Mikiko's Room

 ゴシック系長編レズビアン小説 「由美と美弥子」を連載しています(完全18禁なので、良い子のみんなは覗かないでね)。
 「由美と美弥子」には、ほとんど女性しか出てきませんが、登場する全ての女性が変態です。
 文章は「蒼古」を旨とし、納戸の奥から発掘されたエロ本に載ってた(挿絵:加藤かほる)、みたいな感じを目指しています。
 美しき変態たちの宴を、どうぞお楽しみください。
管理人:Mikiko
カテゴリ:八十八十郎劇場 > 初孫
「初 孫」 作:八十八十郎(はちじゅう はちじゅうろう)


(下)


信子は聡美の両肩に手を添わせて優しく仰向かせた。
敷布団を覆った白いシーツに、聡美の重みがなだらかな起伏を起こす。
信子はその横に身を添わすと、聡美の右耳に唇を近づけた。
「さあ、お乳を吸ってあげる。何も考えなくていいわ、お乳が出るまで・・・。」

聡美の右の乳首に、信子の厚めの唇が覆い被さった。
「んううっ・・・。」
聡美は小さな呻きを上げて、身体を震わせた。
甘く吸い付いたままで、厚めの唇がゆっくり乳首を引っ張ると、乳房の先は少し尖る様に形を変える。
音を立てて吸い離されて、形を戻した乳房が細かく揺れた。
「はむっ・・・・。」
再び熱い息と共に吸い付かれた乳首は、今度は引っ張られずに、口の中の圧力だけで細かく吸い戻しを繰り返される。
「んんっん・・・、んん・・う・・・。」
聡美はじれったい様な快感に唇を噛んで呻いた。
信子の右手の指が、空いていた聡美の左の乳房へと伸びる。
その指は乳房の肌をなぞったかと思うと、親指と人差し指でもう固くなった乳首を摘んだ。
軽くひねり上げたり、裏向きに人差し指と中指で挟み、間から飛び出た乳首を親指で擦ったりする。
「あっ、あうう~っ・・・。」
聡美は疼きを広げられて、我知らず布団の上で身を震わせる。
熱くぬめったものに吸われている右の乳首に、更に刺激が加わった。
吸われる感覚が薄れたと同時に、舌の中ほどのざらつきで、疼く乳首を押し揉みされる。
ふとざらつきが去ったと思うと、繊細な舌先が細かく乳首をくすぐったりするのだ。
「あはっ、ああっ・・んんあっ・・・。」
聡美は太腿を摺合せながら、大きく身体をうねらせ始めた。

信子は聡美の乳首の先に微かな甘みを覚えると、唇を離して囁いた。
「聡美ちゃん、気持ちいいの・・・? いいからもう、このままうんと気持ち良くなっちゃいなさい。こんなに乱れちゃって、もう恥ずかしくなんかないでしょ・・?。」
そう囁きながら、信子は唇を聡美の唇に近づけていく。
しかし唇同士が触れ合う前に、温かい息から聡美は自分の唇を逃がした。
信子は仕方なく顔を聡美の胸へと下していく。
再び右の乳首に吸い付くと、吸出ししながら熱い舌でその弾力をなぶり始めた。
右手は聡美の左の乳房の肌を優しく撫で廻す。
「ああ・・・ああう~・・・。」
聡美は喘ぎ声を上げる度に、左の乳房がぶるぶると揺れた。
吸い取られた右乳首には、信子の舌がまるで別の生き物のように絡み付いて、身体をくねらせずにはいられない快感を与えてくる。
ふと何かが下腹部の繊毛に絡み始めるのを感じた。
目を開けて見るまでもなく、聡美はそれが信子の指だと思った。
何かを考える余裕もないほど、そのすぐ下にある聡美のものは沸き返る様に疼いて、温かい涎が流れ出ているのは明らかだった。
それ自体、いや聡美自体、何かがそこにぬめり込んで来る事を待っていると言っても間違いではなかったのだ。

