Mikiko's Room

 ゴシック系長編レズビアン小説 「由美と美弥子」を連載しています(完全18禁なので、良い子のみんなは覗かないでね)。
 「由美と美弥子」には、ほとんど女性しか出てきませんが、登場する全ての女性が変態です。
 文章は「蒼古」を旨とし、納戸の奥から発掘されたエロ本に載ってた(挿絵:加藤かほる)、みたいな感じを目指しています。
 美しき変態たちの宴を、どうぞお楽しみください。
管理人:Mikiko
由美と美弥子 3093
コメント一覧へジャンプ    コメント投稿へジャンプ
 花屋の営業時間は、18:30までだった。
 応答する気があるのなら……。
 おそらく、その後すぐ店を出、商店街で赤いタオルを調達する。
 それからマンションに帰り、ベランダにタオルを干す。
 19:00くらいになるだろうか。
 しかし今の時期なら、この時間でも十分に明るい。

 男は部屋に帰り、コンビニで買った弁当を食べた。
 ただ待っていても仕方ないので、仕事をした。
 もちろん、万一を考え、トイレに立つ度に、向かいのベランダを確認した。
 いつもなら、仕事の区切りでは、ベッドでオナニーに耽るところだ。
 しかし、この日は行わなかった。
 性慾の高まったままの状態で、タオルを確認したかったのだ。

 時計の針は、19:00を指そうとしていた。
 夕焼けだった。
 この風景は、生涯忘れることはないだろう。
 男は、カーテンを閉じた。
 男が窓辺に立つ姿を見られたら、何か感じるかも知れないと思ったのだ。
 もちろん、望遠鏡を稼動させ、映像はモニターに表示させた。
 録画も作動させていた。

 男は、缶ビールと昼の残りのおにぎりを持ってソファーに戻った。
 座ろうとして、缶ビールを取り落としそうになった。
 ベランダの物干し竿に、真っ赤なタオルが、靡いていた。
 ほかに洗濯物はない。
 干されているのは、赤いタオル1枚だ。
 偶然でないことは明らかだった。
 干す瞬間を、直接目撃できなかったのは残念だが……。
 そのための録画だ。
 男は、映像を巻き戻した。

 ベランダに面した窓のカーテンが開いた。
 その狭間に、白髪女性の姿が現れた。
 後ろの紫色のソファーも見えた。
 あの女性が両手を付いて、後ろから男に挿入されていたソファーだ。
 女性は、サンダルを履くためだろう、足元に視線を落とした。
 うつむいた表情には、年齢が隠れもなく現れていた。
 罪悪感がわいた。
 しかしそれも、一瞬だった。
 ベランダに出た女性が、赤いタオルを頭上に掲げたのだ。
 タオルは物干しのポールに掛けられ、白いピンチで止められた。
 その間、女性の顔はタオルで隠れていたが……。
 掛け終わると、タオルの横に現れた。
 じっと前方を見ている。
 どうやら、脅迫犯がこのマンションにいることには気づいたらしい。
 送った写真の画角を見れば、それも当然だ。
 うかつにベランダに出ていなくて良かった。
由美と美弥子 3092目次由美と美弥子 3094

コメント一覧
コメント投稿へジャンプ    ページトップへ

    • ––––––
      1. Mikiko
    • 2020/07/27 06:19
    • 今日は何の日
       毎月27日は、『仏壇の日』。
       『全日本宗教用具協同組合(https://www.zenshukyo.or.jp/day.html)/東京都千代田区神田司町』が制定。
       西暦685(天武天皇14)年3月27日(旧暦)……。
       天武天皇が、「諸國(くにぐに)の家毎に佛舎(ほとけのみや)を作り、即ち佛像と経とを置きて礼拝供養せよ」との詔(みことのり:天子の命令)を発しました。
       これは、奈良時代に成立した日本最古の歴史書『日本書紀』に記述された内容であり……。
       これ以来、「仏壇」を拝むようになったとされます。
       この出来事に由来して、新暦3月27日が「仏壇の日」となり、その後、毎月27日に拡大されました。

