Mikiko's Room

 ゴシック系長編レズビアン小説 「由美と美弥子」を連載しています(完全18禁なので、良い子のみんなは覗かないでね)。
 「由美と美弥子」には、ほとんど女性しか出てきませんが、登場する全ての女性が変態です。
 文章は「蒼古」を旨とし、納戸の奥から発掘されたエロ本に載ってた(挿絵:加藤かほる)、みたいな感じを目指しています。
 美しき変態たちの宴を、どうぞお楽しみください。
管理人:Mikiko
カテゴリ: ハーレクイン・エロマンス
戯曲『センセイのリュック』作:ハーレクイン



幕間(小説形式)アイリスの匣#183



「それは、ですなあ……」

 秀男は、説明を続けようとして言葉を切った。
 三人とも、先ほどの老夫婦に遠慮して石段を空けてから、二人が立ち去った後も立ったままであった。
 気付いた秀男が、二人を石段に誘い、先に腰を下ろした。志摩子が続く。
 京都嵯峨野、竹林の道の只中にある野宮(ののみや)神社の境内である。
 志摩子と秀男は、先ほどと同様、拝殿前の石段に腰を下ろした。二人の間は、人一人分の間隔が取られている。

「何してんのん、道。いつまいでも立ってたら秀はんの話が続かんがな。座りよし(座りなさい)」

 声を掛けられた道代は、立ったままもじもじと躊躇(ためら)った。

「へえ、あの……」

 秀男も志摩子に習って道代を促す。

「お道はん。立っとったらよう聞こえんやろ。儂もしゃべりにくいし。すわ(座)んなはれな」

 道代は、少し躊躇った後に、志摩子にとも秀男にともつかない返事を返した。

「へえ、いえ……あの……。あの……神さんに、お尻向けて座るて……どないなもんやろか、て思て〔し〕まいまして。すんまへん」

 志摩子と秀男は、軽く顔を見合わせた。
 秀男はすぐに顔を戻し、破顔した。軽く笑い声をあげたのち、お道を見上げて声を掛ける。

「こらあ気ぃ付かなんだ、お道はん。一本取られた、ゆうとこやな」
「いえ、そんな……」

 道代は、身の置き所が無い、という風情で肩をすぼめるようにした。
 その道代に声を掛けながら、志摩子が腰を上げかけた。

「なあるほどなあ、道。ほれは気ぃ付けへんかったわ……」

 立ち上がろうとする志摩子の肩先に、秀男が片腕を伸べた。秀男のその手は、実際に志摩子に触れたわけではなかったが、その意図は志摩子に伝わった。
 志摩子は上げかけた腰を下ろした。

「お道はん。言うことは誠に尤も千万(もっともせんばん)やが、話はもちょっとかかるんや。姐さん立たしたまま、ゆうわけにもいかんし。
 でやろ(どうだろう)。神さん、アマテラスはんにはあとで十分にお詫びする、ゆうことで、しばらくお許し願うことにしやへんか」

 そう言われては、道代に返す言葉は無い。道代は口を噤み、所在なくその場に佇(たたず)んだ。
 志摩子が今度は立ち上がり、道代に並んで立った。道代の両肩を抱え込むように背後から右腕を廻す。右手は道代の肩を幾度か軽く叩いた。励ますような志摩子の仕草だった。

「さあ、道。秀はんもそないゆ(言)うてはるし……お許しねご(願)て、座ろ」

 そこまで言われては、それ以上道代に抗う術は無い。道代は、志摩子に促されるまま、秀男のすぐ隣に腰を下ろした。志摩子は更に道代の横。
 秀男と志摩子は、道代を間に挟んで元通りに拝殿前の石段に腰を下ろした。秀男の右側に道代、そのさらに右に志摩子の並び順も、先ほどと同じであった。
 一呼吸おいて秀男が語り出す。

「さて……お、どこまで喋ったかいな」

 やはり一呼吸を置き、道代が小さく答えた。

「へえ、あの……高砂の……あいおい(相生)の松。ほれと大阪の住吉はんがどない……ゆ(云)う……」

 秀男が一膝(ひとひざ)軽く打った。

「お、せやった。ほれで……さっき謳(うと)た『高砂』はやな、〽このうらふね(浦船)にぃ、ほ(帆)をあぁ(上)げぇてぇ……から始まるやろ。これは船を出す、船に乗り込む、ゆうことや。
 場所は兵庫の高砂、高砂神社の前の浜辺やな。ほんで、乗るのんは尉(じょう)と姥(うば)。相生の松、や」

