Mikiko's Room

 ゴシック系長編レズビアン小説 「由美と美弥子」を連載しています(完全18禁なので、良い子のみんなは覗かないでね)。
 「由美と美弥子」には、ほとんど女性しか出てきませんが、登場する全ての女性が変態です。
 文章は「蒼古」を旨とし、納戸の奥から発掘されたエロ本に載ってた(挿絵:加藤かほる)、みたいな感じを目指しています。
 美しき変態たちの宴を、どうぞお楽しみください。
管理人:Mikiko
センセイのリュック/幕間 アイリスの匣 #137
コメント一覧へジャンプ    コメント投稿へジャンプ
戯曲『センセイのリュック』作:ハーレクイン



幕間(小説形式)アイリスの匣#137



 床に蹲(うずくま)るあやめの頭上から、野獣の唸り声が降ってきた。その声には、先ほど感じられた柔らかさは微塵もなかった。

「立たんかい、ど新入り」

 あやめは、少し首を擡(もた)げた。その目に、厨房用の高下駄を履いた裸足の足が入った。野獣、関目源蔵の後足であった。
 あやめは、萎えた肘を突っ張り上体を起こそうとしたが、腕の筋肉には全く力が入らなかった。
 踠(もが)くあやめの襟首に、野獣の前足が掛かった。あやめは、料理人服の襟を掴まれ、無理やり全身を引き上げられた。恐ろしい膂力(りょりょく)だった。あやめは、幼い子供のように無力だった。まったく無抵抗のまま、厨房の床に立たされた。
 源蔵の顔が間近にあった。野獣の呼気があやめに吹き付けられた。野獣が歯を剥き出し、軋り声を上げた。

「おう、ど新入り」
「………」
「おまん(お前)に、罰は与えた」
「………」
「おまんにとって、これ以上の罰は無いやろ」
「………」
「怨むんやったらなんぼでも怨め」
「………」
「仕返ししたかったら、してもええで」
「………」
「いつでも受けたる」

 軋るような野獣の唸り声は、どことなく楽しそうであった。

「まあ、それはそれとして、今度は褒美や。おまん(お前)に褒美、やる」
「……ほう、び……」

 あやめは、ようやく声を返した。あやめは、誰か他人のもののように自分の声を聞いた。嗄(しわが)れた老婆の声であった。
 あやめ自身にわかるはずもないが、その表情も老婆のそれに見えた。年老い、疲れ切った老婆の貌(かお)であった。

「せや。さっきのおまんの料理は、ほんまに見事なもんやった。その、褒美やがな」
「りょう、り……」

 あやめの声は譫言(うわごと)のようになった。その思考はまったく纏(まと)まりを欠き、かろうじて漏らす言葉は、源蔵の言葉を鸚鵡返しに繰り返すだけだった。

「せや。椀と八寸やったやろが」
「わんと……はっすん……」
「なんじゃい、忘れたんかい。美味い、て褒めたった(褒めてやった)やろが」
「褒める……兄さん、が……」
「儂が褒めたんがおかしいか」
「兄さんが、褒めた……」
「はは。まあ確かに、めったにせんわな(しないな)」
「………」
「で、その褒美、やろっちゅう(あげようという)んやないか」
「ほう、び。くれる……。兄さん、が……」
「せや。こっち来い」

 源蔵は、立たせたあやめを軽々と反転させ、背後から抱え込んだ。両腕をあやめの両腋下から前へ通し、肘を返して、あやめの後頭部で両手を組んだ。格闘技でいう羽交い絞め、フル…ネルソンなどと呼ばれる技法で、相手を制する効果が大きいとされる。暴行や強姦行為などでもよく見られる体勢であった。
 だが、今のあやめは、このような技法で制するまでもない、いわば腑抜けた状態であった。源蔵の意図は、放っておけば崩れてしまいそうになるあやめを、立たせておくことにあるのだろう。
 この体勢から手首と肘を張れば、相手の首を圧迫し苦痛を与えることが出来るのだが、源蔵はそうはしなかった。その必要もなかった。
 腑抜けたあやめは、源蔵の為すがままだった。

「行くで、ど新入り」

 源蔵は、前方に軽く一歩踏み出した。
 その動きに背後から押され、あやめも一足(ひとあし)前に進んだ。あやめの足取りは、いかにも頼りなかった。源蔵が羽交い絞めで支えていなければ、その一足であやめは頽(くずお)れていただろう。
 源蔵がもう一歩、前に出た。
 再び押されたあやめも、もう一足進んだ。二人のその動きは、道を見失った幼子のようなあやめに、進むべき方向を源蔵が示しているようにも見えた。
 あやめの下腹に、調理台の縁が当たった。その感触を捉えたか、源蔵はそれ以上足を踏み出すことをしなかった。あやめと源蔵は、同じ方向を向いて前後に重なり合い、調理台のすぐ手前に立ち尽くした。

