後。
発車5分後
↑「み」

 スピードが出て来ました。
 すでにビルはなく、木々しか見えません。

 ↓郊外に出ました。
郊外に出ました
↑「み」

 一面の田んぼです。
 『Maxとき』なら、もっと大きく撮れるのですが。

 ↓向こうに見える山まで、田んぼが連なってます。
田んぼが連なってます
↑「み」

 コピーにするなら、「田連山(たつれやま)」でしょうか。
 実際には、右が角田山(482m)、左が弥彦山(634m)だと思います(不確かな情報です)。
 しかし、こんなに米ばかり作って、どうするんだという気もします。

 ↓再び、やや都会化。
再び、やや都会化
↑「み」

 ↓『燕三条』です。
『燕三条』
↑「み」

 「また今年もピンボケでねえか」とお怒りの諸兄。
 ご安心下さい。
 これは、走ってる状態で撮ったからです。
 すなわち、『燕三条』には停車しません。
 それだけじゃないんです。
 この『とき312号』は、『大宮』にしか停まらないんです。
 『上野』も素通りですよ。
『とき312号』は大宮にしか停まらない
↑次の『とき314号』の停車駅と比べてみてください。

 『燕三条』に停車する新幹線だと……。
 だいたい、『新潟』から『燕三条』は、12分です。
 でも、↑の写真の撮影時刻は、9:15分でした。
 『新潟』発車は、9:04分。
 所要時間11分。
 1分早いです。
 秒まで換算すると、1分半くらいだと思います。
 大した違いじゃないとお嘆きの諸兄。
 実は、わたしもそう思いました。

 『新潟-燕三条』の営業距離は、40.1㎞。
 これが1分半違うというと、スピードはどうなんでしょう?
 まず、12分30秒で計算すると……。
 時速は、192.5㎞/h。
 これが、11分ジャストだと……。
 218.7㎞/h。
 その差、26.2㎞/h。
 微妙……。
 気を取り直して、先に進みます。

 ↓暗雲が垂れこめてきました。
暗雲が垂れこめてきました
↑「み」

 ↓『長岡』通過です。
『長岡』通過
↑「み」

 撮影時刻は、9:21分。
 『新潟』からの所要時間、17分。
 もう一度、時速計算のトライしてみましょう。
 何ごとも、復讐、じゃなくて復習が大字、じゃなくて大事です(最近、変換効率が悪いのよ)。

 通常、『長岡』に停まる新幹線では……。
 『新潟』からの所要時間は、22分です。
 『新潟-長岡』間の営業距離は、63.3㎞。
 まず、22分30秒で計算すると……。
 時速168.8㎞/h。
 遅っ!
 なんでじゃ。
 やっぱり、2つの駅で停まるから……。
 2回、時速ゼロになるからということなんでしょうね。
 これが、『とき312号』の17分だと……。
 時速223.4㎞/h。
 こっちは、逆にスピードが上がってます。
 駅で停まらないと、やっぱり違いますね。
 その差は、54.6㎞/h。
 これは、大きいと思います。
 そのため、『とき312号』の『新潟→東京』間の所要時間は……。
 1時間39分なんです。
 参ったか。
 ということで、スピードの計算は以後、省略します。
 疲れるので。

 ↓『浦佐』です(たぶん)。
浦佐
↑「み」

 見事に人がいません。
 廃駅のようです。
 時速の計算はしません。

 ↓山が近くなって来ました。
山が近くなって来ました
↑「み」

 ↓リゾートマンションが見えてきました。
リゾートマンションが見えてきました
↑「み」

 ↓『越後湯沢』です(たぶん)。
越後湯沢
↑「み」

 ↓前の写真の9分後。
国境の長いトンネルを抜けた後
↑「み」

 もう、国境の長いトンネルを抜けた後だと思います。
 なんだか、お天気が良くなったみたいです。
 冬なら腹立たしいところですが……。
 今日に限っては、晴れてくれた方がありがたいです。

 ↓と思ったら、やっぱりガスってますね。
やっぱりガスってます
↑「み」

 ↓家並みが見えてきました。
家並みが見えてきました
↑「み」

 ↓明らかに新幹線より高い位置に、高架が走ってます。
新幹線より高い位置に、高架
↑「み」

 なんですかね?
 架線があるので鉄道だとは思うのですが。

 ↓都会っぽくなってきました。
都会っぽくなってきました
↑「み」

 ↓『高崎』です(これは確か)。
『高崎』です
↑「み」

 ずいぶん綺麗に撮れました。
 減速してるんでしょうか。

 ↓またちょっとのどかに。
またちょっとのどかに
↑「み」

 ↓山の上に住宅地が見えます。
山の上に住宅地
↑「み」

 土地はいっぱいあると思うのですが……。
 なんで、高台に家を建てるんですかね?
 歳を取ったら大変だと思いますよ。
歳を取ったら大変

 街から出なきゃいいんでしょうが。

 ↓在来線の駅みたいですが、駅名表示は判別不能でした。
在来線の駅みたい
↑「み」

 ↓これこれ。
新幹線の高架を跨ぐ
↑「み」

 前回の『単独旅行記Ⅴ』でも撮ってた高架です。
 架線が無いので、道路橋です。
 新幹線の高架を跨ぐんですから……。
 そうとう高いと思われます。
 もし地震で橋脚が折れ……。
 橋桁が新幹線の上に落ちたら大惨事になります。
 ま、そうならない設計なのでしょうが。

 ↓密集する住宅地が見えてきました。
密集する住宅地が見えてきました
↑「み」

 ↓住宅地に入りました。
住宅地に入りました
↑「み」。ピンボケなので遠景です。

 ↓こういう小駅らしきものが、頻繁にあります。
小駅らしきものが、頻繁にあります
↑「み」

 調べたら、埼玉新都市交通伊奈線(ニューシャトル)という路線が、新幹線に沿って通ってます。
 その駅のようですね。
赤字が「ニューシャトル」の駅
↑赤字が「ニューシャトル」の駅です。

 ↓どこぞの在来線の駅。
どこぞの在来線の駅
↑「み」

 駅名は確認できませんでしたが……。
 完全に都会の駅ですね。

 ↓『大宮』に到着。
『大宮』に到着
↑「み」

 『とき312号』が、唯一停車する駅です。

 ↓『大宮』を出発。
『大宮』を出発
↑「み」

 ↓マンションの規模がすごいです。
マンションの規模がすごい
↑「み」

 こんなところに住んでて、怖くないものでしょうか。
 大地震があったときのことを考えると……。
 ちょっと住めないと思うのですが。
大地震があったときのことを考えると
↑倒れなくても、こんなに揺れたら、中はぐちゃぐちゃですよ。

