Mikiko's Room

 ゴシック系長編レズビアン小説 「由美と美弥子」を連載しています(完全18禁なので、良い子のみんなは覗かないでね)。
 「由美と美弥子」には、ほとんど女性しか出てきませんが、登場する全ての女性が変態です。
 文章は「蒼古」を旨とし、納戸の奥から発掘されたエロ本に載ってた(挿絵:加藤かほる)、みたいな感じを目指しています。
 美しき変態たちの宴を、どうぞお楽しみください。
管理人:Mikiko
東北に行こう!(122)
コメント一覧へジャンプ    コメント投稿へジャンプ
み「選択肢⑤が、130メートルだったの。
 チミが、問題を遮ったんじゃ」
客「反則でしょ」
いや~ん
↑いや~ん。前袋が外れると“不浄負け”となりますが、後ろは大丈夫だそうです。

客「四択って言ったんだから」
み「頑是ないヤツ」
自分の子供がこういうことをしたら、間違いなく捨てて帰ると思います
↑自分の子供がこういうことをしたら、間違いなく捨てて帰ると思います。

客「普通、抗議しますよ。
 いかがです、先生?」
律「こういうのと、まともにやり合うというのが、そもそもの間違いです」
日本の歌謡曲が、一番元気だったころですね
↑夏木マリ『絹の靴下』。1973年(昭和48年)の作品。作詞は阿久悠。日本の歌謡曲が、一番元気だったころですね。

客「……確かに」
がっくし

み「抗議は却下。
 講義を進める」
客「どうぞ」
どうぞ

み「投げやりになってどうする」
投げやりになってどうする
↑これは、やり投げ。

客「ならざるを得ませんでしょ」
み「最終氷期における海面低下は、最大で約130メートルじゃ。
 次の試験に出すから」
「試験に出すから」と言うときの教師の顔
↑「試験に出すから」と言うときの教師の顔。

客「もういいです」
み「投げたらあかん!」
投げたらあかん!
↑お馴染みの光景ですが……。九州場所では見られません。九州場所のマス席では、4枚の座布団が繋がってるからです。

 ↓こんな塩梅です。
九州場所のマス席では、4枚の座布団が繋がってるからです

客「進めてください」
み「ノリの悪いヤツ」
客「十分、ノリすぎました」
ゴーゴーを踊る星飛雄馬
↑ゴーゴーを踊る星飛雄馬。

客「反省してます」
練習中でしょうか
↑練習中でしょうか。

み「続いて、第2問」
客「いりません!」
み「生徒が問題を拒否してどうする」
ホラーのようです
↑ホラーのようです。

客「生徒じゃありませんから」
み「良いか。
 最終氷期における海面低下がわかっただけでは、何の意味もないのだぞ。
 津軽海峡の深さとの比較が大切なんじゃ」
津軽海峡の深さとの比較が大切なんじゃ

客「降参ですから、答えを言ってください」
降参ですから、答えを言ってください

み「気力が足りん!」
気力が足りん!
↑幻想です。

客「精も根も尽き果てました」
精も根も尽き果てました

み「足腰の弱いやつ」
客「足腰は関係ありません」
み「足腰を鍛えに鍛えて癌で死に」
足腰を鍛えに鍛えて癌で死に

客「何ですか、それは?」
み「山川阿茶先生の川柳です」
この人のことではありません
↑この人のことではありません。

み「言っておくが、花菱アチャコとは違うぞ」
吉本興業の漫才師。大正から昭和にかけて活躍しました。
↑吉本興業の漫才師。大正から昭和にかけて活躍しました。

客「よくそんな芸人の名前、知ってますね。
 筋肉野郎を皮肉ってるわけですか?」
もちろん、ステロイド使ってます
↑もちろん、ステロイド使ってます。

み「未熟!」
宮本武蔵の奇襲を、鍋の蓋で受け止める塚原卜伝(ぼくでん)
↑宮本武蔵の奇襲を、鍋の蓋で受け止める塚原卜伝(ぼくでん)。有名な逸話ですが、この2人は同時代の人ではないので(武蔵の生年は、卜伝の死後)、まったくの作り話です。

客「川柳なんて、知りませんから」
1987年にスタートした『サラリーマン川柳(第一生命)』
↑1987年にスタートした『サラリーマン川柳(第一生命)』。これまでの投句数は、104万句だとか。

み「この阿茶先生は、文字どおりの先生なの。
 すなわち、女医さん。
 大正8年に東京女子医大を卒業しておられる」
なんでこんなに男がいるのかと思ったら、大学院は男女共学なんだそうです
↑なんでこんなに男がいるのかと思ったら、大学院は男女共学なんだそうです。

客「そのころの癌は、まさしく死病だったでしょうね。
 でも、女医さんなら、余計不謹慎じゃないですか?
 身体を鍛えてる人を馬鹿にしてるみたいで」
ネコと一緒にエクササイズ
↑ネコと一緒にエクササイズ(ネコはいい迷惑)。↓


み「だから、未熟者と言っておる。
 そんな、上っ面な句ではないわ。
 人生の無常を詠んでおる」
諸行無常
↑『諸行無常』は、仏教の根本思想。この世に存在するすべてのものは、同じ状態を保つことなく移り変わっていき、永久不変なものなどないということ。

