Mikiko's Room

 ゴシック系長編レズビアン小説 「由美と美弥子」を連載しています(完全18禁なので、良い子のみんなは覗かないでね)。
 「由美と美弥子」には、ほとんど女性しか出てきませんが、登場する全ての女性が変態です。
 文章は「蒼古」を旨とし、納戸の奥から発掘されたエロ本に載ってた(挿絵:加藤かほる)、みたいな感じを目指しています。
 美しき変態たちの宴を、どうぞお楽しみください。
管理人:Mikiko
センセイのリュック/幕間 アイリスの匣 #148
コメント一覧へジャンプ    コメント投稿へジャンプ
戯曲『センセイのリュック』作:ハーレクイン



幕間(小説形式)アイリスの匣#148



 その年、七月の十七日。道代と、小まめの志摩子は連れだって、というより志摩子が道代を引き連れて、四条大橋を渡った。東から西へ、である。

 京都の東側に南北に連なる東山。京の都にとって、古くから天然の要害であったその東山連峰の西の麓を、やはり北から南へ流れる鴨川は、京の都のシンボルである。
 京の街の只中を東西に延びる、京都最大の通り、四条通りが鴨川を渡る、その橋が四条大橋である。この橋の西詰め、鴨川の右岸には、先斗町(ぽんとちょう)、木屋町、新京極など著名な町筋が多くある。京都の台所と称される錦市場(にしきいちば)もこの一角にある。
 四条大橋を東に渡ると祇園である。鴨川の左岸、東側は、西側とは異なった、しっとりとした趣の花街である。四条通りは祇園の只中をさらに東へ向かい、その果てに建つのが八坂神社である。

 毎年、七月いっぱいをかけて行われる祇園祭は、この八坂神社の祭礼である。この一か月、鴨川の両岸では様々な行事が連日のように行われるが、その最も盛大なものは、鴨川の右岸、西側で行われる山鉾巡行である。鉾、と称される巨大な何基もの山車が、町内を練り歩くこの行事は、七月十七日の前祭(まえまつり)、二十四日の後祭(あとまつり)の二度に渡って行われ、祇園祭最大の見どころになっている。
 この両日、山鉾に直接携わる人々はもちろん、見物客も含めると、狭い京の通りは文字通り人で埋め尽くされる。京都中の人が集まったのではないか、そう思わせるような賑わいになるのだ。

 道代と志摩子が、祇園の街から四条大橋を西へ渡ったのは、祇園祭の前祭の日であった。時刻は夕刻。山鉾巡行は既に終わっていたが、その賑わいの余燼は、まだ町中に色濃く漂っていた。
 小まめの志摩子は、鴨川の右岸に沿って、その川岸に設置される川床(かわどこ)に呼ばれたのだ。納涼のための席として設けられるこの川床は、例年五月から九月にかけて、先斗町の料理屋が設置・営業する臨時の座敷である。一応屋根はあるが壁などはなく、鴨川沿いの川風が吹き過ぎる屋外の座敷である。夏の京都の暑さはしかし、その程度でしのげるものではないが、それでも気持ちだけでも暑さしのぎになるのであろう。例年、賑わいを見せる川床であった。
 席に呼ばれるのは花街、先斗町の芸・舞妓衆が主なのであるが、さすがに祇園祭の時期は人出が多く、祇園から駆り出されることも少なくなかった。

「おおきにー」

 川床に上がった小まめの志摩子は、作法通りに膝をつき、両手を揃えてお辞儀をした。華やかな舞妓衣装に優雅な立ち居振る舞い。にこやかな志摩子は、たちまちに座の注目を一身に浴びた。何の気負いも逡巡も無い、流れるようなその振る舞いは人々を惹き付け、魅了し、夢の世界に誘(いざな)う。それは意図し、計算したものではなく、志摩子の人となりそのものが自然に表れたものであったろうか。

 道代はもちろん座敷には上がらない。床の下、上り口の端に目立たぬように立ち、その目はいつものとおり、志摩子をしっかり捉えていた。何か事が起こればいつでも飛び出す、身を挺してでも志摩子を守る。そう考えている道代であった。
 いや、そう考えてはいなかった。志摩子を守る、それは道代の奥深くに根付いた、いちいち考えたり、意識に上らせたりすることのない、そのような必要も無い、道代そのものと言っていい一つの意志であった。
 大げさに言えば、志摩子は道代の存在理由とも云うべきものになっていた。

