Mikiko's Room

 ゴシック系長編レズビアン小説 「由美と美弥子」を連載しています(完全18禁なので、良い子のみんなは覗かないでね)。
 「由美と美弥子」には、ほとんど女性しか出てきませんが、登場する全ての女性が変態です。
 文章は「蒼古」を旨とし、納戸の奥から発掘されたエロ本に載ってた(挿絵:加藤かほる)、みたいな感じを目指しています。
 美しき変態たちの宴を、どうぞお楽しみください。
管理人:Mikiko
カテゴリ:愛と官能の美学 > 亜理紗 雪むすめ
『亜理紗 雪むすめ(伝説官能ホラー作品)』 作:Shyrock


第6話:重なる二つの影


「あぁ…何てすごいんだ……亜理紗、君って強烈だね…表現できないぐらいすごい……」
「え? そんなにすごいんですか?」
「うん…君のような子は初めてだよ…おそらく名前は知らないけどすごい名器なんだだと思うよ」
「まぁ、どんな感じなのですか?」
「ふつうなら精を発射するって感じなんだけど、君の場合は精が吸い込まれていくと言うか…うまく言えないけどとにかくすごいんだ……」
「それって気持ちが良いと言うことなのですか?」
「うん、普通より数倍気持ちがいいんだ……」
「そんな風に言ってくださって、私とても嬉しいです」

 そんな会話をしているうちに俊介の肉棒は徐々に小さくなっていったが、そのまま亜理紗の体内に挿し込まれていた。
 亜理紗もまだ快感から醒めやらずと言った状態で、俊介にもたれて余韻にひたっていた。
 俊介もまた「ハアハア」と言う荒い息がまだ治まっていなかった。



 窓に木漏れ日が差し込み、俊介は目を覚ました。
 薄ぼんやりとした思考の中で昨夜のことが脳裏をよぎった。
 突然俊介は左右を見回した。しかし亜理紗の姿はなかった。

(昨夜の出来事はもしかして夢だったのだろうか……?)

 あまりに話がうま過ぎてにわかには信じがたい。

(いや、昨夜のことは夢なんかじゃない……)

 めくるめく昨夜の光景が瞼に浮かんだ。
 身体には少し気だるさが残っている。
 亜理紗とは何度も何度も身体を重ね、とうとう明け方まで愛し合ったから、おそらく寝不足なのだろう。
 俊介はゆっくり上体を起こしたが、直ぐに布団からは出ないでしばらくまどろんでいた。
 その時、掛け布団の裏側に長い髪が1本付着しているのが目に入った。

(……!)

 それは俊介のものとは違う。明らかに女性の黒髪だ。

(やっぱりあれは夢じゃなかったんだ……)



 午前7時頃、朝食が部屋に運ばれてきた。
 朝食を運んできたのは女将であった。
 まさか昨夜のことを話すわけにはいかないので、俊介は亜理紗の話題には一切触れなかった。
 おそらく亜理紗自身も母親である女将には当然漏らしていないだろうし。
 俊介は女将とは当たり障りのない話題に徹した。

 俊介は朝食を済ませた後取材の準備を行ない、8時30分頃旅館から地元の村へと向かった。
 “雪女”だけではなく地元の民話が聞けるところを探して歩くのだ。事前に訪問先と面談の約束を取り付けておくことは難しく、ほとんどがぶっつけ本番になってしまう。
 簡単に話しが聞けることは少なく、妖怪の伝説を大の大人に話したら笑われるからと口を閉ざしてしまう人、昔話ではなく現在もいると信じ熱く語ってくれる人、こちらの熱意にほだされてようやく口を開いてくれる人…その成果は運を天に任せるしかなかった。
 幸いその日はそこそこの成果があったので、俊介は早めに旅館に戻り寛いだ。

 そして2日目の夜が訪れた。
 その日は運よくネットが繋がったので夕食後情報集めに精を出す俊介であったが、昨夜の寝不足もたたってか、夜の10時頃になると睡魔が襲ってきた。
 すでに布団は敷かれていたので羽織っていた丹前を脱ぎ寝床に入ることにした。
 俊介は寝床に入ってから10分も経たないうちに早くも寝息を立てていた。