 源蔵は、羽交い絞めの両腕を、あやめの両腋から抜いた。
 源蔵に支えられていたあやめの上体が軽くぐらついた。あやめの膝が折れそうになった。そのままにして置けば、あやめは調理台のすぐ前の床に頽(くずお)れただろう。
 しかし、源蔵はそうはさせなかった。
 あやめの背が、恐ろしい力で押された。
 源蔵の手が、あやめの背後からその上体を押し下げたのだ。
 腑抜けたあやめは、何の抵抗も見せずに調理台に突っ伏した。あやめは、片頬を調理台の表面に押し付け、その体重のほとんどを調理台に預けた。
 萎えたあやめの両脚は、体重を支える役目を免れた。あやめの下半身に掛かっていた上半身の荷重が失せ、その両脚はだらりと垂れ下がった。
 あやめの両足から、履いていた下駄が脱げ落ちた。野田太郎の、今は形見となった古びた高下駄だった。

 源蔵は、少し体を動かし、あやめの斜め後方に移動した。その体は、あやめにほとんど密着するほどの距離にあった。源蔵の高下駄に、あやめの足から脱げ落ちた下駄が触れ、小さく乾いた音を立てた。源蔵は軽く見下ろした後、煩(うるさ)そうにその下駄を蹴り飛ばした。あやめの高下駄は、両足のものがきれいに揃って厨房の床を転がり、少し先の調理台にぶつかって止まった。先ほどより少し大きく、が、やはり乾いた音が厨房内に響いた。
 あやめはその間、一言も発することなく、身じろぎ一つしなかった。両目は軽く閉じていた。あやめは、自失しているようにも、安らかに眠っているようにも見えた。

 源蔵は、その左手で改めてあやめの背を抑え込んだ。
 あやめは、抵抗することも、些かの反応をすることもなかった。源蔵の為すがままだった。
 源蔵の右手があやめの腰に伸びた。あやめの下半身を包んでいる料理人服のズボン。その腰の部分はゴムで締めてある簡素なものであった。このゴムの部分に手を掛け、源蔵は躊躇なく一気にに引き下ろした。あやめのズボンは、下着ごとあっさりと引き下ろされ、あやめの脚から引き抜かれた。あやめの下半身が剥き出しになった。

 厨房天井の照明の下、あやめの尻の白さは圧倒的だった。服の上からではよくわからないが、あやめの尻の盛り上がりは見事だった。
 普段のあやめは、特に運動をしているわけではなく、何らかの鍛錬を行っているわけでもない。しかし、あやめの日常は、目覚め、起き、活動している間は、そのほとんどの時間を立ち仕事に費やしていた。しかも、現在のあやめの仕事は、追い回しとして絶え間なく厨房内を駆け回ることであった。あやめの一日の移動距離はどれほどのものだったろう。その日常が、あやめの下半身を鍛え上げていた。
 あやめの尻は見事に引き締まり、鍛え上げられたアスリートのそれを思わせた。しかし、尖ったところは少しもなく、その滑らかな丸みはどこか誇らしげに、匂うような女の風情を漂わせていた。
 すらりと伸びるあやめの両脚には、贅肉一つなかった。尻から腿へ、腿から脹脛へ続く滑らかな曲線は、譬えようもないほど美しかった。

 下半身を裸に剥かれても、あやめは何の反応も示さなかった。あやめの剥き出しの下半身は、厨房内の少し冷えた空気に曝され軽く鳥肌が立ったが、あやめはそれにも無関心のようであった。
 あやめは、冷たい調理台の表面に突っ伏したまま、相変わらず眠ったように両目を閉じていた。

「おう、上向け、ど新入り」

 あやめが悲鳴を上げるか、泣き喚きでもするかと考えていたか、源蔵は少し拍子抜けしたように声を掛けてきた。
 その声にも、あやめは反応しなかった。
 少し苛立ったように、源蔵はあやめの肩に手を掛けた。荒々しい仕草であやめを反転させた。
 調理台に仰向かされたあやめは、まだ目を閉じたままだ。その無表情な顔には、何の感情も現れていなかった。

