Mikiko's Room

 ゴシック系長編レズビアン小説 「由美と美弥子」を連載しています(完全18禁なので、良い子のみんなは覗かないでね)。
 「由美と美弥子」には、ほとんど女性しか出てきませんが、登場する全ての女性が変態です。
 文章は「蒼古」を旨とし、納戸の奥から発掘されたエロ本に載ってた(挿絵:加藤かほる)、みたいな感じを目指しています。
 美しき変態たちの宴を、どうぞお楽しみください。
管理人:Mikiko
カテゴリ: ハーレクイン・エロマンス
戯曲『センセイのリュック』作:ハーレクイン



幕間(小説形式)アイリスの匣#200



 敷き栲(しきたえ;敷布団)に頽(くずお)れた兵部は、そのまま仰向けに横たわった。大の字である。兵部の胸が激しく上下する様を恭子(のりこ)は見て取った。
 膝立ちの笹津由は、同じく敷き栲(しきたえ)の上、こちらは膝立ちから横座りに姿勢を変えた。その喉元が一瞬大きく動いたと、恭子には見えた
 部屋前の廊下にあって全身を凝り固まらせている恭子には、笹津由は横顔を向けている。笹津由の表情は見て取れなかった。
 室内の二人と廊下の一人。
 三人は暫時、共にほとんど身動きもせずその姿勢を変えなかった。

 初めに動いたのは笹津由であった。首を水平に廻し、部屋前の廊下の恭子に顔を向けた。その視線は、まっすぐに恭子に向かった。
 咄嗟に翻そうとした恭子の身は寸分たりとも動かなかった。背けようとした恭子の顔は動かなかった。外そうとした恭子の視線は正面から笹津由のそれに行き当たった。
 皇女恭子と乳母笹津由。
 その乳を飲み、飲ませた間柄の二人の視線は、しっかりと絡み合った。いや、笹津由の視線が恭子のそれを絡め取った。
 恭子(のりこ)は視線を外そうとするが外せない。顔を背けようとするが動かない。いや、動かせない。恭子の全身は凍り付いていた。
 笹津由も、直(ひた)と恭子を見据えたまま、それ以上は動かない。
 平安京、宮中禁裏の奥深く。余人の一人とて近寄らぬ一室の内と外。境する御簾(みす)一枚を隔てて、恭子と笹津由は共に微動だにせず見詰め合った。

(おお)

 逃げようにも、隠れようにも、恭子の全身は笹津由の視線に絡め取られていた。動かない。動けない。

(おおお)

 逃げよう、隠れよう、いっそ消え入りたい。
 恭子の思いはその一事のみであった。
 その思いの底にあるのはただ一つ、恥。
 覗き見というはしたなき事を成した恥。
 他の秘事を暴くという慎みなき行いを成した恥。
 そして、その恥ずべき行為を糾弾される恥。

(許されよ)
(お許しあれ)
(そのようなつもりでは毛頭……)

 無いのじゃ、と恭子(のりこ)は心中叫んだ。
 笹津由の強い視線を何とか受け止めていた恭子の視界が些(いささ)かぼやけた。知らず、滲み出た泪の成せる業であった。それでも恭子の身は一寸たりとも動かなかった。
 と、ぼやけた視界の中、笹津由が動いたように恭子に思えた。
 瞼は……瞼のみは何とか動く。
 恭子は二度、三度、瞼を瞬(しばたた)いた。
 少しく元に戻った視界の中、笹津由が片腕をこちらに伸ばしていた。

 恭子を指弾しているのではない。糾弾しようというのではない。笹津由は手招きをしていた。
 伸ばした腕の先、笹津由の手の甲は上、掌は下に向いている。揃えた五指を軽く下に折る。二度、三度。
 来よ、来られよ、こちらに来られよ。おいで、御出で、おいでなされ……。
 その顔は、微かに笑んでいた。

 恭子(のりこ)の凝り固まっていた全身が緩んだ。
 半歩、片足が出る。
 上がった片腕が御簾(みす)をはぐる。
 二歩、三歩……。
 恭子の背後に御簾が下りた。
 恭子は兵部の部屋に入った。
 頽れるように恭子の腰が落ちる。
 その場に恭子は座した。めったには取らぬ膝を折った座法、今で云う正座である。
 両手を床に突く。
 首(こうべ)を垂れる。
 恭子は笹津由に向け、深々と上体を折った。
 声を絞り出す。

