Mikiko's Room

 ゴシック系長編レズビアン小説 「由美と美弥子」を連載しています(完全18禁なので、良い子のみんなは覗かないでね)。
 「由美と美弥子」には、ほとんど女性しか出てきませんが、登場する全ての女性が変態です。
 文章は「蒼古」を旨とし、納戸の奥から発掘されたエロ本に載ってた(挿絵:加藤かほる)、みたいな感じを目指しています。
 美しき変態たちの宴を、どうぞお楽しみください。
管理人:Mikiko
カテゴリ: Mikikoのひとりごと
 これは、『由美と美弥子』の2700回から2704回までのコメント欄で連載した『洗濯記①~⑤』を、『Mikikoのひとりごと』として、1本にまとめたものです。

 小型の洗濯機を買いました。
 値段は、1万円ちょっと。
 中古ではありません。
 新品です。

 うちにはもちろん、普通サイズの全自動洗濯機があります。
 1階の脱衣所兼洗面所に設置してあります。
 使うのは母です。
 これまで、わたしの衣類の洗濯も、ぜんぶ母にお願いしてました。
 でも、突如として猛省し、自分のものは自分で洗うことに決めました。
 理由のひとつは、運気向上のため。
 もちろん、洗濯すれば運気が上がるなんて謂われはありません(たぶん)。
 でも、自分が汚した衣類を人に洗濯させておきながら……。
 「良きことがありますように」などと願っても、とうてい叶わないのではないでしょうか。
 ということで、一念発起したわけです。

 それなら別に、1階の全自動洗濯機を使えば良いだけです。
 でも、洗濯物を抱えて1階と2階を往復するのは面倒です。
 2階のミニキッチンのシンクなら……。
 わたしが仕事(ブログのです)をする部屋の扉のすぐ外にあります。
 当然、音も聞こえますので、仕事をしながら洗濯が出来ると思いました。
 今、シンクと書きましたが……。
 はて?と思われた方も多いかと思います。
 洗濯機とキッチンのシンク、どう関係するのか?

 実は、2階用に洗濯機を買うにあたって、最大のネックとなったのが……。
 床近くに排水の設備が無いことでした。
 もちろん、業者を呼んで工事をしてもらえば出来ますが……。
 そんなお金をかけるくらいなら、1階の洗濯機を使えばいいだけです。
 排水工事などせずに、洗濯機を使いたい。
 となると、排水できるのは、シンクの排水口だけです。
 しかるに、水は高きから低きに流れます。
 すなわち、洗濯機の排水ホースの出口は、シンクの排水口より高くなくてはなりません。
 となれば、洗濯機をシンクの上にあげるしかないのです。

 で、いろいろと洗濯機を調べましたが……。
 2階のシンクの凹みにすっぽり収まる機種は、ほぼ無いことが判明しました。
 バケツ型のならありましたが、脱水が出来なかったりでした。
 普通ならここで諦めてしまうところですが……。
 今回は、さらに粘りました。
 で、シンクの凹みの上に板を渡し……。
 その板に載せるのであれば、大きさ的に大丈夫な機種があることを突き止めたのです。
 しかし、これを実現させるためには、大いなる条件があります。
 わたしがその高さまで、持ちあげられる重量でなければならないことです。
 この時点で、全自動洗濯機は重すぎることが判明。
 小型のやつはありましたが、洗濯とすすぎが自動なだけで……。
 脱水の機能が付いてませんでした。
 洗濯、すすぎ、脱水が出来て、サイズが小さく軽い洗濯機は……。
 二層式しかありませんでした。
 二層式洗濯機というのは、一昔前のスタイルの洗濯機です。
 洗濯槽と脱水槽が左右に並んでます。
 一層式が当たり前となってからも……。
 なぜ、今もこのタイプの洗濯機が製造販売されてるかというと……。
 根強い人気があるからだそうです。