 ↓『LOTTE』がありました。
LOTTE
↑「み」

 子供のころは、なじみ深い社名(もちろん、チョコで)。
 大人になってからは、ほぼ縁が無くなりました。

 ↓『千葉ロッテマリーンズ』の2軍球場だと思います。
『千葉ロッテマリーンズ』の2軍球場
↑「み」

 ここで汗みどろになって練習して、1軍に昇格すると……。
 千葉に行くわけです。
 埼玉から出世して……。
 千葉へ。
 なんだか微妙なものがあります。

 ↓『戸田市スポーツセンター』という看板が読めました。
『戸田市スポーツセンター』
↑「み」

 ↓すれ違い。
すれ違い
↑「み」

 ピンク(朱鷺色)のラインが入ってるので、上越新幹線です。
 常に電源の入ってるデジカメでないと……。
 こういうのを撮り逃します。
 それがイヤで、昨年は自動で電源が落ちないデジカメに変えたのです。
 で、「F値」で失敗したわけね。
「F値」で失敗

 今回は、自動で電源の落ちる元の機種に戻しました。
 このときは、偶然、電源を入れてたようです。

 ↓荒川です。
荒川です
↑「み」

 ↓渡りました。
荒川を渡りました
↑「み」

 荒川を渡ると、東京都です。

 ↓またすれ違いました。
またすれ違い
↑「み」

 ピンクのラインが入ってるので、上越新幹線です。
 しかし、ただ者ではありません。
 トカゲ顔の「E7系」です。
トカゲ顔の「E7系」

 グランクラスのある車両です。
 グランクラスは魅力的ですが……。
グランクラスは魅力的
↑1列シートは、大いに魅力。

 たったの2時間なのが不満。

 ↓また荒川です。
新河岸川
↑「み」

 もちろん、そんなわけありません。
 これは、赤羽あたり。
 新河岸川(しんがしがわ)ですね。
新河岸川

 ↓『イトーヨーカドー』があります。
『イトーヨーカドー』赤羽店
↑「み」

 赤羽店でしょう。
 赤羽あたりも、住んでみたい街だったんですよね。
 あと、北千住とか。
赤羽と北千住
↑案外離れてますね。もっと近いのかと思った。

 地名がお洒落じゃないんで、家賃もあまり高くないんじゃないでしょうか。
宿場町通り北千住サンロード商店街
↑『宿場町通り北千住サンロード商店街』。楽しそうです。

 それでいて、交通は非常に便利。
 でもねー。
 やっぱり今は、災害が怖いです。

 ↓ナニカとすれ違い。
ナニカとすれ違い
↑「み」

 さっぱりわかりません。

 ↓右側の座席で東京に向かうときの楽しみがこれ。
楽しみがこれ
↑「み」

 台地が崖のように立ちあがるすぐ下を、新幹線が通ってるんです。
台地が崖のように立ちあがる

 ↓これはたぶん、『飛鳥山公園』。
『飛鳥山公園』
↑「み」

 ↓崖です、崖。
崖です、崖
↑「み」

 ↓法面の擁壁がうねってますね。
法面の擁壁がうねってます
↑「み」

 大丈夫なんでしょうか。
 素人は「斜面」と云うでしょうが……。
 わたしのようなプロ(何のプロだ)は、「法面(のりめん)」という用語を駆使します。
人工の斜面を「法面」と云うようです
↑調べたら、人工の斜面を「法面」と云うようです。自然の崖は「法面」とは云わないわけです。

 ↓見事なまでに崖です。
見事なまでに崖
↑「み」

 ↓崖ってます。
崖ってます
↑「み」

 地震が来たら、縁の建物は怖いですね。
 台地そのものは無事でも……。
 崖は崩れますよ。
法面は崩れます
↑これは台風ですが。怖いです。

 ↓たぶん崩れます。
たぶん崩れます
↑「み」

 ↓駅です。
駅です
↑「み」

 駅名表示が、なんとか読めました。
 ↓日暮里駅でした。
日暮里駅でした
↑「み」

 どうやらここは、『下御隠殿橋(しもごいんでんばし)』という跨線橋の下らしいです。
 この跨線橋の上は、知る人ぞ知る列車のビュースポットだそうです。
下御隠殿橋(しもごいんでんばし)

 ↓1分後の写真なので、日暮里駅ではありません。
日暮里駅ではありません
↑「み」

 ↓これは、上の4秒後なので、同じ駅ですね。
同じ駅です
↑「み」

 ↓高層ビルも見えてきました。
高層ビルも見えてきました
↑「み」

 ↓ますます東京です。
ますます東京
↑「み」

 右手の赤い塔は、何ですかね?
 東京タワーと間違える人もいるかも(おらんわ)。

 ↓これはもう、東京駅付近のビルです。
東京駅付近のビル
↑「み」

 ↓緑の入った電車は、山手線でしょうか。
緑の入った電車は、山手線
↑「み」

 ↓昔は真緑で、どこから見ても一目でわかったようです。
山手線が緑

 ↓京浜東北線が青。
京浜東北線が青

 ↓総武線が黄色。
総武線が黄色

 ↓中央線が橙色。
中央線が橙色

 車両全体が一色で、間違えようがありません。
 今の車両でも、色は使われてますが……。
 車両の一部というか、ドアだけです。
 これは、塗装をケチってると考えていいんですかね?
 ま、塗り直しとかのメンテも省力化できるということでしょうか。

 ↓東京駅に入ります。
東京駅に入ります
↑「み」

 当然のことながら……。
 雪囲いがありません。

 ↓着きました。
着きました
↑「み」

 でも、まだ停まってません(たぶん)。
 画像がぶれてますから。

 ↓停まりました。
停まりました
↑「み」

 わたしの嫌いな「E5系」がいました。
 なんか、バカにされてるような気がします。
 笑ってますよね。
 少なくとも、真面目な顔ではありません。
一見真顔なカモノハシ
↑一見真顔なカモノハシ。でも、ぜったいに笑かそうとしてます。

 ↑の「停まりました」写真の撮影時刻は、10:43分。
 時刻表どおりの到着です。

 この後、しばらくは写真がありません。
 次の写真の撮影時刻は、11:32分でした。
 「停まりました」の写真から、49分後です。

 なぜ、こんなに写真を撮ってなかったかと云うと……。
 単にこの後、電車を乗り継いでたからです。
 まず、東京駅でトイレを済ませたあと……。
 山手線で、品川駅まで移動。
 ここでJRの改札を出て、新幹線の切符を手放します。

