Mikiko's Room

 ゴシック系長編レズビアン小説 「由美と美弥子」を連載しています(完全18禁なので、良い子のみんなは覗かないでね)。
 「由美と美弥子」には、ほとんど女性しか出てきませんが、登場する全ての女性が変態です。
 文章は「蒼古」を旨とし、納戸の奥から発掘されたエロ本に載ってた(挿絵:加藤かほる)、みたいな感じを目指しています。
 美しき変態たちの宴を、どうぞお楽しみください。
管理人:Mikiko
センセイのリュック/幕間 アイリスの匣 #158
コメント一覧へジャンプ    コメント投稿へジャンプ
戯曲『センセイのリュック』作:ハーレクイン



幕間(小説形式)アイリスの匣#158



 小まめの志摩子は、車の後部座席に仰向けに横たわっていた。
 志摩子は全裸であった。すべての衣装を脱ぎ捨て、両足の足袋すら足から外していた。志摩子は真正の全裸であった。
 いや、志摩子の髪には舞妓の花簪がまだ置かれていた。そういうことでは、志摩子は全裸ではなかった。志摩子の頭部、地毛で結い上げた日本髪。その髪を飾る華やかな舞妓の髪飾り、花簪以外は一糸も纏わぬ小まめの志摩子であった。
 志摩子の両脚は大きく開かれていた。その両足の間(あわい)には、もちろん女性器、女性そのものとも云える複雑な構造の陰部があるのだが、今は闇の中に沈んでいた。見ることは叶わなかった。

 だが、道代の目にはその志摩子の陰部がはっきりと見えていた。道代は、志摩子の陰部の隅々までを知っていた。それは見知っているのではなく、自らの体で確かめた構造なのだ。先ほど道代は、志摩子の陰部の隅々まで舐め回した。舐め尽した。味わった。心ゆくまでその唇と舌で感じ取った。道代は、唇と舌の記憶として、小まめの志摩子を知っていた。
 その道代の記憶は、志摩子の肛門にまで及んでいた。
 道代もまた全裸であった。道代もまた、足袋の一つすら身に着けていなかった。その髪には、小まめの志摩子とは異なり、髪飾りの一つすらなかった。

 全裸の志摩子と全裸の道代は、しっかりと抱き合っていた。志摩子が下、道代が上である。志摩子は仰向け、道代は俯せである。二人の体の前面は、少しの隙間も恐れるように互いに密着していた。
 志摩子の両脚は大きく開かれ、覆いかぶさる道代の体をしっかり絡め取っていた。志摩子の両腕も同様に、道代の上体を捉えていた。
 道代の四肢もまた、志摩子の体に巻き付いていた、離してなるか、と志摩子を抱きしめていた。
 志摩子と道代は、互いに互いを「愛しい者よ」というように、その体を密着させていた。密着する二人の体はまた、逃がしてなるか、と互いの体温を保持していた。密着する二人の肌は、どちらもしっとりと汗ばんでいた。

 雪の貴船の山中、風はほとんどないとはいえ、外気温はどんどん低下しているようである。時刻はとうに夜中を過ぎ、日付は変わっていた。しかし夜明けにはまだ間があろう。今が何時なのか、道代と志摩子には知る術(すべ)はなかった。しかし、一日のうち、最も気温が低下する頃であろうか、とは二人にも推測できた。外気温に合わせ、車内の温度も時とともに低下していることは、その肌身ではっきりと二人にはわかった。
 道代は、巧みに身をよじり、両手をくねらせ、脱ぎ捨てた自らの衣服と、志摩子の舞妓衣装を背に羽織った。その道代の体の下には、ぴたりと密着して志摩子の体がある。道代は、志摩子と肌を密着させ、さらに衣服を上から羽織ることで、体温の損失を少しでも防ごうとした。
 その道代の振る舞いは、いわゆる生存本能のなせる業だったのかもしれない。がしかし、道代にとって何より大事なのは志摩子であった。