 それからどのくらいの時間が経過したのだろう。
 俊介の耳元で女性がささやく声がして俊介は目を覚ましてしまった。

「俊介さん、私です。亜理紗です……」
「わっ! 君か~、びっくりしたじゃないか」
「ごめんなさい、起こしてしまって」
「いや、そりゃいいけど、どうしたの?」
「昨夜のことを思い出すと眠れなくなってしまって……」
「ふうむ、やっぱり昨夜のことは夢じゃなかったのか」
「夢だと思ってたのですか? おほほほ……」
「だって君のような可愛い子が自分からやってくるなんて、男として幸運すぎるじゃないか」
「まぁ、可愛いだなんて……嬉しいですわ……(ポッ)」

 可愛いと言った一言に亜理紗は素直に喜んでみせた。
 昨夜は表情に憂愁が漂っているように思われたが、今日は屈託のない笑顔を見せてくれた。
 笑うと笑顔が素敵な子だなと俊介は思った。
 昨日は紬を身に着けていた亜理紗だったが、今夜は寝巻きの上に丹前を羽織っている。
 おそらく眠るつもりで着替えたのだろうが寝付けなかったのだろう。

「お茶でも淹れようか?」
「いいえ、結構です。それより横に入っても構いませんか?」
「う、うん…構わないけど…」

 亜理紗は俊介にそう告げると、直ぐに丹前を脱ぎ捨て布団に潜り込んできた。
 俊介は昨日の今日でもあり戸惑いを隠しきれない。
 亜理紗は少し甘えたような声で俊介にささやいた。

「すごく冷えてるんです…身体を温めてくれませんか…?」

 肩に触れてみると確かに氷のように冷たい。

「うわぁ…かなり冷えているね。こっちにおいで……」

 俊介はそうささやくと亜理紗をギュッと抱きしめた。

「今日は成果が上がりましたか?」
「うん、思ったより好調だったよ。取材も沢山できたし」
「良かったですね」
「うん、でも、亜理紗…」
「はい?」
「君が来てくれたことが一番ラッキーだよ」
「まぁ……」

 俊介は亜理紗を抱き寄せ唇を重ねた。
亜理紗 雪むすめ【第5話:絶頂一献】目次【読者の部屋】日本酒を飲もう!(Ⅰ)
『亜理紗 雪むすめ(伝説官能ホラー作品)』 作:Shyrock


第5話:絶頂一献


「すごくいい……亜理紗さん、フェラチオすごく上手い……」
「呼び捨てで構いませんよ…」
「うん…亜理紗……」

(ジュパジュパジュパ…ジュパジュパジュパ…)

 呼び捨てにされたことが嬉しかったのか、亜理紗は何度も繰り返し口から肉棒を出し入れし、指でしごいた。

「うっ…亜理紗、もういいよ……出ちゃいそう……」

 俊介は慌てて亜理紗の口から肉棒を離した。
 そして亜理紗に念を押した。

「じゃあ…いいんだね……」
「はい……」

 もうすっかり肌蹴てしまっている湯文字は俊介の手で脱がされ、白足袋を残して身に着けているものは全て取り去った。
 両手で胸を覆い恥じらう亜理紗。薄明かりの中でかすかに震えているのが分かる。
 俊介は亜理紗を仰向けに寝かせ太股を大きく割り広げた。
 もう一度渓谷に舌を這わせ濡れ具合を確かめた俊介は、渓谷の中心部に肉棒が触れた。

「あっ……」

 亜理紗は緊張のせいか身体をぴくりと震わせた。
 まもなく身体の中心部に紅い稲妻が走るであろう…そんな刹那。
 女は触れられて感じても濡れるが、予感だけで濡れることもある。
 亜理紗の渓谷からはすでに十分過ぎるほどの蜜が滲み出していた。
 ついに肉棒が突き立てられた。