「申し訳……」

 ございませぬ、の語尾が嗚咽(おえつ)で掠れた。
 それ以上の声は出ず、深く上体を折ったまま、恭子は啜り泣いた。

「どうなされた」
「………」
「何を泣かれる」
「………」

 何としても言葉の続かぬ恭子(のりこ)であった。
 埒が明かぬと考えたか、笹津由は矛先を変えた。

「今は琴のお稽古のはず」
「………」
「また怠けられたか」

 笹津由の語調は、恭子が琴の稽古を逃げ出した時に掛ける、いつもの強いものではなかった。
 何時にない笹津由の声音の柔らかさに、ようやく恭子は応じた。

「お師匠様が……」
「法阿弥殿がどうされた」
「ご病気とか……」
「ほう、それは」

 恭子(のりこ)の受け答えは、次第に普段の調子に戻って行く。

「それで……」
「それで?」

 続きを促す笹津由に、恭子は即答した。

「体が空きましたので、兵部さまとお話がしたく……」
「それで、ここまで来られたか」

 笹津由の声音は、更に柔らかくなった。

「はい」
「左様か」
「はい」
「ふむ」

 笹津由は、しばらく言葉を切った。

「あ……」

 恭子(のりこ)は思わず声を出した。
 恭子の見詰める笹津由の口元から一筋、白濁液が零れ落ちて行く。気付いたか、笹津由は顎先から滴る白い液を右の掌に受けた。

「これはしたり」
「………」
「飲み干したつもりであったが」

 その白濁液が何であるのか。先ほどの二人の振る舞いも、恭子には理解の埒外であった。
 普段の恭子は好奇心旺盛である。知らぬこと、わからぬこと、納得の出来ぬ事は何でも手近の人に問いかける恭子であった。知らぬことを恥と思わぬ恭子であった。知らぬことを知らぬままに済ませることを恥と感じる恭子であった。

 笹津由はそのような恭子(のりこ)を好ましく思っていたものであろうか、問われることにはいつも即座に答える笹津由であった。恭子が知ってはならぬこと、知るには早いと思われることには「知ってはならぬ」「まだ早い、いずれ」と、きちんと理由と共に応ずる笹津由であった。
 恭子にとって笹津由は、垂乳根の母と云うだけではなかった。厳しい父でもあり、人生万般の師であり、そして親しい友でもあった。
 普段の調子を何とか取り戻した恭子は、即座に問いかけた。

「それは……笹津由。それは、つば、ではありませぬなあ」

 笹津由は、この人には珍しく即答しなかった。滴る白濁液を受けた右の掌はそのままに、懐紙代わりに当てた左の手で、幾度か我が頬を擦る。知らず零した白濁液の残りを拭い乍ら、暫時、思案をする風情の笹津由であった。
 その間、何をどう考えたか、笹津由は恭子(のりこ)に応えた。零した液が何であるかは即答せず、恭子にこう問いかけた。

「姫……」
「はい」
「すべて、見られたか」
「見たか、とは……」
「知れたこと。先ほど、我と兵部殿とで成していたことじゃ」
「拝見、仕りました」
「どのように……」
「そう……兵部さまが、そなたの乳を」
「乳を?」
「幼子のように吸うて……」
「ふむ」
「そして……」
「そして?」
「そなたが兵部さまの……」
「兵部さまの?」
「その……」

 兵部のその部分を云う言葉を持たない恭子(のりこ)であった。

「ゆばりする、ところを……」
「おう」
「ところを…………」
「口にしていた、と」

 恭子の答えを引き継ぐ笹津由に、恭子はその首を一度深く折り、また上げた。首肯した。
センセイのリュック【幕間 アイリスの匣 #199】目次【八十八十郎劇場】初孫(上)
戯曲『センセイのリュック』作:ハーレクイン



