Mikiko's Room

 ゴシック系長編レズビアン小説 「由美と美弥子」を連載しています(完全18禁なので、良い子のみんなは覗かないでね)。
 「由美と美弥子」には、ほとんど女性しか出てきませんが、登場する全ての女性が変態です。
 文章は「蒼古」を旨とし、納戸の奥から発掘されたエロ本に載ってた(挿絵:加藤かほる)、みたいな感じを目指しています。
 美しき変態たちの宴を、どうぞお楽しみください。
管理人:Mikiko
カテゴリ:紙上旅行倶楽部/総集編 > 大分に行こう!
 これは、第523回から第527回までのコメント欄で連載した、「大分に行こう!・精算編(ⅩⅩⅩⅩⅩⅩⅩⅩⅣ~ⅩⅩⅩⅩⅩⅩⅩⅩⅧ)」をまとめたものです。

 「高知に行こう!(Ⅳ)」からの続きになります。


◆3月22日(月曜日)【3日目】------------コメント429~450

 さて、「大分に行こう!」の精算に掛かりましょう。
 旅程としては、「高知に行こう!」から続く、3日目になります。

 高知県の宿毛を発ったフェリーは、大分県の佐伯に入港。
佐伯港

 「大分に行こう!」での精算は、フェリーを下りてから。
 フェリーの佐伯着は、10:10。

 フェリーでは、船酔いした挙げ句……。
 せっかくの朝ご飯で、小間物屋を開店しちゃいました。
 で、下船早々、「レストラン・フェリー」で、早い昼食を摂ることに。
レストラン・フェリー

 変わったお店でしたよね。
 レストランを名乗りながら、「上がり座敷」がありました。
「レストラン・フェリー」上がり座敷

 でも、味の方は良好でした。
 ま、港町のシーフードチャンポンが、美味しくないわけありませんけど。
「レストラン・フェリー」シーフードチャンポン

 750円。
 2人で、1,500円。

 JRの佐伯駅までは歩きます。
 徒歩10分。
 腹ごなしにはちょうどいい。

 佐伯駅からは、JR九州の特急「にちりん」8号に乗車。
特急「にちりん」

 行き先は、湯の町「別府」です。
 11:14「佐伯」発→12:19「別府」着(1時間5分)。
 乗車券が、1,430円。
 特急券が、920円。
 計、2,350円。
 2人で、4,700円。

 別府駅からは、亀の井バスの「定期観光バス・別府地獄巡り」に乗車しました。
亀の井バス

 13:00「別府駅」発→15:30「別府駅」着(2時間30分)。
 3,600円。
 2人で、7,200円。

 地獄の巡り順は、以下のとおりになります。

海地獄
別府・海地獄

鬼石坊主地獄
別府・鬼石坊主地獄

山地獄
別府・山地獄

かまど地獄
別府・かまど地獄

鬼山地獄
別府・鬼山地獄

白池地獄
別府・白池地獄

血の池地獄
別府・血の池地獄

竜巻地獄
別府・竜巻地獄

 戻ってきた別府駅で、JR九州・日豊本線の普通電車に乗車。
 行き先は、ひとつ隣の「別府大学」。
 15:41「別府」発→15:45「別府大学」着(4分)。
 200円。
 2人で、400円。

 ここでは、“湯の町・別府”を満喫するため……。
 「別府海浜砂湯」に行きました。
別府海浜砂湯

 入浴料、1,000円。
 コインロッカー、100円。
 タオルは、手持ちのものを使いました(ここで買うと、250円です)。
 計、1,100円。
 2人で、2,200円。

 再び、「別府大学」から「別府」まで、日豊本線で戻ります。
 16:57「別府大学」発→17:01「別府」着(4分)。
 200円。
 2人で、400円。

 別府駅西口から、またまた亀の井バスに乗車です。
 といっても、観光バスではなく、路線バス。
 行き先は、「スギノイパレス」。
 17:10「別府駅西口」発→17:24「スギノイパレス」着(14分)。
 250円(くらい。亀の井バスのホームページでは、料金を検索できませんでした)。
 2人で500円。

 この日の宿は、アミューズメント施設「スギノイパレス」に隣接する「杉乃井ホテル」。
杉乃井ホテル

 「2名様で♪広~い和洋室プラン」というのを利用。
「杉乃井ホテル」2名様で♪広~い和洋室プラン

 バイキングの夕食と朝食が付いて、1人12,000。
 2人で、24,000円。

 レストラン「Seeds」があまりに広くて、迷子になっちゃいましたよね。
「杉乃井ホテル」・レストラン「Seeds」

 棚湯、面白かったな~。
 面白すぎて、のぼせちゃいましたけど。
「杉乃井ホテル」・棚湯

 さて、3日目の合計額は……。
 40,900円。
 おぉ、まずまずに収まったじゃない。
 と思ったら、前半の「高知に行こう!」分があったんですね。
 フェリー乗船までの前半は、11,000円。
 結局、3日目の合計は、51,900円。
 やっぱ、5万円コースになっちゃっいました。
 ま、「杉の井ホテル」奢ったんだから、仕方ないよね。


◆3月23日(火曜日)【4日目】------------コメント451~490

 「杉の井ホテル」での朝食は、宿代に込みです。

 チェックアウトし、亀の井バスで別府駅へ。
 8:05「スギノイパレス」発→8:19「別府駅西口」着(14分)。
 250円。
 2人で、500円。

 別府駅からは、またまた亀の井バスに乗ります。
 観光バスの「メルヘン号」。
 「日本一の大吊橋とくじゅう高原冬景色コース」。
「メルヘン号」日本一の大吊橋とくじゅう高原冬景色コース

 別府駅を発ち、別府駅に戻るコースですが……。
 帰りは、由布院で下車します。
 行程は、『九重“夢”大吊橋→花山酔→やまなみ牧場→湯布院』。
 8:55「別府駅」発→14:30「湯布院駅前バスセンター」着(5時間35分)。
 5,400円。
 2人で、10,800円。

