Mikiko's Room

 ゴシック系長編レズビアン小説 「由美と美弥子」を連載しています(完全18禁なので、良い子のみんなは覗かないでね)。
 「由美と美弥子」には、ほとんど女性しか出てきませんが、登場する全ての女性が変態です。
 文章は「蒼古」を旨とし、納戸の奥から発掘されたエロ本に載ってた(挿絵:加藤かほる)、みたいな感じを目指しています。
 美しき変態たちの宴を、どうぞお楽しみください。
管理人:Mikiko
カテゴリ: 紙上旅行倶楽部/総集編
律「あ、電車の中……」
実際の大湊線の車中です
↑実際の大湊線の車中です。乗車率は悪くないようです。

客「電車ではなく、気動車です」
律「どうやって下りるの?
 窓から?」
み「まだ寝ぼけてるな。
 次の『下北駅』で下りるんです」
律「下仁田?
 何でそんなところにいるの?」
土壌環境のせいか、下仁田以外では育たないそうです
↑こんな太いんですね。土壌環境のせいか、下仁田以外では育たないそうです。

み「下仁田は群馬だろ!
 下北です。
 青森の下北半島」
思ってた以上に、柄の部分が細いです
↑衛星写真。思ってた以上に、柄の部分が細いです。

律「何でそんなところにいるの?」
み「脳が膿んでおる。
 とにかく、次の駅で下りるんです」
客「お名残り惜しいです」
み「あなたとは、今生のお別れですな」
早くリタイヤして、朝ドラを見る生活がしたい
↑『とと姉ちゃん』の場面のようです。早くリタイヤして、朝ドラを見る生活がしたい。

客「寂しいこと言わないでくださいよ。
 名刺を差しあげますから、気が向いたら連絡してください」
み「向かんと思うが」
客「そう言わずに。
 どうぞ」
切符風名刺のサンプル
↑切符風名刺のサンプル

み「なんじゃこの肩書き。
 『鉄道研究家』?」
客「仕方ないでしょ。
 会社は退職しましたから」
退職しましたから

み「名前だけにすればいいでしょ」
客「あまりにも余白だらけで、スカスカになっちゃうんですよ」
み「名前をデカデカと刷ればいいではないか。
 勘亭文字かなんかで」
客「それじゃ、千社札ですよ」
それじゃ、千社札ですよ
↑ほんとに作ってる人がいました。

み「『鉄道研究家』って、何か資格持ってるの?
 鉄道学部を出たとか」
客「そんな学部はありませんよ」
こんなキラキラ学部が増えてます
↑最近は、こんなキラキラ学部が増えてます。就活に不利だとか。

み「自由に名乗っていいわけ?」
客「学問は自由です」
『学問のすゝめ』の冒頭
↑ご存じ、『学問のすゝめ』の冒頭。なんだか、お寺で聞く『修証義』に似てます。

み「まぁ、いい。
 いただいておいて……。
 詐欺をするときに使わせてもらう」
詐欺をするときに使わせてもらう

客「やめてください。
 あ、先生もどうぞ」
要らない名刺の使い方
↑要らない名刺の使い方。

律「いただきます」
み「『下北駅』のバス乗り場って知ってる?
 けっこう、タイトなのよ。
 えーっと、この汽車が駅に着くのが、13:53分でしょ。
 バスの発車が、14:05分」
客「12分もあるじゃないですか。
 この列車も遅れてませんし、余裕ですよ。
 這ってでも間に合います」
み「なんで駅で這わなきゃならんのじゃ!
 トカゲじゃあるまいし」
リードをつけて、お散歩中
↑リードをつけて、お散歩中。福岡市の大濠公園だそうです。

客「駅を出て、すぐ左がバス乗り場です。
 どちらに行かれるんですか?」
み「それは秘密です」
鳥取のようです
↑鳥取のようです。

み「先生を驚かせたいから」
律「何よそれ。
 ヘンなところに連れて行かないでよね」
み「立派なところです」
客「下北駅は、2009(平成21)年に新駅舎になってます。
 綺麗な駅ですよ。
 風情は無くなっちゃいましたが」
下北駅旧駅舎
↑旧駅舎です。いい雰囲気です。

み「風情云々は、旅行者の勝手な言い草です。
 地元民にとっては、綺麗で新しい方がいいに決まってる」
客「あと、下北交通のバスはICカードが使えませんから」
Suicaのペンギンくん
↑Suicaのペンギンくん。名前は無いようです。わたしは、Suicaの定期券を使ってます。バスにも乗れて、実に便利!

み「貨幣が流通してないのか?」
物々交換の図
↑物々交換の図。

客「声が大きいですって。
 現金は使えます」
み「あたりまえじゃ。
 物納でバスに乗るんじゃ、面倒でしょうがない」
物納乗車の図
↑物納乗車の図。

み「使える現金は、日本国のものか?
 まさか、石のお金じゃあるまいな」

↑『はじめ人間ギャートルズ』

客「いい加減にしないと、ホントに怒られますよ。
 ほら、もう停まります。
 荷物持ちましたか?
 忘れ物はないですか?」
み「あ、これを忘れるとこだった」


客「それはわたしのバッグです」
み「おー、それは失敬。
 似てるので間違えるところじゃった」
客「これに似た鞄は、まずありません」
み「冗談じゃ。
 世話になったな。
 あの世でまた会いましょう」


客「そんなこと言わないでくださいよ」
律「お世話になりました」

律「あの人、手を振ってるわよ」
み「あかんべーをしてやるか」
律「やめなさいよ。
 別れって、寂しいものね」
み「ほとんど寝てたくせに」


律「ま、そうだけど」
み「発車した」

↑『下北駅』を発車する『大湊』行き快速(2007年の画像です)。

み「やっぱり、非電化はいいね。
 架線が無くて、空がスカーンと開けてるし。
 六角精児バンドの『ディーゼル』が聞きたくなった」


律「知らない」
み「同意は、期待してません」
律「あー、見えなくなっちゃった」
み「もらった名刺、捨てるか」
律「そんなこと言わないの。
 せめて、帰るまでは持ってなきゃ」
み「ははは。
 帰ったら捨てるわけね」
律「そうは言ってないわよ。
 早く行きましょ。
 時間、そんなにないんでしょ」
み「単線は、跨線橋が要らないから、乗り降りには便利だよね。
 上りも下りも、必ず改札側のホームだから」
上りも下りも、必ず改札側のホームだから

律「言ってることが、よくわからない」
み「説明省略。
 おー、シンプルな駅。
 改札から出口が見える。
 迷う可能性、ゼロじゃ」
出入り口は、風除室(ふうじょしつ)になってます
↑出入り口は、風除室(ふうじょしつ)になってますね。

 ↓反対側、ホーム方向を見た画像。
ホーム方向を見た画像

 一番左に、みどりの窓口が見えます。
 その向こうの開口部が、改札です。

み「ほんとに這って行けそうだな」
テレビから這い出る貞子
↑テレビから這い出る貞子。

律「やってみたら。
 写真撮ってあげるわよ」
み「3,000円くれたら、這う」
タモリさんのイグアナ
↑タモリさんのイグアナ。なかなか厳しい姿勢ですよね。歳を取ったら難しいでしょう。

律「ホントに、矜持ってものが無いのかしら」

 駅前に出ました。
駅前に出ました

 ↓2階部分のように見えるのは、吹き抜けの塔屋(とうや)です。
2階部分のように見えるのは、吹き抜けの塔屋(とうや)

 暖房効率、悪いんでないの?