客「はぁ。
 また、話がずれてますけど」
み「忘れておらんわい。
 津軽海峡の深さの話じゃ」
津軽海峡の深さの話じゃ

み「生徒がだらしないので、講義を進める。
 最終氷期における海面低下は、130メートル。
 しかるに!
 津軽海峡の底は、深さが140メートル」
津軽海峡の底は、深さが140メートル
↑その100メートル下を、青函トンネルが通ってます。

み「つまり、津軽海峡の中央部には、大河のような水路部が残ったのじゃ」
津軽海峡の中央部には、大河のような水路部が残った
↑130メートル海面低下のシミュレーション図。北海道は大陸と地続きになりますが、津軽海峡は残ってます。

み「おわかり?
 すなわち、動物は渡れないの」
客「でも、樹の幹とかに乗って、漂流することだってあるでしょ」
漂流することだってあるでしょ

み「パカモン!
 津軽海峡の潮流を知らんのか!
 今の広さがあっても、最大、秒速1.5メートルもあるのじゃ」
アイルランド人スイマーが、横断を試みたそうです
↑アイルランド人スイマーが、横断を試みたそうです(赤矢印が予定ルート)。残念ながら、潮流が強すぎて失敗。

客「時速にして、5.4キロ。
 人が早足で歩くほどの速さじゃ。
 これが、川のように細かったら、速さはどれほどのものになるか」
『闘竜灘(兵庫県加東市)』に、明治時代に掘られた水路
↑『闘竜灘(兵庫県加東市)』に、明治時代に掘られた水路。舟はこの水路を通ることにより、激流を避けることができました。

み「おそらく……。
 マッハ3にはなる」
ナンバーが『5』なのは、『Go』とかけてるのか?
↑ナンバーが『5』なのは、『Go』とかけてるのか?

客「なるわけないでしょ!」
み「そこまではいかんにしてもじゃ。
 氷河期の狭い津軽海峡は、激流に近い流れだったはず。
 そんなところに丸太が落っこちたら、あっという間に海のもずくです」
もずくは、なかなか美味しいものに当たりません
↑もずくは、なかなか美味しいものに当たりませんが、美味しいものは、驚くほど美味しいです。

客「藻屑でしょ」
磯野家の先祖だそうです
↑磯野家の先祖だそうです。幕末の人だとか。お盆のころ、波平の夢枕に登場します。

み「てなわけで……。
 津軽海峡を境に、北海道と本州の生物相が異なるわけじゃな」
津軽海峡を境に、北海道と本州の生物相が異なる

客「たとえば、どんな動物です?」
み「ブラキストン線を北限とする種はツキノワグマ、ニホンジカ、ニホンザル、ライチョウ、ヤマドリ、アオゲラ。
 逆に、この線を南限とするのが、ヒグマ、エゾシカ、エゾシマリス、ミユビゲラ、ヤマゲラ、シマフクロウ、ギンザンマシコなどである。
 また、タヌキ、キツネ、ニホンリスはこの線の南北でそれぞれ固有の亜種となっている」
大間崎にある説明板
↑大間崎にある説明板です。

客「コピペですね」
コピーロボットみたいです
↑コピーロボットみたいです。Tシャツにプリントされた“CTRL+C”“CTRL+V”は大変有効です。ぜひ覚えましょう。あと、“CTRL+A”もね。

み「ちなみに、これを提唱したのは……。
 イギリスの動物学者、トーマス・ブラキストンじゃ。
 幕末から明治にかけて、日本に滞在した」
イギリスの動物学者、トーマス・ブラキストン
↑函館山にある説明板。

客「でも、納得出来ないなぁ」
み「どこがじゃ?」
客「動物はわかりますよ。
 クマとかシカとか」
シカは木に登らないと思います
↑シカは木に登らないと思います。ついでに、キツネも。

客「でも、なんで鳥まで、種類が違うんですか?
 鳥には、羽根があるでしょ」
コウロコフウチョウの求愛ディスプレイ
↑コウロコフウチョウの求愛ディスプレイ。変態がコートの前を広げてるようにも見えます。

客「津軽海峡は、今よりずっと狭かったはずですよ。
 ひとっ飛びでしょ」
鳥に高所恐怖症は、いるんでしょうか?
↑鳥に高所恐怖症は、いるんでしょうか?

み「寒すぎて、飛べなかったんじゃないの?」
2015年初頭、アメリカを襲った寒波
↑2015年初頭、アメリカを襲った寒波。動物園のペンギンが、屋内に退避させられたそうです。

客「どうして、寒いと飛べないんです?」
み「羽根を広げたら、体温を奪われるではないか」
栃木県羽田沼。氷上です。
↑栃木県羽田沼。氷上です。どうして、もう少し南に行かないんですかね。

客「それは、住んでる場所でもそうでしょ。
 ヤマゲラが飛べなかったら、生きていけませんよ」
ヤマゲラ。けっこう大きいです。
↑ヤマゲラ。けっこう大きいです。自動車に接触してしまったようです。

み「わたしに聞くでない。
 ブラキストンに聞いてくれ」
客「都合の悪いことは、人のせいですか」
み「ところで、ブラキストン線が歌詞に入った名曲があるのを知っておるか?」
客「知りません。
 こんな特殊な用語、どんな歌に使えるんです?
 生物学部の部歌ですか?」
み「生物学部なんて部があるかい。
 理学部じゃろ」
“応用”が付きますが、生物学部がありました。東京工科大学です。
↑“応用”が付きますが、生物学部がありました。東京工科大学です。

