Mikiko's Room

 ゴシック系長編レズビアン小説 「由美と美弥子」を連載しています(完全18禁なので、良い子のみんなは覗かないでね)。
 「由美と美弥子」には、ほとんど女性しか出てきませんが、登場する全ての女性が変態です。
 文章は「蒼古」を旨とし、納戸の奥から発掘されたエロ本に載ってた(挿絵:加藤かほる)、みたいな感じを目指しています。
 美しき変態たちの宴を、どうぞお楽しみください。
管理人:Mikiko
センセイのリュック/幕間 アイリスの匣 #157
コメント一覧へジャンプ    コメント投稿へジャンプ
戯曲『センセイのリュック』作:ハーレクイン



幕間(小説形式)アイリスの匣#157



「ひえっ」

 志摩子は短い悲鳴を上げたが、道代に取られた足を引こうとはしなかった。志摩子は仰向けに後部座席に横たわり、道代に足先を預けていた。両足の白足袋を脱がされた志摩子は、一糸すら纏っていなかった。真正の全裸であった。
 いや、志摩子はその髪に、舞妓の花簪をまだ着けていた。舞妓の日本髪は鬘ではない、地毛である。その髪に花簪を着けているということは、志摩子は厳密には全裸ではなかった。
 花簪を置く髪。その髪以外の全身の肌を隈なく、隅々まで露わにした志摩子は、道代の口に足先を咥えられ、軽く仰け反(のけぞ)った。

「あ……」

 道代は後部座席の下、車の床に膝を突き、上体を起こしていた。道代がその両手で捉え、口に咥えたのは、志摩子の左の足先だった。正確には、左足の最も太い指だった。
 足の五つの指。手指ならそれぞれ親指(母指;ぼし)、人差し指(示指;じし)、中指(なかゆび;ちゅうし)、薬指(くすりゆび;やくし)、小指(こゆび;しょうし)であるが、足指はそもそも"指"とは書かない、「趾(し)」と書く。
 名称はそれぞれ第一趾から始まり第二趾、第三趾、第四趾、第五趾、と単純である。ただ、両端の第一趾は母趾(ぼし)、第五趾は小趾(しょうし)とも称するようであるが、もちろん手指に比べて馴染みは薄い。これは、手指(しゅし)に比べ足趾(そくし)は、日常さほど意識することが少ないからであろうか。

 ともあれ、道代が咥えたのは志摩子の左の第一趾、母趾であった。最も太い足趾とはいえ、志摩子のそれは小振りであった。道代は吸い込むように軽々と、志摩子の左母趾を咥えた。口中深く取り込んだ。
 道代の口は、先ほど迎え入れた志摩子の舌と同様、今度は志摩子の左足の母趾を迎え入れた。限りなく愛しいものを迎え入れた。たとえようもなく貴重な宝物を迎え入れた。それは、他に換えようもない、唯一無二の美術品の搬入に立ち会う、美術館の学芸員の様を思わせた。
 道代は、搬入された志摩子の左母趾に舌を這わせた。確かめるように、ご機嫌を窺うように、慈しむように趾全体を舐め回した。趾の先から爪先、爪、趾の背、側面、趾の腹に至るまで舐めた。幾度も舐めた。舐め回した。
 壊れ物を扱うような道代の舌の動きは、しかし次第に大胆になっていった。幾度も幾度も趾(ゆび)に戯れるうちに、道代の舌の動きは他の四趾にも及んだ。道代は大きく口を開いた。志摩子の左足の母趾だけではなく、五本の足趾の全てを纏めて口中に収めた。道代の口は、志摩子の左の足先全てを飲み込んだ。

「がふう」

 道代は荒い息を吐いた。口からだけでは到底足りず、二本の鼻孔から激しく息を漏らした。

「げふう」

 道代の口元から、滝のような勢いで白濁した唾液が滴った。道代の唾液は志摩子の足を濡らし、足の甲を濡らし、踝を濡らし、踵から脛(すね)を伝い、脹脛(ふくらはぎ)を伝い、膝の裏から太腿を伝い、志摩子の股間目指して流れ下って行った。

「がぶ」
「ごぶ」
「ぐぶ」
「げぶう」

 道代は切れ切れに声を漏らした。
 いや、それは喘ぎだった。
 ただの呼気だった。
 白濁した泡混じりの、獣の口から洩れる呼気だった。
 それは吸気でもあった。
 漏らした泡とともに体内に取り込む、切迫した、激しい吸気だった。
 獣の道代は、志摩子の足先を咥えた獣の道代は、絶え入るような荒い呼吸を続けた。