み「おー、普通の町ではないか」
律「どんな町だと思ったのよ」
み「猿と人が半々に歩いてる」
タイです
↑タイです。猿の方が多いですね。

律「新潟も変わらないんじゃないの」
み「失敬な!
 80万都市ですぞ」
80万都市ですぞ
↑また来ないかな。

律「全国的に、それを知ってる人は、ごく少数だと思うわ」
み「印象の薄い都市であることは確かでしょうが」
印象の薄い都市

み「ま、新潟の話はいいです。
 しかし、地方の小さな市の駅前って、どこも同じ感じになっちゃったね」
律「そんなにあちこち行ってないでしょうが」
み「『ローカル路線バス乗り継ぎの旅』で見てます」
背後の建物は、館山駅
↑『館山→会津若松』編。背後の建物は、館山駅。南国チックですね。

律「ほんとに小さくて可愛い駅舎ね」
み「ま、新しくなるのは良いことです。
 バスは、あれだな」
上屋がかかってるところがバス乗り場

律「ほんとに這って行けたわね」
ほんとに這って行けたわね

律「行き先、見てもいいわよね」
み「どうぞ、見てください」
律「へー」
恐れ入ったか

み「恐れ入ったか」
律「別に恐れ入りませんけどね。
 ここから、バスで行けるのね」
み「見よ、この行き先表示。
 おそらく、日本中のバスの中で……。
 もっともインパクトのある表示じゃろう」
もっともインパクトのある行き先表示

律「ま、確かに。
 でも、こんな綺麗なバスで行けるってのが意外だった」
み「バスで行かなきゃ、なんで行くんじゃ」
律「白い杖付いて、鈴を鳴らしながら、険しい山道を登っていくってイメージね」
白い杖付いて、鈴を鳴らしながら、険しい山道を登っていくってイメージ

み「それじゃ、イタコの婆さんが来れんじゃろ」
律「イタコさんは、恐山に住んでるんじゃないの?」
「潮来花嫁さん」。転覆したら、惨事でしょうね。
↑こちらは、“イタコ”違いの「潮来花嫁さん」。転覆したら、惨事でしょうね。

み「通いです。
 青森あたりから来るみたいよ。
 しかも、夏と秋の例祭のときだけ」
律「あらそうなの。
 秋の例祭っていつよ?」
み「確か、おとといの土曜日から、振替休日の今日までじゃないかな」
律「それで、こんなに盛況なのか」
み「でやんしょうね」

 ここまで書いて、『下北駅』発のバスの時刻表を改めて確認したところ……。
 わたしが調べた時と違ってました。
 調べたのは多分、2011年ころだと思います。
 この『東北に行こう!』の連載が始まったのは、2010年10月8日。
 この時点から、恐山へのコースを考えてたとは思えませんが……。
 それでも、翌年くらいには、おぼろな展望を持ったはず。
 てことは、6年も前になります。
 これだけ経ってしまえば、ダイヤも変わりますわな。
 6年前の『下北駅』発の発車時刻は、14:05分でした。
 それが今は、14:00分と、5分繰り上がってました。
『下北駅』発のバスの時刻表
↑“※臨”は、『リゾートあすなろ下北号』が運行される日のみの運転(月2回くらい)。

 でも、大湊線の『下北駅』到着時刻は変わっておらず、今も13:53分でした。
 つまり、6年前は12分あった乗り継ぎ時間が……。
 今は、7分になってるわけです。
 ま、駅の構造を考えれば……。
 ホームに下りてから階段もなく、真っ直ぐ駅舎を抜けて左を向けば、すぐにバス停です。
 列車が定刻に着いていれば、焦る必要もないでしょう。
 問題は、列車が遅れたとき。
 でも、雪は関係ありません。
 なぜなら、11月から4月いっぱい、恐山は閉山になるからです。
11月から4月いっぱい、恐山は閉山

 ま、それ以外の時期でも、列車が遅れることはあるでしょうが……。
 おそらく、そんなとき、バスは待ってくれてるはずです。
 客を乗せずに空荷で発車したんじゃ、運賃収入ゼロですから。

 さて、バスに乗りこみましょう。
バスに乗りこみましょう

律「座れて良かったわね」
2015年8月30日(日)11:10分(現在は11:15分)発の恐山行きバス車内
↑2015年8月30日(日)11:10分(現在は11:15分)発の恐山行きバス車内。

み「確かに。
 山道を、40分立ちっぱなしじゃ、厳しいわな。
 途中で降りる客は、ほとんどいないだろうし」
律「乗客に、イタコさんはいないみたいね」
み「当たり前です。
 イタコは、朝一番に向かってるはず。
 開山時間は、朝6時だからね」
律「でも、ほんと普通の町って感じよね。
 恐山っぽくないわ」

 ↓『下北駅』を出発する恐山行きバス。

↑ガラガラですね。

み「ここはまだ恐山ではないわ」
律「そりゃそうだけど、それなりの雰囲気があるのかと思った」
み「駅からそんな雰囲気だったら、うっとうしくてならんでしょ」

律「あっという間に家が見えなくなった。
 山に分け入ってく感じ」
山に分け入ってく感じ

み「当たり前でしょ。
 恐山は、山なんだから。
 逆に、下北駅の裏側は、もうすぐに港です。
 つまり、海抜ゼロメートル」
下北駅の裏側は、もうすぐに港です

律「これは、立ってたら辛かったわね」
み「酔いそうじゃ」
酔いそうじゃ

律「止めてよね」
み「天玉そばが出るかも」
青森駅『八甲田』の天玉そば
↑青森駅『八甲田』の天玉そば。かき揚げがデカい!

律「ぜったいに止めて。
 次で降りなさい」
み「冗談でゲスよ」

 下北駅を発車して、約30分、山の中でバスが停まります。
下北駅を発車して、約30分、山の中でバスが停まります

律「どうしたのかしら?
 ここが恐山?」
み「車内放送は、『冷水(ひやみず)』だった」
車内放送は、『冷水(ひやみず)』だった

み「年寄りだけ降りるのかな?
 “年寄りの冷や水”」
年寄りの冷や水

律「みんな降りてくわよ。
 若い人も。
 あの、すみません」
乗「はい」
律「みなさん、どうされたんですか?」
乗「湧き水を飲みに降りるんですよ。
 その間、バスは停まっててくれてます」
律「名水なんですね」
乗「“1杯飲めば10年若返り、2杯飲めば20年、3杯飲めば死ぬまで若返る”と云われてます」
冷水説明板

み「にゃにゃにゃんと!
 1杯、いくらです?」
乗「湧き水ですから、タダですよ」
み「どうせタダなら、飲んでみる価値はある」
律「“タダより高い物は無し”とも云うわよ」
み「確かに。
“死ぬまで若返る”って、どゆことだ?
 消えて無くなるんでないの?」
律「4杯飲んだら死ぬとか」
4杯飲んだら死ぬとか

み「ほんまきゃー!
 しかし、20年若返るのは魅力じゃ。
 2杯飲まねば」
2杯飲まねば

み「降りるぞ」
律「わたしも」
み「あんたはもう、若がえらんでよろしい」
律「なんでよ!」
み「厚かましいヤツ」
律「あれね」
地蔵があるのが、微妙な雰囲気ですな