 七月の祇園祭が終われば、八月は大文字、五山の送り火である。夏の京都は、息つく暇もない賑やかな行事の連続である。人の日常の暮らしの中に行事があるのか、行事を行うための日常なのか、それは京都に実際に住まう人にも分からないことであろう。それほど人と行事は、京の暮らしそのものなのであった。

 ようやく炎熱の夏が過ぎ、秋風の季節になった。小まめの志摩子は、一日、京の西、嵐山に招かれた。桜・紅葉の景勝地として名高いこの地はまた、化野や小倉山など著名な名所も隣接する、京都きっての観光地であった。
 京都三川のひとつ、桂川が流れ下る嵐山の最大の名所は、その桂川を渡る渡月橋(とげつきょう)であろうか。鎌倉期の亀山上皇が、橋の上空にかかる月を眺めて「くまなき月の渡るに似る」と述べたことから渡月の橋、渡月橋と名付けられたとされている。
 小まめの志摩子が招かれたのは、この渡月橋の袂にほど近い、桂川の瀬音も聞こえようかという嵐山きっての料亭であった。
 桂川沿いの道を歩く志摩子の傍らには、もちろんひっそりと道代が付き随っていた。

 京の街が雪になった。
 京に雪は少ない。
 数十年ぶりと云われる大雪に、京の町が見かけたことのない他国になった。そのように、人々には思われた。
 人や車の行き来すら難渋する中、小まめの志摩子は貴船(きぶね)の料亭に招かれた。貴船は京の北東、市内ではあるが山中にひっそりとある、山村と云ってもいいような場所である。一山越えれば、これは著名な、しかしやはり山深い鞍馬の町がある。
 小まめが属する祇園の置屋の女将、辰巳としはさすがに躊躇(ためら)った。その思いは、なんぼなんでもこないな(このような)日に、あない(あのような)山奥へ、というところであったろうか。
 通う道路は山道一本のみ。叡山電車も走っているが、まさか舞妓姿で電車というわけにもいかない。雪で道路が塞がれば、下手をすると途中で行くも戻るも出来なくなる、という恐れも十分にあった。

「大丈夫どすえ、おかあ(母)はん。行かしてもらいますう」

 話を聞いてそう答える志摩子に、なおも躊躇うとしは、傍らにいつものように控える道代に目をやった。
 俯いて話を聞いていた道代は、としの視線を感じたか、目を上げた。
 としと道代の視線が絡み合い、短い会話を交わした。

(行ってくれるか)
(へえ)
(頼んだで、万が一にも……)
(へえ、承知しとります)

 何があっても志摩子を守る。
 いまさら言われるまでも無い、道代の思いであった。
 としは目を逸らせた。

「ほな……いといで(行ってきなさい)。車、呼ぶよってな」

 二人は、夜中を過ぎても戻らなかった。
センセイのリュック【幕間 アイリスの匣 #147】目次センセイのリュック【幕間 アイリスの匣 #149】

コメント一覧
コメント投稿へジャンプ    ページトップへ

    • ––––––
      1. 京都市観光課HQ
    • 2016/05/19 08:32
    • 今回は…… 何やら京都の観光案内みたいになっちゃいました。

       しかも四季それぞれに合わせて、春の祇園(これは前回#147ですが)、夏の鴨川べり、秋の嵐山、そして冬の貴船(きぶね)。
       いずれも著名な名所、観光地ですが、ただ、貴船は夏の川床がウリですね。鴨川とは異なり山中の渓流、水は冷たく気温も低い。しかも床は川面を覆い、まさに水の上、にあります。これ以上の納涼法はなかろう、という貴船の川床です。

       それだけに、冬に貴船に行こうか、という方はよほどの粋人、または物好きです。いったい何者が……と気になるところですが、これは次回以降のお楽しみ。
       それより気がかりは、道代と志摩子です。これはまあ無事なのはわかっているわけですが、いったい何が起こったのか……。気の揉めるところでありますが、これも次回を乞う、ご期待。

    • ––––––
      2. 京都市観光課2HQ
    • 2016/05/19 08:36
    • ご記憶でしょうか『アイリス』#132
      この回、志摩子・源蔵極悪コンビの「あやめ追い落とし計画」が実行されました(そんなん、誰も覚えとらんわ)。
       このとき、京都ご案内歌謡とでも云えます『祇園小唄』をご紹介しました。京都・祇園と云いますとやはりこれでしょう。都をどりでもよく演奏し、舞われるようです。
       で、ちょうどいいかな、ということで、改めてご紹介します。残念ながら、画像・映像までは無理ですが、これはYouTubeなどをご覧いただきましょう。