幕間(小説形式)アイリスの匣#199



 恭子(のりこ)の左手は腰の前、臍の真下あたりに袴の上から宛がわれた。そのまま、袴ごと股間全体を鷲掴む。
 着衣の衿元に向かった右手は衿の合わせ目を通り過ぎ、幾重かに着重ねた単物の上から、左の胸乳に宛がわれた。
 恭子の乳房は、この年頃の少女にしては豊かに膨らんでいる。その膨らみを掬い上げ、持ち上げるように恭子の右手は動いた。

(おお……)

 恭子は心中、嘆息を漏らした。それは室内の兵部の、こちらは憚ることなく上げる声に同調した。
 兵部の声は、笹津由の手指と口唇の戯れに応じて漏らす声である。
 兵部と恭子。共に笹津由の乳を我が血肉とした乳兄妹は、二人してその乳母の愛撫に肉の悦びを高められていった。

(この、ような……)

 我が身に、このような触れ方をしたことは、これまで無い恭子であった。よく知っていると言うも愚かな我が身。が、今の恭子には生まれて初めて触れる我が身と思われた。

(なんと……)
(心地……よき……)

 恭子の右手がもどかしげに衿元を割った。指先が胸の肌を這う。手の甲は煩(うるさ)げに衿の生地を内側から押し上げる。恭子の衿元はしどけなく緩み、胸の肌は乳房の膨らみの麓のあたりまでが露わになった。
 恭子の右手は、その乳房の膨らみに辿り着いた。先ほど、着衣の上から触れた乳房に直(じか)に触れた。
 恭子の全身に、これまで感じたことのない甘美な感覚が生じた。

(これは……)

 無論、己が乳房に触れたことは恭子には幾度もあった。だが、それは単に触れたに過ぎない。わが顔に、頭髪に、足に体躯に……そして乳房に。しかしそれは手と体とが単に触れ合った、それだけの事であった。己が体に全く触れずに日を過ごすなど、そもそもあり得ぬことである。
 だが今は……。

(このような……)

 その感覚を確かめようと、恭子は軽く乳房を握りしめた。

(なんと……)

 感覚はさらに大きくなった。
 恭子の右手は乳房を撫でた。手指がうごめき、乳房全体を這い回る。指先は、自然と乳首を掠めた。
 乳首に生じた感覚はさらに大きく鮮明であった。その感覚は乳首から発し、体の一点を目指して恭子の全身を貫いた。
 一点……恭子の今一方の手、左手が鷲掴んでいる体の中心。それまでの恭子にとっては、単に「ゆばりするところ」に過ぎなかった不浄の場所。
 その不浄のところを、乳首に生じた感覚が貫いた。いや、それは単なる感覚ではもはや無かった。恭子は、それを表す言葉を持たなかったがそれは、快感、であった。
 不浄のところ、いや、股間に生じた快感は鮮烈であった。恭子は、思わず股間に当てた左手を握りしめた。その感覚を明確に捉えようとしての事であったが、恭子の股間、女の中心は恭子の左手に鷲掴みにされた。その股間に新たに生じた感覚、いや快感は、乳首のそれに倍して激しいものであった。

「あふ」

 我知らず、恭子は短い声を漏らした。

(知られてはならぬ)

 室内の兵部と笹津由の存在を、恭子は強く意識した。
 知られてはならぬ。決して知られてはならぬ。
 室内の二人の振る舞いと、我が身の変化の意味はわからないながら、知られてはならぬ、ということは恭子にはわかった。

(これは……)
(これは、そういうことなのであろう)

 秘め事、などという言葉を恭子は知らない。だが、兵部、笹津由、そして我。今われらが成していることは、そういうことなのだ。
 誰もが承知の事であり、けれども公にはできぬこと。知ってはならぬ、知られてはならぬこと。しかし万人が承知している……であろうこと。
 そのようなことを兵部と笹津由は今行い、そして他でもない、我と我が身が行っているのだ。

(知られてはならぬ)

 恭子は、両の唇を固く引き結んだ。
 それほど知られてならぬものであれば、二人をここに残しこのままこの場を立ち去ればよい。だが、それは今の恭子には出来ぬ事であった。
 立ち去ることなど思いもよらぬ。
 恭子の両足は廊下に根を下ろし、そして恭子の全身は凍り付いていた。