 源蔵は軽く舌打ちをした。いつ脱いだのか、源蔵の下半身もあやめと同様剥き出しになっていた。
 つい先ほど、志摩子の体内に強(したた)かに放った源蔵の陰茎は、再び固く、隆々と立ち上がっていた。その亀頭は大きく張り出し、艶々(つやつや)と天井の照明を反射していた。源蔵は、掌に取った自らの唾液に、どっぷりと亀頭を浸した。
 野獣が唸り声を上げた。その声は、捕らえた獲物を引き裂く肉食獣の、歓喜の雄叫びに聞こえた。

「褒美、やる。ほれ」

 野獣は、陰茎の先、てらてらと光る巨大な亀頭を、あやめの膣に捻(ね)じ込んだ。
 あやめの体には激痛が生じたが、あやめは他人事のようにその感覚を受け流した。
 源蔵の陰茎は赤く染まっていた。「花よ志」の厨房内には、歓喜とも憤怒ともつかぬ、歯軋りを伴った野獣の唸り声が響いた。
 源蔵は、泣いているようにも見えた。
センセイのリュック【幕間 アイリスの匣 #136】目次センセイのリュック【幕間 アイリスの匣 #138】

コメント一覧
コメント投稿へジャンプ    ページトップへ

    • ––––––
      1. 予定調和ハーレクイン
    • 2016/03/01 14:41
    • やられちゃいました
       あっさりやられちゃいました。
       あやめがやられちゃいました。
       主人公がやられちゃいました。
       やられるなら久美やろ(なんやと、こら;久美)

       あやめがやられちゃいました
       狂犬にやられちゃいました。
       愛用の包丁に続き、本人がやられちゃいました。
       うーむ。
       あやめの受難、その3です。

       まあしかし。
       作者としましては予定通りです。
       予定通りにあやめをやるために、
       これまで志摩子や花世やらの、エッチシーンを書いてきたのです。
       何のためにあやめをやる。
       それはもちろん、匣を開けるためです。
       つまり、ここまでのあやめの試練は、
       すべてクライマックスへの伏線なんですね。

       それにしては、エッチ度が希薄です、あやめ-源蔵の媾合。
       (なんや、これで終わりかい)
       あやめ可愛さに筆が鈍ってしまいました。
       物書き失格でございます。

       まあもちろん、あやめには気の毒ですが、
       すべては物語のため。
       主人公の人生が波乱万丈なのは、物語の常道です。
       (手垢がついている、とも)
       今後もよろしくお付き合いください。

       しかし、包丁をやられた直後から、
       あやめは放心状態(マグロ状態とも)。
       何をされても反応がありません。
       こんなあやめをやって楽しいかね、源蔵さんよ。
       まあ、狂犬だからな。

    • ––––––
      2. Mikiko
    • 2016/03/01 19:50
    • 包丁1本
       わたしは、百均の包丁しか買ったことがないので……。
       包丁に思い入れは、まったくありません。
       母は、たまにスーパーに回ってくる、包丁研ぎのサービスを利用してます。
       包丁を研いでもらう料金で、十分使える包丁が買えると思うのですがね。
       なのでわたしは、今回のあやめには、不甲斐なさしか感じせんでした。

       包丁が、直せないほど傷められてしまったと云うことは……。
       別の包丁が、もう1セットあるんじゃないでしょうかね。
       その包丁が収められてるのが“匣”ということです。
       そしてその包丁により、源蔵の一物が切り落とされ……。
       包丁の代わりに、匣に収められるのでしょう。
       やがて干からびたそれは……。
       カッパのへその緒として、妖怪博物館に展示されることになります。

    • ––––––
      3. ♪板場の修行HQ
    • 2016/03/01 21:59
    • 包丁を研いでもらう料金で、十分使える包丁が買える
       そういうことではありません。

       本編にも書きましたが、使い込んだ包丁というのは、料理人にとってもはや体の一部。容易に取り換え・買い替えが利くものではありません。
       万が一、愛用の包丁が失われでもしますと、新しい包丁を何とか使えるようにするのに、どれほどの手間と時間がかかるものか。しばらく仕事にならないでしょう。


      >包丁を研いでもらう料金で、十分使える包丁が買える

       だから、そういう問題ではないのです。手に馴染んだ包丁は容易に取り換えが利かない。お金の問題ではないのですね。
       それに……ステンレス包丁は研げませんぞ。


      >別の包丁がもう、1セット

       ありません。
       あやめの今後については、乞う、ご期待!