 知らない人はいないと思いますが……。
 東京駅から品川駅までの切符は買わなくてもいいんです。
 新幹線の切符の行き先は、「東京都区内」。
昭和38年の切符
↑これは、昭和38年の切符。右下に「小」とあるのは、子供料金だからでしょうか。それにしても安い……。

 東京都区内の駅から出れば、追加料金は発生しません。
東京都区内の駅
↑東京都区内の駅です。

 品川駅でJRを出て、わたしが乗り換えたのは……。
 京急品川駅。
京急品川駅
↑まったく記憶なし。

 とうぜん、京浜急行の駅です。
京浜急行
↑妙に懐かしさを感じる電車です。古き良き東京という感じ。

 構内で繋がってたのかは、記憶が定かでありません。
 一旦、駅の外に出たような気もします。
品川駅構内図
↑これを見ると、外に出なくても行けたみたいです。

 でも、東京に着いて、まだ動揺が収まらない時間だったので……。
 はっきりと覚えてないんです。

 ずっと写真を撮ってなかったのは、ひっきりなしに間近を多くの人が行き交い……。
 立ち止まって写真を撮ることなど、とうてい不可能だったからです。
 必ず、顔が大きく写ってしまう人がいます。
顔が大きく写ってしまう

 そんなのまで編集してアップする気になりません。
 それに、撮った時点で、因縁を付けられる恐れもあります。
因縁を付けられる

 不倫の2人連れとか、会社をサボってる人とか。
 剣呑剣呑。

 ということで、以後、最初の目的地の駅に降りるまで……。
 写真はありません。

 なお、わたしはこの日、かなりの回数で乗り継ぎをします。
 基本的に、ほぼ事前の計画どおりなので、忘れることはありません。
 でも、もしまったく思いつきで乗り降りしたとしても……。
 後からそれを確かめる方法があるのです。
 写真?
 だから、京急品川駅みたいに、撮れないこともあるわけですよ。
 答えは、Suicaです。
 この日の乗り継ぎは、すべてSuicaで行いました。
 でもって、翌日の帰り、自宅最寄り駅の改札を出た後……。
 券売機に向かいました。
券売機に向かいました
↑わたしの最寄り駅のものではありません。

 この券売機から、Suicaの利用明細が出せるんです。
 切符と同じサイズの厚紙に、印刷されて出て来ます。
Suicaの利用明細

 何日にどこで乗ってどこで降りたかが、時系列に並んでます。
 各行の右端には、Suicaの残額が表示されてるので……。
 かかった金額もわかります。
 残念ながら、時間までは記されてませんが。
 でも、立派な備忘録にはなります。
 もちろん、Suicaでバスに乗れば、それも記録されますし……。
 Suicaで買い物をした場合も、載って来ます。
 券売機での操作方法などについては、こちらのページをご覧ください。

 ということで、その利用明細を見ながら書き進めることにします。
 京急品川駅からは、京急川崎駅に向かいました。
京急川崎駅

 上図を見ればわかるとおり……。
 ここでも、JRからの乗り換えができます。
 わたしは品川駅で、JRから京急本線に乗り換えたわけですが……。
 川崎駅までJR京浜東北線で来て、ここで京急線に乗り換える方法もあります。
 でも、そうしなかったのは……。
 川崎駅が、東京都区内の駅じゃなかったからです。
 すなわち、新幹線の切符だけでは乗り換えられないのです。
 東京都区内最後の蒲田駅から、川崎駅までの運賃を精算しなければなりません。
 混んだ改札で手間取るのは嫌なので……。
 わたしなら、一旦、運賃の精算をした上で、JRの改札を出るでしょう。
 で、改めて京急の改札を入るわけです。
 面倒くさそうです。
 ということで、品川で乗り換えたわけです。

 今一瞬、蒲田の方が良かったんじゃないかと思いました。
 東京都区内最後の駅まで、新幹線の切符で行けるからです。
 京急にも、京急蒲田駅があります。
 でも、地図を見て安心しました。
 JR蒲田駅と京急蒲田駅は、かなり離れてるんです。
 徒歩10分くらいかかるようです。
 問題外で却下でしたね。
 たぶん、事前にこれも調べたはずですよ。
 問題外だったので、忘れただけだと思います。

 でも、わたしが乗ったのは京急本線ではありません。
 京急大師線です。
 で、降り立ったのは、川崎大師駅。
 ここまで書けば、目的地ははっきりしてますね。
 そう。
 最初の厄除け参りのお寺は、『川崎大師』です。
京急大師線
↑川崎大師駅より先があるんですね。今、初めて知りました。

 なお、京急品川駅から川崎大師駅まで……。
 Suicaでの料金は、237円でした。
 券売機で切符を買うと、240円です。
 IC運賃の方が、3円お得なわけですね。

 ↓駅前の案内図。
川崎大師周辺案内図
↑「み」。↑クリックすると、大きい画像が見られます。
単独旅行記Ⅵ・総集編(1)目次北海道に行こう!
 なんと……。
 『単独旅行記Ⅵ』が、『単独旅行記Ⅴ』からシームレスに繋がってしまいました!
 たった2日の旅行記を、丸1年に渡って連載するとは、われながら呆れる限りです。
 もっと簡潔に出来ないものですかね。
もっと簡潔に出来ないものですかね

 ま、出来ないから、こうなるんでしょうけど。

 というわけで、今年(2019年)も東京に行って来ましたよ。
 昨年から、旅行の日程が6月下旬に変わってます。
 なぜ変わったかについては、『単独旅行記Ⅴ・総集編(1)』の冒頭をご覧下さい。
 同じことを書いてると、また1年かかりますので。

 さっそく、旅行のテーマから。
 昨年は、『過去を巡る旅』でした。
 1日目は、東京で勤めてた会社と、最後に住んだマンション……。
 そして、アルバイトをしてた出版社を回りました。
 これが、「自分の過去」を巡る旅です。
 で、1日目の終わりに『台東区立下町風俗資料館』を訪ね……。
 2日目は、『東京国立博物館』でした。
 これが、「日本の過去」を巡る旅。

 さて、それでは今年のテーマですが……。
 実は、きっちりとは決めてませんでした。
 というのも、旅程は梅雨の真っ只中。
旅程は梅雨の真っ只中

 当然、雨は覚悟しなければなりませんが……。
 運良く、降らないということも考えられます。
 というわけで、1日目の後半は……。
 天候によって2通りの案を考えてました。
 2日目は一緒です。