客「じゃ、理学部生物学科ですか」
ホタルイカの研究をするんでしょうね
↑ホタルイカの研究をするんでしょうね。

客「科歌になるのかな」
み「そんな水戸黄門の高笑いみたいな歌があるかい」
客「何です、それ?」
み「カーッカッカッカ」
カーッカッカッカ

客「古いですね。
 東野英治郎じゃないですか」
み「やっぱり、水戸黄門といえば、この御方しかおらん。
 道で行き会ったお年寄りが、その場に土下座したことがあるという」
道で行き会ったお年寄りが、その場に土下座したことがあるという
↑若きもすなり。

客「ホントですか」
み「聞いた話じゃ
 でも、あれだけイメージが固まっちゃったら……。
 ほかの役とか出来なかったろうね」
別の役、ありました(『女7人あつまれば(1982年)』)
↑別の役、ありました(『女7人あつまれば(1982年)』)。特別出演ですが。

客「悪役は難しいですよね。
 ところで、何の歌なんですか?」
み「おぉ、そうじゃ。
 北海道新幹線の開通を記念した『カムイの風』という曲です」
客「知りません」
み「たわけ者!
 ↓『ニコニコ動画』に、ちゃんと載っておるわ」


客「ははぁ。
 北海道新幹線は、青函トンネルで津軽海峡を渡りますね」
北海道新幹線は、青函トンネルで津軽海峡を渡りますね

み「左様」

↓北海道側の入口がある今別町には、こんな神社が。地元住民が、自費で設置したとか。
北海道側の入口がある今別町には、こんな神社が

客「歌ってみてください」
み「♪ふかーさ、にひゃーくよんじゅーめーたー」
客「何でそんなに音が高いんですか。
 声がひっくり返ってますよ」
わたしは、すべて当てはまる気がする
↑わたしは、すべて当てはまる気がする。

律「はた迷惑よ。
 恥ずかしい女ね。
 みんな振り返ってるじゃないの」
背中に顔を描いて、前屈してるのです
↑振り返る画像を探してたら、妙なものを発見。なんだと思います? 腹踊りの反対。背中に顔を描いて、前屈してるのです。アメリカで流行ってるんだとか。

み「初音ミクの音程じゃから、仕方ないの」
初音ミクの音程じゃから、仕方ないの

み「超音波一歩手前の高音じゃ」
超音波一歩手前の高音じゃ

客「人が歌えないじゃないですか」
み「♪たっぴのうなそこにー」
律「やめなさいって」
わかっちゃいるけどやめられない
↑わかっちゃいるけどやめられない。

み「♪さんせんきじょうは、ひかーりかがやく、しろーがねーのやー」
叫ばないで

律「叫ばないで」
み「ノドから血が出そうじゃ」
ノドから血が出そうじゃ

客「静かに歌ってくださいよ」
み「高音が出せないじゃろ」
高音が出せないじゃろ

客「まだ出てこないんですか?
 ブラキストン線」
み「次に出るわい。
 ♪ブラキストンせん、つらぬきーわたる、せいかんとんねる」
客「こんな歌詞、知識がなければ、理解できないでしょ」
み「わからなければ、調べれば良いのじゃ。
 人間、一生勉強です」
人間、一生勉強

客「また、正論を言う」

 さて、みなさんはもう、お聞きになりましたか?
 名曲『カムイの風』。
 ぜひ、お聞きください。
 動画と歌詞のページは、こちらになります。

み「今、どのあたりじゃ?」
客「わたしも、大湊線に乗りながら……。
 これほど、車窓を見なかったのは初めてです。
 どうやらもう、『むつ市』に入ったようです」

↑『有畑』と『近川』の間で、『むつ市』に入ります。

み「確か、『むつ市』って、日本最初のひらがな名の市だよね」
面積は、864.2 km2で、佐渡ヶ島よりデカいです
↑面積は、864.2 km2で、佐渡ヶ島よりデカいです。

客「よくご存知ですね。
 ここまでには、いろいろ変遷がありましてね。
 まず、昭和34年9月に、 下北郡の『田名部町』と『大湊町』が合併し……。
 『大湊田名部(おおみなとたなぶ)市』となりました」
『大湊田名部(おおみなとたなぶ)市』となりました

み「長すぎだろ」
客「当時、5文字という表記は、日本一長い市名でした。
 読み仮名の8文字というのも……。
 『大和郡山(やまとこおりやま)市』と並んで日本一の長さでした」
福島県郡山市と区別するため、“大和”を冠したそうです
↑こちらは、現存してます。福島県郡山市と区別するため、“大和”を冠したそうです。

客「その後、文字数では、『かすみがうら市』『つくばみらい市』が6文字で並んでます」
み「『霞ヶ浦市』『筑波未来市』なら、3文字と4文字でないか」
客「全部ひらがななんですよ。
 どちらも」
どちらも茨城です。張り合ってる?
↑どちらも茨城です。張り合ってる?

み「インチキじゃないか。
 読み仮名の方はどうなんじゃ?」
客「その後に出来た『南九州(みなみきゅうしゅう)市』の9文字が日本一です」
『南九州市』は、イマイチ味わいのない市名ですね
↑『南九州市』は、イマイチ味わいのない市名ですね。いっそ、『さつまいも市』とかはどうです?

