Mikiko's Room

 ゴシック系長編レズビアン小説 「由美と美弥子」を連載しています(完全18禁なので、良い子のみんなは覗かないでね)。
 「由美と美弥子」には、ほとんど女性しか出てきませんが、登場する全ての女性が変態です。
 文章は「蒼古」を旨とし、納戸の奥から発掘されたエロ本に載ってた(挿絵:加藤かほる)、みたいな感じを目指しています。
 美しき変態たちの宴を、どうぞお楽しみください。
管理人:Mikiko
由美と美弥子 3102
コメント一覧へジャンプ    コメント投稿へジャンプ


 部屋に入り、ドアをロックする。
 これから行われることを思えば……。
 ドアがロックされている方が、女性も安心だろうと思った。
 女性は、何も言わなかった。
 黙ったまま日傘を、クローゼットに立てかけた。

 室内に進んだ女性は、ベッドを前にして立ち尽くした。
 部屋の中央に、大きなダブルベッドが設えられていた。

「フロントの彼女……。
 わたしたちがダブルの部屋の客だって、わかってたわけね」
「ツインもありましたけど……。
 この方がむしろ、吹っ切れると思って」
「そうね。
 ここまで来たら、もう誰の目もないし」

 女性はサングラスを外すと、壁際のデスクに投げ出した。
 デスクチェアを引き出し、バッグを放るように落とす。
 実際、何かを吹っ切る所作に見えた。
 そのままくるりと身を反転させ、男に正対した。

「でも、良かったわ。
 ほんとに」
「……?」
「脅迫状を読んでからずっと……。
 人生終わりだって思ってたから。
 老後のためのお金をぜんぶ吸いあげられて……。
 最後は、女ホームレスかしらって。
 そんなことになるくらいなら、いっそのこと……。
 そう思って、包丁まで持って来たのよ。
 ほんと、まだ夢みたい。
 お金を払わなくていいって言われてから……。
 まだ、1時間くらいしか経ってないのよね。
 1時間前のわたしに、“大丈夫だから”って言ってやりたいわ。
 そのくらい、ギリギリだった」

 女性の目から、涙が零れた。
 皺を伝う涙を見て、男はさすがに罪悪感を覚えた。

「さ、どうする?
 童貞くん。
 いきなりベッド?
 それとも、お風呂?
 ふふ。
 むしろ、フロントの彼女を呼んで、見せてやりたいくらいだわ。
 自分の母親より年嵩の女が……。
 若い男とセックスするところ」
由美と美弥子 3101目次由美と美弥子 3103

コメント一覧
コメント投稿へジャンプ    ページトップへ

    • ––––––
      1. Mikiko
    • 2020/08/09 06:40
    • 今日は何の日
       8月9日は、『ハグの日』。
       2007(平成19年)年、広島市の「ハグの会(https://blog.goo.ne.jp/89hug)」が制定。
       日付は「ハ(8)グ(9)」の語呂合わせから。
       人と人とのつながりを育むハグ(Hug=抱きしめる)。
       大切な人に大切であることを伝えるハグ。
       人を信じ、勇気を与えてくれるハグを、多くの人に理解してもらおうと記念日としました。

       上記の記述は、こちら(https://zatsuneta.com/archives/108099.html)のページから転載させていただきました。

       以上、引用終わり(短か!)。

       上記、「ハグの会(https://blog.goo.ne.jp/89hug)」のトップページを見ると……。
       最終更新日は、2012年でした。
       8年も前です。
       そのページには、『(社)日本記念日協会(https://www.kinenbi.gr.jp/)』から認定を受けたとあります。
       しかし……。
       現在、検索したところ、「ハグの日」は登録されてませんでした。
       抹消されたんですかね?