      『祇園小唄』
      ♪月はおぼろに東山
       霞む夜毎のかがり火に
       夢もいざよう紅桜
       しのぶ思いを振袖に
       祇園恋しや だらりの帯よ

      ♪夏は河原の夕涼み
       白い襟あしぼんぼりに
       かくす涙の口紅も
       燃えて身をやく大文字
       祇園恋しや だらりの帯よ

      ♪鴨の河原の水やせて
       咽(むせ)ぶ瀬音に鐘の声
       枯れた柳に秋風が
       泣くよ今宵も夜もすがら
       祇園恋しや だらりの帯よ

      ♪雪はしとしとまる窓に
       つもる逢うせの差向(さしむか)い
       灯影(ほかげ)つめたく小夜(さよ)ふけて
       もやい枕に川千鳥
       祇園恋しや だらりの帯よ

       4番までありますが、それぞれ春夏秋冬が表現されています。まあ、こういう趣向はよくあるわけですが。

    • ––––––
      3. Mikiko
    • 2016/05/19 19:53
    • 鴨川の川床
       祇園祭の前祭の日ということは、7月17日。
       ちょうど梅雨が開けるころです。
       夕刻とはいえ、そうとうな暑さだと思います。
       舞妓が一番嫌うのが、この川床の座敷だと聞いたことがあります。
       冷房がありませんからね。
       汗かきの子は、堪らないでしょう。
       ヘタすれば、化粧もドロドロに崩れます。
       氷を入れた水枕でも背負って行かねばなりません。

       『祇園小唄』。
       こういうのを読むと、どうしても作詞家が気になります。
       長田幹彦という人だそうです。
       全く知りませんでした。
       東京出身で、早稲田の英文科卒。
       当初は小説家で、谷崎潤一郎や吉井勇と並び称された時期もあったようです。
       昭和に入ってからは、小説が振るわず、作詞家に転向。
       『祇園小唄』のほかには、『島の娘』というのが売れたようですが、聞いたことのない歌でした。
       今となって残るのは、『祇園小唄』だけでしょう。
       でも、この歌がある限り、長田幹彦という名が、作詞家として記され続けるわけです。
       “作品”って、スゴいですね。

    • ––––––
      4. ♪赤い蘇鉄のHQ
    • 2016/05/19 23:13
    • ドロドロ舞妓
       聞いた話ですが、きりっとお座敷を務める芸・舞妓さん方は、いかな暑さの中でも汗一つ掻かないとか。涼しい顔で、平然と座敷を務められるとか。要は、気の持ちようだとか(ホンマですかいのう)。

       『島の娘』は、1932年(昭和7年)にビクターレコードから発売された流行歌で、小唄勝太郎の代表曲。
       作詞:長田幹彦、作曲:佐々木俊一。

      ♪ハア~島で暮らせば、娘十六恋心

       わたし、↑これ知ってました。

    • ––––––
      5. Mikiko
    • 2016/05/20 07:38
    • 芸妓は……
       訓練期間を経てますから、コントロール出来るようになるんでしょう。
       でも、入ったばかりの舞妓はどうですかね。
       新陳代謝の盛んなときですし。

       熟練した寿司職人は、家を出るときは常温だった手の平の温度が……。
       板場に立つときは、氷水に漬けたように冷たくなってるそうです。
       温かい手は、ネタを痛めますし、ごはん粒がくっつくからです。

    • ––––––
      6. 押せば命の泉湧くHQ
    • 2016/05/20 13:52
    •  ↑もう誰も知らんかな。

      汗止めのツボ
       両乳首のそれぞれ上方(立った姿勢で)数センチの位置にあるそうで、ここを押すと顔の汗を止められるとか。
       で、女性の和服の帯は、その上端がちょうどこのツボの位置に来るとか。だから、和装の女性は顔に汗をかかないそうです。もちろん芸・舞妓さんも。

       聞いた話を思い出しました。ホンマかね。

    • ––––––
      7. Mikiko
    • 2016/05/20 19:43
    • そんな都合のいい……
       ツボがおまっかいな。
       もしあるんなら、商品化されてるでしょう。
       内側に親指の付いたブラとか。

       昔は、冷房なんかどこにも無かったから、覚悟も出来てたでしょうが……。
       今の座敷には、みんな冷房が付いてます。
       無いのは、川床だけです。
       嫌われますよ。