(気づかれてはならぬ)

 その思い一つが、恭子をその場に凍り付かせていた。
 だが、己が体をまさぐる両手は……左右の手の動きだけは止められなかった。恭子の右手は己が左の乳房を直に、左手は袴越しに股間をまさぐり続けた。
 恭子の二本の右手指。拇指と示指の先が、左の乳首を摘み上げた。生じた快感は、これまでにまして鮮烈であった。

(おおおお)

 恭子の唇は、さらに固く引き結ばれた。漏れ出る声は止められたが、声にならない激しい吐息が恭子の鼻孔から噴き出た。これは止めようがない。恭子は鼻孔と咽喉で喘いだ。激しく出入りする息は、恭子の快感をたっぷりと載せていた。

(なんと……)
(なんと、心地よき……)

 恭子の快感を訴える心中の思いは、さらに手指を突き動かした。右手の指は直(じか)に乳首を掴み、擦り、弾き、捻り上げた。まるで憎いものであるかのように、恭子の右の手指は乳首を蹂躙した。
 股間を掴んだ左手は袴越しである。恭子はもどかしかった。右手と同様、左の手指にも直(じか)の肌を弄わせたかった。だが、さすがに袴を脱ぐことは考えられなかった。恭子は左手の中の指に力を込めた。枝を掴む鳥の脚爪。そのように曲げた中の指を、恭子は己が股間の中心に喰い込ませた。
 誰に聞かずとも、教わらずとも、そこがすべての快感の源泉であると、恭子は知っていた。それは肉に刻まれた知識であった。何を教わることがあろう。恭子の左手の中の指は、過たず恭子の女の中心を探り当てた。恭子は渾身の力を指先に込め、喰い込ませた。狙いは過たなかったが、それは厚い袴の生地越しであった。
 隔靴掻痒。
 その言葉も恭子は未だ知らなかったが、その思いは恭子を炙りたてた。

(はああああ)

 恭子は泣いていた。
 もどかしさに泣いていた。
 苛立たしさに泣き喚いていた。
 得られたようで得られてはいない快感。それを求めて恭子の心ははすすり泣いていた。
 今が今、袴の奥の肌に直(じか)に触れることができるなら……。
 できるのならば……どうするというのかは知らず、恭子は乳首を摘まむ右手の指にさらに力を込めた。憎む相手であるかのように、仇であるかのように捻り上げた。快感に痛みが加わった。

「ぐふ」

 再び短い声が、恭子の両唇をこじ開けて漏れ出た。
 乳首に生じた痛みとも快感ともつかぬ感覚は恭子の体内、胸から腹に雪崩(なだれ)落ち、股間を直撃した。恭子の左手は、その激越な快感を受け止めようと、さらに力を込めて股間を鷲掴んだ。
 恭子は、声を上げずに泣きじゃくりながら目を凝らした。救いを求めるように、室内の兵部と笹津由の動きを追った。

 二人の体勢はさほど変わっていなかった。兵部は敷き栲(しきたえ;敷布団)の上に仁王立ち。笹津由は膝立ちで兵部に向かい合う。二人ともに全裸であった。
 笹津由は、両の手で兵部の腰を左右から掴んでいた。そしてその口のみで、兵部の男の茎を捉えていた。いや、咥え込んでいた。笹津由の頭部は前後に動く。時に激しく、時に緩やかに自在に動く。
 その動きとともに、硬く勃(た)ち上がった兵部の男根は笹津由の口を出入りした。いや、完全に出ることは無かった。兵部の男根の先、肉の塊は常に笹津由の口内にあった。
 笹津由の舌も、もはや口から零れることは無かった。笹津由の口内で、兵部の肉塊と笹津由の舌は確かに絡み合っているはずであるが、その様は見ては取れない。
 笹津由の口を出入りするのは、兵部の男根の茎の部分のみ。激しく出入りする男の肉茎は、笹津由の口の液に塗れている。その液は、兵部の肉の茎から、ふぐりを収めた肉の袋から、そして笹津由の口元から漏れ、零れ、滴り、敷き栲(しきたえ)を濡らしていった。