 あ、その前に、旅程の曜日の説明から。
 昨年まではずっと、「木・金」で行ってました。
 平日なら、さほど混まないと思ったので。
 でも、どこも十分に混んでました。
 でも、「土・日」はたぶん、もっと混むのでしょう。

 で、当初は今年も、「木・金」のつもりだったんです。
 ところが!
 宿を予約しようとしたら、異変が起こってました。
 宿泊料金が、曜日によって異なるシステムになってたんです。

 例年、わたしが予約してたのは、宿泊する1ヶ月以上前でした。
 このくらいに予約すれば、たいてい空きがありました。
 料金は、何曜日でも変わりません。

 ところが、今年です。
 空きはたくさんあるようでした。
 しかし、曜日によって異なる料金が表示されてたのです。

 下は、わたしが実際に予約したホテルの金額です。
 一番高い曜日は、土曜日でした。
 シングルルームが、12,000円。
 次に高いのが、なんと木曜日。
 9,000円。
 逆に、一番安いのが日曜日。
 5,000円です。

 同じ部屋なんですよ。
 土曜日が高いのはわかります。
 休みを利用して来て、1泊して帰る客でしょう。
 でも、なぜ木曜日が高いんですか?
 ネットで調べましたが、どうやら出張客のようです。
出張

 直前に出張がきまった人の需要があるみたいなんです。
 会社経費なので、少々高くても捌けるんでしょうね。
 そのあおりを受けてるわけです。

 しばし悩みました。
しばし悩みました

 いつもは、「木・金」に年休を取って旅行。
 「土・日」は、いつもどおりのお休みというパターン。
 旅行から帰っても、2日休めるというのが魅力です。
 少々高くても、いつもどおりにしようか……。
 しかし、日曜との4,000円差は大きい。

 悩みましたが……。
 やはり、金に目がくらみました。
金に目がくらみました

 同じ部屋なのに、4,000円も余計に払う気にはなれません。
 ということで、旅程は「日・月」に決定。
 年休は、「月・火」と取ることにしました。
危険
↑危険。

 旅行から帰ってから1日しか休めませんが、仕方ありません。
 復帰してからの仕事量を考えると、3連休はとても取れませんから。

 わたしが予約したホテルですが、面倒なので書いてしまいます。
 『アパホテル』です。
『アパホテル』
↑本社ビルのようです。

 2月に、親戚の通夜と葬儀で新潟県三条市に滞在したとき……。
 『アパヴィラホテル燕三条駅前』に泊まり、会員になりました。
周りに何も無い
↑周りに何も無いところが、東京のアパホテルとは大違い。

 今回の宿泊ですが、会員割引が効きます。
 日曜日の部屋は、通常料金が5,000円(税込)ですが……。
 会員価格では、4,650円(税込)でした。
 昨年泊まった『ホテルマイステイズ上野入谷口』は、5,985円(税込)でしたから……。
 今年は、1,335円も安く泊まれるわけです。

 その宿泊料ですが、予約と同時にクレジット決済してしまいました。
 行けなくなってキャンセルする場合、手続きが面倒くさくなりそうですけど……。
 この日絶対に行くという覚悟を決めるため、あえて決済を済ませました。


↑読んだわけではありません。でも、読まなきゃならない気がします。

 さて、旅のテーマですが……。
 今年の柱は、「お寺巡り」。
 といっても、わたしに信仰心はほぼありません。
信仰心

 3つのお寺を回るつもりでしたが……。
 実は、宗派も調べてませんでした。
 わが家は一応、曹洞宗です。
曹洞宗宗歌
↑し、知らん……。

 禅宗ですね。
禅宗です

 でも、座禅を組んだ経験は、1度もありません。
 寺社建築に興味があるわけでもありません。
寺社建築に興味があるわけでもない
↑覚えられるか!

 それでは、なぜ「お寺巡り」か?

 実は、わたしの叔父が今年還暦を迎えたんです。



 数えで61。
 男性のこの年齢は、「本厄」なんです。
厄年

 幸い、年の前半に、凶事は起きてないようです。
 でも、それなら、年後半のリスクは2倍になるんじゃなかろうか。
後半のリスクは2倍

 ということで、そのリスク軽減のため、年の前半最後にお寺を巡り……。
 厄除けのお札を授かって来てあげようと思いました。

 わたしも、正直なところ……。
 そんなことで、厄が払えるとは考えてません。
 でも、何もしないでいて、叔父がポックリと逝ってしまったりしたら……。
ポックリと逝ってしまった

 それはそれで、悔いが残ると思ったんです。
 お札を授かっていれば……。
 それでもダメだったと諦めもつくでしょう。

 もちろん、「お寺巡り」だけをするつもりはありません。
 その途中で、わたし個人の楽しみも入れます。
 初日のスケジュールは、2とおり考えました。
 晴れ用と雨用です。
晴れ用と雨用

 困ったのは2日目。
 月曜日です。
 博物館などの公共施設は、ことごとく月曜日が休みなんです。
 「木・金」で行くつもりだったときは、2日目は『上野動物園』を考えてました。
 でもここも、月曜は休み。
『上野動物園』月曜日は休み

 仕方ありません。

 2日目には、お寺を2つ巡り……。
 その間に、月曜日にもやってる施設を入れました。
 野外施設で、雨だと辛いのですが仕方ありません。
 箱物の施設は開いてないので。

 さて。
 あと今回は、昨年までとは違う試みをしました。
 違うというか……。
 2年続けてやってきたことを止め、元に戻したんです。
 それは、スマホで「Google Map」を見ながら歩くこと。
スマホで「Google map」を見ながら歩く

 これは、2年やりましたが……。
 わたしには向いてないことが、はっきりとわかりました。
 表示される地図と、自分の周りの風景を関連付けて把握できないんです。
 特に、画面が勝手に回転するのがダメでした。
 脳みそがぐるぐる回る感じで、倒れそうになります。
脳みそがぐるぐる回る

 それでは、「Google Map」を止めて、どうするか?
 簡単です。
 紙の地図に戻すんです。
 昨年までも、紙の地図は持って行ってました。
 でも、イマイチ役に立たなかったんですよね。
 今回、その地図をまた持って行こうと思ってましたが……。
 奥付の発行年月を確認して、愕然。
 なんと、1999年1月でした。
予言では、滅亡は7月でした
↑予言では、滅亡は7月でした。