「ごぶ」

 獣は一呼吸置いた。
 自らの口中にある愛しいものを、落ち着いて味わおうとした。
 道代の舌先は、口中にある愛しい物の表面を、確かめるように触れていった。
 舐めていった。
 舌先で、舌の腹で、舌の全てを使って、捉えた獲物を味わうようにぞろりと舐め回した。
 獲物の体は、五本に分岐していた。
 獣が噛み割いたわけではない。
 愛しい獲物に、獣が歯を立てるわけがない。
 獣の口中にある獲物は、もともと五本に分岐しているのだ。
 獣は、五本の分岐の裂け目に舌先を押し込んだ。

「ひいぃ」

 志摩子は高く悲鳴を上げた。
 道代の舌先に、足趾(あしゆび)の間を抉(えぐ)られたのだ。
 志摩子は仰け反った。
 志摩子は喉元を曝して仰け反った。
 剥き出しの志摩子の喉は白かった。
 薄暗い車内。
 灯りといえばわずかな車外の雪明り。
 その微かな灯りを欺くように、志摩子は白い喉元を惜しげもなく曝し、天を仰いだ。

「ひいいいぃ」

 道代は構わず、志摩子の足趾(あしゆび)の間、四つの裂け目の全てに舌先をねじ込んだ。

「ごぶう」

 道代の口元から溢れ出る白濁した、泡混じりの唾液は、そのほとんどが志摩子の脚を伝い、志摩子の股間を目指して流れていった。それは、距離を置いたオーラルセックス、遠隔操作のクンニリングスであった。
 道代の唾液は、志摩子の陰部を抉った。
 志摩子の陰部は、道代の泡混じりの唾液に蹂躙された。
 その様は、獣に貪り喰われる草食動物の断末魔を思わせた。いや、草食動物はただ喰われるだけではなかった。獣の咢(あぎと)は、草食動物の反撃を受けた。
 道代の口元から零れ、志摩子の陰部に至る泡混じりの白濁液。その液は、喰うものと喰われるものとをしっかりと繋ぎ、離れたものどうしを密接に結びつけていた。
 道代の口と、志摩子の陰部は、しっかりと結びついていた。それは、これまでの、今の、これからの二人の運命を象徴しているようであった。道代の漏らす唾液を介して、道代と志摩子は交合していた。

「かはああ」

 志摩子は、道代に捕らわれていない脚、右脚を跳ね上げた。跳ね上がった志摩子の右脚は、前部座席の背凭れに激しい勢いで落ち掛かった。志摩子の両脚は大きく開かれた。何覆うものもない、一糸纏わぬ志摩子の股間は剥き出しになった。志摩子の陰部は大きく開き、「これ、見よや」と見栄を切らんばかりに中空に曝された。舞台中央で見栄を切る千両役者。昼を欺く照明を受け、やんやの大喝采の只中にある一世一代の檜舞台……。
 だが、この千両役者には照明は当たらなかった。舞台は闇の中に沈んでいた。喝采を送るべき観客は一人としていなかった。いや、一人だけ。舞台の進行を司る舞台監督であり、観客でもある者が一人だけいた。

 道代である。
 志摩子と道代。
 孤独な役者と唯一の観客。
 だが、二人にはそれで充分であった。
 雪に埋もれた貴船の山中。
 命の危険すらある切迫した状況。
 このぎりぎりの舞台にあっては、登場人物は二人で充分であった。
 これ以上、何が必要であろう。
 道代は志摩子であり、志摩子は道代であった。
 そのように、これまで生きてきたのだ。
 そのように二人は生きてきたのだ。
 二人で一人、縺れあうように生きてきた二人なのだ。
 これ以上、何を望むことがあろう。
 二人で生きてきた以上、死ぬ時も二人なのだ。
 何を悔いることがあろう。

 道代は、志摩子の足先を咥えたまま志摩子の視線を捉えた。
 志摩子は、足先を道代に預けたまま道代の目を見返した。
 互いの顔つきすら判然としない薄暗がりの中、二人の視線は確かに絡み合った。
 道代は微笑んだ。
 志摩子は微笑み返した。
 互いの表情を、二人は間違いなく確かめ合った。

(道……)
(志摩ちゃん……)
(おおきにな、道)
(どこまいでも一緒ですえ、志摩ちゃん)

 志摩子は、両腕を道代に伸べた。
 呼ぶように、求めるように、志摩子は両腕を道代に伸ばした。
 道代は、口から志摩子の足先をそっと外した。
 伸べる志摩子の両腕に曳かれ、横たわる志摩子に道代は覆いかぶさった。