「ああっん……」

 しかしまだカリの部分しか隠れていない。
 俊介は腹部を前面に突き出した。

(ズズズッ……)

「やぁん……」

 突き立てられた肉棒は奥へと突き進んだ。

「ああっ……は、入ってくるぅ……」

(ズズズ…ヌチュヌチュヌチュ…)

「あぁ…いい~……俊介さん…すごく気持ちいい………あぁん~……」

(ズン、ズン、ズン……ズン、ズン、ズン……ズン、ズン、ズン……)

 俊介の杭打ち機のように重々しくじっくりと攻め上げた。
 肉棒が膣壁を押し広げていく。
 押し広げられることが快感だった。
 そう、それは痛みではなく、快感であった。
 亜理紗は眼を閉じ、顎を上げ、快感に打ち震えた。

「はぁ……あ……あっ……!」
「あぁ……!」

 言葉にならない感嘆が、ふたりの口から同時に漏れた。
 俊介は思った。

(何と素晴らしい子なんだろう……外見だけじゃなくて、身体もめちゃスゴイじゃんか……出張先でこんな幸運に巡り会えるとは……)

 それは雪国で春を見つけたようなもので、感動と言ってもよかった。

「んっ……あぁっ……しゅ、俊介さぁん……あぁぁぁ……」

 亜理紗の肉道はぐいぐいと俊介を締めつけた。

「す、すごい……亜理紗……あぁ……」

 俊介は先ほどのフェラチオでかなり高揚していたので、結合後も当然押し寄せてくる波は早かった。
 仮に今射精してしまったとしても、亜理紗ほどの娘であれば一晩に何度でもこなせる自信はあったが、俊介としてはどう言うわけか最初の1回目だけは大切にしたかった。
 そうは言ってもすでに強い高ぶりを感じていたので一度肉棒を抜こうとした。
 ところが肉棒が出て行こうとすると亜理紗の花びらは絡みつき貪欲にまとわりついた。

(こりゃぁ、まずい…取り合えず一旦は離れないと……)

 まとわりつく襞を振りほどいた俊介は胡坐で座り、その上に亜理紗を招いた。
 亜理紗は胡坐の上にまたがる格好で俊介と相対した。

「これでいいの…?」
「うん…」

 俊介はその状態で亜理紗を抱き寄せ、唇を重ねた。
 俊介が亜理紗の背中に腕を回すと、亜理紗も同じように俊介の背中に両手を廻してきた。
 亜理紗の蜜壷がすでに十分潤っていたので、俊介は直ぐに怒張したものを亜理紗の中に収めた。

「あぁっ……」

 俊介はゆっくりと腰を上下させた。
 体位が変われば挿入角度も変わり、ふたりの気分も新たになる。
 亜理紗は気持ちよさそうに目を細めている。
 唇を重ねた亜理紗の喉の奥から「うんぐ、うんぐ」という、かみ殺したようなあえぎ声が漏れるている。
 亜理紗の腰の動きが速くなる。
 自分で自分の身体を持ち上げ、ずしんと勢いよく沈み込ませることで、俊介の肉棒の存在を快感に変えている。
 亜理紗が腰を沈めるたびに、俊介の肉棒の先端が、やわらかい肉壁に衝突する感覚があった。
 亜理紗の腰の動きがさらに速まった。
 俊介の肉棒も最大に膨張している。

「亜理紗ぁ……」
「俊介さん……」
「好きだよ……」
「私も好きです……あっ……!」
「ん…?」
「あぁっ…イク…イクイク! いやぁん~~~~~~~~~~~~!!」
「……!!」

 その瞬間、俊介の肉棒が亜理紗の膣壁によってギュッと締めつけられた。
 亜理紗の身体が後方へ反り返り、俊介はそれを懸命に抱き止めた。
 膣内がピクピクと痙攣しているのが分かる。
 次の瞬間、俊介の精液が一斉に亜理紗の体内へ放出された。