 ネットから、その利点を探してみたら……。
 洗浄力が高い、という情報がありました。
 これは、ちょっと意外でした。
 全自動洗濯機の洗濯槽が、子供が入れそうなほど大きいのに対し……。
 二層式では、猫が入るのがやっとの大きさです。
 でも、逆にこの狭さが……。
 モーターの力を、撹拌力として効率よく伝えられるのだそうです。
 これは、使ってみて実感しました。
 覗いてみると、「こりゃ凄いわ」と思うほどでした。
 あ、「覗いてみると」と書きましたが……。
 二槽式洗濯機の洗濯槽は、フタを開けても、モーターが止まらないんです。
 開けっぱなしでも運転できます。
 濯ぎ水の綺麗さ具合を確かめたりするのに、これは実に便利でした。
 とにかく汚れが落ちるので……。
 ガソリンスタンドなどの屋外に設置されてる洗濯機は、必ずと云っていいほど二層式だそうです。
 構造が単純なため丈夫で、壊れても修理がしやすいとか。
 さらに、構造が単純なことによる最大の魅力は、値段が安いということ。
 あと、洗濯と脱水が同時に出来るので……。
 大量の洗い物があるときは、時間の節約にもなります。

 さて。
 全自動洗濯機しか使ったことのない人の中には……。
 二槽式洗濯機の使い方をご存じない方もおられるんじゃないでしょうか?
 実は、わたしがそうでした。
 なので、使い方を書いておきます。
 買ってみてから、「こんなはずじゃなかった」と思う方がおられるかも知れませんから。

 ①洗濯槽で洗濯をする(当たり前)。
 ②排水する。
 ③洗濯物(洗剤だらけのまま)を脱水槽に入れる。
 ④脱水する(洗剤を含んだ水を飛ばします)。
 ⑤洗濯物を再び洗濯槽に戻す。
 ⑥濯ぎをする(溜め濯ぎも、水を出しながらの濯ぎも出来ます)。
 ⑦水が綺麗になったら柔軟剤を入れ、もう3分くらい回す。
 ⑧排水する。
 ⑨洗濯物を脱水槽に移す。
 ⑩脱水する。

 およそ、これだけの工程を……。
 モーターを回す以外、すべて人間が行わなければなりません。
 なので、洗濯機がすぐ近くにない場合は、非常に面倒な作業になってしまいます。
 わたしの場合、部屋の扉のすぐ外のシンクに置いたので……。
 洗濯機の音も聞こえ、扉を出てすぐ作業が出来ます。

 さて。
 まず先に、わたしが買った洗濯機をご紹介します。
 ↓YouTubeに動画が載ってました。


 大きさは、ちょっと横長のポリバケツ程度。
 紹介動画でも、華奢な女性が軽々と持ちあげてます。
 重量は、11kgです。
 1歳9ヶ月程度の男の子と同じくらい。
 このくらいの子なら、片手で抱えてるお母さんもいますよね。

 問題は、シンクの上に設置する方法。
 シンクの上に渡す板を、ホームセンターに買いに行きました。
 長さは、65㎝から70㎝の間が希望でした。
 でも、この長さの板が、なかなか無いのよ。
 売ってるのは、60㎝か90㎝になるんです。
 60㎝では、シンクの凹みに嵌まってしまいます。
 90㎝では、水切りカゴにあたってしまい、渡せません。

 ようやく探し当てたのは、長さ75㎝の簀の子でした。
 押し入れに敷く、白木で組んだヤツです。
 ちょっと長めでしたが……。
 もし入らなかったら、端をノコギリで切ろうと思いました。
 値段は、500円ほど。
 失敗しても、さほど惜しくはありません。
 でもこれが、大成功だったんです。
 75㎝でしたが、わたしが測り間違えてたのか、ぴったり入りました。
 しかし、簀の子には、板を接続する角材が底に渡ってます。
 これにより、下に隙間を作り、風通しも良くなるわけです。
 でも、このままシンクに載せたところ……。
 下の角材の位置が、上手いことシンクの両脇にはかかりませんでした。
 なので、簀の子は裏返し、平らな面を下にして使うことにしました。
 一箇所、シンクの縁が無いところに板がかかるので……。
 簀の子のその部分に、スポンジの緩衝材を貼りつけました。
 緩衝材は、こういうことも予想して、簀の子と一緒に買ってありました。
 値段は、100円しませんでした。
 われながら、クリーンヒットでした。