       上記の記述は、こちら(https://zatsuneta.com/archives/101278.html)のページから転載させていただきました。

       さらに同じページから、「仏壇について」を引用させていただきます。

       仏壇(ぶつだん)とは、仏教において「仏」を祀る「壇」全般を指します。
       寺院の仏堂において仏像を安置する壇(須弥壇:しゅみだん)も含まれます。
       家庭内の仏壇については、宗派ごとに指定された様式で……。
       木製の箱(=仏壇)の内部に本尊や脇侍の像、掛軸、供物などに加え、先祖供養のための位牌や過去帳、法名軸などを祀ります。
       その内部は、仏教各宗派の本山寺院の仏堂を模した豪華な作りになってます。
       大きく分類する場合は、金仏壇または塗仏壇、唐木仏壇、家具調仏壇または都市型仏壇に分けられます。

       続きは次のコメントで。

    • ––––––
      2. Mikiko
    • 2020/07/27 06:19
    • 今日は何の日(つづき)
       古代インドでは、土を積み上げて「壇」を作り、そこを神聖な場所として「神」を祀ってました。
       やがて風雨をしのぐために、土壇の上に屋根が設けられました。
       これが寺院の原型です。
       それを受け継ぎ、仏壇の「壇」は土偏となってます。
       また、仏壇には扉が付いてます。
       これは寺院の山門を見立てたものと言われてます。

       以上、引用終わり。

       引用の途中から気づきましたが……。
       これ、前にもやりましたよね。
       毎月27日が記念日ですから……。
       年12回、機会があるわけです。

       インドで「神」を祀ってた場所が……。
       日本で「仏」に入れ替わったということですね。
       わが家にも当然、仏壇があります。
       といっても、熱心な仏教徒というわけではありません。
       仏壇の反対側の壁には、神棚がありますので。
       むしろ、標準的な日本の家ということでしょう。

       わが家の宗派は、なんべんも忘れるのですが……。
       曹洞宗だと思います。
       今、「曹洞宗ナビ(http://sotozen-navi.com/)」で菩提寺を検索したら……。
       ありました。
       やっぱり曹洞宗で良かったんですね。
       禅宗です。
       格好良いですけど、ちょっと辛いですね。
       自分を律しないといけない感じ。
       武士の宗教というイメージ。
       外国人が持っている「禅」のイメージでしょう。

       続きはさらに次のコメントで。

    • ––––––
      3. Mikiko
    • 2020/07/27 06:19
    • 今日は何の日(つづきのつづき)
       最近わたしが惹かれるのは……。
       親鸞です。
       浄土真宗ですね。
       親鸞は僧侶でありながら、肉食し、妻帯しました。
       興味を持ったきっかけは……。
       先日、NHK「歴史秘話ヒストリア」でやった「スーダラ節が生まれた」という回。
       植木等さんはお寺の出身で、最初「スーダラ節」を歌うことを嫌がってたそうです。
       で、僧侶である父に相談しました。
       しかしお父さんは、その歌を聞くと……。
       「これは、まさしく御開山親鸞聖人が、我が身をかえりみられた歌だ」と言われたそうです。
       すなわち、「わかっちゃいるけどやめられない」というフレーズです。
       これこそまさしく、人間の心理そのものだと。
       わたしが思うに……。
       この「わかっちゃいるけどやめられない」を否定したり押し殺したりしたところから始まる宗教には……。
       ほんとうの救いがないということじゃないでしょうか。
       まず自分が、「わかっちゃいるけどやめられない」人間であることを認めること……。
       そして、他人もまた、そういう人間であることを承知すること。
       この世は、「わかっちゃいるけどやめられない」人間が集まって出来ているということ。
       これを認識できれば、いたずらに自己否定もしないし……。
       他人を責めつのることもないでしょう。
       わたしも、年を追うごとに……。
       自分が「わかっちゃいるけどやめられない」人間だということが、しみじみわかってきました。
       休肝日、なくしました。
       昼酒、土日とも飲んでます。
       この4連休、すべて昼酒しました。
       わかっちゃいるけど……。
       なんですね。
       しかし、早いうちにタバコだけ止められて、ほんとに良かったです。