信子は含んでいた乳首を離すと言った。
「少しお乳の味がしだしたわ・・・、もう大丈夫。・・でも・・・、初めてでしょう、聡美ちゃんこんなに気持ちよくなるの・・・?。 せっかくだから、おばちゃんが、最後までやってあげるわ・・・。」
少し身を起こすと、信子は聡美の左の乳首を吸いつけた。
「あっ・・。」
新しい刺激が走り、聡美は布団から肩を浮かすと、胸をかばう様に背を丸めた。
同時に信子の右手の指が、聡美の濡れそぼった部分に割り込んでいった。
「あ~あっ!」
聡美の身体が、胸を反りかえしてガクガクと戦慄いた。
信子はその動きに合わせて胸を愛しながら、もう滲み出ている愛液を指で掬い、手のひら全体で聡美の濡れたものを揉み込む様に撫でる。
「はあっ・・! ・・ああっ、ああっ、・・あ~っ・・あん・・っぐ・・・。」
待ち望んだものを与えられて、聡美は身を震わせて喘いだ。
「はいはい、・・せつないでしょう・・・? でも、もっと良くなるわよ・・・。」
そう言いながら、信子は人差し指と中指の腹ででクリクリと聡美の敏感な突起を撫で始める。
「ああっ! ・・・っんく、ああ~っ! ・・ああ~っ!」
荒い息を吐く度に、聡美は堪らず愉悦の声を上げた。
「あらあ~・・、気持ちいいわよねえ・・・。若い時は入り口とお豆ちゃんの方が気持ちいいものねえ・・・。」
信子は聡美が消え入りたい様な言葉を、同情する様に囁く。
「このままでもいっちゃうでしょうけど、せっかくだから、今日は中もやってあげるわね。こうしとくと、今度から旦那さんの物もよくなるかもよ~・・・。」
「はあ・・、いやっ・・・そんな・・・。」
聡美が息も絶え絶えに訴えたと同時に、短めでふっくらとした信子の中指が聡美の中にぬめり込んで来た。
「あううっ!。」
聡美の背中が弓なりに浮き上がり、両肩がシーツに皺を立てながら上にずれる。
しかし追ってきた信子の中指は、しっかりと聡美のぬめりの中に食い込んでいた。
「んんく~っ・・・。」
聡美は下腹と内腿の柔らかい肉を震わせた。
信子は花びらが巻き付いた上向きの指ををゆるゆる動かし、少し曲げた指先で中の起伏を刺激し始める。
さらに聡美の右耳に顔を寄せると、その耳たぶを甘噛みしながら、自分の指の動きと若妻の身体の反応に集中した。
「んふう・・・、ねえ、気持ちいいでしょう? でも、もうちょっと我慢してえ・・・・。」
信子の荒い息遣いを夢の様に聞きながら、赤い霧のようなものが聡美の頭の中を覆い尽くそうとしていた。

聡美が焼け付くような荒い吐息と共に、信子の指に合わせて腰を動かし始めるのにそう時間はかからなかった。
聡美の顔がみるみる紅潮し、うねる身体に時折不自然な力が入り始めた。
「ああつ、・・あっ・・ああっ・・はあっ! ・・・」
指の動きを速めながら、信子は顔を上げた。
聡美の右の乳首に吸い付き、少し口を開いてその膨らみごと吸い上げる。
「ああああ・・・・。」
聡美は吸い付かれた乳房の先端から信子の口の中へ、張り詰めていた何かが吸い出されていくのを感じた。
信子は弾き出すように乳首を離すと、左の乳首へ顔を動かしながら言った。
「ほうら出た出た・・・。とっても美味しいわよ。」
「はっ、あ、あ・・、あ・・・。」
ジクジクしたものを左の乳房からも吸い出されながら、解き放たれた方の乳首から、生温かいものが次々に乳房の脇を伝って滴り落ちてゆくのを聡美は感じた。
考えられない事だが、聡美はそれが自分の愉悦の迸りの様に思われた。