    • ––––––
      8. 汗っかきハーレクイン
    • 2016/05/20 21:50
    • 道代と小まめ
       時代は戦後すぐくらい、という設定です。
       クーラーなんかはもちろんありません。せいぜい扇風機。 あとは団扇か、川風ですね。
       今の舞妓さんにも、往時に思いを馳せて頑張っていただきたいものですがしかし、「思い」で汗は止められませんわな。

    • ––––––
      9. Mikiko
    • 2016/05/21 08:06
    • クーラーの無い時代は……
       川床のお座敷が、一番涼しかったのでしょう。
       今は、まったく逆です。

    • ––––––
      10. 雪掻きハーレクイン
    • 2016/05/21 10:51
    • で、今から……
       納涼どころか、貴船の雪景色を書かんならんのですが、どうも季節感の無いお話になりそうです。
       まあ、これはしょうがないよね。
    コメントする   【センセイのリュック/幕間 アイリスの匣 #148】
コメント一覧へジャンプ    ページトップへ


Comment:本文 絵文字  ※入力できるのは、全角で800字までです。

↓お帰りのさいには↓
愛のワンクリ お願いします
新しいウィンドウは開きません

相互リンクサイトのみなさま(Ⅰ)
ひとみの内緒話 レズ画像・きれいな画像倉庫 未知の星 愛と官能の美学
潤文学 新・SM小説書庫2 おとなの淫文ファイル エッチのあとさき 官能文書わーるど
萌木ケイの官能小説 ましゅまろくらぶ 羞恥の風 ちょっとHな小説
恥と屈辱の交差点 官能的なエロ小説 赤星直也のエロ小説 禁断の体験 エッチな告白集
HAKASEの第二読み物ブログ 快感小説 緊縛新聞/杉浦則夫写真事務所 秘密のエッチ体験談まとめ

相互リンクサイトのみなさま(Ⅱ)
変態小説 黒い教室 性転換・TS・女体化劇場 出羽健書蔵庫
女の陰影 被支配中毒 制服美少女快楽地獄 かめべや
性小説 潤文学ブログ 人妻の浮気話 艶みるく むね☆きゅんファンサイト 淫鬼の棲む地下室
恥ずかしがりたがり。 ぺたの横書き Playing Archives 18's Summer
女性のための官能小説 Eros'Entertainment ひめ魅、ゴコロ。 魔法の鍵
お姫様倶楽部.com 最低のオリ 妄想ココット 女性のH体験告白集

相互リンクサイトのみなさま(Ⅲ)
[官能小説] 熟女の園 アダルト検索一発サーチ riccia 空想地帯
ちょっとHなおとなのための… 空想の泉~The Fountain of Daydream~ ライトHノベルの部屋 SM~猟奇の性書~変態
渡硝子の性感快楽駆け込み寺 オシッコオモラシオムツシーン収集所 エピソードセックス 被虐のハイパーヒロインズ
調教倶楽部 漂浪の果てに アダルト官能小説快楽機姦研究所 被虐願望
渋谷子宮 RE:BIRTH 羞恥集 マルガリテの部屋 あおいつぼみ 葵蕾

エロ体験談で抜けるコピペ プライド 黒塚工房 官能小説 レイプ嗜好
人妻!人妻!人妻! wombatの官能小説 女性作家専門官能小説 羊頭狗肉
おしっこ我慢NAVI ねっとりぐちょぐちょ 美里のオナニー日記 黒イ都
ひよこの家 エロショッカー軍団 エッチな体験談・告白 恍惚團 ~ドライ・オーガズムの深淵~
★相互リンク募集中!(メールしてね)★

ランキング/画像・動画(1~10)
厳選2chまとめ 人気ブログランキング
エログちゃんねる にほんブログ村
アダルト動画まとめ 正しいH小説の勧め
小説の匣 Girls Love Search
ライブドアブログ 官能小説アンテナ

ランキング/画像・動画(11~30)
ネット小説ランキング アダルトブログランキング 絵描きさん.NET GL Search
おたりんく セックス・ノベル・ネット Adult Novels Search 少女禁忌区域
【携帯】GL狂愛Rank ぱっくりんく 萌駅 十八禁恋愛私花集
ヌケルアダルト作品 創作系サイト検索・KAGOME アダルト検索BBJapan アナル動画まとめ
Cyber あまてらす 【携帯】Lovely Venus GAY ART NAVIGATION 相互リンク、募集してます!

ランキング/画像・動画(31~50)