Mikiko's Room

 ゴシック系長編レズビアン小説 「由美と美弥子」を連載しています(完全18禁なので、良い子のみんなは覗かないでね)。
 「由美と美弥子」には、ほとんど女性しか出てきませんが、登場する全ての女性が変態です。
 文章は「蒼古」を旨とし、納戸の奥から発掘されたエロ本に載ってた(挿絵:加藤かほる)、みたいな感じを目指しています。
 美しき変態たちの宴を、どうぞお楽しみください。
管理人:Mikiko
センセイのリュック/幕間 アイリスの匣 #152
コメント一覧へジャンプ    コメント投稿へジャンプ
戯曲『センセイのリュック』作:ハーレクイン



幕間(小説形式)アイリスの匣#152



 道代は、先ほどと同じように少し首を擡(もた)げ、志摩子の陰部に唇を触れた。舌を伸ばす。志摩子の陰部の表面にゆっくりと舌を這わせた。

「あ……」

 道代は、その舌先を志摩子の大陰唇の表面に軽く当て、ゆっくりと動かした。ゆっくりと、確かめるように、いとおしむように道代の舌は動いた。

「道……」

 志摩子は、反射的に逃げようとした。志摩子の腰が軽く持ち上がり、その陰部は道代の舌先から逃れた。
 狭い車内、天井は低い。上体をかがめ、馬乗りの体勢から腰を浮かす……不自然な姿勢であった。志摩子は、その右手を後部座席の背凭(もた)れに、左手を前部座席のそれに、それぞれ当てた。両腕に力を籠め、浮いた上体をしっかり支えた。
 道代の舌先は虚(むな)しく宙を掻いた。失われた愛しいものを呼び戻そうとするように、右に左に、上に下に激しく動いた。
 道代は舌を戻した。志摩子に声を掛ける。道代の声は少し嗄(しわが)れていた。

「姐さん……」
「道、何するんえ」

 道代の意図を問う志摩子の声掛けだったが、その声音(こわね)は柔らかかった。叱責するという色合いは全くなかった。

「姐さん……姐さんのここ、きれえ(奇麗)にさせてもらいます」

 道代はそれ以上言わず、促すように、誘うように、志摩子の腰を左右の手で挟み、軽く下に、自らの舌の方に引いた。

「道……」

 志摩子は抗わなかった。誘われるまま、いったん上げかけた腰を、ゆっくりと下した。志摩子の陰部は、ゆっくりと道代の舌を目指して下降した。その移動距離はごくわずかだった。
 寸刻の間(ま)の後、道代の舌は再び愛しいものを迎えた。
 志摩子の陰部は、まだ濡れていた。
 道代は、先ほどと同様、志摩子の大陰唇の表面に舌を使った。舌先で、確認するように、左右の大陰唇に隈なく丹念に触れていった。
 志摩子の大陰唇はふっくらと盛り上がっていた。その左右の唇は幼女のそれのようにしっかりと閉じ、内部の複雑な構造を守るように隠していた。車内の薄明りの中、見ることは叶わなかったが、道代の舌先はその様を確認した。

(小まめ姐さん……)

 道代は大きく舌を曲げた。舌の先から中央付近までを使い、やはり丹念に志摩子の大陰唇に触れていく。いや、今度は舐める、と言った方が適切だった。
 志摩子の陰毛は少なかった。これももちろん見ることは叶わないが、道代の舌は全く陰毛に触れることが無かった。無毛の大陰唇を、道代の舌は丹念に舐めた。
 やがて、唇が加わった。舌と、両の唇を使い、道代は愛しいものを舐めた、吸った。舐めまわし、吸い付いた。大陰唇の表面を覆う志摩子の尿を、道代は丹念に舐め取り、吸い取っていった。その様(さま)は、普段、小まめの志摩子に仕え、細々(こまごま)と世話を焼く、その仕事ぶりそのものだった。

「はあぁ……」

 志摩子は、軽く吐息をついた。溜まっていた尿をようやく排出し、そして、その尿に汚れた陰部を舐められる。志摩子は、その心地よさに酔った。雪の貴船の山中、半ば遭難しかかっているという切迫した状況は、志摩子の頭の中には無かった。