み「小さい“ゆ”が2つも入ってるではないか」
↑“キャ”“ショ”“ニュ”“クヮ”などのように、ヤ・ユ・ヨ、またはワの小さい字を添えて書き表されるものを、拗音(ようおん)と云うそうです。初めて知ったわい。

み「事実上、7文字じゃ。
 9文字とは認定できん」
客「あくまで、文字の数ですから」
み「でも、ま、長い方に固執せんで、『むつ市』にしてしまったのは利口じゃの」
標識も見やすいですね
↑標識も見やすいですね。

客「『大湊田名部市』じゃ、住所を書くのが大変です。
 覚えてもらえないでしょうし」
長い住所と云えば、京都
↑長い住所と云えば、京都。めんどくせー。

み「いつ、『むつ市』になったわけ?」
客「昭和35年8月です」
ダッコちゃん人形がブームになった年
↑ダッコちゃん人形がブームになった年。この人形の、どこが受けたんですかね?

み「すぐではないか」
客「11ヶ月後ですね」
み「よほど、市民からのブーイングが大きかったんじゃろ。
 陸奥湾に面してるから、『むつ市』というのは、実にわかりやすい」
神宮球場でのイベント。日付けに深い意味は無いようです。
↑神宮球場でのイベント。日付けに深い意味は無いようです。

み「でも、なんで平仮名にしたのかね?」
客「やっぱり、漢字だと、読み間違えられると思ったんじゃないですか?
 “みちのく”とも読めますし」
黄色い部分が、陸奥国。巨大な地域でした。
↑黄色い部分が、陸奥国。巨大な地域でした。

み「なるほど」
客「その後、相撲取りで陸奥嵐(むつあらし)という幕内力士が出ましたけどね。
 関脇までなりました。
 昭和40年代だったかな」


み「知らんわい。
 しかし今では、ひらがな市は、ぜんぜん珍しく無くなったな」
客「さいたま市なんて、政令指定都市まで出来ましたからね」
広島市や仙台市より大きいとはびっくり
↑広島市や仙台市より大きいとはびっくり。

客「『むつ市』が最初だって知ってる人も少ないんじゃないですか」
み「それじゃもう、これが一番ってものはないの?」
客「あります。
 『下北駅』です」
2010年に建て替えられ、風情ゼロになりました
↑2010年に建て替えられ、風情ゼロになりました。建売住宅みたいです。こんなこと書くと、地元の利用者には怒られるでしょうね。

客「本州最北端の駅なんです」
み「『下北駅』って、陸奥湾に面してるよね」
『下北駅』って、陸奥湾に面してるよね

み「てことは、その北側には、ぜんぜん駅がないってこと?」
客「昔はあったんですよ。
 津軽海峡側まで抜ける大畑線が」
津軽海峡側まで抜ける大畑線が

客「最初は、国鉄の路線でしたが……。
 1985(昭和60)年、下北交通に移管されます。
 下北交通はそれまで、下北バスというバス会社だったんです。
 大畑線を引き継ぐことになって、下北交通に改称しました」
み「純粋なバス会社が、鉄道を引き継ぐって、珍しいんじゃないの?」
昔の写真かと思ったら、2011年撮影でした
↑昔の写真かと思ったら、2011年撮影でした。時が止まってるようです。

客「ほかには無いんじゃないですか」
み「ノウハウも持ってなかったでしょうに」
客「ですよね。
 バス事業で関係のあった京浜急行から指導を受けたようです」
わたしにとって、ほとんど馴染みのない鉄道です
↑わたしにとって、ほとんど馴染みのない鉄道です。どこを走ってるんでしょう。

客「でも、その路線も、2001(平成13)年に廃止になりました」
み「わずか、15年あまりではないか」
客「車両や施設が老朽化してしまいましてね」
車両や施設が老朽化してしまいましてね
↑『大畑線』の機関車、ではありません。

客「新しくする余力は無かったようです」
み「それで、『下北駅』が、最北端に返り咲いたってわけか」
客「いえ、返り咲きじゃないです。
 初めてですよ」
み「でも、大湊線の方が、開業は先でしょ?」
客「大湊線の開業は、確か1921(大正10)年です」
開業90年は、2011年
↑開業90年は、2011年。もう少しで、100年ですね。

み「ほれ、見なさい。
 大畑線は、その後でしょ?」
客「1939(昭和14)年です」
『大畑駅』跡に残る駅名標
↑『大畑駅』跡に残る駅名標。10年くらい前の撮影のようです。今でも残ってるんでしょうか。

み「その間、28年間は、下北駅が最北端だったんじゃないの?」
客「それが、そうじゃないんです。
 大湊線が開通したとき、下北駅は無かったんです。
 下北駅は、大畑線の分岐駅として作られたんです。
 つまり、下北駅の開業は、大畑線の開業と同時です」
大畑線『田名部駅』。1976(昭和51)年早春。
↑大畑線『田名部駅』。1976(昭和51)年早春。ドラマの1シーンみたいな風景です。

み「ぬわんと。
 それでは、大畑線の廃業により、初めて本州最北端の駅となったわけだな」
客「そうなんですが……。
 大畑線があるうちから、最北端を名乗ってたんです」
み「なじぇに?
 詐称ではないか」
客「大畑線は、1985(昭和60)年、下北交通に移管されたでしょ。
 で、下北駅に、『JR東日本の「てっぺんの駅」』という看板が掲げられたわけです」
み「せこ」
看板はセコいですが、駅舎は風情があります
↑看板はセコいですが、駅舎は風情があります。