「さあ、もう大丈夫。ね、安心して今度は貴女の番よ・・。」
そう言って聡美の首の下に左腕を回して肩を抱くと、信子は再び聡美の中に指を割り込んでいった。
器用に動くその指は、今度は花びらの中を掘り返す様にして、遠慮なく聡美に快感を送り込んでくる。
「んああ~~・・、あはっ!・・んんはっ!・・。」
今や聡美は、若妻の恥じらいをかなぐり捨て、獣の様に身体をうねらせている。
激しく揺れる両方の乳房から、うっすらと白い滴が次々と滴り落ちていた。
信子は聡美に頬を摺り寄せながら、熱っぽく囁く。
「ほらほら、気持ちいいでしょう・・? ねえ、気持ちいいって言ってごらん・・?」
「んんっ・・・! はあ・・い、・・いや・・。」
「いや?・・なにがいやなの? ここはこんなにしちゃって・・・。」
信子は追い詰める様に中指を動かしながら、親指でその上の敏感な突起を優しく撫でる。
「んん~~んっ・・・、ああっ!・・はあっ!・・。」
聡美の下半身が煽る様に蠢いた。
「ほらほらほら・・・、気持ちいいんでしょ? みんなあなたと一緒なのよ・・・、恥ずかしくなんかないわ・・・、言って? ・・気持ちいいって・・・。」
頬を摺合せながら信子は悪魔の様に囁き、さらに忙しなく聡美を追い立てていく。
下腹の肉を震わせて腰を上下させながら、耐えきれずに聡美はかすれ声をあげた。
「はあっ・・・は・・、き、気持ちいい・・気持ちい~・・・。」
何故か、信子の顔が泣きそうに歪んだ。
「ああっ、そうでしょ? 聡美ちゃん。・・ああ、堪らないでしょ?・・・。」
信子はうなされる様にそう言うと、ますます聡美を追い立てながら、そのピンクの唇を求めていった。
聡美の唇は、とうとう絡み付く様にそれを受け入れた。
「ふんん~~~ん・・。」
信子は背筋を這い上ってくる喜びに呻きを上げた。
首を振って聡美の唇を割り、白い歯の隙間から舌を滑り込ませる。
もう為すがままに聡美はそれを受け入れた。
聡美は唇を激しく貪られながら、我知らず信子の背に手を廻し、身体ごとしがみ付きさえしていたのだ。
信子は聡美の唇を吸い離すと、急いで半身を起こし、自分のスカートをたくし上げた。
再び左手で聡美を抱き寄せながら、パンティーごと聡美の右腿に自分のものを押し当てる。
聡美の顔を見つめながら、右手の指を聡美の潤みの中へ滑り込ませた。
「あ、ああん!。」
額にたて皺を刻んで、聡美の表情が悲しげに崩れた。
信子は右手の4本の指で、聡美の敏感な突起ごと濡れた花びらを擦った。
聡美はつま先をシーツに突っ張ると、うねりながら背を反り上げた。
「んああああ~、いやあ~あっ・・・ああ~はっ!」
信子は暴れる聡美の右腿にしっかりと自分のものを押し付けた。
「んぐ、あ~いや~~~あああっ・・・!!!」
聡美の身体を最初の絶頂が襲った。
後頭部をシーツに沈めると、その身体が魚の様に弾んだ。
「ああっ、・・いいのよ・・・ほら、思いっきり・・。んんん~、はいはい、いいのよ。・・・大丈夫、ほら、もっと・・・ああ~・・・可愛いわ・・・。」
信子は忙しなく右手を動かして、幾度も聡美を極みに追い上げながら、泣き叫ぶ子供をあやすように囁き続けた。

信子はお湯を絞ったタオルで、シーツの上に座った聡美の身体を拭き終わった。
更に両肩を支えて立たせると、聡美の濡れた部分を拭き始める。
今横たわっていたシーツの真ん中に、大きく濡れた浸みが広がっていた。
丁寧に聡美を拭きながら、信子は口を開いた。
「あら、・・ふふ・・若いからあんなに沢山・・。あたしの亭主は若くて死んじゃったけど、こんな思いは一度もさせてくれなかったわ・・あはは。」
聡美は恥ずかしさの余り、両手で顔を覆った。
信子は聡美の両方の乳首に、汚れ止めのガーゼを優しく被せた。
玄関を出る時、聡美は信子の声に振り返った。
「もう赤ちゃんが吸えば大丈夫ですから。沢山赤ちゃんにあげてちょうだい。きっと元気な子に育ちますよ。」
そこには、もう何事もなかったかの様に、気さくに笑うおばちゃんの顔があった。