「あ……」

 志摩子の大陰唇のあわい(間)から、少量の尿が零れた。道代の口唇が外陰部を刺激することにより、残尿が排出されたものであろうか。
 道代は、すかさずその尿を口に受けた。遅滞なく飲み込む。道代の喉の鳴る音が車内に響いた。

「また出てもうた(出てしまった)。堪忍え、道」
「美味しおす、姐さんのおしっこ」
「道……」

 道代は、再び志摩子の陰部に口を寄せた。大陰唇表面の尿はほとんど舐めとられていた。道代は、左右の大陰唇の合わせ目に舌先を這わせた。

「あ……」

 志摩子の大陰唇はあっけなく左右に開いた。
 アマテラスが閉じこもった天の岩屋戸。これはタヂカラヲによって強引にこじ開けられた。
 しかし、志摩子の性器を守る大陰唇という戸は、すでに半ば開いていた。それは、道代の口唇による刺激により、志摩子が性的に興奮し始めていることの表れだった。
 道代の舌は、志摩子の大陰唇のあわい(間)に、ぬるりと侵入した。

「ん……」

 道代の舌先が薄い襞に触れた。志摩子の小陰唇だった。道代の舌は、左右の小陰唇を開いた。二枚の小陰唇のあわい(間)に溜まっていた尿が、道代の舌を伝ってその口に流れ込んだ。道代は、どれほどの尿を飲んだのだろう。いくら飲んでも飽きることはなかった。志摩子の尿は、道代には甘露とも思えた。
 甘露……古代中国の伝承、天から降るという至極の液体。その味は、甘みの極みであるという。
 道代は甘露に酔った。志摩子の尿に酔った。いや、志摩子そのものに酔っていた。
 道代は、志摩子の小陰唇を上下の唇で挟んだ。吸う。柔らかな小陰唇は道代の口内に取り込まれた。道代は、口の中で舌を使った。志摩子の小陰唇を舐める、吸う、叩く、果ては軽く歯を当てた。志摩子の小陰唇は、やさしく蹂躙された。

「はあああぁ」

 道代の行為は、志摩子の陰部を清める、という意味を無くしていた。それは明らかに性戯だった。隠微な戯れであった。言葉には出さないが、二人ともそれは既に承知の事であった。

「道……」

 志摩子が道代に呼び掛けた。
 道代は口を外し、返答した。

「へえ、姐さん」
「気持ち……ええよ」
「嬉しおす、姐さん。もっともっと、気持ちよ、なっとくんなはれ」
「道ぃ」

 道代は、再び志摩子の陰部に吸い付いた。
 口を開けて、唇で陰部全体を覆い、軽く吸いたてる。舌先は、大陰唇、小陰唇、それらのあわい(間)、膣前庭まで、隈無く這い回った。
 道代は、志摩子の膣口に舌先をねじ込んだ。舌先は、すぐに障壁に行き当たった。志摩子の処女膜だった。気付いた道代は、すぐに舌を引いた。

(姐さん……)
(ねえさん、姐さん)
(小まめ、姐さん)
(かいらし〔可愛らしい〕なあ……)

 膣から出た道代の舌先は、会陰を這った。

「こそばい(くすぐったい)、道……」

 道代は返答しなかった。しばらく会陰を這っていた舌先が、志摩子の肛門を探り当てた。
 志摩子が悲鳴を上げた。

「ひゃい」

 道代は構わず、舌先を肛門の周りに徘徊させた。

「こ、これ道。そこは……おいど(尻)……」

 道代は、舌先を肛内にねじ込んだ。

「あーっ、あかん、あかんて、道。そこは……あかんっ」

 志摩子の肛門は、かすかに便臭がした。
 道代は香(こう)の香りのようにその臭いを感じた。もちろん道代に香道の嗜みなどあろうはずはない。知っているのは仏壇の線香の香りだけだ。であるから、道代は志摩子の便臭を、嗅いだことのない最上の香(こう)であるかのように感じたのだ。
 さらにその香りに浸ろうと、道代は志摩子の肛内を舌先で蹂躙した。