       ま、よくわかりませんが……。
       いいでしょう(何が?)。
       でも正直、ずっと盛りあがってなくて安心しました。
       毎年、ハグをするイベントとかが大々的に行われてたら……。
       今年は、絶対中止だったでしょうから。

       続きは次のコメントで。

    • ––––––
      2. Mikiko
    • 2020/08/09 06:40
    • 今日は何の日(つづき)
       さて。
       ハグ。
       日本にはもともと存在しない習慣でした。
       武士が、刀を差してたからでしょうかね。

       で、今回、この記述の少ないテーマを選んだのには、理由があります。
       コロナ関連。
       日本でも、第2波が来てますが……。
       外国と比べれば、ごく軽微です。
       ロックダウンなどの強硬手段がとれない日本で、なぜ感染爆発が起こらないのか。
       外国人にとっては、はなはだ不思議なようです。

       ひとつ、その理由としてあげられてるのが……。
       生活習慣の違い。
       以前、「クールジャパン」だったと思うのですが……。
       街を歩く人にハンバーガーを手渡し、その食べ方を比べるという企画がありました。
       日本人はほとんど、包み紙にパンを包んだまま、食べてました。
       外人は、紙をあっさりと取り去り……。
       パンを直に持って食べてました。
       この回は、コロナが流行るずっと前の収録でしたが……。
       今も、このとおりだったらどうでしょう。
       もし、手にウィルスが付いてたら?
       紙にくるんだまま食べれば、パンにはほとんどウィルスが着かないはず。
       逆に、直接パンを持てば、手のウィルスがパンに付着し……。
       それを、口の中に入れることになります。

       続きはさらに次のコメントで。

    • ––––––
      3. Mikiko
    • 2020/08/09 06:40
    • 今日は何の日(つづきのつづき)
       あと、一番顕著な生活習慣の違いは……。
       玄関で靴を脱ぐことだそうです。
       街には、感染者が歩いており……。
       呼気などから飛び散ったウィルスが空中に浮遊します。
       人に吸いこまれなかったウィルスは……。
       最終的には、地面に落ちます。
       当然、人々がそれを踏みます。
       靴底に着くんじゃないですか?
       おれは1個もウィルスを踏んでないと言い切れる人なんかいないでしょう。
       で、家に帰る。
       日本人は、そこで靴を脱ぎ、スリッパに履き替えます。
       靴に着いたウィルスは、おそらくそのまま死んでしまうんじゃないでしょうか。
       靴箱が臭くてとか。

       ま、いずれにしろ、家の中にウィルスが持ちこまれる可能性は低い。
       しかるに外国の家。
       土足です。
       ウィルスの着いた靴のまま、家の奥、寝室まで入りこみます。
       カーペットには、ウィルスが付着しますよね。
       室内犬や猫を飼ってたらどうでしょう。
       子供なんか、裸足で走り回ってませんか。
       彼らも、ウィルスを踏むことになります。
       飼い主の帰宅に喜んだ犬は、飼い主に飛びついたりもしますよね。
       猫や子供なら抱きあげたり。
       再び飼い主にも、ウィルスが着くわけです。
       もちろん、夫婦ではハグしたりするわけですから……。
       一歩も家を出なかった人も、感染する可能性があります。

       日本の住宅メーカー、チャンスなんじゃないですか。
       日本式の生活様式の家、海外に売りこみに行きましょうよ。
       ウィルス、もらって帰るかも知れませんけど。

    • ––––––
      4. 息子たち夫婦を思う雅
    • 2020/08/09 07:37
    • 人様のSEXに興味をもつことは、多くの人が思うことでしょうね。

      いろいろなシチュエーションが思い浮かびます。
      勇み足になるかも・・ごめんなさいね、

      若い男女が覗き見る先には、
      熟年の男女が 、歓喜に悲鳴をあげるかのように のたうち、しとどに濡れた陰部の結合部を見せるかのように
      SEXとは このように行うものなのよ と・・・

      又、・・若い夫婦が 寝室で リビングで はたまた
      キッチンで、常にSEXだけの世界に没頭している様を
      お姑さん、義親さんが覗き見て・・
      如何にも 「 見せていただいたわよ・・・
       息子君を もっと もっと喜ばし、二人で楽しんで・・
      その結果 孫を抱かせてほしいわよね」

      コロナでの日常が、そのような光景を作り出す様。
      ・・この春、晩婚で結婚した息子たち よ、
      この休暇は、ソレをしまくって、実家には顔をださないでしょね。

    • ––––––
      5. Mikiko
    • 2020/08/09 11:34
    • コロナの巣ごもりで……
       期待したいのは、出生率の上昇です。
       しかし、子供が一緒に家に居る場合は、なかなか難しいでしょうね。

       子供が独立し、再び夫婦2人の生活に戻った場合……。
       夫婦に、再び春が復活することは多くないんですかね?
       旦那が定年退職してれば……。
       ほとんど家に、夫婦2人きりでいることになります。
       また、一緒にお風呂に入ったりすればいいのにね。

    • ––––––
      6. 息子夫婦を想う雅之⑵
    • 2020/08/09 14:20
    • 息子たち夫婦が実家に帰省しました。
      一年ほどのお付き合いのあと、この4月初旬に入籍。

      初めの話では、結納はなし、結婚式もなし・・だが 旅行
      はできれば、行きたいとの話だったのですが、

      「それでは 親の顔がたちません・結納はしましょう」
      ある 離れでの結納式。寝ずに復唱した、 挨拶言葉。

      今 真さに蜜月時、・・・来た二人はなにを思ってか、二人はどこか、よそよそしく、義親の顔と まともに眼を合わすことなく、お仏壇の前にて 礼拝。

      息子に ピッタリ以上の170・2・3の素敵な美人の御嫁さん。 「こんなに綺麗な人と・・どこで 出会ったの?」
      友達の結婚式で出会ったのだと か・・。

      そのお嫁さんの出で立ちは、クリーム色のブラウスに、ふんわり、茶色のフレアー スカート。

      そうなんです。二人して 同い年の晩婚なのです。
      mikiko女史の4・5歳は下と思われる
      きらきらネームの お嫁さん。

      両親共に 車で 2・3、10分の距離。
      手土産のお返しに、お野菜とスイカと 金一封を渡し、
      「また 時々 顔を見せてくださいね」

      コロナで旅行は諦め、夏季休暇はマンションに二人
      して、籠っているのだとか。
      アラフォーの男と女って、精力有り余っていますよね。
      ・・・息子のヤツ・うまいこと やりゃがって。


    • ––––––
      7. Mikiko
    • 2020/08/09 18:15
    • 高嶺の花
       あんまり美人過ぎると、逆に縁遠くなることがあるようです。
       年齢が嵩んだことで、ハードルが少し下がったのかも知れません。
       息子さんは、良いタイミングで出会ったと云えるんじゃないですか。
       若いころだったら、恐れ多くて手が出せなかったかも。

       コロナが、少子化に歯止めをかけてくれるといいですね。
       次の帰省は、お孫さんの顔見せになるかも知れませんよ。

    • ––––––
      8. 息子を想う親父⑶
    • 2020/08/09 19:02
    • 実はね、・・本音でもあり、予断なのですが、 2017・10・22日に最初のコメ。

      その4・5年前にこのサイトに出会い、読み入るうちに
      この女史さん、理数的な性格の感じ、世の中の術を知り得ている・・。
      レズのことはサイトとしての遊び事、息子の候補に・・と思ったこともあることも。

      その時期からすでに息子は 婚活の気持ちも充分にあり、、東海から 新潟の娘さん・・。
      しばし、サイトの履歴をあえて消去することなく、
      親としての応援する気持ちから、 一時ではあろうとも
      真剣に想ったこともあるのです。

      そのときの呟き言葉は・・、新潟って 寒いよなあ・・、
      婿養子であれ、なんであれ、人柄の相性と幸せな結婚となることが、最重点。

      親父も息子も その時は踏み出す勇気がなかった。
      今の仕事を捨てて・・(縁)ってこともあるから・。

    • ––––––
      9. Mikiko
    • 2020/08/10 06:28
    • 2017.10.22
       『由美と美弥子 2374(http://mikikosroom.com/archives/26382810.html#comment-ichiran)』回のコメントでしたね。
       この日はまさに、前回の衆議院議員選挙の投票日。
       コメントも、この話題でひとり盛りあがってました。

       しかし、変わっておられますなー。
       こういうサイトをやってる者を、息子の相手にとはフツー考えないものです。

       なお、新潟の冬は、お天気は悪いですが……。
       寒さはさほどではありません。
       放射冷却がないので……。
       朝の最低気温なんかは、北関東より高いのです。

       今は、テレワークが企業に認められる時代。
       これからは、東京の会社に勤めながら……。
       地方に住むという生活スタイルも考えらるでしょうね。
    コメントする   【由美と美弥子 3102】
コメント一覧へジャンプ    ページトップへ


Comment:本文 絵文字  ※入力できるのは、全角で800字までです。

↓お帰りのさいには↓
愛のワンクリ お願いします
新しいウィンドウは開きません

相互リンクサイトのみなさま(Ⅰ)
ましゅまろくらぶ 禁断の体験 エッチな告白集 未知の星 官能文書わーるど
潤文学 変態小説 ちょっとHな小説 官能の本棚
赤星直也のエロ小説 愛と官能の美学 官能的なエロ小説 羞恥の風
新・SM小説書庫2 人妻の浮気話 艶みるく 電脳女学園 おとなの淫文ファイル エッチのあとさき
恍惚團 ~ドライ・オーガズムの深淵~ Angel Pussy 週刊創作官能小説 恥と屈辱の交差点 女性のH体験告白集

相互リンクサイトのみなさま(Ⅱ)
アダルト検索一発サーチ 性小説 潤文学ブログ HAKASEの第二読み物ブログ [官能小説] 熟女の園
ぺたの横書き 黒い教室 恥ずかしがりたがり。 被虐願望
むね☆きゅんファンサイト 空想地帯 お姫様倶楽部.com 濠門長恭の過激SM小説
快感小説 平成な美少女ライトノベル 魔法の鍵 制服美少女快楽地獄
女の陰影 出羽健書蔵庫 女性のための官能小説 Mikiko's Roomの仮設テント
ろま中男3 秘密のエッチ体験談まとめ かめべや 渡硝子の性感快楽駆け込み寺

相互リンクサイトのみなさま(Ⅲ)
SM・お仕置き小説ブログ 最低のオリ 18's Summer 淫鬼の棲む地下室
漂浪の果てに Playing Archives 西園寺京太郎のSM官能小説 被虐のハイパーヒロインズ
ひめ魅、ゴコロ。 おしっこ我慢NAVI 妄想ココット ライトHノベルの部屋
被支配中毒 レズ画像・きれいな画像倉庫 riccia 調教倶楽部
ちょっとHなおとなのための… 緊縛新聞 Japanese-wifeblog Eros'Entertainment

オシッコオモラシオムツシーン収集所 性転換・TS・女体化劇場 エピソードセックス マルガリテの部屋
アダルト官能小説快楽機姦研究所 渋谷子宮 RE:BIRTH 羞恥集 黒塚工房
あおいつぼみ 葵蕾 プライド 女性作家専門官能小説 官能小説 レイプ嗜好
人妻!人妻!人妻! wombatの官能小説 黒イ都 羊頭狗肉
ひよこの家 美里のオナニー日記 エロショッカー軍団 相互リンク、募集してます!

★相互リンク募集中!(メールしてね)★

ランキング/画像・動画(1~10)
エログちゃんねる 官能小説アンテナ
人気ブログランキング アダルトブログランキング
ライブドアブログ Adult Novels Search
セックス・ノベル・ネット ネット小説ランキング
GL Search にほんブログ村

ランキング/画像・動画(11~30)
Girls Love Search おたりんく ヌケルアダルト作品 ぱっくりんく
少女禁忌区域 成人向けランキング アダルト動画まとめ 相互リンク、募集してます!







<ランキング/画像・動画(31~50)ここまで-->
△Top