 それでは、洗濯機を載っけてみます。
 1歳9ヶ月の男児を持ちあげる程度ですから……。
 重さは問題ありませんでした。。
 載せてみると、真ん中の角材が洗濯機の底にちょっと当たって……。
 洗濯機の前脚が2本、少しだけ宙に浮いてます。
 でも、角材で底が支えられてるので、ガタつきもありません。
 問題は、洗濯機の投入口の高さ。
 爪先立ちすれば覗けますが……。
 やっぱり、踏み台があった方が楽ですね。
 今度また、ホームセンターで探してきます。

 さて。
 難関はもう一つ。
 アース問題。
 蚊取り線香じゃありませんよ。
 アース=地球。
 すなわち、接地です。
 よくわかりませんが……。
 漏電などのとき、電気を逃がす仕組みのようです。
 冷蔵庫や洗濯機など、水に濡れる可能性の高い電気製品では……。
 アースが法律で義務づけられてるそうです。
 感電防止のためです。
 家電量販店から運んでもらうような場合は……。
 アースまでしてくれるんでしょうね。
 でも、わたしは通販ですので、自分でしなければなりません。
 もちろん、アースをしなくても、洗濯機は動きます。
 でも、洗濯しながら感電するのだけは避けたい。

 今時のコンセントには、アース用の端子が付いてるようです。
 でも、わが家には、そんなコンセント、ひとつもありません。
 アース端子付きのコンセントに替えればいいわけですが……。
 これは、電気工事士(?)の資格がないと出来ないそうです。
 そのためだけに電気屋を呼ぶのも憚られます。
 部品の値段より、出張費の方が高くつくでしょうし。
 昔なら、自分でやってしまったんですけどね。
 実際、以前、コンセントを蛍スイッチ付きのヤツに代えるのを、自分でやりました。
 これもほんとは、資格がないとダメだと思います。
 そのときも、ちゃんとブレーカーを切ってやれば良かったんですよね。
 でも、切りませんでした。
 で、コンセント内部の回路にドライバーを突っこんだら……。
 「ビリビリ!」
 来ましたね。
 まさしく、「来てます!」って感じでした。
 もちろん感電まではいきませんでしたが、明らかな手応えがありました。
 傍に人がいれば、わたしの骸骨が見えたかも知れません。

 そのときは、「ビリビリ!」で済みましたが……。
 ひょっとしたら、運が良かっただけなのかも知れない。
 ということで、これがかなりのトラウマとなってます。
 なので、コンセントの交換以外の方法を考えました。
 要は、アースすること自体が目的ではなく……。
 漏電時の感電を防げればいいわけです。
 見つけました。

 ↓その名も、「ビリビリガード」。



 正式名称(?)は、「プラグ形漏電遮断器」。
 設置は、アホでも出来ます。
 コンセントに、この「ビリビリガード」を差すだけ。
 電気製品は、この「ビリビリガード」のコンセントに差せばいいだけです。
 取りあえず、アース問題は、これで解決としました。

 あと、コンセントはシンクの上にあるので、水がかかることも想定されます。
 なので、100均で透明のプラスチック下敷きを買ってきて……。
 これを、コンセントの前に立てかけました。
 これで、水跳ねを防ぐことが出来ます。
 透明なので、「ビリビリガード」の通電ランプも見えます。

 さて、いよいよ運転です。
 ↓もう1度、購入した洗濯機をご紹介します。



 この商品ページは、洗濯槽や脱水槽の画像が見れるので選びました。
 ただ、こちらのお店は最安値ではありません。
 お買い上げのさいは、更なる検索をお勧めします。
 ただし、まだ古い型の商品も売られてますのでご注意ください。
 古いタイプは「TOM-05」、新しいのが「TOM-05h」で、後ろに「h」が付きます。
 ダイヤル形状で見分けがつきます。
 指で摘まむ縦棒が付いてる方が、新型です。