赤ちゃんの部屋は、暖房で適度に暖められていた。
聡美はそっと当てられていたガーゼを取ると、赤ちゃんの小さな口に乳首をあてがった。
薄桃色が2,3度触れると、赤ちゃんは待っていたかのようにそれを口に含んだ。
聡美は無心で自分の乳を飲む赤ん坊を見て、この上も無い幸せを感じていた。
「あらあら、よく飲むこと。良かったわねえ、聡美さん。ね?、私の言う通りにして良かったでしょ?」
その声に聡美が目を上げると、初孫を見つめる嬉しそうな姑の笑顔があった。
「ええ、おかあさん、本当に有難うございました。」
そう言うと聡美は、自分のお乳を吸う赤子の顔を改めて見つめた。
もうその顔は、何もかも忘れ去ったように、乳呑児を見る幸せな母親の笑顔に違いなかった。

・・・何もかも忘れ去ったように・・・?。

(終)

初孫(中)目次元禄江戸異聞(一)


「初 孫」 作:八十八十郎(はちじゅう はちじゅうろう)


(中)


信子の脳裏に、意識の奥深く捨て去ったはずの光景が浮かび上がった。
荒い吐息と共に大きく起伏する女性の胸・・・。
胸の頂点から、膨らみを伝い、脇腹へと流れ落ちる薄白い滴り。
その滴りにまみれた指が、膨らんだ柔らかみに食い込んでいく。

その濡れ光った指は、信子自身のものに違いなかった。

捨て去ったはず?。
いや、そうではあるまい・・・。
あれから客と接する度に、陽炎のように景色がゆらぎ、信子に微かな眩暈を覚えさせていたものではなかったのか?。

信子は視線を聡美の胸に向けた。
脳裏の光景は、今日はすぐ消え去ることなく、徐々に若妻の綺麗な乳房に重なっていく。
信子の手に、膨らみに指を絡ますような微妙な動きが加わっていった。

"あら・・・、あたし、どうしたのかしら・・・?"
聡美は、戸惑い始めていた。
信子に揉まれている乳房から、心地よさを超えて、悲しいような、血が沸き立つような感覚を覚えたからである。
信子の5本の指は、まるで各々意識があるように、身体が捩れるような感覚を煽ってくる。
息が少し荒くなり、自分の胸が波打つのを必死で堪えなければならない。

「き、気持ちいいでしょう・・? 貴女の場合、もうちょっとで、今日お乳が出るかもね。」
信子は自分の語尾が少し震えているのが分かった。
もうこの若妻が、性の快感を覚えているのをはっきりと感じ取っていたからだ。
"もう、ここで悪戯はやめてしまおうか・・・。"
信子は迷った。
しかし、切なげに変わって来た聡美の表情を見て、口を突いて出た言葉は全く別のものだった。
「さあ聡美ちゃん、今度は後ろから両手でやりますよ。ちょっと背中を起こして・・。」
信子は椅子を跨いで、聡美と椅子の背の間に座り込むと、両手を脇の下から前に廻して、聡美を後ろから抱くような姿勢をとった。
「はい、両手で揉みますよう・・・。 聡美ちゃん、いいからあたしに寄りかかっちゃいなさい。その方が楽よ。」
 
信子の両手が、後ろから聡美の両方の乳房を揉み上げ始めた。
聡美は一瞬身体を強張らせたが、目を閉じて背中をゆっくりと信子に預けていく。
その身の重さが、信子の胸の膨らみを押してきた。
"ああ・・・、もうやめられないわ・・・。"
信子は後ろから聡美の髪の匂いを嗅ぎながらそう思った。

中年の女が若い女を後ろから抱きすくめ、両手でその乳房を揉みしだいている。
若い女は微かに身を捩じらせながら目を閉じ、中年の女は若い女の髪に鼻を埋める。
いつの間にか、傍から見れば女同士の情交の場面と何ら変わらない光景だった。
ただその自覚が無いのは、聡美ばかりとなっていたのだ。
益々快感を覚えながら、乳揉みとはこんなこともするのだと思っているばかりである。
「・・・・ん、・・・ふっ・・・。」
しかし次第に、優しく強く揉みあげてくる信子の手によって、息が乱れ、身体がうねるように動いてしまう。