「あ……あかんっ」

 志摩子の膣口から、液が噴き出た。もちろん尿ではなく、膣液だった。
 志摩子は、いった。
センセイのリュック【幕間 アイリスの匣 #151】目次センセイのリュック【幕間 アイリスの匣 #153】

コメント一覧
コメント投稿へジャンプ    ページトップへ

    • ––––––
      1. 処女志摩子HQ
    • 2016/06/14 09:58
    • はい、ということでございまして
       前回の飲尿プレイに続きクンニ、クンニリングスです。
       舐める道代、舐められる志摩子。この先、どこまでエッチシーンが展開するのでしょうか、貴船山中の場。
       それにしても道代クンニ。
       今回のラストシーンは肛門舐め。わたし、大好きです、肛門。
       次回以降を乞う、ご期待。

       で、今回、道代姐さんのレポート?によりますと、小まめの志摩子の処女膜は健在だそうです。そんなこと、わかるんかねえ、はともかくそうかあ、まだ処女かあ、です。あの志摩子女将にも、処女だったころがあったんですねえ(当たり前や)。
       そういえば、道代はどうなんだろうね。

       わたしが“性に目覚め” たころ、この「処女」「しょじょ」「バージン」「virgin」なる語にどれほどの思いを抱いたか、懐かしく思い出します。
       「永遠の処女」と云いますと女優、原節子ですが、古代ペルシャの伝承では「フーリー」。金髪にしてその肌はあくまで白い天女だそうです。フーリーは、性交し処女膜が破れてもすぐに再生したとか。で、「永遠の処女」。
       それあ、経歴詐称やろ。

       「志摩子女将物語」。
       若き日の道代・志摩子を追いかけるこの企画。まだ続きそうです。現在の貴船の場にしても、まだまだ終わりそうにありません。この調子では、いつ、もとの「花よ志」に戻れるものか。あやめが待ちくたびれているでしょう。困ったもんだ。

    • ––––––
      2. Mikiko
    • 2016/06/14 19:44
    • どーも
       描写が、きちゃなーい感じになりますね。
       なぜなんでしょう。
       わたしが書くと、とーても綺麗なのにね。

       そもそも、道代は初めて舐めるんでしょうに……。
       そんなに上手く出来るもんなんですかね?


    • ––––––
      3. 酢か登呂が好きっHQ
    • 2016/06/14 20:54
    • >描写がきちゃない
       「便臭」を出したからかなあ。
       いや、そもそも。
       Mikikoさんって、好きじゃないのでは、肛門。『由美美弥』でも、あまり出さないだろ。
       それとも、スカトロが苦手なのかなあ。以前、浣腸もののAVを紹介した時も「きちゃなーい」とか言うてはりましたし。

      始めて舐める件
       そこはそれ、本能の赴くまま、というやつです。

       ともあれ、しつこいようですがもう一度。
       わたし、大好きです、こーもん。

    • ––––––
      4. 手羽崎鶏造
    • 2016/06/15 05:54
    • お邪魔させていただきます。
      尻アとかいう国も有る中東地域は、椅子ラム教の
      対立が絶えず、主にクンニ派とシーア派の争いだそうな。私もどちらかといえば実はクンニ派です。
      椅子ラムの聖地って、ひょっとして宇宙戦艦ヤマトに
      出てくる「椅子噛んだる」かなと妄想してます。
      そない言うたら大阪のおっちゃんが言うてはります。
      こないなったらもう椅子でも机でも噛んだるで。
      一番噛みたいのは小指(伊東ゆかり)やけどな。


    • ––––––
      5. Mikiko
    • 2016/06/15 07:36
    • ハーレクインさん&手羽崎鶏造さん
      > ハーレクインさん

       “始めて”→“初めて”ですね。

       わたしは、肛門の描写にカメラのシャッターを使ってますが……。
       もう、通じなくなってる恐れがありますね。


      > 手羽崎鶏造

       クンニ派(笑)。
       暗殺されまっせ。

    • ––––––
      6. ♪あなたが噛んだHQ
    • 2016/06/15 15:01
    • Mikikoさん&手羽崎鶏造さん>Mikikoさん

       ああ、こんなミス、「初めて」だよ。
      カメラのシャッター
       あの、薄い羽根を円形に組み合わせた、あれね。
       デジタルカメラ全盛だからなあ。知らない人も多いでしょう。