客「2001(平成13)年からは、名実ともに最北端になりました」
み「そんなに、最北端にこだわりたいのかね?」
北極点です。腹立つ寒さでしょうな。
↑どんなに頑張っても、ここには敵いませんが。北極点です。腹立つ寒さでしょうな。

客「青森県民は、そうみたいですね。
 実は、終点の『大湊駅』も名乗ってるんです」
こちらは、風情を保ってます
↑こちらは、風情を保ってます。古くからある民宿みたいですね。

み「なんでよ?
 『下北駅』の方が北なんでしょ?」
客「『下北駅』は、北緯41度16分48秒。
 『大湊駅』は、北緯41度16分40秒。
 わずか、8秒ですが、『下北駅』が北です」
わずか、8秒ですが、『下北駅』が北です

み「8秒って、距離にしてどれくらい?」
1秒は、3,600分の1度ということです
↑1秒は、3,600分の1度ということです。

客「緯度の1秒が約31メートルですから……。
 250メートル弱ですかね」
み「明確に違うではないか。
 なんで名乗れるわけよ」
客「『てっぺんの終着駅』と名乗ってるんです」
『てっぺんの終着駅』と名乗ってるんです

み「せこー。
 瀬古利彦」
こちらは楽太郎(現・円楽)でした
↑失礼。こちらは楽太郎(現・円楽)でした。

客「あなたも古いですね」
み「なぜか、年寄りとばかり話が合う。
 おかげで、うちのブログの読者は、ジジイばっかりじゃ」
ブログ閲覧時の想像図。見たら死ぬで。
↑ブログ閲覧時の想像図。見たら死ぬで。

み「デイサービスに通ってるのまでいる」
客「はっはっは。
 時代ですね。
 デイサービスに通う人が、パソコン使うんだから」
パソコンサロンのあるデイサービス
↑パソコンサロンのあるデイサービス。もちろん、デイの利用者が使うのです。

み「まさしく。
 でも、なんで青森県は、そんなに最北端にこだわるかね。
 北に北海道があるのに」
北斗市のゆるキャラ『ずーしーほっきー』
↑北斗市のゆるキャラ『ずーしーほっきー』。む、無敵……。北斗市のホームページからは、画像データがダウンロードできます(こちら)。何考えてんねん。

客「本州で最北端ということにこだわりたいんじゃないですか」
み「それは、ひょっとして、北海道は蝦夷の国で、本土じゃないという差別ではないか?」
北海道は蝦夷の国で、本土じゃないという差別ではないか

客「そんなつもりはないでしょう」
み「わかった。
 ブラキストン線で線引してるわけだ」
ブラキストン線で線引してるわけだ

客「そんなつもりは、もっと無いと思います」
み「ちなみに、本州最北端ってどこ?
 あ、竜飛岬か」
竜飛岬か

客「ぜんぜん違いますよ。
 下北半島が突き出してるでしょ。
 大間崎です」
大間崎です

み「じゃ、『津軽海峡冬景色』の歌詞はどうなるわけ?」

↑もう一度、どうぞ。わたしは、洋装の方が好きです。

み「“ごらん あれが竜飛岬 北のはずれと 見知らぬ人が指をさす”とあるではないか」
日本公開は、1983(昭和58)年
↑日本公開は、1983(昭和58)年。なんと、33年も前です。少年を演じたヘンリー・トーマスは、現在44歳。

み「あれは、嘘なわけ?」
客「嘘じゃないでしょ。
 実際、竜飛岬で本州が終わってるんですから。
 “ごらん あれが竜飛岬 本州最北端と 見知らぬ人が指をさす”と歌ってれば嘘ですけど」
見知らぬ人が指をさす

み「音数が合わんではないか。
 そもそも、なんで見知らぬ人が、わざわざ指をさすわけ?」
客「わたしに聞かないでください」
み「その前に、“北へ帰る人の群れは 誰も無口で”とあるではないか」
最近、犬の散歩をしてる人を見かけなくなりました
↑最近、犬の散歩をしてる人を見かけなくなりました。

み「知らない人に話しかけるってのは、全然無口じゃないぞ」
客「そういう人もいるでしょ」
み「“誰も”と言ってるではないか」
客「なんでわたしに絡むんです。
 やっぱり、飲んでるんじゃないですか?」
やっぱり、飲んでるんじゃないですか?

客「阿久悠さんに聞いて下さいよ」
阿久悠さんに聞いて下さい
↑シングル売り上げ枚数、6,831万9,000枚。

み「あんた、ちょっと死んで、あの世で聞いてきてくれるか?
 でもって、夢枕に立って教えちくれ」
何しに出てきたか、忘れてる幽霊がいるそうです。案外、向うも緊張してるのかも。
↑何しに出てきたか、忘れてる幽霊がいるそうです。案外、向うも緊張してるのかも。

客「バカ言わないでください」
み「早い話、これはナンパですな」
ナンパされたい女性は、7月8日、街に出陣しましょう
↑ナンパされたい女性は、7月8日、街に出陣しましょう。