信子は頃合いを見て口を開いた。
「気持ちいいでしょう・・? でも、おかしくはないのよ。乳揉みってこんなものなの。
あたしくらいやってると、どんな男の人よりも上手になっちゃうの。 だから、恥ずかしくなんてないわ。 気持ち良くなっちゃっても構わないのよ。」
「え・・・?」
聡美は思わず小さく驚きの声を上げた。
冷静に考えてみれば、自分が身体の喜びを与えられていることに変わりはないのだ。
それも女性から・・・。
聡美が何か言おうとする前に、信子は口を開いた。
「さあ、今度は大事な所。お乳の出口をやりましょうかね。」
そう言うと、乳首の廻りの淡い色に煙っている部分を、両手の人差し指で円を描く様になぞり始める。
「んんっ・・・!」
聡美は声こそ我慢したが、身体を細かくびくつかせた。
散々揉み上げられた乳房の先から、電流の様な刺激がはしったからである。

信子はそんな聡美の反応を、たまらない愉悦として感じ取っていた。
「ほうら、気持ちいいでしょ? 聡美ちゃん、我慢しなくてもいいのよ。
まだお乳が出るまで時間かかるから、声を出しちゃいなさい・・。」
そう言いながら、今度は親指・人差し指・中指の3本で、両方の乳首を摘まみ上げて優しく揉んだり擦ったりする。
「あっ・・・うくっ!」
今度は耐えきれずに、聡美は信子の腕の中で上半身を戦慄かせた。
そこから沸き起こる快感が背筋を走り抜け、泣きそうな気持になるのだ。
"ああ・・いけない、こんなこと。・・・もう、やめて・・・。"
聡美は快感に流されそうな意識の中でそう呟くと、
「あっ、・・・もう、・・・ちょっと。」
やっとの思いで、そうかすれ声を出した。
「だめでしょう・・・? まだ、お乳は出てないわ。 もう少し我慢して。
 でも声は出たわね、・・・そう、それでいいのよ・・・。 気持ちよかったら、声に出して、ね? ・・・ほら。」
そう言いながら信子は、両手の指の間に乳首を挟むと、優しく乳房を揉みしだき続ける。
「・・・ん、んくっ・・・ふ、うううう・・・。」
聡美の口から、悲しげな声が漏れ始めた。
「・・うん? ・・・はい、いいのよ、いいの。大丈夫・・声に出して・・・。」
信子は後ろから聡美の右耳にそう囁きかける。
いやそればかりか、片手を乳房から離して、臍の廻りから滑らかな脇腹の肌を擦り、再び乳首をつまんで聡美の身体を弾けさせたりするのだった。

「ああっ、・・・ああああ・・・。」
白い歯で唇を噛んで我慢していた聡美だったが、ついに喜びの声じみたものを漏らしてしまった。
信子は自分も息を荒げながら、聡美の右耳に唇を擦り付ける様にして囁く。
「ん~、聡美ちゃん、可愛いわ・・・。それでいいのよ、それでいいの・・・。
 もうちょっとでお乳も出るわ。だから遠慮しないで、・・・思いっきり、気持ち良くなっちゃいなさい・・・。」
そう言って信子は、さらに聡美が狂いたくなるような愛撫を続けていく。
「あはああっ、・・・ああ・・・あああん・・。」
一度堰を切った喜びの声はもう止めることが出来なかった。
信子に後ろから抱かれた聡美の身体がだだをこねる様にうねり、片方ずつ曲げ伸ばしされる足のつま先が、強張って開き閉じしていた。

「あら、下着が汚れちゃうと悪いかな? 大丈夫・・・?」
信子はわざと他愛も無くそう言うと、左手で乳房を揉み上げながら、右手を聡美のパンテ
ィーの中に滑り込ませた。
「ひゃっ!」
突如襲って来た感触に、聡美は声を上げ、身体を反らせた。
疼いていた部分に、信子の指が蜜を滑らせながら触れて来たからであろ。
聡美のその部分は、もうじくじくと蜜をしみ出させ、パンティーを通して椅子のレザーの
上まで濡らしていた。