 20年前の、20世紀の地図だったんです。
 役に立たなかったのも当たり前です。

 ↓本日の格言。
●「女房と地図は新しい方が良い」

 ↓で、さっそく本屋で新しい地図を購入。



 799円(税込)ですよ。
 なんでこれまで、買おうとしなかったんですかね。
 ま、20世紀の地図を持ち歩いてたのは……。
 とても小さく、携帯に便利だったということもあります。
 ポケットに入れておけましたから。
 リュックにしか入らなかったら、見るときに不便です。
 でも、今度の旅行では……。
 大型のウェストポーチを携帯するつもりで、すでに買ってありました。


↑こういうやつですが、ホームセンターで買ったので、5分の1の値段でした。中の作りとかが違うんでしょうね。

 昨年までもウェストポーチは使ってたんですが……。
 小さくて、スマホしか入らなかったんです。
 今年は、この新調したウェストポーチに地図を入れて出かけます。
 これでもう、「Google Map」による惑乱とはおさらばです。
「Google map」による惑乱

 さて。
 この旅行、実はひとつ、大きな懸念事項がありました。
 お天気じゃありません。
 わたしの身体に関すること。

 実は、昨年の旅行で勃発してたんです。
 それは……。
 腰痛です。
腰痛です

 昨年の初日は、かなりの距離を歩きました。
 新宿で、勤めてた会社を探し……。
 その後、最後に住んでた西新宿のマンションを訪ねました。
 さらにその足で地下鉄を乗り継ぎ……。
 バイトしてた出版社のある神楽坂に行きました。
 その後、神楽坂を飯田橋まで下り……。
 さらに上野で、『下町風俗資料館』の見学。

 この間、ずっとリュックを背負いっぱなし。
 リュックには、軽くないノートパソコンが入ってました。
リュックには、軽くないノートパソコン
↑これほどではありませんが(当たり前)。

 最後、ホテル近くのスーパーでの買い物のとき……。
 どうにもこうにも、腰が痛くてしょうがなくなりました。
 その夜は、持って行ったサロンパスを全身に貼り……。
持って行ったサロンパスを全身に貼り

 ツギハギだらけみたいな身体で、夕食を摂ったものです。
ツギハギだらけみたいな身体

 でも、パソコンが入ったリュックを背負っての行軍は……。
 昨年に始まったことではありません。
 その前の年までも背負ってました。
 でも、あれほどの腰痛が起きることは無かったんです。

 原因は、推測できました。
 『新潟駅』在来線ホームの高架化です。
新潟駅ホームの高架化
↑高架ホームは、さらに手前にも出来ます。

 2018年4月からのこと。
 それまでは地上ホームで、乗り降りに階段は使う必要はありませんでした。
 それが、いきなり、88段もの階段昇降を、行きと帰りに行わなければならなくなったんです(『由美と美弥子 2541』のコメント参照)。

 わたしは、普段の通勤でも、パソコンの入ったリュックを背負ってます。
 昼休みに食事を摂らず、この原稿を書くためです。
 われながら、偉いというかバカというか、感心します。
 1円にもならないんですよ。
 ま、それは納得してやってることですからかまいません。
 でも、この重いリュックを背負っての階段の上り下りが……。
 わたしの腰を痛めたに違いありません。
在来線5番線ホームへの階段
↑在来線5番線ホームへの階段。反対側に番線表示がありませんが、そちら側は、ホームドアを隔てて新幹線の11番線ホームなのです。

 階段は、片足ずつ上り下りします。
 キョンシーじゃないんだから当たり前です。

↑『渋谷駅』に大量発生したキョンシー。階段は上りませんでした。

 つまり、左右の足の高さが1段ごとに変わるわけです。
左右の足の高さが1段ごとに変わる

 このとき、背中でリュックが左右に振れるんだと思います。
 それが、腰に大きな負担をかけてるに違いないのです。

 これは、今回の旅行においては、ぜったいなんとかしなければならない問題でした。
 腰痛があっては、歩くことが楽しくありません。
楽しく歩く

 ヘタすれば、計画の変更や、途中でのリタイアさえも考えられます。
途中でのリタイア

 根治のため、正座とか体操とかもしてみましたが……。
踵を揃えないとダメなんだそうです
↑踵を揃えないとダメなんだそうです。わたしにはこれが出来ませんでした。

 効果なし。
 三日坊主というのもありましたが。

 で、根治は諦め、対処療法に頼ることにしました。
 すなわち、鎮痛です。
 まず買ったのが、「ロキソニンテープ」。
ロキソニンテープ

 これは、形状的には湿布です。
 使い方も同じ。
 患部に貼るんです。
 でも、強力な鎮痛成分が含まれてます。
 1日に貼れる枚数も決められてるんです。
 「要指導医薬品」ですので……。
 薬剤師のいる薬局で、説明を受けてからしか買えません。
要指導医薬品

 そこらのドラッグストアでは売ってないのです。

 わたしは昔から、錠剤の『ロキソニン』を愛用してきました。
 頭痛や歯痛のときに飲むと、覿面に効きます。
 正確に書くと『ロキソニン』ではなく、ジェネリックの『ロキソプロフェン』ですが。



 わたしの身体には、副作用がなく効果だけ現れるというありがたいお薬。
 『ロキソニンテープ』は、その貼り薬ですから、効かないはずがありません。
 さらに、ネット情報を確認すると……。
 併用してもいいようなんです。
 つまり、腰には『ロキソニンテープ』を貼り、しかも『ロキソプロフェン』も服用する。
 これなら万全です。
いろんな画像があるもの
↑いろんな画像があるものです。

 もちろん、こんなことが常態になったら問題です。
 でも、ここ一番の日には許されると思います。
 痛み止めを打って試合に出るアスリートみたいだと思いました。
痛み止めを打って試合に出る

 さらにダメ押しで、対策を加えました。
 サポーターです。
 『バンテリンサポーター』というのが、名前も効きそうなので買いました。



 心配は、汗をかくんじゃないかということですが……。
 真夏ではないので、そこまで不快にはならないでしょう。
 腰回りが太くなってしまいますが……。
この上からズボンを穿くようなもの
↑極端な話、この上からズボンを穿くようなものです。