「今後、たとえば今日みたいなことあったら、あんたは自分の着てるもん、みいんな脱いであの子に着せるんや」

 もう、どのくらい以前の事になるのか、小まめの志摩子がまだ出たての舞妓の頃、厳しい日々の暮らしに耐え兼ね、家出をしたことがあった。まだ肌寒い、早春の頃であった。道代は、そんな志摩子を止めることも叶わず、しかし付き人として離れることもならず、引きずられるように小まめの志摩子に付き随って、共に家出をしたことであった。
 その時は何事もなく、無事に置き屋に戻った志摩子と道代であったが、道代だけはその直後、置屋の女将、辰巳としに叱られ、厳しく言い聞かされた。いや、言い渡された。その時の言葉がこれであった。

「あんたは自分の着てるもん、みいんな脱いであの子に着せるんや」

 この言葉を道代が忘れることは、その後片時もなかった。
 志摩ちゃんは、小まめ姐さんはうちが守る。この身を挺してでも守る。
 それは、いちいち意識に上らせることもない、道代の習い性になった。今もそうだった。道代が体温の放散を防ぐため、志摩子にぴたりと肌を合わせているのは自己保存のためではない。志摩子の身を守る、それが目的だった。二人の衣服を、防寒着のように隙なく纏う。志摩子を凍えさせないためだった。

 道代と志摩子。ぴたりと密着する二人の体が発する体温は、それを包み込む二人の衣装によりしっかりと保持された。汗ばむほどであった。二人が纏う衣服の下は、寛ぐ気持ちの余裕が出るほどだった。
 志摩子は首を左右に振り、覆い隠す衣服の下から顔を覗かせた。それは同時に、道代の顔を衣服から剥き出しにすることにもなった。
 二人は、間近に見詰めあった。志摩子が見上げ、道代が見下ろす体勢だった。互いの顔付すら判然としない車内の薄暗がりの中であるが、道代と志摩子の視線は確かに絡み合った。
 道代の目を見詰めたまま、志摩子が声を掛けた。

「なあ、道……」
「へえ、姐さん」
「なんや、ぬく(温)いなあ」
「そうどすなあ」
「やっぱし、あの京大の学生さんのゆ(言)わはった通りやなあ」
「なんでしたかいな、姐さん」
「もう忘れたんかいな、道。こういう時、いっちゃんええのんは裸で抱き合うことやあ、ゆう話やがな」
「ああ、へえ、そないどしたなあ」
「ぬく(温)いなあ、道」
「へえ、ぬくうおすなあ」
「あんたのからだ、ほんにぬくいなあ」
「姐さんのお体も、ぬくうおすえ」
「なんや、汗かく位やなあ」
「そうどすなあ」
「なあ、道」
「へえ、姐さん」
「お乳、吸うてえな」

 道代は、志摩子の目を改めて見詰めた。

「姐さん……」
「あんたさっき、うちの足、ようけ舐めてくれたわなあ」
「へえ、すんまへん」
「謝ることないがな、気持ちよかったえ」
「へえ、姐さん」
「で、あんた、足舐める時にゆ(言)うたやん」
「なんどしたかいな」
「お乳舐める前に、足舐める、ゆうたやん、あんた。忘れたんか、道」
「へえ、そないどしたなあ」
「もう、足はたっぷり舐めてくれたんやさかい、今度はお乳、舐めてえな」
「へえ……しやけど、姐さん」
「なんやのん、道」
「お乳舐めよおも(思)たら、体、離さなあきまへんやん。ほしたら、せっかくぬく(温)なったのに、またさぶ(寒)なりまへんやろか」
「こんだけぬくいんやさかい、大丈夫やろ。舐めてえな、道」
「姐さん……」
「舐めてえな、道。お乳、舐めてえな」