み「地蔵があるのが、微妙な雰囲気ですな」
律「こんこんと湧いてるわね」
こんこんと湧いてる

み「水道引いてるんじゃあるまいな」
律「そういうことを言うと、バチが当たるわよ」
み「お、前が空いた。
 わたしが汲んでやる」
わたしが汲んでやる

み「ほれ、飲め」
律「自分で汲んだのは、自分で飲めばいいでしょ」
み「どうぞ、レディファーストです」
これが無意識に出来ないと、アメリカ人にはなれません
↑これが無意識に出来ないと、アメリカ人にはなれません。

律「あんたは、レディじゃないわけね」
み「とりあえず、今日のところは」
律「早い話、わたしに毒味させようということでしょ。
 みなさん、美味しそうに飲んでらっしゃるじゃない」
み「人とは限らん」
人とは限らん

律「ヘンなこと、言わないでちょうだい。
 飲むから、柄杓、離しなさいよ。
 お相撲じゃないんだから」
お相撲じゃないんだから

み「飲んだら、ごっつぁんですって言えよ」
ごっつぁんです
↑#12は、気にしないように。

律「うーん。
 ま、こんなものでしょう。
 普通の水だわ」
み「どうやら大丈夫そうだな。
 柄杓、柄杓」
アルマイトの柄杓
↑アルマイトの柄杓。口を付けると、金臭いんですよね。でも、木製よりは清潔でしょう。

律「もう1杯飲まなきゃ。
 20年、20年」
20年、20年

み「浅ましいヤツ」
律「でも、バスのない昔は、今来た山道を、みんな歩いて登ってきたのよね。
 ここまで登って、この湧き水を飲んだら、さぞかし生き返る思いがしたでしょうね」
冷水説明板
↑然り。

律「はい、柄杓」
み「3杯目は飲まないのか?」
律「何ごとも、ほどほどに」
何ごとも、ほどほどに
↑然り。

み「人生、ギャンブルでしょ」
人生、ギャンブルでしょ

律「じゃ、あなた飲みなさいよ」
み「ところで、1杯って、どのくらいな分量なわけ?」
律「柄杓、1杯でしょうが」
み「入れる分量がまちまちでしょ。
 “もっきり”で、1杯?」
“もっきり”で、1杯?

律「なによそれ?」
み「酒飲みのくせに、知らんのか。
 居酒屋なんかで、コップに日本酒が注がれるでしょ。
 そのとき、縁ぎりぎりっていうか……。
 表面張力で、縁から盛りあがってるくらいの注ぎ方を、“もっきり”って言うわけ」
もっきり

律「零れるじゃないの」
み「コップは、枡の袴を穿いてるの。
 零れたお酒は、枡が受けてくれる。
 で、一口目は、盛りあがってるグラスの縁に、口で迎えにいくわけ。
 そのときは必ず、ひょっとこの顔をしなければならぬ」
“ひょっとこ”の語源は、“火男”
↑“ひょっとこ”の語源は、“火男”。かまどに火を付けるときの顔です。

律「なんでよ!」
み「口をとんがらせなきゃ、飲めないでしょ。
 さらにその際、“おっとっとっと”と言わねばならぬ」
“おっとっとっと”と言ってはいけません
↑このときは、“おっとっとっと”と言ってはいけません。

律「馬鹿馬鹿しい。
 早く飲みなさいよ。
 バスが出ちゃうわよ」
み「じゃ、“もっきり”で3杯。
 よーし、入ったな」
律「零れてるじゃないの」
手で飲むんすか!
↑手で飲むんすか! 一度もしたことないぞ。

み「袴が無いんだから、仕方ないでしょ。
 いいかね、チミ。
 顔から迎えに行くのじゃ。
 おっとっとっと」
ひょっとこの顔をしてないので「NG」
↑ひょっとこの顔をしてないので「NG」。

律「どうしてこう、恥ずかしいことが出来るのかしら。
 早く飲みなさいって」
み「飲みでがある」
律「当たり前でしょ。
 柄杓の縁まで入れて飲んでる人なんかいないわよ」
み「うーい。
 飲んだぞ。
 これが酒だったら、泥酔間違いなし」
泥酔間違いなし

律「あと2杯、飲むんでしょ」
み「の、飲めましぇん」
の、飲めましぇん

み「腹が、がぶがぶじゃ」
律「じゃ、1杯で止めときなさい」
み「ならん!
 10年しか若返らないではないか」
律「ほら、バスがクラクション、鳴らしてる」
バスがクラクション、鳴らしてる

み「くそ!
 せめて、もう1杯。
 がぶ、がぶ」
ビールなら、いくらでも飲めるのが不思議です
↑ビールなら、いくらでも飲めるのが不思議です。

律「ほとんど、餓鬼道ね。
 地獄行き決定だわ」
地獄行き決定

み「の、飲み干したぞ」
律「ほら、早く」
み「ゆ、揺らすな。
 喉から出る」
スターリンのようです
↑スターリンのようです。

律「すみませーん。
 遅くなりました。
 ほら、早く乗りなさい」
み「ふー。
 間に合った」
間に合った

律「わたしたちを待ってくれてたのよ。
 ほんとに恥ずかしいんだから」
み「腹の中が、ちゃっぽんちゃっぽん言ってる。
 少し、出すかな」
律「止めなさい!
 出したら、窓から捨てるわよ」
ほんとうにそうでした
↑ほんとうにそうでした(今は違うと思いますが)。

み「あんたには、情けというものが無いのか」
来てみりゃ八丈は情け嶋
↑良いネーミングです。〽沖で見たときゃ鬼島とみたが来てみりゃ八丈は情け嶋。

律「あんたは、情けないの一言よ」
水牛の群れに囲まれ、木の上に逃げるライオン
↑水牛の群れに囲まれ、木の上に逃げるライオン。情けない。

律「とにかく、我慢しなさい。
 ほら、可愛い橋がある。
 綺麗ね。
 太鼓橋だわ」
太鼓橋

律「亀戸天神にあるのとそっくり。
 藤の花が見事なのよね」
藤の花が見事なのよね

律「この橋も有名なんでしょ?」
み「だしょうな。
 三途の川にかかる太鼓橋です」
三途の川にかかる太鼓橋

 ↓恐るべき立て看板を発見。
ここでまむしに噛まれたら、三途の川を渡ったっきり

 ここでまむしに噛まれたら、三途の川を渡ったっきりになるんでしょうね。

律「三途の川を、バスで過ぎたわけ?」
み「左様じゃ」
三途の川を、バスで過ぎたわけ?
↑金属製の手すりがバス道路だと思います。カラスは出来すぎですね。

み「すでにここは、あの世の領域なのじゃ」
すでにここは、あの世の領域なのじゃ

律「どうしてそういう口調になるのよ」
み「イタコが乗り移った」
このフィギュア、わたしの枕元におわします
↑このフィギュア、わたしの枕元におわします。

律「気持ちの悪い」
み「イタコのテーマソングを歌う」
律「そんなの、あるわけないでしょ」
み「〽イタコぉの伊太郎、ちょっと見な~れば~」


律「バシ!」
バシ!

み「叩くこと無いやろ」
律「不謹慎すぎ。
 天罰が下るわよ」
天罰が下る

み「降車ボタンを押さねば」
バスマニアに育つこと必定
↑バスマニアに育つこと必定。

律「終点なんだから、停まるに決まってるでしょ」
み「そんな、いい加減なことではいかん。
 こういうところでは、何ごとも手順が大事なのじゃ」

 ピンポ~ン。
ピンポーン

み「げ、押された」
律「前の方で、子供が押したのよ。
 ほら、お母さんに怒られてる。
 まったく同レベルなんだから」
まったく同レベルなんだから

み「くそ。
 よくもわたしのボタンを押したな」
よくもわたしのボタンを押したな

み「ああいうガキは、賽の河原で石積みをさせねばならん」
線路に積むな!
↑線路に積むな!