「道い……」
「姐さん……」
センセイのリュック【幕間 アイリスの匣 #156】目次センセイのリュック【幕間 アイリスの匣 #158】

コメント一覧
コメント投稿へジャンプ    ページトップへ

    • ––––––
      1. 足が好きっHQ
    • 2016/07/19 09:00
    • 『志摩子物語 貴船山中の場』
       今回の趣向は足舐め、足しゃぶり。
       相手を愛しむ、可愛がるというより、責める、虐めるという色合いが濃いのかもしれません。つまり一種のSMプレイですね。

       責めるのは従者道代。
       責められるのはその主、祇園の舞妓、小まめの志摩子です。

       しかし足舐め。
       わたしは全く経験ありません。
       舐められたことはもちろん、舐めたことすらありません。
       やはり……

      >そんなあんた、きちゃない(汚い)……
                      (『アイリス』#156;志摩子)

       という意識がどこかにあるのかもしれません。
       が、AVなどではけっこう見かけます、足舐め。
       いろんな意味で、興味深いプレイなのでしょうか。

       長くなっております『貴船の場』。
       次回あたりで切り上げたいと思います。 

    • ––––––
      2. Mikiko
    • 2016/07/19 19:42
    • 足の指
       汚いかどうかは、感覚の問題でしょうが……。
       それ以前に、臭いと思います。
       特別足臭さの人でなくとも、汗はかきますから、多少なりと臭いはあるはず。
       1日、足袋でいれば、なおさらです。
       特に最近では、ブーツが最悪です。
       臭いは、ほぼ納豆級。
       彼氏の部屋に行くときは、ブーツはやめた方がいいですね。

    • ––––––
      3. 水虫はどうするHQ
    • 2016/07/19 23:18
    • 臭い足
       スーツにパンプス。白いブラウス。
       しゃきっとしたOLさんなんか見てると、足が匂うようには見えないんですが、そうでもないんだ。じゃあ、飲み会なんかでも、座敷は嫌われるということですかね。
       わたしらの業界では、少なくとも講師はスニーカー、今の季節ですと素足にサンダルの人が多いですから、比較的ましかな。

       志摩子の足は……。
       現在、場面は雪の貴船山中。しかも暖房の止まった車内。
       寒いです。車内温度はどんどん下がっています。少々の足の臭いは抑えられるでしょう。

       それでなくても、肉の絡み合いというのは、体臭・悪臭の交換会でもあります。匂いも興奮剤。食で云いますとフレーバー、香味・風味と捉えるべきでしょう。
       一種のドーピング剤だったりして。

       ロシア、どうなってるんですかね。
       どうなるんですかね、オリンピック。
       また、ボイコット騒ぎになったりして。 

    • ––––––
      4. Mikiko
    • 2016/07/20 07:30
    • パンプスは……
       大したことないです。
       ブーツです。
       特に、ブーツにストッキングは最悪。
       5本指ソックスがいいです。
       でも、これはこれで座敷には上がりにくいですが。

       ロシア人。
       基本的に、ドーピングが悪いという感覚が無いんだと思います。
       国家主導なんだから、当然ですね。

    • ––––––
      5. 土方馬方ハーレクイン
    • 2016/07/20 10:21
    • 5本指
       こりゃあいいや、という向きも多いようです。
       しかし、近ごろの発明ではありません、古くから現場作業の方々には愛用されていました。軍手に倣って「軍足」と称していたようです。
       5本指。
       わたしもいっとき愛用しましたが、この頃はさっぱりです。やはり履くのが面倒なんですね。

       それにしてもブーツにストッキングですか。
       まあ、道代や志摩子には無縁の代物。これまでもそうですが、今後生涯、履くことはないでしょう。
       いや、そうでもないか。
       突発事態が起こり「花よ志」が潰れる。
       道代も志摩子も、うまく立ち回ってどこぞの安キャバのホステスに転身。網タイツにブーツで新京極あたりを徘徊する、というのはどうでしょう。
       で、思ったんですが、足袋というのは5本指ソックスの先駆けじゃないですかね。足袋をヒントに開発されたのが5本指。どうでしょう。

       ドーピングは体に悪いそうです。
       国を挙げて、若者の健康を害してどうする!
       まあしかし、いまさらプーチン氏が「ごめんなさい。今後はやりません。これまでのメダルは返上します(ついでに北方領土も返します)」なんて、口が裂けても言わんわな。

    • ––––––
      6. Mikiko
    • 2016/07/20 19:54
    • 5本指ソックスの起源は……
       ↓なんと、スペインだそうです。
      http://goyaku.blog45.fc2.com/blog-entry-635.html