 舐めて、舐めて、と駄々っ子のように繰り返す志摩子を、道代は愛しげに抱きしめた。志摩子の顔を両手で軽く挟み込み、改めてその目を見詰める。

「へえ、姐さん。ほな、舐めさしてもらいます」
「道……はよ(早)う、道」
「姐さん……」

 道代は、そのまま体をずらせた。道代の目は志摩子のそれを外れ、鼻筋から唇、顎先から喉元、そして志摩子の胸元へ移動していった。その途次、道代の唇は軽く、さりげなく、しかし確実に志摩子の肌に触れていった。
 道代の唇が志摩子の乳房の麓に辿り着いた。道代は、ここで舌を伸ばした。道代の唇を割った舌は、志摩子の右の乳房の麓をゆっくりと一周した。次いで、道代の舌は志摩子の左の乳房の麓を、同じように一巡りした。道代の舌は、乳房の周りを徘徊しながら、その弾力を確かめた。志摩子の乳房は柔らかかった。弾力に富むというより、ひたすら柔らかかった。道代の舌を吸い込み、取り込むかと思えるほど柔らかかった。道代は、その感触に酔った。いつまでもその感触に酔っていたかった。
 しかし、志摩子はそれを許さなかった。

「道ぃ。何してんのん、は(早)よ、舐めてえな」

 道代は、半ば嬲るように答えた。

「お舐めしてますやん、姐さん」
「そないなとこ、いつまいでも……はよ、舐めてぇて、道」
「どこ、お舐めしたらよろしおすんやろ、姐さん」
「わかってるくせに、道。あんたも、しょっちゅういろ(弄)てるとこやがな。自分のん、いろてるとこやがな」
「姐さん……」
「はよ、舐めてえな。舐めてえな、道。じ(焦)らしたら、いやや」
「姐さん」

 道代は、志摩子の右の乳首に吸い付いた。
センセイのリュック【幕間 アイリスの匣 #157】目次センセイのリュック【幕間 アイリスの匣 #159】

コメント一覧
コメント投稿へジャンプ    ページトップへ

    • ––––––
      1. 乳舐めハーレクイン
    • 2016/07/26 09:14
    • 後部座席に仰向けの志摩子
       上から覆い被さる道代。
       体温を分かち合うように抱きしめあう二人。
       ビバークです。

       雪の貴船山中。遭難しかかった道代と志摩子は、登山で云うビバーク、露営の状態に入ります。予定された露営ではありません。緊急のビバーク、状況は切迫しています。登山であれば、二人の体を覆うものはシュラフ(寝袋)なのですが、ここは二人が脱ぎ捨てたすべての衣装です。
       テントはありませんが車内です。雪と風は防いでくれます。
      結果、二人は汗ばむほどの暖かさ。
       志摩子が、

      「お乳、舐めてえな」

       と言い出すほどの余裕です。
       ということでございまして、緊迫感がありそうで、案外呑気な「貴船山中の場」。
       長くなっております。
       さすがに作者も飽きてきました(おい)。
       次回、二人は無事に祇園に戻ることになります。

    • ––––––
      2. Mikiko
    • 2016/07/26 18:38
    • いったい……
       この場面は、何のためにあったんじゃ?

       冬、地吹雪などで車中に閉じ込められると、凍死することさえあります。
       寒冷地では、車中にビバークのための道具くらい積んでおくべきでしょうかね。
       と言いつつ……。
       わがパッソには、何も積んでません。
       工具がどこにあるかさえ不明です。
       何があるといいでしょうね。
       まず、スコップは必需品でしょう。
       牽引ロープもいりますかね。
       その前に、タイヤチェーンだ。
       車中ビバークを考えると、アルミシート。
       防寒具も余分にあった方がいい。
       食料や水もあれば万全。
       しかし……。
       パッソには積みきれんぞ。

    • ––––––
      3. 国境のハーレクイン
    • 2016/07/26 21:05
    •  ↑長いトンネル

      >何のためにあったんじゃ
       はて、何だっけ?
       