「うっ! うううっ!! すごいっ!!」
「私もすごくいいの~~~~~~~~~~!!」

 俊介は亜理紗を強く抱きしめ、挿入している肉棒をさらに奥へと押し込んだ。
 亜理紗は「ああっ」とあえぎ、身体を震わせる。
 俊介の肉棒からは次から次へと精液が送り出される。

「くわぁ~~~~~!! これはたまらない!!」

 それはまるで吸い込まれていくように……
 俊介はまるで100メートルを全力疾走した後のように息を切らしている。
 ようやく落ち着いてきた頃……
亜理紗 雪むすめ【第4話:ゆれる白磁肌】目次亜理紗 雪むすめ【第6話:重なる二つの影】
↓お帰りのさいには↓
愛のワンクリ お願いします
新しいウィンドウは開きません

相互リンクサイトのみなさま(Ⅰ)
ひとみの内緒話 愛と官能の美学 熟女夜伽物語 レズ画像・きれいな画像倉庫
萌木ケイの官能小説 禁断の体験 エッチな告白集 新・SM小説書庫2 官能文書わーるど
未知の星 ましゅまろくらぶ 恥と屈辱の交差点 羞恥の風
赤星直也のエロ小説 Playing Archives ちょっとHな小説 官能的なエロ小説
おとなの淫文ファイル エッチのあとさき 変態小説 女性のための官能小説 快感小説

相互リンクサイトのみなさま(Ⅱ)
性小説 潤文学ブログ 恥ずかしがりたがり。 性転換・TS・女体化劇場 人妻の浮気話 艶みるく
18's Summer ひめ魅、ゴコロ。 淫鬼の棲む地下室 女性のH体験告白集
魔法の鍵 黒い教室 かめべや Eros'Entertainment
潤文学 緊縛新聞/杉浦則夫写真事務所 [官能小説] 熟女の園 空想地帯
ぺたの横書き 漂浪の果てに 出羽健書蔵庫 妄想ココット
アダルト検索一発サーチ 最低のオリ オシッコオモラシオムツシーン収集所 調教倶楽部

相互リンクサイトのみなさま(Ⅲ)
空想の泉~The Fountain of Daydream~ ちょっとHなおとなのための… ライトHノベルの部屋 恥辱小説 淫界散歩
お姫様倶楽部.com 渡硝子の性感快楽駆け込み寺 秘密のエッチ体験談まとめ むね☆きゅんファンサイト
被虐のハイパーヒロインズ アダルト官能小説快楽機姦研究所 被虐願望 渋谷子宮 RE:BIRTH
羞恥集 マルガリテの部屋 エピソードセックス あおいつぼみ 葵蕾
エロ体験談で抜けるコピペ riccia プライド 黒塚工房

官能小説 レイプ嗜好 人妻!人妻!人妻! wombatの官能小説 女性作家専門官能小説
羊頭狗肉 おしっこ我慢NAVI ねっとりぐちょぐちょ 美里のオナニー日記
黒イ都 ひよこの家 エロショッカー軍団 エッチな体験談・告白
恍惚團 ~ドライ・オーガズムの深淵~ 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます!
★相互リンク募集中!(メールしてね)★

ランキング/画像・動画(1~10)
厳選2chまとめ 人気ブログランキング
にほんブログ村 エログちゃんねる
小説の匣 アダルト動画まとめ
正しいH小説の勧め GL Search
アダルトブログランキング Girls Love Search

ランキング/画像・動画(11~30)
ライブドアブログ 官能小説アンテナ コミックルーム ネット小説ランキング
セックス・ノベル・ネット おたりんく ぴあすねっとNAVI 萌駅
【携帯】GL狂愛Rank Adult Novels Search 少女禁忌区域 【携帯】女の子のためのн小説
Cyber あまてらす ぱっくりんく 創作系サイト検索・KAGOME 【携帯】Lovely Venus
アダルト検索BBJapan 十八禁恋愛私花集 百合姫ランキンク 相互リンク、募集してます!

ランキング/画像・動画(31~50)