 いまさらこんなことを気にしても仕方ありません。
 腰痛が出ない方が、よっぽどマシですから。

 さて、出発です。
 「土・日」は通常の休み。
 わたしは、「月・火」と年休を取ってます。
 旅行は、「日・月」です。
 前年までは、「木・金」に年休を取り……。
 その2日間で旅行に行ってました。
 この旅程の欠点は……。
 旅行のための準備が、木曜の朝にしか出来ないことでした。
 朝、3時半くらいに起きて準備をするんですが……。
 出発直前までかかりました。
 さらに、もし何か足りないものがあっても、買いに行くことが出来ません。
 東京で調達しなければならないことになります。

 しかし、今年は違いました。
 出発前日の土曜日に、ゆっくりと支度をすることが出来たんです。
 もし足りないものがあれば、買いに行けました。
 幸い、ありませんでしたが。

 このおかげで、出発当日の日曜日の朝は……。
 4時半起きで、十分に時間が余りました。

 新幹線の『新潟駅』発車は、9:04分です。
 何でこんなに早く起きるかというと……。
 荷造りが苦手だからです。
荷造りが苦手
↑わたしの荷物ではありません。似てますが。

 当日の朝は、ノートパソコンや、常用している化粧品などを詰めます。
 朝まで使うので、土曜日には詰められないのです。
 でも、昨年までのように、1から準備をやるのとでは大違いでした。
 しかしながら、来年もこの日程でやるかは未定です。
 最大の欠点は、月曜日の目的地が限られてしまうこと。
 公共施設は、ほとんどが月曜休館ですから。

 さて、そろそろ出かけましょう。
 日曜日の朝。
 曇り空。
曇り空
↑拝借画像です。撮っておけば良かったな。

 お日様こそ出てませんが、雨は落ちてません。
 駅まではチャリで行けそうです。
 重いリュックなので……。
 歩きだと、いきなり腰に負担をかけることになります。
 チャリを使えるのは助かりました。
 梅雨の真っ只中の旅行ですから、雨は覚悟してます。
 でも、初っぱなから降られないのは幸先がいいと思いました。
五百円拾ったくらいラッキー
↑五百円拾ったくらいラッキー。

 準備が早く出来たので……。
 予定してた電車より、早めの便に乗ることにしました。
 早いに越したことはありません。
 だんだん性分が、年寄りめいてきたようです。
105歳の短距離ランナー
↑105歳の短距離ランナー。速いのは、せっかちだからじゃないと思います。

 駅に着いて、前年までとは雰囲気が違うのにびっくり。
 考えてみば当たり前です。
 昨年までは、木曜日に出発してましたから……。
 駅のホームは、通勤客でいっぱいでした。
 ところが今年は、日曜です。
 ホームはガラガラ。
ホームはガラガラ
↑わたしが使う駅ではありません。何となく似てますが。

 もちろん、通勤らしき人はいません。
 みんな、どこかへ向かう行楽客のようです。

 昨年までは、通勤客の混雑の中……。
 行楽の格好で重いリュックを持ちこむのに、ちょっと後ろめたさを感じてました。
 でも、今年は違います。
 しかも、座れました。
 ロングシートですが。
ロングシートの正しい乗り方
↑ロングシートの正しい乗り方。わたしも靴を脱いで、後ろ向きに座りたかった。

 電車は、定刻に発車。
 ここまでは順調でした。
 しかし!
 『新潟駅』の直前の『越後石山駅』で止まったまま、なかなか発車しません。
『越後石山駅』
↑小さな無人駅です。

 最初は、「停止信号です」とのアナウンス。
 しかし、いっこうに動きません。
 そのうち、アナウンスが変わりました。
 踏切で車が立ち往生してるため、上下線で運転を見合わせてるとのこと。
 衝突してたら、半日くらいは動かないでしょうが……。
 どうやら、事故は起きてないようです。
 電車は、踏切前で停止できたのでしょう。
 しかし、その車を踏切から押し出すのに、どれくらい時間がかかるかわかりません。
 軽自動車なら、数人で可能なはず。
火事場の馬鹿力
↑火事場の馬鹿力を出せば、ひとりでも可能かも。

 踏切で繋がってる車の運転手たちに協力してもらえば……。
 さほど難しくないでしょう。
 しかし、トラックなどだったら、それは難しい。
 レッカー車の到着を待たなければなりません。
レッカー車の到着を待たなければ
↑もちろん、おもちゃです。可愛いものですね。

 『単独旅行記』では、かつて同じようなことがありました。
 乗りこんだ駅で、電車がまったく動かなくなったんです。
 後続の電車に乗るつもりだったであろう通勤客が、どんどん車中に入ってきます。
 これ以上時間が経ったら、降りようにも降りられなくなる。
 そう判断し、なんとか頭を下げながら降ろしてもらいました。
 で、駅前からタクシーに乗ったんです。
夜明さんの車ではありませんでした
↑残念ながら、夜明さんの車ではありませんでした。

 しかし!
 その日は平日。
 道路は、通勤の車で混んでました。
 途中、わたしが降りた電車に抜かされました。
 これで間に合わなかったら、後悔の臍を噛み切って死ぬしかありません。
悲憤!
↑まさに、悲憤!

 しかし、運ちゃんの腕が良かったのか……。
 あるいは、混雑状況まで表示される最新のナビのおかげか、なんとか高速バスに間に合うことが出来ました。
すごい計器類です
↑すごい計器類です。最初は、この操作を覚えるだけで大変なんじゃないですか。

 タクシー代だけ高くつきましたが……。
 最悪の事態ばかりは避けられました。
最悪の事態だけは避けられました

 さて、今回。
 迷いました。
 前回と違うのは、電車内が混んでないこと。
 判断にかけられる時間は、まだあります。
 でも、降りることにしました。
 日曜日なので、タクシーでも道が混んでないでしょうから。
 判断は早いに越したことはありません。
判断は早いに越したことはありません

 で、ホームに降りて、改札に向かって歩いてるとき……。
 再び、放送が聞こえました。
 車が、どかされたとの内容でした。
 どうやら、レッカー車は必要なかったったようです。
 で、瞬時に方向転換し、再び車内に戻りました。
 電車は、まもなく動き出しました。
 『新潟駅』には、無事到着。
 もともと余裕のある時間の電車でしたので……。
 少しくらい遅れても、何でもありません。
 やはり、早めの電車に乗るに限ります。

 駅に入る前……。
 「『特急いなほ1号』の発車時刻が近づいておりますが、みなさまの乗り換えを待って発車します」との放送がありました。
 わたしが乗る新幹線は、まだ入線してない時間です。
 で、新幹線ホームに入る前に、『特急いなほ1号』を写して来ることにしました。