律「バカ言ってないで。
 ほら、降りるわよ」
み「ごめんなすって。
 ちょっくらごめんなすって」
ちょっくらごめんなすって

律「人を追い抜かなくたっていいでしょ」
み「気が急く」
律「ほんとに恥ずかしいんだから。
 運転手さん、いかほど?」
いかほど?

み「タコほど」
タコほど

律「バシ」
み「叩くな!」
運「お客さん、『下北駅』からですね?」
み「うんにゃ。
 『冷水』からです」
運「『冷水』で降りたじゃないですか」
律「バカ言わないの。
 『下北駅』からです」
『下北駅』からです

運「800円になります」
800円になります

み「2人で?」
運「ひとりです」
み「先生、2人分出しといて。
 細かいの、無いから」
律「無いわけないでしょ。
 天玉そば食べたとき、ジャラジャラ言わせてたじゃないの」
人の財布を覗きおって

み「人の財布を覗きおって」
律「早く払いなさい。
 後ろが詰まってるんだから」
み「負かりませんよね?」
律「負かりません」
み「びた一文?」
律「早くしなさい!」
早くしなさい!

み「痛て!
 だから、叩くなって言ってるでしょ」
律「蹴ってるのよ」
み「よけい悪いわ。
 脳障害が出たらどうするんじゃ!」
律「すでに出てるでしょ」
み「にゃに!」
律「ほら、脚元に気をつけなさいよ。
 あんたみたいな罰当たりは、ステップから転げ落ちかねないんだから」
ステップから転げ落ちかねない

み「いちいち、やかましい女じゃ。
 よっこらしょっと」
律「そういう掛け声はやめなさい」
み「よし、無事降り立ったぞ。
 この一歩は小さいが、人類にとっては大きな一歩である」
律「何それ?」
み「人類で初めて月面に降り立った、アームストロング船長の言葉じゃ」
人類で初めて月面に降り立った、アームストロング船長

律「関係ないじゃない。
 でも、お天気で良かったわね」
み「確かに。
 これで雨降りだったら、やってられんわな。
 あの門が入口だな」
あの門が入口だな

み「さ、行くぞ」
婆「これ、そこのお二人。
 お待ちなさい」
み「待てとお止めなされしは、拙者がことでござるかな……」
待てとお止めなされしは、拙者がことでござるかな
↑幡随院長兵衛に「お若えの、お待ちなせえやし」と呼び止められた白井権八のセリフ。

み「で、出た。
 だ、奪衣婆(だつえば)!」
奪衣婆(だつえば)
↑三途の川の渡し賃(六文)を持たずに来た亡者の衣服を剥ぎ取る鬼婆。

婆「誰が奪衣婆じゃ!
 そこの受付で、入山料を払いなされ」
そこの受付で、入山料を払いなされ

婆「ほれ、みなさん、並んでおろうが」
み「あなた、人ですか?」
婆「見ればわかるじゃろ」
み「わからんから聞いておる」
婆「失敬なオナゴじゃ」
律「入場料ということですね」
婆「恐山は、テーマパークではないわ。
 入山料じゃ」
律「おいくらかしら?」
婆「一人、500円じゃ」
一人、500円じゃ

み「負かりまへんか?」
婆「負からん!
 恐山を値切るとは、この罰あたりめ」
罰あたりめ

婆「500円くらい払いなされ。
 バス代より安いではないか」
み「確かに。
 小一時間で、800円は高いよな。
 東京だったら、そのくらいの時間、乗る路線もあるけど……。
 みんな、210円均一だもんね」
まだ回数券が売られてるようです
↑まだ回数券が売られてるようです。新潟では、2013年9月で終了しました。
東北に行こう!(123)目次【Mikipedia】フェムリバ!
み「黙って聞け。
 その人の会社は、西成区にあるそうなんじゃ。
 知っとるけ、西成区?」
知っとるけ、西成区?

客「知ってますよ。
 釜ヶ崎のあるところでしょ」
み「今は、“あいりん地区”と呼ばれておる」
“あいりん地区”と呼ばれておる

み「路上生活者が、多く居住する。
 道を歩いてても、アンモニア臭がする街じゃ」
犬には効かないでしょう
↑釜ヶ崎の写真ではありません。犬には効かないでしょう。

客「行ったことあるんですか?」
み「ない。
 『探検バクモン』で見ただけじゃ。
 異常に安い弁当を売っておった。
 200円くらいだったかな」
1パック100円で、これで200円
↑1パック100円で、これで200円。

み「何が入ってるのかね?」
客「知りませんよ」
み「その弁当屋のおばちゃんが強烈だったな。
 虎柄のチュニックを着ておった」
虎柄のワンピ
↑探しましたが、似たものは発見できませんでした。これは、ワンピですね。

客「そんなの、どこに売ってるんですか?」
み「あっちでは、ポピュラーなアイテムなのであろう。
 でもって、『阪神ファン?』と突っこむ太田に対して、おばちゃんは……。
 『わたしゃ、巨人ファンや』とネタをかましておった」
いい勝負しそうですね
↑いい勝負しそうですね。

客「はぁ」
み「受けない?」
客「話の筋道に取りすがるのがやっとです。
 新潟に出張に来た人の会社が、西成区なんですよね?」
『あべのハルカス』が間近にそびえます
↑『あべのハルカス』が間近にそびえます。

み「さよう。
 その人が、日常目にする風景は、だいたい想像できるじゃろ?」
客「臭いもね」
正規の収集場じゃないので、収集されないのでしょうね
↑正規の収集場じゃないので、収集されないのでしょうね。

み「その人が新潟の街を歩いてて、驚いてた。
 『どうして、ホームレスがいないんですか?』って」
中国のホームレス女性だそうです。美人すぎ。
↑中国のホームレス女性だそうです。美人すぎ。やらせか?

客「大阪弁じゃないんですか?」
大阪弁じゃないんですか?

み「翻訳した」
客「通じるでしょ、そのままで」
み「『なじぇーに、ホームレスがいないまんねん?』」
『サラリーマン』の画像、少ないですね
↑『サラリーマン』の画像、少ないですね。やっぱり、短命キャラだったんですね。

客「何語ですか!」
み「で、取り締まってるのか、ほかの方法があるのか、そのあたりの行政のノウハウを知りたがってな」
そのあたりの行政のノウハウを知りたがってな

客「なるほど。
 東京の公園にも、ありますからな。
 ブルーシートのテント」
『代々木公園』の奥地
↑『代々木公園』の奥地。

み「でも、なーんもしてないのよ。
 行政」
客「NPO?」
路上生活者支援のNPOは、新潟に存在しません

み「路上生活者支援のNPOは、新潟に存在しません」
客「どういうことなんです?」
み「単に、いないんです。
 ホームレスが」
『鳥屋野潟公園』・新潟市中央区
↑ホームレスではありません。お花見です(『鳥屋野潟公園』・新潟市中央区)。

客「どうしてですか?」

み「理由はただひとつだと思われる」
客「なんでしょう?」
み「相槌がうまくなったではないか」
相槌

み「出世できるぞ」
客「もう、定年です」
もう、定年です

み「人間、一生勉強じゃ」
客「正論はいいですから、話を進めてください」
み「新潟にホームレスがいない理由は……」
客「理由は?」
み「冬を越せないからじゃ」
客「……」
み「相槌!」
相槌!