       うそウソ。
       目的は二つあります。いずれも伏線ということになりますが……。
       一つは、切っても切れない道代と志摩子の繋がり、これを強調したいがためです。
       今一つは、次の「嵯峨野の場」のメイン登場人物『相馬の旦さん』の、軽ーいご紹介。これです。まあ、相馬のおっさんは、名前だけは「野田太郎物語」で既出なんですが、今回もう少しその人となりを小出しにしておこう、と。

       で、この二つの伏線が絡み合い、次の「嵯峨野の場」が展開されることになります。さらに、嵯峨野にはもう一人、重要人物が登場予定。この人物が、あやめへの「志摩子の恨み」に関わってくることになります。
       そして「嵯峨野の場」が幕を閉じるとき、『志摩子物語』はようやく終わり、舞台は「花よ志」に戻ります。そして『アイリスの匣』そのものが、クライマックスに向かうことになります。

       乞う! ご期待。


      それにしても……

      >タイヤチェーンだ

       って……チェーン積んでねえのか。
       まさか、装着すらできなかったりして。
       道代や志摩子には無理として、いかに新潟市に雪が少ないとはいえ仮にも越後新潟。それでは、マジに命の危険が危ないのでは。
       今のうちにチェーンの購入と、装着の練習をお勧めします。

    • ––––––
      4. Mikiko
    • 2016/07/27 07:38
    • ほー
       まるで、まっとうな物語のようではないか。
       相馬の旦さん。
       登場は、#109ですね。
       ずーっと、但馬だと思っておりました。

       チェーン、カンバーック!
       もちろん、積んでませんし、触ったことさえありません。
       タイヤの下側が地面に着いてるのに、どうやってチェーンをかけるんじゃ?
       まさか、タイヤを外して装着し、またはめ直すのか?
       そんな面倒なこと、金輪際でけん。

    • ––––––
      5. 語り部(おい!)HQ
    • 2016/07/27 11:41
    • >まるで、まっとうな物語
       ふっふっふ。どうだ、まいったか。
       相馬は但馬?
       但馬は「たじま」。
       これを「たんば」と読んだ野郎がいました。それは丹波。
       そういえば、志摩子の故郷は但馬の海沿いです。

      >どうやってチェーンをかける?
       しやから、「練習しときなはれ」ゆうとるんです。
       油断しとったら、いずれえらい目にあいまっせ。とりあえず、チェーンを買いましょう。
       ガソリンスタンドや修理屋などでは、車全体をジャッキアップして、4輪いっぺんに装着したりします。

    • ––––––
      6. Mikiko
    • 2016/07/27 19:45
    • 但馬牛
       “相馬の旦さん”が脳内で合体して、“但馬”になったようです。

       チェーンって、ジャッキアップしないとかけれないんですか?
       ジャッキは車庫に置いてあるから、車には載ってません。
       ジャッキー・チェンの名前は、ジャッキとチェーンから付けたんですかね?

    • ––––––
      7. ゲッターロボHQ
    • 2016/07/27 21:26
    •  ↑元祖合体もの。原作は永井豪

      『相馬』と『旦さん』が合体
       お、おもろい。座布団1枚。

      チェーンの装着
       ジャッキアップしなくてもできます。しっかり練習しましょう。
       しかし、ジャッキを載せていないって……出先でパンクしたらどうするんだよ。いちいちJAFを呼ぶのか。けっこう金、取られるぞー。
       タイヤ交換の練習もしておきましょう。
       以上、ガソリンスタンドでバイトをすれば、すべて習得できます。

      ジャッキ+チェーン=ジャッキー・チェン
       座布団没収。
       あまり好みじゃないしね、ジャッキー・チェン。カンフーものは、やはりブルース・リーです。

    • ––––––
      8. Mikiko
    • 2016/07/28 07:17
    • タイヤ交換は……
       でけます。
       スタンドに頼むと、3,000円くらい取られるので。
       春と秋、2回あるから、年、6,000円です。
       油圧ジャッキを買っても、1年で元が取れます。

       わたしの地域では、チェーンが必要なほど雪が降ることは滅多にありません。
       わたしは電車通勤なので、降ったら乗らなきゃいいだけです。

    • ––––––
      9. ホワイトアウトHQ
    • 2016/07/28 08:28
    • >降ったら乗らなきゃいいだけ
       あれ?
       以前、吹雪の中を走って恐ろしかった、って話。出なかったっけ?
       しかも画像付きで。

    • ––––––
      10. Mikiko
    • 2016/07/28 19:45
    • あれは……
       吹雪の中、外出したわけではありません。
       帰る途中で、吹雪に遭ったのです。