 ↓『単独旅行記Ⅵ』、最初の写真です。
『特急いなほ1号』新潟駅
↑「み」

 この写真を撮ったのは、8:27分。
この写真を撮ったのは、8:27分
↑「み」。ひとつ前の写真の、右上のアップです。

 『特急いなほ1号』は、8:22分の発車です。
『特急いなほ1号』時刻表

 この時点ですでに、5分遅れ。
 実は、さっき、この写真の撮影時刻を確認して、ギョッとしました。
ギョッとしました
↑ここまでではありませんが。

 20:27分になってたんです。

 出発前に、時刻は合わせたはずなんです。
 でも、もし合ってなかったら、いちいち換算しなければならないところです。
 デジカメは、『単独旅行記Ⅳ』まで使ってたものに戻してます。
Cyber-shot DSC-WX1
↑Sony『Cyber-shot DSC-WX1』です。2009年のモデル。

 当然、電池は切れ、内蔵メモリの内容も消失してました。
 なので、電池を充電し、電源を入れたら、すぐに日時入力の画面になったんです。
 購入直後と同じ状態というわけです。
 だから、このときちゃんと入力したはずなんです。

 もう一度、日時設定メニューを確認してみました。
 わかりました。
 AMとPMの設定を間違ってたんです。
 つまり、20:27分は、8:27分ということ。
 腹立たしいですが仕方ありません。
 しっかり確認しなかったわたしが悪いんです。

 さて、この『特急いなほ1号』。
 車体の色に注目です。
 これは、「ハマナス色」と云います。
「ハマナス色」
↑地上ホーム時代の『新潟駅』です。

 2017年12月29日から運転が開始された最新色。
 花のハマナスよりは、ちと色が濃いめのようですが……。
花のハマナス
↑綺麗ですが、棘があります(バラ科)。コガネムシにびっしりとたかられる場合があります(キモ!)。

 経年変化で色が薄れていくことを織りこんでの色調でしょうか。
 とても華やかですから、乗ってみたいですが……。
 乗ってしまえば、この色は見えません。
乗ってしまえば、この色は見えません
↑いっそ、車内もハマナス色にすればいいのに。ピンサロみたいか?

 ↓発車していきました。
発車していきました
↑「み」

 撮影時刻は、8:28分。
 6分遅れの発車です。
 右に立ってるのは駅員さんだと思うのですが……。
 なんでこんなユニフォームなのでしょう?

 この駅員さんの様子からもわかるように……。
 遅れて着いた信越線からの乗り換え客は、すべて乗りこんだことを確認しての発車です。
 と、思ってました。
 しかし、違ってたんです。
 わたしが、階段を降りようとしたとき……。
 エスカレーターを上ってきた、若い女性がいました。
 小さな男の子の手を引いてました。

「えー、行っちゃったよー」
えー、行っちゃったよー

 どうやら、積み残されたようです。
 乗り換えには、十分な時間があったはずです。
 どうしたんでしょう?
 ひょっとしたら、男の子がトイレに行きたがったのかも知れません。
 何とも可哀想です。
 乗ってから車内のトイレを使わせるという方法があったと思うのですが……。
 気がつかなかったのか、男の子が切迫してたのか。
男の子が切迫してたのか

 『特急いなほ』に乗るからには、遠方まで行く用事でしょう。
 次の『特急いなほ3号』の発車は、10:57分。
『特急いなほ』時刻表

 2時間半後になってしまいます。
 切符はパーだし、踏んだり蹴ったりです。
踏んだり蹴ったり

 タクシーで追いかけても、特急には追いつけないでしょうしね。
 気の毒でなりませんでした。

 『特急いなほ1号』を見送った後、在来線の改札口を出ました。
 もちろん、改札口を出なくても……。
 新幹線への乗換改札から、新幹線ホームには行けます。
新幹線への乗換改札
↑「み」。昨年の『単独旅行記Ⅴ』で撮った写真です。

 昨年の『単独旅行記Ⅴ』は、高架化されてから初の新幹線乗車でした。
 事前に、乗り換え方法もネットで学習してました。
 わたしは、Suicaの定期券で、『新潟駅』まで来てます。
 乗換改札の改札機では……。
 定期で『新潟駅』まで来たという記録と、新幹線の切符での入場を、いっぺんに行わなければなりません。
 方法は、間違えがちなので、よく覚えましょう。
 「切符が先、Suicaをタッチ」です。
切符が先、Suicaをタッチ

 このフレーズ、昨年事前調査したとき……。
 無愛想な駅員が、ぶっきらぼうに教えてくれました。
 ごま塩頭でしたので、国鉄時代からの駅員でしょう。
こくろうラーメン
↑JRに採用されずに解雇された国労組合員の生活を支える目的で発売されたとか。もちろん、今はもう売られてません。

 JRでも、若い駅員はとても親切ですが……。
 国鉄時代からの駅員には、再教育が必要なのが未だ残ってるようです。

 ま、それはそれとして……。
 方法はわかってましたが、昨年は一旦在来線の改札口から、外に出ました。
 失敗を恐れたというより、時間がたくさんあったからです。
 すぐに新幹線ホームに出ても、まだ列車は入線してません。
 なので、駅の構内の写真を撮りに、外に出たのです。

 でも、その後、乗換改札での乗り換えは、実体験してます。
 今年の2月、三条市での葬儀に出るときです。
 『新潟』から『燕三条』までの1駅間、新幹線を使ったんです。
 もちろん、信越線でも行けます。
 でも、50分くらいかかります。
『新潟駅』から『燕三条駅』

 新幹線なら、これが12分です。
上越新幹線

 ぜんぜん違います。
 ケチる気にもなりません。
 しかもホテルは、燕三条駅の真ん前でしたし。
 このとき、乗りこむ新潟駅での「切符が先、Suicaをタッチ」を実行し……。
 見事、成功してます。
見事、成功してます

 さて、今年です。
 やっぱり、乗換改札は使わず、一旦、改札外に出ました。
 理由はもちろん、時間があるからです。
 今朝の踏切エンコなどもありますから……。
 早めに来るに越したことはありません。
早すぎるのも問題ですが
↑早すぎるのも問題ですが。

 ↓構内食堂のウィンドウ。
構内食堂のウィンドウ
↑「み」

 ↓「海老ぶっかけそば」、1,404円(税抜きで1,300円ってこと)。
海老ぶっかけそば
↑「み」

 一瞬、冷やし中華に見えました。
 右にある徳利は、お酒が入ってるわけではなく……。
 蕎麦つゆが入ってるのでしょう。
 これを「ぶっかけ」て食べるわけですね。
 なぜ、最初から掛けて出さないのでしょう。
 あ、天ぷらがびしょびしょになるから?