み「若い女の1人旅で、しかも明らかに楽しい旅ではない」
若い女の1人旅で、しかも明らかに楽しい旅ではない
↑京都のようです。

み「これは付け入るチャンスだと。
 下心が見え見えじゃ」
指圧の心は下心
↑指圧の心は下心。

客「はいはい」
み「なんじゃ、そのあしらうような言いざまは。
 まるでわたしが、頑是ない酔っぱらいみたいではないか」
頑是ない酔っぱらいみたいではないか

客「違うんですか」
み「今日はまだ、1滴も飲んでおらんわい。
 そういえばこの歌詞、まだ気に入らぬところがある」
客「どこですか?
 名曲じゃないですか」
み「さては、小料理屋で歌いあげてるんじゃないか?
 はた迷惑な」
こんなところで歌われたら、大迷惑
↑こんなところで歌われたら、大迷惑。

客「小料理屋で歌える曲じゃないでしょ。
 唸らなきゃなりませんから」
み「皿小鉢が飛んでくるわ」
お皿を、コンクリート壁にぶつけて割れるそうです(6枚・2,000円)
↑京都の陶芸工房。お皿を、コンクリート壁にぶつけて割れるそうです(6枚・2,000円)。

客「どこが気に入らないんです?」
み「“こごえそうな鴎見つめ 泣いていました”」
こごえそうな鴎見つめ 泣いていました
↑撮影場所は不明です。同じ方向を向いてるのは、風に背を向けているからでしょう。

客「ここのどこがおかしいんです?」
み「カモメなんかダウンジャケット着てるようなものだろ」
カモメなんかダウンジャケット着てるようなもの
↑23,200円(こちら)。

み「凍えるわけないわい。
 第一、羽根があるんだから、もし凍えそうなら、もっと南に行けばいい」
南への風って、北風ですよね
↑南への風って、北風ですよね。

み「日本列島、ずーっと海岸線に沿って南に行けるんだから、気楽な旅暮らしが出来ると思うがね」
ハンバーグを食うカモメ
↑ハンバーグを食うカモメ。太り過ぎじゃね?

み「冬になったら、海岸線を徐々に南下していって……。
 真冬は、九州あたりで過ごすわけ」
このキャラのデザインで特筆すべきは、“目”だと思います
↑このキャラのデザインで特筆すべきは、“目”だと思います。

み「で、春から夏にかけては、花を追いかけて北上する。
 渡り鳥みたいに、1日で何百キロも飛ぶ必要はないんじゃ」
オオヒシクイは、時速100キロで10時間連続して飛べるそうです
↑オオヒシクイは、時速100キロで10時間連続して飛べるそうです。ひと飛び、1,000キロです。

み「せいぜい、10キロくらい飛んだら、その場で遊び暮らす」

↑ボールで一人遊びするカモメ。知能が高いんでしょうね。

み「それでも、3ヶ月あれば、900キロも移動できるではないか。
 気楽な稼業じゃ」
気楽な稼業じゃ

客「やっぱり、カモメにも縄張りがあるんじゃないですか?」
カモメにも縄張りがあるんじゃないですか?

客「人の土地に行ったら、ゆっくり休んでなんかいられないんですよ」
み「縄張りで思い出した」
客「また、話が飛ぶわけですね」
み「カモメのように」
カモメのように
↑渡辺真知子『かもめが翔んだ日』。

客「迷鳥ですよ」
み「しゃべってもいいか?」
客「どうぞ」
み「死んでも知らんぞ」
死んでも知らんぞ

客「何でですか!
 ほんとに酔ってるでしょ」
み「自らの話に酔ってる」
この人も、自己陶酔型じゃないでしょうか
↑この人も、自己陶酔型じゃないでしょうか。

客「病気ですよ。
 先生、どうにかしてください」
 あれ、ズルいな。
 寝ちゃってるや」
み「狸寝入りかも知れんぞ」
狸寝入りかも知れんぞ
↑体型は、完全にタヌキ化してます。

客「爆睡中に見えますが」
み「ティッシュ、持っとるけ?」
客「持ってますよ」
み「野糞をするためか?」
野糞をするためか?

客「違いますよ!
 何てこと言うんですか。
 ティッシュくらい、身だしなみでしょ」
ティッシュくらい、身だしなみでしょ

み「1枚、出してみ」
客「鼻でもかむんですか?」
み「こよりを作るのじゃ」
こよりを作るのじゃ

客「は?」
み「こより、知らんか?」
客「知ってますよ。
 紙を捻って細い紐状にしたものでしょ。
 そんなの作って、どうするんです?」
み「その先を、この先生の鼻の穴に挿しこむのじゃ」
その先を、この先生の鼻の穴に挿しこむのじゃ

客「何のためにそんなことするんです?」
み「狸寝入りかどうかの判別が出来る」
へぶしっ!
↑へぶしっ!

客「……」
その無言の意味を問いたい

み「その無言の意味を問いたい」
客「バカバカしくて、しゃべる気にもならんのです」
み「それでは、話を続ける」
客「続けますか」
み「大阪の会社の人が、新潟に出張に来ての」
『タケちゃんマン』で短命に終わったキャラ、『サラリーマン』
↑『タケちゃんマン』で短命に終わったキャラ、『サラリーマン』。

客「はぁ」
み「気のない相槌じゃな」
気のない相槌じゃな

客「縄張りの話なんですよね?」
建築現場での“地縄張り”
↑これは、建築現場での“地縄張り”。この後、地鎮祭が行われます。

み「もちろんじゃ」
客「一応確認しておかないと、話の筋道が、さっぱりわからなくなりますから。
 大阪から出張して来た人が、どうしたんですか?」
み「新潟の街を歩きながら、とても清潔だと言っておった」
信濃川沿いの『やすらぎ堤』から、柳都大橋を望む
↑信濃川沿いの『やすらぎ堤』から、柳都大橋を望む。高層ビルは、『ホテル日航新潟』。