      >手羽崎鶏造さん

       >一番噛みたい
       
       一瞬、いっちょかみ(一丁噛み;関西語)かと思いました。
       いっちょかみ:何にでも首を突っ込むおせっかい野郎、てなとこですかね。
       尻ア。首都は騙す糟。

    • ––––––
      7. Mikiko
    • 2016/06/15 19:44
    • あんなミス、こんなミス
       舌の根も乾かぬうちに、『単独旅行記Ⅲ(6)』で愚かなミスを犯してます。
       あわれ。
    コメントする   【センセイのリュック/幕間 アイリスの匣 #152】
コメント一覧へジャンプ    ページトップへ


Comment:本文 絵文字  ※入力できるのは、全角で800字までです。

↓お帰りのさいには↓
愛のワンクリ お願いします
新しいウィンドウは開きません

相互リンクサイトのみなさま(Ⅰ)
レズ画像・きれいな画像倉庫 未知の星 禁断の体験 エッチな告白集 ひとみの内緒話
愛と官能の美学 Angel Pussy 週刊創作官能小説 ちょっとHな小説 恥と屈辱の交差点
官能文書わーるど 電脳女学園 萌木ケイの官能小説 羞恥の風
官能的なエロ小説 秘密のエッチ体験談まとめ 赤星直也のエロ小説 恥ずかしがりたがり。
おとなの淫文ファイル エッチのあとさき 新・SM小説書庫2 潤文学 ひめ魅、ゴコロ。

相互リンクサイトのみなさま(Ⅱ)
淫鬼の棲む地下室 ましゅまろくらぶ 空想地帯 Playing Archives
変態小説 人妻の浮気話 艶みるく 恍惚團 ~ドライ・オーガズムの深淵~ HAKASEの第二読み物ブログ
ぺたの横書き 18's Summer アダルト検索一発サーチ 濠門長恭の過激SM小説
SM~猟奇の性書~変態 女性のH体験告白集 Eros'Entertainment むね☆きゅんファンサイト
出羽健書蔵庫 快感小説 [官能小説] 熟女の園 女性のための官能小説
調教倶楽部 魔法の鍵 性小説 潤文学ブログ 妄想ココット

相互リンクサイトのみなさま(Ⅲ)
緊縛新聞 お姫様倶楽部.com 性転換・TS・女体化劇場 riccia
制服美少女快楽地獄 黒い教室 エピソードセックス 被支配中毒
女の陰影 渡硝子の性感快楽駆け込み寺 かめべや 最低のオリ
ライトHノベルの部屋 漂浪の果てに 被虐のハイパーヒロインズ 空想の泉~The Fountain of Daydream~
ちょっとHなおとなのための… オシッコオモラシオムツシーン収集所 アダルト官能小説快楽機姦研究所 被虐願望

渋谷子宮 RE:BIRTH 羞恥集 マルガリテの部屋 あおいつぼみ 葵蕾
エロ体験談で抜けるコピペ プライド 黒塚工房 官能小説 レイプ嗜好
人妻!人妻!人妻! wombatの官能小説 女性作家専門官能小説 羊頭狗肉
おしっこ我慢NAVI ねっとりぐちょぐちょ 美里のオナニー日記 黒イ都
ひよこの家 エロショッカー軍団 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます!
★相互リンク募集中!(メールしてね)★

ランキング/画像・動画(1~10)
厳選2chまとめ おかず動画アンテナ
エログちゃんねる 人気ブログランキング
にほんブログ村 官能小説アンテナ
正しいH小説の勧め 小説の匣
ライブドアブログ アダルトブログランキング

ランキング/画像・動画(11~30)
GL Search 萌駅 おたりんく ネット小説ランキング
アダルト動画まとめ セックス・ノベル・ネット Adult Novels Search Girls Love Search
少女禁忌区域 アダルト検索BBJapan 絵描きさん.NET 創作系サイト検索・KAGOME
Cyber あまてらす ヌケルアダルト作品 GAY ART NAVIGATION クリエイターコレクションR18
ぱっくりんく 【携帯】GL狂愛Rank 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます!




<ランキング/画像・動画(31~50)ここまで-->
△Top