 花山酔での昼食代も、バス料金に含まれてます。

 「九重“夢”大吊橋」、怖かった……。
九重“夢”大吊橋

 「やまなみハイウェイ」は、日本とは思えなかった。
やまなみハイウェイ

 「九重やまなみ牧場」の、ウサちゃんは、超キュ~ト。
「九重やまなみ牧場」ウサちゃんたち

 さて、早春の九重高原を満喫し、バスは由布院に着きました。

 ここでまず利用したのが、「由布院チッキ」。
由布院チッキ

 由布院駅前にあり、荷物を本日のお宿に届けてくれるサービスです。
 手ぶらで由布院の街を散策できるってわけですね。
 荷物は、個数で計算。
 1個だと、500円。
 わたしたちは、2個だったので……。
 800円でした。

 ちなみに、3個だと1,000円。
 4個以上なら、1個あたり300円になります。
 グループ旅行の方は、お得ですね。

 さて、身軽になったわたしたちは、「湯の坪街道」をのんびり散策。
由布院・湯の坪街道

 まず入ったのが、「由布院トリックアート迷宮館」。
由布院トリックアート迷宮館

 入館料は、700円。
 2人で、1,400円。

 この後、「藍づくし やす形」に寄り、ランチョンマットを購入(1,575円~)。
由布院「藍づくし やす形」

 さらに、「醤油屋本店」では、美弥ちゃんが「かぼす蜂蜜醤油(650円)」、わたしが「ゆずこしょう(450円)」を購入しました。
「醤油屋本店」かぼす蜂蜜醤油(650円)
「醤油屋本店」ゆずこしょう(450円)

 が、例によって、お土産は旅費から除外します。

 「湯の坪街道」の中程に、「湯の坪横丁」というテーマパークみたいな施設がありました。
湯の坪横丁

 ここで、ドクターフィッシュによる「フィッシュスパ」を初体験。
フィッシュスパ

 料金は、1,000円。
 2人で、2,000円。

 「金鱗湖」という、大層な名前の“池”を見たあと……。
由布院・金鱗湖

 「マルク・シャガール ゆふいん金鱗湖美術館」に寄ります。
マルク・シャガール ゆふいん金鱗湖美術館

 入館料、600円。
 2人で、1,200円。

 その後、金鱗湖のほとりにある、「鍵屋」というお店に寄りました。
由布院・鍵屋

 由布院御三家のひとつ、「亀の井別荘」が営む土産物屋です。
 宿は、1泊1人5万円くらいするので、とっても泊まれません。
由布院・亀の井別荘

 泊まれない人でも、この「鍵屋」に寄れば、旅館で使われてるグッズなどを入手することができるんです。
 わたしは、乾癬に効くという「馬油石鹸」を購入(1,260円)しますが……。
由布院・鍵屋「馬油石鹸」

 例によって、旅費には含めません。

 宿は、由布院駅近くに取ってあり……。
 金鱗湖からは、少し距離があります。
 歩き疲れて思案するわたしたちの前に現れたのが……。
 シンデレラの馬車……ならぬ、人力車でした。
由布院・人力車

 「えびす屋」という、全国チェーンの会社組織が運営する車屋さん。
人力車・えびす屋

 料金は、区画ごとの計算。
 1区画は、約1キロ。
 1人2,000円。
 2人だと3,000円です。
 駅前まで行っちゃうと、1区画じゃ足が出ます。
 ケチって、1区画分だけ乗ることにしました。
 なので、3,000円ね。

 街道を外れた、春の道。
 菜の花が咲いてました。
由布院・菜の花の咲く道

 あのニイちゃん、おもろかったよね。
由布院・人力車のニイちゃん

 さ~て、本日のお宿ですが……。
 昨日の、大リゾート「杉の井ホテル」とは対極にある宿。
 なにしろ、とっくに帰ってるはずの旅程を伸ばしてるので……。
 極度に緊縮モードになってます。
 政府なら、国債発行するだけで、資金調達できるのになぁ。
 だれか、Mikiko債、買ってくれんかのぅ。

 さて、そのお宿は、「貸別荘 とくなが荘」。
由布院「貸別荘 とくなが荘」

 キャッチフレーズは、“ゆふいんで1番安い宿”。
「貸別荘 とくなが荘」“ゆふいんで1番安い宿”

 もう、ここしかないでしょ。

 外観を見て、さすがにビビりましたが……。
「貸別荘 とくなが荘」旧館玄関

 「ゆふいんチッキ」で荷物を送ってあるので……。
 回れ右するわけには行きません。
 意を決して入ってみると……。
 そこには、地獄の奪衣婆が……。
 と思いきや、元気な若女将に迎えられました。

 部屋の説明を聞くと……。
 一番安い部屋は、旧館にあり……。
 1泊3,100円だそうです。
「貸別荘 とくなが荘」旧館の部屋

 ほとんど、“ドヤ”の値段ですね。
 でも話を聞くと、女性にとっては、あまりにも過酷な環境でした。
 隣室との仕切りは、フスマ1枚。
 もちろん、鍵なんかありません。
 玄関にすら、鍵が掛からないんですから。
 ほとんど、“さぁ殺せ”状態。
 女将ですら、この部屋は女性には勧められないと言ってました。

 次に安い部屋は、新館で、1泊3,600円。
「貸別荘 とくなが荘」新館

 こっちは、部屋は独立してて、鍵は掛かるそうですけど……。
 玄関・トイレなどは共同。
 ま、昔の下宿屋みたいな感じでしょうね。

 結局、女将に勧められたのが、“離れ”でした。
「貸別荘 とくなが荘」離れ

 そんな部屋があるなら早く言ってくれよ、って感じでしたね。
 高いと脅されビビりましたが……。
 1泊、5,000円でした。
 1人5,000円じゃありませんよ。
 1棟で5,000円です。
 1人頭、2,500円だぜ。
 さすが、“ゆふいんで1番安い宿”。
 というわけで……。
 本日の宿代は、5,000円ポッキリ。