客「すでに、筋道を見失いました」
CGではなく、福島県に実際にあるようです
↑CGではなく、福島県に実際にあるようです。予算が無くなったみたいです。ほんまか?
東北に行こう!(121)目次東北に行こう!(123)

コメント一覧
コメント投稿へジャンプ    ページトップへ

    • ––––––
      1. 分割払いハーレクイン
    • 2016/06/11 10:54
    • 東北総集編#122がUPされました
       久々にご紹介したいと思います。
       ただ、これまでのように「まとめて一括」(馬から落ちて落馬……だなあ)ですと時機を失する恐れがあります(ここしばらく、そうだったんですね)。
       そこで、少しずつ小出し(は、おかしいか)に、ぼちぼちと(気が向いたときに)書いていきたいと思います。とびとびになりますんで、管理人さんには「ええい、うっとうしい」かもしれませんが、ご容赦。

       で、えーと、現在の現場(これも、馬……かなあ)はJR東日本大湊線の車内。「み」さん、「律」センセ、「客」さんの会話が続きます。
       ですが、とりあえず全体をざっと見ましたところ「律」センセが登場しない。あれえ、寝はったかな、と思ったら2度、発言がありました。何とか起きておられるようです。


       はい、ということでございまして、始めの話題は相撲ネタ。
       まわしの前、ちんちんを包んでいる部分を「前袋」というそうです。で、取り組み中、ここが外れると「不浄負け」。そうかあ、ちんちんって、不浄なんだ。


      がんぜ‐な・い【頑是無い】
       幼くてまだ是非・善悪のわきまえがない。ききわけがない。転じて、無邪気である。         (広辞苑第六版)

       言い換えは「うっとうしい」「やかましい」「もう放っとくから、好きにせえ!」

    • ––––––
      2. Mikiko
    • 2016/06/11 12:52
    • 不浄負け
       本場所では、過去に2番だけだそうです。
       1917年5月13日と、2000年5月13日。
       奇しくも同じ日です。
       後の方は、三段目の取り組みでしたから、見た人はほとんどいないでしょう。
       83年ぶりの珍事は、海外にも打電されたとか。
       スポーツ新聞の見出しは、『決まり手はモロ出し』。
       売り切れ続出だったそうです。
       5月13日を、『モロ出し』の日とかに制定したらどうでしょう。
       でも、この日誕生日の人は、気の毒ですね。

    • ––––––
      3. 粗ちんハーレクイン
    • 2016/06/11 18:28
    • モロ出しの日
       同じ事象が、同じ日付の日に起こる確率ってどれくらいなんですかね。
       ちょっと似た数学上の命題に『誕生日のパラドックス』というのがあります。曰く……

      「何人集まれば、その中に誕生日が同一の2人(以上)がいる確率が、50%を超えるか?」というもの。

       答えは……、
       366人(閏日も考えるなら367人)集まれば確率は100%になりますがしかし、その5分の1に満たない70人が集まれば確率は99.9%を超え、50%を超えるのに必要なのはわずか23人、だそうです。

       さーっぱりわかりません。ほんまかいな、ですね。
       ちなみに、この場合のパラドックスは“矛盾”ではなく、「結果が一般的な直観と反している」ということだそうです。
       この話、わたしはA.C.クラーク『渇きの海』で知りました。

       それにしてもモロちん、大きさはどれくらいだったんだろうね。案外……。

    • ––––––
      4. Mikiko
    • 2016/06/11 18:38
    • 大きさは……
       常人と同じです。
       ただし太ってると、付け根が腹肉に埋もれてしまうので、見た目は小さくなります。

       まわしは、洗わないそうですね。
       近づきたくないです。

    • ––––––
      5. 洗濯屋ケンちゃんHQ
    • 2016/06/11 22:51
    •  ↑歴史的裏ビデオです。
        史上初めて出回った……かな。

      >まわしは洗わない
       まったく洗わないわけじゃないです。
       テレビで見たことありますが、屋外のコンクリの上にまわしを広げ、水を掛けながらデッキブラシで擦っていました。

    • ––––––
      6. 分割払い2回目HQ
    • 2016/06/13 16:19
    • 東北総集編#122のご紹介第2弾
      『絹の靴下』カラオケ(だよね)画像
       エロいよ、夏木マリ姐さん。
       あ、ご本人じゃないのかなあ。

      やり投げを投げやりにやるやくみつる
       ↑川柳でも、早口言葉でもありません。

      試験に出すからな
       定期試験の前の教師の定番セリフ。
       まあ、勉強させるためだからこれでいいんだろうけど、本番の入試ではそうはいかんよね。

      投げたらあかん
       と云って投げん奴はおりまへん。番狂わせ座布団。
       4枚繋がりは九州場所のマス席座布団。そんな嫌がらせかんけーないわ、安い席座布団
       ついでに、
       ♪なめたらあかん~、は天童よしみ。

      ゴーゴー飛雄馬
       何ともかんともですがしかし、この後、見事にサマになっていきます、飛雄馬のゴーゴー。さすが一流のスポーツ選手。

      反省猿
       日光さる軍団は健在のようです。

      『当節怪談事情 拒否する教室』
       タイトル、長すぎ。まあ、前半はサブタイトルだけど。
       それにしても赤川次郎、いっこも読んだことないけど、面白いのかね。そうは思えんのだが、食わず嫌いかなあ。