    • ––––––
      4. Mikiko
    • 2016/03/02 07:39
    • これで思い出したのが……
       王と長嶋の、グローブに対するエピソードです。
       王は、手入れや修繕をしながら、ひとつのグローブを長く使い続けたそうです。
       つまり、ファーストミットが、自分の右手と一体になるよう使いこんだわけですね。
       長嶋は、まったく逆でした。
       グローブを頻繁に新調し、常に革の匂いのプンプンするグローブを使ってたそうです。
       じゃ、長嶋には、グローブと一体化する感覚が無かったかというと……。
       違うと思います。
       つまり長嶋は、新品の硬い革に自分の手を馴染ませていたのではないでしょうか。
       なので、皮が柔らかくなると、新しいのと取り替えたのです。
       真新しい状態に馴染ませれば、それを調達することはとても容易になります。

       包丁にも、同じことが云えると思います。
       つまり、下ろしたての真新しい包丁に、手を馴染ませればいいんです。
       研ぎが必要になったら、買い直す。
       もちろん、高い包丁は使えません。
       でも、安物でも、下ろしたての切れ味は、さほど遜色が無いのではありませんか。
       こうしておけば、包丁を晒しに巻いて修行に出る必要もありません。
       行った先のホームセンターで買えばよろし。

    • ––––––
      5. ♪そんな時代もHQ
    • 2016/03/02 12:45
    •  あったねと……
       まわるまわるよ時代はまわる……

      王vs.長嶋
       宿命の戦いはグローブにも、というところですか。
       ということは、あやめは王派、ということに……。
       というより、料理人に長嶋派は少ないのではないですかね。

       切れ味云々ももちろんあるわけですが、やはり包丁は手の延長、いや一部。気楽に新調、とは参りません。ベテランの料理人になりますと、自分の人差し指で食材を切っているような感覚になるそうです(知らんで、ただの思い付き)。

       それにしても、王・長嶋ですか。
       もはや、「そんな時代もあったなあ」でしょうか。
       今の長嶋サンの姿はテレビで見たくないですね。

       ホームセンターの包丁を使っている料理人は、いないと思われます。

    • ––––––
      6. Mikiko
    • 2016/03/02 19:46
    • 長嶋チョーさん
       野性派と思われがちですが……。
       実は、すごく合理的だったんじゃないでしょうか。
       たとえば、使い込んだグローブを盗まれたとします。
       王は困るでしょうね。
       新しいグローブが手に馴染むまで、何ヶ月もかかるんじゃないですか。
       その点、長嶋は簡単です。
       新しいのを注文すればいいだけですから。
       そういえば長嶋は、忘れ物の名人だったと聞きます。
       たぶん、グローブなども、よく忘れて失くしたんじゃないでしょうか。
       そこから、こういう合理性が身についたのかも知れません。

       ホームセンター包丁の料理人。
       いると思いますよ。
       料理人には、ギャンブル好きが多いんじゃないですか。
       包丁を質入れしてる輩とかも、いるはずです。
       受け出すまでは、ホームセンターのを使うしかありませんな。

    • ––––––
      7. 賭博師料理人HQ
    • 2016/03/02 23:30
    • 合理人チョーさん
       なるほど。
       確かに、忘れ物名人だったそうです。

       包丁が質草になりますかねえ。
       質屋の親爺も「凶器はお受けでけまへんな」じゃないかね。
       そもそも質屋に持っていく途中でお巡りさんに見つかったら、逮捕、じゃないの。
       ギャンブル好きの料理人は確かに多いようです。わたしの知っている料理人、夏の甲子園が始まると、野球賭博の胴元をやってました。

       料理人、ギャンブラー。
       ともに漫画の題材によくなります。

    • ––––––
      8. Mikiko
    • 2016/03/03 07:24
    • 堺の本焼き和包丁
       ↓10万~30万くらいするようです。
      http://saitouhamono.com/aoniHYK.html

       5万くらいは借りられるんじゃないですか。

       包丁を剥き出しで持ち歩くわけありませんから……。
       挙動不審でない限り、お巡りさんに見咎められることはありません。
       カバンに入れ、鞘もしておけば万全です。
       ↑のサイトさんでは、鞘も売ってます。
       質屋にレッツゴー!

    • ––––––
      9. ♪晒に巻いてぇ~HQ
    • 2016/03/03 08:35
    •  (結局、歌っちまったい)
      なんぼなんでも……
       10万の包丁で5万円は貸さんでしょう。

       鞘ねえ。
       包丁はやはり晒でしょう。
       歌は止めときますが。
       鞘は、刀はともかく包丁ではねえ、何となく不衛生な感じがします。

    • ––––––
      10. Mikiko
    • 2016/03/03 20:15
    • 鞘あて
       ↓こちらのアンサーをしたのは、おそらく料理人の方だと思いますが……。
      http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1082479060