 さて、いよいよ洗濯開始です。
 入れられる洗濯物は、3.6kgまで。
 しかし、この重量は、あまり意味が無いように思えました。
 ↓洗濯物の重さは、わざわざ吊り下げ式のデジタル計量計を買って測りました。



 3.6kg分の洗濯物は、かなりの分量になります。
 しかし、3.6kgもの洗濯物は、洗濯槽に入らないのです。
 なので、目一杯入れても規定重量以下なので、問題なく洗濯できると思いました。
 しかし……。
 少しして唸り始めたので、洗濯槽を覗いてみました。
 底のスクリューみたいなのは動いてるようなのですが……。
 その上の洗濯物が動いてません。
 洗濯物を持ちあげてみると……。
 重い!
 なんと、洗濯物同士が絡み合い、ひとつの巨大ユニットと化してたのです。
 これでは、動かないはずです。

 ここでわたしは初めて、ある小物の存在意義を悟りました。
 すなわち、洗濯ネットです。
 わたしはこれまで、洗濯ネットの用途は……。
 小物類が、バラバラにならないようにするためだと思ってました。
 でも、どうやらもっと重要な役割があったのです。
 それは、洗濯物が絡まって巨大ユニット化することを防ぐという目的です。
 それなら、でっかいネットにひとまとめに入れてしまえばいいじゃんと思いました。
 で、おそらくドラム洗濯機かなんかで使う、60㎝角の巨大ネットを買ってきました。
 でもこれは、大失敗。
 回りません。
 考えてみれば当たり前。
 ネットにひとまとめに入れられた時点で、巨大ユニットとなってしまってるわけですから。
 あと、そんな大ネットの洗濯物が水に濡れた状態になると……。
 持ちあげることすら出来ないのです。
 もちろん、脱水槽にもそのままは入れられません。
 教訓。
 洗濯ネットは、小振りなサイズのをいくつも使うべし。
 一見、面倒ですが、結局これが一番効率がいいようです。
 衣類を脱いで洗濯カゴに入れる段階でネットに詰めていけば、さほどの手間ではありません。

 あと、脱水のやり方でも、わたしは間違ってました。
 脱水槽には、洗濯物をふんわりと入れた方がいいと思ってたんです。
 ところが、それでスイッチを押すと……。
 洗濯機が大暴れ。
 脱水槽は回らず、洗濯機の躯体がフラフープのように回ってるとしか思えません。
 そのままだとシンクから洗濯機が落ちそうなので、押さえてなくてはなりませんでした。
 一瞬、「使い物にならんではないか!」という怒りが湧きそうになりましたが……。
 洗濯物を入れた後に上から被せる、ペナペナの蓋がありますよね。
 調べたら、「脱水キャップ」と呼ぶようです。
 これはひょっとして、上から洗濯物を押しつけて……。
 洗濯物が、上にあがってこないようにするためのものじゃないかと思いつきました。
 で、上から「脱水キャップ」で押しつけて、脱水してみました。
 大正解。
 ちゃんと、脱水槽だけが回ってくれ、洗濯機の躯体は振動しなくなりました。
 なお、脱水能力は、思いのほか強力でした。
 タイマーは、5分までありますが……。
 5分なんて、まったく必要ありません。
 30秒でいいです。
 30秒脱水したものを部屋干ししても、1日で乾きます。
 乾燥機なんて、まったく必要ありません。

 まだ書き忘れてることもあると思いますが……。
 思いついたら、また書くことにします。
 誤算だったのは……。
 もう少し、片手間に出来るだろうと思ってたことです。
 けっこう、つきっきりになります。
 「洗濯10分→脱水→濯ぎ10分→柔軟剤3分→脱水→物干し」ですから。
 最初のときなんか、洗濯中もずっと見てたので、100%つきっきりでした。
 1週間分の洗濯物をまとめると……。
 この工程を、3回は繰り返さなければなりません。
 2日に1回洗ってれば、1回ずつで済むと思います。
 でも、平日にやる気にはならないわな。
2019年/あけましておめでとうございます目次単独旅行記Ⅰ・総集編(全)
 『Mikiko's Room』管理人、Mikikoでございます。
 旧年中は、大変お世話になりました。m(_ _)m