      津軽海峡の地図
       『東北』を読むまでは ♪ここは地の果てアルジェリア、だったけど、それは失礼だよね。

      降参ですフィギュア
       は、アルジェリアの、じゃなくてどこの国だっけ、この下士官。どこかややこしいとこ、セルビアだったかな。

      >精も根も尽き果てました
       ♪力も尽き果て呼ぶ名は父母~

      阿茶の局
       以前、この人と、お茶々さんこと淀君とを混同していてね。徳川と豊臣をごっちゃにしてどーする、てなもんや三度笠。
       さらに、家康の側室には茶阿の局ってのもいてね、阿茶さんと同年代。まあ、ややこいのなんの。

      >花菱アチャコとは違うぞ
       ちょっと苦しいな。
       それにしても「アチャコ」って、どういう意味なんだろうね。


       はい、ということでございまして、この続きは次の第3弾に続きます(日本語、変)。

    • ––––––
      7. Mikiko
    • 2016/06/13 18:26
    • 続くんかい
       もう、誰も読まんぞ。
       そもそも、すでにネタ自体忘れてしまっておる。
       覚えてるのは、試験に出すネコの顔だけじゃ。
       あ、飛雄馬のゴーゴーも、覚えてた。

    • ––––––
      8. ♪忘れ、ないわーHQ
    • 2016/06/13 22:20
    •  ↑ペギー・マーチ『忘れないわ』

      >忘れてしまっておる
       だから改めてコメするのではないか。
       しかし今回感じたんだけど、以前の一気掲載より、ずっと読みやすくなったんでないかい。

       はい、ということでございまして、しつこいようですが次の第3弾を乞う、ご期待。
    コメントする   【東北に行こう!(122)】
コメント一覧へジャンプ    ページトップへ


Comment:本文 絵文字  ※入力できるのは、全角で800字までです。

↓お帰りのさいには↓
愛のワンクリ お願いします
新しいウィンドウは開きません

相互リンクサイトのみなさま(Ⅰ)
レズ画像・きれいな画像倉庫 未知の星 禁断の体験 エッチな告白集 ひとみの内緒話
愛と官能の美学 Angel Pussy 週刊創作官能小説 ちょっとHな小説 恥と屈辱の交差点
官能文書わーるど 電脳女学園 萌木ケイの官能小説 羞恥の風
官能的なエロ小説 秘密のエッチ体験談まとめ 赤星直也のエロ小説 恥ずかしがりたがり。
おとなの淫文ファイル エッチのあとさき 新・SM小説書庫2 潤文学 ひめ魅、ゴコロ。

相互リンクサイトのみなさま(Ⅱ)
淫鬼の棲む地下室 ましゅまろくらぶ 空想地帯 Playing Archives
変態小説 人妻の浮気話 艶みるく 恍惚團 ~ドライ・オーガズムの深淵~ HAKASEの第二読み物ブログ
ぺたの横書き 18's Summer アダルト検索一発サーチ 濠門長恭の過激SM小説
SM~猟奇の性書~変態 女性のH体験告白集 Eros'Entertainment むね☆きゅんファンサイト
出羽健書蔵庫 快感小説 [官能小説] 熟女の園 女性のための官能小説
調教倶楽部 魔法の鍵 性小説 潤文学ブログ 妄想ココット

相互リンクサイトのみなさま(Ⅲ)
緊縛新聞 お姫様倶楽部.com 性転換・TS・女体化劇場 riccia
制服美少女快楽地獄 黒い教室 エピソードセックス 被支配中毒
女の陰影 渡硝子の性感快楽駆け込み寺 かめべや 最低のオリ
ライトHノベルの部屋 漂浪の果てに 被虐のハイパーヒロインズ 空想の泉~The Fountain of Daydream~
ちょっとHなおとなのための… オシッコオモラシオムツシーン収集所 アダルト官能小説快楽機姦研究所 被虐願望

渋谷子宮 RE:BIRTH 羞恥集 マルガリテの部屋 あおいつぼみ 葵蕾
エロ体験談で抜けるコピペ プライド 黒塚工房 官能小説 レイプ嗜好
人妻!人妻!人妻! wombatの官能小説 女性作家専門官能小説 羊頭狗肉
おしっこ我慢NAVI ねっとりぐちょぐちょ 美里のオナニー日記 黒イ都
ひよこの家 エロショッカー軍団 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます!
★相互リンク募集中!(メールしてね)★

ランキング/画像・動画(1~10)
厳選2chまとめ おかず動画アンテナ
エログちゃんねる 人気ブログランキング
にほんブログ村 官能小説アンテナ
正しいH小説の勧め 小説の匣
ライブドアブログ アダルトブログランキング

ランキング/画像・動画(11~30)
GL Search 萌駅 おたりんく ネット小説ランキング
アダルト動画まとめ セックス・ノベル・ネット Adult Novels Search Girls Love Search
少女禁忌区域 アダルト検索BBJapan 絵描きさん.NET 創作系サイト検索・KAGOME
Cyber あまてらす ヌケルアダルト作品 GAY ART NAVIGATION クリエイターコレクションR18
ぱっくりんく 【携帯】GL狂愛Rank 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます!




<ランキング/画像・動画(31~50)ここまで-->
△Top