    • ––––––
      4. 手羽崎 鶏造
    • 2020/07/27 10:12
    • 同感ですなあ。
      「わかっちゃいるけど やめられない」
      そのやめられないことが生きるエネルギーに
      なっているのだと思うのです。

      ワタシはもちろん、異性、熟しきって
      腐れかかるぐらいの雰囲気を漂わす
      素人奥さんがたまりません。

    • ––––––
      5. Mikiko
    • 2020/07/27 19:19
    • 倫理面でのハードルは……
       もともと日本人は低いですからね。
       浮気や不倫はいいんじゃないですか。
       まさに、生きるエネルギーになると思います。

       問題は、お酒や食べ物などの欲望。
       これが一番、キツいんじゃないでしょうか。
       もちろん、覚醒剤などは論外ですが。
    コメントする   【由美と美弥子 3093】
コメント一覧へジャンプ    ページトップへ


Comment:本文 絵文字  ※入力できるのは、全角で800字までです。

↓お帰りのさいには↓
愛のワンクリ お願いします
新しいウィンドウは開きません

相互リンクサイトのみなさま(Ⅰ)
ましゅまろくらぶ 禁断の体験 エッチな告白集 未知の星 官能文書わーるど
ちょっとHな小説 赤星直也のエロ小説 新・SM小説書庫2 おとなの淫文ファイル エッチのあとさき
変態小説 恍惚團 ~ドライ・オーガズムの深淵~ 人妻の浮気話 艶みるく 恥と屈辱の交差点
電脳女学園 愛と官能の美学 官能の本棚 羞恥の風
性小説 潤文学ブログ 潤文学 官能的なエロ小説 アダルト検索一発サーチ

相互リンクサイトのみなさま(Ⅱ)
ぺたの横書き HAKASEの第二読み物ブログ SM・お仕置き小説ブログ Angel Pussy 週刊創作官能小説
秘密のエッチ体験談まとめ かめべや [官能小説] 熟女の園 空想地帯
女性のための官能小説 むね☆きゅんファンサイト 出羽健書蔵庫 女の陰影
黒い教室 恥ずかしがりたがり。 濠門長恭の過激SM小説 女性のH体験告白集
Mikiko's Roomの仮設テント 快感小説 平成な美少女ライトノベル 最低のオリ
渡硝子の性感快楽駆け込み寺 お姫様倶楽部.com 魔法の鍵 18's Summer

相互リンクサイトのみなさま(Ⅲ)
淫鬼の棲む地下室 ろま中男3 制服美少女快楽地獄 漂浪の果てに
Playing Archives 西園寺京太郎のSM官能小説 被虐願望 被虐のハイパーヒロインズ
ひめ魅、ゴコロ。 おしっこ我慢NAVI 妄想ココット ライトHノベルの部屋
被支配中毒 レズ画像・きれいな画像倉庫 riccia 調教倶楽部
ちょっとHなおとなのための… 緊縛新聞 Japanese-wifeblog Eros'Entertainment

オシッコオモラシオムツシーン収集所 性転換・TS・女体化劇場 エピソードセックス マルガリテの部屋
アダルト官能小説快楽機姦研究所 渋谷子宮 RE:BIRTH 羞恥集 黒塚工房
あおいつぼみ 葵蕾 プライド 女性作家専門官能小説 官能小説 レイプ嗜好
人妻!人妻!人妻! wombatの官能小説 黒イ都 羊頭狗肉
ひよこの家 美里のオナニー日記 エロショッカー軍団 相互リンク、募集してます!

★相互リンク募集中!(メールしてね)★

ランキング/画像・動画(1~10)
エログちゃんねる 人気ブログランキング
アダルトブログランキング 官能小説アンテナ
GL Search セックス・ノベル・ネット
Girls Love Search Adult Novels Search
ライブドアブログ にほんブログ村

ランキング/画像・動画(11~30)
おたりんく 正しいH小説の勧め ネット小説ランキング ヌケルアダルト作品
アダルト動画まとめ アダルトなび2 クリエイターコレクションR18 GAY ART NAVIGATION
成人向けランキング 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます!






<ランキング/画像・動画(31~50)ここまで-->
△Top