 ↓そしてこれが、わたしの宿敵「タレかつ丼」です。
わたしの宿敵「タレかつ丼」
↑「み」

 ご覧のように、卵で閉じられてません。
「タレかつ丼」とは
↑こういうヤツにです。

 これはでも、「タレかつ丼」と断ってるから、いい方です。
 「かつ丼」としか書いてないお店もあります。

 他県の人が、「かつ丼」を注文し、蓋を開けたら……。

「なんじゃこりゃー!」
なんじゃこりゃー!

 でしょう。
 卵を忘れてると思うかも知れません。
 実は、高校の学食の「かつ丼」がこれだったんですよ。
『新潟食糧農業大学』の学生食堂
↑『新潟食糧農業大学』の学生食堂の『黄金豚のたれカツ丼(420円)』。ていうか、こんな大学、あったんだ。

 高校の学食メニューでは、「タレかつ丼」とは書いてありませんでした。
 「かつ丼」でした。
 当時のわたしは、それが新潟名物だとは、まったく知りませんでした。
 卵をケチってるとばかり思ってたんです。
 もちろん、自分で注文することなどありませんでした。
 これまで生きてきて……。
 まだ一度も、「タレかつ丼」は食べたことがありません。
 これからもないでしょう。
 奢ってもらわない限り。
少しも恥ずかしくありません
↑当然です。少しも恥ずかしくありません。「タレかつ丼」を褒めてもいいくらいです。

 ↓これは、魚沼地方の名物「へぎ蕎麦」です。
魚沼地方の名物「へぎ蕎麦」
↑「み」

 「へぎ」とは、この入れ物のことです。
「へぎ」とは、この入れ物

 「剥(は)ぎ板」で作ってあります。
 板を繋ぎ合わせて、一枚の板にしたもののだと思います。
板を繋ぎ合わせて、一枚の板にした
↑底の部分は1枚板ではなく、細い板を並べて継ぎ合わせてるわけです。

 安いんでしょうね。
 この板で作られた器で出てくるから「へぎ蕎麦」ですが……。
 味にも特徴があります。
 一般的なお蕎麦は、つなぎに小麦粉を使ってます。
一般的なお蕎麦は、つなぎに小麦粉

 でも、「へぎ蕎麦」では、小麦粉は使いません。
 といって、10割蕎麦でもありません。
 つなぎに、↓布海苔(ふのり)という海藻を使ってるのです。
布海苔という海藻

 こんな色ですが、お湯に通すと鮮やかな緑色に変わります。
 なので、お蕎麦も緑色をしてます。
お蕎麦も緑色

 のど越しはツルツル。

 魚沼地方は、山間の豪雪地です。
 そこでなぜ、海藻を使った蕎麦が作られるようになったか?
 それは、魚沼地方が、着物の産地だったからです。
魚沼地方が、着物の産地

 着物の仕上げの糊付けに、この布海苔が使われてたのです。
 いったい誰が、この糊を蕎麦のつなぎにしようと思いついたんですかね?
 そうとう柔軟な頭の持ち主だったのでしょう。
単独旅行記Ⅴ・総集編(15)目次単独旅行記Ⅵ・総集編(2)
↓お帰りのさいには↓
愛のワンクリ お願いします
新しいウィンドウは開きません

相互リンクサイトのみなさま(Ⅰ)
未知の星 官能文書わーるど 禁断の体験 エッチな告白集 愛と官能の美学
ましゅまろくらぶ 官能の本棚 官能的なエロ小説 Angel Pussy 週刊創作官能小説
電脳女学園 ちょっとHな小説 おとなの淫文ファイル エッチのあとさき 萌木ケイの官能小説
新・SM小説書庫2 羞恥の風 赤星直也のエロ小説 潤文学
恍惚團 ~ドライ・オーガズムの深淵~ 平成な美少女ライトノベル 人妻の浮気話 艶みるく Playing Archives

相互リンクサイトのみなさま(Ⅱ)
変態小説 秘密のエッチ体験談まとめ 空想地帯 恥と屈辱の交差点
性小説 潤文学ブログ 女性のH体験告白集 恥ずかしがりたがり。 出羽健書蔵庫
18's Summer 淫鬼の棲む地下室 HAKASEの第二読み物ブログ ぺたの横書き
女性のための官能小説 むね☆きゅんファンサイト 最低のオリ アダルト検索一発サーチ
女の陰影 濠門長恭の過激SM小説 お姫様倶楽部.com 黒い教室
魔法の鍵 ひめ魅、ゴコロ。 制服美少女快楽地獄 漂浪の果てに

相互リンクサイトのみなさま(Ⅲ)
[官能小説] 熟女の園 被虐願望 渡硝子の性感快楽駆け込み寺 おしっこ我慢NAVI
かめべや 妄想ココット ライトHノベルの部屋 被支配中毒
riccia 調教倶楽部 ちょっとHなおとなのための… 快感小説
レズ画像・きれいな画像倉庫 Japanese-wifeblog Eros'Entertainment SM~猟奇の性書~変態
緊縛新聞 性転換・TS・女体化劇場 エピソードセックス 被虐のハイパーヒロインズ

空想の泉~The Fountain of Daydream~ オシッコオモラシオムツシーン収集所 アダルト官能小説快楽機姦研究所 渋谷子宮 RE:BIRTH
羞恥集 マルガリテの部屋 あおいつぼみ 葵蕾 エロ体験談で抜けるコピペ
プライド 黒塚工房 官能小説 レイプ嗜好 人妻!人妻!人妻!
wombatの官能小説 女性作家専門官能小説 羊頭狗肉 ねっとりぐちょぐちょ
美里のオナニー日記 黒イ都 ひよこの家 エロショッカー軍団
★相互リンク募集中!(メールしてね)★

ランキング/画像・動画(1~10)
エログちゃんねる ライブドアブログ
官能小説アンテナ 人気ブログランキング
セックス・ノベル・ネット アダルトブログランキング
GL Search ネット小説ランキング
アダルト動画まとめ にほんブログ村

ランキング/画像・動画(11~30)
おたりんく ヌケルアダルト作品 Girls Love Search 萌駅
Adult Novels Search Cyber あまてらす 成人向けランキング 少女禁忌区域
創作系サイト検索・KAGOME GAY ART NAVIGATION クリエイターコレクションR18 相互リンク、募集してます!






<ランキング/画像・動画(31~50)ここまで-->
△Top