「ごぶ」

 笹津由の口元から、一際(ひときわ)大きな音が漏れた。笹津由の頭部の動きはさらに激しく、その口を出入りする兵部の肉茎も動きを増した。

「おおっ」

 兵部が仰け反った。

「おおお、今っ」

 笹津由の頭部の動きが止まった。
 兵部の肉の茎は、その大部分を笹津由の口内に置き、これも動きを止めた。
 暫時……兵部と笹津由は微動だにしなかった。
 一転、兵部の腰が崩れ、敷き栲(しきたえ)の上に落ちる。その肉の茎は笹津由の口から抜け出た。
 軽く開いた笹津由の両唇の間から、白濁した液が漏れ零れ、敷き栲(しきたえ)の上に滴り落ちて行った。
センセイのリュック【幕間 アイリスの匣 #198】目次センセイのリュック【幕間 アイリスの匣 #200】
↓お帰りのさいには↓
愛のワンクリ お願いします
新しいウィンドウは開きません

相互リンクサイトのみなさま(Ⅰ)
ひとみの内緒話 禁断の体験 エッチな告白集 レズ画像・きれいな画像倉庫 官能文書わーるど
熟女夜伽物語 愛と官能の美学 未知の星 新・SM小説書庫2
萌木ケイの官能小説 ましゅまろくらぶ 赤星直也のエロ小説 恥と屈辱の交差点
羞恥の風 ちょっとHな小説 官能的なエロ小説 おとなの淫文ファイル エッチのあとさき
恥ずかしがりたがり。 女性のための官能小説 魔法の鍵 性転換・TS・女体化劇場

相互リンクサイトのみなさま(Ⅱ)
緊縛新聞/杉浦則夫写真事務所 官能小説~ひめ魅、ゴコロ。 人妻の浮気話 艶みるく 女性のH体験告白集
変態小説 妄想ココット 空想地帯 潤文学
18's Summer 性小説 潤文学ブログ [官能小説] 熟女の園 Eros'Entertainment
恥辱小説 淫界散歩 黒い教室 出羽健書蔵庫 かめべや
快感小説 むね☆きゅんファンサイト 淫鬼の棲む地下室 最低のオリ
ちょっとHなおとなのための… 漂浪の果てに お姫様倶楽部.com ぺたの横書き

相互リンクサイトのみなさま(Ⅲ)
空想の泉~The Fountain of Daydream~ 調教倶楽部 被虐のハイパーヒロインズ アダルト検索一発サーチ
ライトHノベルの部屋 オシッコオモラシオムツシーン収集所 渡硝子の性感快楽駆け込み寺 アダルト官能小説快楽機姦研究所
被虐願望 渋谷子宮 RE:BIRTH 羞恥集 マルガリテの部屋
エピソードセックス あおいつぼみ 葵蕾 エロ体験談で抜けるコピペ riccia
プライド 黒塚工房 官能小説 レイプ嗜好 人妻!人妻!人妻!

wombatの官能小説 女性作家専門官能小説 羊頭狗肉 おしっこ我慢NAVI
ねっとりぐちょぐちょ 美里のオナニー日記 黒イ都 ひよこの家
エロショッカー軍団 エッチな体験談・告白 恍惚團 ~ドライ・オーガズムの深淵~ 相互リンク、募集してます!

★相互リンク募集中!(メールしてね)★

ランキング/画像・動画(1~10)
厳選2chまとめ 人気ブログランキング
にほんブログ村 エログちゃんねる
小説の匣 正しいH小説の勧め
官能小説アンテナ GL Search
Girls Love Search コミックルーム

ランキング/画像・動画(11~30)
ライブドアブログ アダルトブログランキング 【携帯】GL狂愛Rank ネット小説ランキング
セックス・ノベル・ネット ぴあすねっとNAVI Adult Novels Search 萌駅
ぱっくりんく SindBad Bookmarks おたりんく アダルト検索BBJapan
【携帯】Lovely Venus GAY ART NAVIGATION 少女禁忌区域 【携帯】女の子のためのн小説
百合姫ランキンク アダルトなび2 ヌケルアダルト作品 創作系サイト検索・KAGOME

ランキング/画像・動画(31~50)
十八禁恋愛私花集 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます!