Mikiko's Room

 ゴシック系長編レズビアン小説 「由美と美弥子」を連載しています(完全18禁なので、良い子のみんなは覗かないでね)。
 「由美と美弥子」には、ほとんど女性しか出てきませんが、登場する全ての女性が変態です。
 文章は「蒼古」を旨とし、納戸の奥から発掘されたエロ本に載ってた(挿絵:加藤かほる)、みたいな感じを目指しています。
 美しき変態たちの宴を、どうぞお楽しみください。
管理人:Mikiko
由美と美弥子 3103
コメント一覧へジャンプ    コメント投稿へジャンプ
 女性は、ホテルまでの沈黙が嘘のように饒舌になっていた。

「ほら。
 どうするの?
 わたしのお金を取らないでくれたお礼に……。
 たいがいのことはしてあげるわよ。
 もちろん、ゴムもしなくて大丈夫。
 女は、もう卒業してるから。
 妊娠の心配は、してくれなくていいの。
 わたしの中に、いっぱい出しちゃって。
 若い精液」

 女性の目が据わり始めていた。
 本性が覗いたと思った。
 この白髪女性は、閉経しているとのことだが……。
 性慾は、まったく枯れていない。
 一回りも年下の男と、部屋の窓際で立ったまま性交するくらいだ。
 あれが本性なのだ。
 あのときの、垂れて揺れ踊っていた乳房が、はっきりと目に蘇った。
 見たい。
 生で。

「それじゃまず、脱いでいただけますか。
 ここで」
「……。
 いいわよ。
 知ってるんですものね。
 驚かないわよね。
 この服の下の身体が、どんなになってても。
 わかりました。
 裸を見られる方が、お金を取られるより、よっぽどましだわ」

 女性は、自分を納得させるように頷くと……。
 上着の裾を、交差させた腕で掴んだ。
 花屋は、水仕事も多いのだろう。
 手の甲は荒れ、血管が浮いていた。

 男には、女性の服装の名称がよくわからない。
 上着というのも、おかしなものかも知れない。
 トップスと言えばいいのだろうか。
 前面は、裾の短いトレーナーのようなシルエットだ。
 しかし、袖だけが違った。
 手先に向けて、ひらひらになって広がっていた。
 しかもそのフレアは、2段になっていた。
 女性は、そのトップスを一気に抜きあげ、ベッドに放った。
 下から現れたのは、黒いキャミソールと云うのか、タンクトップと云うのかわからない。
 女性はそれも、無造作に頭から抜いた。
 少し乱れた白髪を、手で押さえた。
 上半身は、ブラ1枚になった。
由美と美弥子 3102目次由美と美弥子 3104

コメント一覧
コメント投稿へジャンプ    ページトップへ

    • ––––––
      1. Mikiko
    • 2020/08/10 06:35
    • 今日は何の日
       8月10日は、『焼き鳥の日』。
       焼き鳥を一般大衆に広め……。
       「焼き鳥の父」と呼ばれる根本忠雄が創業した、『㈱鮒忠(ふなちゅう)/https://www.funachu.co.jp/』が制定。
       これとは別に、『全国やきとり連絡協議会(https://www.zenyaren.jp/)』も実施。
       日付は「や(8)きと(10)り⇒焼き鳥」と読む語呂合わせと……。
       最高の友であるビールをお共に、焼き鳥がこのうえなく美味しい真夏の日であることから。
       子どもから大人まで幅広く愛されてる日本の食文化の一つ「焼き鳥」を……。
       さらにPRすることが目的。
       記念日は、「㈱鮒忠」が制定した日として……。
       2007(平成19)年、『(社)日本記念日協会(https://www.kinenbi.gr.jp/)』により認定、登録されました。

       上記の記述は、こちら(https://zatsuneta.com/archives/108106.html)のページから転載させていただきました。

       さらに同じページから、引用を続けさせていただきます。

       鮒忠は、戦後の1946(昭和21)年、浅草千束の地に川魚料理屋として開業。
       始めは鮒やどじょう、うなぎの串焼きが商いの中心でしたが……。
       川魚が獲れない冬場をしのぐために、「鶏」を串に刺して売り始めました。
       この「焼き鳥」が評判となり、大ヒットしたのです。
       その後、「食用鶏」の生産、卸販売、日本初のFC展開を行い……。
       創業者の根本忠雄は、「焼き鳥の父」と呼ばれるようになりました。

       以上、引用終わり。

       続きは次のコメントで。

    • ––––––
      2. Mikiko
    • 2020/08/10 06:35
    • 今日は何の日(つづき)
       なるほど。
       焼き鳥が串に刺さってるのは……。
       魚の代わりだったからなんですね。

       ところでこの串。
       確かテレビで見ましたが……。
       仕こみが大変なんだそうです。
       もちろん、すべて手作業です。
       いったい、何本刺すんでしょう。
       急いだら、間違って指も刺しそうです。
       傷だらけじゃないですかね。
       ある焼き鳥屋のお兄さんが言ってた言葉が印象に残ってます。
       お客が、串から肉をすべて外してしまってから食べるのを見たとき。
       「刺すのにどれだけ苦労してると思ってるんだ」と言いたくなるとか。
       わからんでもないです。

       でも、すみません。
       わたしも、すべて串から外してから食べてました。
       先っちょは食べやすいですが、2個くらい食べた後……。
       串のまま囓ろうとしたら、どうしても横串になります。
       真っ直ぐ食べたら、串が喉を突きますから仕方ありません。
       この、横串が食べにくいのよ。
       特に女性はそうでしょう。
       頬に肉が着いちゃうことがあります。
       タレだったりしたら、結構厳しいです。
       男性は、おしぼりで拭けばいいだけでしょうけど。
       女性は、ファンデーションが落ちたりしますからね。
       なのでというわけでもありませんが……。
       わたしは、塩一辺倒です。
       お店としては、タレで食べてほしいんじゃないですか。
       注ぎ足し注ぎ足しの秘伝のタレとかでしょうから。

       続きはさらに次のコメントで。

    • ––––––
      3. Mikiko
    • 2020/08/10 06:35
    • 今日は何の日(つづきのつづき)
       でも……。
       わたしにはちょっと、甘すぎます。
       甘くないタレって、作れないものなんですか。
       今は飲み会も無くなりましたから……。
       お店で焼き鳥を食べることもありません。
       スーパーの惣菜には、並んでるんですけどね。
       でも、みんなタレなんです。
       しかも、冷え切って、パックに入ってます。
       食指は動きません。

       なお、わたしが好きなネタは……。
       ナンコツ、皮、砂肝、ハツ、レバーといったところでしょうか。
       苦手なのは、正肉、つくね。
       正肉は、ネギ間だったりすると、余計ダメです。
       ネギは嫌いじゃないですが……。
       生に近いのは、味が口に残ってしまいます。
       正肉は、パサパサするのがダメ。
       つくねは、口あたりが楽しくないです。
       ナンコツとか皮には、独特の口あたりがあります。
       外国では、テクスチャーと云うようです。
       今、外人に人気の焼き餃子。
       あれは、外がパリパリで中がジューシーな、テクスチャーの違いが受けてるとか。

       しかし、毎回毎回、締めで言わなければなりませんが……。
       お店、大変でしょうね。
       やっていけるんですかね。
       チェーン店は大量閉店でしょう。
       個人のお店は、もっと厳しいでしょうね。
       家賃が重くのしかかるはず。
       次の借り手なんか、見つかりませんよ。
       飲食店街の不動産市場、完全崩壊じゃないでしょうか。

    • ––––––
      4. 手羽崎 鶏造
    • 2020/08/10 11:20
    • 宮崎では、串に刺さずに、網・直火で焼く
      地鶏炭火焼きが名物です。
      タレは漬けないでいただきます。

      さて、ホテル室内での男女。
      関係性がそうなので致し方ないでしょうが、
      まず抱擁・Kissから入らないと、
      「さあ脱いで」とか言ったら、横っ面に
      平手打ち食いそうです。(苦笑)
      それに順序で言うと、オトコが先に
      裸にならないといけないのだと
      思ってやってきました。
      シティホテルだと、トイレと共用の
      バスルームは狭いので、まずオトコが
      シャワーで浄めて裸身を晒すのが
      自分の流儀かな。
      (今後の展開の勇み足であったらごめんなさい)

    • ––––––
      5. Mikiko
    • 2020/08/10 12:03
    • 宮崎方式
       女性にも人気なんじゃないですか。

       「さあ脱いで」はもちろん、脅迫者の特権です。

       トイレと共用のバスルーム。
       わたしは東京で、こういう部屋に住んでましたが……。
       大いなる利点がありました。
       トイレ掃除。
       楽でしたね。
       便器から床から、シャワーで流せばいいんですから。
       温水を使えますから、ほんとにサッパリします。
    コメントする   【由美と美弥子 3103】
コメント一覧へジャンプ    ページトップへ


Comment:本文 絵文字  ※入力できるのは、全角で800字までです。

↓お帰りのさいには↓
愛のワンクリ お願いします
新しいウィンドウは開きません

相互リンクサイトのみなさま(Ⅰ)
ましゅまろくらぶ 禁断の体験 エッチな告白集 未知の星 官能文書わーるど
潤文学 変態小説 ちょっとHな小説 官能の本棚
赤星直也のエロ小説 愛と官能の美学 官能的なエロ小説 羞恥の風
新・SM小説書庫2 人妻の浮気話 艶みるく 電脳女学園 おとなの淫文ファイル エッチのあとさき
恍惚團 ~ドライ・オーガズムの深淵~ Angel Pussy 週刊創作官能小説 恥と屈辱の交差点 女性のH体験告白集

相互リンクサイトのみなさま(Ⅱ)
アダルト検索一発サーチ 性小説 潤文学ブログ HAKASEの第二読み物ブログ [官能小説] 熟女の園
ぺたの横書き 黒い教室 恥ずかしがりたがり。 被虐願望
むね☆きゅんファンサイト 空想地帯 お姫様倶楽部.com 濠門長恭の過激SM小説
快感小説 平成な美少女ライトノベル 魔法の鍵 制服美少女快楽地獄
女の陰影 出羽健書蔵庫 女性のための官能小説 Mikiko's Roomの仮設テント
ろま中男3 秘密のエッチ体験談まとめ かめべや 渡硝子の性感快楽駆け込み寺

相互リンクサイトのみなさま(Ⅲ)
SM・お仕置き小説ブログ 最低のオリ 18's Summer 淫鬼の棲む地下室
漂浪の果てに Playing Archives 西園寺京太郎のSM官能小説 被虐のハイパーヒロインズ
ひめ魅、ゴコロ。 おしっこ我慢NAVI 妄想ココット ライトHノベルの部屋
被支配中毒 レズ画像・きれいな画像倉庫 riccia 調教倶楽部
ちょっとHなおとなのための… 緊縛新聞 Japanese-wifeblog Eros'Entertainment

オシッコオモラシオムツシーン収集所 性転換・TS・女体化劇場 エピソードセックス マルガリテの部屋
アダルト官能小説快楽機姦研究所 渋谷子宮 RE:BIRTH 羞恥集 黒塚工房
あおいつぼみ 葵蕾 プライド 女性作家専門官能小説 官能小説 レイプ嗜好
人妻!人妻!人妻! wombatの官能小説 黒イ都 羊頭狗肉
ひよこの家 美里のオナニー日記 エロショッカー軍団 相互リンク、募集してます!

★相互リンク募集中!(メールしてね)★

ランキング/画像・動画(1~10)
エログちゃんねる 官能小説アンテナ
人気ブログランキング アダルトブログランキング
ライブドアブログ Adult Novels Search
セックス・ノベル・ネット ネット小説ランキング
GL Search にほんブログ村

ランキング/画像・動画(11~30)
Girls Love Search おたりんく ヌケルアダルト作品 ぱっくりんく
少女禁忌区域 成人向けランキング アダルト動画まとめ 相互リンク、募集してます!







<ランキング/画像・動画(31~50)ここまで-->
△Top