    • ––––––
      11. 燃えよドラゴンHQ
    • 2016/07/28 22:15
    •  ↑それはブルース・リー

      >帰る途中で、吹雪に……
       だからあ。
       そういう突発事態が起こりうることを念頭に置いて、準備は万全に。
       とりあえず、ジャッキ・チェーンを買いましょう。

    • ––––––
      12. Mikiko
    • 2016/07/29 07:40
    • 吹雪の中で……
       チェーン装着なんて出来ますかいな。
       念仏を唱えながら必死で進むだけです。
    コメントする   【センセイのリュック/幕間 アイリスの匣 #158】
コメント一覧へジャンプ    ページトップへ


Comment:本文 絵文字  ※入力できるのは、全角で800字までです。

↓お帰りのさいには↓
愛のワンクリ お願いします
新しいウィンドウは開きません

相互リンクサイトのみなさま(Ⅰ)
愛と官能の美学 禁断の体験 エッチな告白集 未知の星 レズ画像・きれいな画像倉庫
官能文書わーるど ちょっとHな小説 官能的なエロ小説 Angel Pussy 週刊創作官能小説
萌木ケイの官能小説 ましゅまろくらぶ おとなの淫文ファイル エッチのあとさき 羞恥の風
新・SM小説書庫2 電脳女学園 赤星直也のエロ小説 HAKASEの第二読み物ブログ
恥と屈辱の交差点 潤文学 変態小説 秘密のエッチ体験談まとめ

相互リンクサイトのみなさま(Ⅱ)
Playing Archives 人妻の浮気話 艶みるく 空想地帯 18's Summer
恍惚團 ~ドライ・オーガズムの深淵~ Japanese-wifeblog 性小説 潤文学ブログ 黒い教室
女の陰影 淫鬼の棲む地下室 制服美少女快楽地獄 濠門長恭の過激SM小説
ひめ魅、ゴコロ。 快感小説 女性のH体験告白集 女性のための官能小説
SM~猟奇の性書~変態 アダルト検索一発サーチ 出羽健書蔵庫 かめべや
[官能小説] 熟女の園 ぺたの横書き 最低のオリ Eros'Entertainment

相互リンクサイトのみなさま(Ⅲ)
むね☆きゅんファンサイト 妄想ココット 渡硝子の性感快楽駆け込み寺 ちょっとHなおとなのための…
恥ずかしがりたがり。 お姫様倶楽部.com riccia 魔法の鍵
調教倶楽部 緊縛新聞 性転換・TS・女体化劇場 エピソードセックス
被支配中毒 ライトHノベルの部屋 漂浪の果てに 被虐のハイパーヒロインズ
空想の泉~The Fountain of Daydream~ オシッコオモラシオムツシーン収集所 アダルト官能小説快楽機姦研究所 被虐願望

渋谷子宮 RE:BIRTH 羞恥集 マルガリテの部屋 あおいつぼみ 葵蕾
エロ体験談で抜けるコピペ プライド 黒塚工房 官能小説 レイプ嗜好
人妻!人妻!人妻! wombatの官能小説 女性作家専門官能小説 羊頭狗肉
おしっこ我慢NAVI ねっとりぐちょぐちょ 美里のオナニー日記 黒イ都
ひよこの家 エロショッカー軍団 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます!
★相互リンク募集中!(メールしてね)★

ランキング/画像・動画(1~10)
おかず動画アンテナ 厳選2chまとめ
エログちゃんねる 官能小説アンテナ
小説の匣 にほんブログ村
人気ブログランキング アダルトブログランキング
GL Search ライブドアブログ

ランキング/画像・動画(11~30)
正しいH小説の勧め Girls Love Search ネット小説ランキング アダルト動画まとめ
おたりんく セックス・ノベル・ネット アダルト検索BBJapan Cyber あまてらす
少女禁忌区域 萌駅 GAY ART NAVIGATION 創作系サイト検索・KAGOME
クリエイターコレクションR18 アダルトなび2 Adult Novels Search ぱっくりんく
【携帯】GL狂愛Rank 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます!




<ランキング/画像・動画(31~50)ここまで-->
△Top