       包丁を仕舞うときは、流しの下の包丁刺しには入れず、鞘に収めておくと書いてあります。

    • ––––––
      11. エセ包丁人HQ
    • 2016/03/03 21:35
    • ご紹介の……
       料理人さん?の言
       いやあ、さすがと言いますか。恐れ入りました。
       包丁の扱いについて、何点かポイントを抜き書きしてみました。

      ●殺菌作用がある酸化チタン製の包丁がよい。
      ●使った後は天日干し。
      ●使った後の包丁は、こまめに洗う。
      ●違う食材を切る時は必ず包丁を洗う。
      ●魚を三枚おろしにした後、刺身にする時は、包丁もまな板も洗い直す。
      ●洗剤を付けたスポンジで洗う事はしない。
      ●油がついた包丁は、大根にクレンザーを付けてこする。大根に殺菌作用がある。
      ●使い終わった包丁は、大根とクレンザーで洗った後、水ですすいで、ふきんで水分を拭き取る。
      ●流しの下の包丁刺しには入れない。1本づつ鞘を作り収めておく。

       包丁以外に、まな板の扱いなどにも言及されています。プロの言ですね。
    コメントする   【センセイのリュック/幕間 アイリスの匣 #137】
コメント一覧へジャンプ    ページトップへ


Comment:本文 絵文字  ※入力できるのは、全角で800字までです。

↓お帰りのさいには↓
愛のワンクリ お願いします
新しいウィンドウは開きません

相互リンクサイトのみなさま(Ⅰ)
レズ画像・きれいな画像倉庫 未知の星 禁断の体験 エッチな告白集 ひとみの内緒話
愛と官能の美学 Angel Pussy 週刊創作官能小説 ちょっとHな小説 恥と屈辱の交差点
官能文書わーるど 電脳女学園 萌木ケイの官能小説 羞恥の風
官能的なエロ小説 秘密のエッチ体験談まとめ 赤星直也のエロ小説 恥ずかしがりたがり。
おとなの淫文ファイル エッチのあとさき 新・SM小説書庫2 潤文学 ひめ魅、ゴコロ。

相互リンクサイトのみなさま(Ⅱ)
淫鬼の棲む地下室 ましゅまろくらぶ 空想地帯 Playing Archives
変態小説 人妻の浮気話 艶みるく 恍惚團 ~ドライ・オーガズムの深淵~ HAKASEの第二読み物ブログ
ぺたの横書き 18's Summer アダルト検索一発サーチ 濠門長恭の過激SM小説
SM~猟奇の性書~変態 女性のH体験告白集 Eros'Entertainment むね☆きゅんファンサイト
出羽健書蔵庫 快感小説 [官能小説] 熟女の園 女性のための官能小説
調教倶楽部 魔法の鍵 性小説 潤文学ブログ 妄想ココット

相互リンクサイトのみなさま(Ⅲ)
緊縛新聞 お姫様倶楽部.com 性転換・TS・女体化劇場 riccia
制服美少女快楽地獄 黒い教室 エピソードセックス 被支配中毒
女の陰影 渡硝子の性感快楽駆け込み寺 かめべや 最低のオリ
ライトHノベルの部屋 漂浪の果てに 被虐のハイパーヒロインズ 空想の泉~The Fountain of Daydream~
ちょっとHなおとなのための… オシッコオモラシオムツシーン収集所 アダルト官能小説快楽機姦研究所 被虐願望

渋谷子宮 RE:BIRTH 羞恥集 マルガリテの部屋 あおいつぼみ 葵蕾
エロ体験談で抜けるコピペ プライド 黒塚工房 官能小説 レイプ嗜好
人妻!人妻!人妻! wombatの官能小説 女性作家専門官能小説 羊頭狗肉
おしっこ我慢NAVI ねっとりぐちょぐちょ 美里のオナニー日記 黒イ都
ひよこの家 エロショッカー軍団 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます!
★相互リンク募集中!(メールしてね)★

ランキング/画像・動画(1~10)
厳選2chまとめ おかず動画アンテナ
エログちゃんねる 人気ブログランキング
にほんブログ村 官能小説アンテナ
正しいH小説の勧め 小説の匣
ライブドアブログ アダルトブログランキング

ランキング/画像・動画(11~30)
GL Search 萌駅 おたりんく ネット小説ランキング
アダルト動画まとめ セックス・ノベル・ネット Adult Novels Search Girls Love Search
少女禁忌区域 アダルト検索BBJapan 絵描きさん.NET 創作系サイト検索・KAGOME
Cyber あまてらす ヌケルアダルト作品 GAY ART NAVIGATION クリエイターコレクションR18
ぱっくりんく 【携帯】GL狂愛Rank 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます!




<ランキング/画像・動画(31~50)ここまで-->
△Top