       5本指ソックスは、冬場に愛用してます。
       室内履きはもちろん、外出時にも着用します。
       外出先では、足袋裸足になるのがためらわれそうですが……。
       大丈夫。
       5本指ソックスの上に、普通の先丸ソックスを重ね履きすればいいのです。
       5本指ソックスは、指の股の汗を吸ってくれるので……。
       冬場、足指が冷たくなる人には、うってつけですよ。

    • ––––––
      7. 5本指ハーレクイン
    • 2016/07/20 20:59
    • 起源はスペイン
       残念ながら、品質が悪くアイディア倒れに終わったとか。
       で、このアイディアを日本のメーカーがパクったとか。さすが、物まね大国ニッポン、チャチャチャ。

       それにしても、足袋が起源じゃないのか。うーん、残念。
       もうひとひねりしていればなあ。ねえ、福助さん。

      ♪おけらなぜ泣くあんよが寒い
       足袋がないから泣くんだよ
    コメントする   【センセイのリュック/幕間 アイリスの匣 #157】
コメント一覧へジャンプ    ページトップへ


Comment:本文 絵文字  ※入力できるのは、全角で800字までです。

↓お帰りのさいには↓
愛のワンクリ お願いします
新しいウィンドウは開きません

相互リンクサイトのみなさま(Ⅰ)
ひとみの内緒話 レズ画像・きれいな画像倉庫 未知の星 愛と官能の美学
潤文学 新・SM小説書庫2 おとなの淫文ファイル エッチのあとさき 官能文書わーるど
萌木ケイの官能小説 ましゅまろくらぶ 羞恥の風 ちょっとHな小説
恥と屈辱の交差点 官能的なエロ小説 赤星直也のエロ小説 禁断の体験 エッチな告白集
HAKASEの第二読み物ブログ 快感小説 緊縛新聞/杉浦則夫写真事務所 秘密のエッチ体験談まとめ

相互リンクサイトのみなさま(Ⅱ)
変態小説 黒い教室 性転換・TS・女体化劇場 出羽健書蔵庫
女の陰影 被支配中毒 制服美少女快楽地獄 かめべや
性小説 潤文学ブログ 人妻の浮気話 艶みるく むね☆きゅんファンサイト 淫鬼の棲む地下室
恥ずかしがりたがり。 ぺたの横書き Playing Archives 18's Summer
女性のための官能小説 Eros'Entertainment ひめ魅、ゴコロ。 魔法の鍵
お姫様倶楽部.com 最低のオリ 妄想ココット 女性のH体験告白集

相互リンクサイトのみなさま(Ⅲ)
[官能小説] 熟女の園 アダルト検索一発サーチ riccia 空想地帯
ちょっとHなおとなのための… 空想の泉~The Fountain of Daydream~ ライトHノベルの部屋 SM~猟奇の性書~変態
渡硝子の性感快楽駆け込み寺 オシッコオモラシオムツシーン収集所 エピソードセックス 被虐のハイパーヒロインズ
調教倶楽部 漂浪の果てに アダルト官能小説快楽機姦研究所 被虐願望
渋谷子宮 RE:BIRTH 羞恥集 マルガリテの部屋 あおいつぼみ 葵蕾

エロ体験談で抜けるコピペ プライド 黒塚工房 官能小説 レイプ嗜好
人妻!人妻!人妻! wombatの官能小説 女性作家専門官能小説 羊頭狗肉
おしっこ我慢NAVI ねっとりぐちょぐちょ 美里のオナニー日記 黒イ都
ひよこの家 エロショッカー軍団 エッチな体験談・告白 恍惚團 ~ドライ・オーガズムの深淵~
★相互リンク募集中!(メールしてね)★

ランキング/画像・動画(1~10)
厳選2chまとめ 人気ブログランキング
エログちゃんねる にほんブログ村
アダルト動画まとめ 正しいH小説の勧め
小説の匣 Girls Love Search
ライブドアブログ 官能小説アンテナ

ランキング/画像・動画(11~30)
ネット小説ランキング アダルトブログランキング 絵描きさん.NET GL Search
おたりんく セックス・ノベル・ネット Adult Novels Search 少女禁忌区域
【携帯】GL狂愛Rank ぱっくりんく 萌駅 十八禁恋愛私花集
ヌケルアダルト作品 創作系サイト検索・KAGOME アダルト検索BBJapan アナル動画まとめ
Cyber あまてらす 【携帯】Lovely Venus GAY ART NAVIGATION 相互リンク、募集してます!

ランキング/画像・動画(31~50)