客「意表を突かれました」
み「新潟の冬にホームレスなんかしてたら……。
 間違いなく、凍死する」
間違いなく、凍死する

客「なるほど」
 それじゃ、冬の間だけ……」
み「どこか別の場所に移る?」
どこか別の場所に移る?

客「はい」
み「ここで、縄張りの話に繋がるんじゃ」
ここで、縄張りの話に繋がるんじゃ

客「珍しく、筋道を覚えてましたね」
み「珍しくは余計じゃ。
 良いか。
 ホームレスという生き方は、決して楽なものではないはず」
ホームレスという生き方は、決して楽なものではないはず

客「ま、そうでしょうね。
 収入がほとんど無いから、路上で生活してるわけですから。
 食べるだけで精一杯でしょう」
み「東京とか大阪なら、NPOの炊き出しとかもあるんだろうけどね」
炊き出しに並ぶ列
↑炊き出しに並ぶ列。東京の建設業界は、人手不足なんですよね。日雇い労働者がやれるような仕事は、重機がやった方が安いのでしょうか?

み「それでも、それだけで生活していけんでしょ」
客「それで生活出来たら、誰も働こうとしなくなります」
み「そゆこと。
 生きるためには、空き缶を拾ったり、残飯をあさったり……。
 自動販売機の返却口に手を突っこんで回らにゃならない」
千円札を2枚入れて返却レバーを押すと、千円札1枚と小銭で戻ってくるそうです
↑千円札を2枚入れて返却レバーを押すと、千円札1枚と小銭で戻ってくるそうです。ホンマか?

客「大変ですね」
み「当然、実入りの良い場所には、縄張りがあるはず」
自販機の空き缶入れからゲットするんでしょうか?
↑自販機の空き缶入れからゲットするんでしょうか? 道で拾ってたら、こんなには集められませんよね。

客「なるほど。
 生死に関わる権利ですね」
み「そういう縄張りに、ほかのホームレスが入ってきて、空き缶を拾ったりしたら……」
もちろん清掃活動です
↑ライバル出現! もちろん清掃活動です。

み「縄張りの主は、黙ってそれを見過ごすか?」
客「トラブルになるでしょうね」
達人同士の決闘?
↑達人同士の決闘?

み「無論。
 いい場所に縄張りを持ってるホームレスは、喧嘩も強いはず。
 入りこんできたヤツは、こてんぱんにやられる」
こてんぱんにやられる

客「厳しい世界ですね」
み「修行してみるか」
客「積極的にお断りします」
み「わかったじゃろ?
 冬の間だけ、ほかの場所になんか移れないってこと」
戦隊ものに登場した旅ガラス怪人
↑戦隊ものに登場した旅ガラス怪人。

客「そうか。
 1年中、縄張りに張り付いていられる場所でしか……。
 ホームレスという稼業は、成り立たないってことなんですね」
み「左様じゃ」
客「それで、新潟には、ホームレスがいないと」
み「大阪から来た人も、この理屈に大いに納得して帰ったそうじゃ」
この理屈に大いに納得

み「おそらく、大阪に帰ってから、100回くらい、このネタを披露したに違いない」

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

 さて、ここで一息つきましょう。
怪獣も一休み
↑怪獣も一休み。思い切り等身大です。

 実は今、『単独旅行記Ⅲ』の連載を書き終わったところなのです。
ハンコ
↑「み」

 すなわち、↑の★までの文章は、『単独旅行記Ⅲ』の連載前に書いてあった部分。
 でもって、『東北に行こう!』は、2016(平成28)年6月6日(月)の第1349回で中断し……。
 6月8日(水)から、『単独旅行記Ⅲ』の連載が始まったわけです。

 まさか、『単独旅行記Ⅲ』の連載が、ここまで長引くとは思ってませんでした。
 連載がようやく終わったのは、2017年(平成29)年4月8日(土)。
 実に、丸10ヶ月の長きにわたってしまいました。
 理由は、わかってます。
 写真を山ほど撮ってきたからです。
写真フォルダのごく一部です
↑写真フォルダのごく一部です。

 せっかく撮ったからには、やはり紹介したい。
 ということで、ほとんど9割方の写真を題材にしたんじゃなかったかな。
 撮った枚数は、430枚を超えてましたから……。
 紹介した写真は、400枚近くはあったはず。

 『単独旅行記Ⅰ』と『単独旅行記Ⅱ』のときは……。
 初日に健診を受けてました。
 これが上京の目的だったんです。
 『Ⅰ』のときは、心臓ドッグ。
心臓ドッグ

 『Ⅱ』のときは、アミノインデックス検査。
アミノインデックス検診を受け

 で、健診を終えたら、その日はそのまま宿に入り……。
 翌日、午前中に観光して、午後、新潟に帰ってました。
 『Ⅰ』では、大宮の『鉄道博物館』。
大宮の『鉄道博物館』を見学しました
↑「み」

 『Ⅱ』では、両国の『江戸東京博物館』。
両国の『江戸東京博物館』を見学しました
↑「み」

 どちらも見応えがありましたが、行ったのは、そこ1カ所だけ。

 しかるに!
 『Ⅲ』は、当初の目的だった健診が無くなり……。
 2日間、丸々観光というスケジュールにしてしまったんです。
 『Ⅰ・Ⅱ』では、東京行きの目的はあくまで健診で……。
 そのご褒美に、翌日観光を楽しむということだったんですがね。
そのご褒美に、翌日観光を楽しむということだったんですがね

 ま、いいじゃないですか。
 別に健康をないがしろにしているわけではありません。
 実はですね。
 職場で毎年受ける健康診断に、自腹でオプションが付けられるようになったんです。
 腫瘍マーカーによる、がん検診です。
腫瘍マーカーによる、がん検診
↑わたしが受けたのとは違うようですが、だいたいこんな感じ。

 去年の健診で、2回目でした。

 最初の年は、自覚症状の出ない膵臓がんと肝臓がんのオプションを付けました。
膵臓がんと肝臓がん
↑思ったより、上にありました。

 昨年は、そのほかのがんもひっくるめて、フルバージョンにしました。
 自腹での負担額は、12,000円弱になりました。
 でも、健康診断と一緒に受けられて、便利です。
 採られた血液で検査してもらえるので、健診時間も変わりありません。
 小心者で心配性なので……。
お父さんは心配性
↑80年代の漫画だそうです。『りぼん』連載。知りませんでした。

 安心料としては、安いものだと思ってます。
 で、健康面での心配は、少し無くなったわけです。
1割は起こっちまうじゃねーか
↑1割は起こっちまうじゃねーか。

 それなら、せっかく東京に行くんなら……。
 丸2日、遊んだ方が楽しいじゃーんとなったわけです。
 てなわけで、『Ⅲ』では、初日に『江戸東京たてもの園』。
江戸東京たてもの園
↑「み」

 2日目は、『国立科学博物館』。
国立科学博物館
↑「み」

 このセットは、わたしとしてもちょっと欲張りすぎだったと反省してます。
 どちらも、見て回るのに、丸半日はかかるスケールでした。
 しかも、写真撮り放題。
 というわけで……。
 すべてをご紹介するのに、10ヶ月かかってしまったと。
長すぎるつけま
↑長すぎるつけま。用途不明。

 今年(2017年)も、もちろん、東京に行くつもりでいます。
 でも、また10ヶ月も連載してたら、『東北!』はどうなる?
 なので、今年は、あまりボリュームの大きくならないところを見学しようかと思ってます。
 その代わり、すこし遠くまで足を伸ばして、移動の課程も楽しみたいなと。
移動の課程も楽しみたい
↑こんなに田舎までは行かないと思います。

 まだ、計画は立ててません。
 今年は、仕事の案配で、日程を組むのが難しそうなんです。
 いついくかも、まだ決められないです。
 ひょっとしたら、5月には行けず、6月に入ってしまうかも。
 となると、当然、梅雨の季節になりますので……。
 野外施設は避けた方が無難でしょう。
 ま、もう少し悩みます。
 楽しい悩みですね。

 さて、本編に戻ります。
 中断直前の場面は……。
 新潟にホームレスがいないのはなぜかという考察を……。
 大阪から出張してきた人に語ったというエピソードを、「み」さんが「客」さんに語るシーンでした(ややこしい!)。

 大阪、ホームレス、と来れば……。
 やはり、西成区の釜ヶ崎が連想されます。
『探検バクモン』で取りあげられました
↑『探検バクモン』で取りあげられました。左の茶髪の方が案内人。

 ホームレスじゃなくて、簡易宿泊所(いわゆるドヤ)におられるんでしょうか?


 それなら、ホームレス呼ばわりは大変失礼なわけですが……。
 地方の人間が、そう連想してしまうのも事実です。
 ちなみに、『釜ヶ崎』という地名は、現在存在しないそうです。
 元々は、大阪府西成郡今宮村に存在した字(あざ)でしたが……。
 1922(大正11)年、今宮村が、新町名に改編したことにより消滅したそうです。
 でも、通称としての『釜ヶ崎』は、今も残ってます。
 公的な呼び方は、『あいりん地区』になってますが。
あいりん地区

 『あいりん地区』は、JR新今宮駅南側、簡易宿泊所が集中する地区の愛称です。
あいりん地区エリア

 ところが……。
 この新今宮駅前において、2017年3月、驚くべきニュースが入ってきました。
 星野リゾートが、新今宮駅前の4,200坪の市有地を、18億円で買収したのです。
星野リゾートが、新今宮駅前の4,200坪の市有地を、18億円で買収

 もちろん入札でしたが、応札したのは星野リゾートだけだったそうです。
 1坪あたり、43万円。
 これは、大阪の一等地としては、破格の安さです。
 すぐ近くの道頓堀と比べると、70分の1の値段だそうです。
道頓堀と比べると、70分の1の値段

 18億は、市が設定した最低売却価格とほぼ同額。

 こんな一等地が、なぜこんなに安く、しかも競争もなく落札できたのかと云えば……。
 ひとえに、環境が悪すぎるということです。
 この土地は、昔、工場地域だったそうです。
 経緯はわかりませんが、大阪市の市有地となりました。
 しかし、警察署の建て替えなどのとき、仮庁舎があったことはあるようですが……。
 それ以外は使われることもなく、長く更地の状態だったそうです。
長く更地の状態

 早い話、問題物件。
 今回の売却を一番喜んだのは、橋本大阪市長だったとか。
今回の売却を一番喜んだのは、橋本大阪市長だったとか
↑売却が決まって万歳、という画像ではありません。

 星野リゾートがホテルを建てると聞いて、一番驚いたのは……。
 地元大阪の周辺住民だったようです。
 「“リゾート”の対義語は、“新今宮”ではないのか」という声すらあがったとか。

 星野リゾートの既存ホテルは、1泊7万円からという価格設定です。
『星のや 軽井沢』
↑『星のや 軽井沢』。川に沿うようにヴィラ風のゲストルームが並びます。

 さすがに新今宮では、1泊2万円程度に抑えるそうですが。
 20階建て、客室数は600だとか。
右側の道路の向こうが、釜ヶ崎です
↑ホテルの完成イメージ。右側の道路の対岸が、釜ヶ崎です。

 エントランスから安全地帯まで、シャトルバスでも運行しないとダメなんじゃないですか?
 あと、釜ヶ崎ネイティブが、敷地内に入りこまないようにする対策が必要でしょう。
 門を一カ所にして、衛兵でも立たせますか。
門を一カ所にして、衛兵でも立たせますか

 さて、それでは話を本編に戻します。
 わたしも、リハビリのために、ちょっと遡って読んでみましたが……。
 話があっちゃこっっちゃに飛んで、さっぱり筋道を掴めませんでした。
 どうも『津軽海峡冬景色』の歌詞にいちゃもんをつけてたようです。


 “こごえそうな鴎見つめ 泣いていました”という部分。
 「カモメなんかダウンジャケットを着てるようなものだから凍えるわけがない」と、「み」さんが決めつけ……。
カモメなんかダウンジャケットを着てる

 さらに、「羽根があるんだから、もし凍えそうなら、もっと南に行けばいい」と続けます。
もし凍えそうなら、もっと南に行けばいい

 で、渡り鳥みたいに一気に飛ぶ必要はない。
 1日10キロ飛べば、3ヶ月で900キロも移動できる。
 秋口から、海岸線を徐々に南下していって、真冬は九州あたりで過ごす。
 春先は、桜前線を追いかけるように徐々に北上し、真夏は涼しいところで過ごす。
 気楽な旅暮らしが出来るではないかと、持論(思いつき)を展開します。
かっぱえびせん、ゲット
↑かっぱえびせん、ゲット!

 で、それに対して「客」さんが応えます。
 しかし、この「客」さんって、いったい誰じゃ。
「客」さんって、誰じゃ

 どっから一緒なんだ?

 というわけで、かなり遡って読むはめになりました。
 『野辺地』駅から大湊線に乗りこんだとき……。
『野辺地』駅から大湊線に乗りこんだとき
↑懐かしい感じのホームです。

 空のボックス席が無く、初老男性が1人座るボックスに相席させてもらったんでした。
 本州最北端のディーゼル車に溶けこんだ風体からして、疑いもなくジモティと思っていたら……。
 なんと、ベテランの“鉄”さんでした。

 いかにも“鉄”として浮きあがるのを嫌い、カメラも持たず……。
 列車と風景に溶けこむことを信条とする、「溶け鉄」さんでした。
さすが宮脇俊三さん。ストーブ列車に溶けこんでます。
↑紀行作家の宮脇俊三さん。ストーブ列車に溶けこんでます。

 で、現在、列車が走ってるのは、『有畑』と『近川』の間。
『有畑』と『近川』の間

 『むつ市』に入ったあたりです。
 それではようやく、『東北に行こう!』、再開です。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

客「近川駅ですね」
近川駅です

み「シンプルさ、ここに極まれりという駅だな。
 最近、建て替えられたみたいだね。
 トイレさえ無いっぽい」
客「待合室だけですな」
「存続させるという目的で完結してるね。
 ま、致し方ないんだろうね。
 さらば、近川駅」
さらば、近川駅
↑反対方向(『野辺地』)に向かう画像かも知れません。

み「たぶんもう、ここに来ることは一生無いんだろうな」
客「まさに、旅の感慨は、そこに尽きます」
み「ちらちらと海が見えるね」
客「いい砂浜ですよ。
 海水浴場になってます」
浜奥内海水浴場
↑近川駅近くの『浜奥内海水浴場』。

客「山からの川が、何本も流れこんでますから」
山からの川が、何本も流れこんでますから

客「さっきの、近川駅も、近川という川のほとりにあるからです。
 この先の駅も、金谷沢、赤川と、川の名前が続きます」
み「あの海の向こうに見える、ずんぐりした山は?」
客「釜臥山(かまぶせやま)です」
釜臥山(かまぶせやま)です