 2018年は、『Mikiko's Room』にとって、そしてわたしにとって、試練の多い年でした。
 まずは、年初からの豪雪。
 新潟市では、積雪が80センチを超えました。
 列車は連日遅れ、ダイヤが間引かれて車内はぎゅう詰め。
 難行苦行の通勤を強いられました。
 結果、体調を崩し、風邪から副鼻腔炎を併発して会社を休みました。

 更に、家では2階の水道が凍り、水道管が破裂。
 水道屋は大忙しで、わが家の処置も破裂箇所の手前で管を塞ぐ応急手当のみ。
 春まで待ち続けましたが、いっこうに本復旧に来ません。
 恐る恐る電話で聞いてみると……。
 「忘れてました!」とのこと。
 おかげで、2階の水道は38日間使えませんでした。

 そして、最大の衝撃は、盟友のハーレクインさんを病気で失ったことでした。
 ウマの合うコメンテーターであり、熱心な投稿者であり……。
 そしてなにより、わたしの大きな支えであったことを、失ってから改めて痛感しました。
 まだ、彼のいない日々には慣れません。
 でも、これからもこのブログを続けていくことが……。
 ブログに綴られた彼の声を、この世に発信し続けることになるわけです。
 わたしの命のある限り、続けていきたいです。

 さて、春を過ぎると、災厄は鳴りを潜めたかに見えました。
 しかし、秋口、再び襲ってきたのです。
 トイレでした。
 水を流した後、起ちあがったのですが、酔っ払ってて壁にドンと手を着きました。
 その衝撃で、壁に押しピンで下げていた小さな温度計が、便器に転がり落ちました。
 手を差し伸べる間もなく水流に飲まれ、あっという間に奥に吸いこまれていきました。
 小さいので、そのまま配水管に流せると思い、何度も水を流したのが結果的に失敗でした。
 温度計は、配水管のおそらくはS字になったところに嵌まりこんだようで……。
 ラバーカップでスッポンスッポンやってみましたが、押しても引いても出て来ません。
 「忘れてました!」の水道屋にも来てもらいましたが、便器を外さないと無理だとのことでした。
 で、潮時だと思い、便器ごと新品に取り替えることにしました。
 そうとう長く使ってる便器で、レバーには大と小の区別もありません。
 小の後でも、タンクすべての水が流れてしまうんです。
 はなはだエコじゃありません。
 何より、水道代がもったいない。
 この際ということで、新品に入れ替えたのです。
 まったく予期しなかった出費で、大いに痛かったですが……。
 自業自得です。
 ま、新しい便器を、死ぬまで大事に使おうと思います。
 この事件以来、便器より上の高さに、小物は置かないようにしました。
 さらに、便器のフタは必ず閉めることにしました。
 地震で、何かが便器内に落ちてしまうことも考えられるからです。

 さてさて、それを乗り越え、ようやく年末を迎えたわけですが……。
 試練はまだ終わってませんでした。
 「仕事納め」の日に、自分の通帳を失くしてしまったのです。
 気づいたのは、家に帰ってからでした。
 年越しの資金を引き出すついでに、記帳もしようと通帳を持って行ったんです。
 記帳したところまでは、記憶にあります。
 その後、どこにやってしまったのか……。
 まさか、午後からの大掃除で捨ててしまったわけじゃないとは思うのですが。
 インターネットバンキングで見ると、今のところ残高は無事です。
 銀行窓口は4日からですので、とりあえず3日までは、誰かに引き出されることはないはずです。
 キャッシュカードは、手元にありますから。
 でも、銀行印が、どこでも買える三文判なんですよ。
 100均などで買って、一か八かで窓口に出す捨身野郎がいないとも限りません。
 それで印鑑が合ってしまったらお終いです。
 4日の朝出勤し、もう一度、机の下や引き出しを調べてみます。
 ひょっとしたら、会社の通帳の束に一緒にまとめてしまったのかも知れません。
 それで無ければ、紛失届を出します。
 やれやれです。
 まさに、「どこまで続く泥濘(ぬかるみ)ぞ(軍歌の一節)」という1年でした。
 厄年じゃなかったんですけどね。
 2018年の戌年は、わたしにとってワンダフルな年ではありませんでした。