 秀男は、謳いを入れながら語り始める。
 道代が口を挟んだ。

「へえ。松が船に乗らはるんどすか」
「せやなあ。まあ、松、ゆうてもただの松やない。精霊を宿した……まあ、霊木(れいぼく)、ゆうことになるんかのう。見た目は人にして、しかも人に非ず、てなとこか」

 秀男の口はどんどん滑らかになって行く。

「次いで〽つき(月)もろともにぃ、いぃ(出)でぇ潮のぉ、はわかるわのう。空には煌々たる満月。月の光に煌(きらめ)く海面を、船は静かに滑り出すわけや」
「美しおすなあ」
「で、こっからは途中の……航路、ゆうか、行く手の景色を謳(うと)ていく。〽なぁみ(波)のあわじ(淡路)の、しぃまぁかぁげぇ(島影)やぁ……。
 淡路は無論、淡路島。こっち側が明石やな。今風に言うと明石海峡っちゅうことになるんかのう」
「道ぃ。知っとんのか、明石」

 道代は一瞬言葉に詰まったが、小さく答えた。

「あ、へえ……名前だけは。いっぺんも行ったことおへんけんど……」
「なんや、タコが名物らしいで」
「へえ、タコてあの、タコどすか」
「あのタコ、てどのタコなん。無論食べるタコやがな。うちはあんまし好っきゃないけど」
「ほないどしたなあ」

 志摩子の食べ物の好みまで承知している道代であった。
 秀男が続ける。

「さらに鳴尾。〽とお(遠)くなるお(鳴尾)のおきぃ(沖)すぅ(過)ぎぃてぇ……。
 神戸過ぎて、芦屋も過ぎて、そろそろ大阪、ゆうあたりが鳴尾やな。甲子園球場がほん、ねき(傍)にある」

 志摩子が歓声を上げた。

「あ、甲子園。阪神やろ。牛若丸の吉田義男」
「お、姐さん。阪神がご贔屓でっかいな。儂もですわ」
「よう呼んでくれはるだん(旦)さんに、もう『キ』の付く位の阪神びいきはんがおらはってなあ。ほれで、野球ゆうたらうちも阪神くらいは知ってるようんなった。
 いっぺん甲子園見にいこ、て誘われてるんやけどなあ。そこまではな」

 道代が俯き、軽く笑った。タコや甲子園の話で、ようやく気が軽くなったようである。

「〽はやすみのえ(住吉)にぃ、つ(着)きにけりぃ~。
 着きましたで姐さん、お道はん。終点、すみよし(住吉)はんどす」

 秀男は、少しおどけた口調で、志摩子と道代に呼び掛けた。
 志摩子は、待ってました、という風情で返す。

「秀はん、そこやねんけどな」
「なんですやろ、姐さん」
「前々から、これ聞くたんびに思とったんやけど」
「へい」
「最後、すみのえ、に着くわけやろ」
「そうですなあ」
「ほんでも、字ぃで書くときは、住吉(すみよし)て書くやろ」
「そないですなあ」
「なんでやのん、おかしいやん。『すみのえ』と『すみよし』がなんで同じになんのん」

 秀男は、笑い混じりに答える。無邪気な幼い我が子に答えるような口調だった。

「そうですなあ、まず『すみよし』ですが、これは字ぃでは『住むの大吉』。大阪の住吉大社はんのことです」
「ほれは知ってるわ。京大阪、ゆうか関西一円で知らんお方はおらはらへんのんちゃう?」
「そうですなあ。日本全国に住吉神社はんは数千も有らはるそうですけど、住吉大社はんは別格。住吉はんの謂わば総本山。おっと、総本社、ゆうことですさかいに。まあ住吉はんの総大将、ゆうとこですなあ」

 秀男の口調は更に軽くなって行く。

「ほんで『すみのえ』ですけど、これはまずすみよしの『住』。
 『の』は……お城のたてもん(建物)で、本丸・二之丸・三之丸、とかおますやろ。あの『之』です。え、は……手っ取り早いとこで、えどの『江』ですなあ。
 あわせて『住之江』、大阪の地名ですわ」

 道代と志摩子は、『住之江』の字面を思い浮かべた。すみのえ……。

「住之江は『住』の『江』。江は入り江の江、でもおますさかい、海岸、浜辺ゆうことになります。つまり、住吉大社はんにほど近い浜辺、ゆうことですなあ。まあ要するに、大阪湾の海岸、ゆうとこになります」
センセイのリュック【幕間 アイリスの匣 #182】目次【八十八十郎劇場】初孫(上)
戯曲『センセイのリュック』作:ハーレクイン



幕間(小説形式)アイリスの匣#182



 笑いかける志摩子に、秀男も笑い交じりに答える。

「姐さん。ほの、葵祭の女人列。中心にいやはるのは斎王はん、言わはりましたなあ」
「へえ、言いましたで。せやかて秀はん。女人列(にょにんれつ)ゆうのんは、斎王はんのえーと、群行(ぐんこう)、やったかいな。ほれを表してるんやろ」
「そうですなあ」
「で、群行、ゆうのんは、お伊勢はんに向かわはる斎王はんの行列の事なんやろ」
「そうですなあ」
「ほなら秀はん」
「へい」
「女人列の中心が斎王はん。ほの何がおかしいのん」

 秀男に問いかける志摩子の声音(こわね)は、どことなく向きになったような色合いがあった。
 秀男は平然と答える

「姐さん。確かに女人列は斎王群行を表すもんでっけど、ほれはもちろん、ほんまもん(本物)やおへんわなあ」
「ほら、当たり前やないの、秀はん。お祭りの行事の一つで……斎王群行の、えーと、なんちゅうたらええんか、にせもん(偽物)ゆうたら怒られるし……」
「はは。まあ、真似、云いますかのう」
「ああ、真似、なあ」
「女人列は、御所をた(発)たはって、鴨川沿いを練り歩いて下鴨はん、ほんで上賀茂はんを目指しはります。この賀茂はん(賀茂神社)がまあ、お伊勢はんを表してる、ゆうことですわなあ」
「せやったら秀はん」
「まあまあ、姐さん」

 食ってかかる、とまではいかないが、承服できないという風情の志摩子を宥めるような仕草と共に、秀男は答えた。

「姐さん。さっきも言いましたように女人列はほんまもんやおへん、あくまで真似、どす」
「ふん」
「しやから、群行、云わんと女人列、て云い変えとるわけで。そこで、斎王はんもほんまもんやない、ゆうことで呼び方変えるんですなあ」
「へえ、なんて……」

 一呼吸おいて秀男は答えた。

「女人列の中心にいてはるのは斎王代、云わはります」
「さいおう、だい……」
「代は代わり、代理の代、ですなあ」

 道代が口を挟んだ。

「だい。さっきの、代参の代、ですやろか」
「おうせや、お道はん。あんたもなかなか聡いやないか」
「いや、そんな……」

 道代はまた俯いたが、今度は何やらはにかむ様な風情であった。
 志摩子の声は少し大きくなった。

「なるほどなあ。斎王はんの代理、で斎王代かいね」
「そういうことですなあ」
「ほんでも秀はん。斎王はんはもともと天皇さんの代理やろ。ほな斎王代はんは代理の代理、ゆうことかいね」

 嵯峨野、野宮(ののみや)神社の閑静な境内に、志摩子主従三人の軽い笑い声が広がった。
 その時、神社入り口の黒木鳥居を潜って、人が境内に入ってきた。二人。
 目ざとく見つけた秀男が志摩子、道代を促して立ち上がる。参道の石畳を避け、脇の土の地面に移動した。志摩子と道代がそれに習う。
 何やら出迎え人のような風情の三人に軽く会釈をし、入ってきた二人の人物は真っ直ぐに拝殿に向き合った。先ほどの三人と同様に鈴を鳴らし、賽銭を上げ、深々と拝礼する。かなり年配の、男女の二人連れ。夫婦であろうか。二人とも髪は白く、多くの深い皺がその貌に刻まれていた。男の方は白い顎鬚(あごひげ)を豊かに蓄えている。男女ともにその表情は穏やかなものであった。
 拝礼を済ませた二人は、先ほどと同様に志摩子たちに会釈をし、そのまま後戻りして、先ほどと同様に黒木鳥居を潜り、野宮(ののみや)神社を出て行った。その間、二人は一言も交わすことはなかった。
 志摩子が、まるでそれまで息を詰めていたように、吐息交じりの声を上げた。

「なんや……お人形さんみたいな二人やねえ」

 道代が返す。

「お人形……」
「ほれ。お雛さんの段飾りなんかにあるやん。おじいはん、おばあはんの、一対の人形。婚儀の引き出もん(物)なんかにも付いてる、あれ……」

 秀男が説明する。

「じょう(尉)と、うば(姥)ですかいな、姐さん」

 志摩子と道代は、声を続けた。

「じょう、と……」
「うば……」

 秀男は、漢字の説明から始めた。

「じょうは……兵隊の階級に大尉、とか中尉、とかおますやろ。あの、い(尉)と書きます。ほれで、じょう、と読むんですな」

 道代と志摩子は声を揃えた。

「へええ、い(尉)と書いて、じょう……」
「うばは、女へん(偏)に老人のろう(老)っちゅう字ぃです。婆さん、という意味ですなあ」

 志摩子が弾むように言う。

「ほなら秀はん。じょう(尉)は爺さんかいね」
「そういうことですなあ。じょう(尉)とうば(姥)。あわせて高砂人形、云います」
「たかさご、て。あの高砂ですやろか」
「どの高砂やのん、道。〽たぁかぁさぁごぉやぁ~、の高砂やろ、秀はん」

 謳う志摩子に秀男が合わせる。

「へい。〽このうらふね(浦船)にぃ、ほ(帆)をあぁ(上)げぇてぇ」
「〽つき(月)もろともにぃ、いぃ(出)でぇ潮のぉ」
「〽なぁみ(波)のあわじ(淡路)の、しぃまぁかぁげぇ(島影)やぁ」
「〽とお(遠)くなるお(鳴尾)のおきぃ(沖)すぅ(過)ぎぃてぇ」
「〽はやすみのえ(住吉)にぃ、つ(着)きにけりぃ~」

 呆然と聞き入っていた道代が、秀男の声が止まると同時に、幾度か手を打った。その頬は紅潮している。

「お道はん。知っとったか、これ」
「へえ、いえ。ほんでも、どこぞで聴いたことあるような……」
「道。婚礼の披露宴なんかでは決まって謳われるそやで。なんでも、能、てあるやん。あれの謳いらしいわ。たかさご(高砂)ゆうんやけどな」
「へえ、たかさご……。ほんでも姐さん。ようご存じですなあ」
「ふん。どこぞのお座敷で披露しやはったお方がおらはってな、ほんで覚えたんや。うちの知識はみいんな(皆)お座敷や」

 秀男が説明を続ける。

「ほんでですなあ。そのじょう(尉)とうば(姥)の一対の人形を高砂人形、ゆうんですな」

 道代が問いかけた。

「秀はん。高砂て、どこやら西の方の……」
「せやなあ。兵庫の西の方に、忠臣蔵で有名な赤穂があるやろ。ほのほん近くに、これは有名な姫路や」
「あ、へえ。お城の……」
「ほの姫路の、ちょい手前に高砂、ゆう市ぃがあるんや。そこのことやな、高砂」
「へえ」
「そこに高砂神社、ゆう神社はんがあってな、境内の松が有名なんやな」
「へえ、松……」
「で、やな。今の謳いの最後が〽はやすみのえ(住吉)に、つ(着)きにけり、やが、これは大阪の住吉大社はんや」
「へえ……」
「ほんでやな。じょう(尉)とうば(姥)はどっちゃも松の精なんやな」
「へえ、松……」
「じょう(尉)は黒松、うば(姥)は赤松や」
「へへえ」
「で、高砂神社はんの松は、この黒松と赤松が根元で繋がって一本の木ぃになっとるらしい」
「へえええ」
「で、これを称して、あいおい(相生)の松、ゆ(云)う」
「あいおい……」
「一緒に生きる、ゆうくらいの意味かのう。要するに夫婦、ゆうことやな」
「ははあ」
「つまり高砂の松は、夫婦和合を意味しとる、ゆうことやな。しやから、婚礼でよう謳われるわけや。〽たぁかぁさぁごぉやぁ~、てな」
「へええええ~、そないどすか」

 道代は、心底感心したような声を上げた。
 そこに志摩子の問いかけが重なる。

「ほんでも秀はん。高砂はわかったとして、大阪の住吉はんがどない関わっとるん?」
センセイのリュック【幕間 アイリスの匣 #181】目次センセイのリュック【幕間 アイリスの匣 #183】
↓お帰りのさいには↓
愛のワンクリ お願いします
新しいウィンドウは開きません

相互リンクサイトのみなさま(Ⅰ)
熟女夜伽物語 ひとみの内緒話 禁断の体験 エッチな告白集 未知の星
愛と官能の美学 レズ画像・きれいな画像倉庫 官能文書わーるど 新・SM小説書庫2
赤星直也のエロ小説 性小説 潤文学ブログ おとなの淫文ファイル エッチのあとさき 萌木ケイの官能小説
ましゅまろくらぶ 誰にも言えない秘密 羞恥の風 恥ずかしがりたがり。
女性のための官能小説 恥と屈辱の交差点 ちょっとHな小説 性転換・TS・女体化劇場

相互リンクサイトのみなさま(Ⅱ)
官能的なエロ小説 緊縛新聞/杉浦則夫写真事務所 人妻熟女・エッチな体験告白集 潤文学
魔法の鍵 恥辱小説 淫界散歩 変態小説 快感小説
調教倶楽部 人妻の浮気話 艶みるく 女性のH体験告白集 [官能小説] 熟女の園
出羽健書蔵庫 空想の泉~The Fountain of Daydream~ Eros'Entertainment むね☆きゅんファンサイト
かめべや ぺたの横書き 渡硝子の性感快楽駆け込み寺 アダルト検索一発サーチ
ちょっとHなおとなのための… 18's Summer お姫様倶楽部.com 空想地帯

相互リンクサイトのみなさま(Ⅲ)
オシッコオモラシオムツシーン収集所 最低のオリ 黒い教室 漂浪の果てに
淫鬼の棲む地下室 被虐のハイパーヒロインズ ライトHノベルの部屋 アダルト官能小説快楽機姦研究所
昭和のあの日あの頃 被虐願望 渋谷子宮 RE:BIRTH 羞恥集
マルガリテの部屋 エピソードセックス あおいつぼみ 葵蕾 エロ体験談で抜けるコピペ
riccia ただ貴女を愛したくて ゾル少佐の官能小説館-新館 ドレイン
黒塚工房 リアル官能小説 官能小説 レイプ嗜好 人妻!人妻!人妻!
官能小説~ひめ魅、ゴコロ。 wombatの官能小説 女性作家専門官能小説 羊頭狗肉
おしっこ我慢NAVI ねっとりぐちょぐちょ 美里のオナニー日記 黒イ都
ひよこの家 エロショッカー軍団 エッチな体験談・告白 恍惚團 ~ドライ・オーガズムの深淵~

★相互リンク募集中!(メールしてね)★

ランキング/画像・動画(1~10)
厳選2chまとめ 人気ブログランキング
にほんブログ村 エログちゃんねる
小説の匣 Girls Love Search
正しいH小説の勧め GL Search
ネット小説ランキング イメチャログ

ランキング/画像・動画(11~30)
官能小説アンテナ アダルトブログランキング ライブドアブログ 少女禁忌区域
コミックルーム Adult Novels Search おたりんく 【携帯】女の子のためのн小説
セックス・ノベル・ネット 萌駅 ぱっくりんく 【携帯】♂恋愛至上主義♀
十八禁恋愛私花集 Cyber あまてらす 【携帯】Lovely Venus ヌケルアダルト作品
MEGURI-NET アダルト検索BBJapan 【携帯】GL狂愛Rank SindBad Bookmarks

ランキング/画像・動画(31~50)
ぴあすねっとNAVI アダルトなび2 創作系サイト検索・KAGOME GAY ART NAVIGATION