み「おー、まさしくその名のとおりの山容だね。
 けっこう高そうだけど」
客「879メートルです。
 下北半島では最高峰ですよ。
 頂上近くに展望台があります。
 頂上には、航空自衛隊のレーダーも。
 通称、ガメラレーダーと呼ばれてます」
ガメラレーダー

み「なんじゃそれ?
 まさか、ガメラを発見するためのレーダー?」
海洋堂のフィギュアを使用した画像
↑海洋堂のフィギュアを使用した画像。

客「ガメラの由来は、レーダーの覆いが、ガメラの甲羅に似てるからです」

↑動画でご覧ください。

み「何のレーダー?」
客「空自のレーダーです。
 戦闘機はもちろん、弾道ミサイルも探知追尾できます。
 実は、このレーダー……。
 米軍最新鋭のステルス戦闘機『F22』をキャッチして、世界を震撼させました」
米軍最新鋭のステルス戦闘機・F22

み「ほー。
 そんなスゴいシステムがあるんだ」
客「大湊には海自の基地もあります。
 津軽海峡の監視基地ですね」
み「あぁ。
 津軽海峡は、公海だったね」
津軽海峡は、公海だったね

み「のどかな風景と思ってたら……。
 このあたり、国防上の要衝だったわけだ」
客「そうです。
 釜臥山の展望台に行ったときも、進入禁止の立て看板を見ました」
釜臥山・進入禁止の立て看板

客「展望台からは、大湊や下北の市街地から陸奥湾まで一望できます」
大湊や下北の市街地から陸奥湾まで一望

み「しかし、さっきからずーっと道路が並行して走ってるよね」
客「国道279号です。
 野辺地から、函館までの路線です」
国道279号

み「てことは、海上国道区間があるわけだ」
客「よくご存じですな。
 本州と北海道を結ぶ海上国道のうちの1路線です」
み「何路線あるの?」
客「3本です。
 あとは、280号、338号です。
 280号は、青森県外ヶ浜町の三厩港と北海道福島町の福島港間が海上区間です。
 でも、青函トンネルが開通して以来、フェリー航路が運航されてないんです」
青函トンネルが開通して以来、フェリー航路が運航されてないんです
↑錆びた看板が残ってるのが、なんとも荒涼たる風情です。

み「それでは、国道の体をなさんではないか」

客「現在、フェリー会社を募集してるようです」
み「採算が合わないから、就航してないんでしょ」
客「そうでしょうな」
み「そんなら、運航再開は無理ではないか。
 潔く、国道の看板を返上すべし」
高知県香南市『龍馬歴史館』
↑大政奉還の場面とのこと(高知県香南市『龍馬歴史館』)。こんな、こじんまりしたところでやったわけ?

客「そんな殺生な。
 国道になってるからこそ、国のお金で道路の維持管理が出来るんです。
 県道や町道になったら、そんなお金、出なくなりますよ」
広島県の県道です
↑広島県の県道です。

み「それが、これからの日本の定めです。
 2065年には、日本の人口は、今より30%も減るそうではないか」
こんな時代が来るなんて、高度成長期には考えもしなかったでしょうね
↑こんな時代が来るなんて、高度成長期には想像もしなかったでしょうね。

客「8800万人になるらしいですな。
 ま、わたしは生きてませんけど」
み「わたしは、生きてる可能性がある」
生きてたとしたら、おそらくこんな有様
↑生きてたとしたら、おそらくこんな有様。

み「わたしの年金は、ちゃんと払われるんだろうな」
客「微妙ですね」
み「人ごとだと思って。
 団塊の世代くらいが、一番幸せな一生なんじゃないかね。
 55歳で定年退職して、年金もすぐもらえて」
55歳で定年退職して、年金もすぐもらえて

客「すみません」
み「こうして、好きな旅行もできるわけだな。
 わたしが働いて払ってる税金で」
働けど働けど……
↑働けど働けど……。

客「なんで、こんな話になるんですか」
み「あーたが不景気なことを言うからでしょ」
客「海上国道に話を戻します。
 最後のひとつは、国道338号」
国道338号

み「海上区間は?」
客「279号と一緒です。
 青森県大間町から函館市ですね」
み「津軽海峡を渡るフェリーは、なくなったんでないの?
 青函トンネルが出来て」

↑青函トンネルと云えば、この曲です!

客「確かに、青函連絡船は廃止されましたが……。
 フェリー航路は残ってますよ。
 津軽海峡フェリーが、1日2便就航してます。
 所要時間、90分ですね」
津軽海峡フェリーが、1日2便就航してます

 ↓『青森-函館』航路もあります。
『青森-函館』航路もあります

み「そうなの?
 青函トンネルが出来たんだから、フェリーなんていらないでしょ」
客「誤解されてるようですが……。
 青函トンネルは、鉄道トンネルです。
 道路は通ってません」
本州側の入口
↑本州側の入口。

み「なぜじゃ!」
客「排気ガスとか、抜けないんじゃないですか?」
排気ガスとか、抜けないんじゃないですか?

み「じゃ、青函連絡船はなんで廃止したの?」
客「青函連絡船は、鉄道連絡線です」
干満の調整はどうやったんでしょう?
↑岸壁まで伸びる線路と船尾がくっつき、貨物列車がそのまま乗りこめました。干満の調整はどうやったんでしょう?

客「鉄道はトンネルが通ったので、鉄道連絡船が廃止されるのは理の当然でしょ」
鉄道連絡船が廃止されるのは理の当然

み「で、国道をつなぐ海上連絡線は残ってると」
客「左様です」
み「納得できん」
客「してくださいよ。
 ところで、お昼は食べられましたか?」
ところで

み「話題を変える気だな」
客「連絡船に執着してもしょうがないでしょう」
み「青森駅で、立ち食い蕎麦を食べた」
青森駅で、立ち食い蕎麦を食べた
↑青森駅ホームの『八甲田』(現在は、ホームのお店は無くなってます)。

客「それはまた、粋なものを食べましたな」
み「であろう。
 わたしの大好物、天玉そばじゃ」
わたしの大好物、天玉そばじゃ
↑『八甲田』のおしながき。

み「あーたは食べてないの?」
客「はい。
 ちょっと乗り換えが慌ただしくて」

客「大湊に下りたら、美味しい海鮮をいただこうかと。
 よろしければ、ご一緒にと思ったんですが」
み「やっぱり、海鮮攻撃だな」
こんなののどこがいいんですかね?
↑こんなののどこがいいんですかね?

客「なんです、それ?」
み「わたしは、生魚が苦手なのじゃ」
客「え。
 それは、もったいない」
み「生魚を食うヤツは、猫の血が混じってるに違いない」
欲張りすぎ
↑欲張りすぎ。

客「そんなことをここらで言ったら、怒られますよ」
み「海鮮丼とか、やたらと高いのも気に食わん」
客「ウニがてんこ盛りなんだから、仕方ありません」
『築地・鮨國』3,200円
↑『築地・鮨國』3,200円。途中で吐くと思います。

み「なんであんなのを食うかね」
客「美味しいからです」
み「ヒトデの血が混じってるに違いない」
仮面ライダーに出てきたヒトデンジャー
↑仮面ライダーに出てきたヒトデンジャー。造形、結構イケてますね。

み「天玉そばの方が、よっぽどいいです」
『新潟庵(新潟駅新幹線ホーム』の天玉そば
↑『新潟庵(新潟駅新幹線ホーム)』の天玉そば。いつか食べたい。ただし、ネギ抜きで。

客「青森まで来て、張り合いがありませんな」
み「名物に旨い物なし」
客「またそういうことを」
み「駅そばなら、どこも間違いありません」
ここで食べることを、今年のテーマのひとつにしたいと思います
↑『新潟庵(新潟駅在来線ホーム)』。ここで食べることを、今年のテーマのひとつにしたいと思います。

客「そりゃそうですが」
み「ところで、今、どのあたり」
客「『近川』を出てから、『金谷沢』『赤川』も過ぎました」
『金谷沢』『赤川』も過ぎました

み「もう過ぎたの?」
客「時間的にちょっとおかしいですがね」
み「仕方あるまい。
 おそらく、何も書くことがない駅だったんじゃろ」
客「それはそれで失礼ですよ」
み「すると次は……」
客「終点の『大湊』の一つ前、『下北』です」
『大湊』の一つ前、『下北』

み「なんと!
 下りねばならぬ」
客「え?
 『大湊』まで行かないんですか?」
み「『下北』からバスに乗る」
さとう珠緒さん、この撮影時は40歳
↑大間崎がゴールと云うことは、下北も通ったんですかね? さとう珠緒さん、この撮影時は40歳。若いですよね。

客「大湊線に乗ったのは、今日が初めてではない?」
み「初めてですが」
客「次に来る予定は?」
み「こんな地の果てに、何度も来るわけなかろ」
客「声が大きいです。
 それじゃ、もう一生、大湊線に乗ることはないかも知れないでしょ」
み「まず、ないですな」
客「そんな。
 それじゃ、『下北』から『大湊』を乗り残すことになりますよ」
『下北』から『大湊』を乗り残す

み「あのな。
 わたしは、JR全線踏破をしようってわけじゃないの。
 あなた、やっぱり宮脇俊三の亡霊じゃないの?」
さすが宮脇俊三さん。ストーブ列車に溶けこんでます。

客「宮脇さんは、わたしの心の師です。
 わたしは、大湊線は、今日で32度目ですが……。
 一度も終点まで乗らなかったことはありません」
み「アホじゃ」
アホじゃ

客「失敬な。
 棺桶に入るとき、後悔しますよ」
棺桶に入るとき、後悔しますよ
↑秩父の『ジャランポン祭り』。

客「あー、あのとき、大湊まで行かなかったのが、今生の名残りだと」
み「棺桶に入るとき、意識があったら大変じゃ」
棺桶に入るとき、意識があったら大変じゃ

客「ものの例えです」
み「31回も乗ったんなら、1回くらい途中下車してもいいでしょ」
客「そうはいきませんよ。
 これで、大鵬の優勝回数に並ぶんですから」
大鵬の優勝回数に並ぶ
↑巨人・大鵬・卵焼き。このフレーズの創作者は、堺屋太一だそうです。

み「どういうつながりがあるんじゃ!」
客「こだわりと言っていただきたい」
み「大湊を下りたら、病院を訪ねなさい。
 脳波が異常です」
脳波が異常です

客「残念ですが、ここでお別れですね。
 しかし、お連れの方、よく寝てますね」
み「無防備なヤツ。
 ティッシュを持ってないか?」
客「コヨリを作るんですか?」
コヨリを作るんですか?

み「なぜわかる?」
客「そのネタ、さっきやったばかりじゃないですか。
 コヨリで、鼻の穴をくすぐるんでしょ」
コヨリで、鼻の穴をくすぐるんでしょ

客「あまりにも馬鹿馬鹿しくて、脳の皺に刻まれました」
み「下らんことばかり覚えてると、大事なことを忘れるぞ」
周りの人は大迷惑
↑周りの人は大迷惑。

客「大事なことって何ですか?」
み「他人の大事なことが、わたしにわかるかい」
客「もういいです。
 早く起こしてあげてください。
 半分寝ぼけてると、タラップから転げ落ちたりしますよ」
半分寝ぼけてると、タラップから転げ落ちたりしますよ

み「先生、律子先生」
客「起きませんな」
み「先生、急患です!」
律「は、はい。
 すぐ行きます」
急患対応
↑急患対応。

客「跳ね起きましたな。
 医者の鏡です」
律「じ、地震?
 揺れてる」
み「騒がしいやつ。
 下りるよ」
東北に行こう!(122)目次東北に行こう!(124)
↓お帰りのさいには↓
愛のワンクリ お願いします
新しいウィンドウは開きません

相互リンクサイトのみなさま(Ⅰ)
ひとみの内緒話 レズ画像・きれいな画像倉庫 愛と官能の美学 未知の星
官能文書わーるど 萌木ケイの官能小説 ましゅまろくらぶ 潤文学
新・SM小説書庫2 おとなの淫文ファイル エッチのあとさき 禁断の体験 エッチな告白集 赤星直也のエロ小説
恥と屈辱の交差点 ちょっとHな小説 女性のための官能小説 秘密のエッチ体験談まとめ
恥ずかしがりたがり。 緊縛新聞/杉浦則夫写真事務所 HAKASEの第二読み物ブログ 快感小説

相互リンクサイトのみなさま(Ⅱ)
羞恥の風 女の陰影 官能的なエロ小説 性小説 潤文学ブログ
被支配中毒 恥辱小説 淫界散歩 Eros'Entertainment 性転換・TS・女体化劇場
人妻の浮気話 艶みるく アダルト検索一発サーチ Playing Archives 変態小説
18's Summer 女性のH体験告白集 ぺたの横書き お姫様倶楽部.com
淫鬼の棲む地下室 空想地帯 妄想ココット ひめ魅、ゴコロ。
渡硝子の性感快楽駆け込み寺 魔法の鍵 かめべや むね☆きゅんファンサイト

相互リンクサイトのみなさま(Ⅲ)
[官能小説] 熟女の園 オシッコオモラシオムツシーン収集所 出羽健書蔵庫 黒い教室
エピソードセックス 被虐のハイパーヒロインズ 空想の泉~The Fountain of Daydream~ ちょっとHなおとなのための…
最低のオリ riccia ライトHノベルの部屋 調教倶楽部
漂浪の果てに アダルト官能小説快楽機姦研究所 被虐願望 渋谷子宮 RE:BIRTH
羞恥集 マルガリテの部屋 あおいつぼみ 葵蕾 エロ体験談で抜けるコピペ

プライド 黒塚工房 官能小説 レイプ嗜好 人妻!人妻!人妻!
wombatの官能小説 女性作家専門官能小説 羊頭狗肉 おしっこ我慢NAVI
ねっとりぐちょぐちょ 美里のオナニー日記 黒イ都 ひよこの家
エロショッカー軍団 エッチな体験談・告白 恍惚團 ~ドライ・オーガズムの深淵~ 相互リンク、募集してます!
★相互リンク募集中!(メールしてね)★

ランキング/画像・動画(1~10)
厳選2chまとめ 人気ブログランキング
エログちゃんねる アダルト動画まとめ
小説の匣 にほんブログ村
正しいH小説の勧め ライブドアブログ
GL Search Girls Love Search

ランキング/画像・動画(11~30)
官能小説アンテナ アダルトブログランキング GAY ART NAVIGATION おたりんく
セックス・ノベル・ネット ネット小説ランキング 萌駅 Adult Novels Search
少女禁忌区域 【携帯】Lovely Venus 絵描きさん.NET アダルト検索BBJapan
Cyber あまてらす ヌケルアダルト作品 【携帯】GL狂愛Rank 【携帯】女の子のためのн小説
創作系サイト検索・KAGOME クリエイターコレクションR18 ぱっくりんく 相互リンク、募集してます!

ランキング/画像・動画(31~50)