 さて、2019年です。
 今年は、仕事面で試練がありそうです。
 まずは、5月の10連休。
 この月は、会社の申告月でもあります。
 休み開け後の日々を思うと、今から憂鬱です。
 あと、10月には消費税の増税。
 選挙対策で複雑怪奇なシステムにしてくれたので、業務の煩雑化は避けられません。
 ま、仕方ありません。
 苦労はわたしだけじゃないです。
 日々、淡々と乗り切って行きたいです。
 あ、そうそう。
 ずっと先の話ですが……。
 2019年の『今年の漢字』。
 今から予言しておきます。
 「改」でしょう。
 改元に消費税改正ですから。
 もし、「改」にならないようだと……。
 日本にとっては、とんでもない年になってるかも知れませんね。

 ところで、みなさん。
 亥年が、なぜ十二支の一番最後かご存じですか?
 神様は、十二支を選定するに際し……。
 自分の元に年始に来た順番で、12の動物を選ぶと宣言しました。
 実は、一番早く神様の元に駆けつけたのは、イノシシだったのです。
 でも、悲しいかな猪突猛進でした。
 神様の手前で停まれず、そのまま駆け抜けてしまったのです。
 ようやくUターンして神様の元に戻ったら、12番になってたということ。
 でも考えてみれば、ギリギリセーフだったわけです。
 十二支に選ばれなかった動物は、たくさんいるわけですから。
 猫なんて、ネズミに競争の日を偽って教えられ、競争に参加することすら出来ませんでした。
 以来、猫はネズミを追いかけ回すようになったそうです。
 さて!
 びりっけつではありますが、実はギリギリセーフだったイノシシ。
 箱根駅伝でも、シードを取れると取れないでは大違い。
 実はラッキーな動物なんじゃないでしょうか。
 あやかりたいものです。
 それでは、みなさん!
 2019年、亥年。
 お互い、いい年(亥年)にしていきましょう!
 本年も、どうぞよろしくお願いいたします!

  『Mikiko's Room』Mikiko

 以下、付録です。

 ↓2階に飾った鏡餅。
2階に飾った鏡餅

 載ってるのは、柚子です。
 葉もトゲも付いてることからもお分かりと思いますが……。
 自家製の柚子です。
 ↓わが庭の柚の木。
わが庭の柚の木

 これは、冬至の日に撮ったもの。
 お風呂に入れる実を収穫する前の写真です。
 今年は、14個成りました(1個腐ってましたが)。

 ↓わたしの枕元の鴨居。
鴨居の飾り
↑クリックすると大きい画像が見られます。

 簡単に説明します。

 一番左が、いわゆる湘南色車両の模型。
 この車両で、毎日通勤したものです。
 廃止に際し、今までの感謝を表すためお祀りしました。

 その右が、『ウルトラQ』に出て来た怪獣「カネゴン」のソフビフィギュア。
 もちろん、金運を願ってのお供えです。

 その右、柱を背にしてるのが、白山神社のお札。
 その下のハガキは、年末ジャンボの番号通知。
 宝くじをネットで買うと、このハガキが届くんです。
 番号は、まだ確認してません。
 お正月中は確かめずに、夢を見続けたいと思います。
 フックから下がってるのは、白山神社のお守りです。