 さて、夕食の前にお風呂に入りたかったんですが……。
 「とくなが荘」のお風呂は、別棟になっており……。
 ほぼ、掘っ立て小屋のような構造。
「とくなが荘」のお風呂・外観

 “さぁ覗け”状態。
「とくなが荘」のお風呂・内部

 というわけで、人力車を降りたところで見かけた、日帰り入浴施設に向かいます。
 施設の名は、「クアージュゆふいん」。
クアージュゆふいん

 市営の施設です。
 混浴エリアでは、水着を着用しなきゃなりません。
 もちろん、裸で入れる男女別の内湯もあります。
 料金は、貸水着が付いて、800円。
 2人で、1,600円。

 で、この日のお夕食。
 “離れ”にコンロがあったので、惣菜を買って来て、お部屋で食べることにしました。
 お風呂帰りに、「グルメシティ湯布院店」で買い出しです。
グルメシティ湯布院店

 ビールは第3のビールではなく、本物のビールをおごっちゃいました。
本物のビール

 新鮮なお刺身と油揚げで、「Mikikoちゃん焼き」を作りましたね。
お刺身
油揚げ

 ビールと総菜類、〆ていくらくらいでしょうか?
 ま、全部で5,000円あれば……。
 なんとか、足りるでしょ。

 というわけで、4日目の合計額は……。
 31,300です。
 や、安い!。
 やっぱり宿代を節約すると、大きく違いますね。


◆3月24日(水曜日)【5日目】------------コメント491~518

 さて、最終日です。

 若女将の笑顔に送られ、「とくなが荘」を元気に出発。

 朝食は、女将に教えられた喫茶店(?)で摂ることに。
由布院「佳舎」

 ここも、変わったお店でした。
 喫茶店にもかかわらず……。
 強烈なメニューが並んでました。
由布院「佳舎」メニュー

 さすがに、朝から冒険をする気にならなかったので……。
 「モーニングセット」を注文。
由布院「佳舎」モーニングセット

 650円。
 2人で、1,300円。

 お座敷で食べるモーニング……。
由布院「佳舎」お座敷

 味は、普通でした。

 さて、電車の由布院発は、12:02です。
 朝食を摂っただけでは、時間が潰せません。
 というわけで、偶然見かけた辻馬車に乗ることに。
由布院・辻馬車

 大人気の予約制でしたが……。
 週真ん中の平日だったので、11:00の便が予約できました。
 11:00「由布院駅」発→11:50「由布院駅」着。
 1,500円。
 2人で、3,000円。

 さて、辻馬車を降りたら、由布院駅へ。
 ホームには、わたしたちの乗る列車が、待っててくれました。
由布院駅「ゆふいんの森」

 博多を朝発ってきたリゾート特急「ゆふいんの森」1号が……。
 折り返しの、博多行き「ゆふいんの森」2号となるんです。
 前半の山場が、「宿毛フェリー」なら……。
 後半クライマックスは、この「ゆふいんの森」でしたね。
「ゆふいんの森」内部

 12:02「由布院」発→14:09「博多」着(2時間7分)。
 乗車券が、2,730円。
 特急券が、1,870円。
 合計、4,600円。
 2人で、9,200円。

 やっぱ、列車は安いよね。
 飛行機なんて……。
 エコノミークラスじゃ、豪華さはまったく感じられないくせに……。
 値段は、目玉が飛び出るほど。
 「新潟空港→大阪空港」は、17,500円ですよ。
 2人で、35,000円じゃん。
 豪華旅館、泊まれるぜ。
 落ちたら死ぬし。
 できれば、国内旅行で飛行機なんか乗りたくないんだけど……。
 ま、九州四国じゃ、仕方ありません。

 さて、「ゆふいんの森」では、お弁当を買いましたね。
 「ゆふいんの森弁当」が、1,200円。
ゆふいんの森弁当

 「香草物語」が、850円。
香草物語

 2つで、2,050円。

 あと、当然飲み物がいるけど……。
 ま、ビールは止めといて、お茶にしましょうね。
 由布院産の茶葉を使用した「おさんぽ茶」を購入。
由布院「おさんぽ茶」

 150円×2で、300円。

 さて、2時間7分の豪華列車の旅を満喫し……。
 博多に到着です。

 福岡空港から新潟行きの飛行機に乗るつもりですが……。
 搭乗までに、少し間がありました。
 最初は、名島橋を見に行こうとしてたんですけど……。
 急遽、心変わりして……。
 レ~ッツ、ボウリング!
レッツ、ボウリング!

 博多駅から徒歩3分、「博多スターレーン」に行きました。
博多スターレーン

 さて、ひさびさのボウリング。
 いったい、いくらかかったんでしょう。
 まずは、貸靴。
 1人、310円。
 2人で、620円。

 ハウスボールは、当然タダです。
 プレー代ですが……。
 わたしが、620円×2ゲームで、1,240円。
 美弥ちゃんは、大学生料金。
 500円×2ゲームで、1,000円。
 合計、2,860円。

 あれだけ楽しんで、3,000円で収まれば、大満足ですよね。
 思わず熱くなって、危うく飛行機に乗り遅れるとこでした。
 あわてて博多駅に戻り……。
 地下鉄空港線に飛び乗ります。
福岡・地下鉄空港線

 15:42「博多」発→15:47「福岡空港」着(5分)。
 250円。
 2人で、500円。

 福岡空港からは、ANA323便に搭乗。
福岡空港を発つANA

 16:15「福岡空港」発→17:45「新潟空港」着(1時間30分)。
 1人、43,300円。
 2人で、86,600円。

 航空券は、早めに予約すれば、半額近くになるようです。
 こんな仕組み、まーったく知りませんでした。
 帰りは、旅程が伸びたという設定だったので……。
 どっちみち、早期予約の恩恵は受けられませんでしたけど。

 新潟空港から、エアポートリムジンという名の直行バスで、新潟駅へ。


 旅の終わりです。
 新潟の街には、もう灯が点ってました。
 寂しさが募りましたね。
灯の点る新潟

 18:10「新潟空港」発→18:35「新潟駅南口」着(25分)。
 1人、400円。
 2人で、800円。

 というわけで、5日目の合計は……。
 106,610円。
 飛行機代を除くと、20,010円でした。

 「大分に行こう!」を集計します。

3日目…… 40,900円
4日目…… 31,300円
5日目……106,610円
---------------------
合 計……178,810円

 それでは、この旅行の総トータルを出してみましょう。

1日目(3月20日・土曜日)……128,040円
2日目(3月21日・日曜日)…… 49,170円
3日目(3月22日・月祝日)…… 51,900円
4日目(3月23日・火曜日)…… 31,300円
5日目(3月24日・水曜日)……106,610円
---------------------
合 計……367,020円

 こんな旅行……。
 新婚旅行でもなきゃ、行けっこねーだろ!
 でも、この内の約半分、179,600円が飛行機代なんです。
 次は、飛行機を使わない旅を計画するぞ!
大分に行こう!(9)目次東北に行こう!(1)


「もう!
 駄々っ子なんだから。
 みんな、笑って見てますよ。
 分かりました。
 新潟までお供します」
「ほんと?
 でもまさか……。
 新潟駅から、新幹線乗るつもりじゃないでしょうね」
「ダメですか?」
「ダメー!
 もう1泊して!」
「でも、明日の授業が……」
「朝1番の新幹線に乗れば、東京には8時に着くよ。
 マンション寄ってから大学行ったって……。
 2限目くらいから出れるでしょ」
「でも、予習が……。
 けっこう、当てられるんですよ」
「予習が心配なら、授業出なきゃいいの」
「もう。
 強引なんだから。
 わかりました。
 じゃ、またお家に泊めてくれます?」
「もちろん!
 何泊でもしていいよ」
「1泊しかしません。
 ほんとに泣くんだから、信じられない」
「ここに置いてかれると思ったら、涙が噴き出した」
「じゃ、空港行きますか」
「は~い。
 とは、言ったものの……。
 出発まで、2時間もあるからな。
 今から空港行っても、時間持てあますよなぁ」
「じゃ、どうします?」
「う~ん。
 微妙な時間だね。
 搭乗まで30分余裕を見るとして……。
 残り、1時間半か。
 遠出は出来ないなぁ」
「そうですね。
 どうします?」
「ひとつの案としては……。
 名島橋を見に行くって手があるんだけど……」
「それって、有名な橋なんですか?
 九重みたいな吊り橋?」
「博多に吊り橋があるかい!
 名島橋は、普通のコンクリート橋だよ。
 それに、全国的に有名な橋ってわけじゃない」
「じゃぁ、どうして?」
「新潟市に、萬代橋って橋があるんだけど……。
 名島橋は、その萬代橋と兄弟橋なんだよ」
「へ~。
 橋に兄弟なんて、あるんですか?
 兄弟ってことは、親が同じってこと?」
「橋の親って、なんだよ?」
「設計者が同じだとか?」
「なるほど、考えたね。
 でも、設計者が同じなんて聞かないな。
 役所の技術者が設計したんじゃないの?」
「じゃ、親は何なんですか?」
「親にこだわらない!
 親はなくても、兄弟なの。
 ほら、あるでしょ?
 『親の血を引く~』ってやつだよ。
 そうそう、義兄弟」
義兄弟


「その橋……。
 ヤクザなんですか?」
「違う!
 でも、固めの杯を交わしたことは確かだな。
 1994年(平成6年)、兄弟橋の締結調印式が行われてるからね。
 この2橋が兄弟になったのは……。
 驚くほど似てるからなんだよ」
萬代橋と名島橋

「萬代橋は昭和4年の竣工、名島橋は昭和8年竣工。
 だから、萬代橋がお兄さんだね」
「へ~。
 じゃ、Mikikoさん見たいでしょ?
 行きましょうよ、名島橋。
 遠いんですか?」
「こっからなら、30分くらいじゃないかな」
「それなら、往復に1時間で、橋の周辺で30分。
 ちょうど1時間半じゃないですか」
「そうだけどさ~。
 美弥は、別に興味ないでしょ?」
「いいですよ。
 つきあいます」
「なんか、申し訳ないなぁ。
 じゃ、どうやって行くのか、ちょっと地図見てみるね」
名島橋付近の地図

「貝塚って駅が、最寄り駅だね。
 地下鉄箱崎線が、ここから西鉄に乗り入れてるんだな。
 でも、博多駅から出る地下鉄は、空港線だから……。
 中洲川端駅で乗り換えになるね」
福岡市・地下鉄路線図

「なるほど」
「でも……。
 地図見ると、福岡ってスゴい大都会だよね」
博多駅周辺の地図

「東京と変わりませんよ」
「新潟とは、大違いだ。
 『大都会』、歌いたくなっちゃったな」
クリスタルキング「大都会」


「お願いですから、歌わないでくださいね」
「わはは。
 わたしの音程が、地の果てまで外れるってのを……。
 ご存じのようで」
「だいたい予想がつきます」
「失敬なヤツ。
 でも、ちょっと街に出てみたくなったな。
 地下鉄、一駅だけ歩こうか?」
「それもいいですね。
 今日は、馬車と電車で、ぜんぜん歩いてませんもん」
「そのくせ、お弁当は残さないで食べちゃったよね」
「美味しかったから。
 綺麗だったし」
「だよね。
 あ、美弥、いいこと思いついた」
「なんです?」
「腹ごなししよう」
「歩くんでしょ?」
「歩いたくらいじゃ、お腹こなれないよ。
 運動、運動。
 ここ、見てみ」

「『博多スターレーン』?」
「博多スターレーン」地図

「スターレーンって、ボウリング場?
 ボウリングするんですか?」
「ピンポ~ン」
「でも、ボウリングなんてしてたら……。
 名島橋、見に行けないですよ」
「名島橋は、どうしても見なきゃならないってもんじゃないからさ。
 ネットで写真も見れるし。
 それよか、旅行の最後に……。
 美弥と楽しく遊びたいな」
「Mikikoさんさえ良ければ……。
 わたしは別に構いませんけど」
「よし決まり!
 レ~ッツ、ボウリング!」
レ~ッツ、ボウリング!

 博多駅の東側、筑紫口を出ます。
 博多駅の表玄関は、西側の博多口です。
博多駅・出口

 筑紫口は、表玄関じゃないといっても、十分に大都会ですね。
博多駅・筑紫口を出たあたり

 ここから、徒歩3分。
 ありました、「博多スターレーン」。
博多スターレーン

 ボウリング場なんて、久しぶりです。
「博多スターレーン」入口

 前に行ったのがいつだったか、忘れちゃいましたが……。
 東京時代だったと思います。
 新潟に帰ってきてからは、1度も行ってないから。
 といっても、東京で行ったのは、せいぜい1~2回だと思う。
 どこに誰と行ったのか、ほとんど記憶がありません。

 逆に、高校生のとき行ったボウリング場の方が覚えてる。
 新潟アイスリンクという施設が、新潟駅裏にありました。
 冬はスケートリンク、夏はプールとして営業してました。
 で、この施設にボウリング場が併設されてたんです。
 今はもう、スケートリンクは無くなりましたが……。
 ボウリング場は、今もやってるんじゃないかな?

 確か、男女3人くらいずつで行ったんだよな。
 まだ、“グループ交際”などという言葉が、かすかに残ってた時代。
 携帯なんか、誰一人持ってなかったころです。
 男が、2人のはずが3人来ることになったとかで、わたしは数合わせで誘われたんです。
 男なんぞに興味は無かったんですが……。
 誘ってくれた女子に、ちょっと引かれてたんですね。
 無論、その子は、完全なノンケでしたけど。

 2レーン使ってゲームを始めました。
 で、指の汗を乾かす送風口みたいなとこがあるでしょ?
ボウリング場で、指の汗を乾かす送風口みたいなとこ

 そこに、ついと手を出したら、隣のレーンの男が一緒に出してね。
 指先がぶつかりました。
 あのころは、そんなことでもドギマギしたものです。
 今時の高校生には、信じられないだろうね。
 今の子なんか、平気で手つないでるからな。
 それどころか、新潟でも、キスしてるカップルまでいる。
 2人とも制服着てるんだよ。
 あんなのは即刻補導して、鞭打ち千回くらいの刑にすべきじゃないか。
 そうしないと、そのうち……。
 路上で、犬みたいに番うヤツまで出てきかねんぞ。

 話が、ずれてしまった。
 で、そのグループボウリングの感想は、男ってタイヘンだなってことでした。
 女は、ヘタクソでも、それなりに愛嬌だけどね。
 男はやっぱ、100ピンとかだと、かっちょ悪いよね。
 その日の男どもは、確か120ピン前後だったと思いますが……。
 女3人が、1人として100ピンに届かないというレベルだったので……。
 120ピンでも、面目が立ったようです。

 ちなみに、このボウリング場の思い出に、後日談はありません。
 その日、1日ボウリングしただけ。
 手がぶつかった男とも、以後、口を利くことさえありませんでした。

 さて、『博多スターレーン』に、戻りましょう。

 平日の真っ昼間とあって、そんなに混んでませんね。
ボウリング場の中

 母の話だと……。
 昭和40年代、ブームのころのボウリング場は……。
美しきチャレンジャー

 プレー出来るまで、3時間待ちくらいはザラだったそうです。

 久々に、ボウリングシューズを履きました。
ボウリングシューズ

「美弥のサイズなんか、ある?」
「失礼ですね。
 25.5センチなんですから、無いわけないでしょ」
「へ~。
 案外、デカくないんだな。
 無理してるんじゃないの?」
「してませんっ。
 このバッシュ買うとき、見てたでしょ?」
「あ、そうか。
 あのね、うちの会社の取引先の女で、すげー大足がいるんだよ。
 背は、美弥より低いんだけどね。
 全体に骨太でさ。
 あの女、遺骨になると、骨壺に収まらないんじゃないか?
 でさ、うちの会社って、土足禁止なんだよ。
 来客には、スリッパに履き代えてもらうわけ。
 で、そいつのパンプスが、通用口に脱いであるの見ると……。
 ギョッとするよ。
 空母が乗り上げたみたいなんだから」
大きなパンプス

「ヒドいですね。
 その人、きっと気にしてますよ。
 靴脱がなきゃならないとこなんて、行きたくないだろうな」
「ま、そう思うから……。
 誰も口には出さないけどね。
 でもわたし、どうしても我慢できなくて……。
 1度だけ、足入れてみたことがあるんだ。
 誰もいないとき。
 もう、子供が大人の靴、突っかけたみたいでさ。
 カカトんとこ、ゲンコが入りそうなほど空いてんだよ。
 そのまま会社飛び出して……。
 物陰に隠れて、10分くらい笑ったね。
 ハラワタが千切れるかと思った」
「ほんとに、ヒドいんだから」

 さて、バカ話してないで、次はボールですね。
ボウリングのボール

「美弥は、何ポンドにするの?」
「久しぶりだから、14ポンドくらいにしようかな?」
「げ。
 よくそんなの持てるな。
 足に落としたら、大変だぜ」
「落とさなきゃいいでしょ」
「わたしは、握力が弱いの。
 指も細いから、すっぽ抜けちゃうんだよ」
「何ポンドにするんですか?」
「8ポンドかな」
8ポンドのボール

 さ~て。
 ジャンケンして、ゲーム開始です。
 美弥ちゃんが先攻。
 レーンに立つ後ろ姿は、ほれぼれするほど格好いいです。

 流れるようなフォームで、第1投。
 ところが……。
 ボールはピンに向かわず、大きくそれて行きいます。

「やった!
 いきなりガーター!」

 と、喜んだのもつかの間。
 なんと!
 生意気にも、ボールが急角度でフックしました。
 そのまま、まっすぐストライクポケットへ。
ストライクポケット

『ガッシャ~ン!』

 破裂音を響かせ、全ピンが一瞬で吹き飛びました。
ボウリング・ストライク

 ストライクです。
 美弥ちゃんは、控えめなガッツポーズを取ると……。
 得意げな顔で引き上げてきます。

「や、やるじゃないの……」
「さ、Mikikoさんも続いてくださいよ」
「よ~し。
 よっこらせ」

 8ポンドでも、十分重たいわい。
 7ポンドにすりゃ良かったかな。

 必ず落っことすので、バックスイングなんて出来ません。
 ボールを抱えたまま、ファールラインまでよろめいて行きます。
 そのまんま、ボールを放り出すように離すと……。

『ガン!』

 レーンに大穴が空きそうな音を立てて、ボールが着地。
 なんとか、転がって行きました。
 蝿が止まりそうな速度ですが……。
 ピンに近づいて行きます。

「おぉ、いい線いってる」

 と思ったのもつかの間。
 ボールは、ピン手前で大きくスライスし……。

『ガッタン』

 ガーター溝に落ちてしまいました。

「くっそー。
 ままならぬボールじゃ」
「Mikikoさん、ピン見ないで、スパット狙って投げるといいですよ」
「なに?
 スパッツ?
 わたしゃ、穿いてないぞ」
「スパッツじゃなくて、スパット!
 ほら、レーンの途中に三角の目印が並んでるでしょ」
ボウリング・スパット

「で、ボールがまっすぐ転がることを前提に話しますけど……。
 ボールを離す位置と、狙ったピンを一直線で結ぶと……。
 どのスパットを通るかわかるでしょ?
 そしたら、投げるときは、そのスパットめがけて投げるんです。
 目標が近い方が、コントロールしやすいですからね」
ボウリング・スパット理論

「なるほど。
 そういうインチキ技を使っておったのか」
「インチキじゃありませんって。
 そのためにスパットがあるんです」
「よし。
 じゃ、第2投は、そうしてみる」

 ボールを落っことすあたりと、ピンの真ん中を目で結び……。
 どのスパットを通るか見定めるわけだな。
 で、そのスパットを睨みながら……。
 ボールを抱えて、よろめいて行きます。

『ガン!』

 大きな音を立ててボールが落ち……。
 いい具合にスパットの方に転がっていきます。

「おぉっ」

 なんと、目指すスパットの真上を通過しました。
 こんどこそ、ストライクかっ?(2投目だから、スペアだけど)

 こんどこそ、ストライクかっ?
 ……と、喜んだのもつかの間。
 ボールは、ピンの手前まで来ると……。
 まるで立ち並ぶピンに怖じ気づいたように、大きく左に逸れていきました。
ガーターに落ちるボール

『カッタン』

 悲しい音を残し、ボールはガーター溝を去っていきます。

「くっそ~。
 なぜに、あそこで曲がるのか……」
「魔球ですね」

 続いて、美弥ちゃんの第2フレーム。
 大きなストライド、高いバックスイング。
 格好いいです。
 豪快なフォームから繰り出されるボールは、威力十分。
 ピンの手前で、食い込むように曲がります。

『ガッシャ~ン』
再びストライク

 快音を残し、ピンが弾け飛びました。
 美弥ちゃんは、意気揚々と引き上げて来ます。

『パチパチパチパチ』

 真後ろから、拍手が聞こえました。
 近くのレーンで、投球した人はいないので……。
 この拍手は、どう考えても美弥ちゃんに対してです。
 怪訝に思い、振り向くと……。
 高校生くらいでしょうかね。
 2人組の女が、ハウスボールのラックの後ろから、拍手を送ってました。
 平日の真っ昼間に堂々とボウリング場来てるとは、太てーヤツら。
 ……と思ったけど、よく考えたら春休みでした。
 2人組の視線の先は、明らかに美弥ちゃんです。

「知り合い?」
「そんなわけないでしょ。
 福岡に知り合いなんて、いるわけないです」
「いきなりファンが出来たってこと?」
「そうかも。
 昔は、こういうのが、スゴくイヤだったんです。
 でも今は、けっこう平気みたい。
 Mikikoさんと一緒だからですね」
「そんなら、仲いいとこ、見せつけてやろうか?
 ここで、キスするとか?」
「そんな仲じゃないでしょ」
「いけずぅ。
 あの視線、腹立つんだよ。
 わたしを見るときの目が、あからさまに冷たいんだから」
「気にしない。
 ほら、Mikikoさんの番ですよ」

 後ろ髪を引かれつつ、レーンにあがります。
 ボールを抱え、斜めになりながら、よろめいて行きます。

『ガッタン』

 派手なバウンド音を響かせ、8ポンドのヘロヘロ玉が転げていきます。
 またピン手前で、ヘタレましたが……。
 2人組に対する怒りのパワーが乗り移っていたのか……。
 溝に落ちる手前で、ピンにあたりました。

『カタ、カタ、カタ』

 3ピン、ゲットです!
 派手なアッパーカットガッツポーズを作り、振り向きます。
 美弥ちゃんは、微妙な顔ながら、拍手を送ってくれました。
 対して!
 後ろの2人組からは、拍手が聞こえませんでした。
 睨み付けると、2人してペチャペチャくっちゃべってて……。
 わたしのことなんか、見てもいない!
 ほんのこつ、腹ん立つ……。

 ボールが、帰ってきました。
 さらに怒りのパワーを注入し……。
 果敢にスペアを取りに行きます。

 しかし……。
 ボールは、またもやピン手前でひねくれ……。
 それでも、反対側の3ピンを倒しました。
 まずまずの収穫です。
 10ピン中、6ピンも取ったんだから……。
 良しとしましょう。
 打率6割。
 イチローより、はるかに上じゃ。

 さて、その後のプレーですが……。
 美弥ちゃんは、後ろの2人組が過剰に反応するので、集中できないらしく……。
 途中、オープンフレームも作りましたが……。
 最後は、パンチアウトで締めくくりました。
 スコアは……。
 172ピン!

「なんか、インチキしたろ?」
「してませんって。
 隣で見てたでしょ」
「じゃ、計算間違いか?」
「計算は、機械がするんですから……。
 間違いっこありません。
 172くらい出す人、ざらにいますよ。
 それより……。
 Mikikoさんの点数の方がスゴいです。
 34ピンって……。
 どうやったら、こんな点が出せるんです?」
「やかましい。
 完全にボールが悪い。
 次は、7ポンドにする」
「次って……。
 まだやる気なんですか?」
「あたりまえだろ。
 勝ち逃げは許さん。
 次は、勝ってやる」
「勝つ気……、なんですか?
 怖い人……。
 そうだ。
 ハンデあげますよ」
「バカにすな!
 そんなの、いらんわい」
「わたし実は、子供のころから、ボウリングやってたんです。
 父に連れられて。
 父は、上手かったんですよ。
 アベレージ、200越えてたんじゃないかな?
 その父に習ってたんですからね。
 高校時代は、よく1人でボウリング場行ってました。
 250くらい出したこともあります」
「セミプロじゃないの!
 そんなら、ハンデもらっても恥じゃないな」
「何ピン、あげます?」
「う~ん、そうだな……。
 300ピン、くれる?」
「あげません。
 今の点差にしましょう。
 172引く34で……。
 138ピンか。
 よし、オマケして、140ピン」
「もう、一声!」
「う~ん。
 145ピン」
「案外、セコいな。
 こういうのは、100ピン単位で括ってよ。
 200ピン」
「ダメ!
 わかりました。
 じゃ、150ピンね。
 これ以上は、絶対にダメです」
「けち」
「けちで結構。
 じゃ、始めますよ。
 早く、7ポンドのボールに換えてきてください」
「なんか……。
 急に怖くなったんですけど……」
「当たり前でしょ。
 150ピンもハンデあげたら……。
 アドレナリンが、全身をかけ巡り始めました」
アドレナリン

 そして、第2ゲームの結果は……。
 美弥ちゃん、188ピン。
 Mikiko、28ピン。

「くっそー。
 160ピン差か……。
 ハンデの150ピンを引くと、10ピン差。
 僅差で破れてしまった。
 よーし、次は6ポンドのボールで……」
「Mikikoさん!
 いいかげん急がないと!
 1便しかない飛行機、乗り遅れちゃいますよ」
「何時だ?」
「もう、3時半になります」
「どひゃー。
 急げ~」

 大慌てで精算してたら、さっきの2人組が近寄ってきました。
 こいつら……。
 美弥ちゃんに、話しかけるつもりだな。
 させるかっ!
 これ見よがしに美弥ちゃんの腕を抱えると……。
 2人組、あからさまにムッとした顔。
 頭の上に、吹き出しが出て見えます。

『こんな綺麗な人に、なんであんたみたいな小猿が付いてるの!』
『あんたじゃ、吊り合わないのよ!』

 そんなこたぁ、わかっとるわい!
 でも、これが創造主の特権なんじゃい!
 2人組に向かって、思い切りアッカンベーをしてやりました。

「美弥、急ごう」

 スターレーン入り口の階段を駆け降ります。
「博多スターレーン」入口階段

 なんか、時間に追われるシンデレラみたいですね。
 あるいは、略奪した花嫁と、手に手を取っての逃亡劇?
映画「卒業」

 博多駅筑紫口が見えてきました。
博多駅筑紫口

 どうやら、2人組は付いて来れなかったようです。

 地下鉄の改札を抜け……。
博多駅・地下鉄改札

 地下鉄ホームに降りると、ちょうど電車が入ってきました。
博多駅・地下鉄ホーム

 飛び乗ります。
 15:42。
 でも、ここまで来ればもう大丈夫。

 息を整える間もなく、15:47、福岡空港駅に着きました。
地下鉄・福岡空港駅

 新潟行きの出発まで、30分弱。
 これに乗り遅れたら、電車乗り継いで帰らにゃならんとこでした。

 搭乗口に向かいます。
福岡空港・搭乗口

 飛行機のシートに身を投げ出し、ホッと安心。
福岡空港・機内

「やでやで」

 ほんとうに、この旅が終わってしまうんですね。
 また、感傷的な思いがこみ上げて来て……。
 美弥ちゃんの手を握りしめました。
 わたしの思いが伝わったのでしょう。
 美弥ちゃんも、握り返してくれます。

 新潟行き、全日空323便は……。
 定刻の16時15分、福岡空港を離陸しました。
福岡空港を離陸する全日空機

 さようなら……。
 楽しかった九州。
 わたしはこの旅を、決して忘れません。
 また来るからね、九州!
博多上空

 地面が見えなくなるまで、窓の外を見送ると……。
雲海の上

 急に眠気が……。
 さすがに、ボウリング2ゲームが効いたようです。
 たちまち、夢の中に引きこまれていきました。

 夢の中のわたしは……。
 8ポンドのボールに乗って、必死に球転がしをしてました。
球転がし

 美弥ちゃんの声が、遠くから呼んでます。
 一生懸命、声の方に転がそうとするんですが……。
 球は、右へ左へ、ままなりません。
 振り向くと……。
 例の2人組が、追いかけてきます。