「あら、もう汚しちゃったわね・・・。でももう仕方ないわ、脱いじゃいましょ、ね?。」
信子は後ろから聡美のパンティーに両手をかけると、器用にそれをお尻の膨らみをかわして下げた。
さらに少しでも聡美の熱を冷まさないよう、そのまま自分の両足を左右からそのパンティーにかけて引き下ろす。
パンティーは聡美の膝を過ぎ、足首に落ちた。
機を損なわぬまま、信子は聡美を後ろから抱き締める。
「あははっ、恥ずかしい? 大丈夫よう、女同士だもの。」
聡美は目を閉じたまま、荒い息を吐いている。
信子は背後から、興奮した若妻の甘酸っぱい髪の香りを吸った。
再び聡美の乳首に指を添わせてみると、それは少し粘った感触を信子の指に伝えてきた。
「さあ聡美ちゃん、もうそろそろおっぱい出そうよ。これから、あっちのお布団のほうで、ね?」
信子は素早く立ち上がると、聡美の両脇を支えて椅子から立たせた。
ふらつく聡美の身体を支えながら、傍に敷いてある、客の休息用の布団に聡美を誘う。
聡美はよろけながら布団に身を横たえ、横向きになって両手で胸を覆った。
焦点の合わない眼差しで、火照った顔を紅潮させている。
信子は聡美の前に腰を下ろすと言った。
「もう少しよ、聡美ちゃん。今度はおばちゃんが、口でお乳を吸い出してあげる。」
聡美は信子の顔を見た。
信子の笑顔が、何か熱く揺らめく様に感じた。
初孫(上)目次初孫(下)


↓お帰りのさいには↓
愛のワンクリ お願いします
新しいウィンドウは開きません

相互リンクサイトのみなさま(Ⅰ)
ひとみの内緒話 愛と官能の美学 熟女夜伽物語 レズ画像・きれいな画像倉庫
萌木ケイの官能小説 禁断の体験 エッチな告白集 新・SM小説書庫2 官能文書わーるど
未知の星 ましゅまろくらぶ 恥と屈辱の交差点 羞恥の風
赤星直也のエロ小説 Playing Archives ちょっとHな小説 官能的なエロ小説
おとなの淫文ファイル エッチのあとさき 変態小説 女性のための官能小説 快感小説

相互リンクサイトのみなさま(Ⅱ)
性小説 潤文学ブログ 恥ずかしがりたがり。 性転換・TS・女体化劇場 人妻の浮気話 艶みるく
18's Summer ひめ魅、ゴコロ。 淫鬼の棲む地下室 女性のH体験告白集
魔法の鍵 黒い教室 かめべや Eros'Entertainment
潤文学 緊縛新聞/杉浦則夫写真事務所 [官能小説] 熟女の園 空想地帯
ぺたの横書き 漂浪の果てに 出羽健書蔵庫 妄想ココット
アダルト検索一発サーチ 最低のオリ オシッコオモラシオムツシーン収集所 調教倶楽部

相互リンクサイトのみなさま(Ⅲ)
空想の泉~The Fountain of Daydream~ ちょっとHなおとなのための… ライトHノベルの部屋 恥辱小説 淫界散歩
お姫様倶楽部.com 渡硝子の性感快楽駆け込み寺 秘密のエッチ体験談まとめ むね☆きゅんファンサイト
被虐のハイパーヒロインズ アダルト官能小説快楽機姦研究所 被虐願望 渋谷子宮 RE:BIRTH
羞恥集 マルガリテの部屋 エピソードセックス あおいつぼみ 葵蕾
エロ体験談で抜けるコピペ riccia プライド 黒塚工房

官能小説 レイプ嗜好 人妻!人妻!人妻! wombatの官能小説 女性作家専門官能小説
羊頭狗肉 おしっこ我慢NAVI ねっとりぐちょぐちょ 美里のオナニー日記
黒イ都 ひよこの家 エロショッカー軍団 エッチな体験談・告白
恍惚團 ~ドライ・オーガズムの深淵~ 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます!
★相互リンク募集中!(メールしてね)★

ランキング/画像・動画(1~10)
厳選2chまとめ 人気ブログランキング
にほんブログ村 エログちゃんねる
小説の匣 アダルト動画まとめ
正しいH小説の勧め GL Search
アダルトブログランキング Girls Love Search

ランキング/画像・動画(11~30)
ライブドアブログ 官能小説アンテナ コミックルーム ネット小説ランキング
セックス・ノベル・ネット おたりんく ぴあすねっとNAVI 萌駅
【携帯】GL狂愛Rank Adult Novels Search 少女禁忌区域 【携帯】女の子のためのн小説
Cyber あまてらす ぱっくりんく 創作系サイト検索・KAGOME 【携帯】Lovely Venus
アダルト検索BBJapan 十八禁恋愛私花集 百合姫ランキンク 相互リンク、募集してます!

ランキング/画像・動画(31~50)