 その右。
 座布団に座る「イタコ」の食玩。
 もちろん、『東北に行こう!』の健筆祈願です。
 赤い座布団は、別に調達しました。
 「みきこ」の千社札は、2015年に『単独旅行記Ⅱ』で行った『江戸東京博物館』のお土産。

 一番右。
 熊手です。
 新潟では、縁起物の熊手が手に入らないので……。
 ホームセンターから、庭掃除用の熊手を買ってきました(およそ350円)。
 そこに、100均の正月飾りを2つ付けました。
 もうひとつくらい、あった方が良かったですかね。
 ま、あまり欲張らない方がいいでしょう。
 熊手は、春になったら庭掃除用に下ろそうと思ってます。
 今から、その季節が楽しみでなりません。
お星さまになったハーレクインさんへ目次洗濯記
↓お帰りのさいには↓
愛のワンクリ お願いします
新しいウィンドウは開きません

相互リンクサイトのみなさま(Ⅰ)
禁断の体験 エッチな告白集 未知の星 ましゅまろくらぶ 官能文書わーるど
愛と官能の美学 官能の本棚 官能的なエロ小説 電脳女学園
ちょっとHな小説 赤星直也のエロ小説 Angel Pussy 週刊創作官能小説 羞恥の風
萌木ケイの官能小説 おとなの淫文ファイル エッチのあとさき 恥と屈辱の交差点 新・SM小説書庫2
Playing Archives 人妻の浮気話 艶みるく 秘密のエッチ体験談まとめ 18's Summer

相互リンクサイトのみなさま(Ⅱ)
恍惚團 ~ドライ・オーガズムの深淵~ 女性のための官能小説 出羽健書蔵庫 変態小説
空想地帯 性小説 潤文学ブログ 黒い教室 最低のオリ
むね☆きゅんファンサイト お姫様倶楽部.com 潤文学 女性のH体験告白集
アダルト検索一発サーチ HAKASEの第二読み物ブログ 淫鬼の棲む地下室 魔法の鍵
快感小説 濠門長恭の過激SM小説 ぺたの横書き 制服美少女快楽地獄
女の陰影 被虐のハイパーヒロインズ 櫻坂ゆかりの官能小説 平成な美少女ライトノベル

相互リンクサイトのみなさま(Ⅲ)
かめべや 渡硝子の性感快楽駆け込み寺 恥ずかしがりたがり。 ひめ魅、ゴコロ。
漂浪の果てに [官能小説] 熟女の園 被虐願望 おしっこ我慢NAVI
妄想ココット ライトHノベルの部屋 被支配中毒 riccia
調教倶楽部 ちょっとHなおとなのための… レズ画像・きれいな画像倉庫 Japanese-wifeblog
Eros'Entertainment SM~猟奇の性書~変態 緊縛新聞 性転換・TS・女体化劇場

エピソードセックス 空想の泉~The Fountain of Daydream~ オシッコオモラシオムツシーン収集所 アダルト官能小説快楽機姦研究所
渋谷子宮 RE:BIRTH 羞恥集 マルガリテの部屋 あおいつぼみ 葵蕾
エロ体験談で抜けるコピペ プライド 黒塚工房 官能小説 レイプ嗜好
人妻!人妻!人妻! wombatの官能小説 女性作家専門官能小説 羊頭狗肉
ねっとりぐちょぐちょ 美里のオナニー日記 黒イ都 ひよこの家
エロショッカー軍団 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます!
★相互リンク募集中!(メールしてね)★

ランキング/画像・動画(1~10)
エログちゃんねる 人気ブログランキング
ライブドアブログ 官能小説アンテナ
GL Search ネット小説ランキング
おたりんく アダルトブログランキング
セックス・ノベル・ネット Girls Love Search

ランキング/画像・動画(11~30)
アダルト動画まとめ ヌケルアダルト作品 にほんブログ村 萌駅
ぱっくりんく 成人向けランキング Adult Novels Search 十八禁恋愛私花集
正しいH小説の勧め アダルト検索BBJapan GAY ART NAVIGATION Cyber あまてらす






<ランキング/画像・動画(31~50)ここまで-->
△Top