「Mikiko、さ~ん……」
「美弥ちゃん!
 どこー?」

 2人組の足音が、近づいてきます。
 追いつかれる!
 スピードを上げようと、前のめりになった途端……。
 足元が滑りました。

「あっ」

 落ちる!
 と思った途端、跳ね起きました。

「あぁ、美弥ちゃん……。
 ここにいたの?」
「何の夢見てたんです?
 子供みたいに、びっくんびっくんしてましたよ」
「ここどこ?」
「もう、新潟の上空みたいですよ」
新潟の上空

 17:45。
 新潟空港、着陸。
新潟空港、着陸

 ここから伊丹空港に向けて飛び立ったのが、わずか4日前だったんですね。
 なんか、信じられない気分。
 4日ぶりに、懐かしき故郷の大地を踏みます。

「新潟のみなさん、Mikiko、ただいま帰って参りました!」
「タラップで立ち止まらないでください」
「はいはい」

 早春の九州を旅して来たので……。
 やっぱり、空気が少し冷たい。
 季節を遡った感じですね。

 来たときと同じ、エアポートリムジンに乗りこみます。
新潟空港・エアポートリムジン

 春の夕暮れは早く、もうあたりは真っ暗。
 新潟の街は、何事も無かったように、灯を点してます。
夕暮れはの新潟の街

「Mikikoさん……。
 どうしたんです」
「わたしがこの世からいなくなっても……。
 この町には、何の変わりもなく、新しい日々が巡って来るんだね」
「ずいぶんと感傷的になってますね」
「楽しいことの終わりって、どうしてこう悲しいんだろうね」
「楽しいことの終わりは……。
 もっと楽しいことの始まりですよ」
「そうか~。
 いいこと言うね」

 新潟の街を、バスで走ってるってのが、まだ信じられない気分。
 ほんの3時間前は、博多でボウリングしてたんだよ。

 エアポートリムジンが、新潟駅南口に着きました。
新潟駅南口

 美弥ちゃんの手を取って、歩き出します。

「ちょっと、Mikikoさん。
 駅は反対側ですよ」
「いいの、こっちで!
 こっちには、ボウリング場があるんだから!」
「ちょっと、まさか、Mikikoさん……」
「レ~ッツ、ボウリング!」
レッツ、ボウリング

 長い間、お付きあいくださいまして、ほんとうにありがとうございました。
 「高知に行こう!」および「大分に行こう!」……。
 これにて終了です。
 連載開始が、3月5日……。
 途中、何度か中断もありましたが、5ヶ月半に渡る長旅を、今、ようやく終えることができました。
 一緒に旅をしてくれたみなさん、ほんとうにありがとう!
 最後の方は、旅を終わらせたくなくて……。
 ボウリングまでしちゃったけどね。
 この後、普通のコメントが書けるか、ちょっと不安になってます。
大分に行こう!(8)目次大分に行こう!(10)


↓お帰りのさいには↓
愛のワンクリ お願いします
新しいウィンドウは開きません

相互リンクサイトのみなさま(Ⅰ)
ひとみの内緒話 禁断の体験 エッチな告白集 レズ画像・きれいな画像倉庫 官能文書わーるど
熟女夜伽物語 愛と官能の美学 未知の星 新・SM小説書庫2
萌木ケイの官能小説 ましゅまろくらぶ 赤星直也のエロ小説 恥と屈辱の交差点
羞恥の風 ちょっとHな小説 官能的なエロ小説 おとなの淫文ファイル エッチのあとさき
恥ずかしがりたがり。 女性のための官能小説 魔法の鍵 性転換・TS・女体化劇場

相互リンクサイトのみなさま(Ⅱ)
緊縛新聞/杉浦則夫写真事務所 官能小説~ひめ魅、ゴコロ。 人妻の浮気話 艶みるく 女性のH体験告白集
変態小説 妄想ココット 空想地帯 潤文学
18's Summer 性小説 潤文学ブログ [官能小説] 熟女の園 Eros'Entertainment
恥辱小説 淫界散歩 黒い教室 出羽健書蔵庫 かめべや
快感小説 むね☆きゅんファンサイト 淫鬼の棲む地下室 最低のオリ
ちょっとHなおとなのための… 漂浪の果てに お姫様倶楽部.com ぺたの横書き

相互リンクサイトのみなさま(Ⅲ)
空想の泉~The Fountain of Daydream~ 調教倶楽部 被虐のハイパーヒロインズ アダルト検索一発サーチ
ライトHノベルの部屋 オシッコオモラシオムツシーン収集所 渡硝子の性感快楽駆け込み寺 アダルト官能小説快楽機姦研究所
被虐願望 渋谷子宮 RE:BIRTH 羞恥集 マルガリテの部屋
エピソードセックス あおいつぼみ 葵蕾 エロ体験談で抜けるコピペ riccia
プライド 黒塚工房 官能小説 レイプ嗜好 人妻!人妻!人妻!

wombatの官能小説 女性作家専門官能小説 羊頭狗肉 おしっこ我慢NAVI
ねっとりぐちょぐちょ 美里のオナニー日記 黒イ都 ひよこの家
エロショッカー軍団 エッチな体験談・告白 恍惚團 ~ドライ・オーガズムの深淵~ 相互リンク、募集してます!

★相互リンク募集中!(メールしてね)★

ランキング/画像・動画(1~10)
厳選2chまとめ 人気ブログランキング
にほんブログ村 エログちゃんねる
小説の匣 正しいH小説の勧め
官能小説アンテナ GL Search
Girls Love Search コミックルーム

ランキング/画像・動画(11~30)
ライブドアブログ アダルトブログランキング 【携帯】GL狂愛Rank ネット小説ランキング
セックス・ノベル・ネット ぴあすねっとNAVI Adult Novels Search 萌駅
ぱっくりんく SindBad Bookmarks おたりんく アダルト検索BBJapan
【携帯】Lovely Venus GAY ART NAVIGATION 少女禁忌区域 【携帯】女の子のためのн小説
百合姫ランキンク アダルトなび2 ヌケルアダルト作品 創作系サイト検索・KAGOME

ランキング/画像・動画(31~50)
十八禁恋愛私花集 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます!